【2021年版】がん保険おすすめ比較ランキング【厳選安い4つ】

生命保険各社が発売しているがん保険。どれも似たような保障内容で、どれを選んだらよいのかよくわかんないですですよね。

ただ、一見同じような保障内容に見えるがん保険でも、よくよく見てみると保障内容はけっこう違います。時代遅れのがん保険に加入してしまうと、がんと診断されたときに、

「えっ…」

と絶句してしまうくらい保障が薄かったりします。これは危険です。

さて、がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けるたびに定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

それぞれのタイプのメリデメを表にしてみますね。

メリット デメリット
入院ベース 長期の入院に備えることができる。 現代のがん治療は入院が短期化していて、自宅療養が増えてきている。自宅療養では保障を受けられない。
一時金ベース 治療の早期にまとまった金額を受け取れるため、精神的に安心。
働く世代にとっては収入減少にも対応できる。
保険料が高くなりがち。
軽度のがんでも一時金が給付されるので、過剰保障となる。
治療ベース 保険料が安い。
治療を受けるたびに定額が給付されるので、必要十分な保障を得られる。
治療費は保障されるが、収入が減少した場合のカバーは難しい。
また、長期的には最新の治療に保障内容がついていけるか疑問。

ちょっと前までは入院ベースのがん保険が主流でしたが、最近のがん治療は入院が短期化しています。生命保険文化センターによると、がん系の入院は下記のとおり平均20日未満で退院できます。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

代わりに自宅療養しながら通院で治療するケースが増えてきています。

なので入院ベースの保障だけでは時代遅れになりつつあります。いまがん保険に加入するのなら、

  • がんの治療が原因で収入が減ってしまっても即座に困ることがなければ、保険料が安い治療ベースのがん保険。
  • 収入が減って困ってしまったり、治療の早期に大きな金額を確保することで経済的な面で安心しておきたい(けっこう重要です)なら、一時金ベースのがん保険。
  • とにかくがんに対する保障を手厚くしておきたいなら、入院ベースのがん保険に一時金や治療保障の特約を追加する。

といった選び方がよいのでは感じています。

この記事では厳選した4つのがん保険を比較し、ランキング形式でまとめてみたいと思います。世の中にがん保険は星の数ほどありますが、ひとまずは以下の4つのがん保険から選んでおけば後悔する可能性は低いです。

では、さっそくランキングを表形式で発表します。

順位 がん保険 一時金
給付間隔
一時金2回目
以降給付条件
通院保障 抗がん剤
自由診療
1位 メディフィットがん保険
(治療ベース)
1年 入院・通院 入院前90日と退院後2年 保障あり
2位 がんベスト・ゴールド
(一時金ベース)
1年 入院・通院 なし 保障あり
3位 &LIFE ガン保険スマート
(入院ベース)
1年 入院 診断後5年
回数無制限
保障あり
4位 スマイルセブンSuper
(一時金ベース)
1年 診断 なし なし

保障のベースが異なるので難しいのですが、共通の指標として以下の3点を評価基準としました。

  1. 一時金の2回目以降の給付間隔と給付条件。がんは再発・転移を繰り返すので、一時金の2回目以降の給付条件が重要。一時金が1年に1回給付で、2回目以降の給付条件は入院だけではなく、通院が含まれているのがベスト(繰り返しますが、入院しない治療が増えてきています)
  2. がんの入院は短期化し、自宅療養しながらの通院が長引く傾向にある。長期の通院を保障できるがん保険を選びたい。
  3. 健康保険適用外で全額自己負担となる自由診療をどこまでカバーできるか。具体的には自由診療の抗がん剤治療を保障対象にできるか。

以下、ランキングした各がん保険の詳細についてご説明していきます。最初にざっと結論をまとめておくと、

  • 一時金ベースで強いのはFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」と朝日生命「スマイルセブンSuper」。
  • 治療ベースで強いのはメディケア生命「メディフィットがん保険」。
  • 入院ベースではあるものの、特約を追加すれば強力な全方位保障になるのが三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」。

です。

ちなみに、以下のがん保険はランキング圏外としています。上記4つのがん保険と比較すると、ちょっと見劣りするかなぁというのが正直な印象です。

メディケア生命「メディフィットPlus(プラス)」

東京海上日動あんしん生命のがん保険「がん治療支援保険NEO」

マニュライフ生命「こだわりガン保険」

オリックス生命「Believe(ビリーブ)」

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のがん保険「勇気のお守り」

ライフネット生命「ダブルエール」

楽天生命「スーパーがん保険」

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days1」

アクサダイレクト生命のがん保険「がん終身」

アクサ生命「治療保障のがん保険マイセラピー」

ネオファースト生命のがん保険「からだプラス」(現在販売停止)

オリックス生命のがん保険「Force(フォース)」(現在販売停止)

はなさく生命のがん保険「はなさく一時金」

オリックス生命「Wish(ウィッシュ)」

ソニー生命「終身がん保険」

がん保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

【ランキング1位】メディケア生命「メディフィットがん保険」

  • 【GOOD!】治療ベースのがん保険です。治療を受けるたびに給付金を受け取れます。
  • 【GOOD!】治療ベースのがん保険ですが、一時金・通院の保障内容も完璧です。
  • 【GOOD!】自由診療となる抗がん剤治療も保障対象にできます。

メディケア生命「メディフィットがん保険」デメリットと評価

こちらは治療ベースのがん保険です。現時点で治療ベースのがん保険としてはトップの保障内容でしょう。基本保障だけで

  • がんの3大治療(手術・抗がん剤・放射線)をカバー。
  • 抗がん剤治療は自由診療でも保障対象。

です。給付回数もほぼ無制限(自由診療の抗がん剤治療は24回限度)なので、長引く再発・転移にもしっかり対応できます。

保障内容は以下のとおり。

基本保障
(必ずついてくる保障)
【抗がん剤治療給付金】
抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
自由診療抗がん剤治療給付金】
自由診療となる抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【がん放射線治療給付金】
放射線治療を受けたときに定額が給付されます。
【がん手術給付金】
がんによる手術を受けたときに定額が給付されます。
【がん骨髄移植給付金】
がんによる骨髄移植を受けたときに定額が給付されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【先進医療・患者申出療養特約】
健康保険が適用されない先進医療・患者申出療養の技術料と一時金が給付されます。
【がん診断特約】
がんと診断された場合に一時金が給付されます(2回目以降は入院・通院が条件)。
【がん保険料払込免除特約】

がんと診断された場合に、以降の保険料支払いが免除されます。
【がん通院治療特約】
通院1日に対し、定額が給付されます。
【がん入院特約】
入院1日に対し、定額が給付されます。
【女性がん手術特約】
女性の特定のがんの手術・乳房再建術を受けたとき、一時金が給付されます。
【がん緩和ケア特約】
緩和ケアを受けた月に定額が給付されます。

がん通院治療特約・がん入院特約を追加すれば入院・通院も保障対象にできますし、がん診断特約を追加すれば一時金は1年に1回、2回目以降は通院の治療だけでも受け取ることができます。

入院・通院・一時金の全てで申し分のない保障内容です。オプションの豊富さと質の高さも魅力です。

また、後述するFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」と同じく

・乳房手術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
・乳房再建術

といった女性特有の手術を保障対象とすることもできます。いまのところは大きな欠点が見つからないがん保険ですね。

毎月支払う保険料の一例は以下のとおりです。

メディケア生命「メディフィットがん保険」
基本保障:抗がん剤治療給付金10万円(Ⅱ型)
特約:先進医療・患者申出療養特約、がん診断特約50万円(1年に1回)
40歳男性保険料 40歳女性保険料
2,699円/月 2,864円/月

この保障内容だと、

  • 抗がん剤治療を受けたら月10万円
  • 自由診療の抗がん剤治療を受けたら月20万円
  • 放射線治療を受けたら60日に1回10万円
  • 手術1回10万円
  • 骨髄移植1回10万円
  • がんで入院・通院すれば1年に1回50万円。
  • 先進医療治療費を2,000万円まで保障。

となります。それでいて、この例だと保険料は月2,000円台。保険料も他社と比較して高くはありません。

【ランキング2位】FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」

  • 【GOOD!】一時金給付タイプのがん保険です。一時金の給付間隔が1年で、2回目以降は通院でも給付されます。完璧です。
  • 【GOOD!】自由診療となる抗がん剤治療が3,000万円まで保障されます(オプション)。
  • 【GOOD!】女性特有の手術(乳房摘出や乳房再建)を手厚く保障することも可能です。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」デメリットと評価

一時金ベースのがん保険ですが、その一時金給付の条件は完璧です。1年に1回給付で、2回目以降は通院も条件に含まれています。再発・転移にも十分耐えられるがん保険ですね。

さらに、オプションを追加すれば自由診療となる抗がん剤治療が最大3,000万円まで保障対象になります。他社と保障額上限を比較してみると、

メディケア生命:抗がん剤治療給付金の2倍×24回
チューリッヒ生命:抗がん剤治療給付金の4倍×12回
FWD富士生命:保障期間通算3,000万円

なんですが、抗がん剤治療給付金は10万円程度を設定することが多いので、FWD富士生命がダントツで大きな保障額になることがわかります。

基本保障
(必ずついてくる保障)
【がん診断給付金】
がんと診断された際に一時金が給付されます。
※上皮内がんは含みます。
※2回目以降は入院もしくは通院が給付条件となります。
【保険料払込免除】
がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます(保障は継続します)。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【がん治療給付金特約】
抗がん剤治療・ホルモン剤治療・放射線治療を受けた月に定額が給付されます。
【自由診療抗がん剤治療特約】
保険診療・先進医療の対象外となる抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【がん収入サポート特約】
がん診断給付金が支払われた場合、毎月定額が給付されます。
【がん先進医療特約】
健康保険が適用されない先進医療の技術料と一時金が給付されます。
【がん手術特約】
手術を受けた場合に一時金が給付されます。
【女性がんケア特約】
女性特有のがんで手術を受けた場合、もしくは乳房再建手術を受けた場合に一時金が給付されます。

女性がんケア特約を追加すれば、メディケア生命「メディフィットがん保険」と同じく以下の手術に対して一時金が給付されます。

  • 卵巣観血切除術
  • 子宮観血切除術
  • 乳房観血切除術
  • 乳房再建術

女性にとっても安心の保障内容ですね。

通院保障がない点が若干気になりますが、一時金給付の条件が素晴らしいので、デメリットとは言えないでしょう。がんと闘病している限りはばっちり保障されます。

がん保険を検討する際には、FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」もしくは先述したメディケア生命「メディフィットがん保険」の両者を比較しつつ決めるのが効率的ですね。

毎月支払う保険料の一例は以下のとおりです。

FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」
基本保障:がん診断給付金(100万円)、保険料払込免除
特約:自由診療抗がん剤治療特約、がん先進医療特約
40歳男性保険料 40歳女性保険料
4,711円/月 4,003円/月

この保障内容だと、

  • がんで入院・通院すれば1年に1回100万円。
  • がんの先進医療治療費を2,000万円まで保障。
  • 自由診療となる抗がん剤治療を3,000万円まで保障。

となります。

一時金給付の条件が強力で、頻度は少ないけれど必要となったら全額自己負担の先進医療と自由診療もしっかりカバーできます。ちょっと保険料が高いなぁと感じる方は、自由診療抗がん剤治療特約を外しても良いかもしれないですね(もしくは後述する朝日生命「スマイルセブンSuper」を検討)。

【ランキング3位】三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

  • 【GOOD!】一時金の給付間隔が1年と業界最短クラスです。
  • 【GOOD!】がんと診断されてから5年間通院が保障されます(回数無制限)。
  • 【BAD】一時金給付2回目の条件が入院となっている点が若干の減点ポイントです。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」デメリットと評価

入院ベースのがん保険ですが、特約の保障内容が秀逸なので全方位を保障対象にできるのが三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」です。雑誌の特集でも常に評価が高く、入院ベースのがん保険としてはトップの保障内容です。

保障内容は以下のとおり。

基本保障
(必ずついてくる保障)
【入院給付金】
入院1日あたり定額が給付されます。
【手術給付金】
手術1回につき定額が給付されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【ガン診断給付特約】
がんと診断された場合に一時金が給付されます。
【ガン治療通院給付特約】
がんの通院1日あたり定額が給付されます。
【ガン先進医療特約】
健康保険が適用されない先進医療の技術料と交通費・宿泊費の実費が給付されます。
【抗ガン剤治療給付特約】
抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【ガン退院療養給付特約】
退院した際に、一時金が給付されます。
【ガン死亡保障特約】
がんで亡くなった際に、一時金が給付されます。

入院・手術の保障をベースとしたオーソドックスなタイプのがん保険なんですが、強力なのはガン診断給付特約とガン治療通院給付特約です。

ガン診断給付特約の2回目以降給付条件が入院となっているのが若干減点ポイント(通院だけの治療だと保障されない!)ですが、給付間隔が1年なので再発・転移を繰り返しても安心です。

また、ガン治療通院給付特約が5年間無制限保障なので、通院が長引いたとしても安心できそうですね。最近のがん治療は入院が短期しており、代わりに通院しながらの治療が長くなる傾向にあります。みなさんの周りにも、がんの治療を受けながら入院することなく自宅で生活する方がいらっしゃるのではないでしょうか。働きながら通院治療される方もいらっしゃいますよね。

毎月支払う保険料の一例は以下のとおりです。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」
基本保障:入院日額10,000円、手術1回20万円
オプション:ガン診断給付特約(一時金100万円)、ガン治療通院給付特約(通院1日10,000円)、先進医療特約
40歳男性保険料 40歳女性保険料
4,411円/月 4,035円/月

この保障内容だと、

  • がんと診断されれば100万円(1年に1回)。
  • 診断されたあとに入院20日間したら20万円(入院1日10,000円)。
  • 入院中に手術したら20万円。
  • 退院後に10日間通院したら10万円(通院1日10,000円)。
  • がんの先進医療治療費を2,000万円まで保障。

となります。かなり手厚い保障内容です。そして他社と比較し、保険料は高くありません。これくらい手厚い保障だと、むしろ安いくらいかと。

それでも「月4,000円はちょっときつい…」と感じる方は、入院給付金を5,000円に下げるとよいです。入院給付金を5,000円に下げると40歳男性で3,121円、40歳女性で2,845円。だいぶ下がります。

【ランキング4位】朝日生命「スマイルセブンSuper」

  • 【GOOD!】一時金の給付間隔が1年、2回目の給付条件が診断のみ。一時金の給付条件は業界最強です。
  • 【GOOD!】がん以外の6大疾病に対しても一時金が給付されます。

朝日生命「スマイルセブンSuper」デメリットと評価

一時金の給付条件が最高に素晴らしく、保険料も比較的安いがん保険が「スマイルセブンSuper」です。ごちゃごちゃした保障は手続きが面倒だから、わかりやすく一時金を年1回受け取れればいい!でも保険料は安くして!という方におすすめですね。

保障内容は以下のとおり。

基本保障
(必ずついてくる保障)
【7大疾病一時金】
7大疾病に罹患した場合、一時金が給付されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【7大疾病初回一時金】
初めて7大疾病と診断された場合に一時金が給付されます。
【がん治療給付金】
がん治療を受けた月に定額が給付されます。
【保険料払込免除】
7大疾病と診断された以降、保険料の支払いが免除されます(保障は継続します)。
【先進医療給付金・先進医療見舞金】
健康保険が適用されない先進医療の技術料と見舞金が給付されます。

このサイトでは、がんの治療費はがん保険の一時金でカバーすることを推奨しています。早い段階でまとまった金額を確保していくことで経済的な不安が和らぎ、治療に集中できるのがその理由です。お金のことを気にしながら治療を続けるのはメンタル的にきついですよね。

その一時金の給付条件がFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」と並んで素晴らしいのが朝日生命「スマイルセブンSuper」です。給付間隔は1年、がんと診断されていれば、入院していなくても給付対象になります。

一般的ながん保険だと2回目以降はがんで入院していないと給付されませんが、朝日生命「スマイルセブンSuper」は診断されていれば給付されます。つまり通院治療でも給付対象になります。契約者にかなり優しい給付条件です。

さらに、保障範囲はがんだけでなく、がん+6大疾病(急性心筋梗塞・拡張型心筋症、脳卒中・動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患)まで広がります。医療保険の代わりにもなるがん保険です。

通院に対する保障はありませんが、一時金に対する給付条件の緩さを踏まえれば全くデメリットではないでしょう。

毎月支払う保険料の一例は以下のとおりです。

朝日生命「スマイルセブンSuper」
基本保障:7大疾病一時金(がん100万円・6大疾病50万円)
オプション:先進医療給付金・先進医療見舞金
40歳男性保険料 40歳女性保険料
3,296円/月 2,646円/月

保障内容はシンプルです。その分、保険料はかなり安め。

こんな方に朝日生命「スマイルセブンSuper」は向いています。

  • がん保険の一時金でがんの治療費全額を賄いたい人。
  • がん以外の6大疾病に対する保障も欲しい人。
  • 保険料は安く抑えたい人。

最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

がん保険をランキング形式でご紹介しましたが、そもそも複雑でわかりにくいがん保険。必ず一度は保障内容を対面で相談してみましょう。保障内容を理解してから加入しないと後々後悔することにもなりかねません。

いざがんと診断されたときに

「えっ、全然保障足りてなかったじゃん…」

ってことにもなりかねません。一度は専門家にご相談を。

ランキングに輝いたがん保険の申し込みするならこちらです。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談は危険です。スタッフが事前準備できないので、最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

ランキングに輝いたベスト4のがん保険は保険見直し本舗から申し込みできます。

生命保険各社の営業から申し込むこともできますが、営業は自社のがん保険を売り込むことに必死です。他社のがん保険と公平な比較ができません。

その点、4社全てを取り扱う保険見直し本舗は公平に生命保険各社のがん保険を比較できます。

当然のことですが、同じがん保険はどこで申し込んでも保険料は同じです。生命保険会社の営業から申し込むと、保険料が割引されるなんてことはありません。

ちなみにですが、保険見直し本舗はオンライン相談も可能です。気軽に自宅から相談もできます。

保険見直し本舗

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。自宅でも、職場でも、近所のファミレスでもどこで相談可能。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

ちなみにですが、保険見直しラボはこの記事で書いたベスト4のがん保険のうちメディケア生命を除いて全てを取り扱っています。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

いきなり保険見直し本舗だの、保険見直しラボで相談するなんてちょっと不安ですよね。

わかります。保険ショップを利用された方に話を聞くと、始めは緊張したっていう方がものすごく多いんです。

しかし、生命保険の相談はそんなに身構える必要はありません。スタッフは相談されるプロですので、和やかな雰囲気で親身になってアドバイスしてくれます。

相談はもちろん無料です。保険見直し本舗でも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険見直し本舗や保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありませんよ!

まとめ

テレビCMをがんがん売ってるがん保険が良いがん保険とは限りません。新聞にデカデカと広告を掲載しているがん保険が良いがん保険とは限りません。

本当に優れたがん保険はひっそりと開発され、ひっそりと売られているものです。

※テレビCM・新聞の広告料は皆さんが支払う保険料が原資になっています。

がん保険は生命保険会社各社がしのぎを削って開発競争をしています。しっかり探せば、自分にぴったりと合ったがん保険が見つかるはずです。

とはいえ、ひとりでがん保険を探す必要はありません。専門家の意見を聞きながら、上手に効率的に探していきましょう。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする