【2022年版】がん保険の保険料比較ランキング

生命保険各社が発売しているがん保険。どれも似たような保障内容で、どれを選んだらよいのかよくわかんないですですよね。

ただ、一見同じような保障内容に見えるがん保険でも、よくよく見てみると保障内容はけっこう違います。時代遅れのがん保険に加入してしまうと、がんと診断されたときに、

「えっ…」

と絶句してしまうくらい保障が薄かったりします。これは危険です。

さて、がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けた月に定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

それぞれのタイプのメリデメを表にしてみます。

メリット デメリット
入院ベース 長期の入院に備えることができる。 現代のがん治療は入院が短期化していて、通院治療が増えてきている。通院治療では保障を受けられない。
一時金ベース 治療の早期にまとまった金額を受け取れるため、精神的に安心。
働く世代にとっては収入減少にも対応できる。
保険料が高くなりがち。
軽度のがんでも一時金が給付されるので、過剰保障となる。
治療ベース 保険料が安い。
治療を受けるたびに定額が給付されるので、保障が必要十分。
治療費は保障されるが、収入補填は難しい。
また、長期的には最新の治療に保障内容がついていけるか疑問。

最近のがん治療は入院が短期化していてます。生命保険文化センターによると、がん系の入院は下記のとおり平均20日未満で退院できます。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

代わりに増えてきているのが通院で治療するケース。

なので、入院ベースのがん保険はやや時代遅れになりつつあり、通院治療にも備えられる治療ベース・一時金ベースのがん保険が最近の主流です。

とはいっても、上記の入院期間はあくまで平均です。長期入院となる可能性はゼロではありません(水泳の池江璃花子さんは10ヶ月入院されたそうです)。保険の役割が万が一の壊滅的な状況を救うことにあるとすれば、長期入院の保障は重要です。

なので、理想は

  • 入院ベースのがん保険に、一時金保障と抗がん剤保障をオプションで追加する。

なのですが、これだと保険料が高くなるんですよね。がん保険の保険料が高くて、日々の家計が苦しくなるのは本末転倒です。次善策として、

  • 共働きだったり、貯蓄がそれなりにあったりで、収入が減ってしまっても即座に困ることがなければ、治療ベースのがん保険を選んで保険料を節約。余裕があれば一時金保障をオプション追加。
  • 収入が減って困ってしまったり、治療の早期に大きな金額を確保することで安心しておきたい(けっこう重要)なら、一時金ベースのがん保険を選択。余裕があれば抗がん剤保障をオプション追加。

といった選び方がよいのでは感じています。

ちなみにですが、「一時金保障+抗がん剤保障」のコンビネーションは強力です。

  • がんで入院、もしくは通院で3大治療(手術・放射線・抗がん剤)を受けていれば毎年100万円。
  • さらに、抗がん剤治療を受けていれば毎月10万円。

が実現できるので、終わりの見えない「抗がん剤ドロ沼」にハマったとしても、ある程度耐えられると考えています。

この記事ではがん保険の保険料を比較します。比較対象とするがん保険は以下のとおり。

【入院ベースのがん保険】

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

アフラック「生きるためのがん保険Days1」

【一時金ベースのがん保険】

なないろ生命「なないろがん一時金保険」

なないろ生命「なないろセブン」

はなさく生命「はなさく一時金」

SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(診断給付型)

FWD生命のがん保険「がんベスト・ゴールド」

メディケア生命「メディフィットPlus(プラス)」

【治療ベースのがん保険】

なないろ生命「なないろがん治療保険」

メディケア生命「メディフィットがん保険」

SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(治療給付型)

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」

まずは上記がん保険の主な保障内容を一覧にしました。

入院 一時金 治療 先進医療
給付間隔 2回目条件 手術 放射線 抗がん剤・ホルモン剤(回数)
あいおい 1年 入院 〇(120回) 終身
アフラック 2年 入院・通院 〇(60回) 10年
なないろ一時金 × 1年 診断 × 〇(通算2,000万円) 終身
なないろセブン × 1年 診断 × ◎(通算2,000万円・自由診療24回) 終身
はなさく × 1年 入院 × × 〇(60回) 終身
ひまわり診断給付型 1年 診断・治療 × × ◎(120回・自由診療12回) 終身
FWD生命 × 1年 診断・入院・通院 ◎(無制限・自由診療通算3,000万円) 終身
メディフィットPlus × 1年 入院 × × ◎(無制限・自由診療24回) 終身
なないろ治療 1年 診断 〇(通算4,000万円) 終身
メディフィットがん保険 1年 入院・通院 ◎(無制限・自由診療24回) 終身
ひまわり治療給付型 1年 診断・治療 ◎(120回・自由診療12回) 終身
チューリッヒ 2年 入院 ◎(120回・自由診療12回) 終身

各列について簡単に説明します。

入院は〇が保障あり、×が保障なしです。入院ベースのがん保険はもちろん入院が保障対象となりますが、治療ベース・一時金ベースのがん保険でもオプションで入院保障を追加できる場合があります。

一時金は条件を満たす限り回数無制限で給付されるのですが、重要なのは給付間隔と2回目以降の給付条件です。給付間隔は1年に1回がベスト。2年に1回はイマイチ。また、2回目以降の給付条件は「入院」に限定されないのが大切です。上述のとおり通院治療が増えている現状では、「入院」限定だとがんの治療を受けていても一時金が給付されないケースがあります。2回目の給付条件に「通院」や「治療」「診断」が含まれていると安心です。

治療はがんの3大治療(手術・放射線・抗がん剤)の全て「〇(保障対象)」であればベスト。また、健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤・ホルモン剤も保障対象にしているがん保険は「抗がん剤・ホルモン剤」を◎にしています。

自由診療の抗がん剤・ホルモン剤には日本では未承認であるものの、欧米では承認されて使用が進んでいる最新の薬剤が含まれます(全額自己負担)。自由診療は月100万円程度かかることもあり、抗がん剤治療を受けた方の2割弱が自由診療を受けたというデータもあります。端的に言うと、お金があれば命を救えるかもしれないのが自由診療。もちろん◎となってるがん保険が優秀です。

また、カッコ内には給付限度回数(保障限度額)を記載しています。治療保障は治療を受けた月に定額給付が標準的なのですが、各社で微妙に限度回数が異なります。抗がん剤を一生涯で何十回も打ち続けることは稀ですが、ホルモン剤は5年から10年の期間受け続けることもあり、ちょっと気にするところではあります。

最後に、先進医療は

終身…一生涯保険料が変わらない。
10年…10年ごとに保険料が更新される。

で分けています。現在はマイナーな先進医療ですが、今後普及が進んで保険会社の保険金支払い額が膨らめば、契約者が支払う保険料が上がる可能性があります。10年更新だと10年ごとに保険料が上がり続ける可能性もあり、一生涯保険料が変わらない「終身」の方が安心です。

がん保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

入院1日1万円+一時金100万円+治療月10万円で保険料比較

まずは下記の最強の保障内容で毎月支払う保険料を比較してみます。

  • 入院保障1日1万円。
  • がん一時金100万円。
  • 3大治療(手術・放射線・抗がん剤)の保障は月10万円。
  • がん先進医療実費。

この保障内容であれば長期入院にも耐えられますし、働けなくなって収入が減少した場合も一時金で補填できます。また、手術でがん細胞を切り取ることができず、終わりの見えない抗がん剤治療にハマった場合も月10万円給付されます。多少保険料は高くなったとしても、安心を求める方に向いている保障内容です。

代表例として30歳・40歳の男性と女性で比較します。なお、入院保障を付加できないがん保険は”ー”としています。また、保険料ヨコの印は

◎:最も保険料が安い
〇:2番目に保険料が安い
△:3番目に保険料が安い

という意味合いです。

30歳男性 30歳女性 40歳男性 40歳女性 備考
あいおい 2,985円 3,253円 4,226円 4,334円△
アフラック 2,813円△ 3,023円〇 4,163円△ 4,753円 通院保障あり
なないろがん一時金 入院保障不可
なないろセブン 入院保障不可
はなさく 入院保障不可
ひまわり診断給付型 2,651円〇 3,091円△ 3,931円〇 4,111円〇 非喫煙者料率。手術・放射線保障なし。
FWD生命 入院保障不可
メディフィットPlus 入院保障不可
なないろがん治療 2,583円◎ 2,618円◎ 3,802円◎ 3,459円◎ 入院月10万円(Ⅱ型)
メディフィットがん保険 3,239 3,519 4,769 4,629
ひまわり治療給付型 2,951円 3,411円 4,341円 4,511円 非喫煙者料率
チューリッヒ 4,490円 4,150円 6,060円 5,080円

保険料が最も安いのはなないろ生命「なないろがん治療保険」ですが、ちょっとカラクリがあります。「なないろがん治療保険」は病院で渡される領収書に書かれた診療報酬点数に3円を掛け算した金額が保障額になります。

例えば、胃がんで20日間入院して手術を1回受けて治療終了。領収書に書かれた診療報酬点数が20,000点だと、現役世代の自己負担額(3割)は、

20,000点×10円×3割=6万円

になります。この場合のなないろがん治療保険の保障額は

20,000点×3円=6万円

なので、きっちり自己負担額と同額を保障。さらに、一時金100万円があるので保障額合計は106万円。

一方で、「なないろがん治療保険」よりも保険料がちょっとだけ高いSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(治療給付型)は診療報酬点数に連動するのではなく定額給付です。

上記の例だと、保障額は

入院給付金:1万円×20日=20万円
手術給付金:1回×10万円=10万円
一時金:100万円

なので合計130万円。

ということで、保険料が安い代わりにちょっとだけ保障額が少ないのが「なないろがん治療保険」です。

続いて保険料が安いのはSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(診断給付型)。ただし、こちらは備考欄に書いてますが手術・放射線治療が保障対象外。保障が薄いので保険料が安くなってます。まあ放射線治療なら働けることも多いので、保障を外して保険料を安くするのはアリですが、手術を保障対象外とするかはちょっと微妙です。

また、入院ベースのがん保険である三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」、及びアフラック「生きるためのがん保険Days1」も保険料は比較的安く収まってますが、一時金の給付条件がイマイチなんですよね。上述したなないろ生命・SOMPOひまわり生命との保険料の差はそこまで大きくないので、やや劣勢にあると感じます。

ここで結論です。

個人的な推しはSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」です。

保険料の観点からすると「なないろがん治療保険」が優勢ですが、抗がん剤治療の保障範囲は健康保険が適用される範囲に限ります。自由診療は保障対象外です。一方で「勇気のお守り」は自由診療の抗がん剤治療も保障対象。がん保険を検討する上で、この違いは大きな意味を持つと感じます。手術・放射線の保障がなくて良いなら「勇気のお守り」の診断給付型、手術・放射線の保障が必要なら治療給付型ですね。

「健康保険が適用されない治療は望まない」という方なら保険料が安いなないろ生命「なないろがん治療保険」も候補に入ります。「なないろがん治療保険」もよくできたがん保険で、保障内容に大きな欠点は見当たりません。一時金の保障条件も良いですし、がんの3大治療もきっちり保障されます(医療費実費保障)。

また、上表の「勇気のお守り」の保険料は1年間タバコを吸っていない非喫煙者の保険料です。喫煙者の保険料はもう少し上がるので、同じような保障内容のメディケア生命「メディフィットがん保険」と比較した方がよいでしょう。特に女性の喫煙者は保険料が高くなる傾向にあります。

一時金100万円+治療月10万円で保険料比較

続いて下記の保障内容で毎月支払う保険料を比較してみます。

  • がん一時金100万円。
  • 3大治療(手術・放射線・抗がん剤)の保障は月10万円。
  • がん先進医療実費。

個人的にはこの組み合わせがコスパ的に最も良いと感じています。3大治療を受けている限りは月10万円給付されるので、高額医療費制度を利用すれば治療費は概ねカバーできるかと。終わりの見えない抗がん剤治療にハマったとしても月10万円は安心感があります。また、働けなくなって収入が減少した場合も一時金100万円で補填できます。

ここも代表例として30歳・40歳の男性と女性で比較します。なお、入院保障を外すことができない入院ベースのがん保険は”ー”としています。

また、保険料ヨコの印は

◎:最も保険料が安い
〇:2番目に保険料が安い
△:3番目に保険料が安い

という意味合いです。

30歳男性 30歳女性 40歳男性 40歳女性 備考
あいおい 入院が基本保障
アフラック 入院が基本保障
なないろがん一時金 2,571円△ 2,889円 3,765円△ 3,863円 手術保障なし
なないろセブン 2,940円 3,068円 4,294円 4,063円 一時金はがん+6大疾病を保障。手術保障なし。
はなさく 3,099円 3,269円 4,879円 4,639円 一時金はがん・心疾患・脳血管疾患を保障。手術・放射線保障なし。
ひまわり診断給付型 2,001円◎ 2,541円◎ 2,901円◎ 3,321円◎ 非喫煙者料率。手術・放射線保障なし。
FWD生命 3,848円 4,021円 5,655円 5,244円 保険料払込免除あり
メディフィットPlus 2,940 3,020 4,460 4,110 一時金はがん・心疾患・脳血管疾患を保障。手術・放射線保障なし。
なないろがん治療 2,583円 2,618円〇 3,802円 3,459円〇 入院月10万円(Ⅱ型)
メディフィットがん保険 2,739円 3,119円 4,039円 4,079円
ひまわり治療給付型 2,331円〇 2,881円△ 3,361円〇 3,761円△ 非喫煙者料率
チューリッヒ 3,460円 3,340円 4,050円 4,050円

男女ともに保険料が最も安くなるのはSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(診断給付型)ですね。繰り返しになりますが、手術・放射線治療が保障対象外。保障が薄いので保険料が安くなってます。

次に保険料が安いのは男性はSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(治療給付型)、女性はなないろ生命「なないろがん治療保険」です。SOMPOひまわり生命となないろ生命が競り合ってます。

結論です。

上表のとおり非喫煙者の男性は保険料は「勇気のお守り」の治療給付型もしくは診断給付型のどちらかが最安値となる傾向にあります。喫煙者の男性も「勇気のお守り」が最安値になる可能性が高いので、男性は「勇気のお守り」一択でもよいでしょう。手術・放射線治療の保障を不要とするなら診断給付型、必要とするなら治療給付型ですね。

一方で、女性は複雑です。

女性の喫煙者だと「勇気のお守り」の保険料はググっと上がります。自由診療を望むならメディケア生命「メディフィットがん保険」、望まないならなないろ生命「なないろがん治療保険」で良いと感じます。

非喫煙者の方は、SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」の診断給付型と治療給付型、及びなないろ生命「なないろがん治療保険」の3つを比較するのが良いかと。保険料の差はわずかなので、個人的には「勇気のお守り」の治療給付型が安心と感じます。

一時金100万円で保険料比較

続いて下記の保障内容で毎月支払う保険料を比較してみます。

  • がん一時金100万円。
  • がん先進医療実費。

シンプルに一時金100万円のみ。ある程度貯蓄がある方ならこれでも十分かと感じます。ここも代表例として30歳・40歳の男性と女性で比較します。なお、入院保障を外すことができない入院ベースのがん保険、及び治療保障を外すことができない治療ベースのがん保険は”ー”としています。

また、保険料ヨコの印は

◎:最も保険料が安い
〇:2番目に保険料が安い
△:3番目に保険料が安い

という意味合いです。

30歳男性 30歳女性 40歳男性 40歳女性 備考
あいおい 入院が基本保障
アフラック 入院が基本保障
なないろがん一時金 1,721円〇 1,689円〇 2,575円〇 2,213円〇
なないろセブン 2,270円△ 2,038円△ 3,364円△ 2,643円△ がん+6大疾病を保障。
はなさく 2,439円 2,239円 3,789円 3,159円 がん・心疾患・脳血管疾患を保障。
ひまわり診断給付型 1,511円◎ 1,641円◎ 2,171円◎ 2,051円◎ 非喫煙者料率。
FWD生命 2,860円 2,743円 4,352円 3,613円 保険料払込免除あり
メディフィットPlus 2,340円 2,140円 3,560円 2,910円 がん・心疾患・脳血管疾患を保障。
なないろがん治療 治療が基本保障
メディフィットがん保険 治療が基本保障
ひまわり治療給付型 治療が基本保障
チューリッヒ 治療が基本保障

男女ともに保険料が最も安くなるのはSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」(診断給付型)ですね。ずば抜けて安くなってます。

次点がなないろ生命「なないろがん一時金保険」。喫煙者だとなないろ生命の方が安くなる可能性があります。

結論です。

わかりやすい結果となりました。タバコを吸わない方ならSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」の一択で良いでしょう。保険料は最安値ですし、保障内容にも大きな欠点は見当たりません。

喫煙者の方だとSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」なないろ生命「なないろがん一時金保険」を比較した方がよいです。両者の保障内容はほぼ同じ。女性の喫煙者はなないろ生命の方が安くなる可能性があります。

また、心筋梗塞・脳卒中といった生活習慣病を保障対象にしたい方はなないろ生命「なないろセブン」、及びメディケア生命「メディフィットPlus(プラス)」も候補に入ります。正確にはこの2つは特定疾病一時金保険と言って、生活習慣病を患って条件を満たせば一時金が給付される保険です。

  • 急性心筋梗塞、拡張型心筋症
  • 脳卒中、脳動脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患

といった生活習慣病が気になる方は、なないろ生命「なないろセブン」、及びメディケア生命「メディフィットPlus(プラス)」も候補に入れてみてください。

がん保険を相談するなら。

がん保険の保障内容と保険料を比較してみましたが、がん保険は保障内容が複雑で分かりにくいです。保障内容を理解しないで加入すると、いざがんと診断されたときに

「えっ、全然保障足りてなかったじゃん…」

ってことにもなりかねません。一度は専門家にご相談を。

この記事で比較対象としたがん保険は保険クリニックで相談できます。保険クリニックなら、この記事で推しとしたSOMPOひまわり生命・なないろ生命・メディケア生命のがん保険も取り扱っています(比較対象とした全てのがん保険を取り扱っています)。比較もかんたんに無料でやってくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在するがん保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。この記事で比較対象とした全てのがん保険を取り扱っているので、比較もかんたんにやってくれます。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ジーコ より:

    最近このブログを知り面白く見ています。
    恐らくですがひまわり生命の勇気のお守りの商品が改定されてよくなったのではと思います。現在メディフィットガン保険と勇気のお守りどちらにしようかと迷っておりまして、是非見解が見たいです。忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

    • nejio より:

      ジーコ様

      コメントありがとうございました!
      SOMPOひまわり生命のがん保険も直近で改定されているみたいですね。
      最近は医療保険・がん保険の改定ラッシュでなかなか修正が追いつかないのですが、優先度高めで更新したいと思います!