【評価S】FWD生命のがん保険「がんベスト・ゴールド」デメリットと評価

FWD生命「がんベスト・ゴールド」は一時金ベースで保障するタイプのがん保険です。

がんと診断された場合に大きな金額(100万円とか)が給付されるのですが、一時金の給付条件はトップクラス。さらに秀逸なのは自由診療の抗がん剤治療に対する保障です。通算3,000万円まで保障されます。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」ここがポイント
  • 一時金ベースで保障するがん保険です。
  • 自由診療となる抗がん剤治療の治療費実費が通算3,000万円まで保障されます。
  • 保険料はやや高めです。

がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けるたびに定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」は典型的な「②一時金ベースで保障するがん保険」です。

一時金の保障内容も優秀なのですが、さらに女性特有のがんに対する保障を手厚くできたり、自由診療となる抗がん剤の治療費を3,000万円まで保障対象にすることができます。現在発売されているがん保険ではトップクラスの保障内容かと。雑誌の保険特集で高評価となるのも納得できます。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 先進医療特約の保障内容。保険料が一生涯変わらない終身型であること、保障額上限が2,000万円であること。できれば一時金を受け取れることの3点が重要です。
  2. がん診断一時金の給付条件。がん診断一時金の給付条件は生命保険各社バラバラです。差が出るのは一時金の2回目以降の給付条件です。2回目以降の給付間隔が1年で、給付条件に通院が含まれているのがベストです。
  3. 抗がん剤治療の保障範囲。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっていればベストです。

まずはざっと概要を書いておきます。上記3点について、FWD生命「がんベスト・ゴールド」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
先進医療特約の保障内容 タイプ:終身型
保障額上限:2,000万円
一時金:技術料実費の10%
A
がん診断一時金の給付条件 給付回数:無制限
給付間隔:1年
1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院or通院
A
抗がん剤治療の保障範囲 自由診療となる抗がん剤治療を保障対象にできる(3,000万円限度) S
30歳の月額保険料
(一時金100万円)
男性:2,752円
女性:2,613円
B
40歳の月額保険料
(一時金100万円)
男性:4,218円
女性:3,479円
会社情報 苦情率:0.332%
ソルベンシーマージン比率:1157%
会社格付け:BBB+(FR)
B

先進医療特約は問題ありません。一生涯保険料が変わらない終身型ですし、限度額も他社同等の通算2,000万円。交通費や宿泊費に使える一時金もあります。

一時金の給付条件も問題ありません。1年に1回、回数無制限で一時金を受け取れます。2回目以降の給付条件も完璧。他社だと2回目以降の給付条件が「入院」に限定されることが多いのですが、「入院or通院」で保障対象となる点も安心です。

また、抗がん剤治療保障の保障対象には全額自己負担となる自由診療が含まれます。一般的な抗がん剤治療保障は健康保険が適用される範囲の抗がん剤治療に限定されることもあり、この点はメリットです。

そしてズバ抜けてるのがその保障額。自由診療の抗がん剤治療が通算3,000万円まで保障は業界最高額でしょう。他社は

1回20万円×24回=480万円

くらいが限度となるので、桁違いの保障額です。

保険料はやや高めといったところでしょうか。というのも、基本保障に保険料払込免除が含まれているんですよね。がんと診断されたら以降の保険料支払いが免除される保障なのですが、他社はオプション化しているのに、FWD生命「がんベスト・ゴールド」は基本保障。このために他社と比較すると保険料は高く見えます。

会社的にも安定しています。苦情率の業界平均は0.4%程度なのですが、それを下回る0.332%ですし、保険金の支払い能力を示すソルベンシーマージン比率も1157%。ソルベンシーマージン比率は200%を超えれば安全と言われてますが、大きく上回ってますね。格付は生命保険会社としては低めの「BBB+」なので評価はBとしていますが、投機的な水準ではないのでまず大丈夫かと。

がん保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

FWD生命「がんベスト・ゴールド」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
【がん診断給付金】
がんと診断された際に一時金が給付されます。
※上皮内がんは含みます。
※2回目以降は入院もしくは通院が給付条件となります。
【保険料払込免除】
がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます(保障は継続します)。
特約(オプション)
【がん治療給付金特約】
抗がん剤治療・ホルモン剤治療・放射線治療を受けた月に定額給付。
【自由診療抗がん剤治療特約】
保険診療・先進医療の対象外となる所定の抗がん剤治療を受けた月に定額給付。
【がん収入サポート特約】
がん診断給付金が支払われた際に毎月定額給付。
【がん先進医療特約】
健康保険が適用されない先進医療の技術料と一時金給付。
【がん手術特約】
がんの手術を受けた際に一時金給付。
【女性がんケア特約】
女性特有のがんで手術を受けた場合、もしくは乳房再建手術を受けた際に一時金給付。
保険料を支払う期間 ネットでの申し込み:終身(一生涯)のみ。
対面・郵送での申し込み:70歳まで、60歳まで、65歳まで、終身(一生涯)から選択可能。
保険料を支払う回数 月払のみ
保険料を支払う方法 ネットでの申し込み:クレジットカード払のみ。
対面・郵送での申し込み:口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面・ネット・郵送

FWD生命「がんベスト・ゴールド」の保障内容を評価します。

冒頭のところで先進医療特約・がん一時金・抗がん剤治療保障について書きましたが、その他の特約(オプション)を含め、もう少し詳しく見ていきます。

【基本保障】がん診断給付金

繰り返しますが、FWD生命「がんベスト・ゴールド」は一時金が基本保障です。オーソドックスな入院を基本保障(入院1日1万円お支払い!とか)とするタイプではなく、最近増えてきている一時金が基本保障のがん保険ですね。

「あなたはがんです」

と診断されれば一気にまとまった金額(100万円とか)が給付されるので、治療の早い段階で大金を確保できる安心感があります。また、銀行口座に振り込まれた100万円を眺めていれば、がん保険に入っておいてよかったと分かりやすく実感できます。

がん診断給付金の保障内容は以下のとおり。

給付額 給付条件 給付間隔 上皮内がん
5万円~ 300万円の範囲で選択可能(5万円単位) 1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院or通院
1年(給付回数無制限) 保障対象

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】2回目以降の給付条件に通院が含まれている。
  • 【GOOD!】給付間隔が1年。
  • 【GOOD!】上皮内がんも給付対象。給付額が減額されることもない。

現在は発売されているがん保険のなかでは、トップクラスの保障内容です。

2回目以降の給付条件は「入院」もしくは「通院」となっている点が秀逸です。他社だと「入院」だけを条件とする場合が多く、通院治療だと一時金が給付されないことがあります。「入院」「通院」のどちらでも一時金が給付される点はFWD生命「がんベスト・ゴールド」のメリットです。

また、給付間隔が1年に1回は他社と同水準。ちょっと古いがん保険だと2年に1回しか一時金給付されないこともあるのですが、1年に1回は安心です。再発と転移を繰り返した場合も十分対応できます。

上皮内がんが保障対象となる点もメリットでしょう。

上皮内がんとはがんの初期段階です。サッと手術で切り取ってしまえば完治する可能性が高く、保障対象外としているがん保険も多数あります。

こちらもちょっと古いがん保険だと上皮内がんが保障対象外だったり、保障額が半額になったりすることもあるのですが、FWD生命「がんベスト・ゴールド」は通常のがんと同様にきっちり保障してくれます。

上皮内がんを気にする必要があるのは、特に女性です。乳がんは上皮内がんであっても通常のがんと同程度の治療が必要になるケースがあります。この点は女性にとってうれしいメリットですね。

ちなみにですが、がん診断給付金通院不担保特則を追加すれば、がん診断給付金の2回目の給付条件から通院を除くことができます。まぁでも最近のがん治療は入院が短期化していて、通院治療が増えつつあるので、あえて通院を外す必要はないでしょう。

【基本保障】保険料払込免除

よくCMでみる「以降の保険料は頂きません!」っていう保障です。

がんと診断された場合に、以降の保険料支払いが免除されるのですが、がん保険はそもそも保険料が高くないので必要かどうかは個人の価値観によって分かれます(人気のある保障ではありますが)。

なので、他社と同じように基本保障ではなくオプション化して契約者の自由度を高めた方が良かったのではと感じます。保険料払込免除は無料保障ではありません。基本保障にしちゃったので、他社と比較すると保険料が高く見えます。

【重要です】がん治療給付金特約

給付額 給付条件 上皮内がん
5万円~30万円/月から選択可能(1万円単位) 抗がん剤・ホルモン剤・放射線治療を受けた場合(月1回無制限給付) 給付対象

抗がん剤治療・ホルモン剤治療・放射線治療を受けた月に定額が給付されるオプションです。がんの3大治療は手術・抗がん剤・放射線と言われていますが、3大治療のうち2つをカバーしています(手術は後述する「がん手術特約」でカバー)。

抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがんを切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがんを切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。働きながらの治療も不可能ではないので、経済的なピンチに陥ることもそんなにありません。

本当に怖いのは2のケースです。この場合は副作用が辛くて満足に働くことも難しく、収入減もあり得ます。治療の終わりも見えなくなり、銀行口座の残高が徐々に減っていく抗がん剤ドロ沼にハマります。

ベッドの上で虚空を見上げながら

「あ、これ、やばいかも…」

と、メンタルが削られまくるなかで、毎月定額給付してくれるがん治療給付金特約は助かります。保障内容も悪くないですし、保険料も他社と比較して高いということはありません。優先度高めのオプションです。

【重要です】自由診療抗がん剤治療特約

給付額 給付条件 上皮内がん
薬剤料実費
(通算3,000万円)
保険診療および先進医療の対象外となる所定の抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けたとき。 給付対象

米国では承認されているものの、日本では未承認であるために健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療・ホルモン剤治療を保障する特約です。

健康保険が適用される抗がん剤治療の自己負担は3割(現役世代)ですが、自由診療の治療費は全額自己負担。また、抗がん剤治療を受けた方のうち、2割弱が自由診療を受けたというデータもありますし、自由診療の抗がん剤は月100万円を超えることもあります。特約保険料も高くはないですし、付加しておくべきオプションでしょう。

ちなみに、他社にも自由診療の抗がん剤治療を保障する特約はありますが、

  • 月1回20万円保障。
  • 最大24か月。

といった上限になることが多いんですよね。これだと保障額上限は480万円(20万円×24ヶ月)。FWD生命「がんベスト・ゴールド」の保障額上限3,000万円が桁違いであることがわかります。

ただし注意点があって、自由診療抗がん剤治療特約は5年更新です。契約から5年ごとに特約保険料が変わります。現状はどの年代も特約保険料はほぼ同じ(月400円前後)のようですが、将来的には特約保険料が上がる可能性もあります。

ここらへんはFWD生命もどれくらい保険金支払いが膨らむか読めないところがあるんでしょう。ひとまず5年間でどれくらい保険金支払いがあるか試してみて、予想以上に保険金支払いが膨らめば特約保険料上げる、もしくは特約廃止といった流れでしょうか。

まあでもいまFWD生命「がんベスト・ゴールド」に申し込むなら追加しておくべきオプションです。契約から5年後に特約保険料があり得ないくらい上がったら、その時点でオプション削除も可能です。

【重要です】がん先進医療特約

健康保険が適用されない先進医療を受けた際に医療費実費と一時金が給付される特約です。先進医療は治療費が数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上で欠かせない特約です。

給付額 給付条件
・先進医療の技術料実費(保障期間通算で2,000万円まで保障)
・一時金として技術料実費の10%
先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障期間通算で2,000万円まで保障。
  • 【GOOD!】一時金給付あり。

ちょっと古いがん保険だと先進医療特約の保障額は500万円上限とか1,000万円上限となることもあります。2,000万円は手厚い保障です。

また、先進医療を対応できる病院は限られているため、遠方に移動することもあり得ます。一時金はその場合の宿泊費・交通費を用途として給付されます(給付されないがん保険もあります)。

先進医療特約も優先度は高めです。保険料も月100円程度なので、付加しておくべきオプションでしょう。

【そんなに重要ではありませんが…】がん収入サポート特約

給付額 給付条件 上皮内がん
月5万円~15万円 基本保障であるがん診断給付金が給付されたとき 給付対象

基本保障のがん診断給付金に上乗せされ、12か月間定額が給付される特約です。例えば、がん診断給付金100万円・がん収入サポート特約10万円で契約していた場合、

がん診断給付金100万円+がん収入サポート特約10万円/月×12回=220万円

が給付されます。

がん収入サポート特約は保険料が激安です。30歳男性のケースで毎月支払う保険料を比較してみると、

①がん診断給付金100万円:2,752円
②がん診断給付金30万円+がん収入サポート特約10万円/月:2,120円

といったように、受け取れる金額が②の方が多い(①は100万円、②は150万円)のに、保険料は②の方が安くなってますよね。

というのも、がん収入サポート特約は一生涯の保障ではなく、最長70歳保障という制限があります。71歳でがんと診断されてもがん収入サポート特約の保障は消滅してしまうので、②のケースだとがん診断給付金30万円のみ受け取ることになります(がん診断給付金は一生涯保障)。

なので、保険料を安く抑える手段としてがん収入サポート特約を付加するのはアリです。老後の保障が薄くて良いのなら、がん診断給付金の保障額を低くして、代わりにがん収入サポート特約を付加してもよいでしょう。

【そんなに重要ではありません】がん手術特約

給付額 給付条件 上皮内がん
10万円~30万円の範囲から選択可能。
(10万円単位)
手術を受けたとき。 給付対象

手術を受けた際に一時金が給付される特約です。一般的ながん保険では基本保障となることが多いのですが、FWD生命「がんベスト・ゴールド」はオプション化してます。

がんの3大治療は手術・抗がん剤・放射性治療と言われてますが、

手術→がん手術特約で保障
抗がん剤治療→がん治療給付金特約で保障
放射線治療→がん治療給付金特約で保障

といった棲み分けですね。がん手術特約とがん治療給付金特約を付加すれば、全てカバーできることになります。

まあでも基本保障のがん診断給付金でまとまった金額を確保できていれば、保険料節約のために落としてしまってもよいでしょう。優先度としてはがん治療給付金特約・自由診療抗がん剤治療特約・がん先進医療特約の方が高めです。

【良い保障内容です】女性がんケア特約

女性特有のがん手術を受けた際に一時金が給付されます。

給付額 給付条件
10万円~30万円の範囲で選択可能。
(10万円単位)
卵巣観血切除術:2回まで
子宮観血切除術:1回まで
乳房観血切除術:片側1乳房につき1回まで
乳房再建術:片側1乳房につき1回まで

↑の4つの手術は他の手術よりも精神的ダメージが大きいです。手術を受けて凹んでいるところに、がん保険から10万円程度の一時金が給付されることで、

「完治したら美味しいものを食べにいこう」

「退院したら欲しかったバッグを買ってみよう」

といったように、ほんの少しだけ前向きな気持ちになれる方もいらっしゃいます。

保障内容は悪くありません。他社同等です。保険料も月200円前後と高くはないので、気になる女性は付加してもよいと感じます。

【使えます】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなることもありますが、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスはかなり役に立ちます。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」はティーペック社と提携してセカンドオピニオンサービスを無料で提供してます。

ちなみに、ティーペック社の月額利用料は1万円を超えます。月額1万円を超えるサービスを無料で利用できるのは大きなメリットです。

【シミュレーション】僕がFWD生命「がんベスト・ゴールド」に入るなら。

僕がFWD生命「がんベスト・ゴールド」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:がん診断給付金(100万円)、保険料払込免除
  • 特約:がん治療給付金特約(10万円)、自由診療抗がん剤治療特約、がん先進医療特約

上記のシミュレーションで40歳男性が毎月支払う保険料は5,313円、40歳女性なら4,955円です。

このケースだと、

  • がんと診断されていれば1年に1回100万円(回数無制限)。
  • 抗がん剤治療・放射線治療を受けた月に10万円。
  • 自由診療となる抗がん剤治療の実費を保障。
  • がん先進医療の実費を保障。
  • がんと診断されたら以降の保険料払込免除。

です。上述した本当に怖い抗がん剤ドロ沼にハマったとしても年1回100万円+月10万円+自由診療抗がん剤実費保障なので、ある程度は耐えられる保障内容になっているかと。

ちなみにですが、保険料はやや高めです(後述します)。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」のデメリット

FWD生命「がんベスト・ゴールド」ここにご注意!
  • 【check】保険料はやや高め(基本保障に保険料払込免除が含まれちゃってる)。

保険料はやや高めです。

同じく一時金タイプのがん保険であるSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」の診断給付型と保険料を比較してみます。保障内容は極力合わせてますが、ぴったり一致とはなってないので、ここはご参考程度に。

がんベスト・ゴールド 勇気のお守り(がん診断給付型)
保障内容 がん診断一時金100万円
保険料払込免除
がん先進医療特約
抗がん剤治療10万円/月
放射線治療10万円/月
自由診療抗がん剤治療3,000万円
がん診断一時金100万円
保険料払込免除
がん先進医療特約
抗がん剤治療10万円/月
自由診療抗がん剤治療20万円/月
非喫煙者も喫煙者も保険料は同じ 非喫煙者 喫煙者
30歳男性 3,612円 2,397円 2,507円
30歳女性 3,791円 3,187円 4,067円
40歳男性 5,313円 3,600円 3,800円
40歳女性 4,955円 4,130円 5,310円

保障内容はFWD生命「がんベスト・ゴールド」の方が手厚いと言っていいでしょう。大きな違いは自由診療の抗がん剤保障。「がんベスト・ゴールド」が通算3,000万円まで保障なのに対し、SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」は月20万円×12回限度なので240万円まで保障です。

一方で、保険料は全般的にSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」が安くなってます。

SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」は非喫煙者だと保険料が割引されるのですが、男性は割引の有無に関わらず「勇気のお守り」の勝ち、女性は非喫煙者であれば「勇気のお守り」の勝ち、喫煙者だと「がんベスト・ゴールド」の勝ちですね。

まあ「がんベスト・ゴールド」の方が保障は手厚いので、保険料も高くなるのが当たり前ですが、男性は差が開きすぎてるかなと感じます。女性はこんなもんかという印象。

ただし、SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」は保険料払込免除を外すことができます。保険料払込免除を外すと保険料は20%程度割安になるので、さらに「がんベスト・ゴールド」との差が開きます。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」のメリット

FWD生命「がんベスト・ゴールド」ここがポイント!
  • 【check】がん診断給付金の2回目以降の給付条件。通院でも保障対象となる。
  • 【check】自由診療の抗がん剤治療が3,000万円まで保障される。

基本保障の一時金給付条件は良いです。2回目以降の給付条件に通院が含まれている点はメリットでしょう。最近のがん治療は入院が短期化しており、通院治療が増えつつあるので、他社のように給付条件が「入院」に限定されてしまうと一時金給付されずに悔しい思いをすることもあります。

また、自由診療の抗がん剤治療実費を通算3,000万円まで保障してくれる点は他社では見られないメリットです。他社だと月20万円×24ヶ月保障(合計480万円)でもよくやってる方ですが、FWD生命「がんベスト・ゴールド」は桁違いの3,000万円保障。

自由診療の抗がん剤治療は月100万円を超えるケースもあります。通算3,000万円は安心感が違います。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」の評価。

評価:「S」(S、A~Cで判定)。

一時金の給付条件は完璧です。自由診療となる抗がん剤治療が3,000万円まで保障は画期的です。他社ではあり得ないメリットです。

お金があれば助かる命を助けられるがん保険でしょう。評価は最上ランクの「S」にしました。

比較対象として、SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」を挙げておきます。デメリットのところで比較しましたが、男性、もしくは非喫煙者の女性であれば保険料はSOMPOひまわり生命の方が安くなることが多いでしょう。SOMPOひまわり生命も自由診療の抗がん剤治療を保障対象にできます。

喫煙者はなないろ生命「なないろがん一時金保険」が最安値となる可能性もあるので、こちらも比較対象に。ただし、なないろ生命は自由診療の抗がん剤治療が保障対象外です。

がん保険全般の比較は下記リンク先でやってます。こちらもご参考に。

がん保険の保険料比較

FWD生命「がんベスト・ゴールド」の相談をするなら。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、フラッと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、FWD生命の生命保険取り扱ってないですよ」

なんて言われたら悲しいですよね。

そんなことがないように事前に調べておきましょう。手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、FWD生命はもちろんのこと、比較対象としたSOMPOひまわり生命・なないろ生命とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在するがん保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。FWD生命はもちろんのこと、比較対象としたSOMPOひまわり生命・なないろ生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれます。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:FWD生命「がんベスト・ゴールド」

一時金給付タイプのがん保険としては、トップクラスの保障内容です。

一時金の給付条件は完璧で、大きな特徴は自由診療となる抗がん剤治療が通算3,000万円まで保障される点。他社とは桁違いの保障額です。月100万円かかることもある自由診療の抗がん剤治療を3,000万円まで保障は安心感があります。

ただし、保険料はやや高め。基本保障に保険料払込免除が含まれていることもあり、他社と比較すると保険料は高めになります。保険料を観点に選ぶなら、同じく一時金タイプのSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」、もしくはなないろ生命「なないろがん一時金保険」も候補に入ります。

FWD生命「がんベスト・ゴールド」は保険クリニックで加入できます。この記事で比較対象としたSOMPOひまわり生命・なないろ生命とも提携しているので、3社をまとめて相談するなら保険クリニックが手っ取り早いです。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする