【評価A】メディケア生命「新メディフィットPlus(プラス)」デメリットと評価

まずはメディケア生命が何者かですよね。

メディケア生命は住友生命グループの生命保険会社です。メディケア生命は住友生命のセカンドライン的なポジションなんですけど、親会社以上に保障が充実していて保険料が安い生命保険を開発しています。がん保険の他にも、良質な定期保険や医療保険等を発売している生命保険会社です。

ということですので、メディケア生命の知名度は高くありませんが、何者かもよくわからない生命保険会社ではありません。そんなに心配せずとも大丈夫です。

メディケア生命「新メディフィットPlus」ここがポイント
  • がん+7大疾病を一時金で保障する特定疾病一時金保険です。
  • 自由診療の抗がん剤治療を保障対象にできます。
  • 女性は保険料が比較的安く収まります。

がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けるたびに定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

メディケア生命「新メディフィットPlus」は典型的な「②一時金ベースで保障するがん保険」です。正確にはがんだけを保障するのではなく、がん+7大疾病を保障する特定疾病一時金保険です。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 先進医療特約の保障内容。保険料が一生涯変わらない終身型であること、保障額上限が2,000万円であること。できれば一時金を受け取れることの3点が重要です。
  2. がん診断一時金の給付条件。がん診断一時金の給付条件は生命保険各社バラバラです。差が出るのは一時金の2回目以降の給付条件です。2回目以降の給付間隔が1年で、給付条件に通院が含まれているのがベストです。
  3. 抗がん剤治療の保障範囲。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっていればベストです。

まずはざっと概要を書いておきます。上記3点について、メディケア生命「新メディフィットPlus」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
先進医療特約の保障内容 タイプ:終身型
保障額上限:2,000万円
一時金:15万円
A
がん診断一時金の給付条件 給付回数:無制限
給付間隔:1年
1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院or通院(Ⅱ型)
A
抗がん剤治療の保障範囲 自由診療の抗がん剤治療が保障対象 A
30歳の月額保険料
(8疾病Ⅱ型・一時金100万円)
男性:3,840円
女性:3,280円
B
40歳の月額保険料
(8疾病Ⅱ型・一時金100万円)
男性:6,270円
女性:4,500円
会社情報 苦情率:0.151%
ソルベンシーマージン比率:2298.5%
会社格付け:AA-(RI)
A

先進医療特約は問題ありません。一生涯保険料が変わらない終身型ですし、限度額も他社同等の通算2,000万円。一時金15万円は他社よりも手厚くなってます。

一時金の給付条件も問題ありません。1年に1回、回数無制限で一時金を受け取れます。他社だと2回目以降の給付条件が「入院」に限定されることもあるのですが、Ⅱ型を選べば入院でも通院でも治療を受けていれば給付される点は安心です(Ⅰ型は入院に限定)。

ちなみに、一時金給付の対象となる疾病はがんだけなく「がん+7大疾病」になります。7大疾病は以下のとおり。

  1. 心疾患
  2. 脳血管疾患
  3. 慢性腎不全
  4. 肝硬変
  5. 慢性膵炎
  6. 糖尿病
  7. 高血圧性疾患

どれも気になる生活習慣病ですよね。

抗がん剤治療の保障対象には自由診療も含まれます。日本では承認が遅れてるけど欧米では承認されている最新の抗がん剤治療(全額自己負担)も保障対象です。他社の抗がん剤治療保障は健康保険が適用される範囲の抗がん剤治療に限定されることが多く、この点もメリットでしょう。

保険料は高くありません。特に女性は他社と比較して安くなる傾向にあります。上述した抗がん剤治療特約もかなりお安くなってます。

会社的にも安定しています。苦情率の業界平均は0.4%程度なのですが、それを下回る0.151%ですし、保険金の支払い能力を示すソルベンシーマージン比率も2298.5%。ソルベンシーマージン比率は200%を超えれば安全と言われてますが、大きく上回ってますね。格付も「AA-」なので”保険金支払能力は極めて高く、優れた要素がある”という評価になっています。

がん保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

メディケア生命「新メディフィットPlus」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【特定疾病一時金保険】
・がん+7大疾病に備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
以下の2パターンのどちらかを選択可能。
【特定3疾病】
・がん一時金
・心疾患一時金
・脳血管疾患一時金
【特定8疾病】
・がん一時金
・心疾患一時金
・脳血管疾患一時金
・慢性腎不全一時金
・肝硬変一時金
・慢性膵<すい>炎一時金
・糖尿病一時金
・高血圧性疾患一時金
特約(オプション)
【先進医療・患者申出療養特約】
健康保険が適用されない先進医療・患者申出療養の技術料と一時金15万円を給付。
【特定3疾病保険料払込免除特約】
3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)で所定の条件を満たした場合に、以降の保険料支払い免除。
【薬剤治療特約】
抗がん剤治療等の薬剤治療を受けた月に定額給付。
保険料を支払う期間 以下から選択可能。
・60歳まで
・65歳まで
・70歳まで
・75歳まで
・80歳まで
・終身(一生涯)
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払から選択可能。
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面・ネット・郵送

メディケア生命「新メディフィットPlus」の保障内容を評価します。

冒頭のところで先進医療特約・がん一時金・抗がん剤治療保障について書きましたが、その他の特約(オプション)を含め、もう少し詳しく見ていきます。

【基本保障】特定3疾病保障型

メディケア生命「新メディフィットPlus」の基本保障はちょっと複雑です。

まずは保障対象となる疾病の種類を選びます。選べるのは下記の2種類。

  • 特定3疾病保障型:がん・心疾患・脳血管疾患が保障対象。
  • 特定8疾病保障型:上記3疾病に加えて、5つの生活習慣病が保障対象。

もちろん保険料が高くなるのは保障範囲の広い「特定8疾病保障型」です。生活習慣病全般に不安を抱えるのなら「特定8疾病保障型」ですが、保険料を安く抑えるなら「特定3疾病保障型」ですね。

続いて、Ⅰ型とⅡ型を選ぶことになりますが、違いはがん・心疾患・脳血管疾患の保障条件です。具体的には下表のとおり。

疾病 給付条件 給付間隔
がん 【Ⅰ型】
1回目:がんと診断された場合。
2回目以降:がんで入院した場合。
【Ⅱ型】
1回目:がんと診断された場合。
2回目以降:がんで入院・通院した場合。
1年(回数無制限)
心疾患 【Ⅰ型】
急性心筋梗塞:入院または手術をした場合。
急性心筋梗塞以外:20日以上継続して入院、または手術をした場合。
【Ⅱ型】
入院または手術をした場合。
脳血管疾患 【Ⅰ型】
脳卒中:入院または手術をした場合。
脳卒中以外:20日以上継続して入院、または手術をした場合。
【Ⅱ型】
入院または手術をした場合。

Ⅰ型は保障条件がやや厳しめ。がんの2回目以降の給付条件が入院に限定されているので、最近よくある通院だけのがん治療だと保障対象になりません。

また、心疾患・脳血管疾患の入院日数の条件にも違いがあります。Ⅰ型だと、急性心筋梗塞・脳卒中以外は20日以上継続日数が条件となってます。

脳血管疾患は入院が長引くので20日以上継続入院でもハードルは高くないのですが、心疾患の入院日数は短くて、35歳~64歳は平均9.0日(生命保険文化センター)です。平均からすると20日も入院しないんですよね。実質的に、急性心筋梗塞以外の心疾患が保障対象となることは少ないかと。

ということで、保険料が多少高くなったとしても、

  • がんの2回目以降の給付条件に通院が含まれる。
  • 心疾患が入院即保障。

といったメリットのあるⅡ型がおすすめです。

以下、特定3疾病保障型のポイントです。

  • 【GOOD!】給付間隔が1年。がんの再発・転移に対する保障が手厚い。
  • 【GOOD!】上皮内がん(初期のがん)も給付対象。一時金が減額されることもない。
  • 【GOOD!】がんの2回目以降の一時金給付条件が入院or通院(Ⅱ型)。

保障内容は悪くありません。

一時金は条件を満たす限り回数無制限で給付されるのですが、生命保険各社のがん保険で差が出てくるのが2回目以降の給付条件です。再発と転移に備えるためには、2回目以降の給付間隔と給付条件が重要です。

メディケア生命「新メディフィットPlus」は給付間隔が1年に1回。一時金の給付を受けてから1年後に入院、もしくは通院治療を受けていれば、再び一時金が給付されます。ちょっと古いがん保険だと給付間隔が2年に1回の場合もあり、この点はメリットです。

また、上皮内がんが保障対象となっている点も評価できます。

上皮内がんとは、がん細胞が血管やリンパ管に到達していない初期のがんを指します。がん細胞は血管やリンパ管で運ばれて転移していくので、上皮内がんの段階でサッと手術で切り取れば再発や転移する可能性は低いと言われてます。

なので、ちょっと古いがん保険だと「上皮内がんなんてがんじゃないよ!」と言い張られて保障対象外になることもあります。大腸がんだと2割、子宮頸がんだと半数以上が上皮内がんで発見されたというデータもあり、上皮内がんもきっちり保障される点もはなさく生命「はなさく一時金」のメリットでしょう。

また、Ⅱ型だと、がんの2回目以降の給付条件が入院or通院である点もメリットでしょう。他社だと2回目以降の給付条件が「入院」に限定されることもあります。最近の医療は入院から通院にシフトしており、入院に限定されてしまうと

「えっ!がんの治療が続いてるのに一時金給付されない!」

という事態もあり得ます。これはとても悔しい。

ただし、手術・抗がん剤・放射線といったがんの3大治療を受けるための通院のみ保障対象です。単なる経過観察の通院は保障対象外なのでご注意を(とはいえ、経過観察なら働くことも可能なのでデメリットとは言えません)。

【基本保障】特定8疾病保障型

続いて特定8疾病保障型です。

特定8疾病一時金は上記の3疾病に加えて、下記の5疾病が保障対象になります。

疾病 給付額 給付条件 給付間隔
慢性腎不全 10万円~100万円の間で選択可能(10万円単位) 入院、もしくは通院 1年
(保障期間通算5回まで)
肝硬変
慢性膵炎
糖尿病 初回:インシュリン療法
初回・2回目以降:網膜症手術、壊疽による切断
高血圧性疾患 大動脈瘤〈りゅう〉または大動脈解離の手術

歳を重ねると気になってくる生活習慣病ばかりですよね。

さて、特定疾病一時金保険を発売しているのはメディケア生命だけではありません。なないろ生命・はなさく生命からも発売されています。

ここで同じ特定疾病一時金保険のなないろ生命「なないろセブン」、及びはなさく生命「はなさく一時金」と疾病別に保障内容を比較してみます。

はなさく一時金 なないろセブン 新メディフィットPlus
がん 1回目:がんと診断
2回目以降:がんで入院or通院
がんと診断 【Ⅰ型】
1回目:がんと診断
2回目以降:がんで入院
【Ⅱ型】
1回目:がんと診断
2回目以降:がんで入院or通院
心疾患 【Ⅰ型】
急性心筋梗塞:入院or手術
急性心筋梗塞以外:20日入院or手術
【Ⅲ型】
入院or手術
急性心筋梗塞:入院or手術
拡張型心筋症:入院or手術
【Ⅰ型】
急性心筋梗塞:入院or手術
急性心筋梗塞以外:20日入院or手術
【Ⅱ型】
入院or手術
脳血管疾患 【Ⅰ型】
脳卒中:入院or手術
脳卒中以外:20日入院or手術
【Ⅲ型】
入院or手術
脳卒中:入院or手術
脳動脈瘤:破裂or手術
【Ⅰ型】
脳卒中:入院or手術
脳卒中以外:20日入院or手術
【Ⅱ型】
入院or手術
糖尿病 初回:インシュリン療法
初回・2回目以降:網膜症手術、壊疽による切断
網膜症手術
壊疽による切断
初回:インシュリン療法
初回・2回目以降:網膜症手術、壊疽による切断
慢性腎不全 人工透析療法 人工透析療法 入院or通院
肝硬変 入院or通院 食道・胃静脈瘤が破裂と診断or手術 入院or通院
高血圧性疾患 大動脈瘤等の手術
大動脈瘤等が破裂と診断
血行再建手術。
大動脈瘤等の手術
大動脈瘤等が破裂と診断
大動脈瘤または大動脈解離の手術
慢性膵炎 手術 入院or通院
臓器移植 移植術 腎移植手術
肝移植手術

まずはがんの保障条件ですが、ここは3社ほぼ同等。

新メディフィットPlusのⅠ型だと2回目以降の給付条件が入院に限定されますが、Ⅱ型だと条件に通院が含まれます。Ⅰ型だと他の2社より劣りますが、Ⅱ型なら3社ほぼ同等です。

脳と心臓は新メディフィットPlusとはなさく一時金が同等で、なないろセブンが劣勢。

なないろセブンは心疾患・脳血管疾患をまるごと保障するタイプではなく、心疾患の一部である急性心筋梗塞と拡張型心筋症、脳血管疾患の一部である脳卒中と脳動脈瘤を保障対象としています。新メディフィットPlusやはなさく一時金よりも、保障範囲が狭くなってます。

その他の疾病の勝者は

糖尿病:はなさく一時金と新メディフィットPlus(インシュリンが保障対象)
慢性腎不全:新メディフィットPlus(入通院すれば保障対象)
肝硬変:はなさく一時金と新メディフィットPlus(入通院すれば保障対象)
高血圧性疾患:3社ほぼ同等
慢性膵炎:新メディフィットPlus(入通院すれば保障対象)
臓器移植:はなさく一時金(全ての臓器移植が保障対象)

といったところでしょうか。がんの保障条件は3社ほぼ同等で、がん以外だとはなさく一時金と新メディフィットPlusが競り合ってる感じですね。

気になる保険料はこのあと比較していきます。

【基本保障】初回一時金上乗せ

一回目の給付に限り、上記の3大疾病・8大疾病の一時金を上乗せすることができます。上乗せの金額は10万円~90万円まで選択可能。「上乗せしなくていい!」という選択も可能です。

確かに初めての大病は効率的に動けないので余計な費用がかかることもありますが、それでも初回だから大きく医療費が膨らむということはほぼありません。

初回一時金上乗せすると保険料がググっと上がりますし、必要性は薄いかなぁと感じます。初回一時金上乗せをする余裕があるのなら、一時金の保障額を上げた方がよいでしょう。

ちなみに、40歳男性で3大疾病一時金Ⅱ型(50万円)に初回上乗せ20万円を追加したケースの保険料は、

初回上乗せ20万円:2,772円
初回上乗せなし:2,180円

です。その差は592円。毎月592円支払って、20万円上乗せです。ちょっと費用対効果が薄いかなぁという印象です。

【重要です】先進医療・患者申出療養特約

給付額 給付条件
・保障期間通算で2,000万円までの技術料。
・1回につき、一時金15万円給付。
先進医療・患者申出療養を受けた場合。

先進医療とは、公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術を指します。健康保険が適用されないので全額自己負担。なので、先進医療を受けると高額な医療費を請求されることもありますが、その医療費実費を保障してくれる特約です(2,000万円まで保障)。

また、一時金15万円は交通費・宿泊費が用途となるお金です。先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。15万円あればちょっとした観光もできそうですよね。これはうれしい。

ちなみにですが、特約名称にあるとおり患者申出療養も保障対象に含まれます。

患者申出療養も先進医療と同様に治療費は全額自己負担。患者からの申出を起点として、公的医療保険が適用されない治療を受けられる制度です。将来的に保険適用につなげるためのデータ集積が目的だそうですね。

ただし、患者申出療養は普及しているとは言えません。厚生労働省の資料によると、令和2年7月1日から令和3年6月30日までに1年間で患者申出療養を受けた方は208人。現状だと患者申出療養を受ける確率はかなり低めです。

なので、先進医療のみを保障対象としている他社のがん保険と比較して、

「患者申出療養が保障対象!すごい!」

とまでは言えませんが、将来的に患者申出療養が普及する可能性を踏まえれば、メリットではあります。

まとめると、保障内容は良いです。保険料も月100円程度と安価なので、人生一発レッドカードを避けるためにも付加しておくべきオプションでしょう。

【重要ではありません】特定3大疾病保険料払込免除特約

給付額 給付条件
保険料支払いが免除される。 【Ⅰ型】
■がん
診断確定
■心疾患
・急性心筋梗塞の場合は入院または手術を受けたとき。
・急性心筋梗塞以外の場合は20日以上の入院または手術を受けたとき。
■脳血管疾患
・脳卒中の場合は入院または手術を受けたとき。
・脳卒中以外の場合は20日以上の入院または手術を受けたとき。
【Ⅱ型】
■がん
診断確定
■心疾患
・入院または手術を受けたとき。
■脳血管疾患
・入院または手術を受けたとき。

よくCMで見る「以降の保険料は頂きません!」っていう特約です。条件を満たせば、以降の保険料支払いが免除されます。

保険料の支払いが免除されると確かに嬉しいのですが、保険料払込免除特約は有料です。付加すると毎月支払う保険料があがります。保険料を上げてまで保険料払込免除特約を付加するかは微妙なところです。

保障内容としては秀逸です。他社と差が出るのは心疾患・脳血管疾患の保障ですが、心筋梗塞・脳卒中に限定せず、心疾患・脳血管疾患をまるごと保障対象としています。

まあでも、必要性は薄いでしょう。

【重要です】薬剤治療特約

給付額 給付条件
1万円~30万の間で1万円単位で選択可能。薬剤治療を受けた月に1回給付される。 【抗がん剤型】
がんの薬剤治療を受けたとき。
【支払対象薬剤Ⅰ型】
がん・心疾患・脳血管疾患の薬剤治療を受けたとき。

メディケア生命には「メディフィットEX」というおくすりの保険があるんですけど、それをオプション化したのがこちらの特約です。抗がん剤治療等の薬剤治療を受けた月に定額が給付されます。

保障内容は優秀です。一般的な抗がん剤治療保障は健康保険が適用される抗がん剤治療に保障範囲を限定していますが、メディケア生命「新メディフィットPlus」は健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療まで保障範囲を広げています。

自由診療は全額自己負担です。欧米では承認されて使用が進んでいるけれど、日本では承認が遅れてるような抗がん剤治療が自由診療に含まれますが、治療費は月100万円を超えることもあり、また、抗がん剤治療を受けた人の2割弱が自由診療を受けたというデータもあります。自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっている点は安心です。

ところで、抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがんを切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがんを切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。働きながらの治療も不可能ではないので、経済的なピンチに陥ることもそんなにありません。

本当に怖いのは2のケースです。この場合は副作用が辛くて満足に働くことも難しく、収入減もあり得ます。治療の終わりも見えなくなり、銀行口座の残高が徐々に減っていく抗がん剤ドロ沼にハマります。

ベッドの上で虚空を見上げながら

「あ、これ、やばいかも…」

と、メンタルが削られまくるなかで、毎月定額給付してくれる薬剤治療特約は助かります。特約保険料も他社より安くなってますし、付加しておくべきオプションでしょう。

ちなみにですが、支払対象薬剤Ⅰ型を選択すれば心疾患・脳血管疾患を患ったときに使用される血液をサラサラにする薬剤も保障対象になります。ただし、血液をサラサラにする薬剤はそんなに高くないんですよね。メディケア生命によると毎月の薬剤費は

がん:64,147円
心疾患:22,442円
脳血管疾患:16,819円

ということなんで、個人的には抗がん剤型でも十分かと考えています。

【使えます】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなります。しかし、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスは役立ちます。

メディケア生命「新メディフィットPlus」はティーペック社と提携してセカンドオピニオンサービスを無料で提供してます。

詳細は以下のリンク先を参照頂きたいのですが、かなり幅広いサポートを無料で受けられます。

http://www.medicarelife.com/contractor/health_consultation/

【シミュレーション】僕がメディケア生命「新メディフィットPlus」に入るなら。

僕がメディケア生命「新メディフィットPlus」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:特定3疾病保障型Ⅱ型(一時金100万円)
  • 特約:先進医療・患者申出療養特約、薬剤治療特約(抗がん剤型10万円)

上記のシミュレーションで40歳男性が毎月支払う保険料は5,400円、40歳女性なら4,690円です。この保障内容で、

  • がんと診断されれば1年に1回100万円(2回目以降は入院・通院が条件)。
  • 心疾患・脳血管疾患で所定の条件を満たせば1年に1回100万円。
  • 抗がん剤治療を受けた月に10万円(自由診療は月20万円)。
  • 先進医療の実費を保障。

なので、上述した本当に怖い抗がん剤ドロ沼にハマったとしても年1回100万円+月10万円です。自由診療の抗がん剤治療を受けた場合は月20万円給付ですし、ある程度は耐えられる保障内容になっているかと。

ここで月々の保険料を比較してみます。

比較対象は先ほど保障内容を比較したなないろ生命「なないろセブン」、及びはなさく生命「はなさく一時金」とします。

はなさく一時金 新メディフィットPlus なないろセブン
保障内容 3疾病Ⅲ型100万円
先進医療
8疾病Ⅲ型100万円
先進医療
3疾病Ⅱ型100万円
先進医療
8疾病Ⅱ型100万円
先進医療
7疾病100万円
先進医療
月額保険料 30歳男性 2,819円 3,599円 2,870円 3,980円 2,270円
30歳女性 2,679円 3,309円 2,530円 3,280円 2,038円
40歳男性 4,389円 5,619円 4,500円 6,270円 3,364円
40歳女性 3,779円 4,709円 3,490円 4,640円 2,643円

保険料がダントツで安くなるのはなないろ生命「なないろセブン」です。

がん以外の疾病だと比較的保障が弱いなないろ生命「なないろセブン」ですが、その代わりに保険料は激安。がんの保障内容はこの3つが横一線なので、がん保障を重視するならなないろ生命「なないろセブン」が最有力でしょう。

がん以外の生活習慣病も重視するのなら、

  • 男性ははなさく一時金が安い。
  • 女性は新メディフィットPlusが安い。

といった感じでしょうか。保障内容は大きく変わらないので、保険料で決めるのが良いかと。

メディケア生命「新メディフィットPlus」のデメリット

メディケア生命「新メディフィットPlus」ここにご注意!
  • 【check】男性は保険料が高め。

上記のとおり、同じ特定疾病一時金保険のはなさく生命「はなさく一時金」と比較すると、男性は保険料がやや高めです。

保障内容はほぼ同じなので、決め手になるのは保険料。男性は、はなさく一時金との比較は必須でしょう。

ただし、はなさく一時金の抗がん剤治療特約は、自由診療の抗がん剤治療が保障対象外というデメリットがあります。この点はご注意を。

メディケア生命「新メディフィットPlus」のメリット

メディケア生命「新メディフィットPlus」ここがポイント!
  • 【check】自由診療の抗がん剤治療が保障対象。
  • 【check】女性の保険料が比較的安い。

1点目は上述のとおりです。薬剤治療特約の保障対象には自由診療の抗がん剤治療が含まれます。この記事で何度か登場したなないろ生命「なないろセブン」、及びはなさく生命「はなさく一時金」の抗がん剤治療特約を比較してみると、

メディケア生命:自由診療・健康保険適用の抗がん剤治療が保障対象。
なないろ生命:自由診療・健康保険適用の抗がん剤治療が保障対象。
はなさく生命:自由診療の抗がん剤治療は保障対象外。健康保険が適用される抗がん剤治療のみ保障対象

といった違いがあります。はなさく生命は自由診療の抗がん剤治療が保障対象外なので、この点はやや2社より劣ってますね。

また、上記のとおりはなさく生命「はなさく一時金」と比較すると女性の保険料は安く収まる傾向にあります。がんだけでなく3疾病・8疾病まで保障範囲を広げたい女性にとっては有力な候補となります。

メディケア生命「新メディフィットPlus」の評価。

評価:「A」(S、A~Cで判定)。

特定疾病一時金保険というカテゴリで見れば悪くありません。保障内容はライバルと同等ですし、保険料も高くはありません。特に女性は保険料が安くなる傾向にあります。

といった選び方が良いのではないかと。

自由診療の抗がん剤治療も保障対象となりますし、3疾病・8疾病まで保障範囲を広げておきたい女性にとっては有力な候補になります。よって評価は「A」としました。

ちなみにですが、がん保険全般の比較は下記リンク先でやってます。こちらもご参考に。

がん保険の保険料比較

メディケア生命「新メディフィットPlus」の相談をするなら。

メディケア生命「新メディフィットPlus」は全国各地の保険ショップで取り扱っています。割と幅広い保険ショップで取り扱っているので、みなさんのご自宅近くの保険ショップで相談できる可能性は高いです。

けれども、フラッと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、メディケア生命の生命保険取り扱ってないですよ」

なんて言われてら悲しいですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、メディケア生命はもちろん、比較対象としたなないろ生命・はなさく生命とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在するがん保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。メディケア生命はもちろんのこと、比較対象としたなないろ生命・はなさく生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれます。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:メディケア生命「新メディフィットPlus」

特定疾病一時金保険には、なないろ生命「なないろセブン」はなさく生命「はなさく一時金」がありますが、その2社と比較しても悪くありません。保障内容は2社と同等ですし、特に女性は保険料にもメリットがあります。

繰り返しますが、

  • がんの保障を重視するのなら、保険料が安いなないろ生命「なないろセブン」が有力
  • 3疾病・8疾病まで保障範囲を広げるのなら、保険料の観点から男性ははなさく生命「はなさく一時金」、女性はメディケア生命「新メディフィットPlus(プラス)」が良さそう。

といった選び方が良いのではないかと。まあでもひとまずは3社で比較でしょう。

とはいえ、3社間の比較なんて面倒ですよね。そんなときは気軽に保険ショップに相談です。保険クリニックなら、はなさく生命・なないろ生命・メディケア生命の3社と提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年8月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする