【評価B】SBI生命の就業不能保険「働く人のたより」デメリットと評価

就業不能保険といえばアクサダイレクト生命「働けないときの安心」みたいな風潮が長らく続いていましたが、そこに寄せてきたのがSBI生命「働く人のたより」です。

保険料はアクサダイレクト生命「働けないときの安心」よりちょっとだけ安い。ただし、保障内容に障害等級が含まれないので、後遺障害を負ったときが心配。でも、保険料を優先するなら選択肢に入る。

といった就業不能保険です。

SBI生命「働く人のたより」ここがポイント
  • 働けなくなるリスクをカバーする就業不能保険です。
  • 保険料は掛け捨て。その分、安い保険料で申し込みできます。
  • メンタル疾患が保障対象になっています。
  • 障害等級が保障対象になってません。治療が終われば保障も原則終了です。

就業不能保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

就業不能保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. メンタル疾患が保障対象になっているか。最も可能性の高い働けなくなるリスクはうつ病を含むメンタル疾患です。メンタル疾患を保障対象としているかは重要なポイントです。
  2. 障害等級が保障対象になっているか。働けない期間は病気やケガの治療を受けている期間だけとは限りません。後遺障害を負ってしまった場合に、長期間の保障を受けられるかという点が重要です。
  3. がん・脳血管疾患の保障内容。長期間働けなく可能性のある疾病は主にがんと脳血管疾患です。再発・転移を繰り返すがん、そして後遺障害が起こりやすい脳血管疾患をどこまで保障してくれるかは要チェックです。
  4. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。また、会社員の方にはハーフタイプのある就業不能保険がおすすめです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、SBI生命「働く人のたより」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
メンタル疾患の保障 あり
条件:①治療を目的とした入院②入院を経て退院した後の医師の指示による在宅療養のいずれか。
給付期間:18か月限度
A
障害等級 なし C
がん・脳血管疾患の保障内容 あり
条件:①治療を目的とした入院②医師の指示による在宅療養のいずれか
A
30歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:1,440円
女性:1,400円
※ハーフタイプの保険料
A
40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:1,650円
女性:1,510円
※ハーフタイプの保険料

詳しくは後述しますが、SBI生命「働く人のたより」は3つのタイプから選択できます。

  1. 全疾病型
  2. 3疾病型
  3. がん保障型

おそらく加入者の大半は「全疾病型」を選んでると思いますので、上表は「全疾病型」について書いています。

全疾病型はメンタル疾患が保障対象となっています。この点は良いのですが、障害等級は保障対象外。治療している期間のみを保障対象としているので、治療が終われば保障は終了。後遺障害が残ったとしても保障対象外です。ちょっと厳しいですね。

まあでもその分、保険料は安いです。交通事故や脳卒中で障害を負っても治療が終われば保障も終わりますが、保険料は安いです。

就業不能保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

就業不能保険の保障内容・保険料比較ランキング

就業不能保険の相談はマネードクターで!
(↓をクリックするとマネードクターへ移動します)



SBI生命「働く人のたより」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の就業不能保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【就業不能保険】
・働けなくなるリスクに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(働けないときに受け取れる金額)
毎月5万円~50万円
※5万円単位で選択可能。
保険料を支払う期間 55歳まで、60歳まで、65歳まで、70歳までの4つから選択可能。
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
加入方法 ネット・対面
健康相談サービス メンタル相談サービスを無料で利用可能。

【SBI生命「働く人のたより」】働けないと認定される条件について。

死亡保障は亡くなったら保険金が支払われます。白黒ハッキリしていてわかりやすいですよね。それに対し、就業不能保険は「働けない」と認定される条件が生命保険各社バラバラです。

まずは、就業不能保険で何よりも重要な「働けないと認定される条件」について書いておきます。冒頭書いたとおり、SBI生命「働く人のたより」は保障が

  1. 全疾病型
  2. 3疾病型
  3. がん保障型

の3タイプに分かれてます。3タイプそれぞれ見ていきます。

全疾病型

分類 働けないと認定される条件
精神疾患以外 以下のいずれかを満たす場合。
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
精神疾患 以下のいずれかを満たす場合。
①治療を目的とした入院
②入院を経て退院した後の医師の指示による在宅療養。

まずは精神疾患以外の条件から。繰り返しになりますが、障害等級が条件になっていない点は注意が必要です。治療が終われば保障も終了。後遺障害を負ったとしても、保障はされません。

ライバルとなるアクサダイレクト生命「働けないときの安心」と比較してみるとわかりやすいんですけど、アクサダイレクト生命の条件は以下のとおり。

①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障害等級2級以上

障害等級2級以上が条件になってます。じゃあこの障害等級2等級は何かというと、

「身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、 日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。」

です。日常生活に支障を来し、働くことができない状態を指します。

SBI生命「働く人のたより」は障害等級2級に認定されたとしても、入院もしくは医師からの在宅療養指示がなければ保障対象になりません。治療が終われば保障も終わり。後遺障害があったとしても終わりです。この点は大きなデメリットです。

続いて、メンタル疾患。

メンタル疾患の保障で注意しないといけないのは以下の2点です。

  • 入院のない自宅療養は保障対象になりません。
  • 毎月受け取れる保険金は18回が限度。

よくある「ちょっと会社を休んで通院しながら治療するうつ病」は保障対象外です。保障対象となるのは入院が必要な重症に限られる点は注意が必要です。

また、精神疾患の場合は毎月受け取れる保険金は18回が限度です。18か月分しか受け取れません。症状が長引いたとしても、18か月を過ぎれば保険金の給付はスパッと終わってしまいます。

ちょっと条件厳しいですよね…。

しかし、この2点がデメリットかというと、そんなことはありません。他社と比較して平均的です。悪くはありません。

そもそも、メンタル疾患を保障対象にしている就業不能保険は数が少ないです。「ちょっと凹みやすいんです…」っていう方にとってSBI生命「働く人のたより」は安心な保障内容になってますが、加入する際には上記2点の注意点をしっかりと認識しておきましょう。

ちなみにですが、入院するほどの重症でないメンタル疾患も保障対象としたい方は、ネオファースト生命「ネオdeいちじきん」を選択肢に加えてみて下さい。こちらは入院していなくても、診断されただけ一時金を受け取れます。長期間のメンタル疾患にも耐えらえる保障になっており、かなり安心できる保障内容です。

また、超長期間の保障を考えている方は、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」がおすすめです。こちらはメンタル疾患であっても数十年レベルで保障されます。

うつ病を保障対象とする保険を下記リンク先にまとめています。こちらもあわせてご参考に。

うつ病に備えられる医療保険3選

3疾病型

分類 働けないと認定される条件
就業不能保障 ①がん・急性心筋梗塞・脳卒中の治療を目的とした入院
②がん・急性心筋梗塞・脳卒中を原因とした医師の指示による在宅療養

保障対象をバッサリと3疾病に限定しています。もちろんメンタル疾患もケガも保障対象外。交通事故だったり、スポーツやアウトドアでケガして入院となっても保障されません。おそらく「3疾病型」を選択する人は少ないのではないかと。

気になる点は以下の2点です。

  • 保障対象が範囲の狭い急性心筋梗塞・脳卒中に限定されている。幅広い心疾患・脳血管疾患ではない。
  • 軽い労働ができる状態だと在宅療養とは見なされない。

急性心筋梗塞は心疾患の3%というデータもあります。保障範囲が幅広い心疾患・脳血管疾患ではなく、急性心筋梗塞・脳卒中に限定されるという点は気になります。

また、軽い労働(検品や梱包、座りながらの事務等)ができると見なされれば、「働けるよね」ということになり、保障対象外になります。おそらくは医師の診断書(「働けない」と書かれているか)が重視されるとは思いますが、この点は後々モメる可能性が残ります。

しかし、保障対象をバッサリ限定している代わりに保険料はかなり安くなってます。30歳・40歳の方が保険金額10万円/月、60歳まで保障(ハーフタイプ)される場合の保険料は下記のとおりです。

30歳男性:970円/月
30歳女性:920円/月
40歳男性:1,100円/月
40歳女性:1,010円/月

あり得ない安さです。この点は魅力でしょう。

がん保障型

分類 働けないと認定される条件
就業不能保障 ①がんの治療を目的とした入院
②がんを原因とした医師の指示による在宅療養

さらに保障対象を狭くして、がんだけに限定したのが「がん保障型」です。メンタル疾患もケガも保障対象外。交通事故だったり、スポーツやアウトドアでケガして入院となっても保障されません。保障範囲はかなり限定されています。

ただし、保障対象をがんに絞っている分、保険料は安いです。30歳・40歳の方が保険金額10万円/月、60歳まで保障(ハーフタイプ)される場合の保険料は下記のとおりです。

30歳男性:850円/月
30歳女性:840円/月
40歳男性:960円/月
40歳女性:920円/月

こちらもあり得ない安さ。

しかし、最近だとがんの入院期間が短くなっていて、その代わりに長くなっているのが自宅から通院して働きながら治療するケースです。周囲にもがんと闘病しながら働き続けている方がいらっしゃるのでは。働いてしまうと就業不能保険からは1円も給付されません。

なので、SBI生命「働く人のたより」のがん保障型を検討されているのなら、がん保険も選択肢に入れてみてください。朝日生命「スマイルセブンSuper」ならがんを含む7大疾病と診断されれば、働きながらでも1年に1回大きな額(100万円等)の一時金が給付されます。一時金は治療費にも使えますし、生活費の補填にも使えます。保険料はSBI生命「働く人のたより」よりも保険料は高めですが、比較する価値は十分あります。

SBI生命「働く人のたより」のメリット

SBI生命「働く人のたより」ここがポイント!
  • 【check】ハーフタイプを選べば保険料が割安に。
  • 【check】精神疾患が保障対象になっている。
  • 【check】主婦・主夫も加入できる。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メリットの1点目から3点目について説明していきます。

SBI生命「働く人のたより」はハーフタイプを選べば保険料が割安に。

ハーフタイプとは、病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、一定期間は設定した就業不能給付金月額の半額、その後は満額を受け取れる保障タイプのことです。

会社員の方にはハーフタイプがおすすめです。

健康保険に加入されている会社員の方は、働けなくなっても即座に収入が途絶えることはありません。傷病手当金が給付されます。

傷病手当金は概ね月給の2/3を1年6ヶ月間受け取れます。傷病手当金が給付される1年6ヶ月の間に就業不能保険の保険金を半額に抑えることで、毎月支払う保険料を安くすることができます。

ちょっと例示します。40歳で保障額月10万円(保障期間60歳まで)の場合、ハーフタイプと満額タイプの保険料を比較すると下表のような感じになります。

ハーフタイプ 満額タイプ
男性 1,650円 2,270円
女性 1,510円 1,980円

月々の差は数百円ですが、これが何十年も続くとけっこうな差になります。

一方で、傷病手当金が給付されない国民健康保険加入者(自営業やフリーランスの方)はハーフタイプを選ぶ際には慎重になってください。1年6ヶ月の間、就業不能保険からの保険金が半額となっても生活できる蓄えが無い限りは、満額タイプがよいでしょう。
(満額タイプは免責期間が過ぎれば即保険金満額を受け取れます)

ちなみに、ハーフタイプは他社の就業不能保険でも取り入れてることが多いです。ライバルのアクサダイレクト生命「働けないときの安心」にもあります。

SBI生命「働く人のたより」はメンタル疾患が保障対象になっている。

これは先ほど書きましたね。SBI生命「働く人のたより」はメンタル疾患を保障対象にしています。その条件も悪くはありません。平均的です。

ちなみに、働けなくなる原因の27.6%はメンタル疾患だそうです。
(働けなくなる原因のトップはメンタル疾患)

SBI生命「働く人のたより」は主婦(主夫)の方も加入できます。

SBI生命「働く人のたより」は主婦・主夫の方も加入できます。他社は加入に年収制限があり、主婦・主夫だと加入できないことがあるのですが、SBI生命「働く人のたより」は問題ありません(ただし、年収によって保障額の上限が決まります)。

選択できる保障額は15万円までと少額ですが、万が一家事や育児ができない状態になった場合、家事代行や育児代行サービスを依頼する費用にはなりますよね。

SBI生命「働く人のたより」のデメリット

SBI生命「働く人のたより」 ここにご注意!
  • 【check】障害等級が保障対象!後遺障害を負うときつい!
  • 【check】アクサダイレクト生命「働けないときの安心」との比較は必須!
  • 【check】免責期間が60日固定!

先述のとおり、障害等級が保障対象外となっているので、治療が終われば保障も終わり。後遺障害を負ったとしても、保障は受けられません。他社の就業不能保険が障害等級2級以上を保障対象にしていることを踏まえれば、この点は大きなデメリットです。

また、SBI生命「働く人のたより」を検討されている方は、アクサダイレクト生命「働けないときの安心」との比較は必須です。冒頭書きましたが、SBI生命「働く人のたより」はアクサダイレクト生命をかなり意識して開発されています。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」に3疾病型・がん保障型はありません。あるのはオールラウンドタイプ(全疾病型)のみ。なのでここでは全疾病型で比較してみます。比較条件は保障額月10万円・保障期間60歳まで・免責期間60日・ハーフタイプとします。

SBI生命 アクサダイレクト生命
就業不能の保障条件 ①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障害等級2級以上
メンタル疾患の保障条件 ①治療を目的とした入院
②入院を経て退院した後の医師の指示による在宅療養。
※月10万円を最大18回(18ヶ月)給付
①治療を目的とした入院
②障害等級2級以上
※月10万円を最大18回(18ヶ月)給付
月額保険料 30歳男性 1,440円 1,670円
30歳女性 1,400円 1,380円
40歳男性 1,650円 2,000円
40歳女性 1,510円 1,710円

上表を評価すると

  • SBI生命は保障条件に障害等級が入ってない。アクサダイレクト生命は障害等級2級以上を保障条件にしている。
  • 保険料は全般的にSBI生命の方が安い。

といったところですね。

「障害等級は保障対象外でいいから、保険料を安くしてほしい!」

であれば、SBI生命「働く人のたより」の方が優勢です(ただ、障害等級の保障はあった方が安心かと…)。

最後に、SBI生命「働く人のたより」の免責期間は60日固定です。

免責期間とは、働けなくなってから保険金を受け取れるまでの待期期間です。この期間中は就業不能保険から保険金を受け取ることができません。

他社の就業不能保険は「60日 or 180日」といったように免責期間を選択することができます。

免責期間は保険料に影響します。もちろん、免責期間が長い方が保険料は安くなります。ここで免責期間を60日もしくは180日で選択できるライフネット生命「働く人への保険3」と毎月支払う保険料を比較してみます。

SBI生命 ライフネット生命
免責期間 60日間 60日間 180日間
30歳男性 1,440円 1,901円 1,358円
30歳女性 1,400円 1,713円 1,206円
40歳男性 1,650円 2,270円 1,643円
40歳女性 1,510円 1,849円 1,380円

※保障額月10万円・保障期間60歳まで・ハーフタイプで保険料比較。

この例だと免責期間が60日間の場合はSBI生命の方が保険料は安くなってます。しかし、免責期間180日にするとライフネット生命が逆転。保険料の安さがメリットのSBI生命「働く人のたより」ですが、免責期間を調整すればライフネット生命の方が安くなります。免責期間が保険料に与える影響はけっこう大きめです。

繰り返しになりますが、会社員の方なら傷病手当金を1年6ヶ月(540日間)受け取れます。傷病手当金が給付される540日の最初の180日間が保障対象外となっても生きていける余裕があれば、保険料の安くなるライフネット生命も十分選択肢になり得ます。

SBI生命「働く人のたより」の評価

評価:B(S、A~C)

保障条件に障害等級が含まれていない点はデメリットでしょう。治療が終われば保障は終了です。

例えば、30歳で保障期間60歳までの契約して、35歳で交通事故により後遺障害を負ったとしても、治療終了以降は何も保障されません。障害等級が保障条件に含まれるアクサダイレクト生命「働けないときの安心」、もしくはライフネット生命「働く人への保険3」なら、60歳まで毎月定額が給付されます。

確かに保険料は他社と比較して安いんですけどね。その分、保障も薄くなってます。

よって評価はアクサダイレクト生命、ライフネット生命よりも低い「B」としました。

SBI生命「働く人のたより」に申し込むなら。

SBI生命「働く人のたより」はネットから申し込み可能です。

公式サイト:SBI生命「働く人のたより」

しかし、少数ながらもSBI生命を取り扱っている保険ショップがあります。就業不能保険は「働けないと認定される条件」で後々モメることもあるので、対面で説明を聞いておいた方が安心です。

保険クリニックなら、SBI生命とアクサダイレクト生命の両社と提携しています。両社の就業不能保険を比較するなら保険クリニックがおすすめです。もちろん相談は無料です。

保険クリニックは↓をクリック!
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

マネードクターなら、アクサダイレクト生命とライフネット生命の取り扱いがあります。SBI生命の取り扱いはありませんが、2社で検討するならマネードクターでの相談がおすすめです(SBI生命との比較も可能です)。こちらも相談は無料です。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談は危険です。スタッフが事前準備できないので、最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

真剣
ネットで見つけたSBI生命が良さそうなんですが、どうなんでしょうか?

保険ショップにはこんな相談が山ほどきます。ネットで探す人が増えてますが、やっぱり不安なんですよね。ネットで見つけた生命保険の評価を専門家に聞いてみる方は本当に多いです。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、また今度にします!」

と、お断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:SBI生命「働く人のたより」

保険料は激安ですが、障害等級が保障対象になっていない点が気になります。治療が終われば保障も終了です。ちょっと注意が必要な就業不能保険ですね。

他社の就業不能保険と比較しておいて損はないでしょう。比較対象は障害等級が保障条件に含まれるアクサダイレクト生命「働けないときの安心」、もしくはライフネット生命「働く人への保険3」です。この2つと比較しておけば、後々後悔する可能性は低いです。

とはいえ、就業不能保険の比較なんて面白くもなんとないし難しいし面倒くさいです。そんなときは保険ショップにいる専門家を頼りましょう。相談は無料でできますし、おすすめされた生命保険に加入しなくても全く問題ありません。マネードクターならアクサダイレクト生命とライフネット生命と提携しているので、両社の比較もかんたんにやってくれます(SBI生命とは提携していません)。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする