【評価B】なないろ生命「なないろがん治療保険」デメリットと評価

朝日生命の保険ショップ向け子会社「なないろ生命」から発売された「なないろがん治療保険」。

よくある「入院1日1万円!」といった分かりやすい保障内容ではなく、がんの治療費実費を保障するがん保険です。

なないろ生命「なないろがん治療保険」ここがポイント
  • 治療ベースで保障するがん保険です。
  • 診療報酬点数連動型としては珍しい終身保障です。保険料は一生涯変わりません。

がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けた月ごとに定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

なないろ生命「なないろがん治療保険」は典型的な「③治療ベースで保障するがん保険」です。さらに一歩進んだ診療報酬点数連動型です。

一般的な治療ベースのがん保険は

「がんの治療を受けた月に定額10万円お支払い!」

といった定額払いなのですが、なないろ生命「なないろがん治療保険」は厳密に診療報酬点数×3円を保障です。

「病院が発行した領収書を提出してください!医療費の実費をお支払いします!」

です。

例えば、胃がんで入院して診療報酬点数が20,000点だと、医療費は「診療報酬点数×10円」なので200,000円。現役世代は自己負担額3割なので60,000円を窓口で支払うことになります。

一方で、なないろがん治療保険は「診療報酬点数×3円」を保障するので、20,000点×3円=60,000円を保障。医療費の実費とぴったり同額が保障されます。

他社にも同じような診療報酬点数連動型の医療保険・がん保険はありますが、「なないろがん治療保険」の特徴は終身保障である点です。

他社の診療報酬点数連動型は保険期間が10年であることが多く、10年ごとに保険料が上がっちゃうんですよね。なので一生涯の保険料総額だとけっこうな金額になってしまい、あまりおすすめできなかったのですが、「なないろがん治療保険」は終身保障なので一生涯保険料は変わりません。なかなか使える診療報酬点数連動型だと感じます。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 先進医療特約の保障内容。保険料が一生涯変わらない終身型であること、保障額上限が2,000万円であること。できれば一時金を受け取れることの3点が重要です。
  2. がん診断一時金の給付条件。がん診断一時金の給付条件は生命保険各社バラバラです。差が出るのは一時金の2回目以降の給付条件です。2回目以降の給付間隔が1年で、給付条件に通院が含まれているのがベストです。
  3. 抗がん剤治療の保障範囲。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっていればベストです。

まずはざっと概要を書いておきます。上記3点について、なないろ生命「なないろがん治療保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
先進医療特約の保障内容 タイプ:終身型
保障額上限:2,000万円
一時金:技術料の10%
A
がん一時金の給付条件 給付回数:無制限
給付間隔:1年
給付条件:がんと診断
A
抗がん剤治療の保障範囲 健康保険適用範囲内のみ。 B
30歳の月額保険料
(Ⅱ型・月10万円限度)
男性:862円
女性:929円
B
40歳の月額保険料
(Ⅱ型・月10万円限度)
男性:1,227円
女性:1,246円
会社情報 苦情率:0.202% A

先進医療特約は問題ありません。一生涯保険料が変わらない終身型ですし、限度額も他社同等の通算2,000万円。交通費・宿泊費に使える一時金も給付されます。

一時金の給付条件も問題ありません。1年に1回、がんと診断されていれば回数無制限で一時金を受け取れます。2回目以降も診断されていれば給付される点は安心です(入院していなくても給付対象)。

また、上述のとおり診療報酬点数なので、健康保険が適用されない治療費は保障対象外です。抗がん剤治療の保障範囲も公的健康保険が適用される範囲内に限定されます。最近のがん保険は全額自己負担となる自由診療の抗がん剤治療も保障対象にしていることがあり、この点はちょっと惜しいですね。

保険料は平均的かなと。このあと比較していきますが、安くもなく高くもなくといった感じですね。

がん保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

なないろ生命「なないろがん治療保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
【がん治療サポート給付金】
診療報酬点数に連動して医療費実費を保障。
特約(オプション)
【がん保険料払込免除特則】
がんと診断されたら以降の保険料の支払い免除(保障は継続)。
【がん先進医療特約】
がんの先進医療を受けた際に、技術料と一時金を給付。
【がん差額ベッド特約】
がんの入院時の差額ベッド代の実費を保障。
保険料を支払う期間 60歳まで・65歳まで・70歳まで・75歳まで・80歳まで・終身(一生涯)
保険料を支払う回数 月払・年払から選択可能。
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面

なないろ生命「なないろがん治療保険」の保障内容を評価します。

冒頭のところで先進医療特約・がん一時金・抗がん剤治療保障について書きましたが、その他の特約(オプション)を含め、もう少し詳しく見ていきます。

【基本保障】がん治療サポート給付金

冒頭書いたとおり、診療報酬点数に連動して治療費実費が保障されます。

保障内容はちょっと複雑です。なないろがん治療保険に申し込む際には

  • 1か月間の支払限度額
  • 給付金の型

の2点を決めることになります。

まずは「1か月間の支払限度額」から。「1か月間の支払限度額」は10万円・20万円・30万円の3パターンから選択することになりますが、決める際のカギになるのが高額医療費制度です。

日本には高額医療費制度があり、年収によって毎月の医療費上限がある程度決まります。青天井に医療費が膨らみ続けるということはありません。具体的な上限額は下表のとおりです。

年収 医療費の自己負担額上限
年収1,160万円~ 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
年収770~1,160万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
年収370~770万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
~年収370万円 57,600円
住民税非課税者 35,400円

例えば年収500万円の方が月の医療費100万円かかった場合の自己負担額は

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

です。どんなに医療費が膨らんでも、自己負担額が月10万円を超えることはほぼありません。

一方で、年収1,200万円の方が月の医療費100万円かかった場合の自己負担額は

252,600円+(1,000,000円-842,000円)×1%=254,180円

です。自己負担額が10万円を超えることはあり得ますが、月30万円を超えることはまずありません。

ということで、高額医療費制度を利用した場合の自己負担額上限(年収)によって「1か月間の支払限度額」が決まります。具体的には下表の決め方になるかと。

年収 医療費の自己負担額上限 1か月間の支払限度額
年収1,160万円~ 252,600円+(医療費-842,000円)×1% 30万円
年収770~1,160万円 167,400円+(医療費-558,000円)×1% 20万円
年収370~770万円 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 10万円
~年収370万円 57,600円
住民税非課税者 35,400円

ちょっと問題なのが年収が上がって(下がって)、自己負担額上限が変わったときです。

例えば、30歳年収500万円の方が1か月間の支払限度額を10万円で契約。歳を重ねて出世して、40歳のときに年収800万円となり自己負担額上限が上がったとしても、なないろがん治療保険の「1か月間の支払限度額」を変更できないんですよね。1か月間の支払限度額を変更するには一旦解約して、再契約する必要があります。

続いて「給付金の型」。給付金の型はⅠ型とⅡ型から選択できますが、違いは保障対象となる治療の種類です。

Ⅰ型 Ⅱ型
抗がん剤・ホルモン剤
放射線
手術 ×
入院 ×
緩和ケア ×

がんの3大治療は

  • 手術
  • 放射線
  • 抗がん剤

なんてことを言われてますが、Ⅱ型が全てをカバーしているのに対し、Ⅰ型は抗がん剤と放射線のみ。手術は保障対象外です。

また、Ⅰ型は入院も保障対象外なんですよね。ちなみにですが、がんの入院は短期化する傾向にあります。平均入院期間は下記のとおり。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

参考にしたのは生命保険文化センターです。

ただし、長期入院となる可能性はゼロではありません(水泳の池江璃花子さんは10ヶ月入院されたそうです)。保険の役割が万が一の壊滅的な状況を救うことにあるとすれば、長期入院の保障は重要です。

40歳男性を例にすると支払限度額10万円で毎月支払う保険料はⅠ型だと879円、Ⅱ型だと1,227円。これくらいの差であればⅡ型を選んだ方がよいかと。

【重要ではありません】がん保険料払込免除特則

よくCMでみる「以降の保険料は頂きません!」っていう保障です。

がんと診断されれば以降の保険料支払いが免除されるのですが、そもそもなないろ生命「なないろがん治療保険」は保険料は安いため、保険料払込免除特則をつける必要性は薄いでしょう。

ちなみにですが、がん保険料払込免除特則は有料オプションです。付加すると毎月支払う保険料が上がります。

【重要です】がん先進医療特約

健康保険が適用されない先進医療の医療費実費を保障する特約です。先進医療は数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上でも優先度は高めです。

給付額 給付条件
・先進医療の技術料実費(保障期間通算2,000万円限度)
・一時金として技術料の10%(保障期間通算200万円限度)
先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障期間通算で2,000万円まで保障。
  • 【GOOD!】一時金の給付あり。

保障期間通算で2,000万円限度保障である点は他社同等です。ちょっと古いがん保険だと500万円限度や1,000万円限度となることもあります。この点は悪くありません。

また、先進医療を対応できる病院は限られているため、遠方に移動することもあり得ます。一時金はその場合の宿泊費・交通費に使われることを想定しています。一時金が給付されないがん保険もあるので、この点もメリットですね。

保障内容は良いです。保険料も月100円程度と安価なので、付加しておくべきオプションでしょう。

【重要です】がん診断一時金特約

「あなたはがんです」

と診断されれば、一気にまとまった金額(100万円とか)が給付される特約です。一時金の使い方はもちろん自由。生活費の補填にも使えますし、治療中にかかる諸費用にも使えます。

給付額 給付条件 給付間隔 上皮内がん
30万円~500万円の範囲で選択可能。 がんと診断された場合。 1年(給付回数無制限) 給付対象

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】2回目以降もがんと診断されれば給付対象。他社は入院が条件となる場合あり。
  • 【GOOD!】給付間隔が1年。他社は2年に1回給付の場合あり。
  • 【GOOD!】給付回数が無制限。他社は給付回数に制限がある場合もあり。
  • 【GOOD!】上皮内がんも通常のがんと同じ扱い。

一時金は条件を満たす限り回数無制限で給付されるのですが、生命保険各社で差が出てくるのが2回目以降の給付条件です。再発と転移を繰り返すことがあるがんは、2回目以降の給付間隔と給付条件が非常に重要です。

なないろ生命「なないろがん治療保険」は給付間隔が1年。一時金の給付を受けてから1年後も治療が続いていたり再発していれば、再び一時金が給付されます。他社のがん保険は給付間隔が2年の場合もあります。1年と2年の差はとてつもなく大きいです。

そして、1回目も2回目以降もがんと診断されていれば一時金が給付されます。入院でも通院でも治療を受けていれば保障対象です。一方で、他社のがん保険は2回目以降の給付条件を「入院」に限定していて、通院治療だと一時金が給付されないこともあります。この点もなないろ生命「なないろがん治療保険」のメリットでしょう。

そしてもう一点、上皮内がんも通常のがんと同じ扱いになります。

上皮内がんとはがんの初期段階で、手術でサッと切り取ってしまえば完治する可能性が高いと言われています。

他社のがん保険だと上皮内がんの場合は一時金が減額されたり、給付回数が1回のみだったりすることもあります。上皮内がんを特に気にする必要があるのは女性です。乳がんは上皮内がんであっても通常のがんと同程度の治療が必要になるケースがあります。

一時金の給付条件に大きな問題はないでしょう。しっかりまとまっています。

【重要ではありません】がん差額ベッド特約

給付額 給付条件 上皮内がん
差額ベッド代実費 差額ベッド代が発生する入院をしたとき。 給付対象

大部屋で入院した場合は差額ベッド代はかかりません。少人数部屋や個室を希望して入院した場合に差額ベッド代がかかります。

差額ベッド代は健康保険が適用されないんですよね。全額自己負担となりますし、基本保障のがん治療サポート給付金は保障対象外。その差額ベッド代実費を保障するのがこちらの「がん差額ベッド特約」です

差額ベッド代はピンキリです。旅行したときのホテル代と同じ感覚です。大物政治家や芸能人が利用するような豪華な病院だと1泊10万円を超えることもありますし、地方の良心的な病院だとビジネスホテル並みの低価格になることもあります。

がん差額ベッド特約の保障額は1日1万円限度or3万円限度の2パターンから選択できます。ご参考までに、厚生労働省の調査によると1日あたりの平均差額ベッド代は以下のとおり。

1人部屋:7,797円
2人部屋:3,087円
3人部屋:2,800円
4人部屋:2,407円

平均からすると個室でも1泊1万円以下。よっぽど豪華な入院を望まなければ、1万円限度でも十分でしょう。

ちなみにですが、入院すると差額ベッド代以外にも健康保険が適用されない諸費用が発生します。例えば、

  • 食事代(1食460円)
  • 日用雑貨
  • テレビ使用料
  • クリーニング代
  • 交通費

ですね。なので、

基本保障のがん治療サポート給付金+がん差額ベッド特約

という組み合わせでも、赤字入院になることが多いです。

【使えます】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなりますが、一般人には医師の知り合いなんていないですし、優秀な医師を探すのも難しい…。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスはかなり役に立ちます。

なないろ生命はティーペック社と提携してセカンドオピニオンサービスを無料で提供してます。個人で会員になるとティーペック社の月額利用料は1万円を超えます。月額1万円を超えるサービスを無料で利用できるのは大きなメリットですよね。充実してます。

【シミュレーション】僕がなないろ生命「なないろがん治療保険」に入るなら。

僕がなないろ生命「なないろがん治療保険」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:がん治療サポート給付金Ⅱ型・10万円限度
  • 特約:がん先進医療特約、がん診断一時金特約(100万円)

上記のシミュレーションで40歳男性が毎月支払う保険料は3,802円、40歳女性なら3,459円です。この保障内容で、

  • がんの医療費実費を保障。
  • がんと診断されていれば1年に1回100万円(回数無制限)。
  • がんの先進医療実費を保障。

です。

基本保障のがん治療サポート給付金は、僕の年収からいって10万円限度で十分。悲しいことに将来的に出世して年収爆上げとなる可能性も低いので、一生涯10万円限度で十分です。上述のとおりⅠ型だと保障範囲が狭すぎるので、多少保険料が上がったとしてもⅡ型を選びます。

特約について。がん先進医療特約は必須。差額ベッド代実費に保障範囲が限定されるがん差額ベッド特約よりも、受け取った一時金の用途を自由に決められるがん診断一時金特約の方が使い勝手は良いと感じます。

仮に年収が爆上げして、限度額10万円を超えるような医療費となったとしても、1年に1回一時金100万円を受け取れれば医療費はカバーできるだろう、というのもがん診断一時金特約を選択した理由です。

なないろ生命「なないろがん治療保険」のデメリット

なないろ生命「なないろがん治療保険」ここにご注意!
  • 【check】自由診療の抗がん剤治療が保障対象外。
  • 【check】保険料は高くないけど、安くもない。

基本保障のがん治療サポート給付金が保障対象とするのは、健康保険適用内の治療に限定されます。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療は保障対象外です。

自由診療の抗がん剤はもちろん全額自己負担です。欧米では承認されて使用が進んでいるけど、日本では未承認の抗がん剤は月100万円程度かかることもありますし、抗がん剤治療を受けた方の2割が自由診療を受けているというデータもあります。

こういった自由診療の抗がん剤を、「自由診療抗がん剤治療特約」といった特約名で保障対象としているがん保険もありますが、なないろ生命「なないろがん治療保険」は保障対象外なんですよね。保障対象となるのは健康保険が適用される抗がん剤治療に限定されます。

最近は自由診療となる抗がん剤を保障するタイプのがん保険が増えてきています。FWD生命「がんベスト・ゴールド」は自由診療となる抗がん剤治療実費を通算3,000万円まで保障。桁違いの保障内容です。抗がん剤治療の保障を重視するのなら、FWD生命が候補に入ります。

また、保険料は高くはありませんが、安くもありません。同じ治療保障タイプのがん保険であるSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」と毎月支払う保険料を比較してみます。

なないろがん治療保険 勇気のお守り(がん治療給付型)
保障内容 がん治療サポート給付金Ⅱ型・10万円限度
がん先進医療特約
がん診断一時金特約100万円
がん治療給付金10万円
新がん先進医療特約
がん診断給付特約100万円
非喫煙者も喫煙者も保険料は同じ 非喫煙者 喫煙者
30歳男性 2,583円 2,331円 2,441円
30歳女性 2,618円 2,881円 3,511円
40歳男性 3,802円 3,361円 3,531円
40歳女性 3,459円 3,761円 4,661円

勇気のお守りは上表の保障内容で、

  • 手術・放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン剤治療・緩和療養を受けた月、もしくは入院した月に10万円給付
  • 自由診療の抗がん剤・ホルモン剤治療を受けた月に20万円給付(12回限度)。
  • 自由診療の乳房再建術を受けたら10万円給付。
  • がんと診断されていれば1年に1回100万円(回数無制限)。
  • がんの先進医療実費を保障。

です。なないろがん治療保険との大きな違いは、医療費実費ではなく治療を受けたら月10万円定額給付である点、そして自由診療の抗がん剤治療が保障対象となる点です。保障内容は勇気のお守りの方が濃いと言っていいでしょう。

また、SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」は非喫煙者だと保険料が割引されます。タバコを1年間吸わないと保険料が割引されます。

まあでも割引適用有無に関わらず、保険料は男性は「勇気のお守り」の勝ち、女性は「なないろがん治療保険」の勝ちですね。ただし、保障内容の手厚さを加味すれば、女性も「勇気のお守り」を検討する価値はあります。

なないろ生命「なないろがん治療保険」のメリット

なないろ生命「なないろがん治療保険」ここがポイント!
  • 【check】診療報酬点数連動型なのに終身保障。

冒頭書いたとおり、診療報酬点数連動型なのに終身保障である点はメリットでしょう。

例えば、同じく診療報酬点数連動型の医療保険であるネオファースト生命「ネオdeちりょう」は10年更新型。10年ごとに保険料が上がっていきます。なので、一生涯の保険料トータルは高くなりがちだったのですが、なないろ生命「なないろがん治療保険」は一生涯保険料が変わらない終身保障タイプ。診療報酬点数連動型にしては保険料が安く抑えられます。

まあでも、デメリットのところに書きましたがSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」と比較すると、それほど安くもないんですよね。

なないろ生命「なないろがん治療保険」の評価。

評価:「B」(S、A~Cで判定)。

同じような保障内容のSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」のがん治療給付型と比較すると、

  • 保障内容は「勇気のお守り」の方が優勢。
  • 男性は「勇気のお守り」の方が保険料が安くなることが多い。
  • 女性は「なないろがん治療保険」の方が保険料が安くなることが多い。

と感じます。

上述のとおり自由診療の抗がん剤治療は保障対象外なので「自由診療を望まない女性」なら保険料の観点から候補に入りますが、それ以外の方は「勇気のお守り」との比較は必須でしょう。

よって評価は「B」としました。悪くはありませんが、「勇気のお守り」が強い…。

また、自由診療の抗がん剤治療を重視するのであれば、FWD生命「がんベスト・ゴールド」も候補に入ります。保険料はやや高めですが、自由診療となる抗がん剤治療を通算3,000万円保障は桁違いです。その他の保障内容にも大きな問題はなく、きれいにまとまってるがん保険です。

がん保険全般の比較は下記リンク先でやってます。こちらもご参考に。

がん保険の保険料比較

なないろ生命「なないろがん治療保険」の相談をするなら。

なないろ生命「なないろがん治療保険」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ただし、なないろ生命は歴史が浅いので取り扱っている保険ショップが少ないんですよね…。

いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち、なないろ生命やってないんですよー」

なんて言われることのないように、事前に最寄の保険ショップがなないろ生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、なないろ生命はもちろんのこと、この記事で比較対象としたFWD生命・SOMPOひまわり生命とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在するがん保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。なないろ生命はもちろんのこと、比較対象としたFWD生命・SOMPOひまわり生命とも提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:なないろ生命「なないろがん治療保険」

保障内容も保険料も悪くはないのですが、同時期に発売されたSOMPOひまわり生命「勇気のお守り」と比較してみると、なかなか劣勢に立たされているなあと感じます。

なないろ生命「なないろがん治療保険」に魅力を感じる方は、SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」との比較は必須でしょう。SOMPOひまわり生命「勇気のお守り」は保障内容はほぼ同じで、自由診療の抗がん剤治療が保障対象となり、保険料も安くなることが多いかと(女性は、なないろがん治療保険の方が安くなるかもしれません)。

とはいえ、比較なんて面倒ですし、よくわかりません。面倒な比較は最寄りの保険ショップが無料でやってくれます。保険クリニックなら、3社間の比較もかんたんにやってくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする