医療保険の選び方。契約前にチェック必須4つのポイント

体力の衰えを感じるこの頃。いつの間にか風邪の治りも遅くなり、足腰も弱くなり、毛髪も薄くなり、疲労も蓄積され、身体の調子がいい日なんて年間で3日くらいしかないですよね。

それでも頑張る我々働く世代ですが、病気で入院するリスクは日を追うごとに高まっています。もし入院することになったら、治療費ってどれくらいかかるんだろう…。そんな不安が頭をよぎります。

しかし、いたずらに不安になる必要はありません。日本の社会保険はとても充実しています。

現役世代なら治療費の自己負担額は3割。さらに日本には高額医療費制度があり、毎月の医療費上限はある程度決められています。毎月の医療費が無制限に膨らみ続けるということは原則ありません。

また、会社員の方ならケガや病気で働けなくなったとしても即座に収入がストップするということはありません。まずは有給休暇を消化し、それでも働けないのであれば傷病手当金として月給の2/3が1年6ヶ月程度給付されます。

まずは日本の社会保険制度は手厚いということを知っておきましょう。それを知った上で、医療保険が必要かどうか判断しましょう。医療保険が必要かどうかは価値観や経済状況に左右されます。一概に「みんな必要!」とはとても言えません。

ただし、「俺(私)は身体が丈夫だから病気にかかるわけがない。医療保険なんて不要だ」という過信は危険です。「人生で最初の入院が癌だった」という方はいます。僕の身内にもいます。

もう1点。貯蓄が減っていく状況に耐えられるメンタルの強さがあるかどうかです。毎月の治療費と生活費でみるみる預金口座の数字が減っていくのは考える以上にメンタルをやられます。ケガや病気で弱ってる最中に、お金のことでメンタルを削られるのは相当きついです。経済的にある程度の余裕があったとしても、この場合は医療保険を検討した方が良いです。

この記事では「それでも民間の医療保険が必要だ!」という方に向けて、医療保険の選び方について書いていきます。ポイントは以下の4点。

  • 入院保障:入院は短期化していますが、超長期の入院となる可能性はゼロではありません。端的に言うと3大疾病(特にがんと脳血管疾患)です。3大疾病の長期入院に耐えられるかは要チェックです。
  • 通院保障:通院しながら働ける状況であれば家計のやりくりはできそうですが、通院しながらきつい抗がん剤治療(辛過ぎて働けない…)を受けるような状況を保障してくれるかが重要です。
  • 三大疾病一時金:医療保険にはがん・心疾患・脳血管疾患で入院すると1年に1回100万円程度の保険金が支払われるタイプがあります。生活費の補填という意味でも、長期の闘病に備えるという意味でも、重要な保障です。
  • 先進医療保障:健康保険の適用外となる先進医療は全額自己負担です(治療費が数百万円となることもあります)。医療保険がしっかり保障してくれるかも要チェックです。

医療保険は保険会社各社が趣向を凝らしており、なにやら様々な保障があるのですが、ひとまずは上記の4点を基準に選んでいけば、いざというときに後悔する可能性は低いかと。あとは毎月支払う保険料と保障内容のバランスです。

医療保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

【医療保険の選び方①】長期の入院に備えられるか。

医療保険は基本保障として入院1日に対して定額(入院1日1万円とか)を保障することが多いのですが、給付日数に上限が決まってます。無制限に入院を保障するということはありません。

給付日数上限は「30日」「60日」「90日」「120日」といった日数を指定できるタイプが大半です。もちろん長期間の入院保障を選択できる医療保険の方が評価は高いです(日数上限を上げても保険料は数百円上がる程度です)。

ちなみにですが、疾病別の入院日数平均が下記サイトにまとめられています。

参考:生命保険文化センター

意外と短いと感じる方が多いのではないでしょうか。特にがんの入院期間平均はかなり短いです。

  • 胃の悪性新生物:19.2日
  • 結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
  • 肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
  • 気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

ただし、がんのなかでも白血病は入院期間が長引きます。上記リンク先には記載がありませんが、白血病の入院期間平均は46日(平成26年厚生労働省調べ)。

また現在でも脳血管疾患(脳卒中とか)とメンタル疾患(統合失調症とか)は入院が長引きます。脳血管疾患なら78.2日、統合失調症なら531日とけっこうな長期入院となります。

まあでもこれはあくまで平均です。水泳の池江璃花子さんが白血病で入院した期間が10か月。体力のある若いアスリートが10か月の入院です。平均からすると短期化した入院日数ですが、長期に及ぶ可能性がゼロとは言えません。

入院給付金の金額は10,000円を基準に。

医療保険に加入する際には入院給付金の金額を決めることが多いです。入院1日に対していくら受け取れるか、という金額ですね。入院1日5,000円とか10,000円とか決めます。

この入院給付金の金額は「えいや!」で決めてしまってもいいんですが、入院中の諸費用をカバーする目的であれば、入院給付金の金額は10,000円程度でよいかと。入院給付金の用途はこんな感じになると思います。

  • 差額ベッド代(個室代)
  • 食事代
  • 交通費
  • 入院中の生活雑貨

各々どれくらいかかるか想像もつきません。個別に見ていきます。

差額ベッド代:平均6,188円

大部屋での入院であれば差額ベッド代は不要です。入院中もプライベートな空間を確保したいとなると、差額ベッド代が必要となります。

差額ベッド代は1部屋を何人で使うかによって料金が変わります。厚生労働省の調査によると平均は以下のとおり。

1人部屋:7,797円
2人部屋:3,087円
3人部屋:2,800円
4人部屋:2,407円

1人部屋が突出してますよね。優雅な1人部屋でなくても気にならない方であれば、差額ベッド代はかなり抑えられます。

食事代:1食460円(1日1,380円)

食事代は固定額です。ただし、住民税非課税世帯等の場合はもう少しお安くなります。
(参考 全国健康保険協会

交通費、生活雑貨:マチマチ

交通費、生活雑貨は人によってマチマチですよね。自宅近くに病院に入院すれば安く済みますし、遠くであれば交通費はかかります。

以上、合計すると差額ベッド代平均と食事代で7,568円となりました。この金額に、交通費や生活雑貨、そのほか諸々の費用が追加されると、入院給付金10,000円あれば諸費用はカバーできます(医療費本体は後述する一時金でカバーする前提)。

ちなみに、治療費を含めた1日あたりの入院費自己負担額平均は23,300円だそうです(生命保険文化センター調べ)。それに対し、入院給付金の平均は男性で10,900円、女性で9,100円と言う調査結果があります(生命保険文化センター調べ)。みなさん概ね1万円程度の入院給付金を設定しているようですね。

通算限度日数もチェックしておきましょう。

医療保険には「通算限度日数」という考え方があります。保障する期間を通じて、入院給付金を支払う限度の日数のことです。

例えば、保障する期間が60歳までとして、40歳のとき40日間、45歳のときに40日間、50歳の時に120日間入院したとします。

このとき、通算限度日数が180日の医療保険の場合、50歳で入院した最後の20日は入院給付金が給付されません。通算限度日数が200日以上の医療保険であれば、入院給付金が給付されます。

とはいえ、通算限度日数は1,000日を超える医療保険が一般的です。上限まで使い切る可能性は低いのですが、念のため通算限度日数をチェックしておきましょう。

【医療保険の選び方②】がんの通院保障(抗がん剤治療の保障)。

通院保障も必要性は高いです。通院保障で大切なポイントは以下の2点です。

  • がんを原因とする長期の通院に耐えられるか。
  • 抗がん剤治療に対する保障はあるか。

端的に言うと、がんです。特に通院しながら抗がん剤治療を受けるケースです。

副作用のきつい抗がん剤治療を受けながら働き続けるのはまず不可能。そして働けない期間は長期に及ぶこともあります。がんの通院治療、もしくは抗がん剤治療をしっかり保障してくれるのが良い医療保険の条件です。

【医療保険の選び方③】三大疾病一時金保障の保障条件・給付間隔・給付回数

医療保険のなかには、がん・心疾患・脳血管疾患という3大疾病に罹った場合に一時金として大きな金額(100万円とか)を受け取れるオプションを持つタイプがあります。

これが強力です。特にがんの治療は長期間に渡ることが多く、治療費が膨らみ続ける可能性もあります。例えば、がんの治療を受けていれば毎年1回100万円の一時金を受け取れるオプションを付加しておけば、医療費の心配はかなり軽減されるのではないでしょうか(もちろん生活費の補填にもなります)。

三大疾病一時金保障で大切なポイントは以下の4点です。

  • がんの2回目以降の給付条件。2回目以降の給付条件が「入院」に限定されていないことがベスト。2回目以降の給付条件が「入院」に限定されると通院治療だけの場合は一時金を受け取れないことがあります。
  • 心疾患・脳血管疾患の保障範囲が心筋梗塞・脳卒中に限定されていないこと。
  • 一時金の給付間隔が1年であること。古い医療保険だと2年に1回給付となることがあります。
  • 給付回数無制限であること。少なくとも1回給付で保障終了とはならないこと。

がんの給付条件は医療保険によって大きく異なります。先述のとおりがんの入院は短期化しているため、給付条件が入院に限定されると一時金を受け取れないことがあります。条件は「入院or通院」もしくは「治療を受けていること」がベストです。ただし、現在の標準は「入院」です。「入院or通院」「診断・治療」であれば超優秀、「入院」なら平均です。

また、心疾患・脳血管疾患の保障範囲にも注意が必要です。

急性心筋梗塞は心疾患の一部です。保障対象が急性心筋梗塞に限定されると、急性心筋梗塞以外の心疾患が保障対象外になります。平成29年の厚生労働省の調査によると心疾患全体の患者数1,732千人のうち、急性心筋梗塞の患者数は47千人。割合にすると2.7%です。

保障対象が急性心筋梗塞に限定されてしまうと、その他の心疾患(狭心症・不整脈・心筋症等)が保障対象外になります。

じゃあ心疾患がまるごと保障対象になっていれば安心かというと、そうでもありません。

医療保険によっては「急性心筋梗塞以外の心疾患は手術、または20日以上の継続入院」が保障条件となっている場合があります。

生命保険文化センターによると、心疾患全体の入院日数平均は19.3日。

例えば狭心症だと入院は2,3日程度。手術を受けずに薬剤治療だけで退院となることも多いので、「手術、または20日継続入院」が条件だと保障対象外になってしまいます。

ということで、理想的な保障条件は「心疾患で手術、もしくは入院」です。これならパーフェクト。

一方で、脳卒中も脳血管疾患の一部ですが、脳卒中には

  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
  • 脳出血

が含まれます。平成29年の厚生労働省の調査によると脳血管疾患の患者数1,115千人のうち、脳梗塞・くも膜下出血・脳出血の患者数合計は973千人。割合にすると87.2%です。

ということで、保障対象が脳血管疾患でも脳卒中でも心疾患ほどの差はありません。まあ脳血管疾患の方がちょっと安心かな、くらいです。

一時金の給付間隔(1年に1回給付とか、2年に1回給付)も各社バラバラ。古い医療保険だと2年に1回給付となっていることもありますが、これは厳しい。1年に1回、回数無制限給付であることが良い医療保険の条件です。

【医療保険の選び方④】先進医療特約は保障額2,000万円・終身型を選ぶ。

先進医療特約とは、公的医療保険の対象外で全額自己負担となってしまう先進医療の技術料実費を保障してくれる特約です。

先進医療には、例えばこんなのがあります。

陽子線治療:2,697,658円
重粒子線治療:3,089,343円
(参考:生命保険文化センター

重粒子治療の治療費約309万円が全額自己負担が辛いですよね…。先進医療特約をつけていれば、医療保険が治療費の全額を保障してくれます。

先進医療特約を追加しても保険料はそんなに上がりません。月額100円程度の保険料でつけられます。実際、先進医療特約は医療保険に加入した人の90%以上がつけているというデータもあります。人気のある特約です。

ちなみにですが、先進医療特約で大切なポイントは以下の2点です。

  • 終身型になっているか。
  • 保険期間通算の保障限度額。

先進医療特約は「10年更新型(定期型)」と「終身型」の2種類に分かれます。違いは保険料が上がるかどうか。10年更新型は10年毎に保険料が上がるのに対し、終身型は一生涯保険料が上がりません。もちろん「終身型」がおすすめです。

現状はマイナーな先進医療ですが、今後普及していくと生命保険会社が支払う保険金も増加していきます。保険金の増加は契約者が支払う保険料に跳ね返ってきます。現在は毎月100円程度の保険料でつけられる先進医療特約ですが、将来的に上がっていく可能性は否定できません。

よって、何よりも大切なのは保険料が一生涯変わらない終身型であることです。10年毎に保険料が上がる10年更新型は原則NGです。

そして、保障限度額も要チェックです。一般的な医療保険では先進医療特約の保障限度額は2,000万円。保障期間通算で2,000万円まで保障されます。しかし、なかには保障限度額が500万円程度となる医療保険もあります。500万円は心許ないです。要注意ですね。

保険料を比較しましょう。

当たり前のことですが、毎月支払う保険料はしっかり比較しましょう。同じような保障内容でも医療保険によって保険料は異なります。

例えば、

  • 現在40歳の男性
  • 入院給付金は1日10,000円。支払い限度日数は60日。
  • オプションは先進医療特約と通院特約。

で保険料を比較してみると、

A社:月々3,700円
B社:月々3,610円
C社:月々3,957円

といったような微妙が違いがあります。月々にするとわずかですが、これが数十年続けばけっこうな開きになります。

医療保険は生命保険各社がしのぎを削って開発しています。見積もりは1社のみとせずに、数社比較して検討するのが賢い医療保険の選び方です。

【医療保険に入る前に要チェック】いま入っている保険と保障内容かぶりませんか?

医療保険に入る前に、いま入っている保険と保障内容が重複しないかチェックしておきましょう。二重保障は保険料の無駄です。

例えば、以下のケースがあります。

  • 就業不能保険に加入していて、長期の入院がきっちり保障されていた。
  • 終身保険・定期保険に医療特約が追加されていた。
  • がん保険に入っていて、がんの保障はばっちり。
  • 職場で入った団体保険に入院・通院特約がついていた。

こういったケースに該当する場合、まずは保険の専門家に保障の抜け漏れがないか相談してみましょう。

「現在の保障で十分!新たな医療保険は不要です!」

といった結論になることもあります。

医療保険の比較は専門家に。医療保険の無料相談窓口はこちら。

医療保険の相談は医療保険の専門家へ。

専門家は意外と身近にいます。複数の生命保険会社の医療保険を取り扱うことができる保険ショップです。

保険ショップっていまや至るところにありますけど、ちょっと入りにくいですよね。

「強引に勧誘されたらどうしよう…」

「断ってもしつこく電話きたらどうしよう…」

とかそんな不安があると思います。

しかし大丈夫。保険ショップに相談したら絶対に保険の契約をしなければならないっていうことはありません。しつこい電話もありません(僕の経験上、相談後に電話があったのは1回だけ)。

もしそんな強引な勧誘とか、しつこい電話をされた場合は消費者センターに駆け込みましょう。保険業法という法律に違反するため、保険ショップが処罰されます(なので、保険ショップは強引な勧誘やしつこい電話ができません)。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する医療保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。複数の医療保険の比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

まとめ 医療保険の選び方4つのポイント。

医療保険を選ぶポイントは以下の4点です。

  1. 入院保障:入院は短期化していますが、超長期の入院となる可能性はゼロではありません。端的に言うと3大疾病(特にがんと脳血管疾患)です。3大疾病の長期入院に耐えられるかは要チェックです。
  2. 通院保障:通院しながら働ける状況であれば家計のやりくりはできそうですが、通院しながらきつい抗がん剤治療(辛過ぎて働けない…)を受けるような状況を保障してくれるかが重要です。
  3. 三大疾病一時金:医療保険にはがん・心疾患・脳血管疾患で入院すると1年に1回100万円程度の保険金が支払われるタイプがあります。生活費の補填という意味でも、長期の闘病に備えるには重要な保障です。
  4. 先進医療保障:健康保険の適用外となる先進医療は全額自己負担です(治療費が数百万円となることもあります)。医療保険がしっかり保障してくれるかも要チェックです。

ひとまず以上の4点を基準に生命保険各社の医療保険を比較していけば、いざというときに後悔する可能性は低いかと。まあ全てが満点の医療保険もなかなかないのですが、本サイトでは下記リンク先で生命保険各社の医療保険を比較しています。ひとつの参考にしてみてください。

医療保険の保険料比較ランキング

医療保険は保険ショップで相談できますが、絶対にその場では契約せず、一度自宅に持ち帰って冷静に考えてからにしましょう。医療保険は買い逃した!ってことはほぼありません。高い買い物ですから、冷静に、落ち着いて。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする