【評価A】メディケア生命の医療保険「メディフィットA」デメリットと評価

選ぶ
メディケア生命なんて聞いたことないけど、大丈夫かなぁ。医療保険おすすめされたんだけど…。

なによりもまずお伝えしたいことはメディケア生命は安心安定です。

メディケア生命は2010年に設立されました。大手生命保険会社の住友生命傘下であり、ネットや保険ショップ専用の生命保険を開発しています。大手がバックについているので、そんなに心配することはありませんよ。むしろ、メディケア生命はネットや保険ショップ向けの生命保険に専念することで経費を抑えているため、安くて良質は生命保険を売っています。

そんなメディケア生命が発売している医療保険「メディフィットA」ですが、結論から書くと大きな欠点のない、きれいにまとまった医療保険です。特に、女性にとっては安心できる保障内容になっています。

メディケア生命「メディフィットA」ここがポイント
  • 三大疾病に対する保障は若干手薄です。
  • 女性特有の疾病に対する保障が素晴らしいです。
  • 保険料は平均的です。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の2点です。

  1. 毎月支払う保険料。もちろん保険料の安い医療保険が良い医療保険です。しかし、保険料が安くて保障が手薄だったら意味ありません。大切なのは保険料と保障内容のバランスです。
  2. 特約(オプション)の種類。例えば、がんの保障を手厚くするオプション、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションといったように、必要と感じるオプションを手頃な保険料でつけられるかがポイントです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の2点について、メディケア生命「メディフィットA(エース)」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:2,520円
女性:2,660円
評価B
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:3,550円
女性:3,110円
基本保障
(取り外しできない保障)
【入院給付金】
入院1日につき3000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
【手術給付金】
■手術Ⅰ型
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
■手術Ⅱ型
入院中:がん・心筋梗塞・脳卒中なら入院給付金の20倍or40倍。がん・心筋梗塞・脳卒中以外なら入院給付金の10倍or20倍。
(手術の内容によって保障額が変わります)
外来:入院給付金の5倍。
【放射線治療給付金】
放射線治療1回につき入院給付金の10倍。
【骨髄移植術給付金】
骨髄移植術1回につき入院給付金の10倍。
評価A
特約(オプション)
(取り外しできる保障)
【先進医療特約】
先進医療の技術料実費と一時金が支給されます。
【入院一時金給付特約】
入院した際に一時金が支給されます。
【7大生活習慣病入院特約】
7大生活習慣病で入院した場合、入院給付金が上乗せされます。
【女性疾病入院特約】
女性特有の疾病で入院した場合に、入院給付金が増額されます。
【女性医療特約】
女性特有の疾病に対する保障が手厚くなります。
【通院治療特約】
通院1日につき定額が支給されます。
【抗がん剤治療特約】
抗がん剤治療を受けた月に定額が支給されます。
【がん診断特約】
がんと診断された際などに一時金が支給されます。
【3大疾病保障特約】

3大疾病にかかった場合に、一時金が支給されます。
【3大疾病保険料払込免除特約】
3大疾病にかかった場合に、以降の保険料支払いが免除されます。
【終身保険特約】
亡くなった場合に、一時金が支給されます。
【介護保障付終身保険特約】
亡くなった場合、もしくは要介護2以上に認定された場合に、一時金が支給されます。

後述しますが、メディケア生命「メディフィットA(エース)」をぜひとも選択肢に入れてほしいのは、

  • 妊娠・出産の予定がない女性。

です。

すでに出産を経験されて、今後出産の予定がない女性、もしくは近い将来に出産の予定がない女性にとって、「女性医療特約」がかなり安心できる保障内容になっています(そして保険料も安いです)。

また、近々妊娠の予定がある新婚の女性には、出産や不妊治療を保障してくれる三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を選択肢に入れてみてほしいです。不妊治療まで保障してくれる医療保険はなかなかありませんよ。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

目次

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
入院給付金 入院1日につき3000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
手術給付金 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
【手術Ⅱ型】
入院中:がん・心筋梗塞・脳卒中なら入院給付金の20倍or40倍。がん・心筋梗塞・脳卒中以外なら入院給付金の10倍or20倍。
(手術の内容によって保障額が変わります)
外来:入院給付金の5倍。
1回の入院で入院給付金が支給される限度日数 60日間 or 120日間
保障期間通算で入院給付金が支給される限度日数 1,000日間
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、70歳まで、75歳まで、80歳まで、終身から選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 対面・郵送・ネット
健康相談サービス あり(ティーペック社と提携)

【メディケア生命「メディフィットA(エース)」】保障内容を評価します。

医療保険を選ぶ際には大切なのは、当たり前ですが保障内容です。

特に重要なのが特約(オプション)の種類。基本保障は生命保険各社同じような内容になるんですけど、特色が出るのが特約です。どんな特約があるか、自分の好み(?)に合う特約があるかっていうのが医療保険を選ぶ大きなポイントです。

【基本保障】入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金・骨髄移植術給付金

基本保障は取り外しができません。契約したら絶対についてくる保障です。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は入院と手術を基本保障とするオーソドックスなタイプの医療保険です。

基本保障の入院給付金・手術給付金は以下のとおり。

名称 支給額 支給条件
入院給付金 入院1日につき3000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
入院1日につき支給
手術給付金 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
【手術Ⅱ型】
入院中:がん・心筋梗塞・脳卒中なら入院給付金の20倍or40倍。がん・心筋梗塞・脳卒中以外なら入院給付金の10倍or20倍(手術の内容によって保障額が変わります)。
外来:入院給付金の5倍。
手術を受けたとき。

手術給付金はⅠ型とⅡ型から選択できます。手厚いのはⅡ型、そして保険料が高くなるのもⅡ型です。

入院・手術の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

医療保険の基本保障は他社と差別化しにくいです。どこも似たり寄ったりですね。

珍しいのは放射線治療・骨髄移植術に対する保障が基本保障に含まれている点です。保障内容は以下のとおり。

名称 支給額 支給条件
放射線治療 入院給付金の10倍 放射線治療を受けたとき。
骨髄移植術 入院給付金の10倍 骨髄移植術を受けたとき。

骨髄移植手術が特別に保障される医療保険は珍しいです。白血病になったときには安心ですが、保障されるということは、保険料が上がるということです。ほんの少しですが、他社よりも基本保障部分の保険料が高めになってます。

【重要です】先進医療特約

特約名 支給額 支給条件
先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。
・1回につき、一時金5万円支給。
先進医療を受けた場合。

先進医療の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

先進医療は健康保険適用外です。先進医療は高額な医療費が請求されることもありますが、その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約です。基本的には医療保険に入るならつけておいた方がいい特約です(2,000万円まで保障してくれます)。

それと、一時金5万円がちょっと意味不明ですよね。

先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。一時金5万円は交通費・宿泊費等に使うお金です。

技術料は他社と同じ2,000万円まで支給ですが、一時金は各社で特色があります。一時金5万円は他社と比較し若干少額です。他社は交通費・移動費の実費支払いや、10万円程度の一時金を支払うことが多く、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は一時金はちょっと寂しいかなぁという印象です(とはいえ、これがメディフィットAを選ばない理由にはなりませんが)。

ちなみに、他社の先進医療特約は下記リンク先でまとめています。こちらもご参考に。

先進医療の保障で比較する医療保険。

【そんなに重要じゃありません】入院一時給付特約

特約名 支給額 支給条件
入院一時給付特約 1回の入院で最高10万円 入院したとき。

入院するとなると生活雑貨等の突発的な費用がかかります。日帰り入院でも入院すれば必ず一時金が支給されるので、使い勝手が良い特約でしょう。

例えば、2泊3日の入院だと

・基本保障だけだと3日分の入院給付金しかもらえない。入院給付金日額5,000円だと。15,000円。これだけだと、入院するのに必要な日用品購入すら足りないかも…。

・短期入院定額保障をつけておくと追加で50,000円もらえる。2泊3日の入院で入院給付金と合わせて65,000円もらえたら、割と豪華な入院ができそう。

といった感じですね。短期の入院でも、日用品や交通費がそれなりにかかります。入院で赤字になりたくない方はぜひご検討を。

ただし、40歳男性で「入院一時給付特約」を5万円でつけると保険料が760円上がります。保険料は若干他社よりは高め。保険料の上がりっぷりと天秤にかければ、必要性は薄いかなぁと感じます。

【そんなに重要じゃありません】7大生活習慣病入院特約

特約名 支給額 支給条件
7大生活習慣病入院特約 入院1日につき2,000円~5,000円の範囲で選択可能。 7大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患)入院したとき。

7大生活習慣病で入院した場合、入院給付金が増額される特約です。入院中に自己負担となる差額ベッド代や食事代の補填が主な用途ですね。ちなみにですが、差額ベッド代と食事代の平均は以下のとおりです。

差額ベッド代:1日平均6,188円
食事代:1食460円(1日1,380円)

基本保障の入院給付金で10,000円を選択していればおつりがくるほどです(大部屋ならそもそも差額ベッド代は不要です)。そう考えると、あえて7大生活習慣病入院特約をつける必要は薄そうですね。

ただし、7大生活習慣病が怖い人、かかりそうな予感(?)がある人は基本保障の入院給付金を低額に抑えて、「7大生活習慣病入院特約」をつければ毎月支払う保険料を安くできます。

入院給付金5,000円で7大生活習慣病入院特約5,000円⇒保険料2,444円/月
入院給付金10,000円⇒保険料3,354円/月

一例だとこんなかんじです。7大生活習慣病で入院した場合の支給額はどちらも10,000円ですが、毎月支払う保険料は900円程度の差があります。

しかしながら、現在は入院が短期化しており、代わりに通院が長期化しています。優先度が高いのは通院特約でしょう。

【女性にとっては超重要】女性疾病入院特約・女性医療特約

特約名 支給額 支給条件
女性疾病入院特約 入院1日につき2,000円~5,000円の範囲で選択可能。 がん・女性特有の疾病(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症、異常分娩など)で入院したとき。
女性医療特約 入院給付金:入院1日につき2,000円~5,000円の範囲で選択可能。
女性特定手術給付金:入院給付金の30倍
乳房再建術給付金:入院給付金の100倍
がん・女性特有の疾病(女子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症、異常分娩、鉄欠乏性貧血、低血圧症、リウマチ、膀胱炎、胆石症、メニエール病、骨粗しょう症など)による入院、女性特定手術・乳房再建術

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の最大のストロングポイントは、女性特有の疾病の保障が手厚い点にあります。

そもそも上記2特約の違いがよくわかりませんが、ざっくり書くと以下のとおりです。

  • 女性疾病入院特約は最低限の保障でいい人。→入院しか保障されない。保障対象の疾病もせまい。
  • 女性医療特約は手厚い保障が欲しい人。→入院・手術が保障対象。保障対象の疾病も広い。

上記の2特約は同時につけられません。どちらか一方のみつけられます。

特筆すべきは乳房再建手術に一時金が支給される点です。乳房再建術は健康保険適用対象ですが、美容的な手術は健康保険が効きません。女性であれば、見た目も気になりますよね…。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は乳房再建術に対して入院給付金の100倍が一時金として支給されます。入院給付金が1万円なら100万円です。100万円あれば…。

女性にとって女性特有の疾病はかなりメンタルのダメージが大きいです(と、僕の奥さんが言ってました)。お金の面だけでも安心できるなら、女性疾病入院特約・女性医療特約どちらかはつけておいて損はないでしょう。保険は安心を引き受ける役割もあります。

ちなみに、奥さんが「必要!つけたい!」と言ったなら、旦那さんは絶対に反対しないように。

【重要です。そして優れています】通院治療特約

特約名 支給額 支給条件
通院治療特約 ①通院1日につき1,000円~10,000円の間で1,000円単位で選択可能。
②通院一時金として5,000円。
入院給付金が支給され、退院後に通院した場合。

通院の保障は他社の医療保険より優れています。特にがんの通院保障が手厚いです。

現在は入院を極力短期間にして、自宅療養と通院で治療する病院が増えています。通院特約はつけておいたほうがよいでしょう。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の通院特約はかなり優れています。メリットは以下のとおり。

  • 【GOOD!】通院給付金の金額が自由に選択できる。他社は固定額(5,000円程度)、もしくは入院給付金と同額が大半。
  • 【GOOD!】通院一時金が支給される。他社は一時金支給なし。
  • 【VERY GOOD!!!】がんの場合は退院後5年間の通院が保障対象。さらに、通院給付金の支払限度日数は無制限。

特に重要な3点目だけ説明します。

一般的な医療保険の通院特約は退院後180日以内の通院のみ保障、支払限度日数は30日(30回の通院のみ保障)といった内容が多いです。

しかし、メディケア生命「メディフィットA(エース)」はがんの場合に限り、退院後5年間の通院が保障され、支払限度日数に制限はありません。通院した日数だけ通院給付金が支給されます。

最近のがん治療は入院を短期化し、自宅療養で通院しながら治療していく傾向にあります(病院のベッド数が足りないんです)。周囲を見渡しても、働きながら、通院しながら、長期間がん治療を継続する方が多くはないでしょうか。

5年です。5年あれば、なんとかなりそうな、もしくはあきらめがつきそうな気になりませんか?

5年間に渡って面倒をみてくれる医療保険はなかなかありません。通院特約の一点だけみても、メディケア生命「メディフィットA(エース)」を選択する価値はあります。

ちなみに、がん以外の通院は他社と同じく退院後180日間・支払限度日数30日になります。

【重要ですが…】がん診断特約・抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約

特約名 支給額 支給条件
がん診断特約 10万円~100万円の間で10万円単位で選択可能。一時金として支給される。 1回目:がんと診断されたとき。
2回目以降:がんで入院したとき。
抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約 1ヶ月につき1万円~15万の間で1万円単位で選択可能。抗がん剤治療を受けた月に1回支給される。 抗がん剤治療を受けたとき。

良い点と悪い点をまとめておきます。

  • 【GOOD!】支給額の選択肢が幅広い。
  • 【GOOD!】上皮内がんも保障対象。
  • 【GOOD!】抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約の支給回数は無制限。
  • 【BAD!】がん診断特約は2年経過しないと2回目以降が支給されない。

そもそも上皮内がんって何?っていうところですが、引用します。

上皮内新生物は、がん細胞が、上皮と間質を隔てる膜(基底膜[きていまく])を破って広がっていない状態です。そのため、基本的には手術でとることが可能で、転移がほとんどないと考えられています。上皮内新生物が悪性化し、基底膜を越えて浸潤した場合に、一般的な「がん」になります。

引用:国立がん研究センター

つまり、転移する可能性が低く、手術で完治が見込めるガンのことですね。軽度のがんなので、保障対象外にしている医療保険もあるのですが、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は保障対象です。がんに関しては保障の範囲が広いと言えます。

しかし、残念なのはがんと診断されたときの一時金(がん診断特約)です。2回目以降の支給は前回支給から2年経過しないと受け取れません。

がんは入退院を繰り返すことも多いのですが、一時金が支給されるのは2年に1回のみ。他社の医療保険は1年に1回の場合もあり、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は若干厳しい。この点は要注意です。

また、抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約は他社と大きな差はありません。違いは以下の点くらいでしょう。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」:支給回数無制限
他社:支給回数に制限あり(120回程度)

10年以上抗がん剤治療を続けた場合はメディケア生命「メディフィットA(エース)」が有利になりますが、そんなに長い月数の抗がん剤治療が必要となるケースはレアでしょう(抗がん剤治療特約は抗がん剤治療を受けた月に1回支給です)。そんなに長い期間の抗がん剤治療は耐えられそうにないですし。

まとめて言うとがんの保障は薄めですね。2年に1回の一時金支給は厳しいです。がんの保障はがん保険がやはり手厚く安心できます。下記リンク先もご参考に。

がん保険比較ランキング

【そんなに重要じゃありません】3大疾病保障特約・3大疾病保険料払込免除特約

特約名 支給額 支給条件
3大疾病保障特約 10万円~100万円の間で10万円単位で選択可能。一時金として支給される。 【がん】
・がんと診断されたとき。
【急性心筋梗塞】
・手術を受けたとき。
・60日以上、働けない状態が続いたとき。
【脳卒中】
・手術を受けたとき。
・60日以上、言語障害、運動失調、麻痺などの他覚的な神経学的後遺症が継続したとき。
3大疾病保険料払込免除特約 以降の保険料支払いが免除される。

他社と比較し、支給条件は厳しいです。

  • 【BAD!】心疾患・脳血管疾患ではなく、心筋梗塞・脳卒中のみが保障対象。
  • 【BAD!】一時金が支給されるのは1回のみ。他社は複数回、もしくは無制限。
  • 【BAD!】心筋梗塞・脳卒中の支給条件に入院がない。

他社はより幅広い心疾患・脳血管疾患を保障対象としていることもあります。メディケア生命「メディフィットA(エース)」は保障範囲が狭いです。

また、3大疾病保障特約の一時金は一回しか支給されません。一回支給されると特約が消滅します。他社は複数回(5回程度)、もしくは無制限に支給される場合が多いです。

入院が支給条件でない点もデメリットですね。急性心筋梗塞・脳卒中で入院がないケースはレアですが、他社は入院が保障条件となっている場合は大半です。少し気になりますね。

といったように、様々な制限がある3大疾病保障特約ですが、その分、他社と比較し保険料はかなり安いです。保障内容が厚ければ、その分保険料は高くなります。お手軽な保障をお探しの場合は、むしろ3大疾病保障特約はおすすめです。

また、3大疾病保険料払込免除特約もありますが、そもそも保険料が安いので特に必要はないでしょう。保険料払込免除特約が効果的なのは保険料が高い終身保険です。

ちなみに、他社の3大疾病保障は以下のリンク先にまとめています。こちらもご参考に。

3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の保障で比較する医療保険

【重要じゃありません】終身保険特約・介護保障付終身保険特約

特約名 支給額 支給条件
終身保険特約 30万円~300万円の範囲で選択可能。
※10万円単位
死亡・高度障害時
介護保障付終身保険特約 30万円~300万円の範囲で選択可能。
※10万円単位
・死亡・高度障害時
・要介護2以上に認定されたとき

終身保険特約・介護保障付終身保険特約は他社の終身保険より若干保険料が高めです。一例をあげると、

FWD富士生命「E-終身」:14,691円/月
メディケア生命「メディフィットA(エース)」:15,810円/月
※45歳男性・保険料払込期間60歳まで・保険金額300万円

となります。

医療保険と終身保険をひとつにまとめられることで、手続きが楽になるメリットはあります。しかし、単体で終身保険に加入した方が保険料は安くなる可能性が大きいですし、死亡保障が欲しいなら、さらに保険料が安い定期保険や収入保障保険という手段もあります。メディケア生命「メディフィットA(エース)」で死亡保障に備える必要性はあまり感じられません。

まとめます。

僕がメディケア生命「メディフィットA(エース)」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 入院給付金:8000円
  • 手術給付金:Ⅰ型
  • 入院給付金の支払い限度日数:すべての入院有限タイプ(後述します)
  • 特約:先進医療特約、通院治療特約(3,000円)

この保障内容で毎月支払う保険料は男性2,840円、女性2,997円です。

女性医療特約をつけると、女性の保険料は3,767円になります。保険料は平均的ですね。高くも安くもありません。

メディケア生命「メディフィットA」は最寄りの保険ショップで相談できます。
保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

メディケア生命「メディフィットA(エース)」のメリット

メディケア生命「メディフィットA(エース)」ここがポイント!
  • 【check】入院給付金の支払い限度日数を無制限にできる。
  • 【check】先進医療特約が終身タイプ。
  • 【check】がんの通院が5年間保障される。
  • 【check】無料で利用できる健康相談サービスあり。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は入院給付金の支払い限度日数を無制限にできる。

入院給付金の支払い限度日数は以下の3タイプから選択できます。

すべての入院有限タイプ 病気の種類にかかわらず入院給付金の支払い限度日数は保障期間通算1000日まで。
(通常はこのタイプになります)
3大入院無制限タイプ 7大生活習慣病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患)による入院給付金の支払い限度日数を60日延長。
3大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)による入院給付金の支払い限度日数を無制限に延長。
7大入院無制限タイプ 7大生活習慣病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患)による入院給付金の支払い限度日数を無制限に延長。

しかし、入院日数の平均は以下のとおりです。

日本人の平均:31.9日
35歳~64歳の平均:24.4日

参考にしたのは生命保険文化センターです。平均から見ると、入院日数が長くなるのは認知症、統合失調症、アルツハイマー病等のメンタル疾患です。7大生活習慣病は入院が長引くことは少なく、通院して治療を続けるケースが多いようです。

従って、無制限にするほど長い入院給付金支給が必要かは検討する余地があり、入院給付金の支払い限度日数は「すべての入院有限タイプ」としておき、通院治療特約をつけて治療の保障を手厚くしておくのが、現在の医療状況には合っています。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は先進医療特約が終身タイプ。

先進医療特約が終身タイプの場合、先進医療特約の部分にかかる保険料が一生涯上がりません。

「あれ、だって医療保険が終身タイプなんだから、先進医療特約だって終身タイプでしょ?」

って多くの方は理解されているかと思うんですけど、先進医療特約のみ保険料が上がっていく定期タイプを採用している医療保険もあります。

なぜ先進医療特約だけ定期タイプにするのか。それは将来的に先進医療が普及して保険金の支払い額が大きくなると、保険料を上げないと生命保険会社が赤字になるからです。

現状は毎月100円程度で先進医療特約をつけられますが、10年後・20年後には10倍・100倍になっている可能性もあります(健康保険が弱体化しているので十分可能性ありです)。終身タイプなら、保険料は一生涯変わりません。

そう考えると、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は将来お宝保険になる可能性を秘めていますね。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」はがんの通院が5年間まで保障される。

これは先述の通院治療特約のことです。がんだと通院が5年間まで通院日数無制限で保障されます。

繰り返しますが、現在の医療だと入院は短期化しており、自宅療養と通院で治療することが多くなっております(厚生労働省)。がんは治療が長引きやすく、5年間保障があれば安心できますよね。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は無料で利用できる健康相談サービスがある。

実はこれ、けっこう大きなメリットです。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」はティーペック社と提携して、以下のサービスを無料で加入者に提供しています。

  • 日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介。
  • 医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談。

セカンドオピニオンっていうのは主治医以外のお医者さんから意見を聞くことです。患者が主治医を選ぶってなかなか難しいですよね。たまたま手が空いていたお医者さんが主治医になり、私たちを診断するケースが多いでしょう。

そんな「巡り合わせ」で決まった主治医の意見を、どこまで信じられますか?

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は日本の名医を紹介し、セカンドオピニオンを聞く機会をつくってくれます。セカンドオピニオンで助かる命があることも事実です。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」のデメリット

メディケア生命「メディフィットA(エース)」ここにご注意!
  • 【check】3大疾病保障特約の保障範囲が狭く、一時金は保障期間通算で1回しか受け取れない。
  • 【check】がん診断特約は一時金を受け取ってから2年経過しないと次回分を受け取れない。
  • 【check】入院1回のカウント方法がちょっとずるい。

繰り返しになりますが、3大疾病保障特約の保障範囲が狭いです。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」:がん・心筋梗塞・脳卒中
三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」:がん、心疾患、脳血管疾患

心疾患の一部である心筋梗塞、脳血管疾患の一部である脳卒中のみ保障されます。

さらに、3大疾病保障特約の支払いは保障期間を通じて1回のみ。1回支給されると効力が消滅します。

しかし、保障範囲を絞ることで、3大疾病保障特約の保険料は他社より安くなります。広い範囲の保障が不要で、保険料を安く抑えたい方にとっては逆にメリットにもなります。

また、がん診断特約は一時金を受け取ってから2年経過しないと2回目以降を受け取れません。

メディケア生命
「メディフィットA(エース)」
2年を経過した日の翌日以後に、入院を開始したとき。
三井住友海上あいおい生命
「&LIFE 新医療保険Aプレミア」
1年以上経過してそれらの病気で入院したとき。

この点も他社より劣りますが、その分がん診断特約の保険料は他社より安くなっています。

入院1回のカウント方法がちょっとずるい。

一般的な医療保険では

  • 右足のケガで30日入院した。
  • 退院して180日以内に左手のケガで50日入院した。

といった場合、別々の入院とカウントされます(退院して180日以内に同じ原因のケガ・病気は1回の入院でカウントされます)。1回の入院で入院給付金が支給される限度日数を60日として契約した場合、別々の入院とカウントされるので、80日間分の入院給付金が支給されます。

しかし、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は同じ入院とカウントしてしまいます。つまり、60日間分の入院給付金しか支給されません。

若いうちは連続してケガや病気をすることは少ないと思いますが、歳を重ねてから困りますよね。

【メディケア生命「メディフィットA(エース)」の評価】最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:「A」(S、A~Cで判定)。

特約(オプション)が豊富なメディケア生命「メディフィットA(エース)」。

特に女性特有の疾病に対する保障が手厚く、若い女性から中高齢の女性まで幅広く安心して加入できる医療保険です。

しかし、保険料は平均的で、3大疾病に対する保障は若干弱めかなぁという印象があります。評価は迷いましたが、女性ならA評価、男性ならB評価としたいところです。

ちなみにですが、メディケア生命「メディフィットA(エース)」を申し込む前に、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」と比較をしてみてください。こちらも女性特有の疾病を手厚く保障していたり、メディケア生命「メディフィットA」にはない手厚い3大疾病の保障があります。

また、保険料が安い医療保険ならチューリッヒ生命の医療保険「終身医療プレミアムDX」もあります。こちらもチェックを。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の相談をするなら。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は全国の保険ショップで取り扱ってます。メディケア生命はここのところ伸びまくっているので、ご近所の保険ショップでも取り扱っているはずです。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちメディケア生命やってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップがメディケア生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

メディケア生命を取り扱っている保険ショップはニアエルから検索できます。検索して、予約してから保険ショップへ行きましょう。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

ご注意。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」はネットからでも入れますが、ネットだけの情報で入るのは若干危険です。

医療保険は保障内容が複雑です。いざ病気やケガになったとき

「こんなはずじゃなかった…」

って後悔することは実際に起こり得ます。医療保険がサポートされない病気やケガにかかってしまったときですね。

そんなことにならないためにも、対面でじっくりと説明を受け、納得してから医療保険に加入するようにしましょう。

実のところ、ネットからの生命保険契約数は伸び悩んでいます。ネットだけの情報で生命保険に入ることに不安を覚える方はけっこういます。

まとめ

公式サイト:メディケア生命「メディフィットA(エース)」

女性にとっては安心できる特約が豊富なメディケア生命「メディフィットA(エース)」。

  • 乳がんの手術に対する手厚い保障。
  • 乳房再建術に対する特別な一時金。

こんな保障があったら女性は嬉しいのではないでしょうか。他にも女性特有の疾病が手厚く保障されるのがメディケア生命「メディフィットA(エース)」です。

ただし、これから妊娠・出産の予定がある方は、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」も選択肢に加えてみて下さい。こちらは女性特有の疾病に対する保障に加え、出産・不妊治療に対する保障も手厚いです。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は全国の保険ショップで相談できます。保険ショップの検索と予約は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする