【評価B】東京海上日動あんしん生命の医療保険「メディカルKitNEO」デメリットと評価

がんの自由診療を上限1億円で保障するがん特定治療保障特約をどう考えるかが、加入するかどうかの決め手になるでしょう。

自由診療は健康保険が適用されません。全額自己負担ですし、月100万円の抗がん剤もざらにあります。他社にも自由診療を保障する医療保険はありますが、上限は月20万円程度。1億円は桁違いです。

ただし、それ以外の保障は最近のスタンダードからは遅れつつあります。オプションにはそれぞれ注意点もありますし、保険料も決して安くはないかなと。

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」ここがポイント
  • がん特定治療保障特約が強力です。自由診療のがん治療を上限1億円で実費保障です。
  • がん特定治療保障特約以外の保障はやや時代遅れの感があります。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. 入院保障:入院は短期化していますが、超長期の入院となる可能性はゼロではありません。端的に言うと3大疾病(特にがんと脳血管疾患)です。3大疾病の長期入院に耐えられるかは要チェックです。
  2. 通院保障:通院しながら働ける状況であれば家計のやりくりはできそうですが、通院しながらきつい抗がん剤治療(辛過ぎて働けない…)を受けるような状況を保障してくれるかが重要です。
  3. 三大疾病一時金:医療保険にはがん・心疾患・脳血管疾患で入院すると1年に1回ポンっと大きな金額が支払われるオプションがあります。生活費の補填という意味でも、長期の闘病に備えるには重要な保障です。
  4. 先進医療保障:健康保険の適用外となる先進医療は全額自己負担です(治療費が数百万円となることもあります)。医療保険がしっかり保障してくれるかも要チェックです。

まずはざっと概要を書いておきます。上記4点について、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
入院保障 がん・心疾患・脳血管疾患が無制限保障(3大疾病入院支払日数無制限特約付加時) A
通院保障(がん) 入院前60日および退院後730日以内の通院を保障。30日間限度(通院特約)
抗がん剤治療特約あり
B
三大疾病一時金 【対象となる疾病・給付条件】
がん:診断確定、手術、放射線治療、抗がん剤治療
心疾患:手術、もしくは継続20日以上の入院
脳血管疾患:手術、もしくは継続20日以上の入院
【給付間隔・上限】
1年に1回(5回まで)
B
先進医療保障 通算2,000万円上限・10年更新型 B
30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:3,694円
女性:3,744円
B
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:4,984円
女性:4,454円
会社情報 苦情率:0.310%
ソルベンシーマージン比率:1430.1%
会社格付け:A+(SP)
A

入院保障に大きな問題はありません。オプションの3大疾病入院支払日数無制限特約を付加すれば、がん・心疾患・脳血管疾患の入院が無制限保障となります。この点は安心です。

がんの通院治療は入院前の60日以内、及び退院後の730日以内を30日限度で保障です(入院のない通院は保障対象外)。入院前の通院が保障対象となるメリットはありますが、他社が退院後5年間無制限保障となっている点を考えるとちょっと薄めの保障かと。

また、抗がん剤治療特約は10年更新型です。10年ごとに保険料が見直されます(上がる可能性が高い)。他社の抗がん剤治療特約は一生涯保険料が変わらない終身型が主流ですので、この点は要注意。上限60回というのも気にすべき点でしょう(特に女性)。

3大疾病一時金の保障内容はそこそこ良いです。がんの給付条件が「診断確定、手術、放射線治療、抗がん剤治療」なので、入院していなくても治療を受けていれば給付対象になります。他社は2回目以降の給付条件が「入院」となっていることが多く、通院治療は給付対象外。なのでこの点は他社より保障が手厚いと言っていいでしょう。

ただし、一時金の給付回数は5回まで。一生涯で一時金を5回も受け取ること稀ですが、最近発売された医療保険だと回数無制限が当たり前なので、上限がある点はデメリット。

先進医療保障は2,000万円限度で保障。この点は良いのですが、抗がん剤治療特約と同じく10年更新型なんですよね…。10年ごとに保険料が見直し(上がる可能性が高い)となる点には要注意です。こちらも他社は終身型が主流です。

保険料も決して安い方には入らないかと。少なくとも業界最安値クラスではありません。

会社的には安定しています。苦情率は業界平均0.4%を下回る0.310%。保険金の支払い能力(ソルベンシーマージン比率)は安全と言わている200%を大きく超える1430.1%ですし、格付も「A+」なので”保険契約債務を履行する能力は強い”という評価になっています。

医療保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

目次

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障 【入院給付金】
入院1日につき5000円~20,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
【手術給付金】
■手術Ⅰ型
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
■手術Ⅲ型
入院給付金の5倍 or 10倍 or 20倍 or 40倍
※治療の内容によって給付額が変わります。
放射線治療給付金】
入院給付金の10倍。
【死亡保険金】
亡くなった場合に入金給付金の150倍。
特約(オプション) 【初期入院保障特則】
1日~9日間の短期入院の場合に定額給付。
【入院一時給付金特約】
入院した際に一時金給付。
【3大疾病入院支払日数無制限特約】
3大疾病の入院を無制限保障。
【通院特約】
通院1日につき定額給付。
【先進医療特約】
先進医療の技術料実費を給付。
【特定治療支援特約】
がん・心疾患・脳血管疾患・肝硬変・慢性腎不全・糖尿病となった場合に一時金給付。
【重度5疾病・障害・重度介護保障特約】
5大疾病が原因で働けなくなった場合に、毎年1回定額給付。
【女性疾病保障特約】
女性特有の疾病で入院した場合に、入院給付金を増額、及び乳房再建術を受けた場合に一時金給付。
【がん診断特約】
がんと診断された場合に一時金給付(複数回)。
【悪性新生物初回診断特約】
がんと診断された場合に一時金給付(1回のみ)。
【抗がん剤治療特約】
抗がん剤治療を受けた月に定額給付。
【がん特定治療保障特約】
自由診療のがん治療を上限1億円で実費保障。
【特定悪性新生物保険金前払特約】
がんと診断された場合、生前中に死亡保険金を給付。
【特定損傷一時金特約】
不慮の事故でけがをした際に一時金給付。
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、終身(一生涯)から選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・3ヶ月~12か月のまとめ払い
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
・振込み
保障される期間 終身
加入方法 対面・郵送・ネット
健康相談サービス あり

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の保障内容を評価します。

冒頭のところで入院保障・通院保障(がん)・三大疾病一時金・先進医療保障について書きましたが、その他の特約(オプション)を含め、もう少し詳しく見ていきます。

【基本保障】入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」は入院・手術・放射線治療を基本保障とするオーソドックスな医療保険です。

基本保障の入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金は以下のとおり。

名称 給付額 給付条件
入院給付金 入院1日につき5000円~20,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
入院1日につき給付
手術給付金 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
【手術Ⅲ型】
入院給付金の5倍 or 10倍 or 20倍 or 40倍
※治療の内容によって給付額が変わります。
手術を受けたとき。
放射線治療給付金 入院給付金の10倍。 放射線治療を受けたとき(60日に1回)

保障内容は他社の医療保険と同水準。悪くありません。

手術給付金はⅠ型とⅢ型から選択できます(Ⅱ型は現在発売停止)。Ⅰ型は定額保障、Ⅲ型だとメリハリが効いて開頭・開腹・開胸といったきつい手術の保障が手厚くなります。保険料が高いのはⅢ型。余裕があればⅢ型といったところですが、高額療養費制度を踏まえればⅠ型でも十分でしょう。

また、2019年7月に改定があり、死亡保障を選択できるようになりました。

名称 給付額 給付条件
死亡保険金 入院給付金日額×死亡保険金の給付倍率 亡くなった場合

死亡保険金は外すこともできます。死亡保険金がないタイプへの加入も可能です。

死亡保険金を付加すると一気に保険料が上がります。40歳男性の例だと

死亡保険金なし:3,330円
死亡保険金あり:8,710円(死亡保険金500万円)

ということで、その差は5,380円。

この保険料が高いかというと、そうでもありません。終身死亡保障500万円でこの保険料はやや安いくらいですが、安い理由は解約返戻金がないため。

一般的な終身死亡保障は解約すると解約返戻金として支払った保険料の一部(もしくは全額+利息分)がキャッシュバックされます。しかし、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の死亡保障に解約返戻金はありません。解約するとそれまでに積み立ててきた保険料が全額パァです。

医療保険は見直しして他社に乗り換えたくなることもありますが、メディカルKitNEOを解約すれば死亡保障も解約です。

「医療保障は解約したいけど、死亡保障は残しておきたい!」

ということはできません。それまで積み立ててきた保険料を捨てることになります。

医療保障と死亡保障は別々に契約しておく方が無難です。

【重要ではありません】初期入院保障特則

特約名 給付額 給付条件
初期入院保障特則 入院給付金10日分 入院日数が1~9日のとき

入院日数が1日から9日以内であっても、10日分の入院給付金が支払われるオプションです。

短期入院だと入院給付金はわずかなもの。例えば、2泊3日の入院だと

・基本保障だけだと3日分の入院給付金しかもらえない。入院給付金日額5,000円だと15,000円(5,000円×3日分)。これだと赤字入院になるかも…。

・初期入院保障特則を付加すると50,000円(5,000円×10日分)もらえる。2泊3日の入院で50,000円もらえたら、赤字はなさそう。

です。入院で赤字になりたくない方や、手持ちの現金が極端に少なくて医療費破産の可能性がある方にとっては有効な特約です。そうでないなら不要でしょう。

ちなみにですが、入院した際の1日あたりの医療費平均は約2.3万円というデータがあります。ひとつの目安に。

【重要ではありません】入院一時給付金特約

特約名 給付額 給付条件
入院一時給付金特約 5万円から20万円の範囲で選択可能(1万円単位) 入院したとき

こちらは基本保障の入院給付金とは別に、入院すれば必ず一時金給付されるオプションです(入院日数に関わらず給付)。上述した初期入院保障特則と同時付加はできません。

こちらも短期入院で赤字になるのを回避するためのオプションですが、手持ちの現金がそれなりにある方なら必要性は薄いでしょう。

ちなみにですが、30歳男性の場合の特約保険料は

初期入院保障特則(入院給付金1万円):+440円
入院一時給付金特約(保障額10万円):+1,010円

です。初期入院保障特則はだいたい19年に1回入院(9日以内)すれば元が取れる計算なので、まあまああり得るかなと。入院一時給付金特約は9年に1回入院しないと元が取れないので、自分で貯めた方がよいかなとは感じます。

【重要です】3大疾病入院支払日数無制限特約

特約名 給付額 給付条件
3大疾病入院支払日数無制限特約 入院給付金の支払い限度日数が無制限になる。 がん・心疾患・脳血管疾患で入院したとき。

3大疾病の入院が無制限保障されるオプションです。

最近は入院が短期化しています。入院日数の平均は以下のとおり。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日
(参考:生命保険文化センター

上記のリンク先を参照頂けるとわかるのですが、入院日数は意外と短いです。脳血管疾患は長引くこともありますが、がんや心疾患の入院期間は意外と短めです。

とはいえ、これは平均です。特にがんは症状によって入院が長引きます(水泳の池江璃花子さんは10か月入院されたそうです)。医療保険の役割が万が一の壊滅的な状況を救うことにあると考えれば、入院日数の無制限保障は重要だと考えています。

特約保険料もそこまで高くはありません。付加しておいた方が安心でしょう。

【重要ではありません】通院特約

特約名 給付額 給付条件
通院特約 通院1日につき入院給付金の60%。 ・入院前60日と退院後180日以内の通院。ただし、がん・心疾患・脳血管疾患は退院後730日までの通院が対象。
・1入院30日限度。保障期間通算で1095日が限度。

通院1日に対して入院給付金の60%が給付されるオプションです(入院のない通院は保障対象外)。

他社は退院後の通院のみを保障することが多いのですが、東京海上日動あんしん生命は入院前の通院も保障対象です。この点はメリットですが、保障額は入院給付金の60%。入院給付金が10,000円なら6,000円ですし、5,000円なら3,000円です。

通院治療だと働けることも多いので、

「仕事忙しいし、たった3,000円のための手続きする方がめんどくさい!」

といったこともよくあります。必要性は薄いでしょう。

ちなみにですが、通院治療で本当に怖いのは副作用のきつい抗がん剤治療を受けるケース。この場合は満足に働くことも難しく、収入減もあり得ます。

こんな事態に備えるために、後述する抗がん剤治療特約があります。優先度は抗がん剤治療特約の方が高いと感じます(月10万円保障とかなので、手続きする気力も沸きます)。

【重要ですが…】先進医療特約

特約名 給付額 給付条件
先進医療特約 保障期間通算で2,000万円までの技術料。 先進医療を受けた場合。

先進医療とは、公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術を指します。健康保険適用がされないので全額自己負担。なので、先進医療を受けると高額な医療費を請求されることもあります。その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約(2,000万円まで保障)。

保障内容は他社と比較してちょっと寂しいです。

まずは一時金の給付がない点。給付対象は先進医療の技術料実費のみです。

先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。交通費・宿泊費等が必要になるケースも多く、他社は一時金5万円~10万円、もしくは交通費・宿泊費の実費を給付することが多いです。この点は他社より保障が薄いと言えます。

また、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の先進医療特約は10年更新型です。10年ごとに保険料が更新されます(上がることが多いかと)。他社の主流は一生涯保険料が変わらない終身型です。

現状は毎月100円程度の保険料で先進医療特約を付加できますが、今後先進医療が普及して保険会社の保険金支払いが膨らめば、保険料が爆上げされる可能性も否めません。10年ごとに保険料に更新される10年更新型より、一生涯保険料が変わらない終身型の方が安心です。

【重要です】特定治療支援特約

特約名 給付額 給付条件
特定治療支援特約 下表参照。 下表参照。

6大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患・肝硬変・慢性腎不全・糖尿病)で所定の条件を満たした場合に、ドバっとまとまった金額の一時金が給付される特約です。実際に受け取ってみるとわかるのですが、治療の早い段階で大金を確保できるので、

「医療保険に入っておいてよかった…」

と、分かりやすく実感できる特約です。

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の給付条件と給付額は下表のとおり。ちょっと複雑です。

疾病 給付条件 1回の給付額
1回目 2回目以降
6疾病 がん 悪性新生物 診断確定したとき ・所定の手術
・放射線治療
・抗がん剤治療
を受けた時
100%
上皮内新生物 (1回のみ給付) 50%
心疾患 手術もしくは継続20日以上の入院治療 100%
脳血管疾患
肝硬変 治療を受けたとき Ⅰ型:0%
Ⅱ型:50%
Ⅲ型:100%
慢性腎不全
糖尿病 治療を受けたとき (1回のみ給付)

ポイントは以下のとおり。

  • 【GOOD!】がんの2回目以降の給付条件ががんの3大治療。
  • 【GOOD!】給付間隔が1年に1回。
  • 【GOOD!】心疾患・脳血管疾患をまるごと保障対象。
  • 【BAD】心疾患の保障条件が「手術or入院20日」。
  • 【BAD】給付回数に上限あり。最大5回までしか給付されない。

がんの給付条件は良いです。

他社だと2回目以降の給付条件が入院に限定されていて、通院治療のみの場合は給付対象外となることが多いのですが、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」はがんの3大治療(手術・放射線・抗がん剤)を受けていれば入院でも通院でも給付対象。

放射線治療なんて副作用が軽いので通院で受けることが多いのですが、条件が入院に限定されてしまうと一時金給付されません。通院でもがんの3大治療を受けていれば給付される点はメリットでしょう。

また、給付間隔は1年に1回。ちょっと古い医療保険だと給付間隔が2年に1回となることもありますが、がんなんて2年以内に再発することは珍しくありません。再発して凹んでるのに、

「前回から2年経過してないんで一時金お支払いできませんよ!」

ってあっさり言われたらイラっとします。1年に1回給付である点もメリットです。

心疾患・脳血管疾患をまるごと保障対象としている点もメリット。他社の医療保険だと、心疾患・脳血管疾患の保障対象を急性心筋梗塞・脳卒中に限定していることがあります。

急性心筋梗塞は心疾患の一部です。保障対象が急性心筋梗塞に限定されると、急性心筋梗塞以外の心疾患が保障対象外になります。平成29年の厚生労働省の調査によると心疾患全体の患者数1,732千人のうち、急性心筋梗塞の患者数は47千人。割合にすると2.7%に過ぎません。

ただし、心疾患の保障条件は

「20日以上入院、もしくは手術」

です。生命保険文化センターによると、心疾患全体の入院日数平均は19.3日。

例えば、女優の天海祐希さんは2013年5月6日に軽度の急性心筋梗塞を発症して入院。そして5月13日には退院しています。入院期間はわずか8日間なので、このケースだと手術を受けていなければ保障対象外です。

他社の心疾患の保障条件が、

「入院即保障」
「急性心筋梗塞は手術or入院即保障、急性心筋梗塞以外は手術or入院20日以上」

だったりすることを踏まえれば、ハードルはやや高め。手術のない入院だと保障対象外となることも多いでしょう。

また、脳卒中も脳血管疾患の一部ですが、脳卒中には

  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
  • 脳出血

が含まれます。平成29年の厚生労働省の調査によると脳血管疾患の患者数1,115千人のうち、脳梗塞・くも膜下出血・脳出血の患者数合計は973千人。割合にすると87.2%です。

ということで、脳血管疾患でも脳卒中でも大きな差はありませんが、脳血管疾患の方がちょっと安心かな、とは感じます。

また、給付回数に上限がある点も注意です。最大5回までしか給付されません。まあ一生涯で一時金を5回も受け取るような波乱万丈な方も稀ですが、他社が回数無制限が主流であることを考えるとデメリットではあります。

特に、上皮内がんの給付回数が1回である点には要注意です。

上皮内がんとは、がん細胞が血管やリンパ管に到達していない初期のがんで、サッと手術で切り取ってしまえば完治する可能性が高いと言われてます。

「早めに見つかって良かったですね」

と言われるのが上皮内がん。一生涯に上皮内がんに罹るのが1回だけであればデメリットとは言えませんが、大腸がんだと2割、子宮頸がんだと半数以上が上皮内がんで早期発見されたというデータもあります。珍しいがんではありません。

他社だと上皮内がんも通常のがんと同様に扱うことが多いです(給付回数無制限)。この点も注意ですね。

【重要ではありません】重度5疾病・障害・重度介護保障特約

特約名 給付額 給付条件
重度5疾病・障害・重度介護保障特約 月額5万円~15万円の範囲内で選択可能 【重度5疾病】
・がん、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全の5つの疾病で所定の就業不能状態が60日継続したとき。
【障害】
・障害等級1等級または2等級に認定されたとき。
・所定の生活障害状態に該当したとき。
【重度介護】
・要介護状態が180日を超えて継続したと診断されたとき。

重度5疾病・障害・重度介護保障特約は働けなくなるリスクに備えられるオプションです。保障期間は60歳・65歳・70歳までの3パターンから選択可能。一生涯の保障ではなく、定年を迎えるまでの期間を保障するオプションですね。

保障条件はやや厳しめです。

重度5疾病の給付条件に「5つの疾病で所定の就業不能状態」とありますが、具体的には以下の状態が60日以上継続したときを指します。

  • 入院している状態。
  • 医師の指示を受けて自宅等で療養しており、職種を問わずすべての業務に従事できない状態。

要注意なのが2点目。これは「元の職業に復帰できない状態なら保障」ではなく、「元の職業に復帰できないし、その他の仕事も全くできない状態なら保障」です。例えば、検品作業等の軽作業ができる状態であれば保障対象外。ハードルは低くありません。

障害の条件は平均的。障害等級2級は

「日常生活が極めて困難で、 一般的に活動の範囲が、病院では病棟内、家庭では家屋内に限られる」

といった状態を指します。日常生活もままならず、働くことは到底無理といった状態ですね。他社も障害等級2級から保障することが多く、悪くありません。

介護の条件は厳しいです。条件は常時寝たきりだったり、見当識障害(自宅に帰ってこれない、配偶者に「あなた誰?」って言ってしまう等)のある認知症です。保障対象はけっこうな重症です。まあでも現役世代が要介護状態となる可能性は極めて低いので、そこまで気にすることでもないでしょう。

大きなデメリットが給付期間です。給付されるのは2年間、もしくは5年間のみ。例えば、障害等級認定を受けて一生涯働くことができないような状況でも、2年もしくは5年で保障はストップです。長期間の働けないリスクに備えられる保障ではありません。

働けないリスクに備える専門の保険は就業不能保険です。一例を挙げると、アクサダイレクト生命の就業不能保険「働けないときの安心」の給付条件は以下のとおり。

分類 働けないと認定される条件
病気やケガで働けない 以下のいずれかを満たす場合。
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障がい等級2級以上
精神疾患で働けない 「疾病、障害及び死因の統計分類」に定める精神疾患を直接の原因とする、
①治療を目的とした入院
②障がい等級2級以上
のいずれか

アクサダイレクト生命の就業不能保険「働けないときの安心」には、

  • 5大疾病に限らず病気・ケガが保障される。
  • メンタル疾患も保障対象。
  • 60歳まで、65歳までといった長期間保障(メンタル疾患は制限あり)。

といったメリットがあります。

長くなりましたが、重度5疾病・障害・重度介護保障特約は保障内容が中途半端なので、あえて付加することもないかなと感じます。働けないリスク専門の就業不能保険を検討した方がよいかなと。

ご参考までに、下記リンク先に就業不能保険をまとめてます。

就業不能保険を保障内容で比較する。

【他社と比較しましょう】女性疾病保障特約

特約名 給付額 給付条件
女性疾病保障特約 入院給付金×入院日数 女性特有の病気や三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)で入院した場合
入院給付金×200倍 乳がんで乳房再建手術を受けた場合。

女性特有の疾病で入院した場合に、入院給付金を増額するオプションです。

増額対象となる女性特有の疾病は他社同等。がん全般、乳房・子宮・卵巣の疾病、女性に多いパセドウ病や貧血といった病気、妊娠・出産に伴う症状で入院した場合に入院給付金が増額されます。心疾患や脳血管疾患でも増額されるので、他社より保障範囲はちょっとだけ広いくらい。

また、乳房再建術を受けたときには手術給付金が増額されますが、他社だと乳房再建手術の他にも乳房切除や子宮・卵巣・卵管の手術も増額対象となることが多く、手術の保障範囲は他社より狭くなってます。最近は乳房再建術にも健康保険が適用されるので、乳房再建術だけ増額するのも時代遅れかなと。

トータルで見れば、保障内容は他社より劣勢と感じます。女性特有疾病の保障を重視するのなら、他社と比較しておいて損はないでしょう。

【重要ですが…】がん診断特約・悪性新生物初回診断特約

特約名 給付額 給付条件
がん診断特約 10万円~100万円の範囲内で選択可能 【1回目】
がんと診断されたとき。
【2回目以降】
再発・転移、もしくは新たに生じたと診断確定
悪性新生物初回診断特約 10万円~100万円の範囲内で選択可能 がんと診断されたとき。

上述した特定治療支援特約は6疾病に対する一時金保障でしたが、こちらはがんに絞った一時金保障です。

がん診断特約は回数無制限で一時金給付、悪性新生物初回診断特約は初回の1回だけといった構成ですが、初回だから治療費が上がるということも考えにくいですし、むしろがんは再発したときの方が重症になりがちです。悪性新生物初回診断特約を付加するのなら、がん診断特約の保障額を上げた方がよいでしょう。

保障内容はイマイチです。

  • 【BAD】がん診断特約の給付間隔が2年に1回。
  • 【BAD】上皮内がんだと1回しか給付されない(悪性新生物初回診断特約は保障対象外)。

給付間隔は2年に1回。上述した特定治療支援特約の説明で

「ちょっと古い医療保険だと給付間隔が2年に1回となることもありますが、がんなんて2年以内に再発することは珍しくありません」

と書きましたが、まさにそのちょっと古い保障内容です。他社が1年に1回当たり前の現状では、この点はデメリットでしょう。

また、特定治療支援特約と同じく上皮内がんだと1回しか一時金給付されません(悪性新生物初回診断特約は上皮内がんが保障対象外)。他社ががんも上皮内がんも同じ扱いをするのが当たり前の現状では、この点もデメリット。

他社と比較すると周回遅れの保障内容に感じます。

【重要ですが…】抗がん剤治療特約

特約名 給付額 給付条件
抗がん剤治療特約 5万円・10万円から選択可能 抗がん剤治療を受けた月に給付。

公的医療保険制度の対象となる抗がん剤治療を受けた月に一時金が給付される特約です。

抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがん細胞を切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがん細胞を切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。働きながらの治療も不可能ではないので、経済的なピンチに陥ることもそんなにありません。

本当に怖いのは2のケースです。この場合は副作用が辛くて満足に働くことも難しく、収入減もあり得ます。治療の終わりも見えなくなり、銀行口座の残高が徐々に減っていく抗がん剤ドロ沼にハマります。

ベッドの上で虚空を見上げながら

「あ、これ、やばいかも…」

と、メンタルが削られまくるなかで、毎月定額を銀行口座に振り込んでくれるのが抗がん剤治療特約。優先度高めのオプションです。

気になるのが上限が60回(60ヶ月限度)である点。乳がんの再発予防のためのホルモン剤治療は5年から10年の長期に渡ることもあり、60回だとやや不安が残ります。最近発売された医療保険だと120回限度や回数無制限が多く、この点はデメリットと言っていいでしょう。

また、抗がん剤治療特約は10年更新型です。10年ごとに保険料が更新されます(上がることが多い)。他社は一生涯保険料の変わらない終身型が主流なので、この点もデメリット。

他社と比較すると、抗がん剤治療特約も遅れ気味の保障内容に感じます。

【重要です】がん特定治療保障特約

患者申出療養・評価療養・自由診療を受けたときに治療費実費を上限1億円で保障するオプションです。健康保険が適用されるがん治療の自己負担額は3割(現役世代)ですが、患者申出療養・評価療養・自由診療は健康保険が適用されないので、治療費は全額自己負担。その治療費実費をカバーするオプションです。

患者申出療養・評価療養はまだまだマイナーですが、自由診療を用いられるケースは増えつつあります。がんの治療を受けた人の2割が自由診療を併用したというデータもあります。

自由診療には欧米では承認されているものの、日本では承認が遅れている抗がん剤が含まれます。国立がん研究センターが2021年10月時点の未承認・適応外の医薬品を下記リンク先にまとめてますが、月100万円かかる抗がん剤なんてざらにあります。

国内で薬機法上未承認・適応外となる医薬品・適応のリスト(2021年10月31日改訂版)(PDF)

こんな自由診療の治療費を1億円上限で実費保障するのが本特約です。他社の医療保険にも自由診療の抗がん剤治療を保障するオプションがありますが、保障額は月20万円程度。上限1億円は桁違いの保障内容です。

特約保険料も全ての年代で月500円と安価です。がん系の保障がイマイチな東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」ですが、がん特定治療保障特約はやたらと優れています。

ただし、本特約は5年更新型です。5年ごとに保険料が見直されます。

現状は月500円で付加できますが、将来的に自由診療が普及して、

「いやー、もう月500円では無理だ!」

と、東京海上日動あんしん生命がギブアップして値上げする可能性もあります。

まあでも値上げしたらそのときにオプション解約すればよいだけ。いま東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」に加入するのなら、付加しておくべきオプションでしょう。

【重要ではありません】特定損傷一時金特約

特約名 給付額 給付条件
特定損傷一時金特約 5万円 骨折等の治療を受けたとき。

不慮の事故でのケガを保障する特約です。

激しいスポーツする人にとっては重要かもしれませんが、そうでなければ必要性は薄いでしょう。給付額も5万円とお小遣い程度です。

ちなみにですが、保障期間は70歳まで。骨が弱ってちょっと転倒しただけで骨折するような年齢を迎える頃には保障対象外です。

【重要ではありません】特定疾病保険料払込免除特則

特約名 給付額 給付条件
特定疾病保険料払込免除特則 保険料の支払いが免除される。
(保障は継続する)
悪性新生物・心疾患・脳血管疾患で所定の状態を満たしたとき。

保険料払込免除特約は、よくCMで見る「以降の保険料は頂きません!」っていう特約です。所定の条件を満たせば、以降の保険料支払いが免除されます(もちろん保障は継続)。

保険料の支払いが免除されると確かに嬉しいのですが、保険料払込免除特約は有料です。付加すれば毎月支払う保険料があがります。

保険料を上げてまで保険料払込免除特約をつけるかは微妙なところですよね。医療保険の保険料はそこまで高くないですし、個人的には不要かと考えています。

【シミュレーション】僕が東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」に入るなら。

僕が東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:入院給付金5000円、手術給付金Ⅰ型
  • 特約:先進医療特約、3大疾病入院支払日数無制限特約、特定治療支援特約Ⅲ型、抗がん剤治療特約、がん特定治療保障特約

先進医療特約と抗がん剤治療特約は10年更新型なので、上記保障だと10年ごとに保険料が更新されます(上がることが多いでしょう)。

冒頭書きましたが、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」を選ぶかどうかの決め手は、がん特定治療保障特約でしょう。がんとなっても健康保険が適用されない治療を望まないのであれば、他社の医療保険を選んだほうがよいかと。自由診療も辞さない構えであれば、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」は候補に入ります。

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」のメリット

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」ここがポイント!
  • 【check】がん特定治療保障特約が強力。

繰り返しますが、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」を選ぶかどうかの決め手は、がん特定治療保障の要否でしょう。がん特定治療保障特約はやたらと優れています。

他社にも自由診療を保障する特約がありますが、

「自由診療の抗がん剤治療を受けた月に20万円お支払い!」

といった保障内容です。月1,000万円の抗がん剤を打つのに、20万円なんて焼け石に水。その点、上限1億円は率直に素晴らしいと感じます。

また、がん特定治療保障特約は月500円で付加できます(2022年9月現在)。5年更新型なので、将来的に保険料が上がる可能性はありますが、保障内容に見合わないほど上がった場合はオプション解約すればよいだけ。

「健康保険は適用されなので高額にはなりますが、イギリスで開発されたxxという抗がん剤を打てば助かるかもしれません…」

と医師に告げられたとき、お金の心配をせずに

「受けます」

と即断を可能にするのが、がん特定治療保障特約。繰り返しますが、がんの自由診療も辞さない構えであれば、東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」は候補に入ります。

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」のデメリット

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」ここにご注意!
  • 【check】10年更新型の特約が多い。
  • 【check】がんの保障は薄い。

下記の2特約は10年更新型です。10年毎に保険料が見直されます(上がる可能性が高い)。

  • 先進医療特約
  • 抗がん剤治療特約

どちらも重要な特約です。他社だと終身型といって一生涯保険料が変わらないタイプが主流なので、この点は東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」のデメリットでしょう。

また、がん特定治療保障特約を除けばがんの保障は薄いと感じます。

がん診断特約は一時金は2年に1回給付(他社は1年に1回が主流)ですし、抗がん剤治療特約は上限60回。特定治療支援特約は給付回数に上限があります。

全般的に、保障内容は他社比較で遅れ気味です。他社の医療保険との比較は必須でしょう。

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の評価

評価:B(S、A~Cで判定)。

全般的に保障内容は微妙。保険料も平均的で、業界最安値クラスとまでは言えません。

ただし、がん特定治療保障特約は異様に優れています。一点豪華主義です。

がんと診断された場合は自由診療も辞さない方針であれば、他社でメインとなる医療保険を契約した上で、基本保障をミニマムにしてがん特定治療保障特約だけ付加するのもアリかと感じます。

よって評価は「B」としました。使い方が限定される医療保険でしょう。

比較対象として以下の医療保険を挙げておきます。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」。健康保険料率が適用されれば業界最安値クラスの保険料。保障内容も全般的に最新化されているので、メインに据える医療保険になり得ます。先進医療特約が10年更新型なのがちょっと残念。

メディケア生命「新メディフィットA」。ネオファースト生命の健康保険料率が適用されない場合は、メディケア生命が業界最安値クラスです。こちらも保障内容は最新。先進医療特約も終身型です。

医療保険の保険料は下記リンクで比較しているので、ご参考までに。本サイトでおすすめしている保障内容を中心に比較しています。

医療保険の保険料比較

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」の相談をするなら。

東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ご近所の保険ショップでも取り扱っているはず。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち東京海上日動あんしん生命やってないんですよー」

なんて言われたら立ち直れないですよね。

そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップが東京海上日動あんしん生命を取り扱っているか確認しておきましょう。手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、東京海上日動あんしん生命はもちろん、この記事で比較対象としたネオファースト生命・メディケア生命とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する医療保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。東京海上日動あんしん生命はもちろんのこと、比較対象としたメディケア生命・ネオファースト生命とも提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:東京海上日動あんしん生命「メディカルKitNEO」

がんの自由診療を上限1億円で保障するがん特定治療保障特約は率直に素晴らしいと感じますが、それ以外は最近のスタンダードからは遅れつつあるという印象です。保険料も決して業界最安値クラスではありません。他社の医療保険との比較は必須でしょう。

比較対象としてネオファースト生命「ネオdeいりょう」、及びメディケア生命「新メディフィットA」を挙げておきます。保険クリニックなら、東京海上日動あんしん生命はもちろん、ネオファースト生命・メディケア生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年9月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする