介護保険・認知症保険は必要か

結論から言うと、

「介護費用は自分で貯めたほうが合理的。足りない分だけ民間の介護保険・認知症保険に頼る」

です。

メディアの情報に耳を傾け過ぎると、大部分の人が要介護になって莫大な介護費用が必要となる!と不安になってしまいますが、そもそも要介護になる確率はそこまで高くありません。民間の介護保険・認知症保険には極力頼らない方が無難です。

認知症保険・介護保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

介護が必要となる確率・割合(何人に1人が要介護となるか)

2022年2月の厚生労働省調査では65歳以上の第1号被保険者数が約3589万人。そのうち国の要支援・要介護認定を受けている人は約676万人。割合にすると18.8%です。

国から

「あなたは介護が必要ですよ」

と認定され、何らかの介護サービスを受けている65歳以上の割合はだいたい5人に1人。がんは一生涯で2人に1人が罹患すると言われているので、要介護となる確率はがんよりも低いと言っていいでしょう。

さらに、上記の約676万人は寝たきりで意思疎通も難しい重度の方(要介護5)から、身の回りのことは1人でできるけど、立ち上がる際にちょっと支えが必要といった軽度の方(要支援1)まで全て含めた数字です。

国の介護認定は症状によって「要支援1~2」「要介護1~5」の7段階に分かれます。

ざっくり言うと要支援1~2は部分的な介護が必要だけど、1人で生活できる状態。

要介護1は食事や排せつに見守りや介助は必要だけど、一人暮らしも不可能ではない状態。

そして要介護2となると一人暮らしは難しく、歩行や立ち上がりに介助が必要な状態になります。本人も家族も辛くなってくるのはだいたい要介護2くらいから。

さらに症状が進んで要介護3となると全面的な介助が必要となり、家族で面倒を見るのが厳しくなります。「特別養護老人ホーム(通称:特養)」に入居するためには、「要介護3以上」が必要条件となっています。

介護が辛くなる要介護2以上に認定される65歳以上の第1号被保険者数は345万人。割合にすると9.6%。だいたい10人に1人といったところ。

また、民間の介護保険・認知症保険が保障対象とする条件は要介護2以上が平均です。まずはこの数字を抑えておきましょう。

介護にかかる費用

吉田羊さんと奥平大兼さんが出演しているアフラックの介護保険のCMで

「介護費用の総額1,421万円」

と、大きく表示されていたのを見たことがあります。そして、その下に小さく

「公的保障でカバーされる費用平均927万円と自己負担平均494万円の合計」

といった注釈があります。

まあウソではありませんが、一瞬で場面が切り替わるCMだと多くの人が1,421万円に目を奪われ、やばい!全然足りない!民間の介護保険マジ必要!と感じるのではないでしょうか。しかし、実際の自己負担額平均は注釈に書かれている494万円です。こういった広告は消費者庁とか金融庁から指導されないんですかね。

ちなみにですが、最新の調査だと介護にかかる期間と費用(自己負担額)の平均は以下のとおりです。

介護にかかる期間の平均:5年1ヶ月(61.1ヶ月)
介護に必要な一時的な費用平均:74万円
月々の介護費用平均:8.3万円

生命保険文化センター調べ

総額にすると約580万円。

豪華な老人ホームで介護生活を送る人もいれば、自宅で必要最低限の介護サービスを受ける方もいます。580万円はあくまで平均ですが、リタイアするまでにこれくらい貯められれば、民間の介護保険・認知症保険の必要性は低くなるというひとつの目安にはなります。

ちょっとここでシミュレーションしてみます。

そろそろ老後が気になりだす50歳男性が民間の介護保険を検討。いろいろ調べてみたら朝日生命の介護保険「あんしん介護」が良さそうに思えて加入(実際、朝日生命の介護保険は優れています)。

そして80歳で要介護認定を受け、平均的な5年間介護を受けて亡くなったケースです。

★保障内容
介護年金:基準年金額60万円(支払額は要介護認定によって変動)

★保険料
月々の保険料:2,655円
保険料総額:約96万円(2,655円×12ヶ月×30年)
※要介護認定された80歳以降の保険料支払いは免除

★受け取れる保険金総額
80歳で要介護1に認定:50万円(10万円×5年)
80歳で要介護2に認定:75万円(15万円×5年)
80歳で要介護3に認定:100万円(20万円×5年)
80歳で要介護4に認定:125万円(25万円×5年)
80歳で要介護5に認定:150万円(30万円×5年)

この例だと要介護3以上に認定されればお得、要介護2以下なら損という結果です。ちなみにですが、介護保険の保険料は掛け捨てなので、要介護認定を一生涯受けなれば何も得られません(むしろこれは喜ばしいこと)。

2022年2月の厚生労働省調査では、65歳以上の第1号被保険者数が約3589万人のうち要介護3以上に認定された方は約232万人。割合にすると6.5%。およそ15人に1人です。

加入者全員が儲かる保険というのもなかなかないので(リスクをみんなで分かち合うのが保険)、まあこんなもんかという印象ですが、民間の介護保険に加入しても往々にして払い損になることは理解しておいた方がよいでしょう。

ここまで読むと

「じゃあ民間の介護保険なんていらないよ!」

と感じられるかもしれませんが、いざ介護が必要になった際にお金が足りずに家族に迷惑をかけてしまうのも忍びないものがあります(特に予想以上に長生きしちゃった場合)。

  • まずは自分で介護費用を貯める(どれくらい貯まりそうか計算してみる)。
  • その上で、足りない分を民間の介護保険に頼る(払い損になることを覚悟した上で、保障額はなるべく少額にする)。

というのが、現状の賢い介護保険の入り方です。長生きリスクもあるので介護費用は多めに見積もっておいたほうが良いのですが、それでも民間の介護保険・認知症保険には頼り過ぎないのが無難です。

民間の介護保険・認知症保険に入るなら

民間の介護保険・認知症保険を検討する場合は以下の3点に注意してみてください。

  • 認知症保険ではなく介護保険を選ぶ。
  • 少なくとも保障条件が要介護2以上。
  • 保険金は年金で受け取れる方が安心。

介護に備えらえる民間の保険は大きく分けて2つあります。

概要 保険料
介護保険 幅広い介護状態を保障する保険。国が認定する要介護状態に応じて一時金、もしくは年金方式で保険金を給付。 比較的高め。
認知症保険 認知症に特化して介護状態を保障する保険。 比較的安め。

厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」という調査によると、2019年の要介護となる原因ベスト3は以下のとおり。

No.1 認知症 24.3%
No.2 脳血管疾患(脳卒中) 19.2%
No.3 骨折・転倒 12.0%

No.1は認知症です。およそ4人に1人が認知症が原因で要介護となるようです。

ただし、要介護となる原因が認知症以外だったとしても、その後の介護生活で認知症を発症するケースもあります。

認知症に関するデータは整備されている状況とは言い難く、いまだに2014年に発表された厚生労働省の資料(PDF)が使われるのですが、その資料によると2012年時点で

  • 65歳以上高齢者人口は約3,079万人
  • 認知症高齢者の総数は約462万人(7人に1人)。そのなかで日常生活自立度Ⅱ以上の認知症高齢者の総数は約305万人(10人に1人)

だそうです。

上記2点目の「日常生活自立度」とは認知症の程度を示す指標でⅠ~ⅣおよびMの5段階(うちⅡ、Ⅲはさらにa、b2段階)に区分されているのですが、Ⅱは日常生活に支障を来たすような症状・行動が見られる状態を指します。Ⅱだと在宅で日中帯の介護サービスを受けることになり、一人暮らしは難しいから親族と同居するような状態ですね。一概には言いにくいのですが要介護1~2くらいの状態で、認知症保険が保障対象とするのもこれくらいから。

2014年に要介護1以上に認定されていた人は404万人なので、そのうちの305万人が認知症を発症していたとすれば、認知症保険が保障対象とする割合は介護が必要となる人の75%程度。残りの25%は認知症保険では保障対象になりません。

一方で、介護保険は原因や症状に関わらず、要介護認定と連動して保障対象となります。介護保険なら認知症の75%も、その他の25%も保障対象です。

微妙なところですが、保険料が多少上がったとしても介護保険の方が安心感はあります。せっかく介護の準備をしていたのに、認知症以外の25%が原因だと民間の認知症保険からは何も保障されません。このときの絶望感は筆舌に尽くしがたいものがあります。介護に備えるのなら、認知症保険よりも介護保険の方が安心です。

また、上述のとおり本人も家族も介護が大きな負担になるのは「要介護2」からです。最近の介護保険の大半は要介護2以上から保障対象としていますが、なかには「要介護3」からを保障対象としている介護保険もあります。「要介護3」からだと、ちょっと手遅れ感があります。

それと、平均だと5年程度で終わる介護ですが、10年を超えることも珍しくありません。生命保険文化センターによると10年を超える介護生活を送った方は17.6%。長生きリスクは無視できないものがあります。

介護保険・認知症保険には

  • 条件を満たした場合に一時金としてまとまった金額を給付するタイプ。
  • 条件を満たしている期間は年金のように毎年定額を給付するタイプ。

があります(上記2つのハイブリッドもあります)。長生きリスクを踏まえれば、年金タイプの方が安心感はあります。

まとめると、民間の介護保険・認知症保険を検討されているのなら、

「少なくとも要介護2から保障対象になっている年金タイプの介護保険」

を選ぶようにしましょう。

介護保険の相談は保険クリニックで!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする