【評価A】メディケア生命の医療保険「メディフィットA」デメリットと評価

選ぶ
メディケア生命なんて聞いたことないけど、大丈夫かなぁ。

メディケア生命は2010年に設立されました。生命保険会社としては新参に分類されます。

大手生命保険会社の住友生命傘下であり、ネットや保険ショップ専用の生命保険・医療保険を開発している生命保険会社です。大手がバックについているので、そんなに心配することはありません。むしろ、メディケア生命はネットや保険ショップ向けの生命保険に専念することで経費を抑えているため、安くて良質な生命保険を売っています。

そんなメディケア生命が発売している医療保険「メディフィットA」ですが、結論から書くと保険料は安く、大きな欠点のない医療保険です。特に、女性にとっては安心できる保障内容になっています。

メディケア生命「メディフィットA」ここがポイント
  • 直近の改定で、弱点だった3大疾病に対する保障が改善されています。
  • 女性特有の疾病に対する保障が素晴らしいです。
  • 保険料は平均より安くなっています。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の2点です。

  1. 毎月支払う保険料。もちろん保険料の安い医療保険が良い医療保険です。しかし、保険料が安くて保障が手薄だったら意味ありません。大切なのは保険料と保障内容のバランスです。
  2. 特約(オプション)の種類。例えば、がんの保障を手厚くするオプション、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションといったように、必要と感じるオプションを手頃な保険料でつけられるかがポイントです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の2点について、メディケア生命「メディフィットA(エース)」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:1,400円
女性:1,350円
評価A
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:1,910円
女性:1,480円
基本保障
(取り外しできない保障)
【入院給付金】
入院1日につき3000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
【手術給付金】
■手術Ⅰ型
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
■手術Ⅱ型
入院中:がん・心筋梗塞・脳卒中なら入院給付金の20倍or40倍。がん・心筋梗塞・脳卒中以外なら入院給付金の10倍or20倍。
(手術の内容によって保障額が変わります)
外来:入院給付金の5倍。
【放射線治療給付金】
放射線治療1回につき入院給付金の10倍。
【骨髄移植術給付金】
骨髄移植術1回につき入院給付金の10倍。
【骨髄ドナー給付金】
骨髄幹細胞の採取手術1回につき入院給付金の10倍。
評価A
特約(オプション)
(取り外しできる保障)
【先進医療特約】
先進医療の技術料実費と一時金が支給されます。
【入院一時金給付特約】
入院した際に一時金が支給されます。
【通院治療特約】
通院1日につき定額が支給されます。
【特定損傷特約】
骨折などの治療を受けたときに定額が支給されます。
【8大生活習慣病入院特約】
8大生活習慣病で入院した場合、入院給付金が上乗せされます。
【女性医療特約】
女性特有の疾病に対する保障が手厚くなります。
【特定疾病一時金給付特約】
3大疾病にかかった場合に、一時金が支給されます。
【特定3疾病保険料払込免除特約】
3大疾病にかかった場合に、以降の保険料支払いが免除されます。
【薬剤治療特約】
抗がん剤等の治療を受けた月に定額が支給されます。
【終身保険特約】
亡くなった場合に、一時金が支給されます。
【介護保障付終身保険特約】
亡くなった場合、もしくは要介護2以上に認定された場合に、一時金が支給されます。

保険料は安めで、選べるオプションは豊富です。少し前まで3大疾病に対する保障は若干薄めだったんですけど、改善されました。かなり手厚くなりました。

特にメディケア生命「メディフィットA(エース)」をぜひとも選択肢に入れてほしいのは、女性です。「女性医療特約」がかなり安心できる保障内容になっているんですよね(そして保険料も安いです)。

もうひとつ女性に対する保障が手厚い医療保険に三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」があります。こちらが特徴的なのは、出産や不妊治療を保障してくれる点にあります。

いまのところ、女性向けの保障が手厚い医療保険はこの2つがツートップでしょう。

医療保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

目次

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
入院給付金 入院1日につき3000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
手術給付金 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍。
外来:入院給付金の5倍。
【手術Ⅱ型】
入院中:1回につき入院給付金の10倍・20倍・50倍(手術の内容によって保障額が変わります)
外来:入院給付金の5倍。
1回の入院で入院給付金が支給される限度日数 30日間 or 60日間 or 120日間から選択可能。
保障期間通算で入院給付金が支給される限度日数 1,095日間
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、70歳まで、75歳まで、80歳まで、終身から選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 対面・郵送・ネット
健康相談サービス あり(ティーペック社と提携)

【メディケア生命「メディフィットA(エース)」】保障内容を評価します。

医療保険を選ぶ際には大切なのは、当たり前ですが保障内容です。

特に重要なのが特約(オプション)の種類。基本保障は生命保険各社同じような内容になるんですけど、特色が出るのが特約です。どんな特約があるか、自分の好み(?)に合う特約があるかっていうのが医療保険を選ぶ大きなポイントです。

【基本保障】入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金・骨髄移植術給付金・骨髄ドナー給付金

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は入院給付金を基本保障とするオーソドックスなタイプの医療保険なんですが、その基本保障の組み合わせを比較的自由に選ぶことができます。

まずは入院保障から。

名称 支給額 支給条件
入院給付金 入院1日につき3000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
※1回の入院の支払限度日数を30日型・60日型・120日型から選択可能。
入院1日につき支給

ここは他社の医療保険と同等ですが、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は入院保障に以下のオプションがあります。

特定3疾病入院無制限給付特則 以下の3疾病の入院保障を無制限に延長する。
・がん
・心疾患
・脳血管疾患
8大生活習慣病入院無制限給付特則 以下の8疾病の入院保障を無制限に延長する。
・がん
・心疾患
・脳血管疾患
・糖尿病
・高血圧性疾患
・肝疾患
・膵〈すい〉疾患
・腎疾患

他社にも入院保障の延長オプションはありますが、3大疾病だけだったり、8大疾病だけだったりと選択肢が狭いことがあります。どちらも選べるのはメリットですね。

ただ、入院保障の延長が本当に必要かというと検討の余地があります。現代の医療は入院は短期化していて、代わりに通院しながらの治療が長期化する傾向にあります。入院期間の平均は以下のとおりです。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日

参考にしたのは生命保険文化センターです。疾病別にまとめてあるので、一度ご覧ください。

平均からすると、入院期間が長期化するのは精神疾患です。あとは脳血管疾患が若干長引くくらいです。なので、

  • 入院の支払限度日数を60日型にする。
  • 入院の支払限度日数を30日型にして、特定3疾病入院無制限給付特則を追加する。

のどちらかで十分なのではというのが個人的な感覚です。

続いて入院保障以外の手術等の保障です。手術等の保障は「Ⅰ型」「Ⅱ型」「なし」の3タイプから選択できます。

タイプ 支給額
Ⅰ型 【手術】
入院中の手術:入院給付金の10倍。
外来の手術:入院給付金の5倍。
【放射線治療】
入院給付金の10倍。
【骨髄移植術】
入院給付金の10倍。
【骨髄ドナー術】
入院給付金の10倍。
Ⅱ型 【手術】
入院中の手術:1回につき入院給付金の10倍・20倍・50倍(手術の内容によって保障額が変わります)
外来の手術:入院給付金の5倍。
【放射線治療】
入院給付金の20倍。
【骨髄移植術】
入院給付金の50倍。
【骨髄ドナー術】
入院給付金の10倍。
なし 保障なし

保険料が安くなるのは全く保障のない「なし」ですが、それなりの費用がかかる手術の保障が全く無くなるのは不安です。少なくともⅠ型、余裕があればⅡ型といったところでしょう。

【重要です】先進医療特約

特約名 支給額 支給条件
先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。
・1回につき、一時金5万円支給。
先進医療を受けた場合。

先進医療の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

先進医療は健康保険適用外です。先進医療は高額な医療費が請求されることもありますが、その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約です。基本的には医療保険に入るならつけておいた方がいい特約です(2,000万円まで保障してくれます)。

それと、一時金5万円がちょっと何目的かわからないですよね。

先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。一時金5万円はその交通費・宿泊費等に使うお金です。

技術料は他社と同じ2,000万円まで支給ですが、一時金は各社で特色があります。一時金5万円は他社と比較し若干少額です。他社は交通費・移動費の実費支払いや、10万円程度の一時金を支払うことが多く、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は一時金はちょっと寂しいかなぁという印象です(とはいえ、これがメディフィットAを選ばない理由にはなりませんが)。

ちなみに、他社の先進医療特約は下記リンク先でまとめています。こちらもご参考に。

先進医療の保障で比較する医療保険。

【そんなに重要じゃありません】入院一時給付特約

特約名 支給額 支給条件
入院一時給付特約 1回の入院で最高20万円(1万円単位で選べます) 入院したとき。

入院一時給付特約をつけておけば、日帰り入院でも入院すれば必ず一時金を受け取れます。手持ちの現金がやや少なめ…といった方に役立つ特約です。

例えば、2泊3日の入院だと

・基本保障だけだと3日分の入院給付金しかもらえない。入院給付金日額5,000円だと。15,000円。これだけだと、入院するのに必要な日用品購入すら足りないかも…。

・短期入院定額保障をつけておくと追加で50,000円もらえる。2泊3日の入院で入院給付金と合わせて65,000円もらえたら、割と豪華な入院ができそう。

といった感じですね。短期の入院でも、日用品や交通費がそれなりにかかります。入院で赤字になりたくない方はぜひご検討を。40歳男性で「入院一時給付特約」を5万円でつけると保険料が485円上がる程度なので、他社と比較しても高くはありません。気になる方はつけても良い特約です。

【そんなに重要じゃありません】8大生活習慣病入院特約

特約名 支給額 支給条件
8大生活習慣病入院特約 入院1日につき2,000円~5,000円の範囲で選択可能。 8大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患、膵疾患)で入院したとき。

8大生活習慣病で入院した場合、入院給付金が増額される特約です。入院中に自己負担となる差額ベッド代や食事代の補填が主な用途ですね。入院1日あたりの費用平均が23,000円というデータがあるので、手持ちの現金が少なめの方はつけておいても良い特約です。

ちなみにですが、毎月支払う保険料を少しでも安くしたいけど、8大生活習慣病が怖い人、8大生活習慣病にかかりそうな予感(?)がある人は基本保障の入院給付金を低額に抑えて、「8大生活習慣病入院特約」をつけるということもできます。例えば、

入院給付金5,000円で8大生活習慣病入院特約5,000円⇒保険料1,475円/月
入院給付金10,000円⇒保険料1,910円/月

40歳男性を例にするとこんなかんじです。8大生活習慣病で入院した場合の支給額はどちらも10,000円ですが、毎月支払う保険料は500円程度の差があります。

しかし、繰り返しになりますが現在は入院が短期化しており、代わりに通院が長期化しています。実は入院ってそんなに長引かないんです。なので、優先度が高いのは通院特約の方でしょう。

【女性にとっては超重要】女性医療特約

特約名 支給額 支給条件
女性医療特約 【入院型】
入院給付金:入院1日につき2,000円~5,000円の範囲で選択可能。
【入院・手術型】
入院給付金:入院1日につき2,000円~5,000円の範囲で選択可能。
女性特定手術給付金:入院給付金の30倍
乳房再建術給付金:入院給付金の100倍
がん・女性特有の疾病(女子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症、異常分娩、鉄欠乏性貧血、低血圧症、リウマチ、膀胱炎、胆石症、メニエール病、骨粗しょう症など)による入院、女性特定手術・乳房再建術

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の最大のストロングポイントは、女性特有の疾病の保障が手厚い点にあります。世の中には「〇〇医療保険Lady’s」といった女性向けの医療保険が多々ありますが、医療保険を探している女性ならメディケア生命「メディフィットA(エース)」は間違いなく候補に入れておいた方がよいです。

特筆すべきは「入院・手術型」を選べば、乳房再建手術に一時金が支給される点です。乳房再建術は健康保険適用対象ですが、美容的な手術は健康保険が効きません。女性であれば、見た目も気になりますよね…。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は乳房再建術に対して入院給付金の100倍が一時金として支給されます。入院給付金が5,000円なら50万円です。50万円あれば…。

女性にとって女性特有の疾病はかなりメンタルのダメージが大きいです(と、僕の奥さんが言ってました)。お金の面だけでも安心できるなら、女性医療特約の入院・手術型はつけておいて良いでしょう。保険は安心を引き受ける役割もあります。

ちなみに、奥さんが「必要!つけたい!」と言ったなら、旦那さんは絶対に反対しないように。

【重要です。そして優れています】通院治療特約

特約名 支給額 支給条件
通院治療特約 通院1日につき1,000円~5,000円の間で1,000円単位で選択可能。 入院給付金が支給され、退院後に通院した場合。

通院の保障は他社の医療保険より優れています。特にがんの通院保障が手厚いです。

現在は入院を極力短期間にして、自宅療養と通院で治療する病院が増えています。通院特約はつけておいたほうがよいでしょう。

また、メディケア生命「メディフィットA(エース)」の通院特約はかなり優れています。メリットは以下のとおり。

  • 【GOOD!】通院給付金の金額が自由に選択できる。他社は固定額(5,000円程度)、もしくは入院給付金と同額となるケースあり。
  • 【VERY GOOD!!!】がんの場合は退院後5年間の通院が保障対象。さらに、通院給付金の支払限度日数は無制限。

特に重要な2点目を説明します。

一般的な医療保険の通院特約は退院後180日以内の通院のみ保障、支払限度日数は30日(つまり、退院から180日間以内で30回の通院のみ保障)といった内容が多いです。これは転移や再発で治療が長引くがんも同じです。

しかし、メディケア生命「メディフィットA(エース)」はがんの場合は、退院後5年間の通院が保障され、支払限度日数が無制限になります。つまり、退院してから5年間は通院した日数だけ無制限に通院給付金が支給されます。

最近のがん治療は入院を短期化し、自宅療養で通院しながら治療していく傾向にあります。周囲を見渡しても、働きながら、自宅療養しながら、長期間がん治療を継続する方が多くはないでしょうか。

5年です。5年あれば、なんとかなりそうな、もしくはあきらめがつきそうな気になりませんか?

5年間に渡って面倒をみてくれる医療保険はなかなかありません。通院特約の一点だけみても、メディケア生命「メディフィットA(エース)」を選択する価値はあります。

ちなみに、がん以外の通院は他社と同じく退院後180日間・支払限度日数30日になります。

【重要です】特定疾病一時金給付特約・特定3大疾病保険料払込免除特約

特約名 支給額 支給条件
特定疾病一時給付特約 10万円~100万円の間で10万円単位で選択可能。一時金として支給される。 【がん保障型】
1回目:がんと診断されたとき。
2回目以降:がんで入院したとき。
【特定3疾病保障型】
■がん
1回目:がんと診断されたとき。
2回目以降:がんで入院したとき。
■心疾患
・急性心筋梗塞の場合は入院、もしくは手術を受けたとき。
・急性心筋梗塞以外の場合は20日以上の入院、もしくは手術を受けたとき。
■脳血管疾患
・脳卒中の場合は入院、もしくは手術を受けたとき。
・脳卒中以外の場合は20日以上の入院、もしくは手術を受けたとき。
特定3疾病保険料払込免除特約 以降の保険料支払いが免除される。

ちょっと前まで3大疾病に対する一時金保障はメディケア生命「メディフィットA(エース)」の弱点だったんですけど、リニューアルされてかなり改善されました。特定疾病一時給付特約は他社と比較してもトップレベルの保障と言っていいです。特徴は以下の4点です。

  • 【GOOD】支給間隔が1年に1回(他社は2年に1回の場合あり)。支給回数無制限保障。
  • 【GOOD】上皮内がんも保障対象。
  • 【GOOD】心筋梗塞・脳梗塞だけでなく、幅広い心疾患・脳血管疾患を保障対象にしていること。
  • 【BAD】がんの2回目以降の一時金支給条件が入院。

他社の医療保険は2年に1回しか一時金が支給されないことが多いです。2年は長いですよね。がんで再発・転移を繰り返した際に、

「あ、次は2年後で!2年間がんばって!」

ってあっさり言われたらガン悪化しますよ。その点、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は1年に1回支給されます。なんとかやっていける間隔ですよね。

また、上皮内がんという初期のがん(サッと手術で切り取ってしまえば完治する可能性が高いと言われてます)が保障対象となっている点も評価できます。古い医療保険・がん保険だと保障対象外になっていることもあります。

それと、他社の医療保険は心疾患・脳血管疾患の一部である心筋梗塞・脳梗塞のみ保障対象になっていることが多いのですが、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は幅広く心疾患・脳血管疾患を保障対象としています。この点も優秀です。

ちょっと残念なのが、がんの2回目以降の支給条件が「入院」である点でしょうか。通院だけの治療では保障されません。他社には1回目と同じく診断だけで保障されることもあります。まぁでもこの点は「診断」条件となっている医療保険・がん保険が素晴らし過ぎるだけであって、「入院」条件は一般的。悪くはありません。

まとめると、特定疾病一時給付特約はかなり優れています。保険料も安めで保障内容もしっかりしています。メディケア生命「メディフィットA(エース)」に加入するなら、つけておきたい特約です。

また、特定3疾病保険料払込免除特約もありますが、そもそも保険料が安いので特に必要はないでしょう。特定3疾病保険料払込免除特約は有料オプションなので、つけると毎月支払う保険料が上がります。

ちなみに、他社の3大疾病保障は以下のリンク先にまとめています。こちらもご参考に。

3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の保障で比較する医療保険

【そこそこ重要です】薬剤治療特約

特約名 支給額 支給条件
薬剤治療特約 1万円~30万の間で1万円単位で選択可能。薬剤治療を受けた月に1回支給される。 【抗がん剤型】
がんの薬剤治療を受けたとき。
【支払対象薬剤Ⅰ型】
がん・心疾患・脳血管疾患の薬剤治療を受けたとき。

メディケア生命には「メディフィットEX」というおくすりの保険があるんですけど、それを医療保険でも選べるようにしたのがこちらの特約。他社にも抗がん剤治療を保障する医療保険はありますが、心疾患・脳血管疾患の薬剤治療を保障するタイプは僕が知っている限り初です。

保障内容は優秀です。他社の抗がん剤治療特約との違いは支給回数です。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」:支給回数無制限
他社:支給回数に制限あり(120回程度)

他社は支給回数に限度があるタイプが多いんです。とはいっても、支給限度120回だと10年以上抗がん剤治療を受けた場合に限度に達する(抗がん剤治療を受けた月に1回支給)ので、ケースとしてはレアですが、メディケア生命「メディフィットA(エース)」の無制限保障は安心できます。

ところで、抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがんを切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがんを切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。長引くのは2のケースですね。

2のケースだと働くこともままならず、収入減もあり得ます。さらに、抗がん剤治療はなかなかのお値段。高額医療費制度の満額まで使い切ることも考えられます。気になる方はつけておいても良い特約です。

【重要じゃありません】終身保険特約・介護保障付終身保険特約

特約名 支給額 支給条件
終身保険特約 30万円~300万円の範囲で選択可能。
※10万円単位
死亡・高度障害時
介護保障付終身保険特約 30万円~300万円の範囲で選択可能。
※10万円単位
・死亡・高度障害時
・要介護2以上に認定されたとき

終身保険特約・介護保障付終身保険特約は他社の終身保険より若干保険料が高めです。一例をあげると、

FWD富士生命「E-終身」:14,691円/月
メディケア生命「メディフィットA(エース)」:15,810円/月
※45歳男性・保険料払込期間60歳まで・保険金額300万円

となります。

医療保険と終身保険をひとつにまとめられることで、手続きが楽になるメリットはあります。しかし、単体で終身保険に加入した方が保険料は安くなる可能性が大きいですし、死亡保障が欲しいなら、さらに保険料が安い定期保険や収入保障保険という手段もあります。

また、医療保険いらない!となって解約するときに、せっかくコツコツ貯めてきた終身保険も解約になってしまいます。メディケア生命「メディフィットA(エース)」で死亡保障に備える必要性はあまり感じられません。

【重要ではありません】特定損傷特約

特約名 支給額 支給条件
特定損傷特約 5万円~10万円の範囲で選択可能 骨折、関節脱臼、腱・靱帯・半月板の断裂、骨粗しょう症などの病気による骨折、き裂骨折(ひび)の治療を受けたとき。

他社にはなかなか見られない特約です。

交通事故やスポーツでの事故によるケガを保障する特約です。激しいスポーツする人にとっては重要かもしれませんが、そうでなければ必要性は薄いでしょう。支給額も5万円~10万円とお小遣い程度です。

まとめます。

僕がメディケア生命「メディフィットA(エース)」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 入院保障:5,000円(60日型・延長保障なし)
  • 手術等保障:Ⅰ型
  • 特約:先進医療特約、通院治療特約(5,000円)、特定疾病一時給付特約(50万円)

この保障内容で毎月支払う保険料は40歳男性3,742円、40歳女性3,235円です。

女性医療特約(入院・手術型で入院給付金5,000円)をつけると、女性の保険料は3,950円になります。保険料は他社と比較し、高くありません。優秀です。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」のメリット

メディケア生命「メディフィットA(エース)」ここがポイント!
  • 【check】入院給付金の支払い限度日数を無制限にできる。
  • 【check】先進医療特約が終身タイプ。
  • 【check】がんの通院が5年間保障される。
  • 【check】無料で利用できる健康相談サービスあり。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は入院給付金の支払い限度日数を無制限にできる。

入院給付金の支払い限度日数は以下の3タイプから選択できます。

特則適用なし 病気の種類にかかわらず入院給付金の支払い限度日数延長はなし。保障期間通算1,095日まで。
(通常はこのタイプになります)
特定3疾病入院無制限給付特則 特定3疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)による入院給付金の支払い限度日数を無制限に延長。
8大生活習慣病入院無制限給付特則 8大生活習慣病(がん、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、膵疾患、肝疾患)による入院給付金の支払い限度日数を無制限に延長。

選択肢の広さはメリットでしょう。他社だとそもそも延長できなかったり、8疾病のみ延長できたりと、選択肢が狭くなることが多いです。

しかし、繰り返しますが入院日数の平均は以下のとおりです。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日

参考にしたのは生命保険文化センターです。平均から見ると、入院日数が長くなるのは認知症、統合失調症、アルツハイマー病等の精神疾患です。8大生活習慣病は入院が長引くことは少なく、通院して治療を続けるケースが多いようです(脳血管疾患は若干入院が長引くことが多いです)。

従って、無制限にするほど長い入院給付金支給が必要かは検討する余地があり、入院給付金の支払い限度日数は「特則適用なし」としておき、通院治療特約を追加して通院治療の保障を手厚くしておくのが、現在の医療状況には合っています。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は先進医療特約が終身タイプ。

先進医療特約が終身タイプの場合、先進医療特約の部分にかかる保険料が一生涯上がりません。

「あれ、だって医療保険が終身タイプなんだから、先進医療特約だって終身タイプでしょ?」

って思われるかもしれませんが、先進医療特約のみ保険料が上がっていく定期タイプを採用している医療保険もあります。

なぜ先進医療特約だけ定期タイプにするのか。それは将来的に先進医療が普及して保険金の支払い額が大きくなると、保険料を上げないと生命保険会社が赤字になるからです。

現状は毎月100円程度で先進医療特約をつけられますが、10年後・20年後には10倍・100倍になっている可能性もあります(健康保険が弱体化しているので十分可能性ありです)。終身タイプなら、保険料は一生涯変わりません。

そう考えると、メディケア生命「メディフィットA(エース)」の先進医療特約は終身タイプ。安心してつけれるオプションです。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」はがんの通院が5年間保障される。

これは先述の通院治療特約のことです。がんだと通院が5年間通院日数無制限で保障されます。

繰り返しますが、現在の医療だと入院は短期化しており、自宅療養と通院で治療することが多くなっております(厚生労働省)。がんは治療が長引きやすく、5年間保障があれば安心できますよね。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は無料で利用できる健康相談サービスがある。

実はこれ、けっこう大きなメリットです。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」はティーペック社と提携して、以下のサービスを無料で加入者に提供しています。

  • 日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介。
  • 医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談。

セカンドオピニオンっていうのは主治医以外のお医者さんから意見を聞くことです。患者が主治医を選ぶってなかなか難しいですよね。たまたま手が空いていたお医者さんが主治医になり、私たちを診断するケースが多いでしょう。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は日本の名医を紹介し、セカンドオピニオンを聞く機会をつくってくれます。セカンドオピニオンで助かる命があることも事実です。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」のデメリット

メディケア生命「メディフィットA(エース)」ここにご注意!
  • 【check】入院1回のカウント方法がちょっとずるい。

一般的な医療保険では

  • 右足のケガで30日入院した。
  • 退院してすぐに今度は左手のケガで50日入院した。

といった場合、原因が違うので別々の入院とカウントされます。1回の入院で入院給付金が支給される限度日数を60日として契約した場合、別々の入院とカウントされるので、右足のケガ30日分と左手のケガ50日分の合計80日間分の入院給付金が支給されます。

しかし、メディケア生命「メディフィットA(エース)」は同じ入院とカウントしてしまいます。つまり、60日間分の入院給付金しか支給されません。

この点は注意です。若いうちは連続してケガや病気をすることは少ないと思いますが、特に歳を重ねて身体が弱くなってから困ってしまいます。覚えておきましょう。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の評価

評価:A(S、A~Cで判定)。

もともとメディケア生命「メディフィットA(エース)」は3大疾病の保障がイマイチだったんですけど、直近の改定でだいぶ改善されました。「メディフィットA(エース)」でググると、3大疾病の保障が弱いと書かれたサイトが検索されるかもしれませんが、それは古い話。現在はそうでもありません。

いま発売されている医療保険のなかではトップクラスの保障内容です。女性特有の疾病に対する保障も手厚く、若い女性から中高齢の女性まで幅広く安心して加入できる医療保険です。よって評価は「A」でしょう。

で、どっかで似たような医療保険見たことあるなぁと思いながらこの記事書いてますが、わかりました。はなさく生命「はなさく医療」です。保障内容比較してみるとわかりますが、かなり「はなさく医療」に寄せてきてます。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」を検討されている方は、はなさく生命「はなさく医療」と比較してみてください。はなさく生命なんて聞いたことない方が大半かと思いますが、親会社は日本生命です。こちらもバックに大手がついてます。

また、女性なら三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」も比較対象になります。こちらが特徴的なのは、出産や不妊治療を保障してくれる点。これから出産を迎える若い方に向いている医療保険です。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」の相談をするなら。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」は全国の保険ショップで取り扱ってます。メディケア生命はここのところ伸びまくっているので、ご近所の保険ショップでも取り扱っているはずです。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちメディケア生命やってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップがメディケア生命を取り扱っているか確認しておきましょう。手堅いのは保険見直し本舗です。

【オンライン相談も可能です!】保険見直し本舗

  • 全国300ヵ所以上の窓口で対面で相談できます。もちろん相談は無料です。
  • オンライン相談も可能です。自宅でかんたんに相談できます。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。選択肢の広さが魅力です。

保険見直し本舗

全国300ヶ所以上に展開する保険見直し本舗。ショッピングモールだとか、大きめのデパートとか、いまや至るところで見かける保険ショップです。

コンプラ厳守で無理な勧誘はありません。個人情報も国際認証基準(ISO)に基づいて管理されています。保険の契約実績は100万件を超えてますし、あらゆる状況の家庭から保険相談を受けてます。経験がものを言う保険相談のなかでは、ピカイチの実績ではないかと。

予約は簡単です。まずは相談方法を下記の3つから選びます。

  • 店舗(最寄りの店舗に相談者が訪れて相談)
  • 訪問(保険見直し本舗のスタッフが自宅やカフェ等の指定場所に訪れて相談)
  • オンライン

オンライン相談可能な点が魅力的ですよね。どこかに行く必要もなく、スタッフが自宅にくることもなく、安全に気軽に相談できます。

続いて相談に必要な情報を入力します。具体的には

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こんな情報です。相談したい内容もざっくりと入力できます(任意ですが入力しておいた方がいいです)。

これで予約は完了。ほんとに30秒で予約できますよ。

実際に利用した方々の口コミはこんな感じです。

口コミの評価は概ね上々です。僕も長いこと保険業界の端っこにいますが、保険見直し本舗の悪い噂は聞いたことない。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。選択肢の広さが嬉しいですよね。この記事でご紹介したメディケア生命・はなさく生命・三井住友海上あいおい生命の3社とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険見直し本舗

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

ご注意。

メディケア生命「メディフィットA(エース)」はネットからでも入れますが、ネットだけの情報で入るのは若干危険です。

医療保険は保障内容が複雑です。いざ病気やケガになったとき

「こんなはずじゃなかった…」

って後悔することは実際に起こり得ます。医療保険がサポートされない病気やケガにかかってしまったときですね。

そんなことにならないためにも、対面でじっくりと説明を受け、納得してから医療保険に加入するようにしましょう。対面でも契約しても、ネットで契約しても、毎月支払う保険料は同じです。対面で説明を聞くと保険料が高くなるなんてことはありません。だったら、しっかり説明を聞いて納得してから申し込んだ方が安心感ありますよね。

実のところ、ネットからの生命保険契約数は伸び悩んでいます。ネットだけの情報で生命保険に入ることに不安を覚える方はけっこういます。

まとめ

公式サイト:メディケア生命「メディフィットA(エース)」

直近で大きな保障内容の改定があり、かなり良い医療保険になりました。弱点だった3大疾病の保障もグッと改善されています。

3大疾病の一時金は1年に1回で回数無制限支給。がんの通院も5年間無制限保障。さらに女性には、

  • 乳がんの手術に対する手厚い保障。
  • 乳房再建術に対する特別な一時金。

といった保障もオプションでつけることができます。オールマイティに保障される医療保険ですね。

ただし、メディケア生命「メディフィットA(エース)」を検討されている方は、はなさく生命「はなさく医療」とも比較してみてください。両者の保障内容はかなり似通っています。両者の保障内容・保険料を比較してみて、

「これだ!」

と思う方を選ぶのが賢い決め方です。

とはいえ、医療保険の比較なんて面倒だし、よくわかんなないですよね。面倒でよくわからないことは専門家に頼りましょう。メディケア生命「メディフィットA(エース)」とはなさく生命「はなさく医療」は全国の保険見直し本舗で相談できます。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 森ひとみ より:

    口コミではこちらの保険、支払いが悪いというのをよくみるのですが実際どうなんでしょうか。
    ちょっと不安なので今回は別にがん保険だけ加入しようと思っていますが
    年齢があがれば月額もあがっていくので最安のプランででも入っておこうか迷っています。
    現在リニューアル予定とのことで資料請求ができないようなので
    リニューアルされたらぜひこちらでの考察をお伺いしたいです!
    それまで加入は保留にしておきますw

    • nejio より:

      森ひとみ様

      コメントありがとうございます!
      ご参考になれば幸いなのですが、↓のリンク先で生命保険協会が各生命保険会社の苦情件数を集計しています。

      https://www.seiho.or.jp/member/complaint/

      メディケア生命は個人保険保有契約件数950,913件に対して、苦情件数が1,637件。単純に割り算すると苦情率は0.17%です(1,637件/950,913件)。
      同じ計算を何社かでしてみると、

      ライフネット生命:0.82%(3,483件/421,073件)
      はなさく生命:0.79%(885件/111,206件)
      オリックス生命:0.46%(22,552件/4,844,172件)
      ネオファースト生命:0.28%(1,068件/379,944件)

      ということで、メディケア生命は他社と比較して苦情が多いということはないようです(むしろ苦情が少ないくらい)。

      また、メディケア生命の苦情内訳で保険金関係は19.5%です。
      これも他社と比較してみると高くはありません。

      なので、メディケア生命の保険金支払いに不満を持った一部の人たちの口コミが大きくなり過ぎているのかもしれません。
      そこまで口コミを気にする必要はないかと思います。

      いずれにせよ、メディフィットAはリニューアル予定なので契約はちょっと待った方がよさそうですね!