【実名入り】結婚したら旦那を入れておきたいおすすめ生命保険。

良妻賢母
結婚したらやっぱり生命保険ちゃんと考えておかないとなぁ。独身時代に入ったやつそのままでいいのかなぁ…

結婚して落ち着いてきたら早めに考えておきたいのが生命保険。いままでは1人で気楽だったものの、これからは2人分のリスクを分け合うことになります。なにかあった場合にお互い助け合える相手はできましたが、リスクも2倍に増えてます。

とはいえ、いたずらに不安になる必要はありません。

  • まずは社会保障が何をしてくれるのかを知る。
  • 独身時代に加入した生命保険を見直す。
  • 無駄な生命保険はバッサリ削減。足りない保障は新たに追加。

保険のプロに相談しながら、こんな流れで進めていけば自ずと筋肉質な生命保険にたどり着けます。そんなに難しいことではありません。

保険見直しラボなら無料で保険の相談ができます。

特に重要なのは一家の大黒柱となる旦那さんへの保障内容です。結婚してすぐに旦那さんの身に何かが!なんてことは考えたくもありませんが、起こる可能性はゼロとは言えません。何かしらの準備は必要ですよね。

この記事では新婚さんに僕がおすすめしている生命保険について整理してみたいと思います。

保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

目次

【皆さんは手厚く守られています】まずは社会保障について知っておく。

意外と知られていないのが日本の社会保障は手厚いという事実です。特に知っておきたいのは以下の3つです。

  • 高額医療費制度。
  • 傷病手当金。
  • 遺族年金。

【高額医療費制度】医療費の上限はある程度決められています。

健康保険にさえ加入していれば、どんなに医療費がかかったところで、個人が払う上限はある程度決められています(高額医療費制度と言います)。

具体的には下表のようなかんじですね。年収によって医療費の上限額が決められています。
(以降、69歳以下についてのみ記載します)

年収 上限額
年収約1,160万円~ 252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円 167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370~約770万円 80,100円+(医療費-267,000)×1%
~年収約370万円 57,600円
住民税非課税者 35,400円

例えば、年収450万円の世帯が、月の医療費60万円かかった場合、

80,100円+(600,000円‐267,000円)×1%=83,430円

83,430円が毎月支払う医療費の上限となります。

さらに、過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から上限額が下がります。

年収 上限額
年収約1,160万円~ 140,100円
年収約770~約1,160万円 93,000円
年収約370~約770万円 44,400円
~年収約370万円 44,400円
住民税非課税者 24,600円

先ほどの例と同じく年収450万円世帯の場合、上限は44,400円です。

ただし、この高額医療費制度は自己申告制です。自分で申請しないと医療費は戻ってきません(知らずに損している人はきっと多いと思います)。

高額医療費制度の詳細は↓に書いてます。こちらもご参考に。

高額医療費制度について

【要注意】高額医療費制度(健康保険)の適用範囲外も知っておきましょう。

ただし、高額医療費制度(健康保険)は以下が適用範囲外となります。

  • 差額ベッド代(個室代)
  • 交通費
  • 入院中の生活雑貨
  • 公的保険では対象外の医療技術、薬、器具

上記の費用は全額自己負担です。高額医療費制度の対象には含まれません。万が一の事態が発生した場合の費用は多少多めに見積もっておくことが必要です。

【傷病手当金】健康保険に加入していれば働けなくなっても1年6ヶ月は安心です。

健康保険法等を根拠に、疾病または負傷により働けなくなった場合に支給されるのが傷病手当金です。

受給するには以下の4つの条件を全て満たすことが必要です。

受給条件

(1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
(2)仕事に就くことができないこと
(3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
(4)休業した期間について給与の支払いがないこと

業務中の病気やケガは労災の休業補償でカバーされます。業務外の病気やケガで働けなくなったケースをカバーするのが傷病手当金ですね。

傷病手当金については↓に詳しく書いてます。

傷病手当金について。

働けなくなったらまずは傷病手当金が1年6ヶ月支給されるということを覚えておきましょう。

ただし、傷病手当金が支給されるのは会社員の方のみです。自営業・フリーランスの方は支給されないことに注意です。

【遺族年金】年金が支給されるのは老後だけではありません。

年金保険料をしっかりと支払っていれば、万が一旦那さんが亡くなった場合に、残された家族へ毎月年金が支給されます。

ただし、遺族年金は支給条件が複雑です。亡くなれば即時に支給されるわけではありません。

  • 年金保険料を支払っている期間の条件を満たす必要がある。
  • 子供がいないと支給されない。

ざっくりですが、こんな支給条件があります(細かい支給条件はかなり複雑です)。

なので、結婚してすぐに夫が亡くなったとしても、遺族年金はアテにできないと考えた方が良いでしょう。結婚して専業主婦・主夫になるような場合、民間の生命保険に加入しておいた方が安心ですね。

遺族年金については↓に書いています。こちらもご参考に。

遺族年金について。

子供が生まれるまでは、一家の大黒柱が働けなくなるリスクに備えておけば十分。

最も怖いリスクは旦那さんが働けなくなるリスクではないでしょうか。傷病手当金の支給は1年6ヶ月まで。1年6ヶ月を過ぎれば、奥さんの収入で旦那さんを養っていくことになります(状況によっては障害年金が支給されるかもしれません)。

奥さんの収入で少なくとも2人分の生活費、そしていずれは子供の生活費まで養っていかなければならなくなります。

ちょっと荷が重いですよね…。

長期の働けない期間に備える就業不能保険。うつ病も支払い対象になる保険もあります。

そんなとき頼りになるのが就業不能保険です。

就業不能保険とは、働けなくなるリスクに備える保険です。

就業不能保険は働けないと認定されれば、毎月定額を長期間に渡って受け取ることができます。例えば、

・働けない状態が続いたら、60歳まで毎月20万円が支給される。

といったように。毎月定額を受け取れるのは計画も立てやすく、安心できますよね。

特に結婚と同時に家のローンを組んでいた場合は就業不能保険の重要性は増してきます。ローンを組むときに強制的加入させられる団体信用生命保険は死亡保障です。働けなくなった場合はローンの支払いが続いていきます。

就業不能保険については↓に詳しく書いてます。こちらもご参考に。

就業不能保険について。

毎月の保険料は3,000円程度となることが多いようです。そんなに高くはありません。

また、就業不能保険は働く世代の大敵、うつ病も支給対象になる場合があります。メンタル弱めの方は、うつ病が支給対象に含まれるかもチェックしておきましょう。

余裕があったら早めに貯蓄性のある死亡保険に加入しておく。

亡くなった場合に備える保障が死亡保険です。

基本的に死亡保険は子供が生まれてからで遅くはありません(むしろ、子供が生まれたら死亡保障は絶対に必要です)。ただし、以下に当てはまる場合は検討してもよいでしょう。

  • なかなかお金を貯められない夫婦。
  • 結婚してすぐに専業主婦・主夫となった夫婦。

生命保険の保険料支払いは半ば強制的ですので、貯められない夫婦にとってはもってこいです。現状だと銀行預金より利率が良い終身保険(貯蓄性があります)があるので、預金代わりに検討してもいいかもしれないですね。

また、夫婦どちらかに経済的に依存してしまう場合は、死亡保険に加入していた方が安心でしょう。万が一のことがあって再び働きだしたとしても、生活水準は下がってしまいますよね。一度上げた生活水準を下げるのはかなりつらいものがあります。

そもそも死亡保険には何があるの?

死亡保障のある保険に以下の3つがあります。概要を表にします。

保障内容 保険料 貯蓄性 死亡時の保険金受け取り方
終身保険 死亡保障 高い あり
(解約時に戻ってくる)
一括
収入保障保険 死亡保障
(働けなくなった場合を保障するタイプもあり)
安い なし 分割(年金方式)
※一括で受け取れれる場合あり。
定期保険 死亡保障 真ん中 なし 一括
※年金方式で受け取れる場合あり。

終身保険:掛け捨ての保険なんてありえない!保険料が高くなってもいいから、貯蓄性のある生命保険に入りたい!

定期保険:保険料はとにかく安く!万が一の場合には、まとまったお金が必要になる(ローンや借金の返済?)。

収入保障保険:保険料はとにかく安く!でも、万が一の場合に、一括で大金を受け取るのがちょっと不安。年金みたいに毎月定額で、少しづつ受け取りたい。

ニーズごとに分けると、こんなかんじです。

貯められない夫婦には貯蓄性のある終身保険がおすすめです。保険料は高めですが、満期を迎えれば支払った保険料に多少の利息が上乗せされて戻ってきます。

また、専業主婦の方が旦那さんに死亡保険をかけるなら、保険料が安めで、万が一の場合は毎月定額を受け取ることができる収入保障保険がおすすめです。

万が一の場合に、一度に大きな金額を受け取れる定期保険もありますが、一気に大きな金額が手に入ると扱いに困ってしまいますよね。気持ちが大きくなって、ムダな買い物をしてしまうかもしれません。

【旦那さんは必見】奥さんの医療保険・がん保険は重要です。

高額医療費制度があるおかげで、医療費の上限はある程度決まっています。

しかし、重い病気にかかると医療費以外の費用もけっこうな額になります。貯金がまだ少ない若い夫婦にとってはちょっと心配ですよね。

また、重い病気にかかると収入が激減する可能性も出てきます。医療費が嵩んでいく上に、収入が激減するダブルパンチは避けておきたいですよね…。

なので、余裕があれば医療保険・がん保険への加入は検討しても良いでしょう。

特に、医療保険・がん保険は奥さんの意見を尊重しましょう。女性はがんに対する不安がかなり強いです(僕の奥さんがそうです)。奥さんが言うには、お金のことを気にせずにがんの治療に専念できる!っていう安心感が大切だそうです。

医療保険・がん保険は厳選すれば毎月1,000円程度の保険料で加入することもできます。奥さんのがんに対する不安が和らぐなら、毎月1,000円の保険料なんて安いものです。奥さんが入りたいって言ったら旦那さんは反対してはいけません。

【新婚だから備えておきたい】不妊治療に対する保険について。

特に若い夫婦におすすめなのが、不妊治療を保障対象とする医療保険です。

不妊治療にかかる費用の平均は190万円だそうです。けっこう大きな金額ですよね。

地方自治体の助成制度もありますが、金額は微々たるもの。不妊治療全額を賄うには全く足りていません。

例えば、東京の助成制度はこんなかんじです。

そこで、民間の医療保険の出番です。ごく少数ではありますが、不妊治療を保障対象としている医療保険があります。不妊治療だけではなく、出産や女性特有のがんまで保障対象になっています。女性にとっては安心できる保障内容ですよね(具体的にはこの後すぐ書きます)。

まとめ 実名で明かす僕が新婚の25歳なら選びたい保険

まとめです。もし僕が結婚したばかりの25歳男性なら、こんなかんじの保険を選びます(奥さんも25歳で共働きの想定)。

保険 保障内容 毎月支払う保険料
アクサダイレクト生命「働けないときの安心」
(就業不能保険)
保障額:10万円/月
保障期間:60歳まで
※働けなくなるリスクに備える保険
旦那:1,550円
マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」
(終身保険)
保障額:500万円
※貯蓄性のある死亡保険。
旦那:9,030円
三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」
(医療保険)
保障額:日額5,000円プラン
保障期間:終身
特約:先進医療、女性サポート給付金
嫁:7,268円

これで毎月支払う保険料総額は16,453円です。ちょっと高く見えますが、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は貯蓄性があるので、実質的な掛け捨てとなる保険料は8,818円です。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は、その名の通り働けなくなるリスクに備える保険です。働けないと認定される条件を満たせば毎月10万円支給されます。さらにメンタル疾患も保障対象になっているので、プレッシャーに晒されている働く世代にはうれしいですよね。

また、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は満期を迎えたあとに解約すると、支払った保険料に利息が上乗せされ、解約返戻金として戻ってきます。さらに、満期を迎える前に3大疾病となった場合は、一気に解約返戻金が増額されます。つまり、3大疾病となって即解約すれば、解約返戻金で医療費を賄うこともできてしまいます。

  • 万が一のことがあった場合は死亡保険として使える。
  • 満期を迎えた後に解約すれば、解約返戻金を老後の資金に使える。
  • 満期を迎える前に3大疾病となった場合は、医療保険・がん保険代わりに使える。

といったように、いろいろな使い方ができてしまうのがマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」です。

最後に、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は「女性サポート給付金」というオプションをつければ、不妊治療が保障対象となっている珍しい医療保険です。不妊治療だけでなく、出産や女性特有のがんも保障対象となるため、女性にとってとても心強い保障内容になっています。

しかし、「女性サポート給付金」をつけると保険料は上がってしまいます。若いうちだけ三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」に加入しておき、子供ができて歳をとったら、保険料の安い他社の医療保険に変更するといった使い方が賢いですよね。

最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

生命保険の相談は生命保険会社の営業職員、または銀行の窓口でできますが、おすすめは保険ショップかファイナンシャルプランナー(FP)です。

理由は以下に書いています。

複数の生命保険を比較でき、保障内容をしっかり説明してくれるのは保険ショップかFPだけです。嫌になるほど複雑な保障範囲も、わかりやすく教えてくれますよ。

相談は無料ですし、相談したからってFPが提案した保険に加入しなければならないってことはありません。FPの提案に納得できなければ、何もしないで帰宅してしまってOKです。

おすすめ生命保険の無料相談窓口。保険ショップ・ファイナンシャルプランナーを探すならこちら。

僕が周りの友人におすすめしている生命保険の相談窓口です。保険ショップやファイナンシャルプランナーをお探しならここが便利ですよ。

各社共通なのは十分時間を取って相談に乗ってくれること。そして相談は無料であること。

相談したら保険に絶対入らなければいけないってこともないし、タダなんだから軽い気持ちで行ってみたら?くらいの感じで友人にはすすめてます。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする