【評価C】アフラックの就業不能保険「給与サポート保険」デメリットと評価

入院・在宅療養・障害等級が保障対象になるのは平均的だけど、メンタル疾患が保障対象外だし現在のニーズからはちょっと遅れてるかも…、そして保険料は安くないなあという印象のアフラック「給与サポート保険」。

テレビのCMでよく見かけるので

「なんとなく良さそう」

という印象を受けてしまいますが、働けなくなるリスクに備えられる就業不能保険を発売しているのはアフラックだけではありません。他社の就業不能保険との比較は必須と感じます。

アフラック「給与サポート保険」ここがポイント
  • 働けなくなるリスクをカバーする就業不能保険です。
  • 保険料は掛け捨てですが、他社と比較して安いとは言えません。
  • メンタル疾患は保障対象ではありません。
  • 症状が改善しても最初の6回は保険金の支払いが続きます。

就業不能保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

就業不能保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. メンタル疾患が保障対象になっているか。最も可能性の高い働けなくなるリスクはうつ病を含むメンタル疾患です。メンタル疾患を保障対象としているかは重要なポイントです。
  2. 障害等級が保障対象になっているか。働けない期間は病気やケガの治療を受けている期間だけとは限りません。後遺障害を負ってしまった場合に、長期間の保障を受けられるかという点が重要です。
  3. がん・脳血管疾患の保障内容。長期間働けなく可能性のある疾病は主にがんと脳血管疾患です。再発・転移を繰り返すがん、そして後遺障害が起こりやすい脳血管疾患をどこまで保障してくれるかは要チェックです。
  4. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。また、会社員の方にはハーフタイプのある就業不能保険がおすすめです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、アフラック「給与サポート保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
メンタル疾患の保障 なし C
障害等級 あり
障害等級2級以上
A
がん・脳血管疾患の保障内容 あり
条件:①入院②医師の指示による在宅療養のいずれか
A
30歳の月額保険料
(保険金額短期毎月5万円・長期10万円、保障期間60歳まで)
男性:2,370円
女性:2,355円
C
40歳の月額保険料
(保険金額短期毎月5万円・長期10万円、保障期間60歳まで)
男性:2,725円
女性:2,640円

メンタル疾患は保障対象外です。うつ病や統合失調症で働けなくなり、入院することになっても保障はされません。

一方で、障害等級は業界標準の2等級まで保障対象になってます。この点は安心です。

がん・脳血管疾患も医師の「働けない」という診断があれば基本的には保障対象になります。がんの再発・転移で入退院を繰り返すような状況でも、「働けない」という診断書があれば保障対象になるので、比較的認められやすいでしょう。脳血管疾患で後遺障害を負ったとしても、障害等級が保障対象になっているので見捨てられるようなことはありません。この点も安心ですね。

ただ、保険料は決して安くはありません。このあと比較していきますが、他社の就業不能保険の方が安くなることが多いかと。

就業不能保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

就業不能保険の保障内容・保険料比較ランキング

就業不能保険の相談はマネードクターで!
(↓をクリックするとマネードクターへ移動します)



アフラック「給与サポート保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の就業不能保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【就業不能保険とは】
・働けなくなるリスクに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(働けないときに受け取れる金額)
短期回復支援給付金:5万円~20万円
長期療養支援給付金:5万円~40万円
※1万円単位で設定可能
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、の2つから選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
加入方法 対面のみ
健康相談サービス ・メンタルヘルスサービス
・社会保険労務士紹介サービス

【アフラック「給与サポート保険」】働けないと認定される条件について。

死亡保障は亡くなったら保険金が支払われます。白黒ハッキリしていてわかりやすいですよね。それに対し、就業不能保険は「働けない」と認定される条件が生命保険各社バラバラです。

まずは就業不能保険で何よりも重要な「働けないと認定される条件」について書いておきます。

働けないと認定される条件
入院 ・医師による治療が必要であり、かつ自宅などでの治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること。
在宅治療 ・医師による治療が継続しており、かつ日本国内にある自宅など(障害者支援施設などを含みます)で、医師の管理下において計画的な治療に専念し、自宅などからの外出が困難な状態。
・国民年金法で定める障害等級1級または2級に認定された状態。

条件は他社と比較して平均的です。ただし、メンタル疾患が保障対象外となる点は注意が必要です。

入院・在宅療養が条件になるのは他社も同じですが、差は障害等級です。障害等級2級以上が条件となっている点は安心です。他社の就業不能保険では障害等級が条件に入っていないタイプもあり、このタイプだと治療が終われば保障も終了。後遺障害を負って働けなくなったとしても、保障対象にはなりません。

ちなみにですが、障害等級2級は

「日常生活が極めて困難で、 一般的に活動の範囲が、病院では病棟内、家庭では家屋内に限られる」

といった状態を指します。日常生活もままならず、働くことは到底無理といった状態ですね。

アクサダイレクト生命「働けないときの安心」は障害等級2級以上も条件に含まれているため、後遺障害を負った場合でも保障対象となります。この点は安心でしょう。

残念なのは、アフラック「給与サポート保険」はメンタル疾患が保障対象外となっている点です。うつ病や統合失調症で入院して働けなくなったとしても、保障対象外です。最近はメンタル疾患は保障対象とする就業不能保険が増えてきてますので、気になる方はアクサダイレクト生命「働けないときの安心」と比較してみてください。「働けないときの安心」はメンタル疾患が保障対象になっています。

アフラック「給与サポート保険」のメリット

アフラック「給与サポート保険」ここがポイント!
  • 【check】保険金の支払いが2段階(長期・短期)に分かれている。保障額を別々に設定することで、保険料の節約ができる。
  • 【check】ずっと健康で、働けない期間がなかった場合は無事故支払金を受け取れる。
  • 【check】症状が改善しても最初の6回分は必ず保険金を受け取れる。

メリットの1点目から3点目について説明していきます。

アフラック「給与サポート保険」は保険金支払いが長期と短期に分かれる。保障額を別々に設定すれば、保険料節約に。

アフラック「給与サポート保険」は保険金の支払いが「短期回復支援給付金」と「長期回復支援給付金」の2段階に分けられます。

保険金を受け取れる期間 保障額の設定範囲
短期回復支援給付金 初回~17回目 5万円~20万円
長期回復支援給付金 18回目以降 5万円~40万円

なぜそんな2段階に分けるのか謎ですよね。面倒だから短期も長期もまとめてくれればいいのに。

会社員の方は働けなくなると即座に収入が途絶えるわけではありません。健康保険に加入していれば、傷病手当金が概ね1年6ヶ月受け取れます。傷病手当金の詳細は↓にまとめています。

この傷病手当金の給付額は月給の概ね2/3です。けっこうもらえますよね。

なので、傷病手当金を受け取れる1年6ヶ月の期間中に支払われる「短期回復支援給付金」を少額に抑えても生活は破綻しません。

そして、傷病手当金の給付期間1年6ヶ月を過ぎても働けない状態が続くと、国に認定されれば障害年金が給付されます。しかし障害年金の給付額は、傷病手当金よりグッと下がる可能性が高いです。

そこで「長期就業不能給付金」の出番です。

障害年金のみ、もしくはそもそも障害認定されなければ、収入は激減します。そこを補填するのが「長期就業不能給付金」です。「長期就業不能給付金」を余裕のある金額にしておけば、傷病手当金の給付期間が終わった後の生活も安心ですよね。

ということで、「短期就業不能給付金」を少額に抑え、「長期就業不能給付金」を大きくしておくことで、会社員の実情にぴったりとあったムダのない保障になります。保障にムダがないということは、保険料にもムダがなくなります。毎月支払う保険料が適正になります。

まとめます。会社員の方なら、

  • 「短期回復支援給付金」は少額に抑えても傷病手当金が給付されるからなんとかなる。
  • 「長期回復支援給付金」は余裕をもった金額設定が必要。
  • 「短期回復支援給付金」と「長期回復支援給付金」にメリハリをつけることで、毎月支払う保険料が節約できる。

ですね。

このような仕組みはアフラック「給与サポート保険」独自ではありません。他社は同じような仕組みを「ハーフタイプ」という名前でやってます。

ハーフタイプとは、病気やケガ、または精神疾患で働けなくなったとき、傷病手当金が給付される期間は設定した保障月額の半額、その後は満額を受け取れる保障タイプのことです。

先述したアクサダイレクト生命「働けないときの安心」とライフネット生命「働く人への保険3」はハーフタイプ方式です。ハーフタイプを選択すれば保険料は安く抑えることができます。

ちなみに、国民健康保険に加入している自営業・フリーランスの方は傷病手当金が給付されません。「短期回復支援給付金」と「長期回復支援給付金」は同額にしておくことをおすすめします。

アフラック「給与サポート保険」はずっと健康で働けない期間がないまま満期を迎えたら、長期給付無事故支払金が給付される。

「えっ、健康過ぎて働けない期間なんてなかったんだけど!」

60代になり定年退職を迎え、会社員人生を振り返ってみて、働けない期間なんて全くなかったっていうこともあり得ます。むしろその可能性の方が高いですよね。

就業不能保険なんて出番がない方がいいんです。保険なんて使わないことが幸せなんですけど、それだと「毎月保険料支払うの無駄だった!」って定年退職したときにおそらく後悔します。

そんな後悔をちょっぴり慰めてくれるのが「無事故給付金」です。

無事故給付金は保障期間を通じて「長期回復支援給付金」が一度も支払われなかった場合に、「長期回復支援給付金」の1ヶ月分と同額を受け取れます。老後のお小遣いですよね。十分国内旅行を楽しめる金額にはなるかと。

しかし、無事故給付金の原資は私たちが支払っている保険料です。アフラック「給与サポート保険」は毎月支払う保険料が他社と比較して高めなので、冷静に考えると大してお得ではないということに注意です。

アフラック「給与サポート保険」は仕事に復帰しても6回分は必ず保険金を受け取れる。

「あっ!来月から職場復帰ですね!じゃあ来月から保険金の支払いはストップです!」

といったように、仕事に復帰すると即座に保険金の支払いがストップしてしまう就業不能保険が一般的です。

まぁ働けるようになったんだから、もう保険金は不要でしょう?っていうのは理にかなっていますが、現実はそううまくいかないですよね。退院してすぐに元のようにバリバリ働けることなんて稀です。たいていは慣らし慣らし、時短とか休みを取得しながら、ゆっくりと元の状態に戻していくことになります。

その「慣らし期間中」は収入も元には戻りません。収入が元に戻っていないのに、就業不能保険の保険金が打ち止めされたら少し困ってしまいますよね。

その点、アフラック「給与サポート保険」はよく考えられています。

就業不能状態が60日継続すれば、最低でも6回分(6ヶ月分)の保険金が支払われます。6ヶ月間分でも支払いがあれば、焦らずゆっくり職場復帰できますよね。この点は他社にはなかなか見られないメリットです。

アフラック「給与サポート保険」のデメリット

アフラック「給与サポート保険」 ここにご注意!
  • check】メンタル疾患が保障対象外。
  • check】保険料は安くない。
  • 【check】年収150万円未満の人は加入不可(主夫・主婦も加入不可)

メンタル疾患が保障対象外となるのは先述のとおりです。この点は他社に遅れをとってます。

また、保険料は他社と比較して安くはありません。この記事でも何度か登場してますが、保障内容・保険料ともに業界トップレベルのアクサダイレクト生命「働けないときの安心」と毎月支払う保険料を比較してみます。

アフラック アクサダイレクト生命
就業不能の保障条件 ①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障害等級2級以上
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障害等級2級以上
メンタル疾患の保障条件 ①治療を目的とした入院
②障害等級2級以上
※月10万円を最大18回(18ヶ月)給付
その他の条件 ・短期回復支援給付金5万円
・長期療養支援給付金10万円
・保障期間60歳まで
・6ヶ月確定給付
・無事故給付金10万円
・月10万円保障(ハーフタイプ)
・保障期間60歳まで
・免責期間60日
月額保険料 30歳男性 2,370円 1,670円
30歳女性 2,355円 1,380円
40歳男性 2,725円 2,000円
40歳女性 2,640円 1,710円

保障内容の大きな違いはメンタル疾患の保障有無です。

アフラックはメンタル疾患を保障対象外としているのに対し、アクサダイレクト生命は保障対象としています(入院が必要となるような重症に限りますが…)。

それでいて毎月支払う保険料はアクサダイレクト生命の方が安くなってます。毎月数百円の差ではありますが、何十年と積み重なると結構大きな差になります。この差の大きな要因は6ヶ月確定給付と無事故給付金の存在でしょう。

また、アフラック「給与サポート保険」は年収150万円以下の方は加入できません。無職、主婦・主夫、フリーターの方も加入はできません。あきらめて他社の就業不能保険を探しましょう。アクサダイレクト生命「働けないときの安心」なら主婦・主夫の方も加入できますので、

「もしものことがあったときに、配偶者が忙しくて家事ができない!」

といった方は家事代行サービスを利用する費用の備えとして、就業不能保険を利用してもよいかもですね。

アフラック「給与サポート保険」の評価

評価:C(S、A~C)

入院・在宅療養・障害等級が保障対象となる点は平均的ですが、メンタル疾患は保障対象外。そして保険料がやや高め。

無事故給付金があったり、症状が改善しても6回分は保険金支払いが継続されるといった他社になりメリットもありますが、保険料が安くてメンタル疾患も保障対象となる他社の就業不能保険との比較は必須と感じます。よって評価は「C」としました。

比較対象となる就業不能保険はこの記事でも比較対象としたアクサダイレクト生命「働けないときの安心」、もしくはライフネット生命「働く人への保険3」です。この2社なら保障条件はトップクラスの良くて、保険料も業界最安値水準。まずはアクサダイレクト生命とライフネット生命と比較してみましょう。

アフラック「給与サポート保険」の相談をするなら。

アフラック「給与サポート保険」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ご近所の保険ショップでも取り扱っているはず。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちアフラックやってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップがアフラックを取り扱っているか確認しておきましょう。

おすすめはマネードクターです。

マネードクターなら、この記事でご紹介したアフラック・アクサダイレクト生命・ライフネット生命の3社の取り扱いがあります(ライフネット生命と提携している保険ショップは貴重です)。3社の比較もかんたんにやってくれます。

もちろん相談は無料です。気軽に相談して大丈夫です。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談は危険です。スタッフが事前準備できないので、最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:アフラック「給与サポート保険」

オーソドックスなタイプの就業不能保険ですが、メンタル疾患は保障対象外。そして保険料も他社と比較してやや高めです。他社の就業不能保険との比較は必須でしょう。

比較対象となる就業不能保険はアクサダイレクト生命「働けないときの安心」、もしくはライフネット生命「働く人への保険3」です。この2社なら保障条件はトップクラスの良くて、保険料も業界最安値水準。

ちょっとアフラックは太刀打ちできてないかと…。

マネードクターならアフラック・アクサダイレクト生命・ライフネット生命の3社と提携しています。3社の比較ならマネードクターがかんたんにやってくれます。迷ったらマネードクターにご相談を。保障条件が複雑な就業不能保険は一度対面で説明を聞いて、疑問点を解決してから契約した方が安心です。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする