【評価C】朝日生命の就業不能保険「収入サポート」のデメリットと評価

保障条件が障害等級と要介護認定と完全連動しているので、保障のグレーゾーンが生じにくいというメリットがあります。そして障害等級3級以上(手帳基準)と要介護1以上が保障対象となっており、平均より保障範囲は広め。この点はメリットです。

しかし、保険料が高い…。

朝日生命「収入サポート」ここがポイント
  • 働けなくなるリスクをカバーする就業不能保険です。
  • 保険料は掛け捨てですが、他社と比較して安いわけではありません。
  • 障害等級・要介護認定を条件に保険金が給付されます。単なる入院・在宅療養だけでは保障されません。

就業不能保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

就業不能保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. メンタル疾患が保障対象になっているか。最も可能性の高い働けなくなるリスクはうつ病を含むメンタル疾患です。メンタル疾患を保障対象としているかは重要なポイントです。
  2. 障害等級が保障対象になっているか。働けない期間は病気やケガの治療を受けている期間だけとは限りません。後遺障害を負ってしまった場合に、長期間の保障を受けられるかという点が重要です。
  3. がん・脳血管疾患の保障内容。長期間働けなく可能性のある疾病は主にがんと脳血管疾患です。再発・転移を繰り返すがん、そして後遺障害が起こりやすい脳血管疾患をどこまで保障してくれるかは要チェックです。
  4. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。また、会社員の方にはハーフタイプのある就業不能保険がおすすめです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、朝日生命「収入サポート」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
メンタル疾患の保障 あり
条件:入院60日継続
給付期間:一時金
B
障害等級 あり
障害等級3級以上(手帳基準)
A
がん・脳血管疾患の保障内容 あり
条件:①障害等級3級以上(手帳基準)②要介護1以上のいずれか
C
30歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円・保障期間60歳まで)
男性:4,464円
女性:3,732円
C
40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円・保障期間60歳まで)
男性:5,028円
女性:4,068円

メンタル疾患の保障条件は入院です。他社の保障条件も入院がとなることが多い(通院治療だけだと保障対象外)ので、ここは平均的です。

一方で、働けないと認定される条件は障害等級・要介護認定と完全連動です。範囲も障害等級3級以上(手帳基準)と要介護1以上と広め。ただし、入院や在宅療養は保障対象外なので、がんや脳血管疾患で治療を受けている期間は何も保障を受けらないことが多いと思われます。この点は不安要素でしょう。

また、保険料は他社と比較して高めです(後々比較していきます)。

就業不能保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

就業不能保険の保障内容・保険料比較ランキング

就業不能保険の相談はマネードクターで!
(↓をクリックするとマネードクターへ移動します)



朝日生命「収入サポート」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の就業不能保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【就業不能保険】
・働けなくなるリスクに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(働けないときに受け取れる金額)
50万円~600万円/年間
保険料を支払う期間 以下から選択可能。
歳満了:50歳まで、55歳まで、60歳まで、65歳まで
年満了:5年~22年間
保険料を支払う回数 月払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
加入方法 対面のみ
健康相談サービス なし

【朝日生命「収入サポート」】働けないと認定される条件について。

死亡保障は亡くなったら保険金が支払われます。白黒ハッキリしていてわかりやすいですよね。それに対し、就業不能保険は「働けない」と認定される条件が生命保険各社バラバラです。

まずは就業不能保険で何よりも重要な「働けないと認定される条件」について書いておきます。

朝日生命「収入サポート」働けないと認定される条件について

項目 働けないと認定される条件
収入サポート保険 ・障害等級1等級~3等級に認定された場合(手帳基準)。
・要介護1以上に認定された場合。

条件は公的制度(障害等級・要介護認定)と連動しています。公的制度と連動している場合のメリットは、

  • 条件が明確であること。
  • 後々、保険会社とモメる可能性が低いこと。

の2点です。

他社の就業不能保険は「在宅治療中でも何らかの仕事ができる状態なら保障対象外」といったように、曖昧な独自基準を設けていたりもします。ボーダーラインの状態だった場合に保険会社とモメる可能性は否定できません。その点、公的制度と連動していれば条件は明確なので、保険会社とモメる可能性は低いでしょう。

障害等級は1級~3級まで保障対象。基準は身体障害者手帳です。

障害等級には「障害年金」と「障害者手帳」の2種類があります。ざっくり両者を説明すると以下のとおりです。

①障害者手帳の等級:地方自治体が提供している公的サービスの一環。身体障害の場合は1級から7級、精神障害の場合は1級から3級まであり、障害の程度によって等級が決まる(数値が低いほど程度が重い)。認定されると医療費助成や各種税金の軽減措置、公共交通機関での料金割引などを受けることができる(詳しくは厚生労働省のサイトを参照)。

②障害年金の等級:国の年金制度。1級から3級まであり、障害の程度によって等級が決まる(数値が低いほど程度が重い)。認定されると国から障害年金が給付される(詳しくは年金機構のサイトを参照)。

障害者手帳と障害年金は連動していません。申請も別々に行う必要がありますし、認定基準も異なります。障害者手帳だと3級で、障害年金だと2級といったこともあり得ます。

そして他社の就業不能保険は②障害年金を基準にしていて条件は2級以上となることが多いのですが、朝日生命「収入サポート」は①障害者手帳を基準に3級以上を条件としています。

どちらがいいかは微妙ですが、個人的には朝日生命基準の障害手帳3級の方が範囲が広いという印象があります。例えば人工弁の移植は手帳だと1級、年金だと3級です。手帳基準の朝日生命だと保障対象となりますが、年金基準の他社だと保障対象外です。

また、手帳の方が申請は簡単です。区市町村に診断書を持参して申請し、1ヶ月半後くらいには結果が通知されます。

一方で年金の方は受給要件が面倒だったり(年金保険料の未納がないかとか)、結果が通知されるまでに時間がかかったり(3ヶ月程度)、いろいろ複雑。そして審査が厳しく、不服申し立てとなることもあります。

ということで、朝日生命「収入サポート」の障害者手帳基準で3級以上という条件は他社よりも良いと考えています。

また、条件に要介護1が含まれている点もメリットです。

「要介護なんてまだまだ先の話でしょ!」

と思ってしまいますが、40~64歳の方でも下記の加齢にともなって生じる疾病が原因で要介護認定されることがあります。

①がん(回復の見込みがない場合)
②関節リウマチ
③筋萎縮性側索硬化症(ALS)
④後縦靱帯骨化症
⑤骨折を伴う骨粗鬆症
⑥初老期における認知症
⑦進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患) ⑧脊髄小脳変性症
⑨脊柱管狭窄症
⑩早老症(ウェルナー症候群等)
⑪多系統萎縮症
⑫糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
⑬脳血管疾患(脳梗塞等)
⑭閉塞性動脈硬化症
⑮慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎等)
⑯両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

条件も緩めの要介護1以上なので、身だしなみや掃除などの日常生活に部分的な介護が必要となったら認定されます。そもそも就業不能保険で要介護が保障条件に含まれることは少なく、この点は朝日生命「収入サポート」のメリットですね。

また、もう1点メリットです。一度保険金支払いが開始されれば、保障期間満了まで保険金を受け取れます。

重い障害を負ってしまった場合、社会復帰できたとしても元のように働けるとは限りません。収入が激減することもあり得ます。そう考えると、働けるようになったとしても保険期間満了まで保険金を受け取れるのは安心できますよね。

ここまでメリットばかりを書きましたが、注意が必要なのが条件に入院・在宅治療が含まれていない点です。

他社の就業不能保険では、

①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養

が条件となっている場合が多く、例えば事故でケガをしてしまって長期間の入院となるケースや、大きな病気(主にがん)で入退院を繰り返すケースも条件を満たせばきっちり保障されます。治療中も保障対象になるんですよね。

一方で、朝日生命「収入サポート」だと治療中は保障されません。治療がある程度終わり、症状が固定され、障害等級・要介護認定されるまでは何も保障されません。

障害等級や要介護は基本的には症状が固定されてから申請となり、働けなくなってから認定を受けるまではそれなりに時間がかかります。ケガや病気で働けなくなってから、障害等級・要介護認定されるまでの空白期間が保障されないという点も注意です。

メンタル疾患特約の働けないと認定される条件について

項目 働けないと認定される条件
メンタル疾患特約 ・入院が60日以上継続した場合。

メンタル疾患特約はオプションです。取り外しができます。メンタルに不安がないメンタル最強の方は取り外してしまっても問題ありません(メンタル疾患特約は有料オプションです)。

条件はシンプルに入院60日以上のみ。メンタル疾患の入院は長引くことが多く、代表的なメンタル疾患での35歳~64歳の平均入院日数は以下のとおりです(→生命保険文化センター)。

うつ病を含む「気分(感情)障害」 74.9日
統合失調症 301.6日

この日数からすると、60日間入院の条件は妥当な範囲でしょう(他社のメンタル疾患保障も60日間入院が条件となることが多いです)。

しかし、以下の点は注意が必要です。

  • 在宅治療は保障対象外となること。
  • 一時金給付のみであること。

在宅治療は保障対象外です。よくある「ちょっと会社を休んで通院しながら治療するうつ病」は保障対象外になります。保障対象となるのは入院が必要になるような重症です。

また、給付は一時金のみです。年金方式でなく、一時金が給付されて終了です。なので、メンタル疾患となった場合の生活費を支えるといった意味では、心許ないかもしれませんね。

メンタル疾患を保障対象としている保険は下記リンク先にまとめています。他社には診断だけで保障対象になったり、かなりの長期間に渡って年金を給付してくれる保険があります。気になる方は要チェックです。

うつ病に備えられる医療保険4選

朝日生命「収入サポート」のメリット

朝日生命「収入サポート」ここがポイント!
  • 【check】働けないと認定される基準は障害等級・要介護認定と完全連動。揉める可能性が低い。
  • 【check】亡くなった場合は1年間分の年金額が給付される。
  • 【check】満了祝金が給付される可能性あり。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メリットの1点目から3点目について説明していきます。

朝日生命「収入サポート」の働けないと認定される基準は障害等級・要介護認定と完全連動

この点は上述のとおりです。ざっくり要点を書くと

  • 障害等級の基準が手帳で1級~3級。(一概には言い切れないが)他社よりも緩い。
  • 要介護1から保障対象となる。要介護認定が条件に含まれる就業不能保険は珍しい。

ですね。

「治療中の保障はいいから、後遺障害を負うような状態だけを保障してほしい!」

という方には魅力的な条件です。

朝日生命「収入サポート」は亡くなった場合に1年分の年金が給付される。

ただし、条件は生存中に収入サポート保険金が一度も給付されていないことです。生存中に障害等級1等級~3等級、もしくは要介護1に認定され、収入サポート保険金を受け取った場合は給付対象外です。

しかし、これはあくまでも「おまけ」です。収入サポート保険金1年間分だけで遺された家族が、その後の人生をやり過ごすことは難しいでしょう。しっかりとした死亡保障のある定期保険・収入保障保険・終身保険への加入もお忘れなく。

ちなみに、朝日生命「収入サポート」をご検討の方は、FWD富士生命「FWD収入保障」も比較対象に入れてみてください(理由はこのあと)。

朝日生命「収入サポート」はずっと健康だったら満了祝金を受け取れる。

健康
えっ、健康過ぎて働けない期間なんてなかったんだけど!

60歳を過ぎて定年退職となり、社会人生活を振り返ってみて、働けない期間なんて全くなかったっていう可能性の方がきっと高いですよね。

就業不能保険なんて出番がない方がいいんです。保険なんて使わないことが幸せなんですけど、それだときっと「毎月保険料支払うの無駄だったわー」って後悔します。

そんな後悔をちょっぴり慰めてくれるのが「満了祝金」です。

満了祝金は保障期間を通じて「収入サポート保険金」が一度も支払われなかった場合に、「収入サポート保険金」の1年間分の10%を受け取れます。老後のお小遣いになりますよね。

しかし、満了祝金の原資は私たちが支払っている保険料です。「満了祝金」があるために、少なからず毎月支払う保険料が上がっていると考えれらます。冷静に考えると決してお得ではないということに注意です。

朝日生命「収入サポート」のデメリット

朝日生命「収入サポート」 ここにご注意!
  • 【check】入院・在宅療養(治療中)は保障対象外。
  • 【check】保険料は高い。

1点目については上述のとおりです。朝日生命「収入サポート」が保障するのは障害等級1級~3級・要介護1以上の場合のみで、入院・在宅療養中は保障対象外。つまり、治療中は保障対象外で、症状がある程度固定されて障害等級・要介護認定されてから保障が始まります。

繰り返しになりますが、ケガや病気で働けなくなってから障害等級・要介護認定されるまでの空白期間が保障されないという点に注意です。

また、保険料は他社と比較して安くはありません。

保障内容・保険料ともに業界トップレベルのアクサダイレクト生命「働けないときの安心」と毎月支払う保険料を比較してみます。

朝日生命 アクサダイレクト生命
就業不能の保障条件 ①障害等級3等以上(手帳基準)
②要介護1以上
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障害等級2級以上(年金基準)
メンタル疾患の保障条件 ①治療を目的とした入院
※オプション
※一時金給付
①治療を目的とした入院
②障害等級2級以上
※月10万円を最大18回(18ヶ月)給付
その他の条件 ・月10万円保障
・保障期間60歳まで
・メンタル疾患特約100万円
・死亡給付金120万円
・満了祝金12万円
・月10万円保障
・保障期間60歳まで
・免責期間60日
月額保険料 30歳男性 4,655円 2,200円
30歳女性 3,930円 1,870円
40歳男性 5,243円 2,640円
40歳女性 4,283円 2,320円

保障条件の差があるので参考程度とはなりますが、同じ月10万円保障で保険料は朝日生命の方が倍くらい高いです。

もうひとつ比較してみます。先述したFWD富士生命「FWD収入保障」はベースが収入保障保険(死亡保障のある保険)ですが、オプションを追加すれば働けなくなるリスクにも対応できます。ここで両者を比較してみます。

朝日生命 FWD富士生命
就業不能の保障条件 ①障害等級3等以上(手帳基準)
②要介護1以上
①障害等級4等級以上(手帳基準)
②要介護1以上
③所定の高度障害状態
メンタル疾患の保障条件 ①治療を目的とした入院
※オプション
※一時金給付
死亡保障 給付額1年間分
(就業不能となった場合は保障対象外)
保障期間終了まで給付
その他の条件 ・月10万円保障
・保障期間65歳まで
・満了祝金12万円
・月10万円保障
・保障期間65歳まで
・配偶者同時災害死亡時割増特則
月額保険料 30歳男性 5,484円 3,858円 ※健康体割引適用時
30歳女性 4,488円 2,997円 ※健康体割引適用時
40歳男性 6,144円 4,503円 ※健康体割引適用時
40歳女性 4,836円 3,645円 ※健康体割引適用時

メンタル疾患の保障はないものの、太字部分の障害等級の広さと死亡保障の手厚さで保障内容はFWD富士生命の方にアドバンテージがあると感じます。それでいて、健康体割引の条件を満たせば、FWD富士生命の方が保険料は安くなります(健康体割引の条件はこちらをご参照ください)。

健康体割引が適用される非喫煙者で血圧と体型(BMI)が標準値の方はFWD富士生命「FWD収入保障」も比較対象に入れてみてください。

ちなみにですが、太字の配偶者同時災害死亡時割増特則とは夫婦同時に亡くなって子供だけが生き残った場合に保障額が2倍になるオプションです。これが無料で追加できます。お子さんのいる夫婦にとっては安心なオプションですよね。

朝日生命「収入サポート」の評価

評価:C(S、A~C)

朝日生命「収入サポート」が保障するのは障害等級1級~3級・要介護1以上の場合のみで、他社が保障対象としている入院・在宅療養中は保障対象外。つまり、治療中は保障対象外で症状がある程度固定されて障害等級・要介護認定されてから保障が始まります。

ケガや病気で働けなくなってから障害等級・要介護認定されるまでの空白期間が保障されないという点には不安を感じます。

そして保険料も高い…。

一概には言えませんが、手帳基準で障害等級3級以上が保障対象となるので、他社の「年金基準で2級以上」よりも保障範囲が広くなるというメリットはあります。しかし、手帳基準で障害等級4級以上が保障対象となるFWD富士生命「FWD収入保障」の方が死亡保障と保険料観点からも魅力多めです。

よって評価は「C」としました。

就業不能保障という観点ならアクサダイレクト生命「働けないときの安心」、もしくはライフネット生命「働く人への保険3」と比較しておいた方が良いでしょう。この2社なら保障条件はトップクラスで、保険料も業界最安値水準。まずはアクサダイレクト生命とライフネット生命と比較してみましょう。

障害等級と要介護の保障を重視したい方はFWD富士生命「FWD収入保障」を要チェックです。死亡保障を検討されている方にとっても一石二鳥になります。

朝日生命「収入サポート」の相談をするなら。

朝日生命「収入サポート」は全国の保険ショップで取り扱ってます。しかし、朝日生命は控えめな生命保険会社なので、取り扱っている保険ショップは少ないです。

いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち朝日生命やってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップが朝日生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

保険クリニックなら、この記事でご紹介した朝日生命・アクサダイレクト生命・FWD富士生命の3社と提携してます。

もちろん相談は無料です。3社で比較なら保険クリニックがベストです。

保険クリニックは↓をクリック!

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

マネードクターはアクサダイレクト生命・ライフネット生命・FWD富士生命の3社と提携しています。朝日生命とは提携していないのですが、この3社で比較ならマネードクターです(ライフネット生命と提携している保険ショップは貴重です)。

もちろん相談は無料です。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談は危険です。スタッフが事前準備できないので、最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:朝日生命「収入サポート」

手帳基準で障害等級3級以上と要介護1以上が保障対象となる点は平均を上回る保障範囲の広さですが、保険料が高い…。そして入院・在宅療養が保障対象となっていないので、保障の空白期間が生じるという不安要素もあります。

よって他社の就業不能保険との比較は必須でしょう。アクサダイレクト生命「働けないときの安心」、もしくはライフネット生命「働く人への保険3」なら治療中から保障対象となりますし、保険料も業界最安値水準です。

また、障害等級と要介護の保障を重視したい方は、FWD富士生命「FWD収入保障」が候補になります。保障範囲は手帳基準で障害等級4級以上と要介護1以上なので、朝日生命「収入サポート」より保障範囲は広く、そして死亡保障まであるのに保険料が安いです(健康体割引の条件を満たせば)。

マネードクターならアクサダイレクト生命・ライフネット生命・FWD富士生命の3社と提携しています(朝日生命とは提携してません)。この3社で比較ならマネードクターが便利ですよ。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする