医療保険のがん・心疾患・脳血管疾患の保障を比較する【おすすめ厳選7つ】

医療保険は入院・手術の保障だけではありません。

医療保険には3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)を特別に保障してくれるタイプがあります。例えば、

  • 3大疾病となった場合は一時金(50万円とか100万円とか)が給付される。
  • がんの通院を長期間保障してくれる。
  • 抗がん剤治療を手厚く保障してくれる。

こういった保障ですね。特に重要なのが一時金。100万円とかまとまった金額を治療の早い段階で受け取れるので、治療費やら入院費の他、休職による収入減を補填できたりと大きな効力を発揮します。

この記事では厳選した7つの医療保険の「がん・心疾患・脳血管疾患の保障」を比較します。がん・心疾患・脳血管疾患の保障を含む総合的な観点から評価して、以下の7つがいまのところ

「おすすめできる医療保険」

です。

オリックス生命「新CURE(キュア)」

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」

朝日生命「スマイルメディカルネクストα」

はなさく生命「はなさく医療」

SOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」

メディケア生命「メディフィットA」

以上の7つの医療保険はがん・心疾患・脳血管疾患以外の保障もきっちりしてますし、それでいて保険料は高くありません。

ちなみにですが、がん・心疾患・脳血管疾患の保障で大切なポイントは以下の3点です。

  • 3大疾病診断一時金の給付間隔が1年であること。
  • 心疾患・脳血管疾患の保障範囲が心筋梗塞・脳卒中に限定されていないこと。
  • がんの通院・抗がん剤治療の保障内容。
  • 毎月支払う保険料。

3大疾病一時金はメジャーな医療保険であればオプションとして用意されてますが、給付される条件(診断だけでよいとか、入院してないとだめとか)がバラバラです。また一時金の給付間隔(1年に1回給付とか、2年に1回給付)もバラバラ。2年に1回給付となっていることもありますが、これはNG。1年に1回給付であることが良い医療保険の条件です。ここが最も大切な比較ポイントです。

また、3大疾病一時金の心疾患・脳血管疾患の保障範囲にも注意が必要です。

  • 心疾患・脳血管疾患が保障対象→保障範囲が広く優秀。
  • 心筋梗塞・脳卒中だけ保障対象→保障範囲が狭い!!!

割と見過ごされがちですが、この点も注意です。ちなみに、心疾患における心筋梗塞の割合はわずか2.7%というデータがあります。

そして、がんに対する通院と抗がん剤治療の保障も大切です。がんは意外と入院が短いんです。↓ががんの入院期間平均です。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

参考:生命保険文化センター

平均入院期間は1ヶ月にもなりません。代わりに長くなるのが通院です。がんの通院をしっかり長期間保障してくれて、かつ高額になりやすい抗がん剤治療の保障もしてくれる医療保険は優秀です。

最後に保険料です。もちろん保険料は安い方がいいですよね。それなりの保険料で、自分が考える必要十分な保障を得られるかも医療保険選びの重要なポイントです。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓クリック!

3大疾病一時金の保障を比較する。

がん・心疾患・脳血管疾患にかかって所定の条件を満たせば、大きな金額を受け取れる3大疾病一時金。医療保険に申し込む際には基本的にはつけておいた方がよいオプションです。

3大疾病一時金は以下の条件を満たせば優秀です。

  • がんの給付条件が診断のみ。
  • 一時金の給付間隔が1年。
  • 心疾患・脳血管疾患の保障範囲が心筋梗塞・脳卒中に限定されていない。

ここで厳選7つの医療保険の3大疾病一時金を↓の表にまとめてみます。

がんの給付条件 給付間隔 心疾患・脳血管疾患
新CURE 初回:診断確定
2回目以降:入院
1年 心筋梗塞・脳卒中のみ
&LIFE 新医療保険Aプレミア 初回:診断確定
2回目以降:入院
1年 心疾患・脳血管疾患が対象
終身医療プレミアムDX 初回:診断確定
2回目以降:入院
2年 心筋梗塞・脳卒中のみ
スマイルメディカルネクストα 診断確定 1年 心疾患・脳血管疾患が対象
(給付回数は1回だけ)
はなさく医療 初回:診断確定
2回目以降:入院
1年 心疾患・脳血管疾患が対象
健康のお守り 診断確定 1年 心疾患・脳血管疾患が対象
メディフィットA 初回:診断確定
2回目以降:入院
1年 心疾患・脳血管疾患が対象

結論:バランスが良いのは「健康のお守り」。ガンなら「スマイルメディカルネクストα」も優秀。

大半の医療保険はがんの1回目給付条件が診断、2回目が入院なんですけど、「健康のお守り」と「スマイルメディカルネクストα」だけは2回目以降も診断だけで給付されます。この点は非常に大きいメリットです。

冒頭書きましたが、現在は入院が短期化する傾向にあります。がんの入院期間も平均は1ヶ月未満。これだと2回目以降の給付条件を満たさない可能性があります(通院だけの治療だと保障対象外になります)。診断だけで給付される「スマイルメディカルネクストα」と「健康のお守り」は給付条件がかなり優しいです。

ただし、「スマイルメディカルネクストα」のちょっと気になる点は心疾患・脳血管疾患の一時金給付が1回だけである点です。保障範囲は広めの心疾患・脳血管疾患なんで、他社と同じく給付回数無制限なら言うことなしなんですけどね…。

その点、「健康のお守り」は心疾患・脳血管疾患も給付回数無制限で保障です。給付間隔も1年ですし、保障範囲も広め。他社の医療保険の良いとこ取りをしています。

がんの通院・抗がん剤治療保障を比較する。

がんの通院保障と抗がん剤治療保障はこちらで比較してます。

通院保障で比較する医療保険

詳細は↑の記事を参照して頂きたいのですが、がんの通院保障は

  • がんを原因とする長期の通院に耐えられるか。
  • 抗がん剤治療に対する保障はあるか。
  • 毎月支払う保険料

の3つの観点で比較してます。

ここでは結論だけ書きます。

結論:「健康のお守り」の保障が手厚い。次点として「新CURE」「&LIFE 新医療保険Aプレミア」「はなさく医療」「メディフィットA」。

「健康のお守り」は通院年間120日間限度で保障なので、実質無制限保障です(さすがに3日間に1回通院することはないかと)。入院のない通院でも保障対象になるので、他社の医療保険を一歩リードしてます。

また、「健康のお守り」は健康保険適用外となる自由診療の抗がん剤治療まできっちり保障です。「健康のお守り」はがんの保障が圧倒的に強い。3大疾病の保障を基準に医療保険を選ぶなら、「健康のお守り」は有力な候補になります。

毎月支払う保険料を比較する。

さて、最後に保険料を比較します。保障内容が手厚くても、保険料が高ければちょっと残念ですよね。お手頃な保険料でそれなりの保障がベスト。要はバランスです。

比較条件は以下のとおり。

・入院給付金は1日5,000円(60日間限度)
・3大疾病一時金あり。
・がんの通院は手厚く保障。
・抗がん剤治療も手厚く保障。
・先進医療特約あり
・保険料は終身払い。

保険料は性別と年齢で変わってきます。なのでここでは30歳と40歳を例に比較してみます。ちなみにですが、全く同じ保障内容で比較というのは難しいので、ここは参考までにみておいてください。

【30歳の部】

医療保険 30歳男性 30歳女性 備考
新CURE 4,071円 3,843円 3大疾病一時金100万円。
がん通院保障あり。
&LIFE 新医療保険Aプレミア 4,762円 5,193円 がん診断一時金100万円。
3大疾病一時金50万円。
抗がん剤特約10万円。
がん通院保障あり。
終身医療プレミアムDX 2,347円 2,357円 3大疾病一時金50万円。
スマイルメディカルネクストα 3,831円 3,956円 がん診断一時金50万円。
7大疾病初回一時金100万円
抗がん剤特約5万円。
はなさく医療 不明… 不明…
健康のお守り 4,017円 4,467円 がん診断一時金50万円。
3大疾病一時金50万円。
抗がん剤特約10万円。
がん通院保障あり。
メディフィットA 4,285円 4,635円 3大疾病一時金100万円。
抗がん剤特約10万円。
がん通院保障あり。

【40歳の部】

医療保険 40歳男性 40歳女性 備考
新CURE 6,021円 4,985円 3大疾病一時金100万円。
がん通院保障あり。
&LIFE 新医療保険Aプレミア 6,591円 6,588円 がん診断一時金100万円。
3大疾病一時金50万円。
抗がん剤特約10万円。
がん通院保障あり。
終身医療プレミアムDX 3,127円 2,912円 3大疾病一時金50万円。
スマイルメディカルネクストα 5,656円 5,146円 がん診断一時金50万円。
7大疾病初回一時金100万円
抗がん剤特約5万円。
はなさく医療 不明… 不明…
健康のお守り 5,762円 5,702円 がん診断一時金50万円。
3大疾病一時金50万円。
抗がん剤特約10万円。
がん通院保障あり。
メディフィットA 6,375円 6,080円 3大疾病一時金100万円。
抗がん剤特約10万円。
がん通院保障あり。

結論:そこそこの保障内容で保険料が安くなるのは、男性なら「スマイルメディカルネクストα」、女性なら「新CURE」。

保険料が安く見えるのはチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」ですが、これは3大疾病一時金の保障額が50万円であるからです。がんに対する特別な通院保障もなく、抗がん剤治療の保障もなし。保障が薄いので、保険料はもちろん安くなります。

逆に保険料が高く見えるのが三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」。がん診断一時金、3大疾病一時金、抗がん剤特約、がん通院保障ありと全て揃ったフルスペックの保障内容なので、もちろん保険料は高くなります。

一方で、保障内容と保険料のバランスが取れているのはSOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」でしょう。がんの手厚い保障があって、心疾患・脳血管疾患も保障対象。そして抗がん剤治療の保障もあって、この保険料はだいぶ安めという印象です。

そこそこの保障内容で保険料が安くなるのは「スマイルメディカルネクストα」・「新CURE」ですが、保険料差がこれくらいであれば、僕なら「健康のお守り」を選びます。

結論です。

SOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」と朝日生命「スマイルメディカルネクストα」の2択で考えてみる。

保障内容と保険料のバランスが取れているのはSOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」と朝日生命「スマイルメディカルネクストα」です。

  • しっかり安心な保障がほしい方はSOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」。
  • そこそこの保険料でそこそこの備えをしておきたい方は朝日生命「スマイルメディカルネクストα」。

こんな決め方かと思います。保障内容の充実っぷりを観点にすると、SOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」は他社の医療保険から突き抜けてる感があります。ということなので、軸をSOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」に置いて、各社の医療保険と比較するのが効率的かと。

それと、朝日生命「スマイルメディカルネクストα」は保険料が安め。それでいて、必要な保障はしっかり揃ってます。こちらも高評価です。

この2社で比較してみると、パッといい感じの保障内容にたどりつけるのではないでしょうか。まあでも医療保険の比較なんて面倒なんで専門家に相談してみると手っ取り早いです。もちろん相談は無料できます。

医療保険の相談は専門家を頼りましょう。医療保険の無料相談窓口はこちら。

この記事で比較した7つの医療保険は全て保険ショップもしくは保険見直しラボで加入できます。保険ショップ・保険見直しラボなら、7つの医療保険を丁寧に比較し、どれがお客さんの目的にあっているか時間をかけていっしょに選んでくれます。

もちろん相談したからって保険に絶対入らなければいけないってことはありません。強引な勧誘も、相談後のしつこい電話もありません、そんなことしたら保険業法を根拠に営業停止になります。

相談はもちろん無料。医療保険選びに悩んだら、軽い気持ちで相談してみてはいかがでしょうか。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。予約も簡単で、自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

さらに、ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。ニアエルに掲載されている保険ショップなら、実際に利用した方の口コミも掲載されてますし、通報があれば掲載停止もあり得ますし、まず安心かと。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

保険見直しラボが取り扱っている保険会社数は30社を超えます。選択肢の広さが大きなメリットです。

また、訪問型なので、自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする