【評価A】はなさく生命の緩和型医療保険「かんたん告知はなさく医療」デメリットと評価

持病がある方や、過去に大病を経験した方でも加入できるはなさく生命「かんたん告知はなさく医療」。

加入できる条件は以下のとおり。下記3点が全て「いいえ」であれば加入できます。

①直近3カ月以内に、医師により入院・手術・検査・先進医療をすすめられたことがありますか。

②過去2年以内に、病気やケガで入院・手術・先進医療をうけたことがありますか。

③過去5年以内に、悪性新生物または上皮内新生物、肝硬変、認知症、アルコール依存症、統合失調症で医師による診療をうけたことがありますか。

条件は平均的です。まさに業界標準。

ちなみにですが、はなさく生命は日本生命のグループ会社です。はなさく生命の知名度は高くありませんが、バックには日本最大手の日本生命が控えています。

持病がある方や大きな病気を経験された方だと、かんたんに保険の乗り換えができません。契約した医療保険と一生涯つきあっていくことが多いです。生命保険会社への信頼感だとか、安心感は重要です。

医療保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」の保障内容を評価します。

主契約は入院・手術を保障するシンプルな構成。

オプションも必要十分にそろってます。

【主契約】入院給付金・手術給付金

名称 給付額 給付条件
入院給付金 入院1日につき3000円から10,000円の範囲内で選択可能(1,000円単位)。 入院1日につき給付
手術給付金 【Ⅰ型】
入院中手術:入院給付金の10倍・20倍・50倍(手術の内容によって給付額が変わる)
外来手術:入院給付金の5倍
【Ⅱ型】
入院中手術:入院給付金の10倍
外来手術:入院給付金の5倍
手術1回につき給付
放射線治療 1回につき入院給付金の10倍 放射線治療を受けたとき。

まずは入院の保障。

入院保障はシンプルに入院日数×入院給付金を保障。入院1回あたりの給付限度日数は60日or120日から選べます。

また、3大疾病入院支払日数無制限特則というオプションを付加すれば、

  • がん・心疾患・脳血管疾患の入院を無制限保障。
  • 肝疾患・膵疾患・腎疾患・糖尿病・高血圧性疾患大動脈瘤等の入院を60日延長。

となります。

生命保険文化センターによると入院日数平均はそこまで長くありません。平均在院日数は29.3日。しかし、脳血管疾患は別です。脳血管疾患の入院日数平均は78.2日です。

また、平均では入院日数が短いがんも部位や症状によっては入院が長引きますし(水泳の池江璃花子さんは10か月入院されたそうです)、がん・心疾患・脳血管疾患は再発したときの方が症状は重くなりがちです。

医療保険の役割が万が一の壊滅的な状況を救うことにあると考えれば、3大疾病入院支払日数無制限特則は付加しておいた方が良いでしょう。

「どれだけ入院が長引いても、お金のことはなんとかなる」

という安心感は重要です。

続いて手術の保障。

手術給付金はⅠ型とⅡ型から選択できます。

Ⅰ型は手術の種類によって保障額が変わります。例えば、開腹・開頭・開胸といったきつい手術は入院給付金の50倍を保障。Ⅱ型は手術の種類に関わらず定額保障です。

もちろん保険料が高いのは保障が厚いⅠ型。余裕があればⅠ型ですが、高額療養費制度を利用すれば月の医療費上限はある程度決まるので、定額保障のⅡ型でも十分かなとは思います。

【重要ではありません】引受緩和型入院一時給付特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型入院一時給付特約 1万円~10万円の範囲内で選択可能 1日以上入院したとき。

短期入院だと主契約の入院給付金だけでは医療費や入院中の諸費用(交通費とか生活雑貨)をカバーできないケースもあり得ます。そこを補填するのが入院一時給付金の目的。入院一時金は入院日数に関わらず、入院すれば必ず(日帰り入院でも)給付されます。

入院一時金は他社の医療保険にもよくあるオプションです。他社と比較して良くも悪くもありません。貯蓄が乏しく入院費用に不安を感じる方はつけておいても良いオプションですが、そうでないなら不要でしょう。

ちなみにですが、40歳男性が入院一時金5万円を付加すると、月々の保険料は1,170円上がります。43ヶ月で支払った保険料の総額が5万円を超える(50,310円)ので、おおよそ3年半に1回入院すればペイできる計算です。

元を取るのは難しいかもしれません。自分で貯めておくのも選択肢です。

【微妙です…】引受緩和型女性疾病入院特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型女性疾病入院特約 入院1日につき3,000円~5,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
所定の女性特有の疾病で入院した場合。

子宮や卵巣に関わるような女性特有の疾病、パセドウ病や貧血といった女性に多い疾病、流産や帝王切開といった妊娠・出産に関わる症状、そしてがん全般で入院した場合に、主契約の入院給付金が上乗せされる特約です。

保障対象となる疾病は他社同等。悪くありません。

ただし、他社だと入院だけでなく乳房や卵巣・子宮に関わる手術を受けた場合に、主契約の手術給付金が増額されることもあります。はなさく生命はそこまでやってないみたいですね。

保険料も安くはありません。40歳女性が入院給付金5,000円で付加した場合、月々の保険料は1,150円上がります。

FWD生命が発売しているFWD生命「FWD医療引受緩和」にも女性特有の疾病を保障するオプションがありますが、こちらは40歳女性が入院給付金5,000円で付加した場合の特約保険料が月929円。それでいて、入院だけでなく、手術も保障されます。

【重要ではありません】引受緩和型退院後通院特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型退院後通院特約 入院した退院後の通院1日につき、定額給付。 通院した場合。

退院後の通院1日に対して定額給付される特約です(入院していない通院は保障対象外)。

保障される条件は以下のとおり。

がん以外 ・退院後180日間までが保障対象。
・1回の入院につき30日間の通院が保障対象。
・保障期間通算で1,095日間の通院が保障対象
がん ・退院後5年間までが保障対象。
・1回の入院につき無制限保障。
・保障期間通算で無制限保障。

がん以外の通院保障は他社同等で退院後180日まで保障。がんだと退院後5年間の通院が無制限保障されます。これは安心感ありますよね。

ただし、保障額は通院1日5,000円程度。通院だと働くことも不可能ではないので、

「仕事が忙しいし、たった5,000円のために手続きするほうがめんどくさい!」

ということもけっこうあります。

特約保険料も安くはありません。40歳男性が通院1日5,000円で付加すると、月々の保険料は1,460円上がります。80歳まで契約すると支払った保険料総額は約70万円。80歳までに退院後の通院を140回すればペイできる計算です。

ちなみにですが、本当に怖いのは副作用のきつい抗がん剤治療を通院で受けるケースです。この場合は満足に働くこともできず、短期入院となることも多い(抗がん剤を打つときだけ入院)ので入院給付金は少額。こんなピンチに対応できる特約が後述する抗ガン剤・ホルモン剤治療特約です。

抗ガン剤・ホルモン剤治療特約の保障額は月10万円。これなら手続きする気力も沸きます。通院に備えるならば、優先するべきは抗ガン剤・ホルモン剤治療特約と感じます。

【重要です】 引受緩和型先進医療特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型先進医療特約 保障期間通算で2,000万円までの技術料。 先進医療を受けた場合。

先進医療とは、公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術を指します。健康保険適用がされないので全額自己負担。なので、先進医療を受けると高額な医療費を請求されることもありますが、その医療費実費を保障するのが先進医療特約です(2,000万円まで保障)。

「健康保険が適用されない先進医療を(ほぼ)無料で受けられる」

というのが先進医療特約ですね。

通算2,000万円まで保障は他社同等。ただし、他社には技術料実費に加えて一時金として10万円程度給付されることがあります。

先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。一時金は交通費・宿泊費等に使うことを想定したお金ですが、はなさく生命には一時金がありません。この点はちょっと残念。

また、契約してから1年間は保障額が半額です。契約から1年以内に先進医療を受けた場合、例えば治療費に300万円かかったとしても保障額は半額の150万円。150万円は自腹で支払うことになります。

むかしの緩和型医療保険は契約から1年間は保障額半額といった制限がありましたが、最近は撤廃されつつあります。この点はデメリットでしょう。

【重要です】引受緩和型特定疾病一時給付特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型特定疾病一時給付特約 10万円~100万円の範囲内で選択可能。 ■がん
【初回】初めてがんと診断確定
【2回目以後】がんによる入院
■心疾患
急性心筋梗塞は1日以上の入院または手術。その他の心疾患は継続20日以上の入院または手術。
■脳血管疾患
脳卒中は1日以上の入院または手術。その他の脳血管疾患は継続20日以上の入院または手術。

条件を満たせばまとまった金額の一時金が給付される特約です。

例えば、がんと診断されるとポンっと100万円給付されるのがこの特約。実際に受け取ってみるとわかるのですが、治療の早い段階で大きなお金を確保できるので、その後の安心感が違います。いざというときに、

「医療保険に入っておいてよかった!」

と実感できるオプションです。

選べる保障はがんのみを対象とする「がん保障型」と、がん・心疾患・脳血管疾患を保障対象とする「3大疾病保障型」の2つがあります。もちろん保険料が安いのは保障範囲が絞られる「がん保障型」。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD】給付間隔が1年に1回。ちょっと古い医療保険だと2年に1回の場合あり。
  • 【GOOD】心疾患・脳血管疾患がまるごと保障対象。
  • 【BAD】がんの2回目以降の一時金給付条件が入院。

ちょっと古い医療保険だと一時金の給付間隔が2年に1回となることありますが、2年以内にがんが再発する方は少なくありません。それなのに、

「前回から2年経過してないんで一時金お支払いできませんよ!」

ってあっさり言われたらイラっとします。その点、はなさく生命は1年に1回給付です。この点はメリット。

また、他社の医療保険だと心臓と脳の保障対象が急性心筋梗塞・脳卒中に限定されることがあります。

急性心筋梗塞は心疾患の一部です。保障対象が急性心筋梗塞に限定されると、急性心筋梗塞以外の心疾患が保障対象外になります。平成29年の厚生労働省の調査によると心疾患全体の患者数1,732千人のうち、急性心筋梗塞の患者数は47千人。割合にすると2.7%に過ぎません。

ただし、急性心筋梗塞以外の心疾患だと、はなさく生命の保障条件は「手術または継続20日以上の入院」なんですよね。

生命保険文化センターによると、心疾患全体の入院日数平均は19.3日。例えば狭心症は2,3日程度入院して手術も受けずに退院することも少なくありません。これだと「手術または継続20日以上の入院」の条件に合致せず、保障対象外になります。

なので、

「入院もしくは手術で即保障!」

であれば、すごく大きなメリットですが、

「心疾患をまるごと保障!ただし、手術または継続20日以上の入院が条件!」

だと、メリット感は低下します。急性心筋梗塞のみを保障対象とする医療保険とそんなに変わらないけど、手術も保障条件に含まれるからそこそこ良いね、くらいかと。

脳卒中も脳血管疾患の一部ですが、脳卒中には

  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
  • 脳出血

が含まれます。平成29年の厚生労働省の調査によると脳血管疾患の患者数1,115千人のうち、脳梗塞・くも膜下出血・脳出血の患者数合計は973千人。割合にすると87.2%です。

ということで、脳血管疾患でも脳卒中でも大きな差はありませんが、脳血管疾患の方がちょっと安心かな、とは感じます。

ちょっと残念なのが、がんは2回目以降の給付条件が入院に限定される点。

最近のがん治療は通院に重きが置かれつつあるため、条件が入院に限定されるとがんの治療を受けているのに一時金給付されないことがあります。例えば放射線治療は通院で受けることが大半ですが、通院治療だけだと一時金給付の対象外。

同じく緩和型医療保険のFWD生命「FWD医療引受緩和」

「入院でも通院でも治療を受けていれば一時金給付!」

なので、条件はFWD生命のほうがゆるいです(契約者に有利)。この点ははなさく生命のデメリットでしょう。

ちなみにですが、保険料は比較的安いです。40歳男性が3大疾病保障型で保障額50万円で付加した場合、月々の保険料は2,800円上がります。

FWD生命は保障額50万円で3,920円なので、はなさく生命より1,120円高め。保険料とのバランスで考えれば、はなさく生命は十分アリです。

【重要です】引受緩和型抗がん剤・ホルモン剤治療特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型抗がん剤・ホルモン剤治療特約 1~10万円の範囲で選択可能。 抗がん剤治療を受けた月に給付。

公的医療保険制度の対象となる抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けた月に定額給付される特約です。

抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがん細胞を切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがん細胞を切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。働きながらの治療も不可能ではないので、経済的なピンチに陥ることもそんなにありません。

本当に怖いのは2のケースです。この場合は副作用が辛くて満足に働くことも難しく、収入減もあり得ます。治療の終わりも見えなくなり、銀行口座の残高が徐々に減っていく抗がん剤ドロ沼にハマります。

ベッドの上で虚空を見上げながら

「あ、これ、やばいかも…」

と、メンタルが削られまくるなかで、毎月定額を銀行口座に振り込んでくれるのが本特約。優先度高めのオプションです。

保障内容は悪くありませんが、給付回数の上限はやや短めの60回(60ヶ月)。まあ一生涯で60回抗がん剤を打つことも稀ですが、乳がんを予防するためのホルモン剤治療は数年の長期に渡ることもあるので、ちょっと気になるところではあります。

また、保険料も安くはありません。

40歳男性が保障額月10万円で付加すると、月々の保険料は1,390円上がります。一方で、先ほどから比較しているFWD生命「FWD医療引受緩和」は保障額月10万円で月888円。FWD生命が回数無制限保障である点も、はなさく生命にはないメリットです。

【重要ではありません】引受緩和型3大疾病保険料払込免除特約

特約名 給付額 給付条件
引受緩和型3大疾病保険料払込免除特約 保険料の支払いが免除される。
(保障は継続する)
特定疾病一時給付特約と同じ。

保険料払込免除特約は、よくCMで見る「以降の保険料は頂きません!」という特約です。所定の条件を満たせば、以降の保険料支払いが免除されます(もちろん保障は継続)。

緩和型医療保険は保険料が高くなりがちなので、保険料の支払いが免除されると確かに嬉しいのですが、保険料払込免除特約はもちろん有料オプションです。付加すれば毎月支払う保険料が上がりますし、その上昇率もけっこうえぐいです。必要かどうかは微妙なところ。

ちなみにですが、保険料払込免除特約は

  • 上皮内がん保障あり型
  • 上皮内がん保障なし型

の2タイプから選択できます。

上皮内がんとはがん細胞がリンパ管や血管に達していない初期のがんで、サッと手術で切り取ってしまえば再発や転移する可能性は低いと言われてます。

「早めに見つかって良かったね」

と言われるのが上皮内がん。大腸がんだと2割、子宮頸がんだと半数以上が上皮内がんで発見されたというデータもあるので、上皮内がんと診断されることは珍しくありません。

他社の保険料払込免除特約だと、上皮内がんが条件に含まれていたりいなかったりバラバラです。まあでも上皮内がん程度で保険料が払えなくなるほど生活が苦しくなることも稀なので、保険料が安い「上皮内がん保障なし型」で十分かなと。

しかし、繰り返しますが、そもそも保険料払込免除特約が必要かどうかは微妙です。

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」のメリット

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」ここがポイント!
  • 【check】保険料はそこそこ安い。

保険料はそこそこ安いです。微妙な言い回しですが、高くはありません。

40歳と50歳を例に他社の緩和型医療保険と比較してみます。比較対象は緩和型医療保険のスタンダートであるオリックス生命「キュア・サポート・プラス」、及び先ほどから登場しているFWD生命「FWD医療引受緩和」とします。

はなさく生命 オリックス生命 FWD生命
保障内容 入院1日5,000円
手術入院5万円外来2.5万円
3大疾病入院支払日数無制限特則
先進医療特約あり
入院1日5,000円
手術入院5万円外来2.5万円
七大生活習慣病入院給付特則(三大疾病無制限型)
先進医療特約あり
入院1日5,000円
手術入院5万円外来2.5万円
特定3大疾病入院無制限特則
先進医療特約あり
40歳男性 3,454円 3,575円 2,939
40歳女性 3,259円 3,225円 2,689円
50歳男性 4,344円 4,425円 3,820円
50歳女性 3,879円 3,920円 3,364円

保険料がずば抜けて安いのがFWD生命です。先ほどから比較していますが、FWD生命の緩和型医療保険は保障内容でも保険料でも他社の一歩先を行ってる感があります。

しかし、FWD生命は社名がコロコロ変わる外資系(香港資本)の保険会社なんですよね。

冒頭書いたとおり、持病がある方や大きな病気を経験された方だと、そうかんたんに医療保険の乗り換えはできません。契約した緩和型医療保険と一生涯つきあっていくことが多いです。長いつきあいになる保険会社への信頼感は割と重要で、

「外資系はちょっと…、いつ日本から撤退するか不安だし…」

という方もいらっしゃると思います。

まあでもFWD生命に現状で経営的な問題はないと思ってますし、仮に買収されて再び社名が変わったとしても、原則的には買収先が既契約を引き継ぐので契約者の不利になる可能性は極めて低いです。

それでも何となく不安を感じる方の受け皿になるのが、上表で比較したオリックス生命や、はなさく生命です。

緩和型医療保険は下記で比較してますので、こちらもご参考に。

緩和型医療保険を比較する。

はなさく生命は2位グループのなかでも上位です。

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」のデメリット

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」ここにご注意!
  • 【check】先進医療特約は加入から1年間保障半額。
  • 【check】180日以内の入院は同じ入院とカウントされる。
  • 【check】復活制度がない。

先進医療特約は加入から1年間保障半額。

繰り返しますが、先進医療特約は加入から1年間保障半額です。例えば、治療費300万円かかったとしても、保障は150万円。

メリットのところで挙げた他社の緩和型医療保険だと、

FWD生命:1年目から満額保障
オリックス生命:1年目は半額保障。2年目から満額保障。
ネオファースト生命:1年目から満額保障

です。1年目から満額保障する緩和型医療保険もあります。

180日以内の入院は同じ1回の入院とカウントされる。

原因が異なっていても、180日以内の入院は同じ入院としてカウントされます。

例えば、1回の入院で支払われる入院給付金の支払限度日数を60日間としていた場合、

はなさく生命:大腸がんで30日入院、その60日後に肺炎で40日入院、合計70日入院
⇒入院1回とみなし、60日間分しか入院給付金が給付されない。

他社の医療保険:大腸がんで30日入院。その60日後に肺炎で40日入院、合計70日入院
⇒別の入院とみなし、70日間分の入院給付金が給付される。

といった違いあります。

持病がある方だと、180日以内に異なる原因で入院ということがまあまああり得るかと。この点は注意ですね。

復活制度がない。

一般的な生命保険には復活制度があります。

例えば、

  • 口座振替で契約していたけど、口座に入金し忘れた。
  • クレジットカードの支払限度額を超えてしまっていた。

といったとき、2ヶ月間保険料の支払いがなければ、保険契約は一旦失効します。しかし、その後(概ね3年以内)に保険料の支払いを再開できれば、同じ条件で保険契約を「復活」させることができます。これが復活制度です。

しかし、はなさく生命には復活制度がありません。保険契約が一旦失効すると再契約する必要があります。

再契約すると、間違いなく保険料は上がります。

例えば、40歳の時に契約し、50歳で失効した場合、再契約すると50歳で契約した時の保険料となります。医療保険は年齢が上がると保険料も上がります。50歳で契約した保険料は確実に高くなります。

ちゃんと毎月保険料を支払っていればデメリットにはなりませんが、ついうっかりと言うこともあります。この点は注意しておきましょう。

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」の評価

評価:「A」(S、A~Cで判定)。

保障内容は悪くありません。主契約できっちり入院と手術が保障されますし、オプションも必要十分にそろっています。3大疾病一時金も悪くはありませんし、抗がん剤治療特約もあります。

保険料も決して高くはありません。

ただし、メリットで比較したとおり緩和型医療保険はFWD生命が飛び抜けてます。はなさく生命は2位グループといったところ。

まあでも、はなさく生命は2位グループのなかでも上位なんですよね。よって評価は「A」としました。S評価のFWD生命には及ばないけど、B評価の2位グループのなかでは上位です。

比較対象として以下を挙げておきます。

FWD生命「FWD医療引受緩和」
保障内容も保険料も他社の一歩先を進んでます。気になるのは外資系でコロコロと社名が変わる点。持病のある方や、大きな病気を経験された方だと、医療保険の乗り換えは難しく、この点はちょっと不安に思うかも(僕はあまり気にしてませんが…)。

オリックス生命「キュア・サポート・プラス」
全般的に並みの保障内容と保険料です。年齢・性別によっては、はなさく生命より安くなることがあるかも。

メディケア生命「メディフィットRe(リリーフ)」
こちらも全般的に並みの保障内容と保険料です。年齢・性別によっては、はなさく生命より安くなることがあるかも。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう健康プロモート」
契約から5年間、5日以上の入院をしなければ保険料が割引されて激安になります。入院しない自信がある方は、候補に入ります。

緩和型医療保険は下記で比較してますので、こちらもご参考に。

緩和型医療保険を比較する。

上記の比較記事にも書いてますが、緩和型医療保険の加入条件(告知事項)を満たせなかった場合は、超緩和型のなないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」が最後の希望です。

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」の相談をするなら。

はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ご近所の保険ショップでも取り扱っているはず。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち、はなさく生命やってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップがはなさく生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、はなさく生命はもちろんのこと、比較記事で取り上げた全ての保険会社と提携しています。各社の比較もかんたんにやってくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する医療保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。はなさく生命はもちろんのこと、比較記事で取り上げた全ての保険会社と提携しています。各社の比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:はなさく生命「かんたん告知はなさく医療」

保障内容は悪くありません。主契約もしっかりしてますし、オプションも必要十分にそろってます。

保険料も高くはありません。業界最安値クラスとはいきませんが、安い方には分類されます。

また、知名度は高くないはなさく生命ですが、日本生命のグループ会社です。持病がある方や大きな病気を経験された方だと、医療保険の乗り換えはそうかんたんにはできません。契約した保険と一生涯つきあうことが多く、保険会社への信頼感だとか安心感は重要です。

全般的にはよくできた緩和型医療保険でしょう。

比較対象として以下を挙げておきます。

FWD生命「FWD医療引受緩和」
保障内容も保険料も他社の一歩先を進んでます。気になるのは外資系でコロコロと社名が変わる点。持病のある方や、大きな病気を経験された方だと、医療保険の乗り換えは難しく、この点はちょっと不安に思うかも(僕はあまり気にしてませんが…)。

オリックス生命「キュア・サポート・プラス」
全般的に並みの保障内容と保険料です。年齢・性別によっては、はなさく生命より安くなることがあるかも。

メディケア生命「メディフィットRe(リリーフ)」
こちらも全般的に並みの保障内容と保険料です。年齢・性別によっては、はなさく生命より安くなることがあるかも。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう健康プロモート」
契約から5年間、5日以上の入院をしなければ保険料が割引されて激安になります。入院しない自信がある方は、候補に入ります。

保険クリニックなら、はなさく生命はもちろんのこと、比較記事で取り上げた全ての保険会社と提携しています。各社の比較もかんたんにやってくれるので、迷ったら手っ取り早いのは保険クリニックです。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年8月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする