医療保険の女性向け保障を比較する

国立がん研究センターの調査によると、一生のうちにがんを罹患する女性は2人に1人。そして女性は乳がんの罹患率が第1位(がん全体の9%)だそうです。ちょっと怖いデータですよね…。

民間の医療保険には、オプション追加で乳がんを含む女性特有疾病の保障を手厚くできるタイプがあります。具体的に言うと

  • 女性特有疾病で入院した場合、入院給付金が増額される。
  • 乳房切除術や乳房再建術といった女性特有の手術を受けた場合、まとまった金額の一時金が給付される。

です。

日本の公的保険制度はしっかりしているので、医療費の自己負担額は3割。さらに高額医療費制度があるので毎月の医療費上限も決まっています。

しかし、女性の場合は医療費の他にも様々な費用が必要になりますよね。入院中のプライバシーを守るための費用や、ただ完治すればいいだけでなく「元の形に近づける」ための美容的な費用など…。

入院中のプライバシーを守るためには個室や少人数部屋での入院が理想的ですが、そうなると差額ベッド代がかかります。

差額ベッド代は1部屋を何人で使うかによって料金が変わります。厚生労働省の調査によると平均は以下のとおり。

1人部屋:7,797円/1日
2人部屋:3,087円/1日
3人部屋:2,800円/1日
4人部屋:2,407円/1日

この差額ベッド代に使えるのが入院給付金の増額分です。

また、乳房再建術には健康保険が適用されます。世帯年収にもよりますが、高額医療費制度を利用すれば、月の医療費上限は10万円程度です。

ただし、「元のかたちにできる限り戻す」ための美容的な手術は健康保険適用外です。そんなとき、民間の医療保険からまとまった乳房再建一時金(50万円とか100万円とか)が給付されれば、できることが広がってきますよね。

この記事では厳選した10社の医療保険の「乳がんを含む女性特有疾病の保障」を比較します。女性特有疾病の保障を含む総合的な観点から評価して、以下の10社がいまのところ

「おすすめできる医療保険」

です。

オリックス生命「CURE Lady Next(キュアレディネクスト)」

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムZ Lady」

はなさく生命「はなさく医療」

SOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」

メットライフ生命「マイフレキシィ」

メディケア生命「新メディフィットA」

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」

FWD生命「FWD医療」

イオン・アリアンツ生命「元気パスポート」

比較ポイントは以下の3点とします。

  • 入院給付金の増額有無
  • 手術給付金(乳房切除・乳房再建術といった手術を受けたときに給付)の保障内容
  • 毎月支払う保険料

医療保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

女性特有疾病の保障内容を比較する。

各社医療保険の女性特有疾病の保障内容を比較します。比較項目は

  • 入院給付金
  • 手術給付金

の2点です。

入院給付金は、女性特有疾病が原因で入院した場合に増額されます。例えば、主契約が入院1日5,000円だとして、オプションで女性特有疾病に対する保障を追加していれば、入院1日10,000円といった感じです。1日10,000円あれば、割とリッチな入院生活を送れます。

入院給付金の増額対象としている女性特有疾病には数多くの種類があります。生命保険各社によって多少の違いはありますが、概ね下表のとおり。

病気の種類 具体的な病名
がん 胃がん、乳がん、子宮がん、肺がん、大腸がん、白血病 等
※女性特有のがんに限らず全てのがんが対象。
特定の良性新生物 乳房・子宮・卵巣・尿管・膀胱・尿道等の腫瘍(良性新生物)、子宮筋腫 等
女性特有の病気 卵巣機能障害、子宮内膜症 等
女性に多い病気 鉄欠乏性貧血、低血圧症、膀胱炎、甲状腺障害(バセドウ病等)、リウマチ、胆石症、胆のう炎、くも膜下出血 等
妊娠、出産にまつわる症状 早流産、子宮外妊娠、異常分娩による帝王切開、妊娠高血圧症候群、鉗子分娩、吸引分娩 等

これから妊娠・出産を考えている方は「妊娠・出産にまつわる症状」が保障対象かは要チェックです。医療保険によっては「妊娠・出産にまつわる症状」が保障対象外になることもあります。

また、手術給付金は

  • 乳房切除術
  • 乳房再建術
  • 子宮摘出術
  • 卵巣摘出術

といった手術を保障対象とすることが多いです。上記の手術を受けた際に10万円とか15万円とかの手術給付金を受け取れます(乳房再建だと50万円とかです)。

あと、気の利いた医療保険だと乳房・子宮・卵巣に関する手術をまるごと保障対象としていたり、甲状腺に関する手術も保障対象だったり、抗がん剤治療の副作用による脱毛が発生した際にウィッグ代として5万円給付とかもあります。

以下、各社の保障内容を表にまとめます。

医療保険 入院給付金 手術給付金
オリックス生命 入院給付金増額 なし
三井住友海上あいおい生命 【女性疾病給付特約】
入院給付金増額
【女性疾病給付特約】
・乳房切除術
・乳房再建術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
・入院中手術
・外来手術
・放射線治療
チューリッヒ生命 【女性総合疾病特約】
入院給付金増額
【女性総合疾病特約】
・乳房手術
・乳房再建術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
・子宮または子宮附属器にかかわる手術
・放射線治療
・不妊治療
・出産祝金
はなさく生命 【女性疾病入院一時給付特約】
入院時に一時金給付
【女性医療特約】
入院給付金増額
【女性医療特約】
・乳房切除術
・乳房再建術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
・乳房、子宮、卵巣、卵管、甲状腺または副甲状腺にかかわる手術
・特定不妊治療
SOMPOひまわり生命 【医療用女性疾病入院特約】
入院給付金増額
なし
メットライフ生命 【女性疾病入院特約】
入院時に一時金給付
【女性特定部位手術・形成サポート特約】
・乳房、子宮、子宮附属器(卵巣および卵管)、甲状腺および副甲状腺(上皮小体)に対する手術
・乳房再建術
・乳輪、乳頭再建術
・脱毛
・植皮術または瘢痕形成術
メディケア生命 【女性医療特約】
入院給付金増額
【女性医療特約】
・乳房手術
・乳房再建術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
ネオファースト生命 【女性疾病保障特約】
入院給付金増額
【女性疾病保障特約】
・乳房再建術
・乳がんによる手術
・子宮の手術
・卵巣卵管の手術
FWD生命 【女性総合医療特約】
入院給付金増額
【女性総合医療特約】
・乳房切除術
・乳房再建術
・卵巣切除
・子宮切除
・乳房にかかわる手術
・子宮または子宮附属器にかかわる手術
・脱毛
イオン・アリアンツ生命 【女性医療特約】
入院給付金増額
【女性医療特約】
・乳房切除術
・乳房再建術
・乳頭再建、乳輪再建術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
・子宮または子宮附属器にかかわる手術

入院給付金が増額される点は各社同じ。

違いは手術給付金の有無ですが、手術給付金のないオリックス生命・SOMPOひまわり生命はやや保障が弱めですね。

手術給付金のある医療保険で比較すると、乳房切除・乳房再建・子宮摘出・卵巣摘出が保障対象となるのは各社同じですが、甲状腺手術・脱毛・瘢痕形成術まで保障対象のメットライフ生命「マイフレキシィ」が最も範囲が広いと感じます。

次点としては乳房・子宮・卵巣の手術をまるごと保障対象とするチューリッヒ生命・はなさく生命・ネオファースト生命・FWD生命といったところでしょうか。FWD生命は脱毛が保障対象、はなさく生命は不妊治療や甲状腺・副甲状腺の手術が保障対象といった特色があります。

続いて月々の保険料を比較します。保障内容は極力合わせていますが、厳密には一致しないので、ここはご参考程度に。ここでは30歳と40歳を例に比較してみます。

医療保険 30歳女性 40歳女性 備考
オリックス生命 1,920円 2,060円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術10万円
外来手術2.5万円
女性入院給付金1日5,000円
【その他のオプション】
先進医療特約
三井住友海上あいおい生命 2,463円 2,558円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
放射線治療5万円
集中治療10万円
【女性疾病給付特約】
女性入院給付金1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
乳房切除15万円
乳房再建15万円
子宮摘出15万円
卵巣摘出15万円
放射線治療5万円
【その他のオプション】
先進医療特約
チューリッヒ生命 1,544円 1,724円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
放射線治療5万円
【女性総合疾病特約】
女性入院給付金1日5,000円
乳房手術25万円
乳房再建術50万円
子宮摘出術25万円
卵巣摘出術25万円
子宮または子宮附属器にかかわる手術5万円
放射線治療25万円
【その他のオプション】
先進医療特約
はなさく生命 2,079円 2,284円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
放射線治療5万円
【女性医療特約】
女性入院給付金1日5,000円
乳房切除25万円
乳房再建50万円
子宮摘出25万円
卵巣摘出25万円
乳房、子宮、卵巣、卵管、甲状腺または副甲状腺にかかわる手術5万円
特定不妊治療5万円
【その他のオプション】
先進医療特約
SOMPOひまわり生命 不明… 不明…
メットライフ生命 2,224円 2,514円 【主契約】
入院1日5,000円
【女性疾病入院特約】
女性入院給付金1日5,000円
【女性特定部位手術・形成サポート特約】
女性特定部位入院手術10万円
女性特定部位外来手術2.5万円
乳房再建50万円
乳輪・乳頭再建術10万円
脱毛5万円
瘢痕形成10万円
【その他のオプション】
先進医療特約
手術総合特約(入院中10万円、外来2.5万円、放射線10万円、骨髄ドナー5万円)
メディケア生命 1,940円 2,015円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
放射線治療5万円
骨髄移植5万円
骨髄幹細胞の採取手術5万円
【女性医療特約】
女性入院給付金1日5,000円
乳房切除15万円
乳房再建50万円
子宮摘出15万円
卵巣摘出15万円
【その他のオプション】
先進医療特約
ネオファースト生命 1,786 2,078 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術2.5万円
外来手術2.5万円
【女性疾病保障特約】
女性入院給付金1日5,000円
乳房切除15万円
乳房切除以外の乳房手術5万円
乳房再建50万円
子宮摘出15万円
子宮摘出以外の子宮手術5万円
卵巣摘出15万円
卵巣摘出以外の卵巣手術5万円
【その他のオプション】
先進医療特約
FWD生命 1,625円 1,718円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
放射線治療5万円
移植術5万円
骨髄ドナー5万円
【女性総合医療特約】
女性入院給付金1日5,000円
乳房切除15万円
子宮摘出15万円
卵巣摘出15万円
乳房にかかわる手術5万円
子宮または子宮附属器にかかわる手術5万円
乳房再建50万円
脱毛2.5万円
【その他のオプション】
先進医療特約
イオン・アリアンツ生命 1,793円 1,980円 【主契約】
入院1日5,000円
入院中手術5万円
外来手術2.5万円
放射線治療5万円
【女性医療特約】
女性疾病入院給付金1日5,000円
乳房切除25万円
乳房再建50万円
乳頭・乳輪再建5万円
子宮摘出25万円
卵巣摘出25万円
子宮または子宮附属器にかかわる手術5万円
【その他のオプション】
先進医療特約

保障範囲が広いメットライフ生命ですが、保険料はやや高め。

チューリッヒ生命とFWD生命の保険料が拮抗していますが、保障額を加味すれば、チューリッヒ生命の方が一歩先に感じます。あとはイオン・アリアンツ生命もバランスが良いですね。

ということで、女性特有疾病の保障を手厚くするのなら、チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムZ Lady」が最有力な候補になるかと。保険料も最安値クラスですし、保障内容も秀逸です。

次点としてはFWD生命「FWD医療」、もしくはイオン・アリアンツ生命「元気パスポート」でしょうか。ひとまずはこの3社で比較しておけばよいかと。

医療保険の無料相談窓口はこちら。

この記事で比較した10社の医療保険は保険クリニックで相談できます。保険クリニックなら、10社の医療保険を丁寧に比較し、どれがお客さんの目的にあっているか時間をかけていっしょに選んでくれます。

もちろん相談したからって保険に絶対入らなければいけないってことはありません。強引な勧誘も、相談後のしつこい電話もありません、そんなことしたら保険業法を根拠に営業停止になります。

相談はもちろん無料です。軽い気持ちで相談できますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する医療保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。この記事で比較対象とした10社とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする