【評価B】オリックス生命の医療保険「CURE Next(キュアネクスト)」デメリットと評価

オリックス生命には長年定番だった「新CURE(キュア)」という医療保険があったのですが、その「新CURE」が2022年4月にリニューアルされたのがこちらの「CURE Next」です。

「新CURE」との大きな違いは

  • 3大疾病一時金の保障範囲ががん・急性心筋梗塞・脳卒中から、がん・心疾患・脳血管疾患に拡大された。
  • 特約(オプション)に死亡保障が追加された。

の2点。

1点目は最近の医療保険のトレンドです。急性心筋梗塞は心疾患の一部ですし、脳卒中も脳血管疾患の一部です。最近の医療保険は3大疾病と言えば「がん・心疾患・脳血管疾患」なので、ここは他社に追いついた感じです。

2点目についても選択肢が広がるのはメリットですが、医療保障に死亡保障を追加すると手足を縛られた状態になりかねないので、あえて死亡保障を追加する必要はないかなと感じます。

オリックス生命「CURE Next」ここがポイント
  • 保障内容はシンプルです。
  • 他社の医療保険と比較すると特別な何かはないかなと…。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. 入院保障:入院は短期化していますが、超長期の入院となる可能性はゼロではありません。端的に言うと3大疾病(特にがんと脳血管疾患)です。3大疾病の長期入院に耐えられるかは要チェックです。
  2. 通院保障:通院しながら働ける状況であれば家計のやりくりはできそうですが、通院しながらきつい抗がん剤治療(辛過ぎて働けない…)を受けるような状況を保障してくれるかが重要です。
  3. 三大疾病一時金:医療保険にはがん・心疾患・脳血管疾患で入院すると1年に1回ポンっと大きな金額が支払われるオプションがあります。生活費の補填という意味でも、長期の闘病に備えるには重要な保障です。
  4. 先進医療保障:健康保険の適用外となる先進医療は全額自己負担です(治療費が数百万円となることもあります)。医療保険がしっかり保障してくれるかも要チェックです。

まずはざっと概要を書いておきます。上記4点について、オリックス生命「CURE Next」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
入院保障 がん・心疾患・脳血管疾患:無制限
糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全:120日間
その他:60日間
※通算1,000日限度(三大疾病は無制限)
※三大疾病無制限型を選択した場合。
A
通院保障(がん) 退院後1年以内の通院:60日間(経過観察の通院)
手術、放射線照射、温熱療法、抗がん剤治療の通院:無制限
抗がん剤治療特約:なし
B
三大疾病一時金 【対象となる疾病・給付条件】
がん:初回診断、2回目以降入院
心疾患:急性心筋梗塞は入院または手術、急性心筋梗塞以外は10日間以上の入院または手術
脳血管疾患:脳卒中は入院または手術、脳卒中以外は10日間以上の入院または手術
【給付間隔・上限】
1年に1回、回数無制限
A
先進医療保障 通算2,000万円上限・終身型 A
30歳の月額保険料
(入院給付金1万円・先進医療特約、保険料支払期間終身)
男性:2,400円
女性:2,750円
B
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円・先進医療特約、保険料支払期間終身)
男性:3,430円
女性:3,150円
会社情報 苦情率:0.649%
ソルベンシーマージン比率:1517%
会社格付け:AA-(RI)
A

入院保障に大きな問題はありません。がん・心疾患・脳血管疾患を無制限保障にできる点は安心です。

がんの通院保障も手術・放射線・抗がん剤の3大治療であれば無制限保障となります(経過観察の通院は60日間限度)。この点は安心ですが、抗がん剤治療に対する特別な保障はありません。他社だと抗がん剤治療を受けた月に10万円給付されるオプションがあったりしますが、オリックス生命「CURE Next」にはありません。この点はちょっと残念。

また、上述のとおり3大疾病一時金の保障対象は幅広くがん・心疾患・脳血管疾患です。旧「CURE」だと心疾患・脳血管疾患の保障対象が急性心筋梗塞・脳卒中に限定されてましたが、この点は改善されてますね。

先進医療保障は問題ありません。他社同等の通算2,000万円保障です。充実してます。

会社的にも安定しています。苦情率が業界平均0.4%を若干上回る0.649%なのが残念ですが、保険金の支払い能力(ソルベンシーマージン比率)は安全と言わている200%を大きく超える1517%。格付も「AA-」なので”保険金支払能力は極めて高く、優れた要素がある”という評価になっています。

ちなみに「CURE Lady Next(キュア・レディ・ネクスト)」といった女性向けの医療保険がオリックス生命から発売されていますが、「CURE Next」との違いは入院給付金のみ。がんや女性特有の疾病(子宮や卵巣卵管の疾病等)で入院した場合、入院給付金が増額されます。

確かに入院給付金が増額されると差額ベッド代なんかにも使えてありがたいのですが、他社の医療保険には

  • 乳房観血切除術
  • 卵巣観血切除術
  • 子宮観血切除術
  • 乳房再建術

といった女性特有の手術に対する特別な保障があったりします。「CURE Lady Next」はここまでやってくれないので、上記手術の保障に魅力を感じる方は、他社の医療保険とも比較したほうがよいでしょう。

医療保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

オリックス生命「CURE Next(キュアネクスト)」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障 【入院給付金】
入院1日につき5,000円から20,000円の範囲で選択(1,000円単位)。
【手術給付金】
入院中:入院給付金の20倍
外来:入院給付金の5倍
特約(オプション) 【先進医療特約】
保障期間通算で2,000万円までの技術料。1回につき技術料の10%を給付(50万円限度)。
【特定三疾病一時金特約】

がん・心疾患・脳血管疾患を患い、所定の条件を満たした場合に一時金給付。
【がん一時金特約】
がんと診断(2回目以降は入院)された場合に一時金給付。
【がん通院特約】
がんの治療を目的とした通院1日につき、定額給付。
【通院治療支援特約】
退院時に一時金給付。
【入院一時金特約】
入院時に一時金給付。
【終身保険特約】
死亡時に死亡保険金を給付。
【女性入院特約】

がん、もしくは女性特有の疾病で入院した場合に、入院給付金を増額。
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、終身(一生涯)の3つから選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 インターネット、郵送、対面から加入可能。
健康相談サービス あり(ティーペック社と提携)

オリックス生命「CURE Next(キュアネクスト)」の保障内容を評価します。

冒頭のところで入院保障・通院保障(がん)・三大疾病一時金・先進医療保障について書きましたが、その他の特約(オプション)を含め、もう少し詳しく見ていきます。

【基本保障】入院給付金・手術給付金

オリックス生命「CURE Next」の基本保障は入院・手術の2本立てです。オーソドックスでシンプルなタイプの医療保険です。

名称 給付額 給付条件
入院給付金 入院1日につき5,000円から20,000円の範囲で選択(1,000円単位)。 入院1日につき給付
手術給付金 入院中の手術:入院給付金の20倍を給付
外来の手術:入院給付金の5倍を給付
手術を受けたとき。

入院・手術の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

長期の入院にも備えられる保障内容になっています。三大疾病無制限型を選択すれば、入院給付金の給付日数限度が

  • がん・心疾患・脳血管疾患:無制限
  • 糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全:120日間限度
  • 上記以外の病気やケガ:60日間限度

となりますし、七大疾病無制限型を選択すれば、

  • がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全:無制限
  • 上記以外の病気やケガ:60日間限度

となります。

ちなみにですが、入院日数は短期化する傾向にあります。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日
(参考:生命保険文化センター

平均からすると、認知症・統合失調症・アルツハイマー病等のメンタル疾患や、脳血管疾患は入院が長引く傾向にありますが、その他の疾病は意外と短い期間で退院できます。

まあでもこれはあくまで平均です。がんも部位や症状によっては入院が長引きます(水泳の池江璃花子さんは10ヶ月入院されたそうです)。入院の延長保障を付加しても保険料はそこまで上がらないですし、少なくとも三大疾病無制限型を選択しておけば安心かと感じます。

【重要です】先進医療特約

特約名 給付額 給付条件
先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。
・1回につき技術料の10%を給付(50万円限度)。
先進医療を受けた場合。

先進医療とは、研究機関や大学である程度の実績はあるものの、健康保険を適用するか評価段階にある最新の治療・手術を指します。治療費は全額自己負担です。

先進医療が必要となる可能性は低いのですが、治療費は数百万円となることもあります。数百万円が全額自己負担はちょっと怖いですよね。お金が足りずに人生一発レッドカードもあり得ますが、その治療費実費を保障するのが先進医療特約です。

保障内容は他社の医療保険と同水準です。保障額は通算2,000万円限度で、一生涯保険料が変わらない終身型です。問題ありません。

また、技術料の10%が一時金として給付されますが、先進医療を受けられる病院が遠方にある場合を想定し、交通費・宿泊費に使われることを意図したお金です。旅費をサポートしてくれるのは嬉しいですよね。

特約保険料は月100円程度と激安ですし、医療保険に入るのなら基本的には付加しておくべき特約です。

【重要です】特定三疾病一時金特約

特約名 給付額 給付条件
特定三疾病一時金特約 50万円・100万円・200万円から選択可能。
(1年に1回を限度に回数無制限給付)
【がん】
初回:がんと診断確定
2回目以降:入院
【心疾患】
急性心筋梗塞は入院または手術。急性心筋梗塞以外は10日以上継続入院または手術。
【脳血管疾患】
脳卒中は入院または手術。脳卒中以外は10日以上継続入院または手術。

がん・心疾患・脳血管疾患に罹り、所定の条件を満たした場合に、まとまった金額の一時金を受け取れる特約です。実際に受け取ってるみると身に染みてわかるのですが、治療の早い段階でドバっと100万円とかが給付されるので

「医療保険…入っておいてよかった…」

と、わかりやすく実感できます。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD】給付間隔が1年に1回。ちょっと古い医療保険だと2年に1回の場合あり。
  • 【GOOD】上皮内がんも保障対象。
  • 【GOOD】心疾患・脳血管疾患がまるごと保障対象。
  • 【BAD】がんの2回目以降の一時金給付条件が入院。

若干惜しいのが、がんの2回目以降の給付条件が入院に限定される点です。通院治療だけの場合は保障対象になりません。上述のとおりがんの入院治療から通院治療に重きを置かれつつあるので、この点はちょっと残念。

まあでもこの点は医療保険の平均です。非常に優れた医療保険だと、入院でも通院でも治療を受けていれば保障対象となるのですが、一般的な医療保険の条件は「入院」です。デメリットとまでは言えません。

それ以外は悪くない保障内容です。

ちょっと古い医療保険だと一時金が2年に1回しか一時金給付されないことがあります。2年は長いですよね。がんは2年以内に再発・転移を繰り返すことも十分あり得ますが、

「あ、次の一時金は2年後です!2年間がんばって!」

って言われたらイラっときます。その点、オリックス生命「CURE Next」は1年に1回給付です。悪くありません。

また、上皮内がんが保障対象となっている点も評価できます。

上皮内がんとは、がん細胞が血管やリンパ管に到達していない初期のがんを指します。がん細胞は血管やリンパ管で運ばれて転移していくので、上皮内がんの段階でサッと手術で切り取れば再発や転移する可能性は低いと言われてます。

なので、ちょっと古い医療保険だと「上皮内がんなんてがんじゃないよ!」と言い張られて保障対象外になることもあります。大腸がんだと2割、子宮頸がんだと半数以上が上皮内がんで発見されたというデータもあり、上皮内がんもきっちり保障される点はオリックス生命「CURE Next」のメリットでしょう。

それと、これもちょっと古い医療保険だと心臓と脳の保障範囲が急性心筋梗塞・脳卒中に限定されることもあるのですが、オリックス生命「CURE Next」は幅広く心疾患・脳血管疾患を保障対象としています。

急性心筋梗塞は心疾患の一部です。保障対象が急性心筋梗塞に限定されると、急性心筋梗塞以外の心疾患が保障対象外になります。平成29年の厚生労働省の調査によると心疾患全体の患者数1,732千人のうち、急性心筋梗塞の患者数は47千人。割合にすると2.7%に過ぎません。

ただし、急性心筋梗塞以外の心疾患だと

「10日以上の入院、もしくは手術」

が条件です。

生命保険文化センターによると、心疾患全体の入院日数平均は19.3日。

例えば狭心症は2,3日程度入院して手術も受けずに退院することも少なくありません。これだと「10日以上の入院、もしくは手術」の条件に合致せず、保障対象外になります。

他社の医療保険は入院日数の制限がなく

「心疾患なら入院即保障!手術を受けてももちろん保障!」

となることもあるので、急性心筋梗塞以外の心疾患はやや条件が厳しめといったところでしょう。

また、脳卒中も脳血管疾患の一部ですが、脳卒中には

  • 脳梗塞
  • くも膜下出血
  • 脳出血

が含まれます。平成29年の厚生労働省の調査によると脳血管疾患の患者数1,115千人のうち、脳梗塞・くも膜下出血・脳出血の患者数合計は973千人。割合にすると87.2%です。

ということで、脳血管疾患でも脳卒中でも大きな差はありませんが、脳血管疾患の方がちょっと安心かな、とは感じます。

ちなみにですが、脳卒中以外の脳血管疾患も

「10日以上の入院、もしくは手術」

が条件ですが、心疾患と異なり脳血管疾患は入院が長引きます。生命保険文化センターによると、脳血管疾患全体の入院日数平均は78.2日。なので、入院日数の制限がない他社の医療保険と比較しても、そこまで悪くはないかなと感じます。

【重要です】がん一時金特約

特約名 給付額 給付条件
がん一時金特約 50万円・100万円・200万円から選択可能。
(1年に1回を限度に回数無制限給付)
初回:がんと診断確定
2回目以降:入院

上述した特定三疾病一時金特約からがん保障だけ抜き出したのが、がん一時金特約です。

医療費が膨らむ可能性が高いのは、再発と転移を繰り返し長期の闘病となる可能性のあるがんです。特定三疾病一時金特約ではなく、がん一時金特約を選択して毎月支払う保険料を安くするというのはアリでしょう。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD】給付間隔が1年に1回。ちょっと古い医療保険だと2年に1回の場合あり。
  • 【GOOD】上皮内がんも保障対象。
  • 【BAD】2回目以降の給付条件が入院。

上述した特定三疾病一時金特約と同じです。保障内容は悪くありません。平均的です。

【重要ではありません】がん通院特約

特約名 給付額 給付条件
がん通院特約 通院1日につき5,000円・7,000円・10,000円(入院給付金日額が限度)から選択可能。 がんで通院した場合。

がんの治療を目的として通院した場合、通院1日につき定額給付される特約です。ただし、通院する目的によって、給付期間と給付限度日数が異なります。

通院目的 給付期間 限度日数
入院給付金を受けた入院をして、退院したあとの通院 1年間 60日間
約款所定の手術、放射線照射、温熱療法、抗がん剤治療(腫瘍用薬のみとし、経口投与を除く)のための通院 無制限 無制限

経過観察なら60日間まで、治療を伴う通院なら無制限給付です。メリハリが効いてます。

ちなみにですが、がん治療で怖いのは副作用のきつい抗がん剤治療を通院で受けるケースです。この場合は働くこともできず、医療費と生活費で徐々に減っていく預金残高を見て途方に暮れることになります。

さらに通院治療が主体なので、医療保険から支払われる入院給付金も微々たるもの。こんな最悪の状況に対応するために、他社の医療保険には

「抗がん剤治療を受けた月に10万円給付!」

といった抗がん剤治療特約があります。しかし、オリックス生命「CURE Next」には抗がん剤治療特約がないんですよね。

まあ通院で抗がん剤治療を受ける場合に備えてがん通院特約を付加してもよいのですが、保障額は通院1日5,000円程度。保険金請求手続きの負荷と受け取れる金額を天秤にかければ、あえて付加する必要もないかなあと感じます。

【重要ではありません】通院治療支援特約

特約名 給付額 給付条件
通院治療支援特約 3万円 or 5万円 生存して退院したとき

退院する際に一時金を受け取れる特約です。

お見舞い返しとか、そういう用途かと思いますが3万円or5万円という金額を1回だけ給付というのはいかがでしょうか。サラリーマンのお小遣いですよ。

40歳男性の場合、通院治療支援特約3万円をつけると毎月支払う保険料は300円程度上がります。そこまで高い保険料ではありませんが、必要性はあまり感じられません。

【重要ではありません】入院一時金特約

特約名 給付額 給付条件
入院一時金特約 3万円 or 5万円 or 10万円 入院時

日帰り入院や一泊二日の入院でも、入院一時金特約をつけておけば一時金が給付されます。入院に必要な日用品等を準備するのに使われることを目的とした一時金です。

最近は短期の入院が増えているので、

「入院したのに医療保険から少ししか保障を受けられなかった…」

という残念感を薄めるためだったり、貯蓄が極端に少ない方には有効な特約です。

しかし、3万円or5万円or10万円という金額を1回だけ給付というのはいかがでしょうか。サラリーマンのお小遣いですよ(2回目)。

40歳男性の場合、入院一時金特約3万円をつけると毎月支払う保険料は300円程度上がります。そこまで高い保険料ではありませんが、こちらも必要性はあまり感じられません。

【女性は要チェックです】女性入院特約

特約名 給付額 給付条件
女性入院特約 入院1日につき5,000円 入院時

女性特有の病気やがんで入院した場合、基本保障の入院給付金に上乗せで5,000円を受け取れる特約です。

主な用途は差額ベッド代でしょう。

大部屋での入院だとプライベートはカーテン一枚の区切りです。入院中でもプライベートな空間を確保しておきたい場合は、差額ベッド代を支払って個室や少人数部屋で入院することになりますが、この差額ベッド代に充てられるのが女性入院特約です。

ただし、女性入院特約は入院給付金の上乗せだけ。冒頭書いたとおり、他社には乳房切除や乳房再建などの女性特有の手術に対して一時金を給付する特約もあります。下記にリンク先に女性疾病特約をまとめてますので、こちらもご参考に。

女性特有疾病に対する保障まとめ

【重要ではありません】終身保険特約

特約名 給付額 給付条件
終身保険特約 入院給付金の50倍~200倍の範囲で選択可能。 亡くなった場合

医療保険に死亡保障を追加できるというのがこちらのオプション。

いろいろな保障をひとつの医療保険にまとめることで、手続きが楽になるメリットはありますが、医療保険はそのときどきの状況に合わせて進化していくので、将来的に見直したくなることがあります。

「医療保険は解約したいけど、死亡保障は残しておきたい!」

となった場合に、もちろん医療保険を解約すると死亡保障も消滅です。死亡保障がセットになっていることが、医療保険見直しの足かせになってしまうんですよね。

ということで、あえて死亡保障を医療保険とセットにする必要性は薄いでしょう。死亡保障なら、それ専門の終身保険・定期保険・収入保障保険に分けて加入した方が無難です。

【重要ではありません】特定三疾病保険料払込免除特則

特約名 給付額 給付条件
特定三疾病保険料払込免除特則 保険料の支払いが免除される。
(保障は継続する)
特定三疾病一時金特約と同じ。

よくCMで見る「以降の保険料は頂きません!」という特約です。所定の条件を満たせば、以降の保険料支払いが免除されます(もちろん保障は継続)。

保険料の支払いが免除されると確かに嬉しいのですが、特定三疾病保険料払込免除特則は有料です。付加すれば毎月支払う保険料があがります。

保険料を上げてまで特定三疾病保険料払込免除特則をつけるかは微妙なところですよね。そもそも医療保険は保険料がそこまで高くないですし。個人的には不要かと考えています。

【シミュレーション】僕が「CURE Next」に入るなら。

僕がオリックス生命「CURE Next」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:入院給付金5,000円(三大疾病無制限型)
  • 特約:先進医療特約、特定三疾病一時金特約(50万円)

上記シミュレーションで毎月支払う保険料は40歳男性3,940円、40歳女性3,420円です(終身払)。

入院保障は三大疾病を無制限保障としました。脳血管疾患はそもそも入院が長引きますし、入院が短期化しているがんも部位や症状によっては長期入院となるので、三大疾病の入院は無制限保障にしています。

また、先進医療を受けた際に全額自己負担はきついので先進医療特約を付加。あとは3大疾病の長期闘病に備えるため特定三疾病一時金特約も付加しています。抗がん剤治療特約も付加したいところですが、オリックス生命「CURE Next」にないのが少し残念。

保険料は高くはありませんが、安くもなく、ほぼほぼ平均です。医療保険の保険料は下記リンクで比較しているので、ご参考までに。本サイトでおすすめしている保障内容を中心に保険料を比較しています。

医療保険の保険料比較

オリックス生命「CURE Next(キュアネクスト)」のメリット

オリックス生命「CURE Next」ここがポイント!
  • 【check】入院給付金の支払い限度日数を無制限にできる。
  • 【check】無料で利用できる健康相談サービスあり。
  • 【check】先進医療特約が終身タイプ。

メリットの1点目から3点目について説明します。

入院給付金の支払い限度日数を無制限にできる。

繰り返しになりますが、三大疾病無制限型を選択すれば入院給付金の給付日数限度が

  • がん・心疾患・脳血管疾患:無制限
  • 糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全:120日間限度
  • 上記以外の病気やケガ:60日間限度

となりますし、七大疾病無制限型を選択すれば、

  • がん・心疾患・脳血管疾患・糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全:無制限
  • 上記以外の病気やケガ:60日間限度

です。

入院期間は短期化する傾向にありますが、それでも長期化する可能性はゼロではありません。水泳の池江璃花子さんは白血病で10か月入院されています。体力のある若いアスリートでも10か月入院です。

無料で利用できる健康相談サービスが充実している。

実はけっこう大きなメリットです。

オリックス生命はティーペック社と提携して、以下のサービスを無料で加入者に提供しています。

  • 日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介。
  • 医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談。

セカンドオピニオンっていうのは主治医以外のお医者さんから意見を聞くことです。患者が主治医を選ぶってなかなか難しいですよね。たまたま手が空いていたお医者さんが主治医になり、私たちを診断するケースが多いでしょう。重い病気にかかると、偶然巡り合わせた主治医以外の意見を聞きたくなるものです。

とはいえ、一般人にはお医者さんの知り合いなんてなかなかいないですよね。

オリックス生命は日本の名医を紹介し、セカンドオピニオンを聞く機会をつくってくれます。セカンドオピニオンで助かる命があることも事実です。

先進医療特約が終身タイプ。

先進医療特約が終身タイプの場合、先進医療特約の保険料が一生涯上がりません(同じ保険料で一生涯保障)。

「あれ、だって医療保険が終身タイプなんだから、先進医療特約だって終身タイプでしょ?」

って多くの方は理解されているかと思うんですけど、他社は先進医療特約のみ保険料が10年ごとに上がっていく定期タイプだったりすることもあります。

なぜ先進医療特約だけ定期タイプにするのか。それは将来的に先進医療が普及して保険金の支払い額が大きくなった場合、加入者が支払う保険料を上げないと生命保険会社が赤字になるからです。

現状は月100円程度の保険料で先進医療特約をつけられますが、将来的に先進医療が普及すれば、保険料が爆上げされる可能性もあります。終身タイプなら、保険料は一生涯変わりません。

そう考えると、先進医療保障が終身タイプの方が安心感は高いでしょう。

オリックス生命「CURE Next(キュアネクスト)」のデメリット

オリックス生命「CURE Next」 ここにご注意!
  • 【check】抗がん剤治療に対する特別な保障がない。

抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがん細胞を切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがん細胞を切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。働きながらの治療も不可能ではないので、経済的なピンチに陥ることもそんなにありません。

本当に怖いのは2のケースです。この場合は副作用が辛くて満足に働くことも難しく、収入減もあり得ます。最近の抗がん剤治療は

2、3日程度の入院もしくは通院で抗がん剤を打つ→自宅で3週間程度副作用に耐える

みたいなのを繰り返すので、医療保険から支払われる入院給付金も微々たるもの。治療の終わりも見えなくなり、銀行口座の残高が徐々に減っていく抗がん剤ドロ沼にハマります。

ベッドの上で虚空を見上げながら

「あ、これ、やばいかも…」

と、メンタルが削られまくるなかで、毎月定額を銀行口座に振り込んでくれる抗がん剤治療特約はけっこうありがたいのですが、オリックス生命「CURE Next」にはありません。

また、最近の抗がん剤治療特約は自由診療となる抗がん剤治療も保障対象としています。

日本では未承認であるものの、欧米では承認されて使用が進んでいる最新の抗がん剤治療を「自由診療」と呼んでいますが、自由診療の抗がん剤治療は月100万円程度かかることもあります(全額自己負担)。抗がん剤治療を受けた方のうち2割弱が自由診療を受けたというデータもあり、極々マイナーな治療とは言えなくなってきています。

自由診療となる抗がん剤治療を保障対象とする医療保険にネオファースト生命「ネオdeいりょう」メディケア生命「新メディフィットA」があります。気になる方はこちらとも比較を。

オリックス生命「CURE Next(キュアネクスト)」の評価

評価:B(S、A~Cで判定)。

「新CURE」からリニューアルされて他社の医療保険に追いつきつつありますが、特筆すべき何かがあるわけではありません。割と普通です。生命保険会社としての信用力とブランド力は突出しているので、

「定番を選んで安心しておきたい」

という方には向いてますが、やっぱり保障内容・保険料の面では他社の医療保険と比較しておいて損はないでしょう。

よって評価は平均的な「B」が妥当かと感じました。

比較対象となる医療保険として下記を挙げておきます。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」。保障内容に大きな欠点は見当たらず、自由診療も保障対象となる抗がん剤治療特約もあります。また、健康保険料率が適用されれば業界最安値クラスの保険料です。ただし、先進医療特約が10年更新型なのがちょっと残念。

メディケア生命「新メディフィットA」。こちらも保障内容に大きな欠点は見当たらず、自由診療も保障対象となる抗がん剤治療特約もあります。ネオファースト生命の健康保険料率が適用されない場合は、メディケア生命の方が安くなることが多いかと。こちらは先進医療特約が終身型です。

医療保険の保険料は下記リンクで比較しているので、ご参考までに。本サイトでおすすめしている保障内容を中心に比較しています。

医療保険の保険料比較

オリックス生命「CURE Next」の相談をするなら。

オリックス生命「CURE Next」は幅広い保険ショップで取り扱っています。おそらくご近所の保険ショップでも取り扱っていると思いますが、フラッと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、オリックス生命取り扱ってないですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、オリックス生命はもちろんのこと、比較対象としたネオファースト生命・メディケア生命とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する医療保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。オリックス生命はもちろんのこと、比較対象としたメディケア生命・ネオファースト生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:オリックス生命「CURE Next」

長年定番の医療保険だった「新CURE」からリニューアルされ、他社の医療保険に追いつきつつありますが、それでも特筆すべき何かは見当たらないと感じます。保険料・保障内容の両面で、他社の医療保険と比較しておいて損はないでしょう。

比較対象となる医療保険に下記を挙げておきます。ひとまずはこの2社と比較しておけば安心かと。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」。保障内容に大きな欠点は見当たらず、自由診療も保障対象となる抗がん剤治療特約もあります。また、健康保険料率が適用されれば業界最安値クラスの保険料です。ただし、先進医療特約が10年更新型なのがちょっと残念。

メディケア生命「新メディフィットA」。こちらも保障内容に大きな欠点は見当たらず、自由診療も保障対象となる抗がん剤治療特約もあります。ネオファースト生命の健康保険料率が適用されない場合は、メディケア生命の方が安くなることが多いかと。こちらは先進医療特約が終身型です。

とはいえ、医療保険の比較なんて面白くもなんともないですよね。医療保険の比較は専門家にお願いしてみましょう。相談はもちろん無料です。

保険クリニックなら、オリックス生命に加えてネオファースト生命とメディケア生命とも提携してますし、3社間の比較もかんたんにやってくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アオキ より:

    質問させてください。
    45歳男です。医療保険はオリクッスの新キュア基本プラン入院給付金5000円、先進医療、終身払いで2609円、がん保険はメディフィットがん保険の、がん治療給付金10万円でI型、がん診断給付金1年型で50万円の終身払い2850円にしようと思ってます。がん先進医療特約は新キュアの先進医療給付金一時金があるので省きました。がん治療給付金も新キュアの入院手術給付金で賄えると思ったのでII型ではなくI型にしました。また、がん通院治療給付金は入れるかどうか考え中です。なるべく保険料を抑えたいと思ってるのですがいかがなものでしょうか?物足りないところや間違ってるところなど何かあればご教授願います。よろしくお願いします。

    • nejio より:

      アオキ様

      コメントありがとうございました!
      ご質問頂いた件につきまして、アオキ様のバックグラウンドを正確に把握できていないため一般論となってしまいますが、保障内容に大きな問題はないと思います。公的な高額医療費制度を踏まえれば十分な保障内容でしょう。
      また、保険料を安く抑えるのであればSOMPOひまわり生命の「健康のお守り」も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?
      私が試算したところだと、45歳男性の場合

      入院給付金1日5,000円
      先進医療特約あり
      がん診断給付特約50万円
      抗がん剤治療給付特約10万円

      といった保障内容で保険料は月4,577円(終身払)。
      コメントに記載いただいたオリックス生命+メディケア生命の合計よりも安く収まりそうです。