【評価B】オリックス生命の定期保険「FineSave(ファインセーブ)」デメリットと評価

迷う
雑誌の保険特集でオリックス生命の定期保険が高評価だったけど、本当に良いのかなぁ…。迷うなぁ…

新聞の広告でよく見るオリックス生命の定期保険「FineSave(ファインセーブ)」。

広告を見ているとお得に思えて、ついつい申し込みしてしまいたくなりますが、ちょっと待ってください。オリックス生命は安くて良質で「誰が入ってもハズレにはならない」生命保険を開発してますが、しっかりと他社の生命保険と比較してみると「誰でもない自分にぴったり!」な生命保険が見つかるかもしれません。

例えば、

  • タバコを吸わないと保険料が割引になる定期保険がある。

こんなことご存知でした?

オリックス生命の定期保険はタバコを吸う方も吸わない方も保険料は同じ。しかし、他社の定期保険にはタバコを吸わずに血圧と体型が標準値内であれば適用される「健康体割引」という割引制度があったりします。

オリックス生命「FineSave(ファインセーブ)」ここがポイント
  • 死亡保障のある定期保険です。保険料は掛け捨てです。
  • タバコを吸う方も吸わない方も保険料は同じです。

定期保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

定期保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。同じ保険金額でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 特約(オプション)の種類。特に重要なのは生前中に保険金を受け取れるリビングニーズ特約です。また、一括ではなく年金方式で受け取ることを選択できる特約(年金特約)もあった方が便利かもしれないですね。
  3. クレジットカードで支払いできるか。保険金額が大きい場合は、毎月支払う保険料も大きくなるかもしれません。クレジットカードで支払ってポイント還元を受けましょう。

定期保険は安いが正義です。とにかく安く!

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、オリックス生命「FineSave(ファインセーブ)」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額2000万円、保険料払込期間60歳まで)
男性:4,740円
女性:3,700円
C
40歳の月額保険料
(保険金額2000万円、保険料払込期間60歳まで)
男性:6,980円
女性:5,180円
特約について 【リビングニーズ特約】
余命6ヶ月と診断された場合、生前中に死亡保険金を受け取れます。
B
クレジットカード払い 可能 A

繰り返しになりますが、健康体割引がないため喫煙者と非喫煙者の保険料が同じです。タバコを吸わない方には不利な定期保険ですが、逆に言うとタバコを吸う方は保険料が比較的割安になります。

タバコを吸わない方は健康体割引があるメットライフ生命「スーパー割引定期保険」、もしくはチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」だと保険料が安くなる可能性が高いです。割引が適用されるためには、喫煙習慣以外にも血圧等の条件がありますが、一度保険料を比較してみた方が良いでしょう。

ちなみにですが、下記リンク先で定期保険の保険料比較をしています。繰り返しますが、定期保険は安いが正義です。こちらもご参考に。

定期保険おすすめ保険料比較ランキング

定期保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」の基本情報・保障内容

まずは基本情報を一覧にしました。他の定期保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【定期保険】
・死亡、高度障害時に保険金を受け取れます。
・保障は保険料を支払っている期間のみです。
・毎月支払う保険料は掛け捨てです。貯蓄性がありません(解約返戻金がない、もしくは少額です)。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
200万円~5,000万円
※100万円単位で選択可能
保険料を支払う期間 年満了:10年~35年まで5年刻み
歳満了:60歳~90歳まで5年刻み
保険料を支払う回数 月払、半年払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」のメリット

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」 ここがポイント!
  • 【check】喫煙者が冷遇されない!保険料は非喫煙者と同じ!
  • 【check】保障額と保障される期間を柔軟に選べる。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」のメリットについて、細かく見ていきたいと思います。メリットにならない場合もあるので、ご注意を。

【タバコを吸う方必見】オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」は喫煙者が冷遇されない!

ここで言う「喫煙者が冷遇されない!」っていうのは健康体割引がないということです。

健康体割引がある定期保険だと、非喫煙者で血圧や体型(BMI)が一定範囲内だと毎月支払う保険料が割引されます。タバコを吸わない方に有利な保険料なんですけど、逆にタバコを吸う方には不利なんですよね。

一方で、オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」には健康体割引がありません。タバコを吸う方も吸わない方も同じ保険料です。つまり、タバコを吸う方が不利にならないんです。

ちょっと表でやります。健康体割引のあるチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」、メットライフ生命「スーパー割引定期保険」と保険料を比較してみます。

メットライフ生命
スーパー割引定期保険
非喫煙優良体 非喫煙標準体 喫煙優良体 喫煙標準体
毎月4,660円 毎月5,500円 毎月6,120円 毎月9,860円
チューリッヒ生命
定期保険プレミアムDX
非喫煙優良体 標準体
毎月4,640円 毎月6,640円
オリックス生命
ファインセーブ
保険料は一律
毎月6,980円

※40歳男性・保障額2,000万円・保険期間60歳までの条件で算出。

非喫煙優良体っていうのは、1年間喫煙の習慣がなく、血圧・BMIの条件を満たした方の保険料なんですが、この例だとスーパー割引定期保険と定期保険プレミアムDXは毎月支払う保険料がかなり安くなってますよね。

一方で、オリックス生命「ファイルセーブ(FineSave)」は喫煙者であっても、非喫煙者であっても保険料は同じです。タバコを1日3箱吸ってようが、最高血圧200超えだろうが、保険料は同じです(この例だと6,980円です)。

つまり、喫煙者で健康に気を使っていない方は、健康体割引がある定期保険よりオリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」の方が保険料は安くなる可能性が高いんです。

しかし、表の例を見る限りだとタバコを吸う方(標準体)でも最安値はチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」ですよね。オリックス生命「ファイルセーブ(FineSave)」の保険料が月6,980円なのに対し、チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」は標準体でも月6,640円…。

ということで、タバコを吸う方の保険料が安くなるという点をメリットに書きましたが、実はオリックス生命「ファイルセーブ(FineSave)」はそもそもの保険料が安くないんです。定期保険は安いが正義です。1円・10円でも安い定期保険に加入しましょう。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」は保障額と保障される期間を柔軟に選べる。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」は保障額と保障期間を柔軟に選べます。

20歳~50歳の方だと保障期間は以下から選択可能です。

年満了:10年満了、15年満了、20年満了、25年満了、30年満了、35年満了
歳満了:60歳満了、65歳満了、70歳満了、75歳満了、80歳満了、85歳満了、90歳満了

年満了っていうのは年数で保障期間を決めることです。歳満了っていうのは年齢で保障期間を決めることですね。

「満了」っていうのは保険料を支払う期間です。定期保険では、保険料を支払う期間と保障される期間が同じです。

例えば、15年満了だと15年間保険料を支払い続けます。保険料を支払い続ける期間(15年間)に亡くなれば、保険金を受け取ることができますが、16年目以降に亡くなった場合は保険金は受け取れません(16年目以降は保険料を支払うこともありません)。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」は年満了・歳満了ともに5年刻みで保障期間を決められます。他社だと10年刻みになることもあるので、よりキメ細かく柔軟に保障期間を決めることができます。

じゃあ年満了と歳満了どちらがいいのか?っていう話になりますが、定期保険は子供が独立するまでのワンポイントリリーフです。末の子供が独立するまでの期間を保障期間とできれば、年満了でも歳満了でも変わりありません。

例えば、現在30歳の方が、60歳満了で契約しても、30年満了で契約しても保険料は同じです。

定期保険は必要な期間に必要な保障額だけにするのがムダな保険料を支払わなくて済むポイントです。キメ細かく保障期間を選択できるということは、ムダなく必要十分な保障になるということです。この点は大きなメリットですね。

また、保険金額は200万円から5,000万円まで100万円単位で選択できます。

保険金額5,000万円あれば大多数の家庭は事足りるかと思いますが、もしもっと大きな金額の保障が必要な場合は、アクサダイレクト生命「定期保険2」あたりだと1億円まで選択できます。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」のデメリット

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」 ここにご注意!
  • 【check】非喫煙者で健康体の方は保険料が割高に。

非喫煙者の方はチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」、もしくはメットライフ生命「スーパー割引定期保険」の方が保険料は安くなる可能性が高いです。

もう一度同じ表を載せます。

メットライフ生命
スーパー割引定期保険
非喫煙優良体 非喫煙標準体 喫煙優良体 喫煙標準体
毎月4,660円 毎月5,500円 毎月6,120円 毎月9,860円
チューリッヒ生命
定期保険プレミアムDX
非喫煙優良体 標準体
毎月4,640円 毎月6,640円
オリックス生命
ファインセーブ
保険料は一律
毎月6,980円

※40歳男性・保障額2,000万円・保険期間60歳までの条件で算出。

非喫煙者優良体に認定されれば、オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」よりチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」、もしくはメットライフ生命「スーパー割引定期保険」の方がかなり保険料安くなりますよね。

非喫煙者優良体に認定される条件は喫煙習慣のほかに血圧・体型(BMI)があり、そこまで低いハードルでありませんが、非喫煙者の方は一度確認してみた方がよいでしょう。

健康体割引のある定期保険には、

・メットライフ生命「スーパー割引定期保険

・チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX

があります。タバコを吸わない方はこちらもあわせてご検討を。

オリックス生命のファインセーブ(FineSave)とブリッジ(Bridge)の違いを比較する。

オリックス生命はネット専用の「定期保険ブリッジ」も取り扱ってます。ちょっと両者を比較して、違いをまとめます。

比較項目 ファインセーブ(FineSave) ブリッジ(Bridge)
保険料
※40歳・保障額2,000万円・保険期間60歳まで。
男性:毎月6,980円
女性:毎月5,180円
男性:毎月5,545円
女性:毎月3,859円
申し込み方法 郵送・対面(保険ショップ等) ネットのみ
保険金額 200万円~5,000万円 500万円~3,000万円
保険期間 年満了:10年~35年まで5年刻み
歳満了:60歳~90歳まで5年刻み
年満了:10年~30年まで5年刻み
歳満了:60歳~80歳まで5年刻み

圧倒的に保険料が安いネット専用定期保険ブリッジ。定期保険は元々シンプルな仕組みなので、保障内容に大きな差はありません。保険料で選ぶならブリッジ(Bridge)でしょう。

しかし、ブリッジ(Bridge)には以下の制約があります。

  • 保険金額の上限が低い。特に、40代以下は2,000万円が上限。
  • 保険期間が選択肢が狭い。35年満了、85歳満了、90歳満了が選択不可。

大きな制約ではありませんが、「これはちょっと…」という方は、他社の定期保険を探した方がよいでしょう。

オリックス生命のファインセーブ(FineSave)の評価

評価:B(S、A~C)

定期保険で重視するべきは毎月の支払う保険料です。10円でも、1円でも安い定期保険が良い保険です。各社の定期保険を比較しましょう。

その点、オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」はちょっと劣っているかなぁという印象です。健康体割引もないですし。実のところ、タバコを吸う方にとっても最安値の定期保険とは言えません(こちらをご参照ください)。

しかし、対面で相談してから、加入できるのがオリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」の魅力です。生命保険は長いつきあいになります。ネットだけの情報で生命保険に入るのが不安っていう方はけっこういます(ネット専業の生命保険って実はあまり契約が伸びていません)。

よって評価は「B」としました。対面で生命保険の説明を聞きたい方にはおすすめですよ。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」の相談をするなら。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ご近所の保険ショップでも取り扱っているはずです。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちオリックス生命やってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップがオリックス生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険見直し本舗です。

【オンライン相談も可能です!】保険見直し本舗

  • 全国300ヵ所以上の窓口で対面で相談できます。もちろん相談は無料です。
  • オンライン相談も可能です。自宅でかんたんに相談できます。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。選択肢の広さが魅力です。

保険見直し本舗

全国300ヶ所以上に展開する保険見直し本舗。ショッピングモールだとか、大きめのデパートとか、いまや至るところで見かける保険ショップです。

コンプラ厳守で無理な勧誘はありません。個人情報も国際認証基準(ISO)に基づいて管理されています。保険の契約実績は100万件を超えてますし、あらゆる状況の家庭から保険相談を受けてます。経験がものを言う保険相談のなかでは、ピカイチの実績ではないかと。

予約は簡単です。まずは相談方法を下記の3つから選びます。

  • 店舗(最寄りの店舗に相談者が訪れて相談)
  • 訪問(保険見直し本舗のスタッフが自宅やカフェ等の指定場所に訪れて相談)
  • オンライン

オンライン相談可能な点が魅力的ですよね。どこかに行く必要もなく、スタッフが自宅にくることもなく、安全に気軽に相談できます。

続いて相談に必要な情報を入力します。具体的には

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こんな情報です。相談したい内容もざっくりと入力できます(任意ですが入力しておいた方がいいです)。

これで予約は完了。ほんとに30秒で予約できますよ。

実際に利用した方々の口コミはこんな感じです。

口コミの評価は概ね上々です。僕も長いこと保険業界の端っこにいますが、保険見直し本舗の悪い噂は聞いたことない。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。選択肢の広さがうれしいですよね。この記事でご紹介したオリックス生命・メットライフ生命・チューリッヒ生命の3社とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険見直し本舗

【無料で指定場所へ来てくれます!】保険見直しラボ

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険見直しラボは訪問相談をメインとした保険相談サービスです。自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます(オンライン相談もやってます)。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

保険見直しラボは自社雇用のスタッフを相談者のところへ派遣しています。自社雇用なんで管理監督が行き届いてますし、スタッフはしっかりとした教育も受けています。つまり、スタッフのクオリティが高いんですよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のためお伝えしておくと、保険見直しラボはオリックス生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがオリックス生命を含む30社以上の保険を取り扱うことができるのでご安心を。ここでご紹介したメットライフ生命・チューリッヒ生命とも提携しているので、簡単に公平に比較してくれます。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」

タバコを吸う方や、血圧・体型(BMI)が標準値から外れてしまう方におすすめです。

健康体割引という仕組みがないため、タバコを吸う方も吸わない方も保険料は同じ。つまり、タバコを吸う方の保険料が比較的安くなるのがオリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」です。

対面で説明を聞くことができる点もポイントですよね。ネット専用の定期保険もあるなかで、しっかりと説明を聞けて不安を解消できる点は実は大きなメリットです。

オリックス生命「ファインセーブ(FineSave)」は全国の保険見直し本舗で加入できます。この記事でご紹介したメットライフ生命・チューリッヒ生命との比較もかんたんにやってくれますよ。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする