【評価C】明治安田生命「介護のささえ」デメリットと評価

明治安田生命「介護のささえ」ここがポイント
  • 国の要介護認定と連動した介護保険です。
  • 要介護3となれば年金形式で保険金を受け取ることができます。
  • 条件を満たせば一生涯年金を受け取ることができます。

介護保険・認知症保険の必要性と選び方は↓の書いています。

介護保険・認知症保険は必要か

まずはざっと概要を書いておきます。明治安田生命「介護のささえ」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
保障タイプ 介護保険 A
給付タイプ 年金タイプ
※オプションで一時金もあり。
A
給付条件 介護年金:要介護3以上 C

国の要介護認定と連動し、幅広く介護に備えられる介護保険です。認知症保険のように特定の症状に特化した介護保険ではありません。

給付タイプは年金です。年金のように毎年定額を受け取ることができます。終わりが見えない介護は介護状態が続く限り毎月定額を受け取れる年金タイプが理想的。この点はメリットです。

ただし、介護年金の給付条件はやや厳しめ。他社の介護保険は要介護2から給付対象となることが多く、明治安田生命「介護のささえ」は要介護2よりも症状が進行した要介護3から保障対象です。この点はデメリットでしょう。

また、介護保険にしては珍しく死亡保険金があります。詳細は後述しますが、

「介護にならずに亡くなったから、介護保険から1円も給付されなかった!」

ということはないのですが、保険料の高さと保障条件の厳しさを鑑みれば、お得になるケースは限定されるかなと感じます(自分で貯めたほうが良さそう)。

認知症保険・介護保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

明治安田生命「介護のささえ」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他社の介護保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【介護保険】
・要介護認定と連動した保障のある保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
【介護終身年金】
要介護3以上に認定された場合に一生涯年金が給付されます。また、亡くなった場合に死亡給付金が給付されます。
特約(オプション)
【介護一時金保障特約】
要介護3以上に認定された場合、もしくは亡くなった場合に一時金が給付されます。
【軽度介護一時金保障特約】
要介護1、2に認定された場合、もしくは亡くなった場合に一時金が給付されます。
【軽度介護保険料払込免除特約】
要介護1、2に認定され、1年後もその状態が継続したときに保険料の支払いが免除されます。
保険料を支払う期間 以下から選択可能。
・60歳まで~90歳まで(5歳刻み)
・10年、20年
・終身(一生涯)
契約できる年齢 40歳~80歳
保険料を支払う方法 口座振替
保障される期間 終身(一生涯)

明治安田生命「介護のささえ」のデメリット

明治安田生命「介護のささえ」のデメリット
  • 【check】介護年金の給付条件が要介護3。

冒頭でも触れましたが介護年金の給付条件が要介護3です。朝日生命「あんしん介護保険」と保障条件を比較してみます。

朝日生命「あんしん介護保険」 明治安田生命「介護のささえ」
介護一時金 介護一時金タイプ:要介護3以上
要支援一時金タイプ:要支援2以上
介護一時金保障特約:要介護3以上
軽度介護一時金保障特約:要介護1or2
介護年金 要介護1以上 要介護3以上

ポイントは赤字です。明治安田生命「介護のささえ」の基本保障である介護年金は要介護3以上に認定されないと給付されません。

一方で、朝日生命「あんしん介護保険」は要介護1から給付。要介護認定は症状が重いほど数字が上がっていくので、給付条件が緩いのは朝日生命「あんしん介護保険」です。

ちなみにですが、要介護1と要介護3の状態を比較すると、以下のとおり。要介護3はけっこう症状が進行してます。

要介護1 ・身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
・立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
・歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とすることがある。
・排泄や食事はほとんど自分ひとりでできる。
・混乱や理解低下がみられることがある。
要介護3 ・身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話が自分ひとりでできない。
・立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作が自分ひとりでできない。
・歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分でできないことがある。
・排泄が自分ひとりでできない。
・いくつかの不安行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

要介護3となると相当進行してしまっていて、ひとりでは何もできない状態です(要介護1は一人暮らしも不可能ではない状態)。これくらいの重度にならないと明治安田生命「介護のささえ」の介護年金を受け取ることはできません。この点はデメリットでしょう。

明治安田生命「介護のささえ」のメリット

明治安田生命「介護のささえ」のメリット
  • 【check】介護年金の2回目以降給付条件が「生存」のみ。
  • 【check】要介護にならずに亡くなっても何かしら受け取れる(しかし、自分で貯めたほうがよさそう)。

介護年金の2回目以降給付条件が「生存」のみ。

他社の介護保険は要介護状態と認定されたのち、症状が回復して認定解除となれば介護年金の給付がストップします。

しかし、明治安田生命「介護のささえ」は一度認定されれば、症状が回復したとしても一生涯年金が給付され続けます。生存している限りは年金が給付されます。

ただし、繰り返しますが明治安田生命「介護のささえ」の介護年金給付条件は要介護3です。要介護3は相当症状が進行しているので、回復の見込みがかなり薄い状態です。メリットとして書きましたが、要介護3から回復して介護年金を受け取り続けるのはレアケースと考えておいたほうがいいでしょう。

要介護にならずに亡くなっても何かしら受け取れる(しかし、自分で貯めたほうがよさそう)。

明治安田生命「介護のささえ」には死亡保険金があります。この死亡保険金は、亡くなった場合に介護年金として受け取った額が差し引かれて給付されます。

実際に要介護認定を受ける可能性は高くありません。2022年2月の厚生労働省調査では65歳以上の第1号被保険者数が約3589万人。そのうち国の要支援・要介護認定を受けている人は約676万人。割合にすると18.8%です。

国から

「あなたは介護が必要ですよ」

と認定され、何らかの介護サービスを受けている65歳以上の割合はだいたい5人に1人。がんは一生涯で2人に1人が罹患すると言われているので、要介護となる確率はがんよりも低いと言っていいでしょう。

なので、民間の介護保険に加入しても多くの場合は払い損で終わります。保険料は掛け捨てなので、要介護認定を受けることなく亡くなった場合は1円も受け取れません。このときの

「介護保険なんて必要なかったじゃん!」

といったがっかり感は計り知れないものがあります(要介護とならずに一生涯を終えたことは幸せではあるのですが)。

こういうがっかり感を極力減らすために明治安田生命「介護のささえ」は

「介護状態にならずに亡くなっても、死亡保険金を受け取ることができる」

といった商品設計になっています。

例えば介護年金60万円・死亡保険金300万円(死亡保障5倍型)のケースだと、

①介護状態とならずに亡くなった(介護年金なし)
→死亡保険金300万円を給付

②介護状態となって1年後に亡くなった(介護年金60万円受け取り)
→死亡保険金240万円を給付

③介護状態が5年以上続いて亡くなった(介護年金300万円以上受け取り)
→死亡保険金0円

です。1円も受け取らずに亡くなった!ということはあり得ません。少なくとも300万円受け取れます。

しかし、パッと見はお得に思える商品設計ですが、その代わりに保険料は高くなってます。

60歳男性が介護年金60万円・死亡保険金300万円(死亡保障5倍型)で契約すると月々の保険料は16,146円。概ね76歳のときに支払った保険料総額が300万円を超えます。ケース分けして考えると

①76歳未満で要介護3以上に認定される、もしくは亡くなった場合はお得。支払った保険料総額が300万円未満なのに対し、死亡保険金と介護年金の合計は300万円を超える。

②76歳以上で要介護3以上の介護生活が5年間以下で終わる、もしくは亡くなった場合は損。支払った保険料総額が300万円を超えるのに対し、死亡保険金と介護年金の合計は300万円。自分で貯めた方がよい。

③76歳以上で要介護3以上に認定される期間が5年を超えるの場合はお得になる可能性あり(長期の介護になるほどお得)。

かなと。

①と③がお得になるケースですが、65歳以上75歳未満の第1号被保険者1722万人のうち、要介護3以上に認定されている人数は25万人。割合にすると1.5%程度。75歳未満で亡くなるかたもいらっしゃいますが、そうそう多くはありません。①はかなりのレアケースでしょう。

また、介護期間の平均は5年1ヶ月(生命保険文化センター)と言われてますが、要介護3以上ともなると先は長くないので介護生活が5年を超えることも多くはないと考えられます。要介護3以上の状態が5年以上続けば介護するほうは地獄ですが、可能性としては高くありません。③のケースも多くはないかと。

ということを踏まれば、自分で貯めた方がよいのではと感じます。

明治安田生命「介護のささえ」の評価。

評価:C(S、A~Cで判定)。

死亡保険金があるので、

「介護状態にならなかったら何も受け取れない(払い損)!」

ということはあり得ません。メリットのところで書いたように、お得感はありますが保険料が高めで介護年金の給付条件が厳しいので、払い損になる可能性が高いかと。

よって評価は「C」が妥当と感じます。自分で貯める、もしくは他社の介護保険を検討した方がよいと感じます。

明治安田生命「介護のささえ」の相談をするなら。

明治安田生命「介護のささえ」は全国の保険ショップで取り扱ってます。

でも、保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち明治安田生命やってないんですよー」

なんてことを言われたら心折れますよね…。そんなことがないように、事前に最寄の保険ショップが明治安田生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら明治安田生命はもちろんのこと、本記事で比較対象とした朝日生命とも提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

アフターフォローの満足度もNo.1です。

万が一の場合には契約者の味方になってくれますし、公的な介護保険についても詳しいので、いざ(親や自分の)介護が必要になったときにも相談にのってくれます。契約した後はほったらかしみたいな保険ショップが多い中、保険クリニックならきめ細やかなアフターフォローが期待できます。この点もメリットですね。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。明治安田生命はもちろんのこと、比較対象とした朝日生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:明治安田生命「介護のささえ」

死亡保険金という他社にはあまり見られない特徴はありますが、保険料が高めで介護年金の給付条件が厳しいので、払い損になる可能性が高いかと。自分で貯めるか、他社の介護保険を検討した方がよいでしょう。

複雑な介護保険。どれにしようか悩むことが多いと思いますが、1人で悩む必要はありません。最寄の保険ショップで専門家のアドバイスを受けながら決めた方が効率的だし、「やばい介護保険」を掴まされることもなくなります。

保険ショップのスタッフは数多くの介護の現場を見ています。介護に必要なお金、介護保険に何ができるかをしっかりアドバイスしてくれますよ。保険ショップでの相談はもちろん無料。気軽な気持ちで相談して問題ないです。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする