【評価A】ネオファースト生命「ネオde定期」のデメリットと評価

20代から40代前半くらいの方なら保険料が比較的安く収まります。

保障内容に大きな差がない定期保険は決め手の9割が保険料。安いが正義です。結婚して子どもが生まれて、初めて生命保険に入るような方にとっては、有力な選択肢になり得るかと。

ただし、保障期間が長かったり、保障額が高額な場合は他社よりも微妙に高くなることがあります。他社の定期保険と比較しておいて損はないでしょう。

ネオファースト生命「ネオde定期」ここがポイント
  • 死亡保障のある定期保険です。保険料は掛け捨てです。
  • 20代から40代前半なら業界最安値水準の保険料となることもあります。
  • デフォルトで高度障害が保障対象外。保障対象とするには高度障害保障特則を付加する必要があります。

定期保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

定期保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。同じ保険金額でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 特約(オプション)の種類。特に重要なのは生前中に保険金を受け取れるリビングニーズ特約です。また、一括ではなく年金方式で受け取ることを選択できる特約(年金特約)もあった方が便利かもしれないですね。
  3. クレジットカードで支払いできるか。保険金額が大きい場合は、毎月支払う保険料も大きくなるかもしれません。クレジットカードで支払ってポイント還元を受けましょう。

定期保険は安いが正義です。とにかく安く!

まずはざっと概要を書いておきます。上記3点について、ネオファースト生命「ネオde定期」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額2000万円、保険料払込期間60歳まで)
男性:3,780円
女性:2,540円
A
40歳の月額保険料
(保険金額2000万円、保険料払込期間60歳まで)
男性:5,260円
女性:3,540円
特約について 【高度障害保障特則】
高度障害状態に該当したとき、死亡保険金と同額を保障。
【保険料払込免除特約】
がん・心疾患・脳血管疾患で所定の条件を満たした場合に、以降の保険料支払いが免除される。
B
クレジットカード払い 可能 A

保険料は業界最安値クラスと言っていいでしょう。

冒頭書いたとおり、特に20代から40代前半の方なら保険料が比較的安くおさまります。しかし、保障額が高額だったり、保障期間を長くなると他社よりも微妙に高くなることも(後述します)。

特約はちょっと注意が必要です。大きくは2点。

  • デフォルトで高度障害が保障対象外。
  • リビングニーズ特約がない。

高度障害とは両目失明やら両手切断やら両足切断といったかなりハードな状況です。一般的な死亡保険は高度障害も亡くなった場合と同じ扱い(死亡保険金と同額保障)ですが、ネオファースト生命「ネオde定期」は高度障害がデフォルトで保障対象外。高度障害を保障対象とするには高度障害保障特則を付加する必要があります。

「高度障害を保障対象外にして、保険料をちょっとだけ安くすることもできる!」

というようにメリットとも捉えられますが、高度障害を保障対象外にするのは度胸が必要です。原則的には高度障害保障特則を付加しておいた方がよいでしょう。

また、リビングニーズ特約は付加できません。

リビングニーズ特約とは余命宣告された際に生前中に保険金を受け取れるという無料オプションです。生前中に保険金を受け取れるので、

「保険会社の人はちゃんと保険金を支払ってくれた!」

と、安心して亡くなりゆくことができるのですが、これがネオファースト生命「ネオde定期」にはありません。この点はデメリットでしょう。

一方で、定期保険にしては珍しく保険料払込免除特約があります。所定の条件を満たせば以降の保険料支払いが免除される(もちろん保障は継続)というオプションですが、そもそもネオファースト生命「ネオde定期」の保険料は安いので、そこまでメリットでもないかと。保険料払込免除特約は有料オプションなので、付加するとググっと保険料が上がります。

ちなみに、ネオファースト生命なんて聞いたことがない方もいらっしゃると思いますが、国内大手である第一生命のグループ会社です。バックにはしっかりした国内資本が控えてますので、経営上の心配は無用でしょう。

生命保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

ネオファースト生命「ネオde定期」のメリット

ネオファースト生命「ネオde定期」ここがポイント!
  • 【check】保険料は比較的安い(条件あり)。

保険料は比較的安い(条件あり)。

ちょっと表で月々の保険料を比較してみます。

比較対象は業界最安値水準と言われているメディケア生命「メディフィット定期保険」、及びチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」。比較条件は保障期間10年・保障額500万円とします。

ちなみにですが、チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」には割引制度があり、以下の条件①②を両方満たせば保険料が割引になります。

①1年間喫煙習慣なし。
②血圧が最高129mmHg以下、最低84mmHg以下

ここでは割引ありの保険料で比較します。

ネオde定期 メディフィット定期保険 定期保険プレミアムDX
(割引あり)
25歳男性 510円 554円 755円
35歳男性 735円 772円 900円
45歳男性 1,485円 1,481円 1,460円
25歳女性 380円 421円 670円
35歳女性 595円 633円 865円
45歳女性 1,075円 1,096円 1,285円

※ネオde定期は高度障害保障特則あり。

最安値を赤字にしています。

45歳男性を除いてはネオファースト生命「ネオde定期」が最安値。その差はわずかに数十円ですが、最安値は最安値です。

しかし、条件を変えると違った結果になります。

上表では保障期間10年・保障額500万円で比較してみましたが、定期保険の役割は原則的に子どもが独立するまで。子どもが生まれたばかりの方なら、保障期間10年はやや短めです。保障額も500万円では足りないこともあるでしょう。

そこで、現在35歳の方に子どもが生まれて、保障期間60歳まで(25年間)・保障額1,000万円で契約といったよくあるケースで月々の保険料を比較してみます。

ネオde定期 メディフィット定期保険 定期保険プレミアムDX
(健康体割引あり)
35歳男性 2,310円 2,179円 1,950円
35歳女性 1,610円 1,552円 1,690円

※ネオde定期は高度障害保障特則あり。

このケースではネオファースト生命「ネオde定期」が最安値ではなくなります。

全ての年齢で試算したわけではありませんが、ネオファースト生命「ネオde定期」は

  • 若い方が(20代~40代前半)
  • 保障期間が短期で(10年くらい)、
  • 保障額もそこまで大きくない(1,000万円未満)

を満たす場合の業界最安値クラスとなることが多いようです。上記3点を満たす場合は有力な選択肢になり得ます。

ネオファースト生命「ネオde定期」のデメリット

ネオファースト生命「ネオde定期」ここにご注意!
  • 【check】条件によっては他社の方が保険料は安くなる。
  • 【check】リビングニーズ特約がない。
  • 【check】デフォルトで高度障害が保障対象外。

条件によっては他社の方が保険料は安くなる。

メリットのところで比較しましたが、ネオファースト生命「ネオde定期」は

  • 若い方が(20代~40代前半)
  • 保障期間が短期で(10年くらい)、
  • 保障額もそこまで大きくない(1,000万円未満)

といった場合に業界最安値クラスとなる傾向にあります。

逆に言えば、上記の条件を満たさない場合は他社との比較は必須です。下記リンク先で各社の定期保険を比較しています。こちらもご参考に。

定期保険の保険料比較

リビングニーズ特約がない。


リビングニーズ特約とは、余命6ヶ月を宣告された場合、生前中に保険金を受け取れる無料オプションです。

定期保険は保障条件がシンプル(亡くなれば保障)なので、基本的には保険会社とモメる要素はありません。被保険者が亡くなれば、契約どおりの保障額がポンっと銀行口座に振り込まれるでしょう。

しかし、それでも

「保険会社の人たちは、ちゃんと保険金を支払ってくれるのだろうか…」

と、疑念を持つ方もいらっしゃいます。特に、全てがネットで完結する定期保険だと、疑念も膨らみがち…。

そんな疑念を解消してくれるのがリビングニーズ特約です。亡くなる前にきっちり保険金が支払われたことを確認できます。

まあ自分の余命を知ることになるというデメリットもありますが、必要な人にとっては必要なオプションでしょう。ネオファースト生命「ネオde定期」にリビングニーズ特約が無い点は、選択肢が狭いという点でデメリットです。

デフォルトで高度障害が保障対象外。

この点はデメリットとは言えません。注意事項です。

冒頭書いたとおり、一般的な定期保険が保障するのは

  • 亡くなった場合
  • 高度障害になった場合

の2つ。

高度障害とは以下の状況を指します。

  • 両眼の視力を全く永久に失ったもの
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
  • 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
  • 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 両上肢の運動機能を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、他の1上肢の運動機能を全く永久に失ったもの
  • 両下肢を足関節以上で失ったもの
  • 両下肢の運動機能を全く永久に失ったもの
  • 1下肢を足関節以上で失い、かつ、他の1下肢の運動機能を全く永久に失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢の運動機能を全く永久に失ったもの
  • 1上肢の運動機能を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

どれもハードですよね…。目が見えない、噛めない、両手がない、両足がないというような状況です。

ネオファースト生命「ネオde定期」で高度障害を保障対象にするには高度障害保障特則を付加する必要があります。高度障害保障特則を付加して、ようやく他社の定期保険と保障内容が同等になります。

高度障害保障特則を付加したとしても、保険料は月数十円高くなるだけ。原則的には付加しておくべきオプションでしょう。

ネオファースト生命「ネオde定期」の評価

評価:A(S、A~C)

特定の条件下では保険料は業界最安値クラスになり得ます。

保障内容にも大きな問題はありませんし、

「若い人が手軽に入れる生命保険」

といった使い方のできる定期保険でしょう。評価は「A」としました。

ただし、長い保障期間が必要だったり、保障額を大きくする場合には他社の定期保険と比較しておいた方がよいでしょう。

タバコを吸わない方であれば割引が適用される、

メットライフ生命「スーパー割引定期保険」

チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」

あたりが比較対象になりますし、タバコを吸う方も吸わない方も

メディケア生命「メディフィット定期保険」

SBI生命「クリック定期!NEO」

あたりとの比較は必須かと。

ちなみにですが、下記リンク先で定期保険の保険料比較をしています。こちらもご参考に。

定期保険おすすめ保険料比較ランキング

ネオファースト生命「ネオde定期」を申し込むなら。

ネオファースト生命「ネオde定期」はネオファースト生命の公式サイトから申し込みできます。

公式サイト:ネオファースト生命「ネオde定期」

他社との比較なら、保険クリニックが手堅いです。保険クリニックならネオファースト生命はもちろんこと、比較対象としたメットライフ生命・チューリッヒ生命・メディケア生命・SBI生命の4社とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度3年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、3年連続No.1を獲得しています。
  • 全国250店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 50社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に3年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

アフターフォローの満足度もNo.1です。

万が一の場合には契約者の味方になってくれますし、子供が生まれた!転職することになった!子供が独立した!といったようなイベントが発生した際には保険の見直し相談にも乗ってくれます。契約した後はほったらかしみたいな保険ショップが多い中、保険クリニックならきめ細やかなアフターフォローが期待できます。この点もメリットですね。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

50社以上の保険会社と提携している点も評価できます。この記事で取り上げたネオファースト生命・SBI生命・メディケア生命・チューリッヒ生命・メットライフ生命の5社とも提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

【相談場所を選びません!】マネードクター

マネードクターの予約は↓をクリック!

マネードクター

最寄りに保険クリニックがない場合は、マネードクターを検討してみてください。マネードクターも全国の店舗でも相談できますが、予約をすれば自宅でも職場でも近所の喫茶店にでも訪問して相談を受けてくれます。

相談場所を選ばないので、

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスです。

ちなみにですが、マネードクターを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

マネードクターは30社以上の保険会社と提携しています。ネオファースト生命・メディケア生命・チューリッヒ生命・メットライフ生命の4社とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれます。

マネードクターの予約は↓をクリック!

マネードクター

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ネオファースト生命「ネオde定期」

  • 若い方が(20代~40代前半)
  • 保障期間が短期で(10年くらい)、
  • 保障額もそこまで大きくない(1,000万円未満)

とったケースで保険料は業界最安値クラスとなる傾向にあります。

「若い人が手軽に入れる生命保険」

といった使い方のできる定期保険でしょう。

一方で、保障期間が長かったり、保障額が大きいと最安値にならないこともあります。他社の定期保険と比較しておいて損はないでしょう。

とはいえ、生命保険の比較なんて面倒ですよね。面倒なことは専門家の力を借りましょう。保険クリニックならこの記事でご紹介した5社全てを取り扱っています。面倒な比較は保険クリニックで。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年12月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする