【評価A】朝日生命「人生100年時代の認知症保険」デメリットと評価

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」ここがポイント
  • 認知症を保障対象とする認知症保険です。
  • 保険料が業界最安値クラスです。

介護保険・認知症保険の必要性と選び方は↓の書いています。

介護保険・認知症保険は必要か

朝日生命には「あんしん介護認知症保険」という保険ショップで加入できる認知症保険がありますが、インターネット専用で加入できる認知症保険がこちらの「人生100年時代の認知症保険」。朝日生命「人生100年時代の認知症保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
保障タイプ 認知症保険 B
給付タイプ 一時金 B
給付条件 【認知症介護一時金】
要介護1以上かつ所定の認知症と診断
【認知症診断一時金】
器質性認知症と診断
B

認知症保険なので基本保障は認知症に対する保障のみ。認知症は要介護全体の7割程度です。介護全般に備えるのなら、認知症保険ではなく介護保険を選んだ方が無難です。

給付タイプは一時金です。認知症と診断されて所定の条件を満たせば、まとまった金額がドバっと給付されます。終わりが見えない介護は条件を満たす限り毎月定額を受け取れる年金タイプが理想的なのですが、朝日生命「人生100年時代の認知症保険」は一時金保障のみ。この点はちょっとだけ惜しいですね(上述した朝日生命「あんしん介護認知症保険」は年金タイプです)。

また、保障は

  • 認知症診断一時金
  • 認知症介護一時金

の2段階です。

認知症の初期の段階で認知症診断一時金を支払い、認知症が進行して本格的な介護が必要となったところで認知症介護一時金です(認知症診断一時金は無しにすることも可能)。

認知症診断一時金は器質性認知症と診断されれば保障対象です。「器質性認知症」とは、ざっくり言うと臓器(脳)が壊れたことで発症する認知症を指します。3大認知症は

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 血管性認知症

と言われていて、この3つで認知症の80%を占めますが、全て器質性認知症。他にも器質性認知症に分類される認知症は数多くあるので、医師から

「あなたは認知症です」

と診断された場合、多くの場合は「器質性認知症」と考えていいでしょう。

一方で、保障の本丸である認知症介護一時金の保障条件は

  • 「要介護1以上」という条件が追加されている。
  • 他にも「所定の認知症」という独自条件あり。

であり、条件はやや厳しめです(詳細は後述します)。この点は注意です。

といったように、デメリットばかりを並べてしまいましたが、他社と比較して保険料は激安です。デメリットもありますが、そもそも払い損になることが多い認知症保険はこれくらいがちょうどいいのではないかと。

「結局認知症になることもなく最期を迎えたけど、まあこれくらいの払い損なら許せるか」

と思えるくらいの保険料です。

認知症保険・介護保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の認知症保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【認知症保険】
・認知症に備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
【認知症介護一時金】
要介護1以上かつ所定の認知症と診断
【認知症診断一時金】
器質性認知症と診断
契約できる年齢 40歳~79歳
保険料を支払う方法 クレジットカード
保障される期間 終身(一生涯)

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」のデメリット

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」のデメリット
  • 【check】認知症介護一時金の保障条件がやや厳しめ。
  • 【check】契約から2年間以内に認知症が発生した場合は、支払った保険料が戻ってくるだけ。

認知症介護一時金の保障条件がやや厳しめ。

冒頭書いたとおり、朝日生命「人生100年時代の認知症保険」は

  • 認知症診断一時金
  • 認知症介護一時金

の2段階保障なのですが、保障の本丸である認知症介護一時金の保障条件がやや厳しめ。

所定の認知症と診断され
かつ
要介護1以上に認定

が、その保障条件なのですが、要介護1以上の状態とは

  • 掃除や着替えなど日常生活に何らかの助け(見守りや介助)を必要とする。
  • 立ち上がる時や片足で立つ時に何らかの助けを必要とする。
  • 歩く時や立つ際に何らかの助けを必要とする。
  • トイレや食事はほとんど1人でできる。
  • 混乱したり物事を理解できないことがある。

といった比較的軽度な状態を指します(一人暮らしも不可能ではない)。これくらいの状態から保障されれば手遅れにはならなりません。ちょっと注意くらいかと。

ただし、問題はもう一つの「所定の認知症」です。「所定の認知症」の所定とは

  1. 器質性認知症と診断確定
  2. 日常生活自立度判定基準のランクⅢ、Ⅳ、Ⅿと判定

の2つを満たす必要があります。

1点目の「器質性認知症」とは、上述のとおり臓器(脳)が壊れたことで発症する認知症を指します。医師から

「あなたは認知症です」

と診断された場合、多くの場合「器質性認知症」です。1点目の条件は医師から認知症と診断されたことを指すと考えてよいので、認知症保険としては当たり前の条件です。

2点目の日常生活自立度判定基準とは、国の要介護認定を受けるための評価尺度みたいなもので、認知症のある高齢者がどのくらい自立した生活を送れているのかを判定する指標です。具体的には以下のとおり。

ランク 判定基準
何らかの認知症を有するが、日常生活は家庭内及び社会的にほぼ自立している;
日常生活に支障を来す症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる。
日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さがときどき見られ、介護を必要とする。
日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする。
著しい精神症状や周辺症状あるいは重篤な身体疾患が見られ、専門医療を必要とする。

保障対象となるのはランクⅢ以上です。ランクⅢは着替え・食事・トイレといった日常生活に介護が必要な状態を指します。一概には言えないのですが、要介護2くらいかなと。認知症介護一時金が実質的に保障対象とするのは要介護2くらいの認知症と考えられます。

これが他社と比較して若干厳しめです。例えば、認知症保険として比較的新しいネオファースト生命「認知症保険toスマイル」の保障条件は

認知症と診断され
かつ
要介護1以上に認定

です。こちらは「認知症と診断され」がシンプルに認知症と診断されるだけ。朝日生命にあった日常生活自立度判定基準の条件は含まれません。なので、要介護1の認知症から保障対象です。条件はネオファースト生命の方がゆるいと言っていいでしょう。

契約から2年間以内に認知症が発生した場合は、支払った保険料が戻ってくるだけ。

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」はかんたんな告知で加入できます。

告知とは、生命保険に加入する前に、生命保険会社へ健康状態等を知らせることです。告知の内容によっては保険の加入を断られることもあります。

告知がかんたんだと持病があって認知症にかかりやすい人も契約できてしまいます。なので、契約から2年以内は様子を見させてくださいねというのが保険会社の狙い。

契約から2年以内に認知症が発生した場合は、支払った保険料をそのまま戻すだけにしておいて、保険会社のリスク軽減したいということなのでしょう。この点はちょっと注意が必要ですね。

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」のメリット

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」のメリット
  • 【check】保険料が安い。

保険料は激安です。先ほど保障条件を比較したネオファースト生命「認知症保険toスマイル」と、保険料を比較してみます。

朝日生命
「人生100年時代の認知症保険」
ネオファースト生命
「認知症保険toスマイル」
保障内容 認知症介護一時金:200万円
※認知症診断一時金は無し。
認知症保険金額:200万円
60歳男性 1,886円 3,160円
60歳女性 2,138円 3,856円

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」の方が圧倒的に安くなってます。上表では60歳を例に比較していますが、おそらく全ての年齢・性別で朝日生命が安くなるのではないかと。

ちなみにですが、2014年に発表された厚生労働省の資料(PDF)だと、2012年時点で

  • 65歳以上高齢者人口は約3,079万人
  • 認知症高齢者の総数は約462万人(7人に1人)。そのなかで日常生活自立度Ⅱ以上の認知症高齢者の総数は約305万人(10人に1人)

だそうです。

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」の認知症介護一時金が保障対象とするのは、日常生活自立度Ⅱよりも進行したⅢからなので、保障対象になる割合は10人に1人よりもうちょっと少ないと推測されます。

ということで、認知症保険は往々にして払い損になります(朝日生命に限らず、どこの認知症保険も払い損になることが多い)。

なので、認知症保険に高い保険料を支払うことはムダかなあと感じてますが、これくらいの保険料であれば払い損となっても安心を買うにはギリギリ許容できる水準でしょう。保険料が安い点は朝日生命「人生100年時代の認知症保険」のメリットです。

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」の評価。

評価:A(S、A~Cで判定)。

保障条件は他社より厳しめですが、保険料は激安。そもそも払い損になることが多い認知症保険に高い保険料を支払うのもムダに思え、これくらいでちょうどいいんじゃないかと感じます。

よって評価は「A」としました。

ただし、冒頭書いたとおり、認知症は要介護全般の7割程度なので、認知症保険ではその他の3割をカバーできません。本気で介護に備えるのなら、幅広く要介護状態を保障する介護保険の方が安心です。介護全般に備えるのなら、同じ朝日生命の「あんしん介護保険」あたりを選んだ方が無難です。

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」の相談をするなら。

朝日生命「人生100年時代の認知症保険」はネットから申し込み可能です。

公式サイト:朝日生命「人生100年時代の認知症保険」

繰り返しますが、認知症保険が保障対象とするのは認知症のみ。介護全般に備えることはできません。本気で介護に備えるのなら、介護全般を保障対象にする介護保険の方が安心です。

また、認知症保険・介護保険は保障内容が複雑です。疑問点を解消できずに契約してしまうと、

「こんなことになるなんて…」

といったことにもなりかねません。一度は対面で説明を受けた方が良いでしょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら朝日生命はもちろんこと、本記事で比較対象としたネオファースト生命とも提携しています。認知症保険・介護保険に関する疑問点も親切に回答してくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

アフターフォローの満足度もNo.1です。

万が一の場合には契約者の味方になってくれますし、公的な介護保険についても詳しいので、いざ(親や自分の)介護が必要になったときにも相談にのってくれます。契約した後はほったらかしみたいな保険ショップが多い中、保険クリニックならきめ細やかなアフターフォローが期待できます。この点もメリットですね。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。朝日生命はもちろんのこと、比較対象としたネオファースト生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:朝日生命「人生100年時代の認知症保険」

保障内容はやや厳しめですが、保険料は激安です。そもそも払い損になる可能性が高い認知症保険ですが、これくらいなら後悔することもないだろうという保険料です。多くの方にとって最適になる可能性が高い認知症保険でしょう。

ただし、認知症は要介護認定される方の7割程度です。認知症保険ではその他の3割をカバーできません。認知症保険で介護に備えていたのに、骨折が原因で介護になっちゃって何も保障されないかった!なんていう状況は悔やんでも悔やみきれないものがあります。本気で介護に備えるのなら、幅広く要介護状態を保障する介護保険の方が安心です。朝日生命「あんしん介護保険」も比較対象に入れてみてください。

とはいえ、保険の比較なんて面倒ですよね。面倒なことは専門家に相談です。

認知症保険は全国の保険ショップで取り扱っています。保険ショップの相談はもちろん無料。気軽な気持ちで相談して問題ないですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年9月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする