【評価A】なないろ生命の緩和型医療保険「なないろメディカルスーパーワイド」デメリットと評価

持病がある方や、過去に大病を経験した方でも加入できる緩和型医療保険のなないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」。

画期的なのは以下の2点が「いいえ」であれば加入できる点です。

①過去3か月以内に、医師・歯科医師から、入院、手術、放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)をすすめられたことまたは説明をうけたことがありますか。

②過去1年以内に、入院をしたこと、または、手術、放射線治療(電磁波温熱療法を含みます)をうけたことがありますか。

他社にも緩和型医療保険はありますが、その他社と比較すると条件がゆるいです。例えば、オリックス生命「キュア・サポート・プラス」だと下記3点が全て「いいえ」でないと加入できません。

①過去3か月以内に、医師から、入院、手術、検査のいずれかをすすめられたことがありますか。

②過去2年以内に、病気やケガで入院をしたこと、または手術をうけたことがありますか。

③過去5年以内に、がんまたは上皮内新生物・肝硬変・統合失調症・認知症・アルコール依存症で、医師の診察・検査・治療・投薬のをうけたことがありますか。

大きな違いはオリックス生命の③の条件が、なないろ生命には無い点。また、オリックス生命の②の条件も、なないろ生命の②では1年以内に短縮されているので、結果的には

「大きな病気で入院したり手術を受けたとしても、1年間無事にやりすごせて、過去3ヶ月の間に医師から入院、手術、放射線治療をすすめられていない」

のであれば、誰でも加入できます。

これまでの緩和型医療保険は大きな病気をすると5年、小さな病気でも入院してしまうと2年待つ必要がありましたが、それをなないろ生命が1年に短縮。通院で抗がん剤治療を受けていたり、通院で糖尿病の治療を受けている方でも上記①②の条件を満たせば加入できます。

保険料が高いだとか、保障内容がシンプル過ぎる(必要最低限は揃ってます)といったデメリットもありますが、医療保険への加入を断られている方を救うことができる画期的な緩和型医療保険だと感じます。

医療保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」の保障内容を評価します。

保障内容は至ってシンプルです。

主契約で入院・手術・放射線治療を保障し、オプションで先進医療の保障有無を選ぶことができます。

【主契約】入院給付金

名称 給付額 給付条件
入院給付金 入院1日につき3,000円~10,000円から選択可能。
※1,000円単位で選択可能。
入院1日につき給付

入院1日に対して定額給付する保障です。

1回の入院で60日まで保障。入院が長引いて90日になった場合でも、保障されるのは60日までです。他社の緩和型医療保険には、がん・心疾患・脳血管疾患といった3大疾病の入院を無制限保障するオプションがあったりしますが、なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」にはありません。

この点は少し残念ですが、まあ他社の緩和型医療保険よりも加入条件がさらにゆるい超緩和型なので仕方ないでしょう。

【主契約】医療費充当給付金(入院一時金)

特約名 給付額 給付条件
医療費充当給付金(入院一時金) 入院給付金日額×所定の給付倍率。
※なしにすることも可能。
入院したとき。

入院すれば必ず給付される一時金です(日帰り入院でも保障)。

例えば、2泊3日の入院だと

・主契約だけだと3日分の入院給付金しかもらえない。入院給付日額5,000円だと。15,000円。これだけだと、入院するのに必要な日用品購入と交通費で赤字になるかも…。

・入院一時金特約5万円を付加しておくと追加で50,000円もらえる。2泊3日の入院で入院給付金と合わせて65,000円もらえたら、赤字にはならなそう。

といった感じですね。

手持ちの現金が少ない方には有効な保障ですが、元を取るのはけっこう大変です。

例えば、40歳男性が医療費充当給付金5万円を付加すると、月々の保険料は1,350円上がります。38ヶ月払い続けた場合の保険料総額が51,300円となるので、概ね3年に1回入院してようやく元が取れる計算です。

まあ抱えている持病によっては入院する頻度が高いこともあるので、一概に「保険料が高い!絶対に不要!」とは言えませんが、多くの方にとっては「なし」で良いとは感じます。

【主契約】手術給付金・放射線治療給付金

特約名 給付額 給付条件
手術給付金・放射線治療給付金 入院給付金日額×所定の給付倍率。
※なしにすることも可能。
所定の手術・放射線治療を受けたとき。

手術を受けた際に定額給付される保障です。また、放射線治療を受けた際にも60日に1回の間隔で定額給付されます。

こちらも40歳男性が手術給付金・放射線治療給付金5万円を付加すると、月々の保険料は1,400円上がります。36ヶ月払い続けた場合の保険料総額が50,400円となるので、概ね3年に1回手術、もしくは放射線治療を受ければ元が取れる計算です。

なので、こちらも「なし」でいいかなと感じますが、再発の可能性があるがん経験者の方は付加しておいたほうが安心でしょう。がんの3大治療は手術・放射線・抗がん剤と言われてますが、3つのうち2つだけでも保障されれば安心感は変わります。

【重要ではありません】引受基準緩和型通院一時金特約

特約名 給付額 給付条件
引受基準緩和型通院一時金特約 3万円 退院後180日以内に通院したとき。

退院した後に1回でも通院すると一時金が給付される特約です。

入院1回につき1回だけ給付で、給付額は3万円。お小遣い程度の保障額なので、あまり意味はないかなという印象です。

【重要です】引受基準緩和型先進医療特約

特約名 給付額 給付条件
引受基準緩和型先進医療特約 ・先進医療の技術料実費(上限2,000万円)
・一時金として技術料の10%(上限200万円)
先進医療を受けた場合。

先進医療とは、公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術を指します。健康保険が適用されないので治療費は全額自己負担。なので、先進医療を受けると高額な医療費を請求されることもあります。その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約です(2,000万円まで保障)。

また、一時金として先進医療給付金の10%が給付されますが、先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。一時金は交通費・宿泊費等に使うことを想定したお金です。

保障内容は他社同等です。悪くはありません。先進医療は1回300万円程度かかることもあり、必要となった場合は人生一発レッドカードもあり得ます。月々200円程度で付加できますし、今後実現される新たな治療方法に備えるという意味でも、基本的には付加しておくべき特約でしょう。

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」のメリット

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」ここがポイント!
  • 【check】加入条件がゆるい。

冒頭書いたとおり、他社の緩和型医療保険と比較しても加入条件はゆるいです。

特に他社の緩和型医療保険にはよくある

・過去5年以内にがんまたは…。

という条件が無い点と、

・過去2年以内に入院または手術が…

という条件が1年に短縮された点は画期的です。

「大きな病気で入院したり手術を受けたとしても、1年間無事にやりすごせて、過去3ヶ月の間に医師から入院、手術、放射線治療をすすめられなければ、誰でも加入できる」

です。何らかの病気で現在進行形で通院治療を受けていたとしても、条件を満たせば加入できます。

世の中には「無告知型」と言って、無条件で誰でも加入できる医療保険が理論上は存在してますが、実際に販売している生命保険会社は私が知る限りではありません(少額短期保険ではあるのかもしれませんが)。現在の日本では最も加入条件がゆるい医療保険だと感じます。

これまで加入することができなかった方々に門を開いたという意味では、とても意義のある医療保険だと感じます。

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」のデメリット

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」ここにご注意!
  • 【check】保険料はやや高め。
  • 【check】オプションの種類がシンプル過ぎる。

保険料は高めです。

40歳を例に他社の緩和型医療保険と比較してみます。比較対象はメディケア生命「メディフィットRe」、及びオリックス生命「キュア・サポート・プラス」。保障条件は極力合わせてますが、微妙に異なるところもあるのでご参考程度に。

なないろ生命 メディケア生命 オリックス生命
保障内容 入院1日5,000円
手術・放射線5万円
先進医療特約あり
入院1日5,000円
手術入院5万円外来2.5万円
放射線5万円
先進医療特約あり
入院1日5,000円
手術入院5万円外来2.5万円
放射線5万円
先進医療特約あり
40歳男性 4,505円 2,830円 3,135円
40歳女性 3,894円 2,725円 2,800円

なないろ生命が際立って高くなってますよね。

まあこれは加入条件が2社よりもゆるいことが要因です。メディケア生命とオリックス生命は上述した「過去5年以内にがんまたは…」「過去2年以内に入院または手術が…」という条件があります。

また、オプションの種類が他社と比較してシンプルです。上表で比較したメディケア生命・オリックス生命には、

  • がん・心疾患・脳血管疾患の入院を無制限保障するオプション。
  • がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の条件を満たした場合は50万円の一時金が給付されるオプション(オリックス生命のみ)

がありますが、なないろ生命にはそんなものありません。

ということで、上述した「過去5年以内にがんまたは…」「過去2年以内に入院または手術が…」という条件を既に満たしている、もしくはもう少しで満たせそうな場合には、なないろ生命は選択肢に入りません。他社の緩和型医療保険を選んだほうがよいでしょう。

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」の評価

評価:「A」(S、A~Cで判定)。

加入条件のゆるさは他社を圧倒しています。大病を経験された方にとって大きなハードルとなっていた

・過去5年以内に…。

という条件が撤廃されている点と、

・過去2年以内に入院または手術が…

という条件が1年に短縮された点は画期的。加入を断られ続けてきた方々に門を開いた非常に意義のある医療保険です。よって評価は「A」としました。

ただし、加入条件がゆるいがために保険料は高め。そしてオプションの種類も多くはありません。

「過去5年以内にがんまたは…」「過去2年以内に入院または手術が…」といった条件を満たしていて、他社の緩和型医療保険に加入できる場合は、なないろ生命は選択肢に入りません。ひとまずはメディケア生命・オリックス生命あたりの加入条件を満たしているかも要チェックです。

また、がんの再発に備える場合はがん保険の緩和型であるアフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」も候補に入ります。

保障内容はがんに特化していて、がんの3大治療(手術・放射線・抗がん剤)を全てカバー。加入条件に「過去5年以内にがんまたは…」があるので、ハードルはやや高めですが、がん経験者の方はこちらもチェックです。

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」の相談をするなら。

なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ご近所の保険ショップでも取り扱っているはず。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち、なないろ生命やってないんですよ」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことにならないためにも、事前に最寄の保険ショップがなないろ生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、なないろ生命はもちろんのこと、この記事で比較対象としたメディケア生命・オリックス生命・アフラックとも提携しています。4社の比較もかんたんにやってくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する医療保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。なないろ生命はもちろんのこと、比較対象としたメディケア生命・オリックス生命・アフラックとも提携しているので、比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:なないろ生命「なないろメディカルスーパーワイド」

現在発売されている緩和型医療保険のなかでは、最も加入条件がゆるいと言っていいでしょう。世の中には「無告知型」といわれる本当に誰でも入れる医療保険もありますが、現在発売している保険会社は私が知る限りではありません。

一方で、保険料は高め。オプションの種類も多くはありません。

すでに他社の緩和型医療保険の加入条件を満たしている場合は、他社の方が良いでしょう。ひとまずはメディケア生命・オリックス生命あたりの加入条件を満たしているかも要チェックです。がんの再発に備える場合はがん保険の緩和型であるアフラック「生きるためのがん保険 寄りそうDays」も候補に入ります。

保険クリニックなら、なないろ生命はもちろんのこと、メディケア生命・オリックス生命・アフラックとも提携しています。3社の比較もかんたんにやってくれるので、迷ったら手っ取り早いのは保険クリニックです。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする