【評価B】チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」デメリットと評価

亡くなるリスクと働けなくなるリスクをセットで保障するチューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」。働けなくなるリスクも保障範囲に含まれるので、保険料は高めです。シンプルに死亡保障だけで良い場合は選択肢に入りません。

収入保障(亡くなった場合の保障)と就業不能保障(働けなくなった場合の保障)をひとつの保険にまとめられるので、手続きに手間がかからないメリットはありますが、他社でも「収入保障保険+就業不能保険」のセットはできることが多いですし、バラバラに入った方が保険料が安くなることもあります(後述します)。

一方で、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」には

  • メンタル疾患が回復した後も、ずっと年金が給付される。

といった特徴があります。

保険料は高めでも↑に魅力を感じるのであれば、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は候補に入ります。

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」ここがポイント
  • 死亡保障のある収入保障保険です。保険料は掛け捨てです。
  • 割引がありますが、割引されても保険料は業界最安値クラスに届かず。
  • メンタル疾患の保障が強力です。

収入保障保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

収入保障保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 月々の保険料。保障額と保障期間を決めた上で、生命保険各社の収入保障保険を比較する。健康に気をつけている方は、健康体割引のある収入保障保険がおすすめ。
  2. 就労不能特約の保障内容。治療中と、治療が終わって後遺障害を負った場合のどちらも保障対象としているのが理想。
  3. クレジットカード払いできるか。クレジットカードで保険料を支払い、ポイント還元の恩恵を受けましょう。

まずはざっと概要を書いておきます。上記3点について、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(月額10万円保障、保障期間60歳まで)
男性:6,450円
女性:7,830円
※非喫煙優良体型の保険料。
C
40歳の月額保険料
(月額10万円保障、保障期間60歳まで)
男性:7,040円
女性:7,670円
※非喫煙優良体型の保険料。
就業不能特約 【ストレス性疾病保障付就業不能保障特約】
①5大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中・肝硬変・慢性腎不全)で所定の就業不能状態が60日をこえて継続した場合。
②不慮の事故による傷害を原因として所定の身体障害状態に該当した場合。
③ストレス性疾病が原因で60日を超えて入院した場合。
B
クレジットカード払い 可能 A

過去1年間以内に喫煙をしておらず、血圧が標準値であれば保険料が割引されますが、冒頭書いたとおり就業不能保障がセットでついてくるので全般的に保険料は高め。

先に結論から書いてしまいますが、保険料の観点で見れば、

●同じような「収入保障保険」+「就業不能保険」のセットならSOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」と比較を。

●「収入保障保険」+「就業不能保険」をバラバラに入ってもいい場合はFWD生命「FWD収入保障」アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」のセットと比較を。

●シンプルに「収入保障保険」だけでいいなら、FWD生命「FWD収入保障」と比較を。

といった比較をしてみると良いです(詳細は後述します)。

収入保障保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

生命保険 見直し

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の収入保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【収入保障保険】
・死亡、高度障害時に毎月定額で保険金を受け取れます(一括で受け取ることも可能です)。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
毎月5万円から1万円単位で選択可能。
選択できる保障期間 55歳まで・60歳まで・65歳まで・70歳まで・75歳まで・80歳まで・85歳まで・90歳までから選択可能。
保険料を支払う回数 月払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
特約(オプション) 【ストレス性疾病保障付就業不能保障特約】
5大疾病・メンタル疾患で働けなくなった場合に毎月保険金給付。
【就業不能状態保険料払込免除特約】
5大疾病・メンタル疾患で働けなくなった場合に以降の保険料支払いを免除。
【リビングニーズ特約】
余命半年と宣告された場合、生前中に保険金給付。
【指定代理請求特約】
本人の代わりに家族が代理で保険金請求可能。
加入方法 対面
健康相談サービス あり

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」のメリット

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」 ここがポイント!
  • 【check】条件を満たせば保険料が割引される。
  • 【check】働けなくなるリスクに備えることができる。

メリットの1点目と2点目について説明していきます。

【シミュレーション】条件を満たせたば保険料が割引される。

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は喫煙習慣と血圧によって保険料を2つのランクに分けてます。例えば30歳で月額10万円保障・保障期間60歳までで契約した場合、月々の保険料のシミュレーションはこんな感じです。

非喫煙者優良体型 標準体型
30歳男性 6,450円 8,190円
30歳女性 7,830円 9,000円

各ランクの条件はこんな感じです。

非喫煙者優良体型 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
・血圧が以下にあてはまる。
20歳~49歳:血圧の上が129mmHg以下、下が84mmHg以下。
50歳~70歳:血圧の上が139mmHg以下、下が89mmHg以下。
標準体型 上記にあてはまらない場合。

他社にも同じような割引があります。他社と比較したポイントは以下の2点。

  • 【GOOD!】体型(BMI)が条件に含まれない。太り過ぎ・痩せ過ぎでも割引が適用される。他社は体型が条件に含まれる場合あり。
  • 【BAD!】20歳~49歳だと血圧の条件は厳しい。他社は「血圧の上が139mmHg以下、下が89mmHg以下」が標準的。

他社の収入保障保険では、喫煙習慣・血圧の他に体型(BMI)も条件になっていることが多いです。例えば、FWD生命「FWD収入保障」で最も保険料が割引される非喫煙者優良体の条件は以下のとおり。

非喫煙者優良体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg未満、下が90mmHg未満。

「18.0<BMI<27.0」が条件に含まれるので、例えば身長170㎝の方なら体重が概ね52kg~78kgの範囲内といった条件を満たす必要があります。

※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

太り過ぎ・痩せ過ぎで他社の割引条件を満たせなくても、体型が条件にないチューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」なら割引が適用される可能性があります。この点はメリットですね。

一方で、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は20歳~49歳だと血圧の条件が厳しくなります。

上表のとおり、FWD生命「FWD収入保障」は年齢制限なく「血圧の上が140mmHg未満、下が90mmHg未満」が条件。チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」よりもハードルが低めです。

ただし、冒頭書いたとおりチューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は割引を受けられたとしても、就業不能保障が含まれるので保険料は高めです。シンプルに死亡保障だけを求める場合は選択肢に入りません。

「割引の条件を満たせた!さぁ契約だ!」

とはならず、しっかりと他社の収入保障保険と比較してみましょう(デメリットのところで比較してみます)。

収入保障保険の保険料は下記リンク先で比較しています。

収入保障保険の保険料比較

喫煙習慣の有無、血圧と体型の条件別に比較しています。こちらもご参考に。

働けなくなるリスクにも備えられる【ストレス性疾病保障付就業不能保障特約】

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は働けなくなるリスクにも備えられます。以下①~③の条件を満たした場合、亡くなった場合と同様に年金を受け取れます。

①5大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中・肝硬変・慢性腎不全)で所定の就業不能状態(入院・在宅療養)が60日をこえて継続した場合。

②不慮の事故による傷害を原因として所定の身体障害状態に該当した場合。

③以下のストレス性疾病が原因で60日を超えて入院した場合。
統合失調症・統合失調症型障害および妄想性障害、気分[感情]障害(うつ病等)、神経症性障害・ストレス関連障害および身体表現性障害、摂食障害、非器質性睡眠障害、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、更年期障害

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】年金が給付開始されたら、回復しても給付停止とならない。
  • 【BAD!】保障条件がやや厳しめ。

年金給付が開始されると必ず満額受け取れます。例えば、保障期間60歳までの契約で40歳で条件を満たして年金給付が開始すれば、60歳までの20年間毎月定額給付です(回復しても給付継続)。

他社は働けるようになれば年金給付を停止することが多いです。働けるようになったとしても、時短勤務や有休消化しながら慣らし慣らしとなることも多く、すぐに元の収入に戻るとは限りません。回復しても給付が継続する点はメリットでしょう。

一方で、保障条件はやや厳しめ。

それぞれの条件を評価していきます。

【5大疾病の保障条件】

5大疾病(悪性新生物・急性心筋梗塞・脳卒中・肝硬変・慢性腎不全)の保障条件は「入院・在宅治療が60日以上継続」ですが、条件はやや厳しめかなと。

現役世代が疾病で働けなくなる原因の多くはがんが占めますが、がんの入院は短期化しています。がんの入院日数平均は

胃の悪性新生物:22.3日
結腸及び直腸の悪性新生物:16.4日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:20.8日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:21.1日
(参考:生命保険文化センター

です。意外と短いですよね。

漫才コンビおぎやはぎの小木博明さんは2020年8月17日にステージ1の腎細胞がんで入院されたことがあります。そして仕事に復帰したのが2020年9月2日なので、お仕事を休まれたのは約2週間。この程度ならチューリッヒ生命は保障しないでしょう。

これが他社の収入保障保険だと

「あなたはがんです」

と医師から診断されれば保障されることが多いです。これだと小木博明さんも保障されます。

脳卒中を除けば、その他の疾病も「入院・在宅治療が60日以上継続」に該当せず職場復帰できることが多いかなと感じます。他社は20日以上の入院で保障されることが多いので、条件はやや厳しいかな。

また、5大疾病以外の疾病で働けなくなったとしても保障はされません。

糖尿病や肺炎やら聞いたことがないような難病で働けなくなったとしても、5大疾病以外であれば保障はされません。上記の5大疾病で働くなくなる原因の大半はカバーできていると思いますが、この点も注意でしょう。

【不慮の事故による傷害】

上記②の条件にある「所定の身体障害状態」とは、以下を指します。

(1) 1眼の視力を全く永久に失ったもの
(2) 両耳の聴力を全く永久に失ったもの
(3) 1上肢を手関節以上で失ったかまたは1上肢の用もしくは1上肢の3大関節中の2関節の用を全く永久に失ったもの
(4) 1下肢を足関節以上で失ったかまたは1下肢の用もしくは1下肢の3大関節中の2関節の用を全く永久に失ったもの
(5) 10手指の用を全く永久に失ったもの
(6) 1手の5手指を失ったかまたは第1指(母指)および第2指(示指)を含んで4手指を失ったもの
(7) 10足指を失ったもの
(8) 脊柱に著しい奇形または著しい運動障害を永久に残すもの

単なるケガの入院程度では保障されません。保障されるのは一生涯回復の見込みがないようなハードな状況です。まあ他社も上記のようなハードな身体障害を保障することが多いので、この点は他社同等。

気になるのはチューリッヒ生命は独自基準のみである点です。他社は国の障害等級と連動することが多いです。例えば、障害年金の2等級以上に認められれば、保障しますよといった条件。

独自基準のみだと条件に漏れがないかが気になります。例えば、チューリッヒ生命の独自基準には咀嚼機能(食べ物を噛めるか)が含まれません。咀嚼機能を欠いてしまえば障害等級2級なので、他社だと保障されますが、チューリッヒ生命だと保障されないでしょう。

条件が「国の基準+独自基準」であれば良いのですが、独自基準のみだと条件に漏れがないか不安が残ります。

【メンタル疾患】

保障条件は「入院60日間超」です。

よくある

「ちょっと仕事休んで自宅でゆっくりしましょうか」

と医師から診断される程度の軽症は保障されません。

保障されるのは入院するような重度のメンタル疾患ですが、まあ他社も同じようなもの。他社も自宅でゆっくり休む程度のメンタル疾患は保障対象外とすることが多いです。条件は平均的。

まとめると、

5大疾病:やや厳しい
不慮の事故による傷害:やや厳しい(漏れない?)
メンタル疾患:平均的

といったところ。

全般的には厳しいかなという印象ですが、冒頭書いたとおりメンタル疾患でも一度条件を満たせば回復しても年金給付が続く点は他社にないメリットです。メンタル疾患には再発があるので、職場復帰できても一定期間後に再び休職ということがよくあります。この点は安心。

ちなみに、働けなくなるリスクを専門で保障する保険は就業不能保険と呼ばれます。

就業不能保険は病気やケガの種類を問わず、入院や在宅療養で働けないケースを保障することが多いです。例えば、アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」の保障条件は、

①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障害等級2級以上

です。病気の種類を限定することもありませんし、後遺障害を負うような重症でなくても入院や在宅療養していれば保障されます(ただし、働けなくなって61日目以降から保障開始)。後遺障害を負うような重症も、国の障害等級に連動して保障です。

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」に死亡保障と就業不能保障をまとめれば手続きが楽ちんにはなりますが、働けなくなるリスクに本気で備えるのであれば、保障範囲が広い就業不能保険と比較しておいたほうがよいでしょう。保険料も就業不能保険の方が安くなることが多いかと。

就業不能保険の比較

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」のデメリット

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」ここにご注意!
  • 【check】全般的に保険料が高い。

保険料はやや高めです。

ちょっと比較してみます。まずは同じく働けなくなるリスクにも備えられる収入保障保険のSOMPOひまわり生命「じぶんと家族のお守り」と比較です。

収入保障保険プレミアムDX じぶんと家族のお守り
死亡保障 毎月10万円(65歳まで) 毎月10万円(65歳まで)
疾病の保障 ①以下の疾病で所定の就業不能状態が60日をこえて継続した場合
・悪性新生物
・急性心筋梗塞
・脳卒中
・肝硬変
・慢性腎不全
※保障額は月10万円
※年金給付は65歳まで
①以下の疾病により、所定の事由に該当した場合。
・がん
・急性心筋梗塞
・脳卒中
・肝硬変
・慢性腎不全
・糖尿病
・高血圧性疾患
※保障額は月10万円
※年金給付は2年間
身体障害 所定の身体障害状態
※年金給付は65歳まで
障害等級1級or2級
※年金給付は65歳まで
メンタル疾患の保障 以下のメンタル疾患で60日以上継続して入院した場合。
・統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
・気分[感情]障害(うつ病等)
・神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害
・摂食障害
・非器質性睡眠障害
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・潰瘍性大腸炎
・過敏性腸症候群
・更年期障害
※保障額は月10万円
※年金給付は65歳まで
以下のメンタル疾患で60日以上継続して入院した場合。
・統合失調症・統合失調症型障害および妄想性障害
・気分[感情]障害
・神経症性障害・ストレス関連障害および身体表現性障害
・摂食障害
・非器質性睡眠障害
※保障額は月10万円
※年金給付は2年間。
30歳男性保険料 8,470円/月(非喫煙者優良体) 5,230円/月(非喫煙者健康体)
30歳女性保険料 9,910円/月(非喫煙者優良体) 4,690円/月(非喫煙者健康体)

主な保障内容の違いを太字にしていますが、大きな違いは疾病・メンタル疾患の年金給付期間です。

SOMPOひまわり生命「じぶんと家族のお守り」は2年間のみ保障。上表のケースだと、40歳でメンタル疾患で60日間入院した場合、月10万円が給付されるのは42歳までの2年間のみ。

一方で、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は死亡保障と同じ期間保障されます。上表のケースだと40歳でメンタル疾患で60日間入院した場合、月10万円が65歳までの25年間給付されます。

この年金給付期間の違いが保険料に反映されてます。チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」の方が1.5倍から2倍くらい高くなってますよね。

もうひとつ比較してみます。今度は死亡保障のある収入保障保険のFWD生命「FWD収入保障」と、働けなくなるリスクに備えられる就業不能保険のアクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」のコンビと比較です。

収入保障保険プレミアムDX FWD収入保障+働けないときの安心
亡くなった場合の保障 毎月10万円給付(65歳まで) 【FWD収入保障】
毎月10万円給付(65歳まで)
疾病の保障 ①以下の疾病で所定の就業不能状態が60日をこえて継続した場合
・悪性新生物
・急性心筋梗塞
・脳卒中
・肝硬変
・慢性腎不全
※保障額は月10万円
※保障期間は65歳まで
【働けないときの安心】
①治療を目的とした入院
②医師の指示による在宅療養
③障がい等級2級以上
※保障額は月10万円
※免責期間60日
※疾病に関わらず、ケガも保障。
※条件を満たしている期間はずっと保障。
身体障害 所定の身体障害状態
※不慮の事故が原因に限る
※保障期間は65歳まで
メンタル疾患の保障 以下のメンタル疾患で60日以上継続して入院した場合。
・統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
・気分[感情]障害(うつ病等)
・神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害
・摂食障害
・非器質性睡眠障害
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・潰瘍性大腸炎
・過敏性腸症候群
・更年期障害
※保障額は月10万円
※保障期間は65歳まで
【働けないときの安心】
①治療を目的とした入院
②障がい等級2級以上
※保障額は月10万円
※免責期間60日
※保障期間は最長18か月。
30歳男性保険料 8,470円/月(非喫煙者優良体) 3,946円/月(非喫煙者健康体)
30歳女性保険料 9,910円/月(非喫煙者優良体) 3,192円/月(非喫煙者健康体)

疾病を限定せずに入院・医師の指示による在宅治療・障害等級を保障するアクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」の方が、保障範囲は広いです。疾病だけでなく、ケガの入院・在宅療養も保障されます。

一方で、アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」が年金給付するのは条件を満たしている期間だけです。条件を満たしている期間は年金給付されますが(メンタル疾患は18か月限度)、回復して条件を満たさなくなると年金給付はストップです。

こちらも年金給付期間の違いが保険料に反映されています。チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」の方が2倍以上高くなってます。

じゃあどれを選ぶのかですが、

  • メンタル疾患を重視するならチューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」
  • そうじゃないならFWD生命「FWD収入保障」+アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」

が個人的には良いかと。

メンタル疾患の保障はチューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」がズバ抜けています。メンタル疾患は入院が長引きますし、再発を繰り返して長期間働けないということも多々あります。長期間に渡って年金給付される点は、チューリッヒ生命独自のメリットです。

アクサ生命のメンタル疾患の給付期間は最長で18ヶ月。18ヶ月を過ぎれば、職場復帰できないような状況でも給付終了です。チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」を選ぶかは、この点をどう評価するかにかかっているかと。

とはいえ、チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」が保障するのは入院が必要となるような重度のメンタル疾患です。

「自宅でちょっと休む程度のメンタル疾患」

といったよくあるケースは保障対象外。

個人的にはここで比較したパターンならFWD生命「FWD収入保障」+アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」が最強かなぁと感じています。

働けなくなるケースで多いのが、がんで入退院を繰り返すケースと、脳血管疾患で後遺障害が残るケース(障害等級認定)なのですが、アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」はどちらも条件を満たす期間だけ保障です。

がんなら入退院を繰り返して働けない期間をきっちり保障。脳血管疾患で半身麻痺となり、一生涯働けないような状況は、保障期間終了まで長期間保障です。年金給付期間が必要十分なので、保険料は安くおさまります。

軽度のがんを発症してチューリッヒ生命から給付を受けて、さらに働けるようになって収入も元に戻った!という状況なら笑いが止まりませんが、保険の本質からすれば不要な保障でしょう。不要な保障は保険料に跳ね返ります。

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」の評価

評価:B(S、A~C)

メンタル疾患の保障を重視するのであれば、候補に入る収入保障保険です。メンタル疾患で働けなくなったとき、回復してもずっと年金給付される点は他社にないメリットです。

保険料が高めなので誰にとってもおすすめできる収入保障保険ではありませんが、刺さる人には刺さる収入保障保険です。よって評価は「B」としました。

一方で、メンタル疾患の保障を重視しないのであれば、

●同じような「収入保障保険」+「就業不能保険」のセットならSOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」と比較を。

●「収入保障保険」+「就業不能保険」をバラバラに入ってもいい場合はFWD生命「FWD収入保障」アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」のセットと比較を。

●シンプルに「収入保障保険」だけでいいなら、FWD生命「FWD収入保障」と比較を。

といった比較をしておいて損はないでしょう。

収入保障保険の保険料は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

収入保障保険の保険料比較

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」の相談をするなら。

チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、ふらっと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、チューリッヒ生命取り扱ってないですよ!」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックならチューリッヒ生命はもちろんこと、比較対象としたSOMPOひまわり生命・FWD生命・アクサ生命とも提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【保険の相談なら!】保険クリニック

  • 第三者機関の顧客満足度調査にて、継続的に高い評価を獲得しています。
  • 全国250店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能です。
  • もちろん相談は無料です。
  • 50社以上の保険会社と提携しています(業界最高水準)。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが第三者機関による顧客満足度調査。オリコン社が実施した保険ショップの顧客満足度調査にて2021年から2023年までの3年連続No.1、2023年10月に実施した株式会社DRCによるインターネット調査にて総合1位を獲得しています。

保険クリニックは契約手続きとアフターフォローにも定評があります。

保険金の不払い率をこちらにまとめていますが、不払いとなる理由の多くは

  1. 契約時の告知事項に不備があった。
  2. 契約上、保険会社に支払う責任がない。

の2点。

1点目は保険を契約する際に生命保険会社へ知らせた告知事項(過去の病歴とか現在の健康状況とか職業等)に誤りがあったケースで、収入保障保険にはこれが稀にあります。

告知事項の誤りの主な原因は契約者の勘違いです。なので、保険ショップのスタッフが契約時にしっかり説明すれば回避できます。保険クリニックでしっかり説明を受けて契約すれば、まず該当することはないかと。

また、2点目はそもそも保険会社に保険金を支払う責任がないケースですが、医療保険やがん保険には責任分界点が微妙なグレーゾーンが存在します。微妙なグレーゾーンでキーになるのが医師が書く診断書。診断書の表現ひとつで保障されないこともあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけです。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険クリニックはアフターフォローの評価も高めです。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

50社以上の保険会社と提携している点も評価できます。チューリッヒ生命はもちろんのこと、比較対象としたSOMPOひまわり生命・FWD生命・アクサ生命とも提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

【保険ショップの検索・予約なら】保険相談ニアエル

保険ショップの検索・予約は↓をクリック!

保険相談ニアエル

近所に保険クリニックがない場合は、保険相談ニアエルで最寄りの保険ショップを検索してみてください。保険ショップには複数回相談に訪問することもあるので、自宅との距離のは割と重要です。

保険相談ニアエルは全国1,500店舗の保険ショップを区市町村単位で検索できます。保険ショップに関する

  • 取り扱っている保険会社
  • 実際に利用した人の口コミ
  • 営業時間、交通アクセス等の基本情報

といった情報も掲載されています。取り扱っている保険会社が事前にわかるので、希望していた保険を提案されなかった!といった悲劇もないですし、厳しい口コミもそのまま掲載されているので、ちゃんと選べば安心して相談ができるかなと。

また、保険相談ニアエルでは相談予約もできます。予約は簡単で

  • 相談希望日時
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(保険見直しor新規加入orその他)

だけ入力すれば完了。1分程度で終わる作業です。

予約した後には店舗から電話で予約確認があります。電話の際にざっくりと相談したい内容だとか、その他の要望(女性スタッフ希望等)を伝えておけば、相談もスムーズに進みます。

もちろん予約は無料です。気軽に予約して大丈夫です。

保険ショップの検索・予約は↓をクリック!

保険相談ニアエル

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:チューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」

働けなくなった場合の保障が手厚いチューリッヒ生命「収入保障保険プレミアムDX」。

特に、メンタル疾患を含め一度「あなたは働けません!」と認定されれば、回復しても保障期間中ずっと年金給付される点が特徴です。長引きがちなメンタル疾患を長期間保障してくれるのは、プレッシャーがきつい働く世代にはうれしいですよね。

しかし、保険料は若干高め。冒頭に書きましたが、

●同じような「収入保障保険」+「就業不能保険」のセットならSOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」と比較を。

●「収入保障保険」+「就業不能保険」をバラバラに入ってもいい場合はFWD生命「FWD収入保障」アクサ生命「アクサのネット完結働けないときの安心」のセットと比較を。

●シンプルに「収入保障保険」だけでいいなら、FWD生命「FWD収入保障」と比較を。

といった比較をしてみると良いです。

収入保障保険の比較は保険クリニックでできます。チューリッヒ生命はもちろん、SOMPOひまわり生命、FWD生命、アクサ生命も取り扱っているので、かんたんに比較してくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年9月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする