【実名入り】日本人が毎月支払ってる平均保険料で入る生命保険・医療保険【2万円節約】

日本人が支払っている保険料の年間平均額は38.2万円だそうです。

生命保険文化センター(平成30年調べ)

毎月にすると概ね32,000円程度。我が家の実態としても近いなぁという感覚です。

ちなみにですが、年代別にすると年間支払っている保険料の平均は以下のとおり。

29歳以下 23.3万円
30歳~34歳 29.8万円
35歳~39歳 38.0万円
40歳~44歳 34.5万円
45歳~49歳 42.7万円
50歳~54歳 48.3万円
55歳~59歳 45.3万円
60歳~64歳 43.9万円
65歳~69歳 33.8万円
70歳~74歳 29.9万円
75歳~79歳 35.3万円
80歳~84歳 29.5万円
85歳~89歳 36.5万円
90歳以上 22.5万円

40代後半から60代前半にかけてがピークのようですね。そして、90歳を過ぎても保険料を払い続けている現実にちょっとびっくりです。

それにしても生命保険って難しい。お金をかければ手厚い保障を得られますが、ムダに手厚くするのはお金のムダです。

さらに、生命保険各社がいろんな生命保険・医療保険を発売しているんで、どれを選んでいいのか全くわかんないですよね。生命保険・医療保険って複雑過ぎるんですよ。

この記事では日本人が支払う保険料平均月32,000円を前提に、実名で生命保険・医療保険の組み合わせ例を書いています。

ちなみにですが、

・旦那30歳(会社員)、嫁30歳(会社員)、子供1歳の3人家族

を前提に書いています。

保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

なによりもまずは「死亡保障」。

お子さんが小さいときに最優先すべきは死亡保障です。ある日突然、旦那さんか奥さんが亡くなってしまったら、大変なことになってしまいますよね。生命保険の本質的な役割は「子供が独立する前の、親の死亡保障」です。

死亡保障がある生命保険は大きく以下の3つに分かれます。

保障内容 保険料 貯蓄性 死亡時の保険金受け取り方
終身保険 死亡保障 高い あり
(解約時に戻ってくる)
一括
収入保障保険 死亡保障
(働けなくなった場合を保障するタイプもあり)
安い なし 分割
(年金方式)
定期保険 死亡保障 真ん中 なし 一括
(年金方式で受け取れる場合あり)

貯蓄性のある終身保険で死亡保障をまかないたいところですが、終身保険って保険料が高いんです。大きな保障を終身保険で備えようとすると、毎月の保険料がとんでもない額になってしまいます(終身保険だけで平均保険料32,000円を超えます)。

なので、現実的な死亡保障の選択肢は定期保険か収入保障保険です。

少し前までは定期保険が主流でしたが、最近のトレンドは収入保障保険。収入保障保険は万が一の場合に「毎月決まった金額を指定口座に振り込んでもらえる」ので、計画が立てやすく、保障が必要十分となりやすい(保険料にムダがない)というメリットがあります。

収入保障保険のメリットとデメリット

そして、収入保障保険で知っておいて頂きたいのはFWD富士生命「FWD収入保障」です。

元々の保険料が安いうえに、とてつもなく強力なのが配偶者同時災害死亡時割増特則というオプションです。このオプションをつけておくと、ご夫婦が同じ事故で亡くなった場合に、お子さんが受け取れる保険料が2倍になります。毎月15万円受け取れる契約であれば、毎月30万円がお子さんに支給されます。旦那さんがFWD富士生命「FWD収入保障」に加入しておけば、かなり安心かと。

配偶者同時災害死亡時割増特則は無料オプションです。

また、奥さんも死亡保障はかけておいた方が安心です。男一人で家事と子育てと仕事はつらい。せめて、家事サービスや育児サービスを気兼ねなく利用できるくらいのお金があった方が助かりますよね。

ということですので、死亡保障の例としては以下のとおり。旦那・妻ともにFWD富士生命「FWD収入保障」に加入する前提です。

被保険者
(保障される人)
保障内容 毎月の保険料
旦那 亡くなった場合に毎月10万円支給 2,136円
亡くなった場合に毎月10万円支給 1,722円

※上表の保険料は非喫煙者優良割引の保険料です。

次に備えるべきは「働けなくなるリスク」。

死亡保障の次は働けなくなるリスクです。

もしも旦那さんが働けない状態になったなら、奥さんの収入で一家を支えていく必要があります(状況によっては障害年金等が国から支給されます)。少し不安ですよね。

働けなくなるリスクに備える保険を就業不能保険と呼びます。

就業不能保険のメリットとデメリット

就業不能保険を選ぶ際に大切なのは、「働けないと認定される条件」です。これが各社バラバラなので、しっかりと理解しておかないと、いざ働けなくなった場合に、

「あっ、これ保障対象外なんで、一銭も支給できないですよ」

で終わりです。こんなことなったら悔しくて眠れませんよ。

なので、就業不能保険は専門家に相談してから加入しましょう。ちなみに、こちらに「働けないと認定される条件」をまとめています。

そして、就業不能保険で知っておいて頂きたいのはアクサダイレクト生命「働けないときの安心」です。ポイントは以下の3点。

  • 保険料が比較的安い。
  • メンタル疾患も保障対象。
  • 主婦・主夫も加入できる。

メンタル疾患を保障対象とする就業不能保険は少数派です。それなのに保険料は安め。プレッシャーがきつい働く世代には安心できる保障内容です。

ということですので、働けなくなるリスクに備える例としては以下のとおり。旦那・妻ともにアクサダイレクト生命「働けないときの安心」に加入する前提です。

被保険者
(保障される人)
保障内容 毎月の保険料
旦那 働けなくなった場合に毎月20万円支給 3,140円
働けなくなった場合に毎月10万円支給 1,380円

※上表の保険料はハーフタイプの保険料です。

奥さんの「医療保障」は十分に(旦那さんは反対しないで!)。

医療保障を考える際に知っておいた方がいいのは高額医療費制度です。意外と知らなくて損してる人が多いんです。

詳しくは上のリンク先に書いているのですが、年収を基準に医療費の上限はある程度決まっています。健康保険適用範囲内の治療を受けている限り、医療費が際限なく膨らんでいくということはありません。まずはこの点のしっかり抑えておきましょう。いたずらに不安になることはないですよ。

しかし、それでも女性にとっては乳がんをはじめとする女性特有の疾病に対する不安は根強いかと思います。さらに女性であれば、入院中であってもプライベートはしっかり守りたい(差額ベッド代は健康保険適用外です)。

そう考えると、医療保険が重要な役割を果たすことになります。入っておけば、多少は日々の不安が和らぐかもしれませんし。

医療保険の中には、女性特有の疾病を手厚く保障するタイプがあります。女性に特に知っておいて頂きたいのは三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」です。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」には女性特有の疾病を保障する以下の2つのオプションがあります。

  • 女性疾病給付特約
  • 女性サポート診断給付特約

オプションの内容は以下のとおり。

特約名 支給額 支給条件
女性疾病給付特約 入院:女性疾病入院給付金
入院中手術:女性疾病入院給付金の10倍
外来手術:女性疾病入院給付金の5倍
特定手術:女性疾病入院給付金の30倍
放射線治療:女性疾病入院給付金の10倍
所定の女性特有の疾病で入院、もしくは手術等を行った場合。
女性サポート給付金付ガン診断給付特約 出産:5万円~
不妊治療:2.5万円~
ガン:50万円
・出産したとき。
・不妊治療を受けたとき。
・ガンと診断されたとき。

「女性疾病給付特約」は女性全般に向けたオプション、「女性サポート給付金付ガン診断給付特約」はこれから出産を考えている若い女性に向けたオプションですね。

ちなみに、女性疾病給付特約の対象となる疾病は以下のとおりです。

病気の種類 分類項目
ガン 胃ガン、乳ガン、子宮ガン、肺ガン、大腸ガン、白血病、上皮内ガン 等 ※女性特有のガンに限りません。
特定の良性新生物 乳房・子宮・卵巣・尿管・膀胱・尿道等の腫瘍(良性新生物)、子宮筋腫 等
女性特有の病気 卵巣機能障害、子宮内膜症 等
女性に多い病気 鉄欠乏性貧血、低血圧症、膀胱炎、甲状腺障害(バセドウ病等)、リウマチ、胆石症、胆のう炎、くも膜下出血 等
妊娠、出産にまつわる症状 早流産、子宮外妊娠、異常分娩による帝王切開、妊娠高血圧症候群、鉗子分娩、吸引分娩 等

女性が気になる疾病は概ね保障対象になっています(と、僕の奥さんが言ってました)。かなり手厚い保障内容です。特定手術には乳がんによる乳房切除、再建手術が含まれる点も女性にとっては安心ではないでしょうか。

ということですので、働けなくなるリスクに備える例としては以下のとおり。三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」に加入する前提です。

被保険者
(保障される人)
保障内容 毎月の保険料
・入院給付金1日5,000円
・手術給付金1回10万円or2.5万円
・放射線治療1回5万円
・集中治療室治療1回10万円
・先進医療特約
・女性疾病入院給付金5,000円
3,073円

上記の保障内容で女性特有の疾病の場合は以下が上乗せで保障されます。

入院:1日5,000円
入院中手術:1回50,000円
外来手術:1回25,000円
特定手術:1回150,000円
放射線治療:1回50,000円

ちなみですが、女性特有の疾病に対する保障は下記リンク先でまとめてます。こちらもご参考に。

女性特有の疾病に対する保障で比較する医療保険

さらに余裕があれば、貯蓄代わりになる保険を。

ここまでで、夫婦合わせた毎月の保険料総額は11,451円。保険なんてこれで十分です。

日本人平均32,000円との差額はおよそ2万円。この2万円は貯金して、子供の学費か不動産購入か老後の資金にあてていいと思います。

しかし、なかなか貯金できない家庭もありますよね。余ったお金は使っちゃったりして…。

生命保険を使えば、強制的にお金を貯めることができます。現在の金利状況であれば、銀行預金よりも生命保険の方が有利な場合が多いです。

お子さんの学費を貯めるなら→学資保険

老後の資金準備なら→終身保険

不動産購入資金を貯めるなら→保険じゃちょっと…。

ちなみにですが、保険で貯蓄をするなら、保険選びは超絶重要です。ハズレ保険は世の中に存在します。ハズレを引かないためにも、一度専門家へご相談を。

最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

ここまで夫婦2人(どちらも30歳)と子供1人(1歳)をモデルに考えてきましたが、必要な保険は人さまざまです。

  • ライフプラン
  • 家族構成
  • 現在の経済状況

こんなことに必要な保険は左右されます。

生命保険は複雑です。そして選択肢は山ほどあります。数多くの選択肢から、最適なひとつを探し出すのはとても難しい…。

でも、生命保険はひとりで悩む必要はありません。割と気軽に専門家の力を借りられます。専門家への相談は無料。何回相談しても無料です。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの検索・予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

予約は↓から。

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談してみましょう。

予約は↓から。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

繰り返しますが、生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

日本人が支払っている毎月の平均保険料はおよそ32,000円。夫婦2人(どちらも30歳)と子供1人(1歳)をモデルケースに必要な生命保険・医療保険を選んでみました。

結果として、このモデルケースだと必要な保険料は毎月11,451円。30歳という若い家庭をモデルにしたからかもしれませんが、もしかしたら日本人は保険に入り過ぎているのかもしれないですね。既に保険に加入されている方は、一度見直してみたら、毎月の保険料2万円節約できた!なんてこともありそうですよ。

生命保険・医療保険の検討・見直しは1人で悩まず、専門家に相談してみましょう。相談は無料でできますし、ご近所の保険ショップで気軽にできちゃいますよ。

保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする