【評価B】コープ共済の定期保険「あいぷらす」のデメリットと評価

心配
コープ共済の「あいぷらす」っていう定期保険が安くて良さそうなんだけど、共済って本当に大丈夫なのかなぁ…

保険料の安さが魅力の共済ですが、安かろう悪かろうにならないのでしょうか。ちょっと不安ですよね。

その点、コープ共済「あいぷらす」は安心していいでしょう。保障内容は充実していますし、さらにちょっと凝ったつくりの定期保険になっています。他社にはない共済独特の仕組みがあるので、チェックしておいて損はありません。

コープ共済「あいぷらす」ここがポイント
  • 死亡保障のある定期保険です。
  • 10年以下の短期間だけ定期保険に加入したい方に向いています。
  • オプションをつければ、医療保障・がん保障をつけることができます。
  • クレジットカードでの支払いができません。ポイント還元の恩恵を受けられません。
  • 保障期間は10年のみ。10年を超えて更新する場合は保険料が上がります。

定期保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

定期保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。同じ保険金額でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 特約(オプション)の種類。特に重要なのは生前中に保険金を受け取れるリビングニーズ特約です。また、一括ではなく年金方式で受け取ることを選択できる特約(年金特約)もあった方が便利かもしれないですね。
  3. クレジットカードで支払いできるか。保険金額が大きい場合は、毎月支払う保険料も大きくなるかもしれません。クレジットカードで支払ってポイント還元を受けましょう。

定期保険は安いが正義です。とにかく安く!

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、コープ共済「あいぷらす」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(保険金額2000万円、保障期間10年)
男性:2,200円
女性:1,800円
評価A
40歳の月額保険料
(保険金額2000万円、保障期間10年)
男性:5,000円
女性:3,000円
特約について 【入院特約】
入院1日、もしくは手術1回につき定額が支給されます。
【新がん特約】
がんと診断された場合、及び入院・手術・退院・通院時に一時金が支給されます。
評価B
クレジットカード払い 不可 評価C

コープ共済「あいぷらす」はちょっと変わり種の定期保険です。

「共済」って安そうだけど、しっかり保障してくれるのかなぁって不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、その点は問題なし。他社の定期保険と比較してみる価値は十分にあります。

特に

  • 喫煙者の方。
  • 10年間未満の短期間だけ保障が必要な方。

にとってはしっくりくるかもしれません。

ちなみにですが、下記リンク先で定期保険の保険料比較をしています。繰り返しますが、定期保険は安いが正義です。こちらもご参考に。

定期保険おすすめ保険料比較ランキング

定期保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック。

コープ共済「あいぷらす」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の定期保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【定期保険】
・死亡、高度障害時に保険金を受け取れます。
・保障は保険料を支払っている期間のみです。
・定期保険なのに解約返戻金があります。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
以下から選択可能。
・300万円
・500万円
・1,000万円
・1,500万円
・2,000万円
・2,500万円
・3,000万円
※満59歳以下の場合、300万円のみの申し込みは不可。ただし、入院特約、もしくは新がん特約を付ければ可能。
保険料を支払う期間 10年間のみ
保険料を支払う回数 月払・年払から選択可能
保険料を支払う方法 口座振替のみ
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ

コープ共済「あいぷらす」の仕組みについて

メリットとデメリットを説明する前に、コープ共済「あいぷらす」はちょっと仕組みが変わっているので、簡単に説明しておきたいと思います。

コープ共済「あいぷらす」以下の3つの保障から成り立っています。

  • 死亡保障(基本保障)
  • 入院特約(オプション。自由に取り外しできます)
  • がん特約(オプション。自由に取り外しできます)

死亡保障は定期保険の基本です。定期保険として珍しいのは入院特約とがん特約です。

コープ共済「あいぷらす」の入院特約について

入院特約には5,000円コースと10,000円コースの2種類があります。それぞれの保障内容は以下のとおり。

5,000円コース 10,000円コース
入院1日目~180日目に支給される金額。 入院1日につき5,000円 入院1日につき10,000円
270日以上入院した場合に支給される金額 一時金30万円 一時金60万円
手術を受けた場合に支給される金額
※手術の内容により変わります。
手術1回5万円・10万円・20万円 手術1回10万円・20万円・40万円

入院を保障する保険は医療保険が代表的です。ざっとコープ共済「あいぷらす」と他社の医療保険との違いを上げます。

  • コープ共済「あいぷらす」は診断一時金(診断されると支給される一時金)が無い。
  • コープ共済「あいぷらす」は通院に対する保障がない。
  • コープ共済「あいぷらす」は終身(一生涯)保障ではない。10年更新であり、更新時に保険料が上がる。
  • コープ共済「あいぷらす」は先進医療に対する保障がない。

他社の医療保険と比較すると、コープ共済「あいぷらす」は保障が薄いです。ただし、その分保険料は安いです。

お手頃な保険料で最低限の入院保障が欲しいなら、コープ共済「あいぷらす」の入院特約はおすすめです。

しかし、他社にはそこそこの保険料で手厚く、そして一生涯保障してくれる医療保険があります。コープ共済「あいぷらす」の入院特約を検討するなら、他社の医療保険との比較は必須でしょう。

コープ共済「あいぷらす」の新がん特約について

新がん特約には100万円コースと200万円コースの2種類があります。それぞれの保障内容は以下のとおり。

100万円コース 200万円コース
がん治療共済金
(2年に1回支給。支給回数無制限)
1回目:がんと診断されたら100万円支給
2回目以降:がんで入院したら100万円
1回目:がんと診断されたら200万円支給
2回目以降:がんで入院したら200万円
がん入院共済金 入院1日10,000円
がん手術共済金
※手術の内容により変わります。
手術1回10万円・20万円・40万円
がん退院共済金 10万円
がん通院共済金 通院1日5,000円

こちらもざっとコープ共済「あいぷらす」と他社のがん保険との違いを上げます。

  • コープ共済「あいぷらす」は通院保障が1入院につき30日まで。短い。
  • コープ共済「あいぷらす」はがん治療共済金の2回目以降の支給条件が若干厳しい。
  • コープ共済「あいぷらす」はがん治療共済金の支給間隔が2年。

新がん特約はがんの保障としてはオーソドックスな内容です。悪くはありませんが、新がん特約への加入を検討するなら、他社のがん保険との比較は必須でしょう。他社には

  • がんと診断されてから5年間の通院を保障するがん保険。
  • 一時金が1年に1回支給されるがん保険。

といったがん保険があります。

例えば、朝日生命「スマイルセブンSuper」はまとまった金額の一時金が1年に1回支給されますし、三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」は5年間の通院保障があります。

がん保険は各社様々な特色ありますので、保障内容を一度比較してみることをおすすめします。

ちなみに、当サイトではこちらで比較してます。ご参考までに。

コープ共済「あいぷらす」の入院特約・新がん特約は必要?

結論ですが、コープ共済「あいぷらす」の入院特約・新がん特約への加入を検討するなら、他社の医療保険・がん保険との比較して損はないです。オーソドックスな保障内容なんですけど、ちょっと時代遅れ感もあり…。

医療保険・がん保険はいまや生命保険の主戦場なので、各社しのぎを削って開発競争しています。コープ共済「あいぷらす」にはないユニークな保障を扱っている医療保険・がん保険もあります。

比較する際には、プロのファイナンシャルプランナーの意見も聞いてみましょう。面倒くさい比較も専門家の目線でやってくれます。もちろん、おすすめされた医療保険・がん保険に絶対に加入しなければならないなんてことはありません。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

コープ共済「あいぷらす」で入院特約・新がん特約に入る確実なメリットは、ひとつの保険に全てまとめられ、手続きが楽ちんなことでしょう。

コープ共済「あいぷらす」のメリット

コープ共済「あいぷらす」 ここがポイント!
  • 【check】割戻金あり。
  • 【check】定期保険なのに解約返戻金がある。
  • 【check】喫煙者が冷遇されない。保険料は非喫煙者と同じ。
  • 【check】医師の健康診断書がなくても加入できる。

コープ共済「あいぷらす」のメリットについて、細かく見ていきたいと思います。

コープ共済「あいぷらす」は割戻金あり。

加入者が支払った掛金から、加入者が受け取った共済金(保険金)と事業経費等を差し引いた剰余金を「割戻金」として加入者へ還元しています。

この割戻金が概ね支払った掛け金の20%程度と言われています。毎年20%程度保険料が割引されるのと同じ効果があります。

定期保険では業界最安値クラスのメディケア生命「メディフィット定期保険」と毎月支払う保険料を比較します。

コープ共済「あいぷらす」 メディケア生命
メディフィット定期保険
掛け金 割戻金(20%想定)差し引き後
30歳男性 1,200円/月 960円/月 977円/月
30歳女性 1,000円/月 800円/月 772円/月
40歳男性 2,700円/月 2,160円/月 1,847円/月
40歳女性 1,700円/月 1,360円/月 1,378円/月

※保障額1,000万円、保障期間10年間で比較。

割戻金20%と仮定すると、かなり拮抗した結果ですね。

しかし、割戻金20%は約束されているわけではありません。30%になるかもしれないし、5%になるかもしれないし、ゼロになる可能性だってあります。ちょっと不安定ですよね。

定期保険の保険料は下記リンク先にまとめています。こちらもご参照ください。

定期保険おすすめ保険料比較ランキング

コープ共済「あいぷらす」は定期保険なのに解約返戻金がある。

一般的な定期保険は掛け捨てですが、コープ共済「あいぷらす」は途中で解約すると解約返戻金を受け取れます。

受取額の目安はこちらに書かれていますが、とても複雑です。ここでは一例として

  • 保障額1,000万円
  • 入院特約なし、新がん特約なし。

を条件に解約返戻金を一覧にしてみます。

【男性】

経過年数 30歳で契約 40歳で契約
1年 1,800円 8,800円
2年 4,200円 16,700円
3年 7,200円 23,600円
4年 9,200円 28,000円
5年 10,200円 29,900円
6年 10,200円 29,100円
7年 9,200円 25,700円
8年 7,100円 19,700円
9年 4,000円 11,200円
10年 0円 0円

【女性】

経過年数 30歳で契約 40歳で契約
1年 1,600円 4,300円
2年 2,700円 8,100円
3年 3,100円 11,500円
4年 3,400円 13,600円
5年 3,500円 14,300円
6年 3,300円 13,600円
7年 3,000円 11,700円
8年 2,500円 8,300円
9年 1,500円 4,400円
10年 0円 0円

表の見方ですが、例えば30歳男性が契約して5年目に解約すると、10,200円が解約返戻金として戻ってきます。5年か6年あたりが解約返戻金がピークですね。

30歳で契約すると、男性の場合、5年間で支払う掛け金総額は72,000円です。それに対して、割戻金が20%戻ると仮定すると、実質支払った掛け金は57,600円。さらに、10,200円解約返戻金があるので、結局5年間で47,400円支払ったことになります。

この結果から言えることは、コープ共済「あいぷらす」は10年以下の短期の定期保険に強みがあるということです。5年間で47,400円支払ったということは、毎月790円です。かなり安い定期保険です。

コープ共済「あいぷらす」は喫煙者が冷遇されない。

ここで言う「喫煙者が冷遇されない」っていうのは健康体割引がないということです。

健康体割引がある定期保険だと、非喫煙者で血圧やBMIが一定範囲内だと毎月支払う保険料が割引されます。

健康体割引があるチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」と比較します。

定期保険プレミアムDX
非喫煙優良体
定期保険プレミアムDX
標準体
あいぷらす
毎月1,640円 毎月2,300円 毎月2,700円

※40歳男性・保障額1,000万円・保険期間10年間の条件で算出。

チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」の非喫煙優良体っていうのは、

  • ①1年間喫煙習慣なし。
  • ②血圧が以下の条件を満たす。
    29歳~49歳:最高129mmHg以下、最低84mmHg以下
    50歳~69歳:最高139mmHg以下、最低89mmHg以下

の条件を満たした場合に認定される称号です。この称号に認定されると、毎月支払う保険料はかなり安くなります(この例だと毎月1,640円)。逆に言うと、この称号に認定されないと、毎月支払う保険料が高くなります(この例だと2,300円ですね)。

一方で、コープ共済「あいぷらす」は喫煙者であっても、非喫煙者であっても保険料は同じです。タバコを1日3箱吸ってようが、最高血圧200超えだろうが、保険料は同じです。この例だと2,700円です。

つまり、喫煙者の方は、コープ共済「あいぷらす」の方が毎月支払う保険料が安くなる可能性があります。両者の保険料を比較してみましょう。

定期保険は安いが正義です。1円・10円でも安い定期保険に加入しましょう。

コープ共済「あいぷらす」は医師の健康診断書がなくても加入できる。

コープ共済「あいぷらす」は医師の健康診断書が無くても加入できます。他社の定期保険では医師の健康診断書が必要となるケースもあり、簡素な手続きで契約できる点は大きなメリットでしょう。

しかし、保障額の上限によっては健康診断書が必要となります。具体的には以下のケースです。

  • 満40歳以下で2,000万円を超える場合
  • 満41歳以上満50歳以下で1,000万円を超える場合
  • 満51歳以上満64歳以下で500万円を超える場合
  • 満65歳以上(共済金額に関わらず)

小さいお子さんがいる場合は保障額2,000万円を超えるケースもあると思います。その場合は健康診断書の提出が必要になりますね。
(ちなみに、死亡保障の決め方のこちらに書いています)

コープ共済「あいぷらす」のデメリット

コープ共済「あいぷらす」ここにご注意!
  • 【check】非喫煙者で健康体の方は保険料が割高に。
  • 【check】保障期間が10年更新のみ。
  • 【check】クレジットカードで支払いできない。
  • 【check】リビングニーズ特約がない。

タバコを吸わない方は、チューリッヒ生命の定期保険プレミアムDXの方が安い保険料で加入できる可能性が高いです。

ちょっと先ほどと同じ表を載せます。

定期保険プレミアムDX
非喫煙優良体
定期保険プレミアムDX
標準体
あいぷらす
毎月1,640円 毎月2,300円 毎月2,700円

※40歳男性・保障額1,000万円・保険期間10年間の条件で算出。

仮に20%の割戻金があったとしても、健康体割引のあるチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」には勝てません。タバコを吸わない方は健康体割引のあるチューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」と保険料を比較する方がお得です。

また、保障期間が10年更新のみなので、長期間の保障が必要な場合に向いてません

例えば、現在30歳の男性なら、60歳までの30年間保障が必要な場合もあり得ます。

コープ共済
「あいぷらす」
メディケア生命
「メディフィット定期保険」
30歳~39歳の保険料 1,200円/月 1,812円/月
40歳~49歳の保険料 2,700円/月
50歳~59歳の保険料 5,500円/月
保険料総額 1,128,000円 652,320円

割戻金が20%あったとしても、コープ共済「あいぷらす」の総額は902,400円です。

長期間の保障が必要であれば、他社の定期保険と比較した方がよいでしょう。繰り返しますが、コープ共済「あいぷらす」が最適なのは10年間未満の短期の保障です。

また、クレジットカードで支払いできないのも地味なデメリットです。クレジットカードのポイント還元ができないんですよね…。まぁ掛け金が少額なので、微々たるポイント還元ですが、チリも積もればですから。

コープ共済「あいぷらす」にリビングニーズ特約がない件について。

リビングニーズ特約とは、余命宣告された場合、生前中に保険金を受け取れる特約です。

他社は無料でリビングニーズ特約がセットされます。概ね余命6ヶ月と宣告された場合に、保険金が支給されます。

リビングニーズ特約を使って生前中に保険金が支給されると、何が良いのでしょうか。

  • 保険金を使って、家族との思い出を増やすことができる。
  • 治療費に使える。
  • 保険金の使いみちを家族に指示できる(保険金が支給されたことをしっかり確認できる)。

亡くなりゆく経験は僕にはありませんが、どれも切実なお金の使い方ですよね。

特に大きなメリットは3点目でしょうか。亡くなってから保障額が支給されても、本人は確認ができません。

「ちゃんと遺せるものは遺せた」

っていう安心感があって亡くなるのと、

「生命保険の人たちはちゃんとお金を支払ってくれるのだろうか。家族は保険金を問題なく受け取れるのだろうか」

っていう不安を持ちながら亡くなるのは大きな違いがあるのでないでしょうか。

コープ共済「あいぷらす」は掛け金を安くする代わりに、リビングニーズ特約がありません。必要性は人によって分かれると思いますが、定期保険選びの基準に考えてみて下さい。

【コープ共済「あいぷらす」の評価最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:B(S、A~C)

B評価としましたが、使い方によっては非常に有効な定期保険です。10年以下の短期間だけ加入したい喫煙者の方には最適な定期保険でしょう。

逆に、以下に当てはまる方は他社の定期保険と比較した方がよいでしょう。

  • 長期間(概ね10年以上)の保障が必要な方。
  • 非喫煙者の方。

とはいっても、他社との比較なんて面倒ですよね。

面倒なことは専門家の協力を仰ぎながら進めましょう。後述しますが、生命保険は専門家の意見を無料で聞くことができるんですよ。

コープ共済「あいぷらす」に申し込むなら。

コープ共済「あいぷらす」はコープ公式サイト、もしくは全国の生協窓口から資料請求ができます。

公式サイト:コープ共済「あいぷらす」

資料請求後、生協組合に会員に登録してから「あいぷらす」の申し込みです。

生協組合の会員になるには出資金として500円~1,000円程度支払う必要があります。ただし「出資金」なので、会員を脱退すると戻ってきます。ちょっぴりうれしいですね。

生命保険の相談は一度専門家へ。

コープ共済「あいぷらす」は10年以下の保障なら素晴らしいのですが、もう少し長期の保障が必要な場合は他社の定期保険との比較が大切になります。

定期保険はお子さんが独立するまでのワンポイントリリーフ。ワンポイントといいつつ、20年前後の保障が必要です。

長期間の死亡保障が必要な場合は、一度専門家へ相談してみましょう。いまは近所の保険ショップでかんたんにライフプランと生命保険の相談ができてしまいます。買い物帰りにちょっと寄るだけ。そんなに難しいことではありません。

保険ショップの検索と予約は↓をクリック。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃいますよね。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。保険見直しラボは、自宅でも職場でも近所の喫茶店でもファミレスでも、どこでも訪問してくれます。もちろん訪問してくれても相談は無料です。

保険見直しラボの予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

真剣
コープ共済の「あいぷらす」が良さそうなんですけど、他にいいのあります?

こんな質問だって保険ショップのスタッフは回答してくれます。あなたにとってコープ共済の「あいぷらす」が最適!という結論になるかもしれませんし、他社の生命保険が最適という結果になるかもしれません。

ライフプランが人それぞれ違うように、最適な生命保険も人それぞれです。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、やっぱりコープ共済にしてみます!」

と、お断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:コープ共済「あいぷらす」

10年以下の保障期間ならおすすめの定期保険です。小学生くらいのお子さんがいて、独立までの短い期間だけ死亡保障がほしい家庭に向いてます。

ただし、クレジットカードで支払いができない、リビングニーズ特約がないといった他社では「当たり前」のものがなかったりします。この点は注意ですね。また10年を超えるような保障が必要な場合は、他社の定期保険の方が安くなる可能性が高いです。

生命保険を検討する際には、必ず一度は専門家に相談してみましょう。相談は買い物帰りに保険ショップへ寄ればできてしまいます。お手軽です。身構える必要はありませんよ。

保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする