【評価C】かんぽ生命「養老保険」評価とデメリット

養老保険。

一昔前は利率の良さがあって生命保険各社が競って販売してましたが、いまや「養老保険」というワードを聞くことも少なくなりました。養老保険をラインナップしてない生命保険会社もけっこうあります。

そんななかでも、いまだに養老保険を主力商品としているのがかんぽ生命です。主力商品なんですけど、よくよく評価してみると

「これ、いったい誰におすすめしたらいいんだろう…」

と悩んでしまうような保障内容だったりします。

かんぽ生命「養老保険」ここがポイント
  • 死亡保障のある保険です。
  • 貯蓄性があります。満期を迎えると、満期返戻金を受け取れます。

養老保険と似ている保険に終身保険があります。両者を比較するとこんな感じです(保険金1,000万円で加入した場合の例です)。

終身保険 養老保険
亡くなった場合 1,000万円受け取れる 1,000万円受け取れる
満期を迎えた場合 死亡保障が継続する。 1,000万円受け取れる(死亡保障は終了)
途中で解約した場合 解約返戻金を受け取れる 解約返戻金を受け取れる
貯蓄性
毎月支払う保険料 養老保険より安い 終身保険より高い

大きな違いは満期を迎えると養老保険は死亡保険金と同額を受け取れる点です。死亡保障と合わせて、生き残った場合の老後の資金も貯めておきたい方に向いている保険ですね(「養老」の名のとおりです)。しかし、毎月支払う保険料は高く、支払った保険料総額が死亡保険金を上回ることもあり得ます。

最近は養老保険の貯蓄性が低くなってしまってます。

この後に書いていきますが、かんぽ生命「養老保険」の貯蓄性は低め。かんぽ生命「養老保険」の加入を検討されている方は、他社の終身保険とじっくり比較してみておいた方がよいでしょう。

生命保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

かんぽ生命「養老保険」基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の終身保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【養老保険】
・死亡、高度障害時に保険金を受け取れます。
・貯蓄性があります(満期返戻金・解約返戻金を受け取れます)。
保険料を支払う期間 10年間~50年間
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 口座振替

かんぽ生命「養老保険」のメリット

かんぽ生命「養老保険」ここがポイント!
  • 【check】医療保障と先進医療保障をまとめてつけられる。

かんぽ生命「養老保険」はオプションとして医療保障と先進医療保障をつけられます。保障内容は以下のとおり。

医療特約 入院保険金 入院1日につき定額(3,000円~15,000円の範囲で選択可能)を支給。
入院初期保険金
(Ⅰ型のみ)
1回の入院につき入院保険金日額の5倍を支給。
手術保険金 入院中の手術:入院保険金日額の20倍を支給。
外来の手術:入院保険金日額の5倍を支給。
放射線治療保険金 入院保険金日額の10倍を支給。
先進医療特約 先進医療保険金 先進医療にかかる技術料と同額を支給(通算300万円まで)。

保障内容はシンプルです。その分、他社と比較して保険料も安め。悪くない保障内容です。死亡保障と合わせて、ちょっとした医療保険をつけておきたい方にとっては、ちょうどいい保障内容ではないでしょうか。

しかし、先進医療特約の保障上限が300万円である点がちょっと気になります。

先進医療とは、ある程度実績はあるものの公的医療保険の対象にするか評価段階にある治療・手術です。健康保険が適用されないので医療費は全額自己負担。なので、医療費が数百万円となるケースもあります。人生一発レッドカードを避ける上でも、先進医療保障は重要度高めです。

他社の先進医療保障だと保障額上限が2,000万円となっていることが一般的です。先進医療の医療費が数百万円になることを踏まえると、かんぽ生命の上限300万円は不安が残ります。

さらに、満期を迎えるともちろん医療保障も先進医療保障も消滅します。ほんとに身体が弱って病院にお世話になる機会が増える老後は保障されません。「養老じゃないじゃん!」って気になります。

ということで、メリットとして書きましたがあくまでも「ちょっとした保障」です。気やすめ程度です。しっかり備えたいのなら、他社の医療保険と比較しておいた方がよいでしょう。

かんぽ生命「養老保険」のデメリット

かんぽ生命「養老保険」 ここにご注意!
  • 【check】貯蓄性に乏しい…。

養老保険は貯蓄性がある保険なんですが、冒頭書いたとおり最近は貯蓄性が低くなっています。ちょっと表でやります。保険金額100万円で契約した例です(新フリープラン)。

性別 年齢 保険期間 保険料総額 満期返戻金 返戻率
男性 30歳 10年 1,081,200円 100万円 92.4%
15年 1,087,200円 100万円 91.9%
20年 1,094,400円 100万円 91.3%
40歳 10年 1,084,800円 100万円 92.1%
15年 1,092,600円 100万円 91.5%
20年 1,104,000円 100万円 90.5%
女性 30歳 10年 1,080,000円 100万円 92.5%
15年 1,085,400円 100万円 92.1%
20年 1,092,000円 100万円 91.5%
40歳 10年 1,082,400円 100万円 92.3%
15年 1,089,000円 100万円 91.8%
20年 1,096,800円 100万円 91.1%

Oh…。

概ね満期返戻金の返戻率(支払った保険料に対して、いくら戻ってくるかの割合)は90%強。支払った保険料総額の方が受け取れる保険金よりも高くなってます。

つまり、赤字です。加入者が損する計算です。100%を超えれば黒字となりますが、かなり下回ってます…。

ちなみにですが、かんぽ生命「養老保険」は契約者配当金があります。契約者配当金とは以下のとおり。

毎年の決算で生じる剰余金に応じて、ご契約ごとに分配される金額です。分配された金額は、お支払時に備えて積み立てておき、ご契約が消滅したときに保険金または返戻金と併せてお支払いします。ただし、契約日から1年を経過したご契約については、保険契約者様からのご請求によってお支払いできる場合があります。また、当社の収支等の状況によっては、分配されない年度もあります。

引用:かんぽ生命

なので、契約者が最終的に受け取れる金額は

満期返戻金+契約者配当金

になります。

満期返戻金は契約時に決定される固定額なのですが、契約者配当金は毎年変わります。これまでの契約者配当金の実績は下記リンク先に掲載されています。

簡易生命保険契約の契約者配当に関するお知らせ

これを見ると、2019年9月に満期を迎えた40歳男性(保険金100万円・保険期間15年)が満期時に受け取れる契約者配当金が52,570円。

配当金は景気に左右される部分があるので、今日契約した養老保険の契約者配当金が満期時にどれくらいになるのかはわかりません。それでも、黒字にするのはけっこうな金額の契約者配当金が必要となる点には注意です。

ご参考です。現在他社が発売している終身保険の解約返戻金の返戻率は以下のとおり。

終身保険 保険料総額 解約返戻金 返戻率
オリックス生命「ライズ(RISE)」 7,790,400円 8,603,700円 110.4%
マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」 7,592,400円 8,266,000円 108.8%
FWD富士生命「E-終身」 8,146,800円 8,763,000円 107.5%

(30歳男性、60歳で保険料を支払い終える前提で試算)

返戻率は100%を超えています。つまり黒字です。かんぽ生命「養老保険」をご検討されている方は、他社の終身保険と比較してみた方がよいです。

かんぽ生命「養老保険」の評価

評価:C(S、A~C)

冒頭書いたことが結論です。

「これ、いったい誰におすすめしたらいいんだろう…」

と悩んでしまうような保障内容です。よって評価は「C」です。かんぽ生命「養老保険」を検討されている方は、他社の終身保険と比較してみることをおすすめします。

ちなみに、終身保険は以下のリンク先で比較しています。こちらもご参考に。

終身保険おすすめ比較ランキング

かんぽ生命「養老保険」の相談をするなら。

かんぽ生命「養老保険」は全国の郵便局で取り扱っていますが、上述のとおり、他社の終身保険と比較してみた方がよいでしょう。最寄の保険ショップで、

「かんぽ生命の養老保険を考えているんですけど、他に良さそうな保険ありませんか?」

と聞いてみるといいです。いろいろな終身保険と比較してくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

アフターフォローの満足度もNo.1です。

万が一の場合には契約者の味方になってくれますし、子供が生まれた!転職することになった!子供が独立した!といったようなイベントが発生した際には保険の見直し相談にも乗ってくれます。契約した後はほったらかしみたいな保険ショップが多い中、保険クリニックならきめ細やかなアフターフォローが期待できます。この点もメリットですね。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。生命保険各社が発売している終身保険の比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:かんぽ生命「養老保険」

おすすめポイントが見つからず…。

●解約返戻金の返戻率が高く、貯蓄代わりに使えるオリックス生命「ライズ」。現状の終身保険のなかでは保険料もトップクラスに安いです。

●保険料払込免除特約が強力で、解約返戻金の返戻率もそこそこ高いマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」。医療保険・がん保険の代わりにも使えます。

あたりの終身保険と比較しておいた方がいいです。これが結論です。

保険クリニックならオリックス生命・マニュライフ生命と提携しています。相談はもちろん無料。無料で丁寧に生命保険各社の終身保険を比較してくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする