【評価C】三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障定期保険・特定疾病保障終身保険」デメリットと評価

商品名そのまんまですが、三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」は死亡保障に加えて、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の保障もある特定疾病保障保険という保険です。

亡くなった場合を保障する保険は終身保険・定期保険です。それぞれの特徴は

終身保険:死亡保障が一生涯続く。保険料は高いけど、解約すると支払った保険料の一部(もしくは全額に利息が上乗せされて)が戻ってくる。貯蓄性がある。

定期保険:死亡保障が期間限定。保険料は安いけど、支払った保険料は戻ってこない。いわゆる掛け捨て。

です(他にも収入保障保険というのもありますが、ここでは割愛)。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」は上記の終身保険・定期保険に3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の保障が追加された保険です。3大疾病にかかり、所定の条件を満たした場合に死亡保険金と同額を受け取れます。

※保障は1回のみです。3大疾病で保険金を受け取れば契約終了。亡くなった場合は保険金給付されません。

終身保険に3大疾病保障を追加したタイプが「特定疾病保障終身保険」、定期保険に3大疾病保障を追加したタイプが「特定疾病保障定期保険」です。どちらに3大疾病の保障を追加するかは選択可能です。

「支払った保険料が掛け捨てになるのはちょっともったいないなあ…」

という方は貯蓄性のある「特定疾病保障終身保険」を選択することになりますし、

「掛け捨てでもいいから保険料を安くしたい!」

「子育てが終わるまでといった期間限定の保障でOK!」

という方は「特定疾病保障定期保険」を選択することになります(人気があるのは特定疾病保障終身保険)。

特定疾病保障保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の特定疾病保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【特定疾病保障保険】
・死亡・高度障害時に保険金を受け取れます。
・3大疾病を原因に所定の状態となった場合に死亡保険金と同額を受け取れます。
【定期型】
・解約返戻金はありません。貯蓄性のない掛け捨ての保険です。
・貯蓄性が無いため、毎月支払う保険料は終身型よりも割安になります。
・保険料を支払っている期間のみ保障されます。
【終身型】
・保険料を支払っている期間中に解約した場合、解約返戻金は支払った保険料の7割程度に減額されます。
・満期を迎えた後に解約すれば、解約返戻金が増額されます。
・保障は一生涯続きます。
保険料を支払う回数 月払、半年払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 【定期型】
保険料を支払っている期間。
【終身型】
一生涯(終身)。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」とオリックス生命「With(ウィズ)」を比較する。

のっけから結論ですが、三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」はイマイチです。

現状、特定疾病保障保険はオリックス生命「With(ウィズ)」SOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」がツートップなのですが、この2社と比較すると保険料・保障内容の両面で劣勢です。

ツートップの一角であるオリックス生命「With」と保障内容を比較してみます。死亡保障はどちらも同じ。違いが出るのは3大疾病に対する保障です。

疾病 保障条件
三井住友海上あいおい生命
「特定疾病保障保険」
オリックス生命
「With」
がん 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。
急性心筋梗塞 60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。 60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
脳卒中 60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。 60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。

がんの条件は同等です。

ちなみにですが、上皮内がんは両社ともに保障対象外です。上皮内がんとはがん細胞がリンパ管や血管に到達していないの初期のがんで、手術でサッと切り取ってしまえば転移や再発する可能性は低いと言われてます(がん細胞はリンパ管や血管で運ばれて転移していく)。

「早めに見つかって良かったですね」

と言われるのが上皮内がん。他社の特定疾病保障保険も上皮内がんを保障対象外としています。

急性心筋梗塞は「60日以上の労働制限」があるのは両社同じ。違いは太字にしている手術の有無です。

急性心筋梗塞となっても入院期間はそこまで長くなりません。生命保険文化センターの調査によると、急性心筋梗塞を含む心疾患の入院期間平均は19.3日。その後、リハビリを経て職場復帰となりますが、感覚的には1ヶ月程度で日常生活に戻れるようになることが多いです。

なので、「60日以上の労働制限」のみを条件としている三井住友海上あいおい生命はハードルが高いかと。

一方で、オリックス生命は条件に「手術」が含まれています。短期で社会復帰できるような急性心筋梗塞であっても、手術を受ければ即保障対象です。オリックス生命の方が条件はゆるい(契約者に有利)と言っていいでしょう。

脳卒中も「60日以上の後遺症」があるのは両社同じ。こちらも違いは太字にしている手術の有無です。

脳卒中は入院が長引きます。生命保険文化センターの調査によると入院期間平均は78.2日。退院後も数か月はリハビリをすることが多いので、「60日以上の後遺症」は急性心筋梗塞ほど高いハードルではないと感じますが、それでも手術が条件に含まれるオリックス生命の方が安心感はあります。

特定疾病保障保険の保障内容はどこも似たり寄ったりなのですが、違いが出てくるのは「手術」を条件に含むかどうかです。手術が条件に含まれていないと急性心筋梗塞が保障対象となるハードルは一気に上がりますし、脳卒中も症状が重くない場合は保障対象外となる可能性があります。

まあでも三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」の保険料がオリックス生命より激安であれば選択の余地がありますが、そうでもありません。全ての年齢で試算はしていませんが、往々にしてオリックス生命の方が安くなります。

「手術」が保障条件に含まれない、そして保険料も安くはない三井住友海上あいおい生命を選ぶ理由はちょっと見当たらないかなと…。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」のメリット

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」ここがポイント!
  • 【check】契約から90日以内に発見されたがんも保障対象になる(乳がん除く)。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」独自のメリットは見当たらないのですが、強いて言えば

「契約から90日以内に発見されたがんも保障対象になる(乳がん除く)」

といったところでしょうか。

オリックス生命「With(ウィズ)」は契約から90日以内に見つかったがんは保障対象外です。というのも、がんの自覚症状がある人が診断を受ける前に契約し、契約早々に病院へ行ってがんと診断されれば契約者は大金をゲット。保険会社は大損です。保険会社の大損は正直な契約者の保険料に跳ね返ります。

例えば血便。大腸がんがある程度進行すると血便が混じることもありますが、そんなこと本人にしかわかりません。

なので、血便が出てがんの疑いに気づいてしまった方が、病院へ行く前に急いで保険契約。そして契約3日後に医師が大腸がんと診断すれば保険金ゲットです。支払った保険料はわずか1ヶ月で大金をゲット。これでは生命保険会社が大損です。生命保険会社の大損は正直な契約者の保険料に上乗せされます。

ということで、自覚症状があるのに3ヶ月放置する人もいないだろうという想定の下に、がん保険やら医療保険やら特定疾病保障保険には「90日間保障対象外ルール」が設けられているのですが、三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」は乳がんを除いて契約後すぐに見つかったがんも保障対象となります。

まあでも故意にがんの疑いを隠して契約すれば、告知義務違反となりかねません。告知義務違反となれば契約は解除。がんと診断されても大金ゲットはできません。この点のメリットは契約から90日間続く

「いまがんと診断されちゃったらどうしよう…」

というドキドキ感が軽減される程度です。些細なメリットです。

ちなみにですが、特定疾病保障保険のツートップの一角であるSOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」も同様に、乳がんを除いて契約後すぐにがんも保障対象になります。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」のデメリット

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」ここにご注意!
  • check】急性心筋梗塞・脳卒中の保障条件に手術が含まれていない。

繰り返しますが、急性心筋梗塞・脳卒中の保障条件に手術が含まれていません。

特定疾病保障保険を選ぶ上で、この点は割と致命的です。手術も保障対象となるオリックス生命「With(ウィズ)」SOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」との比較は必須でしょう。保険料の観点からしても、2社の方が安くなることが多いかと。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」の評価

評価:C(S、A~C)

保障内容・保険料の両面から選ぶ理由は見当たらないと感じます。オリックス生命「With(ウィズ)」SOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」との比較は必須でしょう。

よって評価は「C」としました。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」の相談をするなら。

三井住友海上あいおい生命「特定疾病保障保険」は全国の保険ショップで取り扱っています。しかし、ふらっと入った保険ショップで

「うち、三井住友海上あいおい生命取り扱ってないですよ」

なんて言われたら絶望ですよね。

ということですので、事前準備は周到に。手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら、この記事でご紹介した三井住友海上あいおい生命・SOMPOひまわり生命・オリックス生命の3社と提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

注目すべきはアフターフォローです。

亡くなったら保障対象になる死亡保険に生命保険会社と揉める要素はありません。一方で、微妙なグレーゾーンが存在する特定疾病保障保険は、医師が書く診断書の表現ひとつで保障対象にならないことがあります。急性心筋梗塞の「60日以上の労働制限」や、脳卒中の「60日以上の後遺症」といった条件を満たすかどうかは医師の診断書が大きな決め手になります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけ。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険ショップ全28社のなかで、保険クリニックはアフターフォローの満足度もNo.1です。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。三井住友海上あいおい生命はもちろんのこと、比較対象としたSOMPOひまわり生命・オリックス生命とも提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。過度に重く考える必要はありません!

まとめ

急性心筋梗塞・脳卒中の保障条件に手術が含まれていないのが痛い…。そして保険料も他社と比較して安くはありません。オリックス生命「With(ウィズ)」SOMPOひまわり生命「特定疾病保障保険」との比較は必須でしょう。

保険の相談は専門家へ。専門家は身近にいます。保険クリニックなら三井住友海上あいおい生命・SOMPOひまわり生命・オリックス生命の3社と提携しているので、かんたんに比較してくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

※2022年9月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする