【評価B】ネオファースト生命の収入保障保険「ネオdeしゅうほ」デメリットと評価

悩む
ネオファースト生命の収入保障保険って保険料がものすごい安いけど、大丈夫なのかなぁ。そもそもネオファースト生命なんて聞いたことないけど…

ネオファースト生命は第一生命のグループ会社です。親会社が超大手の生命保険会社ですし、2020年6月末時点のソルベンシーマージン比率は2,513.8%。ソルベンシーマージン比率とは保険金の支払能力を表す指標なんですが、200%以上あれば安全と言われています。ネオファースト生命は大きく上回っていますよね。知名度は低いものの、安定している生命保険会社と言っていいでしょう。そんなに心配はいりません。

しかし、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は、一般の人が気がつかないような落とし穴があるので要注意です。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」ここがポイント
  • 死亡保障のある収入保障保険です。年金方式で保険金を受け取れます。
  • 保険料は必ずしも業界最安値水準になるわけではありません。
  • 高度障害はデフォルトで保障対象になっていません(オプションをつければ保障対象になります)。

収入保障保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

収入保障保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 働けなくなるリスクにも備えられるか。収入保障保険は死亡保障がメインとなる保険ですが、オプションを追加すれば働けなくなるリスクにも備えられる場合があります。
  3. クレジットカードで保険料を支払い可能か。保険料はクレジットカードで支払い、ポイント還元の恩恵を受けましょう。

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:1,831円
女性:1,323円
※非喫煙者健康体保険料率
A
40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:1,754円
女性:1,463円
※非喫煙者健康体保険料率
就業不能特約 あり A
クレジットカード払い 可能 A

上表の保険料はタバコを吸わずに血圧と体型(BMI)と血液中のGOT値が標準値の方の保険料です。他社よりも比較的安くなるのですが、これは高度障害が保障対象になっていないためです。他社は死亡保障だけでなく、高度障害もデフォルトで保障対象になっています。

ちなみにですが、上表と同じ条件で高度障害も保障対象(高度障害収入保障特則あり)にすると、以下の保険料になります。

【30歳】
男性:1,902円
女性:1,374円

【40歳】
男性:1,824円
女性:1,519円

後述しますが、業界最安値水準のFWD富士生命「FWD収入保障」よりも若干高いかなという印象です。ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」を検討されている方は、FWD富士生命「FWD収入保障」との比較はしておいて損はないでしょう。

ちなみに、収入保障保険の保険料は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

収入保障保険のおすすめ比較ランキング

収入保障保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の収入保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【収入保障保険】
・死亡、高度障害時に毎月定額で保険金を受け取れます(一括で受け取ることも可能です)。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡時に毎月受け取れる金額)
5万円・10万円・15万円・20万円
保険料を支払う期間 60歳まで or  65歳まで から選択可能。
保険料を支払う回数 月払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
特約(オプションの種類) 【障害収入保障特則】
障害等級1等級~3等級に認定された場合、毎月年金が給付されます。
【高度障害収入保障特則】
所定の高度障害状態となった場合、毎月年金が給付されます。
【特定疾病収入保障特則】
がん・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の事由に該当したとき毎月年金が給付されます。
【特定疾病保険料払込免除特約】
所定の事由に該当した場合などに、以後の保険料支払いが不要になります(保障は継続)。
【リビングニーズ特約】
余命半年と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
加入方法 対面のみ
健康相談サービス あり

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」のメリット

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」 ここがポイント!
  • 【check】健康体割引あり。条件を満たせば保険料が約40%割安に!
  • 【check】「障害収入保障特則」「特定疾病収入保障特則」をつければ働けなくなるリスクも保障対象に!
  • 【check】高度障害の保障対象から取り外して保険料を安くできる!
  • 【check】保険金の受け取り方が柔軟。毎月・一括・一部一括から選択可能。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

以降、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」のメリットの1点から4点目について説明していきます。

【シミュレーション】ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は健康体割引あり。健康診断の結果しだいで割引が適用される!

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は喫煙習慣と血圧・体型(BMI)・血液中GOT値によって保険料を3つのランクに分けてます。例えば、30歳で保障額毎月10万円・保障期間60歳までのケースで毎月支払う保険料のシミュレーションはこんな感じになります。

非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
30歳男性 1,831円 2,457円 3,101円
30歳女性 1,323円 2,432円 2,517円

非喫煙者優良体だと標準体の概ね40%保険料が割引されています。健康診断の結果によって割引が適用される点はメリットですね。

各ランクの条件はこんな感じです。

非喫煙者優良体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
・18.0<BMI<27.0
・20歳~49歳の方は血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
・50歳以上の方は血圧の上が150mmHg、下が100mmHg未満。
・血液中のGOT値が30U/L以下。
喫煙者優良体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙している。
・18.0<BMI<27.0
・20歳~49歳の方は血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
・50歳以上の方は血圧の上が150mmHg、下が100mmHg未満。
・血液中のGOT値が30U/L以下。
標準体 上記のどれにもあてはまらない場合。

※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

条件は他社同等と言っていいでしょう。

ちょっと耳慣れないのがGOT値でしょうか。GOT値とは肝臓の働きを知ることができる血液中の数値です。値が高過ぎると肝機能に問題がある可能性が高く、基準値は30U/L以下だそうです(健康診断の結果に書いてあるはずです)。ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の条件は基準値と同じですので、そこまでハードルは高くありません(GOT値は他社にはないネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」独自の条件です)。

喫煙習慣・BMIの条件は他社同等です。血圧は49歳までなら他社同等、50歳以上だと他社よりも条件は優しくなります(他社は50歳以上でも血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満が条件となることが多いです)。

さて、ここで同じく健康体割引のあるFWD富士生命「FWD収入保障」と毎月支払う保険料を比較してみます。ここでの条件は保障額10万円、保障期間65歳まで、高度障害収入保障特則ありとします。

【30歳男性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
2,533円 3,199円 4,375円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
2,136円 3,018円 3,135円 4,185円

【30歳女性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
1,880円 3,289円 3,413円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
1,722円 2,709円 2,474円 3,366円

【40歳男性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
2,650円 4,303円 4,839円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
2,328円 3,727円 3,875円 5,163円

【40歳女性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
2,206円 3,324円 3,567円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
1,942円 2,955円 2,833円 4,126円

この例だと全般的に保険料が安くなるのはFWD富士生命「FWD収入保障」となりました。

ただ、上表の保険料は保障内容を合わせるためにネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の高度障害収入保障特則をありで試算しています。高度障害の保障が不要な場合はもう少しネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の保険料は安くなるので、差は縮まります(高度障害の保障を外すのは危険と感じますが…)。

保険料は性別や年齢によって変わってきます。申し込みをする際には両者を比較してみましょう。

なお、喫煙者で血圧・BMI・GOT値の条件を満たせない方(標準体に該当する方)は保険料が割高になってしまいます。健康体割引のない他社の収入保障保険の方が良いでしょう。オリックス生命「Keep(キープ)」には健康体割引がなく、喫煙者の方でも保険料は割安です(後述します)。

ちなみに、SOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」は契約時は喫煙者で健康体割引の条件を満たしていなくても、契約後に禁煙して健康体割引の条件を満たせば保険料が割引されます。割引されるだけでなく、過去にさかのぼって支払った保険料が戻ってきます。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は就労不能保障あり。「障害収入保障特則」「特定疾病収入保障特則」をつければ働けなくなるリスクも保障対象に!

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」には働けなくなるリスクを保障する特則(オプション)があります。対象は以下の2特則です。

  • 特定疾病収入保障特則
  • 障害収入保障特則

働けなくなるリスクを保障する上で大切なのは、何を条件に働けないと認定してくれるかです。この条件が各保険会社によってマチマチなんです。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の条件は以下のとおりです。

特則名 給付される条件
特定疾病収入保障特則 以下の条件を満たした場合に、亡くなった場合と同額の保険金を給付。
●がん(悪性新生物):医師の診断確定。ただし、上皮内がんは含まない。
●急性心筋梗塞:継続20日以上の入院、または手術したとき。
●脳卒中:継続20日以上の入院、または手術したとき。
障害収入保障特則 障害等級1等級~3等級に認定されたとき、亡くなった場合と同額の保険金を給付。

就業不能保障で最も大切なのは

就業不能と認定される条件

です。死亡保障は亡くなった場合が保険金を受け取れる条件です。白黒はっきりしてますよね。一方で、就業不能保障は複雑です。何をもって「就業不能」と認定するかは各社バラバラです。

例えば、

  • メンタルが弱い方は精神疾患が就労不能の条件になっていること。
  • ハードなスポーツが趣味な方は、幅広い障害等級が条件になっていること。
  • いまの仕事以外に就きたくない方は、元の仕事に就けることが条件になっていること。

こういった観点、つまり自分が働けなくなるリスクはどこにあるかを真剣に考えて就業不能保険を選ぶことが大切です。そういった意味では、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」にこだわる必要は全くありません。自分に合った条件で就業不能保険を探しましょう。

下記に就業不能保険・収入保障保険の就業不能保障と認定される条件をまとめています。こちらもご参考に。

保障範囲で比較する就業不能保険。働けないとき本当に必要なサポート。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の就業不能と認定される条件は他社と比較しても悪くはありません。ただし、保険料はちょっと高めです。特則有無による保険料を比較しておきます。

非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
特則なし 1,754円 2,755円 3,143円
特定疾病収入保障特則あり 5,712円 7,869円 9,662円
障害収入保障特則あり 3,137円 4,954円 5,575円

※40歳男性・保障額毎月10万円・保障期間60歳まで、支払保証期間2年、保険料払込免除特約なしで比較。

この例だと、特定疾病収入保障特則をつけると毎月支払う保険料が4,000円~6,000円程度上がります。正直言って高いです。4,000円~6,000円あれば働けなくなるリスクを専門にしている就業不能保険に加入できてしまいます。

また、障害収入保障特則は2,000円前後保険料を上乗せすればつけることができます。2,000円も正直微妙です。もう少し上乗せすれば、就業不能保険に入れてしまいます。

まとめると、働けなくなるリスクに備える特定疾病収入保障特則・障害収入保障特則の条件は緩いものの、保険料は安くありません。無理にネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」で働けなくなるリスクに備える必要はありません(他社の就業不能保険と要比較です)。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は高度障害を保障から取り外して保険料を安くできる!

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」はデフォルトで高度障害が保障対象になっていません。デフォルトでは亡くなった場合のみ保障されます。

高度障害を保障対象にするには、オプションの高度障害収入保障特則を追加する必要があります。ちなみに、高度障害とは以下を指します。

(1) 両眼の視力を全く永久に失ったもの
(2) 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
(3) 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
(4) 両上肢を手関節以上で失ったもの
(5) 両上肢の運動機能を全く永久に失ったもの
(6) 1上肢を手関節以上で失い、かつ、他の1上肢の運動機能を全く永久に失ったもの
(7) 両下肢を足関節以上で失ったもの
(8) 両下肢の運動機能を全く永久に失ったもの
(9) 1下肢を足関節以上で失い、かつ、他の1下肢の運動機能を全く永久に失ったもの
(10) 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの
(11) 1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢の運動機能を全く永久に失ったもの
(12) 1上肢の運動機能を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの

引用:ネオファースト生命

他社の収入保障保険は高度障害をデフォルトで保障対象にしています。高度障害になった場合は、亡くなった場合と同じく毎月定額の保険金が給付されます。

「高度障害は保障対象じゃなくてもOK!」

っていう方は少数派かと思いますが、高度障害を外して保険料を安くできるのは選択肢が広がるという意味でメリットとしました。

ちなみに、高度障害収入保障特則の有無で毎月支払う保険料の差は以下となります。

非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
高度障害収入保障特則なし 1,754円 2,755円 3,143円
高度障害収入保障特則あり 1,824円 2,864円 3,265円

※40歳男性・保障額毎月10万円・保障期間60歳まで、支払保証期間2年、保険料払込免除特約なしで比較。

この例だと100円前後保険料UPします。100円前後なら高度障害を保障対象にしておいた方が安心ですよね。高度障害を保障対象外にできる点をメリットとしましたが、保険料も安いので基本的には高度障害収入保障特則はつけておくべきだと考えます。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は保険金の受け取り方を「年金」「一括」「一部一時」の3種類から選択できる。

収入保障保険といっても、保険金を必ず毎月受け取らなければならないわけではありません。ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は保険金の受け取り方を柔軟に決めることができます。

  • 年金のように毎月定額受け取り。
  • 最初に全額を一括で受け取り。
  • 最初に一部を一括で受け取り、残額を毎月定額で受け取り。
  • 毎月定額で受け取り、最後に残額を一括受け取り。

一家の大黒柱が亡くなった場合、もしかしたら引っ越しや葬儀等で一時的にお金が必要になることもありそうですよね。また、子供が独立して責任が軽くなった後に、残額を一括で受け取って、好きなことに使うといったこともできます。

受け取り方は契約時に決める必要はありません。その時々の状況に応じて、柔軟に決めていきましょう。

【おまけ】ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」には特定疾病保険料払込免除特約もあります。

元々保険料が安い収入保障保険。そんなに必要ではありませんが、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は特定疾病収入保障特則をつけると、グンと保険料が上がるので、保険料払込免除特約が役に立つかもしれません。

保険料払込免除特約はよくテレビCMで観る「以降の保険料は頂きません!」というやつです。3つのタイプから選べるのですが、以下のケースに該当した場合に以降の保険料支払いが免除されます(もちろん保障は継続されます)。

タイプ 条件
Ⅰ型 がん:初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは対象外)
心疾患:急性心筋梗塞で継続20日以上の入院、または手術したとき。
脳血管疾患:脳卒中で継続20日以上の入院、または手術したとき。
Ⅱ型 がん:初めてがんと診断されたとき(上皮内がんが保障対象)
心疾患:急性心筋梗塞で継続20日以上の入院、または手術したとき。
脳血管疾患:脳卒中で継続20日以上の入院、または手術したとき。
Ⅲ型 がん:初めてがんと診断されたとき(上皮内がんが保障対象)
心疾患:心疾患(心筋梗塞に限らず)で継続20日以上の入院、または手術したとき。
脳血管疾患:脳血管疾患(脳卒中に限らず)で継続20日以上の入院、または手術したとき。

他社は心疾患・脳血管疾患の場合に入院すれば即免除されるタイプがありますが、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は20日間の入院が必要です。この点は若干厳しいでしょう(60日以上の入院が条件となる収入保障保険もありますが)。

しかし、Ⅱ型・Ⅲ型では上皮内がんまで保障対象となる点はメリットです。上皮内がんとは初期のがんでサッと手術で切ってしまえば完治する可能性が高いと言われています。保険料払込免除の保障対象とならないのが一般的です。

結論からするとやはり保険料払込免除特約は不要と考えます。特定疾病収入保障特則をつけなければ保険料がそこまで高くなりません。保険料払込免除特約は有料オプションなので、つければ保険料が上がります。保険料を上げてまで必要なオプションだとは思えません。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」のデメリット

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」 ここにご注意!
  • 【check】喫煙者、もしくはBMI・血圧・GOT値が条件を満たさなければ保険料が割高。
  • 【check】復活制度がない。

デメリットはメリットの裏返しです。非喫煙優良体に該当すれば保険料は安くなりますが、喫煙者だったり、BMI・血圧・GOT値が条件を満たさない方は、保険料が割高になる可能性が高いです。

メリットのところでも保険料を比較してみましたが、ここでもう一度毎月支払う保険料を比較してみます。今回は比較対象にオリックス生命「Keep(キープ)」を追加します。オリックス生命「Keep(キープ)」は健康体割引がないので、非喫煙優良体に該当しない方の保険料が比較的安くなります。比較条件は保障額10万円、保障期間65歳までとします。

【30歳男性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
2,533円 3,199円 4,375円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
2,136円 3,018円 3,135円 4,185円
キープ 保険料は一律
3,270円

【30歳女性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
1,880円 3,289円 3,413円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
1,722円 2,709円 2,474円 3,366円
キープ 保険料は一律
2,360円

【40歳男性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
2,650円 4,303円 4,839円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
2,328円 3,727円 3,875円 5,163円
キープ 保険料は一律
3,830円

【40歳女性】

ネオdeしゅうほ 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
2,206円 3,324円 3,567円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
1,942円 2,955円 2,833円 4,126円
キープ 保険料は一律
2,690円

この例だと、

  • 喫煙者優良体に該当するなら、男性はFWD収入保障、女性はキープが最安値。
  • 標準体に該当するなら、男性はFWD収入保障orキープ、女性はキープが最安値。

となりました。喫煙者だったり、BMI・血圧・GOT値が条件を満たさない方はFWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」との比較は必須でしょう。

それと、SOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」は契約時に健康体割引の条件を満たしていなくても、契約後に条件を満たせば保険料が割引になり、さらに過去にさかのぼって支払った保険料が戻ってきます。これから禁煙やダイエットを始めたい方におすすめです。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」には復活制度がない。

一般的な生命保険には復活制度があります。

例えば、

  • 口座振替で契約していたけど、口座に入金し忘れた。
  • クレジットカードの支払限度額を超えてしまっていた。

といった理由で2ヶ月程度、保険料の支払いがなければ保険契約は失効します。しかし、その後(概ね3年以内)に保険料の支払いを再開できれば、同じ条件で保険契約を「復活」させることができます。これが復活制度です。

しかし、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」には復活制度がありません。一旦保険契約が失効すると再契約する必要があります。

再契約すると、間違いなく保険料は上がります。

例えば、30歳の時に契約し、40歳で失効した場合、再契約すると40歳で契約した時の保険料となります。30歳の時に契約した保険料からは確実に上がってしまいます。

ちゃんと毎月保険料を支払っていればデメリットにはなりませんが、ついうっかりと言うこともあります。この点は注意しておきましょう。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の評価

評価:B(S、A~C)

保険料は業界最安値クラスとまではいきません。FWD富士生命「FWD収入保障」、もしくはオリックス生命「オリックス生命「Keep(キープ)」との比較は必須と感じます。

また復活制度がない点はちょっと気になります。他に落とし穴はなさそうなんですけど、ひとつあると気になりますよね…。

よって評価は「B」としました。

●タバコを吸わない方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」。割引が適用されて保険料が激安になりますし、オプションも充実しています。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値、もしくはタバコを吸わない方で血圧と体型が標準値から外れる方は、FWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」との比較を(ここが一番面倒です)。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値から外れる方はオリックス生命「Keep(キープ)」。保険料が比較的安めです。

あたりと比較して損はないでしょう。

上から2つ目の●に該当しちゃうと比較が複雑になります。この記事では大きく取り上げていない三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」ですが、健康診断の結果を提出すれば割引が適用される可能性がある「健康診断料率」という割引が新設されました。この割引が適用されると、上から2つ目の●に該当する場合に一気に最安値となるかもしれません(割引の具体的な適用条件はブラックボックスです)。三井住友海上あいおい生命も比較対象に加えてみてください。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」の相談をするなら。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は全国の保険ショップで取り扱ってます。

しかし、いざ保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちネオファースト生命やってないんですよ」

なんて言われることのないように、事前に最寄の保険ショップがネオファースト生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険見直し本舗です。

【オンライン相談も可能です!】保険見直し本舗

  • 全国300ヵ所以上の窓口で対面で相談できます。もちろん相談は無料です。
  • オンライン相談も可能です。自宅でかんたんに相談できます。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。選択肢の広さが魅力です。

保険見直し本舗

全国300ヶ所以上に展開する保険見直し本舗。ショッピングモールだとか、大きめのデパートとか、いまや至るところで見かける保険ショップです。

コンプラ厳守で無理な勧誘はありません。個人情報も国際認証基準(ISO)に基づいて管理されています。保険の契約実績は100万件を超えてますし、あらゆる状況の家庭から保険相談を受けてます。経験がものを言う保険相談のなかでは、ピカイチの実績ではないかと。

予約は簡単です。まずは相談方法を下記の3つから選びます。

  • 店舗(最寄りの店舗に相談者が訪れて相談)
  • 訪問(保険見直し本舗のスタッフが自宅やカフェ等の指定場所に訪れて相談)
  • オンライン

オンライン相談可能な点が魅力的ですよね。どこかに行く必要もなく、スタッフが自宅にくることもなく、安全に気軽に相談できます。

続いて相談に必要な情報を入力します。具体的には

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こんな情報です。相談したい内容もざっくりと入力できます(任意ですが入力しておいた方がいいです)。

これで予約は完了。ほんとに30秒で予約できますよ。

実際に利用した方々の口コミはこんな感じです。

口コミの評価は概ね上々です。僕も長いこと保険業界の端っこにいますが、保険見直し本舗の悪い噂は聞いたことない。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。選択肢の広さがうれしいですよね。この記事でご紹介したネオファースト生命・FWD富士生命・オリックス生命・三井住友海上あいおい生命・SOMPOひまわり生命とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険見直し本舗

【指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険見直しラボは訪問相談をメインとした保険相談サービスです。自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます(オンライン相談もやってます)。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」

タバコを吸わない方で、血圧・体型・血液中のGOT値が標準なら割引が適用されますが、業界最安値クラスとまではいきません。

●タバコを吸わない方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」。割引が適用されて保険料が激安になりますし、オプションも充実しています。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値、もしくはタバコを吸わない方で血圧と体型が標準値から外れる方は、FWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」との比較を(ここが一番面倒です)。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値から外れる方はオリックス生命「Keep(キープ)」。保険料が比較的安めです。

あたりと比較して損はないでしょう。ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は働けなくなるリスクに備えられる条件がそこそこ良いといったメリットもありますが、他社の収入保障保険との比較は必須と感じます。

ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」は全国の保険見直し本舗で取り扱っています。オリックス生命・FWD富士生命・三井住友海上あいおい生命・SOMPOひまわり生命とも提携しているので、かんたんに比較してくれますよ。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする