【評価B】第一生命の個人年金保険「しあわせ物語」デメリットと評価

オーソドックスな個人年金保険です。

公式サイトの契約例によると、30歳で契約をして65歳から10年間年金を受け取ると、支払った保険料総額に対するリターンは概ね105%程度。他社とほぼ同じ水準です。受け取れる年金額は契約時に決まりますし、個人年金保険料控除が使えるので税金面でもお得。手堅く老後の資金を貯めるのに向いている個人年金保険でしょう。

最近の個人年金保険は外貨建てと変額保険に勢いがありますが、外貨建てには為替リスクがあるので、円高であれば円換算の年金額は減ってしまいます(円安なら増える)。変額保険は契約者が市場リスクを負って運用するので、暴落が発生すると目も当てられない状況になります。

ということで、外貨建てと変額保険にはメンタルの強さが必要です。超円高も大暴落も周期的に発生するので、それを乗り越えて積み立てを継続するメンタルです。こつこつ積み立てた年金が短期間で溶けていく(そしてなかなか戻ってこない)様子を見るのは、予想以上に辛いです…。

そういった意味では、受け取れる年金額が契約時にきっちり決まる第一生命「しあわせ物語」なら日々を穏やかに暮らせます。年金額の上下でドキドキしたくない方なら、候補に入る個人年金保険でしょう。

保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

生命保険 見直し

第一生命「しあわせ物語」のデメリット

第一生命「しあわせ物語」ここに注意!
  • 【check】利率が高くない。

利率が高くない。

手堅く老後の資金を貯められる第一生命「しあわせ物語」ですが、その利率は高くありません。

公式サイトの例だと30歳の方が

・保険料払込期間65歳まで(65歳から年金受取開始)
・月額保険料28,000円
・10年確定年金

で契約した場合、支払った保険料総額1,176万円に対して年金総額は約1,240万円。リターンは105.4%。仮に満期時に年金総額を確保できているとすると、年利換算で0.3%程度にしかなりません。

老後の生活資金を貯めるのに、保険ではなく確定拠出型年金(iDeco)を利用したとします。

iDecoでは運用先のファンドを契約者が選択できるのですが、人気のある「eMaxis Slim全世界株式(オルカン)」で運用したとします。

オルカンは全世界の株式に広く投資し、そのリターンを「MSCIオール・カントリー・ワールド・イン デックス」という指標に連動させることを目標としているのですが、過去30年の年利が平均7.3%(2023年10月時点)。実際のリターンは手数料として0.2%程度差し引かれますが、それでも第一生命「しあわせ物語」を大幅に上回る年利です。

もちろん、これまでの実績が将来も継続するとは限りません。今後の経済がズタズタになりリターンが低下、最終的に固定利率の第一生命「しあわせ物語」が勝利する可能性もあるでしょう。確定拠出型年金(iDeco)には元本割れのリスクがあります。

しかし、その可能性を加味したとしても、まだまだ老後まで時間がある20代~40代くらいの若い方がリターンの低い個人年金保険で老後の生活資金を貯めるのはもったいないと感じます。多少のリスクはあるとしても、確定拠出型年金(iDeco)を利用してオルカンに積み立てた方が将来的なリターンは高くなるかなと。市場は周期的に暴落しますが、確実に回復しています(リーマンショックもほぼ5年で回復)。

まあでも暴落時にも資産運用を継続するにはメンタルの強さが必要です。みるみる減っていく確定拠出型年金(iDeco)の残高を見るのは精神的に良くないですし、こんな状況でも資産運用を続けられる人は多くありません(それでも続けた人が最後に笑う)。

「そんなの耐えられそうにない…」

という方なら、受け取れる年金額が契約時に確定する第一生命「しあわせ物語」の方が向いているでしょう。

ちなみに、第一生命「しあわせ物語」のような固定利率はインフレに弱いです。

本記事を書いている2023年11月の消費者物価指数が2.9%(生鮮食品除く)。第一生命「しあわせ物語」が年利0.3%しか挙げられないのであれば、実質的なリターンはマイナスです。今後もインフレ傾向が続くのであれば、受け取れる年金額が公的年金の補填に足りないこともあるでしょう。

第一生命「しあわせ物語」のメリット

第一生命「しあわせ物語」ここがポイント!
  • 【GOOD!】個人年金保険料控除を使える。
  • 【GOOD!】受け取れる年金額が契約時に決まる。

個人年金保険料控除を使える。

会社員の方なら年末調整で、自営業の方なら確定申告で、1年間に支払った保険料を所得控除に使えます。生命保険に関わる所得控除には

  • 生命保険料控除
  • 介護保険料控除
  • 個人年金保険料控除

の3種類がありますが、第一生命「しあわせ物語」で支払った保険料は個人年金保険料控除に分類されます。

「個人年金保険なんだから個人年金保険料控除が使えて当たり前だろ!」

と思われるかもしれませんが、世の中の外貨建て個人年金保険や変額個人年金保険は個人年金保険料控除が使えないこともあります(死亡保障が入ってくると生命保険料控除に分類される)。なので、この点は第一生命「しあわせ物語」のメリット。

個人年金保険料控除は侮れません。生命保険料控除を満額まで使い果たしている方は多いと思いますが、個人年金保険料控除はほとんどの方が使い切れていないでしょう。

個人年金保険料控除は年間80,000円までの個人年金保険料を所得から控除する仕組みなのですが、80,000円満額まで枠を使うと

所得税:40,000円を所得控除
住民税:28,000円を所得控除

です。例えば、年収500万円なら所得税の税率は20%、住民税は年収に関わらずほぼ10%なので、年末調整で還付される金額は

所得税:8,000円(40,000円×20%)
住民税:2,800円(28,000円×10%)

の合計10,800円。80,000円の保険料に対して10,800円が年末調整で戻ってきます。

メリットに挙げた例で、毎年10,800円が還付されれば実質的な保険料総額は約1,138万円。年金総額1,240万円に対するリターンは108.9%まで上がります(年利換算で0.5%程度)。

ちなみに、確定拠出型年金(iDeco)も拠出金がまるまる所得控除されます。

個人年金保険 VS 確定拠出型年金(iDeco)

という構図で考えれば、この点が個人年金保険のメリットとは言えません。

受け取れる年金額が契約時に決まる。

冒頭書いたとおり、受け取れる年金額が契約時に決まります。契約後の経済状況には左右されません。第一生命が破綻すれば減額はあるかもしれませんが、その可能性は極めて低いでしょう。

大暴落で資産がドンっと減るような状況はメンタルをやられます。大暴落が発生しても市場はそのうち回復しますが、いつ回復するかは誰にもわかりません。そんな状況でもこつこつ積み立てを続けるには、強靭なメンタルを求められます。元本保証のない確定拠出型年金(iDeco)に必要なのは強靭なメンタルです。

ということで、日々を穏やかに過ごしたい場合は確定拠出型年金(iDeco)よりも第一生命「しあわせ物語」の方が選択肢に入るかなと。

ちなみに、円建て個人年金保険のなかでのリターンはトップクラス。国内資本で会社名が漢字の生命保険会社は円建て個人年金保険を発売していることが多いのですが、そのなかでもリターンは高めです。

第一生命「しあわせ物語」の評価。

評価:B(S、A~Cで判定)

手堅く老後の生活資金を貯めていきたいという方なら候補に入る個人年金保険でしょう。元本割れのリスクがほぼなくて、契約時に受け取れる年金額が決まるという点は安心です。

よくある円建ての個人年金保険です。よって評価は「B」としました。

しかし、まだまだ老後まで時間のある20代~40代の方であれば多少のリスクを負っても確定拠出型年金(iDeco)を利用した方が最終的には高いリターンを得られると感じます。iDecoは市場リスクを契約者が負うことなりますが、周期的に発生する大暴落も一定期間後に必ず回復しています。

ということで、老後の生活資金を貯めるのなら、やっぱりまずは確定拠出型年金(iDeco)かなと。

個人年金保険のリターンは下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

個人年金保険・トンチン年金保険の比較ランキング

第一生命「しあわせ物語」の相談をするなら。

第一生命「しあわせ物語」は全国の保険ショップで相談できます。取り扱っている保険ショップは多めです。きっとご近所の保険ショップでも相談できます。

しかし、ふらっと入った保険ショップで

「うち、第一生命取り扱ってないですよ!」

なんて言われたら絶望です。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックなら第一生命を含む50社以上の保険会社と提携しています。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【保険の相談なら!】保険クリニック

  • 第三者機関の顧客満足度調査にて、継続的に高い評価を獲得しています。
  • 全国250店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能です。
  • もちろん相談は無料です。
  • 50社以上の保険会社と提携しています(業界最高水準)。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが第三者機関による顧客満足度調査。オリコン社が実施した保険ショップの顧客満足度調査にて2021年から2023年までの3年連続No.1、2023年10月に実施した株式会社DRCによるインターネット調査にて総合1位を獲得しています。

保険クリニックは契約手続きとアフターフォローにも定評があります。

保険金の不払い率をこちらにまとめていますが、不払いとなる理由の多くは

  1. 契約時の告知事項に不備があった。
  2. 契約上、保険会社に支払う責任がない。

の2点。

1点目は保険を契約する際に生命保険会社へ知らせた告知事項(過去の病歴とか現在の健康状況とか職業等)に誤りがあったケースで、これは保険ショップのスタッフが契約時にしっかり説明すれば回避できます。保険クリニックでしっかり説明を受けて契約すれば、まず該当することはないかと。

また、2点目はそもそも保険会社に保険金を支払う責任がないケースですが、医療保険やがん保険には責任分界点が微妙なグレーゾーンが存在します。微妙なグレーゾーンでキーになるのが医師が書く診断書。診断書の表現ひとつで保障されないこともあります。

そんなときに、

「こういうふうに診断書を書いてもらうと保障されやすいですよ」

といったアドバイスをできるのは保険ショップのスタッフだけです。生命保険会社のコールセンターに問い合わせても、わざわざ自分たちの不利になるアドバイスはしてくれません。

保険クリニックはアフターフォローの評価も高めです。契約後のコミュニケーションを密にしておくことで、万が一の場合には腹を割った相談がしやすくなります。こういう裏情報的なアドバイスは信頼関係がないとできないことなので。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

50社以上の保険会社と提携している点も評価できます。もちろん、第一生命とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

【保険ショップの検索・予約なら】保険相談ニアエル

保険ショップの検索・予約は↓をクリック!

保険相談ニアエル

近所に保険クリニックがない場合は、保険相談ニアエルで最寄りの保険ショップを検索してみてください。保険ショップには複数回相談に訪問することもあるので、自宅との距離のは割と重要です。

保険相談ニアエルは全国1,500店舗の保険ショップを区市町村単位で検索できます。保険ショップに関する

  • 取り扱っている保険会社
  • 実際に利用した人の口コミ
  • 営業時間、交通アクセス等の基本情報

といった情報も掲載されています。取り扱っている保険会社が事前にわかるので、希望していた保険を提案されなかった!といった悲劇もないですし、厳しい口コミもそのまま掲載されているので、ちゃんと選べば安心して相談ができるかなと。

また、保険相談ニアエルでは相談予約もできます。予約は簡単で

  • 相談希望日時
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(保険見直しor新規加入orその他)

だけ入力すれば完了。1分程度で終わる作業です。

予約した後には店舗から電話で予約確認があります。電話の際にざっくりと相談したい内容だとか、その他の要望(女性スタッフ希望等)を伝えておけば、相談もスムーズに進みます。

もちろん予約は無料です。気軽に予約して大丈夫です。

保険ショップの検索・予約は↓をクリック!

保険相談ニアエル

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:第一生命「しあわせ物語」

個人年金保険のリターンは高くありません。まだまだ老後まで時間のある20代~40代の方であれば、確定拠出型年金(iDeco)を利用した方が最終的なリターンは高くなることが多いかと。老後の生活資金を貯めるのなら、まずは確定拠出型年金(iDeco)。次にNISA。最後に証券会社の特定口座でファンド購入です。

SBI証券iDeCo資料請求プロモーション

ただし、第一生命「しあわせ物語」は円建ての個人年金保険なので、元本割れのリスクはほぼありません。受け取れる年金額は契約時に確定します。なので、

「元本割れのリスクは絶対に避けたい!」

という方なら候補に入るかなと。他社の円建ての個人年金保険と比較すれば、リターンは悪くありません。

保険クリニックは第一生命と提携しています。50社以上の生命保険会社と提携しているので、他社の個人年金保険との公平な比較もやってくれます。保険選びに迷ったら、手っ取り早いのは保険クリニックです。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする