【評価C】ライフネット生命の終身医療保険「じぶんへの保険3」デメリットと評価

ネットから入れる医療保険は保険料が安いイメージありますが、ライフネット生命「じぶんへの保険3」はそこまで安くはないかなぁという印象です。少なくとも、業界最安値クラスではありません。

また、契約者に選択の自由はほぼなし。選べるのは、おすすめコースとエコノミーコースの2パターンのみ。

保障内容の観点からも、保険料の観点からも、他社の医療保険と比較しておいて損はないでしょう。

ライフネット生命「じぶんへの保険3」ここがポイント
  • おすすめコースとエコノミーコースの2つから保障内容を選べます。
  • エコノミーコースは保障が薄めで不安が残ります。
  • おすすめコースは保険料がやや高めです。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. 入院保障:入院は短期化していますが、超長期の入院となる可能性はゼロではありません。端的に言うと3大疾病(特にがんと脳血管疾患)です。3大疾病の長期入院に耐えられるかは要チェックです。
  2. 通院保障:通院しながら働ける状況であれば家計のやりくりはできそうですが、通院しながらきつい抗がん剤治療(辛過ぎて働けない…)を受けるような状況を保障してくれるかが重要です。
  3. 三大疾病一時金:医療保険にはがん・心疾患・脳血管疾患で入院すると1年に1回ポンっと大きな金額が支払われるオプションがあります。生活費の補填という意味でも、長期の闘病に備えるには重要な保障です。
  4. 先進医療保障:健康保険の適用外となる先進医療は全額自己負担です(治療費が数百万円となることもあります)。医療保険がしっかり保障してくれるかも要チェックです。

まずはざっと概要を書いておきます。上記4点について、ライフネット生命「じぶんへの保険3」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
入院保障 3大生活習慣病(がん・心疾患・脳血管疾患)の入院を無制限保障(おすすめコース) A
通院保障(がん) なし C
三大疾病一時金 【対象となる疾病・給付条件】
がん:1回目診断確定、2回目以降治療
【給付間隔・上限】
1年に1回、上限5回まで。
B
先進医療保障 通算2,000万円上限・終身型 A
30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:3,156円
女性:3,403円
B
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:4,243円
女性:4,069円
会社情報 苦情率:1.529%
ソルベンシーマージン比率:2647%
B

おすすめコースであれば3大疾病の入院保障が無制限になります。この点は問題ありません。

一方で通院保障はありません。他社のように通院1日5千円!といった特約もありませんし、抗がん剤治療を受けた月に10万円給付といった特約もありません。

三大疾病一時金の保障対象もがんのみ。他社だと心疾患・脳血管疾患も保障対象に加わるのですが、ライフネット生命「じぶんへの保険3」の保障対象はがんのみに限定されます。さらに、エコノミーコースだと一時金保障はありません。

先進医療保障は問題ないです。充実していますが、先進医療保障もエコノミーコースだと付加されません。全般的にエコノミーコースは保障内容に不安が残ります。

また、保険料は決して安くありません。他社の医療保険との比較は必須と感じます(この後比較していきます)。

会社的には安定しているようですが、苦情率が業界平均0.4%を大きく上回る1.529%なのが気になります。こちらに生命保険各社の苦情率をランキングしていますが、ライフネット生命がワースト1になっています。

まとめると、ちょっと微妙です…。

医療保険の相談はマネードクターで!
(↓をクリックするとマネードクターへ移動します)



ライフネット生命「じぶんへの保険3」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
エコノミーコース ・入院給付金
・手術給付金
・女性入院給付金(じぶんへの保険3レディースだと保障)
おすすめコース ・入院給付金
・手術給付金
・女性入院給付金(じぶんへの保険3レディースだと保障)
・先進医療給付金
・がん治療給付金
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、終身(一生涯)から選択可能。
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 対面・郵送・ネット
健康相談サービス あり(健康サポート24が利用可能)

ライフネット生命「じぶんへの保険3」の保障内容を評価します。

冒頭のところで入院保障・通院保障(がん)・三大疾病一時金・先進医療保障について書きましたが、その他の特約(オプション)を含め、もう少し詳しく見ていきます。

入院給付金

入院保障はエコノミーコース・おすすめコースの両方にあります。

名称 給付額 給付条件
入院給付金 入院1日につき5,000円、8,000円、10,000円、12,000円、15,000円から選択可能。 入院1日につき給付

日帰り入院でも最低5日間分の入院給付金が給付されます。

最近は入院が短期化されているので、入院日数が少ないと入院給付金で医療費全額をカバーできないケースがあります。日帰り入院を含む5日以内の入院であっても、5日分の入金給付金が給付される点はメリットでしょう。

また、おすすめコースでは「3大疾病入院給付金無制限」が付加されるため、3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の入院が日数無制限で保障されます。

ちなみにですが、入院日数の平均は以下のとおりです。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日
(参考:生命保険文化センター

上記のリンク先を参照頂けるとわかるのですが、入院日数は意外と短いです。脳血管疾患は長引くこともありますが、がんとか心疾患は意外と入院期間は短めですよね。

とはいえ、これは平均です。特にがんは部位や進行度によっては入院が長引きます(水泳の池江璃花子さんは10か月入院されたそうです)。医療保険の役割が万が一の壊滅的な状況を救うことにあると考えれば、入院日数の無制限保障は重要だと考えています。

3大疾病入院給付金無制限が付加されないエコノミーコースは入院60日まで保障。この点もエコノミーコースは保障が弱いと感じます。

手術給付金

手術保障もエコノミーコース・おすすめコースの両方にあります。

名称 給付額 給付条件
手術給付金 入院中:入院給付金の10倍
外来:入院給付金の5倍
所定の手術を受けたとき。
骨髄幹細胞の採取術 入院給付金の10倍 骨髄幹細胞の採取術を受けたとき。

以前は外来の手術は保障対象外だったのですが、ライフネット生命「じぶんへの保険3」にリニューアルされてから外来の手術も保障対象となりました。

これで他社の手術給付金と同レベルの保障です。悪くはありません。

先進医療給付金・先進医療見舞給付金

名称 給付額 給付条件
先進医療給付金 保障期間通算で2,000万円までの技術料。 先進医療を受けた場合。
先進医療見舞給付金 1回につき10万円

先進医療とは、公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術を指します。健康保険適用がされないので全額自己負担。なので、先進医療を受けると高額な医療費を請求されることもありますが、その医療費実費を保障するのが先進医療特約です。

保障額上限2,000万円は他社と同水準です。悪くありません。

また、先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。交通費・宿泊費等が必要になるケースも多く、先進医療見舞給付金はそのための費用ですね。10万円は他社同等であり、こちらも悪くないです。

ちなみにですが、先進医療保障はエコノミーコースだと対象外。この点もエコノミーコースの弱さを感じさせます。

がん治療給付金

名称 給付額 給付条件
がん治療給付金 入金給付金の100倍 1回目:診断されたとき
2回目以降:1年経過後に治療を受けたとき

がんで所定の条件を満たした場合に、1年に1回の間隔でまとまった金額の一時金がドバっと給付される特約です。一撃100万円とかが銀行口座に振り込まれるので、

「医療保険…、入っておいてよかった…」

と実感できるのがこちらの特約。

他社と比較した良い点と悪い点は以下のとおり。そこそこ良いです。

  • 【GOOD】給付間隔が1年に1回。ちょっと古い医療保険だと2年に1回の場合あり。
  • 【GOOD】2回目以降の給付条件が「治療」。通院でも給付対象になる。
  • 【BAD】上皮内がんが給付対象外。
  • 【BAD】回数制限あり。上限5回まで。
  • 【BAD】心疾患・脳血管疾患が保障範囲外。

がんの給付間隔・給付条件は素晴らしいです。

がんの治療さえ受けていれば1年に1回一時金が給付されるというのはかなり手厚い保障です。他社は2年に1回の場合もありますし、2回目以降の給付条件が「入院」となっていて、通院では支払われないこともあります。

ライフネット生命は

「入院でも通院でも、がんの治療を受けていれば1年に1回お支払いします!」

です。この点はメリットでしょう。

しかし、上皮内がんは保障対象外。

上皮内がんとはがん細胞がリンパ管や血管に達していない初期のがんで、サッと手術で切り取ってしまえば再発や転移する可能性は低いと言われてます。

「早めに見つかって良かったね」

と言われるのが上皮内がん。大腸がんだと2割、子宮頸がんだと半数以上が上皮内がんで発見されたというデータもあるので、上皮内がんと診断されることは珍しくありません。他社は上皮内がんも通常のがんと同じ扱いをすることが多く、この点はライフネット生命のデメリットです。

それと、給付回数に上限がある点も気になります。上限は5回まで。

一生涯で5回の一時金給付を受ける可能性は高くありませんが、最近の医療保険は回数無制限がスタンダードであることを考えると、この点もデメリットでしょう。

また、保障範囲に心疾患・脳血管疾患が含まれていません。一般的な医療保険は一時金の保障範囲を「がん・心疾患・脳血管疾患」とすることが多いのですが、ライフネット生命「じぶんへの保険3」はがんに限定されています。この点も不安要素です。

まとめると、がんの保障内容はメリットがデメリットを上回っているかなと。2回目以降の給付条件が「治療」である点は大きなメリットです。

ちなみにですが、がん治療給付金もエコノミーコースだと保障対象外です。

僕がライフネット生命「じぶんへの保険3」に入るなら。

エコノミーコースは保障内容が弱すぎます。入院の延長保障も先進医療保障もありません。一時金保障もありません。

申し込むなら、おすすめコースです。

しかし、そのおすすめコースも保険料がやや高め。ここで保障内容を極力合わせて業界最安値クラスのメディケア生命「新メディフィットA」と毎月支払う保険料を比較してみます。

ライフネット生命
「じぶんへの保険3」
メディケア生命
「新メディフィットA」
保障内容 入院:1日5,000円
手術:入院5万円、通院2.5万円
がん治療給付金:50万円
先進医療特約あり
3大疾病入院無制限保障(それ以外は60日保障)
入院給付金5日分保障
※おすすめコース
入院:1日5,000円
手術:入院5万円、通院2.5万円
特定疾病一時給付特約(がん保障型):50万円
先進医療特約あり
3大疾病入院無制限保障(それ以外は60日保障)
30歳男性 3,079円 2,040円
30歳女性 3,127円 2,140円
40歳男性 4,324円 2,870円
40歳女性 3,974円 2,515円

保険料に大きな違いがありますが、要因としてはライフネット生命は短期入院でも5日分の入院給付金を保障する点と、一時金の保障内容の違いでしょう。

一時金の保障内容の違いは下記の3点です。

  • 2回目以降の給付条件がライフネット生命は「治療」。メディケア生命は「入院」。メディケア生命は通院治療のみだと保障対象外。
  • ライフネット生命は上皮内がんが保障対象外。メディケア生命は上皮内がんも保障対象。
  • ライフネット生命は上限5回給付なのに対し、メディケア生命は回数無制限保障。

2回目以降の給付条件がゆるい点はライフネット生命のメリットですが、それでもこれだけ保険料に開きがあるとメディケア生命「新メディフィットA」を選んでしまいたくなります。

ライフネット生命「じぶんへの保険3」のメリット

ライフネット生命「じぶんへの保険3」ここがポイント!
  • 【check】がん治療給付金の給付条件が良い。
  • 【check】日帰り入院でも5日分の入院給付金を給付。

上述のとおり、がん治療給付金の給付条件は良いです。2回目以降の給付条件が「治療」となっていて、通院であっても給付対象となる点は現在の医療保険の平均を超えています。他社の医療保険だと「入院」が標準です。

また、日帰り入院でも5日分の入院給付金を受け取れる点もメリットでしょう。短期入院であっても医療費の他に日用品や交通費等にそれなりのお金がかかります。手持ちの現金が少ない方にとっては安心の保障内容ですね。

ただし、デフォルトで短期入院を手厚く保障するタイプの医療保険は、先ほど比較したとおり保険料が高くなる傾向にあります。貯金の切り崩しで短期入院を乗り切れる方にとってはデメリットです。

ライフネット生命「じぶんへの保険3」のデメリット

ライフネット生命「じぶんへの保険3」ここにご注意!
  • 【check】保険料はやや高め。
  • 【check】エコノミーコースに先進医療給付金が入っていない。
  • 【check】がん治療給付金の保障対象に上皮内がんが含まれていない。
  • 【check】心疾患・脳血管疾患の一時金保障がない。

先述のとおり保険料はやや高めです(おすすめコース)。

短期入院でも5日分の入院給付金を保障する点がその要因ですが、それでも高いかなと。医療保険の保険料は下記リンクで比較しているので、こちらもご参考に。

医療保険の保険料比較

また、エコノミーコースは保障が弱いです。特に先進医療特約が含まれていない点はなかなか厳しい。他社だと先進医療特約を月100円程度の保険料で付加できます。月100円程度なので十分「エコノミー」なんですけどね。

それと、メリットに書いたとおり、がん治療給付金の給付条件は良いのですが、保障対象に上皮内がんが含まれていない点は要注意でしょう。最近の医療保険は上皮内がんも保障対象に含まれているのが標準です。

最後に、心疾患・脳血管疾患の一時金はありません。一般的な医療保険だと一時金の保障範囲は「がん・心疾患・脳血管疾患」です。心疾患・脳血管疾患の保障を厚くしておきたい方も、他社の医療保険との比較は必須です。

ライフネット生命「じぶんへの保険3」の評価

評価:C(S、A~Cで判定)。

エコノミーコースは保障が弱く、おすすめコースでも

  • がん治療給付金の保障対象に上皮内がんが含まれていない。
  • 一時金保障の保障対象ががんのみ。心疾患・脳血管疾患が保障範囲に含まれない。

といった注意点があります。それでいて、保険料はやや高め。

がん治療給付金の2回目以降の給付条件が「治療」である点はメリットですが、それでもデメリット要素強めかなというのが正直な感想です。評価は「C」としました。

比較対象となる医療保険として下記2つを挙げておきます。

ネオファースト生命「ネオdeいりょう」。健康保険料率が適用されれば業界最安値クラスの保険料となります。一時金の保障対象は「がん・心疾患・脳血管疾患」ですし、上皮内がんも保障対象に含まれます。ただし、先進医療特約が10年更新型なのがちょっと残念。

メディケア生命「新メディフィットA」。ネオファースト生命の健康保険料率が適用されない場合は、メディケア生命が業界最安値クラスです。こちらも一時金の保障対象は「がん・心疾患・脳血管疾患」ですし、上皮内がんも保障対象に含まれます。先進医療特約が終身型なのも安心。

医療保険の保険料は下記リンクで比較しているので、ご参考までに。本サイトでおすすめしている保障内容を中心に比較しています。

医療保険の保険料比較

ライフネット生命「じぶんへの保険3」に申し込むなら。

ライフネット生命「じぶんへの保険3」はライフネット生命の公式サイトから申し込み可能ですが、マネードクターなら対面での相談が可能です(ライフネット生命と提携している保険ショップは貴重です)。

この記事で比較対象としたネオファースト生命・メディケア生命とも提携しているので、比較もかんたんにやってくれます。3社間で比較するのなら、手っ取り早いのはマネードクターです(3社以外とも提携しています。選択肢は幅広です)。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談は危険です。スタッフが事前準備できないので、最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【相談場所を選びません!】マネードクター

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

マネードクターは全国の店舗でも相談可能ですが、自宅でも職場でも近所の喫茶店でも訪問してくれます。相談場所を選ばないので、

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスです。

ちなみにですが、マネードクターを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

繰り返しになりますが、マネードクターもこの記事でご紹介したネットライフ生命・ネオファースト生命・メディケア生命の3社と提携しているので、比較もかんたんにやってくれます。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、提案された保険に必ず入らなければならないということはありません。提案内容に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止です。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ライフネット生命「じぶんへの保険3」

がん治療給付金の給付条件はかなり良いと感じますが(2回目以降も治療を受けていれば給付)、それ以外に目立ったメリットが見つからず…。

上皮内がん・心疾患・脳血管疾患が一時金の保障対象に含まれていなかったり、給付回数に上限があったり、ネット生保だから保険料が安いかと思ったらそうでもなかったりと、デメリットあるなあというのが正直な感想です。他社の医療保険と比較しておいて損はないでしょう。

マネードクターならライフネット生命はもちろん、この記事で比較対象としたネオファースト生命・メディケア生命とも提携しています。ライフネット生命と提携している保険ショップは少数派。3社で比較するならマネードクターです。

マネードクターの予約は↓をクリック!

全国相談可能【マネードクター】

※2022年8月更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする