【評価B】メットライフ生命の収入保障保険「マイディアレスト」デメリットと評価

商品名だけだと何なのかよくわからない「マイディアレスト」。

保険料が割引される条件が喫煙習慣のみである点が大きなメリットです。

・タバコは吸ってないけど、血圧と体型(BMI)が標準値から外れる。

といった方なら、業界最安値クラスの保険料になる可能性があります。上記に該当するのなら、候補に入る収入保障保険です。

メットライフ生命「マイディアレスト」ここがポイント
  • 死亡保障のある収入保障保険です。保険料は掛け捨てです。
  • タバコを吸わない方なら保険料が割引になります。
  • オプションを追加すれば3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)を保障対象にすることができます。

収入保障保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

収入保障保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 支払保証期間(確定保証期間)。支払保証期間とは、保険期間を超えて保険金が支払われる期間です。少なくとも、2年程度の支払保証期間があることが理想です。
  3. 働けなくなるリスクにも備えられるか。収入保障保険は死亡保障がメインとなる保険ですが、オプションをつければ働けなくなった場合の保障を受けることができるようになる場合があります。

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、メットライフ生命「マイディアレスト」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:2,470円
女性:2,050円
※非喫煙者の保険料。
B
40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:2,710円
女性:2,220円
※非喫煙者の保険料。
就業不能特約 あり A
クレジットカード払い 可能 A

保険料の観点で言えば、メットライフ生命「マイディアレスト」が候補に入るのは以下に該当する方になります。

  • 2年間タバコを吸っていなくて、血圧・体型(BMI)に自信がない方。

他社の収入保障保険にも同じような割引の仕組みがありますが、喫煙習慣の他にも血圧・体型(BMI)が条件となっていることが多いんです。その点、メットライフ生命「マイディアレスト」は割引条件が喫煙習慣のみ。この点はメリットですね。

逆に、

  • 喫煙習慣がなくて血圧・体型(BMI)に自信のある方。
  • 喫煙者の方。

だとメットライフ生命「マイディアレスト」はあまりおすすめできません。他社の収入保障保険の方が保険料が安くなる可能性が高いです(後述します)。

ちなみに、収入保障保険は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

収入保障保険のおすすめ比較ランキング

収入保障保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

メットライフ生命「マイディアレスト」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の収入保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【収入保障保険】
・死亡、高度障害時に毎月定額で保険金を受け取れます(一括で受け取ることも可能です)。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
毎月10万円・15万円・20万円の3パターンから選択可能。
保険料を支払う期間 60歳まで・65歳までの2パターンから選択可能。
保険料を支払う回数 月払、年払、半年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
特約(オプションの種類) 【三大疾病月払給付金】
がん・心疾患・脳血管疾患に罹った場合、2年間毎月保険金を受け取れます。
【災害死亡月払給付金】
不慮の事故で死亡した場合に、保険金額の50%が給付されます。
【障害月払給付金】
所定の障害状態となった場合に保険金額の50%が給付されます。
【無事故給付金】
保障期間中に保険金を受け取らなかった場合、一時金が給付されます。
【リビングニーズ特約】
余命半年と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
【指定代理請求特約】
本人の代わりに家族が代理で保険金請求できます。
加入方法 対面のみ
健康相談サービス なし

メットライフ生命「マイディアレスト」のメリット

メットライフ生命「マイディアレスト」 ここがポイント!
  • 【check】非喫煙者であれば保険料が割引される!
  • 【check】保険金の受け取り方が柔軟。毎月・一括・一部一括から選択可能。
  • 【check】三大疾病月払い給付金をオプションで追加すれば、働けなくなるリスクにも備えられる。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メリットの1点目から3点目について説明していきます。

【シミュレーション】メットライフ生命「マイディアレスト」は非喫煙者なら保険料が割引される!

メットライフ生命「マイディアレスト」は喫煙習慣の有無によって保険料が分かれます。例えば、30歳で保障額毎月10万円・保障期間60歳までのケースで毎月支払う保険料のシミュレーションはこんな感じになります。

非喫煙者 喫煙者
30歳男性 2,710円 3,050円
30歳女性 2,050円 2,440円

繰り返しますが、割引される条件は喫煙習慣のみ。2年間タバコを吸っていなければ割引されます。

他社は喫煙習慣の他に血圧・体型(BMI)も条件になっていることが多く、例えば同じような割引のあるFWD富士生命「FWD収入保障」だと以下のような条件です。

非喫煙者優良体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。
喫煙者優良体 1年以内に喫煙していて、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たしている場合。
非喫煙者標準体 1年以内に喫煙をしておらず、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たせなかった場合。
喫煙者標準体 上記のどれにもあてはまらない場合。

最も保険料が安くなる非喫煙者優良体の条件を満たすためには、喫煙習慣の他に血圧と体型(BMI)の条件を満たす必要があります。

ここで毎月支払う保険料を比較してみます。比較対象は同じくFWD富士生命「FWD収入保障」とします。ここでの条件は保障額10万円、保障期間65歳までとします。

【30歳男性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
3,180円 4,040円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
2,136円 3,135円 3,018円 4,185円

【30歳女性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
2,540円 3,060円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
1,722円 2,474円 2,709円 3,366円

【40歳男性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
3,720円 5,040円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
2,328円 3,875円 3,727円 5,163円

【40歳女性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
2,910円 3,630円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
1,942円 2,883円 3,270円 4,126円

この比較結果から言えることは、

  • 非喫煙者優良体・喫煙者優良体に該当すれば、FWD収入保障の方が安くなる。つまり、血圧と体型(BMI)が標準値であればFWD収入保障の方が安くなる。
  • 非喫煙者標準体に該当すれば両社の保険料は拮抗する。
  • 喫煙者標準体に該当すればマイディアレストの方が安くなる。

ですね。

喫煙者標準体に該当した場合はマイディアレストでもFWD収入保障でも保険料は割高になります。後述しますが、健康体割引のないオリックス生命「Keep(キープ)」だと非喫煙者と同じ保険料になり、保険料を安く抑えることができます。

ということで非喫煙者標準体に該当すればマイディアレストが候補に入ります。マイディアレストが候補に入るのは

  • 2年間タバコを吸っていなくて、血圧・体型(BMI)が標準値から外れる方。

です。

メットライフ生命「マイディアレスト」は保険金の受け取り方を「年金」「一括」「一部一括」から選択できる。

収入保障保険といっても、保険金を必ず毎月受け取らなければならないわけではありません。メットライフ生命「マイディアレスト」は保険金の受け取り方を一括で受け取ることもできます。

  • 年金のように毎月定額受け取り。
  • 全額を一括で受け取り。
  • 一括と毎月を混ぜこぜ。

上記の3種類から受け取り方を選べます。受け取り方は契約時に決める必要はありません。その時々の状況に応じて、柔軟に決めることができます。

メットライフ生命「マイディアレスト」の三大疾病月払い給付金で働けなくなるリスクにも備えられる。

メットライフ生命「マイディアレスト」には三大疾病月払い給付金というオプションがあります。三大疾病月払い給付金をつけると、3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)に対する以下の保障が追加されます。

保険料払込免除 以降の保険料支払いが免除される。
保険金給付 死亡保険金と同額が毎月給付される。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障条件が緩い。
  • 【GOOD!】心臓・脳の疾病は幅広く心疾患・脳血管疾患が対象。
  • 【BAD】保険金が2年間しか給付されない。

まず保障条件は他社よりもかなり緩いです。

がん がんと診断されたとき(上皮内がんは対象外)。
心疾患 所定の手術を受けたとき、または継続20日以上入院したとき。
脳血管疾患

がんについては他社と同水準ですが、心疾患・脳血管疾患の条件が緩いです。

他社は「60日以上入院」を条件としていることがあるのですが、特に心疾患は入院期間が短縮化されているので条件を満たせないことが多いです(脳血管疾患は入院が長引きます…)。その点「20日以上入院」はかなり緩いです。

また、心臓・脳の保障範囲が幅広く心疾患・脳血管疾患としている点もメリットです。他社は急性心筋梗塞・脳卒中に限定している場合があり、メットライフ生命「マイディアレスト」は保障範囲が広いです。これも素晴らしい。

しかし、保険金が最大2年間しか給付されない点は注意が必要です。他社は保障期間内(60歳や65歳まで)ならずっと給付という選択肢もあります。働けなくなるリスクに備えるという観点では、2年間は短過ぎです。

ここで保障条件と保障範囲を他社の収入保障保険と比較してみます。比較対象は同じく働けなくなるリスクに備えられる収入保障保険のネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」とします。

マイディアレスト ネオdeしゅうほ
保障条件 ①悪性新生物と診断確定されたとき(上皮内がん含まず)。
②心疾患で継続20日以上の入院、もしくは手術を受けたとき。
③脳血管疾患で継続20日以上の入院、もしくは手術を受けたとき。
①悪性新生物と診断確定されたとき(上皮内がん含まず)。
②急性心筋梗塞で継続20日以上の入院、もしくは手術を受けたとき。
③脳卒中で継続20日以上の入院、もしくは手術を受けたとき。

20日以上継続入院のルールは両社同じ。しかし、ネオdeしゅうほの心臓・脳の保障範囲は急性心筋梗塞・脳卒中に限定されています。保障範囲が広いのはマイディアレストですね。

続いて気になる保険料を比較してみます。極力同じ条件で保険料を比較してみますが、微妙に差があるのでご参考程度に。

マイディアレスト ネオdeしゅうほ
保障内容 死亡保障:月10万円
三大疾病月払い給付金あり
※三大疾病月払い給付金の支払期間は2年間。
※非喫煙者料率
※保険期間は60歳まで。
死亡保障:月10万円
特定疾病収入保障特則あり
※特定疾病収入保障特則の支払期間は保険期間満了まで(60歳まで)。
※非喫煙者健康体保険料率
※保険期間は60歳まで。
30歳男性 3,940円/月 5,073円/月
30歳女性 3,890円/月 7,788円/月

保険料には大きな差がでました。圧倒的に保険料が高くなるのはネオdeしゅうほです。

というのも、ネオdeしゅうほは3大疾病の給付金支払期間は保険期間満了まで。上表のケースだと60歳まで給付されます。例えば、40歳でがんと診断されたら60歳まで毎月10万円が給付されます(がんが完治しても給付されます)。

一方で、マイディアレストの給付期間は2年間のみ。40歳でがんと診断されたら42歳までしか給付されません。

じゃあどっちを選ぶかという話ですが、この2つで選ぶならどっちも選ばないかなと感じます。マイディアレストは給付期間が短過ぎるし、ネオdeしゅうほは保険料が高過ぎます。

働けなくなるリスクに備える専門の保険は就業不能保険と呼ばれます。就業不能保険は

  • 3大疾病だけでなく、幅広く入院・在宅治療を保障対象とする。
  • 長期間の保障を選べる。60歳までとか65歳までとか。
  • (しっかり選べば)保険料はそこまで高くない。

といったメリットがあります。保険料が安くて安心なのは就業不能保険かと。

就業不能保険を含めた生命保険各社の働けないと認定される条件は以下のリンク先にまとめています。こちらもご参考に。

保障範囲で比較する就業不能保険。働けないとき本当に必要なサポート。

メットライフ生命「マイディアレスト」のデメリット

メットライフ生命「マイディアレスト」 ここにご注意!
  • 【check】喫煙者は保険料が割高。
  • 【check】保険金額の選択肢が少ない。

デメリットはメリットの裏返しです。喫煙者の方は保険料が割高になります。

メリットのところでも保険料を比較してみましたが、ここでもう一度毎月支払う保険料を比較してみます。今回は比較対象にオリックス生命「Keep(キープ)」を追加します。オリックス生命「Keep(キープ)」は健康体割引がないので、喫煙者の保険料が比較的安くなります。比較条件は保障額10万円、保障期間65歳までとします。

【30歳男性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
3,180円 4,040円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
2,136円 3,135円 3,018円 4,185円
キープ 保険料は一律
3,270円

【30歳女性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
2,540円 3,060円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
1,722円 2,474円 2,709円 3,366円
キープ 保険料は一律
2,360円

【40歳男性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
3,720円 5,040円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
2,328円 3,875円 3,727円 5,163円
キープ 保険料は一律
3,830円

【40歳女性】

マイディアレスト 非喫煙者 喫煙者
2,910円 3,630円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
1,942円 2,883円 3,270円 4,126円
キープ 保険料は一律
2,690円

この例だと喫煙者の保険料は男女ともにオリックス生命「Keep(キープ)」が最も安くなりました。男性だとタバコを吸う方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」が最安値となる可能性があります(喫煙者優良体に該当する方です)。喫煙者の方はオリックス生命「Keep(キープ)」も比較対象に加えてみましょう。

また、選択できる保険金(万が一の場合に毎月受け取れる金額)の選択肢が少ないのもデメリットです。選択肢は

  • 10万円/月
  • 15万円/月
  • 20万円/月

の3パターンしかありません。綿密な計画を立てていらっしゃる方は、1万円単位で保険金額を決めたいですよね。過剰な保険金額は、保険料のムダにつながります。

メットライフ生命「マイディアレスト」の評価

評価:B(S、A~C)

メットライフ生命「マイディアレスト」は以下に該当する方にはおすすめできます。

  • 2年間タバコを吸っていなくて、血圧・体型(BMI)が標準値から外れる方。

上記に該当すれば、保険料は最安値クラスとなる可能性があります。

誰にとっても最安値となる可能性がなければ評価は「C」ですが、一部の方にとっては最安値になる可能性が残されているため評価は「B」としました。

これまで書いてきたとおり、比較対象となる他社の収入保障保険は、

●タバコを吸わない方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」。割引が適用されて保険料が激安になりますし、オプションも充実しています。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値、もしくはタバコを吸わない方で血圧と体型が標準値から外れる方は、FWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」との比較を(ここが一番面倒です)。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値から外れる方はオリックス生命「Keep(キープ)」。保険料が比較的安めです。

です。これらと比較していくのが賢い収入保障保険の選び方です。

上から2つ目の●に該当しちゃうと比較が複雑になりますね…。この記事では大きく取り上げていない三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」ですが、健康診断の結果を提出すれば割引が適用される可能性がある「健康診断料率」という割引が新設されました。この割引が適用されると、上から2つ目の●に該当する場合に一気に最安値となるかもしれません(割引の具体的な適用条件はブラックボックスです)。三井住友海上あいおい生命も比較対象に加えてみてください。

メットライフ生命「マイディアレスト」の相談をするなら。

メットライフ生命「マイディアレスト」は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、ふらっと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、メットライフ生命取り扱ってないですよ!」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。手堅いのは保険見直し本舗です。

【オンライン相談も可能です!】保険見直し本舗

  • 全国300ヵ所以上の窓口で対面で相談できます。もちろん相談は無料です。
  • オンライン相談も可能です。自宅でかんたんに相談できます。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。選択肢の広さが魅力です。

保険見直し本舗

全国300ヶ所以上に展開する保険見直し本舗。ショッピングモールだとか、大きめのデパートとか、いまや至るところで見かける保険ショップです。

コンプラ厳守で無理な勧誘はありません。個人情報も国際認証基準(ISO)に基づいて管理されています。保険の契約実績は100万件を超えてますし、あらゆる状況の家庭から保険相談を受けてます。経験がものを言う保険相談のなかでは、ピカイチの実績ではないかと。

予約は簡単です。まずは相談方法を下記の3つから選びます。

  • 店舗(最寄りの店舗に相談者が訪れて相談)
  • 訪問(保険見直し本舗のスタッフが自宅やカフェ等の指定場所に訪れて相談)
  • オンライン

オンライン相談可能な点が魅力的ですよね。どこかに行く必要もなく、スタッフが自宅にくることもなく、安全に気軽に相談できます。

続いて相談に必要な情報を入力します。具体的には

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こんな情報です。相談したい内容もざっくりと入力できます(任意ですが入力しておいた方がいいです)。

これで予約は完了。ほんとに30秒で予約できますよ。

実際に利用した方々の口コミはこんな感じです。

口コミの評価は概ね上々です。僕も長いこと保険業界の端っこにいますが、保険見直し本舗の悪い噂は聞いたことない。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。選択肢の広さがうれしいですよね。この記事でご紹介したメットライフ生命・FWD富士生命・オリックス生命・三井住友海上あいおい生命の4社とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険見直し本舗

【無料で指定場所へ来てくれます!】保険見直しラボ

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険見直しラボは訪問相談をメインとした保険相談サービスです。自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます(オンライン相談もやってます)。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のためお伝えしておくと、保険見直しラボはメットライフ生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがメットライフ生命を含む30社以上の保険を取り扱うことができるのでご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:メットライフ生命「マイディアレスト」

健康体割引の条件が緩く、他社の収入保障保険で割引されなかった方も、メットライフ生命「マイディアレスト」なら割引される可能性があります。

タバコを吸わないだけで割引されるのはありがたいですよね。

ただし、割引が適用されて保険料が安くなる収入保障保険は他社にもあります。繰り返しになりますが、

●タバコを吸わない方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」。割引が適用されて保険料が激安になりますし、オプションも充実しています。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値、もしくはタバコを吸わない方で血圧と体型が標準値から外れる方は、FWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」との比較を(ここが一番面倒です)。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値から外れる方はオリックス生命「Keep(キープ)」。保険料が比較的安めです。

あたりと比較です。

収入保障保険の比較は保険ショップでできます。メットライフ生命「マイディアレスト」を含む収入保障保険の比較は保険見直し本舗で。保険見直し本舗なら、上記のFWD富士生命・オリックス生命・三井住友海上あいおい生命とも提携しているので、かんたんに比較してくれますよ。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする