【評価S】三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」デメリットと評価

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は雑誌の評価が高めです。雑誌で保険特集があると、必ず上位にランキングされるほど評価されてます。その理由は特約(オプション)の種類の多さと質の高さ。3大疾病を幅広く保障するオプションもあれば、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションもあります。

また、短期の入院も日帰り入院からきっちり保障。現在発売されている医療保険のなかではトップクラスかなぁという印象です。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」ここがポイント
  • 保険料は平均的です。高くはありません。
  • 女性特有の疾病や出産・妊娠を手厚く保障するオプションがあります。不妊治療でさえも保障されます。
  • 3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)を幅広く保障するオプションがあります。
  • 入院したら必ず一時金が支給されます。日帰り入院でも一時金支給です。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の2点です。

  1. 毎月支払う保険料。もちろん保険料の安い医療保険が良い医療保険です。しかし、保険料が安くて保障が手薄だったら意味ありません。大切なのは保険料と保障内容のバランスです。
  2. 特約(オプション)の種類。例えば、がんの保障を手厚くするオプション、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションといったように、必要と感じるオプションを手頃な保険料でつけられるかがポイントです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の2点について、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:3,288円
女性:3,498円
評価B
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:4,128円
女性:3,798円
基本保障
(取り外しできない保障)
【入院給付金】
入院につき1日3000円~20,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
【手術給付金】
■手術Ⅰ型
入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
■手術Ⅱ型
入院中:入院給付金の20倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
【放射線治療給付金】
放射線治療1回につき入院給付金の10倍
【集中治療給付金】
集中治療室(ICU)管理1回につき入院給付金の20倍
評価S
特約(オプション)
(取り外しできる保障)
【先進医療特約】
先進医療の技術料実費と旅費実費が支給されます。
【通院給付特約】
通院1日につき、入院給付金と同額が支給されます。
【ガン診断給付特約】
がんと診断(2回目以降は入院)された場合に一時金が支給されます。
【ガン治療通院給付特約】
通院1日につき、入院給付金と同額が支給されます。
【抗ガン剤治療給付特約】
抗がん剤治療を受けた月に一時金が支給されます。
【三大疾病入院一時給付特約】
三大疾病で入院した場合に一時金が支給されます。
【終身介護保障特約】
所定の介護状態、認知症介護状態になった場合に一時金が支給されます。
【女性疾病給付特約】
所定の女性特有の疾病で入院、もしくは手術等を行った場合に一時金が支給されます。
【女性サポート給付金付ガン診断給付特約】
出産、不妊治療、ガンと診断されたときに一時金が支給されます。
【新保険料払込免除特約】
がんと診断、もしくは心疾患・脳血管疾患で入院した場合に以降の保険料支払いが免除されます。

保険料はほぼ平均的で、オプションの豊富さと質の高さは他社の医療保険を圧倒しています。特に、出産と不妊治療を保障する医療保険は珍しいです。これから結婚・出産を控える若い女性にとっては検討する価値のある医療保険です。

また、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は改定を重ねており、保障内容がズンズン手厚くなっています。後出しじゃんけんだけあって、他社の医療保険をかなり研究して開発されています。医療保険選びで迷ったら、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を軸に比較検討してみるのがおすすめです。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

目次

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
入院給付金 入院につき1日3000円~20,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
手術給付金 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
【手術Ⅱ型】
入院中:入院給付金の20倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
1回の入院で入院給付金が支給される限度日数 30日間・60日間・120日間から選択可能。
保障期間通算で入院給付金が支給される限度日数 1,095日間
保険料を支払う期間 15歳まで~75歳まで(5歳刻みで選択可能)、79歳、終身
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 対面
健康相談サービス あり

【三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」】保障内容を評価します。

医療保険を選ぶ際には大切なのは、当たり前ですが保障内容です。

特に重要なのが特約(オプション)の種類。基本保障は生命保険各社同じような内容になるんですけど、特色が出るのが特約です。どんな特約があるか、自分の好み(?)に合う特約があるかっていうのが医療保険を選ぶ大きなポイントです。

【基本保障】入院給付金・手術給付金・放射線治療給付金・集中治療給付金

基本保障は取り外しができません。契約したら絶対についてくる保障です。

医療保険としてはオーソドックスなタイプです。入院・手術に対する保障が基本保障になっています。

名称 支給額 支給条件
入院給付金 入院につき1日3000円~20,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
入院1日につき支給
手術給付金 【手術Ⅰ型】
入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
【手術Ⅱ型】
入院中:入院給付金の20倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
※Ⅰ型かⅡ型のどちらか選べます。
手術を受けたとき。

入院・手術の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

日帰り入院といった短期の入院や、比較的に入院が長引く8大疾病にも対応できる点が特徴です。

  • デフォルトで日帰り入院でも必ず5日分の入院保障。
  • 初期入院10日給付特則(オプション)をつけると日帰り入院から入院10日目まで一律10日分の入院給付金を支給。
  • 8大疾病入院無制限給付特則(オプション)をつけると8大疾病が入院日数無制限保障に。

つまり、ケガでも病気でも入院すれば必ず一時金が支給されます。他社だと5日以内の短期入院は保障対象外となることもあるのですが、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」はしっかり保障。最近は入院が短期化しているので、この点は安心でしょう。

ちなみにですが、8大疾病は

①ガン(上皮内ガンを含む) ② 心疾患 ③ 脳血管疾患 ④高血圧性疾患・大動脈瘤等 ⑤糖尿病 ⑥肝疾患 ⑦腎疾患 ⑧膵すい疾患

を指します。比較的入院が長引きそうな疾病(特に脳血管疾患は長引きます)は入院日数無制限保障とすることもできます。こういうキメ細かい保障が雑誌で高評価を得る要因なんでしょう。

「初期入院10日給付特則」「8大疾病入院無制限給付特則」は基本的に両方つけておいた方が安心でしょう。どちらも安い保険料でつけられます。入院給付金限度日数を60日間にして、両方の特則をつけておくのが無難です。

また、珍しいのは放射線治療と集中治療(ICU)に対する保障が基本保障に含まれている点です。保障内容は以下のとおり。

支給額 支給条件
放射線治療 1回につき入院給付金の10倍 放射線治療、温熱療法を受けたとき。
集中治療 1回につき入院給付金の20倍 集中治療室(ICU)管理を受けたとき。

ICUの利用料金ってけっこう高いんです。ICUそのものの利用料も高いんですけど、人工呼吸器等の機器利用料も積み重なるとかなりの高額になります(高額医療費制度を使えば上限は決まってきます)。集中治療の保障を基本保障に含んでいる点も評価できますね。

【重要です】 先進医療特約

特約名 支給額 支給条件
先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。
・交通費、宿泊費の実費支給。
先進医療を受けた場合。

先進医療特約は他社の医療保険と同水準です。悪くはありません。

先進医療は健康保険適用外です。

なので、先進医療を受けるためには、けっこうな大金が必要となることもありますが、その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約です。基本的には医療保険に入るならつけておいた方がいい特約です(2,000万円まで保障してくれます)。

交通費、宿泊費の実費支給されるとありますが、先進医療を受けられる病院は限られているため、遠方に移動することもあります。交通費・宿泊費が支給されるのは助かりますよね。医療保険のなかには交通費・宿泊費が支給されず、治療費実費のみ保障となることもあります。

しかし、他社の医療保険では交通費・宿泊費ではなく一時金が支給されるタイプもあります。一時金の方が使い勝手はよいでしょう。実費の場合は手続きが面倒というデメリットがあります…。

【重要です】 通院給付特約

特約名 支給額 支給条件
通院給付特約 通院1日につき、入院給付金と同額。 通院した場合。

現在は入院を極力短期間にして、自宅療養と通院で治療する病院が増えています。通院保障の優先度は高めです。

保障される条件は以下のとおり。無制限に通院が保障されるわけではありません。

  • 退院の翌日から180日以内の通院が保障対象。
  • 入院1回につき30日間の通院が保障対象。
  • 保障期間通じて1,095日限度。

通院保障については他社の医療保険と同等です。

悪くはないのですが、後述する「ガン治療通院給付特約」と同時にはつけられません。どちらか一方のみ選択できます。

じゃあどちらを選ぶか?という話になりますが、それはこのあと書きます。

【重要です】 ガン治療通院給付特約

特約名 支給額 支給条件
ガン治療通院給付特約 通院1日につき、入院給付金と同額。 がんで通院した場合。

ガン治療通院給付特約は他社の医療保険より保障が手厚いです。

「ガン治療通院給付特約」が優れているのは。がんと診断されてから5年間、回数無制限で通院給付金を受け取れるという点です

最近のがん治療は入院を短期化し、自宅療養で通院しながら治療していく傾向にあります。周囲を見渡しても、働きながら、通院しながら、長期間がん治療を継続する方が多くはないでしょうか。

5年です。5年あれば、なんとかなりそうな、もしくはあきらめがつきそうな気になりませんか?

5年間に渡って面倒をみてくれる医療保険はなかなかありません。他社の医療保険の通院保障を下記リンク先にまとめています。一度ご確認ください。

通院保障で比較する医療保険。

通院給付特約とガン治療通院給付特約は同時につけられない。

上述のとおりなのですが、どちらをつけらたらいいのか迷いますよね。

特約保険料を比較すると以下のとおりです。

通院給付特約 +1,350円
ガン治療通院給付特約 +1,000円

※40歳男性・通院給付金10,000円・終身払の場合。

保険料が高いのは通院給付特約です。

では、通院給付特約とガン治療通院給付特約のどちらをつけたら良いかですが、これはやはり個人の価値観や健康状態によりますよね。あえて言えば、僕ならやはり5年間無制限で保障を受けられるガン治療通院給付特約にします。

ガンは長期間の通院が必要となり、収入が激減することもあり得ます。退院後180日間・支払限度日数30日しか保障してくれない通院給付特約じゃあちょっと頼りないかも…。ということで、例えガンだけ保障対象であったとしても、5年間無制限保障のガン治療通院給付特約の方が安心できますよね。

【そこそこ重要です】ガン診断給付特約

特約名 支給額 支給条件
ガン診断給付特約 100万円
(1年に1回を限度に無制限支給)
【1回目】
始めてがんと診断されたとき。
【2回目以降】
再発、転移等により1年以上経過して入院したとき。

まず、良い点とイマイチな点をまとめておきます。

  • 【GOOD】支給間隔が1年に1回(他社は2年に1回の場合あり)。
  • 【GOOD】上皮内がんも保障対象。
  • 【BAD】2回目以降の一時金支給条件が入院。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のガン診断給付特約は1年に1回支給されるので、再発・転移に強いです。他社は2年に1回支給となることもあり、再発・転移を繰り返す可能性があるガンとしてはちょっと物足りないです。1年に1回支給は安心できる保障でしょう。

しかし、2回目以降は入院が条件となります。通院での治療だと一時金を受け取ることができません。この点はデメリットです。

とはいっても、他社の医療保険も2回目以降の支給条件は入院であることが多く、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」だけのデメリットではありません。平均的です。がん保険の中には、1年に1回診断だけで一時金が支給される保障もあったりします。詳しくは下記リンク先をご参照。

がん保険の比較ランキング

しかしながら、医療保険のなかでは三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」とガン診断給付特約は手厚いと言っていいでしょう。メリットがデメリットを上回っています。

【補足】上皮内がんってなに?

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」で保障対象となっている上皮内がんですが、聞いたことないですよね。引用します。

上皮内新生物は、がん細胞が、上皮と間質を隔てる膜(基底膜[きていまく])を破って広がっていない状態です。そのため、基本的には手術でとることが可能で、転移がほとんどないと考えられています。上皮内新生物が悪性化し、基底膜を越えて浸潤した場合に、一般的な「がん」になります。

引用:国立がん研究センター

つまり、転移する可能性が低く、サッと手術で切ってしまえば、完治が見込めるガンのことですね。軽度のがんなので、保障対象外にしている医療保険もあるのですが、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は保障対象です。がんに関しては保障の範囲が広いと言えます。

上皮内がんを気にする必要があるのは特に女性です。乳がんだと上皮内がんであっても、通常のがんと同じ治療が必要となるケースがあります。

【重要ではありません】抗ガン剤治療給付特約

特約名 支給額 支給条件
抗ガン剤治療給付特約 月10万円 抗がん剤治療を受けた月に支給。

抗がん剤治療が必要になるケースは大きく2パターンあります。

  1. 手術でがんを切除できて、再発予防するための抗がん剤治療。
  2. 手術でがんを切除できず、進行を遅らせるための抗がん剤治療。

1のケースはあっさりと抗がん剤治療は終了します。長引くのは2のケースですね。

2のケースだと働くこともままならず、収入減もあり得ます。さらに、抗がん剤治療はなかなかのお値段。高額医療費制度の満額まで使い切ることも考えられます。

ガン診断給付特約でまとまった金額を確保できていれば、抗ガン剤治療給付特約はそこまで重要ではありませんが、気になる方はつけておいてもよいでしょう。

ちなみに、抗ガン剤治療給付特約をつけたとしても、保険料は月数百円上がる程度です。そこまで高くありません。

【そこそこ重要です】三大疾病入院一時給付特約

特約名 支給額 支給条件
三大疾病入院一時給付特約 50万円
(1年に1回を限度に無制限支給)
【1回目】
がん、心疾患、脳血管疾患で入院したとき。
【2回目】
再発等で1年以上経過して入院したとき。

ガン診断給付特約の保障範囲を3大疾病にまで拡大したのが三大疾病入院一時給付特約です。
他社と比較し、以下の点で保障範囲が広くなっています。

  • 【GOOD】心筋梗塞・脳梗塞だけでなく、幅広い心疾患・脳血管疾患を保障対象にしていること。
  • 【GOOD】1年に1回一時金を受け取れること。

他社の医療保険は心筋梗塞・脳梗塞のみ保障対象になっていることが多く、心疾患・脳血管疾患の一部しか保障対象にならないことがあります。三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は幅広く心疾患・脳血管疾患を保障対象としています。

また、他社の医療保険は2年に1回しか一時金が支給されないことが多いです。2年は長いですよね。がんで再発・転移を繰り返した際に、

「あ、次は2年後で!2年間がんばって!」

ってあっさり言われたらガン悪化しますよ。その点、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は1年に1回支給されます。なんとかやっていける間隔ですよね。保障内容は悪くなく、つけておいても良いオプションです。

【重要ではありません】新保険料払込免除特約

特約名 支給額 支給条件
新保険料払込免除特約 保険料の支払いが免除される。
(保障は継続する)
・がんと診断されたとき。
・心疾患、脳血管疾患で入院したとき。

保険料払込免除特約は、よくCMで見る「以降の保険料は頂きません!」っていう特約です。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は特約をつけまくると保険料が上がります。保険料の支払いが免除されると確かに嬉しいのですが、保険料払込免除特約は有料です。つければ毎月支払う保険料があがります。

保障内容としては秀逸です。他社と差が出るのは心疾患・脳血管疾患の保障ですが、心筋梗塞・脳卒中に限定せず、幅広い心疾患・脳血管疾患を保障対象としています。

まあでも、保険料を上げてまで保険料払込免除特約をつけるかは微妙なところですよね。個人的には保険料払込免除特約は毎月支払う保険料が1万円を超えることもある終身保険だけ有効だと感じています。

【保障が手厚いです】女性疾病給付特約・女性サポート給付金付ガン診断給付特約

特約名 支給額 支給条件
女性疾病給付特約 入院:女性疾病入院給付金を設定
入院中手術:女性疾病入院給付金の10倍
外来手術:女性疾病入院給付金の5倍
特定手術:女性疾病入院給付金の30倍
放射線治療:女性疾病入院給付金の10倍
所定の女性特有の疾病で入院、もしくは手術等を行った場合。
女性サポート給付金付ガン診断給付特約 出産:5万円~
不妊治療:2.5万円~
ガン:50万円
・出産したとき。
・不妊治療を受けたとき。
・ガンと診断されたとき。

女性特有の疾病に対しても、幅広く保障されています。不妊治療や出産まで保障対象になる医療保険は珍しいです。

女性疾病給付特約は基本保障の入院・手術の保障に上乗せで支給されます。女性は入院中でもプライベートなスペースを確保しておきたいですよね。女性疾病給付特約の入院給付金上乗せ分は差額ベッド代の費用に充てられることが多いです。

また、女性疾病給付特約の保障対象のひとつである特定手術の対象は以下のとおり。

  • 乳房観血切除術
  • 乳房再建術
  • 子宮摘出術
  • 卵巣摘出術

これらの手術に対して、基本保障の手術給付金に上乗せして一時金が支給されます。特に、乳房再建には美容的な手術をしておきたくなるかもしれません。その手術費用に使えるお金は嬉しいですよね。

ちなみにですが、女性疾病給付特約の対象となる疾病は以下のとおりです。

病気の種類 分類項目
ガン 胃ガン、乳ガン、子宮ガン、肺ガン、大腸ガン、白血病、上皮内ガン 等 ※女性特有のガンに限りません。
特定の良性新生物 乳房・子宮・卵巣・尿管・膀胱・尿道等の腫瘍(良性新生物)、子宮筋腫 等
女性特有の病気 卵巣機能障害、子宮内膜症 等
女性に多い病気 鉄欠乏性貧血、低血圧症、膀胱炎、甲状腺障害(バセドウ病等)、リウマチ、胆石症、胆のう炎、くも膜下出血 等
妊娠、出産にまつわる症状 早流産、子宮外妊娠、異常分娩による帝王切開、妊娠高血圧症候群、鉗子分娩、吸引分娩 等

女性が気になる疾病は概ね保障対象になっています(と、僕の奥さんが言ってました)。かなり手厚い保障内容です。

総じて言うと、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の女性疾病給付特約は他社と比較して優位な保障内容になっています。大きな欠点は見当たりません。女性なら、つけておいて安心な特約でしょう。

また、女性サポート給付金付ガン診断給付特約はこれから結婚・出産を予定している女性を対象としたオプションです。ただし、女性サポート給付金付ガン診断給付特約にはちょっと難点があります。保険料が高いんです。

女性サポート給付金付ガン診断給付特約はお得?それとも損?

ちょっと面倒な計算をやります。

30歳女性が女性サポート給付金付ガン診断給付特約をつけた場合、保険料は5,058円あがります(保障期間10年)。

支払う保険料総額は5,058円×12ヶ月×10年で606,960円。

例えば、30歳から40歳の間に不妊治療を受けずに子供2人出産したとすると、受け取れる保険金総額は

出産給付金(1人目):5万円
出産給付金(2人目):15万円

の20万円。

そして、ちょっと変わっている点が女性サポート給付金付ガン診断給付特約は最後に

50万円+(5000円×支給回数)- 支給合計額

を計算して清算するんです。支払った保険料に対して、受け取った保険金が少ない場合は、保険料が一定戻ってくるんです。

このケースだと、

50万円+(5000円×2回) - 20万円 = 31万円

ということで、40歳のときに31万円を受け取れます。

つまり差し引き、

606,960円 - 200,000円 - 310,000円 = 96,960円

の赤字になります。大きな病気もなく健康に過ごしていれば、96,960円の赤字になります。

ただし、これが損かというと一概にそうとも言えません。このケースだと、30歳から40歳の間にがんと診断されたなら、50万円が支給されます。出産2回と合わせれば、一気に元が取れる計算ですね。

96,960円の赤字を月に換算すると毎月808円。この808円でがんが保障されるのであれば、そこまで悪くはありません。

【そんなに重要ではありません】終身介護保障特約

特約名 支給額 支給条件
終身介護保障特約 介護障害年金:年30万円~
介護障害一時金:30万円~
・要介護2以上に認定。
・65歳未満は生活介護状態が180日以上継続。
・所定の高度障害。
認知症一時金給付特則 50万円 or 100万円 or 200万円 or 300万円 ・認知症介護状態が180日以上継続しているとき。
・介護障害年金が支払われているとき。

支給条件は他社の医療保険と比較して平均的です。悪くありません。

しかし、保険料が激安です。あれ?計算間違ったかなというくらい激安です。詳しくは↓で比較してます。

医療保険の介護保障

認知症・介護に対する保障が気になる方はつけておいても良い特約でしょう。保障内容は平均的で保険料は安め。こちらも悪くはありません。

ただし、無理に医療保険の特約(オプション)として介護保障をつける必要はありません。本気で認知症・介護に備えるなら認知症保険・介護保険の方が安心ですし、将来的に、

「医療保険は解約したいけど、介護の保障は残しておきたい!」

となった場合に、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を解約すると介護保障も消滅してしまいます。介護保障は介護保険で備えていたほうが安心ではあります。

まとめます。

現在の医療保険において、あったら嬉しい特約は概ねラインナップされています。フルラインナップされてますが、特約をたくさんつければ、毎月支払う保険料は上がります。あとは必要十分な特約に絞り込めるかですね。

僕が三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:入院給付金5,000円プラン
  • 特約:先進医療特約、ガン治療通院給付特約、ガン診断給付特約

この保障内容で毎月支払う保険料は男性4,372円です。

僕が30歳で結婚したばかり女性のだったらこうします。

  • 基本保障:入院給付金5,000円プラン
  • 特約:先進医療特約、女性サポート給付金付ガン診断給付特約

この保障内容で毎月支払う保険料は女性6,866円です。

女性の保険料がちょっと高いですよね…。高い原因は女性サポート給付金付ガン診断給付特約です。女性サポート給付金付ガン診断給付特約を外せば、保険料は1,808円。実に5,000円くらいの差があります。

まぁ先述のとおり女性サポート給付金付ガン診断給付特約は最後の清算されて保険料が戻ってくるので、実質的にはそこまで高い保険料にはなりません。これから出産を控える方にとっては魅力的な保障内容です。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の保険見直しラボで無料相談できます。
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のメリット

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」ここがポイント!
  • 【check】特約の種類が豊富。選択肢が多い。
  • 【check】特に結婚したばかりの若い女性向け特約が充実。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

全て上述しているので、ここでは繰り返しません。

クレジットカードについては書いてなかったですね。三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は若干保険料高めなので、クレカ払いでポイント還元されるとお得です。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のデメリット

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」ここにご注意!
  • 【check】保険料が若干高め。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は保障内容が厚い分、保険料も若干高めです。例としてオリックス生命「新CURE」と比較します。

男性 女性
三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」 4,128円 3,798円
オリックス生命「新CURE」 3,906円 3,665円

※40歳・入院給付金1万円・保険料払込期間終身で比較。

他社の医療保険と比較しても、ほんの少しだけ保険料高いかなぁと感じることがあるかもしれません。その原因は、基本保障のなかに

・日帰り入院から入院5日目まで一律5日分の入院給付金を支給

が含まれていることが原因と推測されます。

先述したとおり、最近は入院は短期化しています。最近は入院を短期化して、かわりに通院が長期化する傾向にあります。

短期の入院ってけっこうお金かかるんです。医療費はもちろんなんですけど、他にも日用品の準備だとか、交通費とかに…。そう考えると、保険料は若干高くても、入院すれば必ず一時金が支給される点は三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」のメリットとも考えられますよね。

これが、保険料の安い他社の医療保険は短期の入院に対応できていないことがあります。保険料が安いからといって飛びつかず、短期入院の扱いを比較してみましょう。

ちなみに、各社医療保険の保険料は下記リンク先で比較しています。厳密に保障内容を合わせて比較するのは難しいので、ご参考程度に。

厳選5つの医療保険の保険料を比較する。

【三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の評価】最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:「S」(S、A~Cで判定)。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の大きなメリットは豊富なオプションです。

他社の医療保険をかなり研究して開発されてます。現在の医療保険で選ぶオプションは全て網羅されているのはないでしょうか。

現在発売されている医療保険の基準となる医療保険です。医療保険の選び方として、

「三井住友海上あいおい生命のこの特約より、こっちの方がいいなぁ」

「三井住友海上あいおい生命の特約の方が、この医療保険より自分にあってるなぁ」

「三井住友海上あいおい生命の方が、似たような保障なのに保険料が安いなぁ」

といったように、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を軸に比較していくと、効率的に理想の医療保険に近づけますよ。

よって評価は「S」です。いまのところ大きな欠点は見当たりません。

また、三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」を検討されている方は、はなさく生命「はなさく医療」もしくは、SOMPOひまわり生命「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」と比較しておくことがおすすめです。こちらも特約の種類が豊富でその質も高めです。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」の相談をするなら。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は幅広い保険ショップで取り扱っているので、ご近所の保険ショップでもきっと相談できます。

けれども、ふらっと保険ショップに立ち寄ってみて、

「すいません。うち、三井住友海上あいおい生命取り扱ってないんですよー」

なんて言われてら悲しいですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。保険相談ニアエルというサイトを使えば、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談してみましょう。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

保険見直しラボは三井住友海上あいおい生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフが三井住友海上あいおい生命を含む30社以上ほ保険会社を取り扱うことができるのでご安心を。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

豊富なオプションで選択肢が広い三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」。

基本保障で短期入院がサポートされている分、保険料はほんの少し高めですが、オプションが豊富で痒い所に手が届く医療保険ですね。特に、

  • 出産
  • 不妊治療
  • 女性特有の疾病

に手厚いオプションがあり、結婚したばかりの若い女性(40歳未満)にとっては魅力的な医療保険に見えます。

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」は全国の保険ショップで相談できます。医療保険は多種多様なので、生命保険各社の医療保険と比較して検討してみましょう。保険ショップの検索と予約は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする