【評価B】メディケア生命「メディフィット収入保障」デメリットと評価

悩む
メディケア生命なんて聞いたことない生命保険会社だけど、大丈夫なのかなぁ…

メディケア生命は住友生命が展開しているネット・保険ショップ向けの生命保険会社です。最近は大手がセカンドラインとしてネット・保険ショップ向け生命保険会社を設立することが多いんですけど、バックに大手がいるのは安心ですよね。そんなに心配することはありません。

設立は2009年。住友生命が100%出資しているので、知名度はイマイチでも安定感はあります。

生命保険会社の安定感を測る指標に「ソルベンシーマージン比率」というものがあります。これは保険金の支払余力を表しており、200%以上あれば安全と言われていますが、メディケア生命の2020年度ソルベンシーマージン比率は2,032.1%。200%を桁違いに超えていますので、経営に大きな問題はないでしょう。

メディケア生命「メディフィット収入保障」ここがポイント
  • 死亡保障のある収入保障保険です。年金方式で保険金を受け取れます。
  • 保険料は掛け捨てです。貯蓄性はありません。
  • 保険料は必ずしも業界最安値水準になるわけではありません。

収入保障保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

収入保障保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 働けなくなるリスクにも備えられるか。収入保障保険は死亡保障がメインとなる保険ですが、オプションを追加すれば働けなくなるリスクにも備えられる場合があります。
  3. クレジットカードで保険料を支払い可能か。保険料はクレジットカードで支払い、ポイント還元の恩恵を受けましょう。

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、メディケア生命「メディフィット収入保障」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:1,758円
女性:1,470円
※非喫煙者優良体の保険料。
B
40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:1,936円
女性:1,754円
※非喫煙者優良体の保険料。
就業不能特約 なし C
クレジットカード払い 可能 A

このあと比較してきますが、非喫煙者で血圧と体型が標準値から外れる方なら、業界最安値クラスとなる可能性がある収入保障保険です。

逆に言うと、非喫煙者で血圧と体型が標準値だったり、タバコを吸う方なら他社の収入保障保険の方が保険料は安くなる傾向にあります。

また、他社にはある「ちょっと気の利いた保障」がなかったりもします。全般的に、他社の収入保障保険との比較は必須でしょう。

ちなみに、収入保障保険の保険料は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

収入保障保険のおすすめ比較ランキング

収入保障保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

メディケア生命「メディフィット収入保障」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の収入保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【収入保障保険】
・死亡、高度障害時に毎月定額で保険金を受け取れます(一括で受け取ることも可能です)。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
毎月5万円~1.5億円
保険料を支払う期間 ・55歳まで~70歳までの間で選択可能。
・75歳まで
・80歳まで
保険料を支払う回数 月払、半年払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
特約(オプションの種類) 【3大疾病保険料払込免除特約】
がん・心筋梗塞・脳卒中にかかった場合、以降の保険料支払いが免除されます(保障は継続します)。
【リビングニーズ特約】
余命6ヶ月と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
加入方法 対面のみ
健康相談サービス なし

メディケア生命「メディフィット収入保障」のメリット

メディケア生命「メディフィット収入保障」 ここがポイント!
  • 【check】健康体割引あり。条件を満たせば保険料が約30%割安に。
  • 【check】保険金の受け取り方が柔軟。毎月・一括・一部一括から選択可能。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メリットの1点目と2点目について説明していきます。

【シミュレーション】メディケア生命「メディフィット収入保障」は健康体割引あり。条件を満たせたば保険料が約30%割安に。

メディケア生命「メディフィット収入保障」は喫煙習慣と血圧・体型(BMI)によって保険料を3つのランクに分けてます。例えば、30歳で保障額毎月10万円・保障期間60歳までのケースで毎月支払う保険料のシミュレーションこんな感じになります。

非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者
30歳男性 1,758円 2,449円 2,796円
30歳女性 1,470円 1,696円 2,427円

各ランクの条件はこんな感じです。

非喫煙者優良体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以上たばこを吸ってない。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。
非喫煙者標準体 1年以内にたばこを吸っておらず、非喫煙者優良体の条件を満たせなかった場合。
喫煙者 1年以内にたばこを吸ったことがある。

非喫煙者優良体の条件を満たせば、メディケア生命「メディフィット収入保障」は保険料がかなり割引されます。条件は他社と比較して厳しくはないですし、タバコを吸わない方にとって非喫煙者優良体へのハードルは高くありません。

さて、ここで同じく健康体割引のあるFWD富士生命「FWD収入保障」と毎月支払う保険料を比較してみます。ここでの条件は保障額10万円、保障期間65歳までとします。

【30歳男性】

メディフィット収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者
2,312円 3,199円 3,724円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
2,136円 3,135円 3,018円 4,185円

【30歳女性】

メディフィット収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者
1,911円 2,172円 3,114円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
1,722円 2,474円 2,709円 3,366円

この例だと男性・女性ともに非喫煙者優良体ならFWD収入保障の方が安くなりました。非喫煙者優良体に該当すれば、年齢・性別問わずFWD収入保障の方が保険料は安くなることが多いです。

一方で、非喫煙者標準体の場合は両社の保険料が拮抗してきます。ここは両社の保険料を比較ですね。

また、喫煙者の方だと血圧と体型が標準値ならFWD収入保障の方が安くことが多いでしょう。FWD収入保障は喫煙者のなかでも喫煙者優良体と喫煙者標準体にランクを分けているので、喫煙者優良体に該当すればFWD収入保障の方が安くなることが多いです。後述しますが、喫煙者の方で血圧と体型が標準値から外れる場合は、健康体割引のない他社の収入保障保険の方が保険料は安くなります。

ということで、割引される点をメリットとしましたが、他社と比較して必ずしも安くなるわけではありません。特に非喫煙者優良体に該当する場合はFWD富士生命「FWD収入保障」との比較は必須です。

メディケア生命「メディフィット収入保障」は保険金の受け取り方を「年金」「一括」「一部一時」の3種類から選択できる。

収入保障保険といっても、保険金を必ず毎月受け取らなければならないわけではありません。メディケア生命「メディフィット収入保障」は保険金の受け取り方を柔軟に選択できます。

  • 年金のように毎月定額受け取り。
  • 最初に全額を一括で受け取り。
  • 最初に一部を一括で受け取り、残額を毎月定額で受け取り。
  • 毎月定額で受け取り、最後に残額を一括受け取り。

一家の大黒柱が亡くなった場合、もしかしたら引っ越しや葬儀等で一時的にお金が必要になることもありそうですよね。また、子供が独立して責任が軽くなった後に、残額を一括で受け取って、好きなことに使うといったこともできます。

受け取り方は契約時に決める必要はありません。その時々の状況に応じて、柔軟に決めていきましょう。

【おまけ】保険料払込免除特約もあります。

元々保険料が安い収入保障保険。そんなに重要ではありませんが、メディケア生命「メディフィット収入保障」はオプションに保険料払込免除特約があります。

保険料払込免除特約はよくテレビCMで観る「以降の保険料は頂きません!」というやつです。以下のケースに該当した場合、以降の保険料支払いが免除されます(もちろん保障は継続されます)。

疾病 条件
がん 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんを含む)。
心疾患 急性心筋梗塞:入院、もしくは手術を受けたとき。
急性心筋梗塞以外:20日以上継続して入院、もしくは手術を受けたとき。
脳血管疾患 脳卒中:入院、もしくは手術を受けたとき。
脳卒中以外:20日以上継続して入院、もしくは手術を受けたとき。

他社と比較して条件は緩めです。大きなメリットは以下の2点です。

  • がんの条件に上皮内がんが条件に含まれている。
  • 心疾患・脳血管疾患の保障範囲が急性心筋梗塞・脳卒中に限定されていない。幅広い保障範囲になっている。

上皮内がんとは超初期のがんで、手術してサッと切ってしまえば完治する可能性が高いと言われています。他社の収入保障保険では上皮内がんは保険料支払免除の対象外とすることが多いのですが、メディケア生命「メディフィット収入保障」は対象にしています。

また、他社は範囲の狭い急性心筋梗塞・脳卒中のみを保障対象とすることがあります(心疾患のなかで急性心筋梗塞の割合は3%というデータもあります)。幅広く心疾患・脳血管疾患を保障範囲としている点もメディケア生命「メディフィット収入保障」のメリットですね。

しかし、繰り返しますが、そもそも収入保障保険は保険料が安く、保険料支払免除特約の必要性は薄いでしょう(オプションなので取り外しできます)。

メディケア生命「メディフィット収入保障」のデメリット

メディケア生命「メディフィット収入保障」 ここにご注意!
  • 【check】喫煙者は保険料が割高。

デメリットはメリットの裏返しです。喫煙者は保険料が割高になります。

メリットのところでも保険料を比較してみましたが、ここでもう一度毎月支払う保険料を比較してみます。今回は比較対象にオリックス生命「Keep(キープ)」を追加します。オリックス生命「Keep(キープ)」は健康体割引がないので、喫煙者の保険料が比較的安くなります。比較条件は保障額10万円、保障期間65歳までとします。

【30歳男性】

メディフィット収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者
2,312円 3,199円 3,724円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
2,136円 3,135円 3,018円 4,185円
キープ 保険料は一律
3,270円

【30歳女性】

メディフィット収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者
1,911円 2,172円 3,114円
FWD収入保障 非喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者優良体 喫煙者標準体
1,722円 2,474円 2,709円 3,366円
キープ 保険料は一律
2,360円

この例だと喫煙者の保険料は

  • 男性の場合、FWD収入保障の喫煙者優良体に該当する場合(血圧と体型が標準値)はFWD収入保障が最安値。喫煙者優良体に該当しない場合はキープが最安値。
  • 女性の場合、キープが最安値。

となりました。喫煙者の方はオリックス生命「Keep(キープ)」との比較は必須です。

ちなみにですが、SOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」は契約時は喫煙者で健康体割引の条件を満たしていなくても、契約後に禁煙して健康体割引の条件を満たせば保険料が割引されます。割引されるだけでなく、過去にさかのぼって支払った保険料が戻ってきます。禁煙やダイエットを始める良いきっかけになりそうです。

メディケア生命「メディフィット収入保障」がシンプル過ぎる件

メディケア生命「メディフィット収入保障」は保障が亡くなって場合のみ。とてもシンプルです。

シンプルなことは悪くありませんが、一方で、かゆいところに手が届く特約(オプション)を開発して、他社にはない特色をつくりだしている収入保障保険もあります。

収入保障保険 特色
FWD富士生命「FWD収入保障」 ・夫婦2人が同じ事故で亡くなった場合、保障額が2倍になる(無料オプション)。
・オプションで働けなくリスクも保障することができる。
三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・&LIFE新総合収入保障」 ・オプションでメンタル疾患を含む働けなくリスクも保障対象にできる。
・さらに、介護や障害まで幅広く保障するタイプも選択可能。
SOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」 ・契約後に健康体割引の条件を満たせば、支払った保険料が戻ってくる。
・オプションでメンタル疾患で働けなくなった場合も保障対象にできる。

メディケア生命「メディフィット収入保障」は働けなくなるリスクに備えるオプションがありません。

この点はデメリットとは言えませんが、働く世代にとっては亡くなるリスクとともに、ケガや病気で働けなくなるリスクに備えることも重要ですよね。

シンプルな収入保障保険は悪くありませんが、働けなくなるリスクに備えたい場合は他社の収入保障保険、もしくは働けなくなるリスクに備える専門の就業不能保険との比較はしておいた方がよいでしょう。

働けなくなるリスクに備える保険はこちらで比較しています。

メディケア生命「メディフィット収入保障」の評価

評価:B(S、A~C)

割引がある点はメリットですが、割引が適用されたとしても保険料は必ずしも業界最安値になるとは限りません。

シンプルな保障内容は良いのですが「あったらいいな」の特約(オプション)が少し物足りず、ちょっと寂しい保障内容かなぁという感もあり評価は「B」としました。他社の収入保障保険との比較は必須だと感じます。

●タバコを吸わない方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」。割引が適用されて保険料が激安になりますし、オプションも充実しています。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値、もしくはタバコを吸わない方で血圧と体型が標準値から外れる方は、FWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」との比較を(ここが一番面倒です)。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値から外れる方はオリックス生命「Keep(キープ)」。保険料が比較的安めです。

あたりと比較して損はないでしょう。

上から2つ目の●に該当しちゃうと比較が複雑になります。この記事では大きく取り上げていない三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」ですが、健康診断の結果を提出すれば割引が適用される可能性がある「健康診断料率」という割引が新設されました。この割引が適用されると、上から2つ目の●に該当する場合に一気に最安値となるかもしれません(割引の具体的な適用条件はブラックボックスです)。三井住友海上あいおい生命も比較対象に加えてみてください。

メディケア生命「メディフィット収入保障」の相談をするなら。

メディケア生命「メディフィット収入保障」は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、ふらっと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、メディケア生命取り扱ってないですよ!」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。手堅いのは保険見直し本舗です。

【オンライン相談も可能です!】保険見直し本舗

  • 全国300ヵ所以上の窓口で対面で相談できます。もちろん相談は無料です。
  • オンライン相談も可能です。自宅でかんたんに相談できます。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。選択肢の広さが魅力です。

保険見直し本舗

全国300ヶ所以上に展開する保険見直し本舗。ショッピングモールだとか、大きめのデパートとか、いまや至るところで見かける保険ショップです。

コンプラ厳守で無理な勧誘はありません。個人情報も国際認証基準(ISO)に基づいて管理されています。保険の契約実績は100万件を超えてますし、あらゆる状況の家庭から保険相談を受けてます。経験がものを言う保険相談のなかでは、ピカイチの実績ではないかと。

予約は簡単です。まずは相談方法を下記の3つから選びます。

  • 店舗(最寄りの店舗に相談者が訪れて相談)
  • 訪問(保険見直し本舗のスタッフが自宅やカフェ等の指定場所に訪れて相談)
  • オンライン

オンライン相談可能な点が魅力的ですよね。どこかに行く必要もなく、スタッフが自宅にくることもなく、安全に気軽に相談できます。

続いて相談に必要な情報を入力します。具体的には

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こんな情報です。相談したい内容もざっくりと入力できます(任意ですが入力しておいた方がいいです)。

これで予約は完了。ほんとに30秒で予約できますよ。

実際に利用した方々の口コミはこんな感じです。

口コミの評価は概ね上々です。僕も長いこと保険業界の端っこにいますが、保険見直し本舗の悪い噂は聞いたことない。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。選択肢の広さがうれしいですよね。この記事でご紹介したメディケア生命・FWD富士生命・オリックス生命・三井住友海上あいおい生命・SOMPOひまわり生命の5社とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険見直し本舗

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップならどこでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:メディケア生命「メディフィット収入保障」

メディケア生命「メディフィット収入保障」は確かに保険料が安いのですが、探せばもっと安い収入保障保険はあります。

●タバコを吸わない方で血圧と体型が標準値ならFWD富士生命「FWD収入保障」。割引が適用されて保険料が激安になりますし、オプションも充実しています。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値、もしくはタバコを吸わない方で血圧と体型が標準値から外れる方は、FWD富士生命「FWD収入保障」オリックス生命「Keep(キープ)」三井住友海上あいおい生命「&LIFE新収入保障・新総合収入保障・新総合収入保障ワイド」との比較を(ここが一番面倒です)。

●タバコを吸う方で血圧と体型が標準値から外れる方はオリックス生命「Keep(キープ)」。保険料が比較的安めです。

あたりと比較しておくと堅実です。

また、働けなくなった場合に備える保障など「あったらいいなぁ」というオプションがメディケア生命「メディフィット収入保障」にありません。シンプルに亡くなった場合だけ備えれられれば良い!といった方には向いている収入保障保険ですが、ここらへんも充実しているのがFWD富士生命「FWD収入保障」だったりします。

収入保障保険の比較は保険ショップでやってもらいましょう。保険見直し本舗なら、この記事で取り上げたメディケア生命・FWD富士生命・オリックス生命・三井住友海上あいおい生命・SOMPOひまわり生命と提携しているので、かんたんに比較してくれますよ。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする