【評価B】楽天生命「スーパー終身保険」デメリットと評価

楽天生命「スーパー終身保険」は一見保険料がものすごく安く思えます。他社と比較してみると、同じ保険金額でも保険料が半分くらいになってることもあります。

ただし、これにはからくりがあります。楽天生命「スーパー終身保険」は使い方が限定される終身保険です。

楽天生命「スーパー終身保険」ここがポイント
  • 死亡保障のある終身保険です。死亡保障は一生涯続きます。
  • 保険料は終身払しか選択できません。一生涯保険料を支払い続けることになります。
  • 貯蓄代わりには使えません。解約すると戻ってくる解約返戻金は常に支払った保険料の7割以下です。

終身保険は当たりハズレの大きい保険です。というのも、解約返戻金の返戻率(支払った保険料に対して解約時に戻ってくるお金の割合)に各社大きな差があるんです。

支払った保険料に+αの利息が上乗せされるお得な終身保険もあれば、大きく元本割れしてしまう終身保険もあります。元本割れしてしまう終身保険は選びたくないですよね。

終身保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

終身保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、終身保険を選ぶ際に大切なのは以下の4点です。

  1. 毎月支払う保険料。死亡保障の保険金額は同じでも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 解約返戻金の返戻率(戻り率)。解約した際に戻ってくるお金が解約返戻金です。返戻率が100%を超えると支払った保険料総額より多く解約返戻金を受け取れます。
  3. 特約(オプション)の種類。特に特定の疾病に罹った場合、以降の保険料支払いが免除される「保険料払込免除特約」は重要です。
  4. クレジットカードで保険料を支払うことができるか。終身保険は保険料が高いです。クレジットカードで保険料を支払えば、ポイントがかなり貯まります。

まずはざっと概要を書いておきます。上記4点について、楽天生命「スーパー終身保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額500万円、終身払)
男性:6,400円
女性:5,650円
B
40歳の月額保険料
(保険金額500万円、終身払)
男性:8,200円
女性:7,050円
解約返戻金の返戻率
支払った保険料の7割程度。
※保険料を一生涯払い続けるプラン(終身)しかありません。
C
保険料払込免除特約 なし C
クレジットカード払い 可能 A
会社情報 苦情率:0.397%
ソルベンシーマージン比率:1652.1%
A

冒頭書いたとおり、保険料は激安です。

というのも、楽天生命「スーパー終身保険」は低解約返戻金型というタイプの終身保険なのですが、このタイプは満期(保険料を支払い終えるとき)を迎える前に解約すると解約返戻金が7割程度に抑えられる代わりに、保険料を安くしています。

そして、楽天生命「スーパー終身保険」は一生涯保険料を支払い続ける終身払しか選べないので満期がありません。なので、解約返戻金の返戻率は支払った保険料に対して「永遠の7割」です。「永遠の7割」ゆえに保険料が安くなっています。

他社の終身保険だと60歳や65歳といった満期を決められます。満期を迎えた後に解約すれば支払った保険料の一部、あるいは全額に利息が上乗せが戻ってきます(なので終身保険は貯蓄性があると言われます)。

一方で、繰り返しますが満期がない楽天生命「スーパー終身保険」は解約返戻金が永遠の7割。老後の生活費目的といったような貯蓄代わりとしては使えません。

その代わり、

・一生涯の死亡保障が欲しい。終身保険に貯蓄性を求めてないし、途中解約もしないから保険料を安くしてほしい。そして自分はきっと長生きしない。

といった方は選択肢になります。

会社的には安定しています。苦情率が業界平均0.4%と同程度の0.397%ですし、保険金の支払い能力(ソルベンシーマージン比率)は安全と言わている200%を大きく超える1652.1%。楽天グループの中核企業という安心感もあります。

生命保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

楽天生命「スーパー終身保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の終身保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類
【終身保険】
・死亡、高度障害時に保険金を受け取れます。
・保険料を支払い終わった後も、保障は一生涯続きます。
・貯蓄性があります(解約返戻金を受け取れます)。
・保険料が値上がりすることはありません。
【低解約返戻金型】
・保険料を支払っている期間中に解約した場合、解約返戻金は7割程度に減額されます。
・その分、毎月支払う保険料は割安になります。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
100万円~5億円
保険料を支払う期間 終身(一生涯)のみ。
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード
保障される期間 一生涯(終身)

楽天生命「スーパー終身保険」のメリット

楽天生命「スーパー終身保険」ここがポイント!
  • 【check】楽天スーパーポイントが貯まる。

楽天経済圏で暮らしている方にとってはメリットになります。

  • 申し込みする際に楽天IDを連携すれば、保険料の1%が楽天ポイントに還元される。
  • 楽天カードで毎月の保険料を支払えば、保険料の1%が楽天ポイントに還元される。

ということで、毎月最大で支払った保険料の2%が還元されます。この点は楽天生命だからできるお得なメリットですね。

楽天生命「スーパー終身保険」のデメリット

楽天生命「スーパー終身保険」ここにご注意!
  • 【check】貯蓄性に乏しい。
  • 【check】保険料払込免除特約がない。

デメリットの2点について説明していきます。

楽天生命「スーパー終身保険」は貯蓄代わりには使えない。

冒頭、楽天「スーパー終身保険」は解約返戻金の返戻率が「永遠の7割」と書きました。もう少し詳しく説明します。

楽天生命「スーパー終身保険」は低解約返戻金型というタイプの終身保険です。低解約返戻金型は、満期を迎える前(保険料を支払ってる期間中)に解約した場合の解約返戻金を支払った保険料総額の7割程度に抑えることで、保険料を安くしています。

保険料を支払い終える満期を迎えると解約返戻金はググっと上がります。つまり、満期を迎える前に解約すると大損、満期を迎えた後に解約するとお得ということになります。

ここからが本題です。

一般的な終身保険は満期を「60歳」や「65歳」に決められます。しかし、楽天生命「スーパー終身保険」は満期がない(一生涯保険料を払い続ける)タイプしか選べません。

そして満期がない低解約返戻型ということは、解約返戻金の返戻率は一生涯70%程度です。解約すると支払った保険料の7割程度しか戻ってきません。

※解約返戻金の返戻率とは、支払った保険料累計に対する解約返戻金の割合です。100%を超えるとお得、100%未満だと元本割れということになります。

終身保険が貯蓄代わりになるというのは、満期を迎えたあとに解約すれば解約返戻金として支払った保険料が戻ってくるからです。しかし、楽天生命「スーパー終身保険」の解約返戻金は常に支払った保険料の7割程度。

ということなので、「貯蓄代わり」という目的で楽天生命「スーパー終身保険」は使えません。あくまで、一生涯続く死亡保障という目的でのみ使える終身保険です。

満期を決められる終身保険と比較してみる。

ここで満期を決められる他社の終身保険と比較してみます。保険金額500万円・60歳満期の前提で

オリックス生命「ライズ」

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」

と、毎月支払う保険料を比較してみます(楽天生命「スーパー終身保険」は保険料を一生涯払い続ける前提で試算)。

楽天生命
「スーパー終身保険」
オリックス生命
「ライズ」
マニュライフ生命
「こだわり終身保険V2」
非喫煙者 喫煙者
30歳男性 6,400円 10,870円 10,405円 11,050円
30歳女性 5,650円 10,430円 10,115円 10,725円
40歳男性 8,200円 17,305円 16,540円 17,605円
40歳女性 7,050円 16,605円 16,090円 17,015円

保険料がダントツに安いのは楽天生命「スーパー終身保険」。安い理由は一生涯保険料を払い続けるからです。現役を引退して、年金生活になってからも亡くなるまで↑の保険料を払い続けます。

一方で、オリックス生命「ライズ(RISE)」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は↑の例だと保険料を支払うのは60歳まで。60歳以降は保険料を支払わなくても、死亡保障が続きます。支払う期間が短い分、保険料は楽天生命「スーパー終身保険」よりも高くなっています。

ちょっとここで面倒な計算をしてみます。楽天生命「スーパー終身保険」は亡くなるまで保険料を払い続けるので、長生きすればするほど損になります。保険料は安く見えますが、長生きしてしまうとどこかの時点でオリックス生命「ライズ(RISE)」より多くの保険料を支払うことになります。

上表の条件で30歳男性がオリックス生命「ライズ(RISE)」に加入した場合に支払う保険料総額が

10,870円×12か月×30年=3,913,200円

です。30歳男性が楽天生命「スーパー終身保険」に加入すると毎月の保険料は6,400円なので、

3,913,200円÷6,400円≒611か月≒51年

ということで、30歳男性が81歳まで生き残れば支払う保険料は楽天生命「スーパー終身保険」の方が大きくなります。

まあまああり得そうですよね。

続いて解約返戻金の返戻率です。オリックス生命「ライズ(RISE)」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は60歳で満期を迎えます。どちらも低解約返戻金型の終身保険なので、満期を迎えた後はググっと解約返戻金が上がります。

満期直後の解約返戻金の返戻率は以下のとおり。

オリックス生命「ライズ(RISE)」:109.9%
マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」:106.3%

どちらも100%を超えています。楽天生命「スーパー終身保険」と比較して保険料は高めですが、60歳で満期を迎えた後に解約すれば、支払った保険料総額に利息が上乗せされて戻ってきます。これなら貯蓄性があると言えます。

一方で、繰り返しますが、楽天生命「スーパー終身保険」の場合、亡くなる前に解約すれば解約返戻金の返戻率は7割程度です。貯蓄性はありません。

他社の終身保険にも終身払はある。

ちなみに、オリックス生命「ライズ(RISE)」とマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」も一生涯保険料を支払い続ける終身払を選べます。ここでオリックス生命「ライズ(RISE)」と終身払を選んだ場合の保険料比較してみます(保険金額500万円)。

楽天生命
「スーパー終身保険」
オリックス生命
「ライズ」
30歳男性 6,400円 6,405円
30歳女性 5,650円 5,605円
40歳男性 8,200円 8,315円
40歳女性 7,050円 7,110円

保険料はほぼ同じ。かなり拮抗しています。

メリットに書いた楽天ポイントをうまく使えば、他社よりも実質的には安くなることもあり得ます。

楽天生命「スーパー終身保険」は保険料払込免除特約がない。

保険料払込免除特約とは、特定の疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中等)と診断されて所定の条件を満たした場合に、以降の保険料支払いが免除される特約です。保険料支払いが免除されても、保障は継続します。

保険料払込免除特約とは、よくCMで観る「以降の保険料は頂きません!」というやつです。楽天生命「スーパー終身保険」には保険料払込免除特約がありません。

終身保険は保険料が高いです。万が一重病で働けなくなり、収入が減少した後も毎月1万円程度の保険料を払い続けるのはちょっと厳しいですよね…。

ちなみに、他社の終身保険は保険料払込免除されると、一気に解約返戻金が増額(その時点で一括して保険料を満額支払ったものとみなす)されるものがあります。例えば、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」です。

マニュライフ生命こだわり終身保険V2

増額された解約返戻金を病気に治療費に充てればがん保険・医療保険の代わりにもなります。いろいろな使い方ができる終身保険です。

楽天生命「スーパー終身保険」の評価

評価:B(S、A~C)

終身払しか選ぶことができず、貯蓄性はありません。

・一生涯の死亡保障が欲しい。終身保険に貯蓄性を求めてないし、途中解約もしないから保険料を安くしてほしい。そして自分はきっと長生きしない。

という方なら選択の余地があります。かなり使い方が限定される終身保険です。ただし、楽天ポイントを有効に使えば、終身払としての保険料は高くありません。よって評価は「B」としました。

とはいえ、終身保険は他社にもあります。

●解約返戻金の返戻率が高く、貯蓄代わりに使えるオリックス生命「ライズ」。終身払としても保険料は楽天生命「スーパー終身保険」と拮抗している。

●保険料払込免除特約が強力で、解約返戻金の返戻率もそこそこ高いマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」。医療保険・がん保険の代わりにも使えます。

あたりと比較してみると後悔することはないかと。

ちなみに、終身保険は以下のリンク先で比較しています。こちらも合わせてご参考に。

終身保険おすすめ比較ランキング

楽天生命「スーパー終身保険」に申し込むなら。

楽天生命「スーパー終身保険」は楽天生命の公式サイトから申し込み可能です。

公式サイト:楽天生命「スーパー終身保険」

楽天生命を取り扱ってる保険ショップは少数なので、ネットからの申し込みが便利です。しかし、繰り返しますが終身保険は楽天生命「スーパー終身保険」だけではありません。終身保険は高い買い物です。一生のおつきあいになる買い物です。申し込みする前に、

「楽天生命の終身保険はどうなんですか?」

と生命保険の専門家に聞いてみた方が良いかと。できればオリックス生命とマニュライフ生命を取り扱っている保険ショップがおすすめです。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

アフターフォローの満足度もNo.1です。

万が一の場合には契約者の味方になってくれますし、子供が生まれた!転職することになった!子供が独立した!といったようなイベントが発生した際には保険の見直し相談にも乗ってくれます。契約した後はほったらかしみたいな保険ショップが多い中、保険クリニックならきめ細やかなアフターフォローが期待できます。この点もメリットですね。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。楽天生命とは提携していませんが、比較対象としたオリックス生命・マニュライフ生命とは提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:楽天生命「スーパー終身保険」

終身払しか選べないので貯蓄性は期待できません。

・一生涯の死亡保障が欲しい。終身保険に貯蓄性を求めてないし、途中解約もしないから保険料を安くしてほしい。そして自分はきっと長生きしない。

といった使い方が限定される終身保険です。

●解約返戻金の返戻率が高く、貯蓄代わりに使えるオリックス生命「ライズ」。終身払としても保険料は楽天生命「スーパー終身保険」と拮抗している。

●保険料払込免除特約が強力で、解約返戻金の返戻率もそこそこ高いマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」。医療保険・がん保険の代わりにも使えます。

あたりと比較しながら決めた方がよいかと。

とはいえ、終身保険の比較なんて自分でやるのはかなり面倒です。面倒なことは専門家に聞いてみましょう。保険クリニックならオリックス生命・マニュライフ生命と提携しています。比較もかんたんにやってくれますよ。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする