【評価C】ジブラルタ生命「終身保険」デメリットと評価

よくある終身保険だなあという印象のジブラルタ生命「終身保険」。

他社と比較して目立って良いところも悪いところもなく。逆に言うとあえてジブラルタ生命「終身保険」を選ぶ理由も見当たらないかなあという感じです。

ジブラルタ生命「終身保険」ここがポイント
  • 死亡保障のある終身保険です。死亡保障は一生涯続きます。
  • 解約返戻金の返戻率100%を割り込むことが多いです(元本割れの可能性あり)。
  • いつ解約しても、そこそこの金額で解約返戻金を受け取れます。

終身保険は当たりハズレの大きい保険です。というのも、解約返戻金の返戻率(支払った保険料に対して解約時に戻ってくるお金の割合)に各社大きな差があるんです。

支払った保険料に+αの利息が上乗せされるお得な終身保険もあれば、大きく元本割れしてしまう終身保険もあります。元本割れしてしまう終身保険は選びたくないですよね。

終身保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

終身保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、終身保険を選ぶ際に大切なのは以下の4点です。

  1. 毎月支払う保険料。死亡保障の保険金額は同じでも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 解約返戻金の返戻率(戻り率)。解約した際に戻ってくるお金が解約返戻金です。返戻率が100%を超えると支払った保険料総額より多く解約返戻金を受け取れます。
  3. 特約(オプション)の種類。特に特定の疾病に罹った場合、以降の保険料支払いが免除される「保険料払込免除特約」は重要です。
  4. クレジットカードで保険料を支払うことができるか。終身保険は保険料が高いです。クレジットカードで保険料を支払えば、ポイントがかなり貯まります。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、ジブラルタ生命「終身保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
30歳の月額保険料
(保険金額1000万円、保険料払込期間60歳まで)
男性:26,000円
女性:25,120円
C
40歳の月額保険料
(保険金額1000万円、保険料払込期間60歳まで)
男性:39,730円
女性:38,380円
解約返戻金の返戻率
満期を迎えた時:93.6%
(30歳男性・保険金額1000万円・60歳まで保険料を支払う前提)
C
保険料払込免除特約 なし C
クレジットカード払い 可能 A

詳細は後ほど説明しますが、ジブラルタ生命「終身保険」は低解約返戻金型ではないので、他社よりも保険料は高く、解約返戻金の返戻率は低めです。満期を迎えても元本割れするケースが多いでしょう。

ただし、いつ解約してもある程度の解約返戻金が戻ってきます。他社の低解約返戻金型の終身保険だと、満期を迎える前に解約すると支払った保険料の7割程度しか戻ってきません(その代わりに保険料は安く、返戻率は比較的高くなります)。

なので、

「掛け捨ての定期保険は嫌だけど、途中で解約するかもしれない…。満期まで保険料を払い続ける自信がない…」

といった方に向いている終身保険です。

ちなみに、終身保険は以下のリンク先で比較しています。こちらもご参考に。

終身保険おすすめ比較ランキング

生命保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

ジブラルタ生命「終身保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の終身保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【終身保険】
・死亡、高度障害時に保険金を受け取れます。
・保険料を支払い終わった後も、保障は一生涯続きます。
・貯蓄性があります(解約返戻金を受け取れます)。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
調査中。
保険料を支払う期間 調査中。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払
保険料を支払う方法 口座振替・クレジットカード
保障される期間 一生涯(終身)

ジブラルタ生命「終身保険」のメリット

ジブラルタ生命「終身保険」ここがポイント!
  • 【check】いつ解約してもそこそこの解約返戻金がある。

メリットについて説明していきます。

ジブラルタ生命「終身保険」はいつ解約してもそこそこの解約返戻金がある。

終身保険は解約すると解約返戻金として、いままで支払った保険料の一部が戻ってきます(支払った保険料全額に利息が上乗せされて戻ってくることもあります)。これが終身保険は貯蓄代わりになると言われる理由なのですが、最近の主流は「低解約返戻型」です。

低解約返戻型とは、保険料を支払っている期間中の解約返戻金を支払った保険料総額の7割程度に抑えておいて、満期を迎えるとドカンと解約返戻金が増額されます。その分、毎月支払う保険料が安くなり、返戻率は高くなるのが特徴です。

一方で、ジブラルタ生命「終身保険」は低解約返戻型ではありません。支払った保険料と解約返戻金が常に連動しています。

低解約返戻型ではないので、保険料を支払っている期間に解約しても、ある程度の解約返戻金を受け取れます。

実際の解約返戻金例は以下のとおりです。30歳男性が保険金額1000万円、60歳まで保険料を支払う条件で表にします。

経過年数 解約返戻金 支払った保険料累計 解約返戻金の返戻率
50歳 564万円 624万円 90.3%
60歳(満期) 877万円 936万円 93.6%
70歳 917万円 936万円 97.9%
80歳 953万円 936万円 101.8%

上表の一番右列の解約返戻金の返戻率とは、支払った保険料に対する解約返戻金の割合です。100%未満だと、支払った保険料より解約返戻金の方が少なくなります。

この例だとジブラルタ生命「終身保険」は、いつ解約しても支払った保険料の9割程度は戻ってきます。そこそこの解約返戻金が戻ってきてますよね。

しかし、ジブラルタ生命「終身保険」はそもそもの解約返戻金の返戻率が低いというデメリットがあります(この後書きます)。

ジブラルタ生命「終身保険」のデメリット

ジブラルタ生命「終身保険」ここにご注意!
  • 【check】解約返戻金の返戻率が低い。
  • 【check】保険料は安くない。

デメリットの2点について説明していきます。

ジブラルタ生命「終身保険」は解約返戻金の返戻率が低い。

ジブラルタ生命「終身保険」は低解約返戻金型ではないので、いつ解約してもそこそこの解約返戻金が戻ってくるのですが、他社の低解約返戻金型の終身保険と比較すると解約返戻金の返戻率は低いです。

例えば、低解約返戻金型のオリックス生命「ライズ(RISE)」は満期直後で110%を超えるケースがあります。同じく低解約返戻金型のマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」も満期直後で108%程度となるケースもあり、どちらも解約返戻金は元本割れせずに多少の利息が上乗せされます。

それに対し、ジブラルタ生命「終身保険」は30歳男性保険金1000万円のケースで満期直後の返戻率は93.6%。元本割れしてしまっています…。

低解約返戻金型の終身保険は「満期前に解約すると解約返戻金は支払った保険料の7割程度」というデメリットがありますが、満期を迎えた後はグッと解約返戻金が上がります。貯蓄目的で終身保険を選ぶなら、低解約返戻金型の終身保険の方がよいでしょう。

ジブラルタ生命「終身保険」は保険料が安くない。

保険金額1000万円・60歳まで保険料を支払う前提で、

オリックス生命「ライズ」(低解約返戻金型)

コープ共済「ずっとあい終身生命」(低解約返戻金型ではない)

と毎月支払う保険料を比較してみます。

ジブラルタ生命
「終身保険」
オリックス生命
「ライズ」
コープ共済
「ずっとあい終身生命」
30歳男性 26,000円 21,600円 21,200円
30歳女性 25,120円 20,760円 19,100円
40歳男性 39,730円 34,510円 33,500円
40歳女性 38,380円 33,120円 30,200円

ジブラルタ生命「終身保険」が高い…。

低解約返戻金型のオリックス生命「ライズ」より高くなるのは仕方ないとしても、同じタイプのコープ共済「ずっとあい終身生命」よりもだいぶ高くなってます。

保険料の観点からしても、ジブラルタ生命「終身保険」はちょっと残念な終身保険ですね…。

ジブラルタ生命「終身保険」の評価

評価:C(S、A~C)

いつ解約してもそこそこの解約返戻金を受け取れる点は魅力的ですが、解約返戻金の返戻率は高くありません。そして保険料も安くなく、冒頭書いたとおりあえてジブラルタ生命「終身保険」を選ぶ理由というのが見当たらないなあという印象です。

よって評価は「C」としました。

終身保険を検討されているのなら、

●解約返戻金の返戻率が高く、貯蓄代わりに使えるオリックス生命「ライズ」。保険料も業界トップクラスに安い。

●保険料払込免除特約が強力で、解約返戻金の返戻率もそこそこ高いマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」。医療保険・がん保険の代わりにも使えます。

あたりと比較してみて損はありません。

ジブラルタ生命「終身保険」の相談をするなら。

ジブラルタ生命「終身保険」は全国の保険ショップで相談できます。取り扱っている保険ショップも多いので、きっとご近所の保険ショップでも相談できます。

しかし、ふらっと入った保険ショップで

「うち、ジブラルタ生命取り扱ってないですよ」

なんて言われたら絶望ですよ。終身保険入る前に絶望ですよ。

ということですので、事前準備は周到に。手堅いのは保険見直し本舗です。

【オンライン相談も可能です!】保険見直し本舗

  • 全国300ヵ所以上の窓口で対面で相談できます。もちろん相談は無料です。
  • オンライン相談も可能です。自宅でかんたんに相談できます。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。選択肢の広さが魅力です。

保険見直し本舗

全国300ヶ所以上に展開する保険見直し本舗。ショッピングモールだとか、大きめのデパートとか、いまや至るところで見かける保険ショップです。

コンプラ厳守で無理な勧誘はありません。個人情報も国際認証基準(ISO)に基づいて管理されています。保険の契約実績は100万件を超えてますし、あらゆる状況の家庭から保険相談を受けてます。経験がものを言う保険相談のなかでは、ピカイチの実績ではないかと。

予約は簡単です。まずは相談方法を下記の3つから選びます。

  • 店舗(最寄りの店舗に相談者が訪れて相談)
  • 訪問(保険見直し本舗のスタッフが自宅やカフェ等の指定場所に訪れて相談)
  • オンライン

オンライン相談可能な点が魅力的ですよね。どこかに行く必要もなく、スタッフが自宅にくることもなく、安全に気軽に相談できます。

続いて相談に必要な情報を入力します。具体的には

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

こんな情報です。相談したい内容もざっくりと入力できます(任意ですが入力しておいた方がいいです)。

これで予約は完了。ほんとに30秒で予約できますよ。

実際に利用した方々の口コミはこんな感じです。

口コミの評価は概ね上々です。僕も長いこと保険業界の端っこにいますが、保険見直し本舗の悪い噂は聞いたことない。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。選択肢の広さが嬉しいですよね。この記事でご紹介したジブラルタ生命・オリックス生命・マニュライフ生命とも提携しています。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険見直し本舗

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険見直しラボは訪問相談をメインとした保険相談サービスです。自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます(オンライン相談もやってます)。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談してみましょう。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ジブラルタ生命

ちょっと選ぶ理由が見当たらないなあというジブラルタ生命「終身保険」。

「掛け捨ての定期保険は嫌だけど、途中で解約するかもしれない…。満期まで保険料を払い続ける自信がない…」

という方なら辛うじて検討する余地はありますが、それでも他社の終身保険と比較しておいた方がよいでしょう。

●解約返戻金の返戻率が高く、貯蓄代わりに使えるオリックス生命「ライズ」。保険料も業界トップクラスに安い。

●保険料払込免除特約が強力で、解約返戻金の返戻率もそこそこ高いマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」。医療保険・がん保険の代わりにも使えます。

あたりと比較しながら決めた方がよいかと。

とはいえ、終身保険の比較なんて自分でやるのはかなり面倒です。面倒なことは専門家に聞いてみましょう。

保険見直し本舗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする