【評価C】アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」デメリットと評価

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」ここがポイント
  • 介護を保障対象とする介護保険です。
  • アフラック独自の介護条件を満たした場合に、一時金と年金を受け取れます。
  • 65歳時に4プランから保障内容を選択できますが、どれもちょっと…。

介護保険・認知症保険の必要性と選び方は↓の書いています。

介護保険・認知症保険は必要か

まずはざっと概要を書いておきます。アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
保障タイプ 介護保険 A
給付タイプ 年金+一時金タイプ B
給付条件 【65歳まで】
①所定の高度障害
②「痴ほう(認知症)による要介護状態」が3カ月以上継続
③「寝たきりによる要介護状態」が6カ月以上継続
【65歳以降】
●介護保障プラン
①「痴ほう(認知症)による要介護状態」が3カ月以上継続
②「寝たきりによる要介護状態」が6カ月以上継続
●公的介護保険制度連動年金プラン
要介護もしくは要支援認定を受けた場合。
C

幅広く介護に備えられる介護保険です。認知症保険のように特定の症状に特化した介護保険ではありません。この点は安心。

給付タイプは年金+一時金です。給付条件を満たせば

  • 初年度に一時金を給付
  • 毎年年金を給付(最長10年間)を給付

となります。終わりが見えない介護は長期間の保障がある年金タイプが理想的。年金形式の給付がある点はメリットですが、最長10年間である点は要注意です。他社だと条件を満たす限り無制限給付となることが多いです。

また、給付条件は65歳までと65歳以降で分かれます。

65歳までは高度障害と重度の介護状態が保障対象。高度障害とは、両目失明・咀嚼機能損失・両腕損失・両足損失といったようなかなりヘビーな状況です。高度障害を負ってしまうと一大事ですが、その可能性はかなり低いです。

また、65歳までに認知症や寝たきりになることもそうそうないでしょう。65歳までにアフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」の保障を受けることはまずないかと。

65歳以降になると保障プランを以下の4つから選択することになります。

  • 介護保障プラン
  • 公的介護保険制度連動年金プラン
  • 確定年金プラン
  • 一時金受取プラン

詳細は後述しますが、どれもちょっと…。

認知症保険・介護保険の相談は保険クリニックで!
(↓をクリックすると保険クリニックへ移動します)

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他社の介護保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【介護保険】
・介護状態を保障する保険です。
・解約時に解約返戻金が戻ってくる場合があります。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
【介護一時金・介護年金】
所定の「認知症による要介護状態」が3ヶ月継続した場合、もしくは「所定の寝たきりによる要介護状態」が6ヶ月以上継続した場合に一時金・年金が給付されます。
【高度障害一時金・高度障害年金】
「所定の高度障害状態」が6ヶ月継続した場合に一時金・年金が給付されます。
【死亡保険金】
死亡時に死亡保険金が給付されます。
保険料を支払う期間 以下から選択可能。
・60歳まで、65歳まで、70歳まで、75歳まで
・終身(一生涯)
契約できる年齢 18歳~70歳
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード
保障される期間 終身(一生涯)

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」のメリット

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」のメリット
  • 【check】65歳時に4プランから保障を選べる。

冒頭書いたとおり、アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」は65歳時に以下の4プランから保障内容を選択できます。

介護保障プラン 以下のいずれかに該当した場合に介護一時金・介護年金を受け取れる。
①所定の「痴ほう(認知症)による要介護状態」が3カ月以上継続したとき
②所定の「寝たきりによる要介護状態」が6カ月以上継続したとき
※亡くなった場合に死亡保険金あり。
公的介護保険制度連動年金プラン 公的介護保険の要介護認定・要支援認定を受けた場合、年金を受け取れる。
確定年金プラン 介護状態に関係なく、年金を受け取れる。
一時金受取プラン 介護状態に関係なく、一時金を受け取れる。

各プランを説明していきます。

介護保障プラン

アフラックの独自基準に基づいて介護一時金と介護年金が支払われるプランです。他社の介護保険は国の要介護認定と連動することが多く(要介護2に認定されたら保障!とか)、なかなか特徴的なプランです。

その独自基準は以下の2つ。

  • 痴ほう(認知症)による要介護状態が3ヶ月継続した場合。
  • 寝たきりによる要介護状態が6ヶ月継続した場合。

上記の「痴ほう(認知症)による要介護状態」とは以下の全てを満たした状態です。

(1)季節または朝・真昼・夜のいずれかを認識できないこと。
(2)いま住んでる自分の家、または今いる場所を認識できないこと。
(3)日頃接している家族、または日頃接している周囲の人の認識ができないこと。

時間と季節がわからない、自宅に帰ってこれない、配偶者・子供・孫を認識できないといったかなり進行した認知症の状態です。国の要介護認定に換算すれば、要介護4から5といったところでしょう。

また、「寝たきりによる要介護状態」は常時寝たきりでベッド周辺の歩行すらできない状態。こちらも国の要介護認定に換算すれば、要介護4から5といったところです。

他社の介護保険は要介護2程度から保障するのが平均的です。要介護2はそろそろ一人暮らしが難しくなる介護の入口。他社と比較すると、アフラックの介護保障プランの保障条件はかなり厳しめです。

また、本プランを選択しても、お得になる可能性は高くはないと感じます。

例えば、介護が気になり始める55歳男性が基準介護年金年額60万円を契約。80歳でヘビーな介護状態となったケースだと、

●支払った保険料総額
2,737,800円(9,126円×12ヶ月×25年)

●受け取った保険金
死亡保険金:60万円
介護一時金:60万円

介護年金は介護状態が続く限り受け取れます(最長10年)。介護生活が31ヶ月を超えれば介護年金が155万円となり、受け取った保険金総額が275万円。ようやくお得になります。

上述のとおり給付条件は介護の末期です。2022年2月の厚生労働省調査では65歳以上の第1号被保険者数が約3589万人。そのうち国の要介護4、5の人は約142万人。割合にすると4%弱です。

さらに、要介護4、5ともなくと先は長くありません。介護が長く続いてしまえば本人も周囲も地獄ですが、実際はそこまで長引くこともにないかと。

確定年金プラン・一時金受取プラン

確定年金プラン・一時金受取プランは介護状態にならなくてもお金を受け取れます。

パッと見はお得なプランに思えますが、支払った保険料に対して、いくら戻ってくるか(返戻率)は高くありません。

2014年のパンフレットによると返戻率の例は

確定年金プラン:84.3%
一時金プラン:80.5%

なので元本割れ。100万円保険料を払って80万円強しか戻ってこない計算です。

そして現在はパンフレットに返戻率の記載がありません。昨今の経済事情を踏まれれば、返戻金がさらに低くなってパンフレットに書けなくなってしまったのでしょう。

公的介護保険制度連動年金プラン

公的介護保険の要介護認定・要支援認定を受けた場合に年金を受け取れるプランです。

繰り返しますが、他社の介護保険は平均して要介護2を給付条件にしています。それと比べれば、要介護・要支援のレベルに関係なく認定されれば年金を受け取れるのは有利です。

しかし、返戻率は高くありません。

2014年のパンフレットによると介護が10年続いた場合の返戻率が107.1%。

そして、現在は本プランもパンフレットに返戻率の記載がありません。昨今の経済事情を踏まれれば、返戻金がさらに低くなってパンフレットに書けなくなってしまったのでしょう。

さらに、2014年のパンフレットの例では介護が10年続いて107.1%。介護期間の平均は5年1ヶ月(生命保険文化センター)なので、10年続く可能性は高くありません。

ということで、給付条件はゆるいものの、公的介護保険制度連動年金プランもお得にはならないことが多いと考えれます。

結論。

メリットとして4プランから保障を選べる点をあげましたが、どのプランもうーん、ちょっと…。

まとめます。

●介護保障プラン
お得になる可能性はゼロではないが低い。給付条件がかなり厳しい。

●確定年金プラン
支払った保険料より受け取れる金額の方が少ない。元本割れ。

●一時金受取プラン
支払った保険料より受け取れる金額の方が少ない。元本割れ。

●公的介護保険制度連動年金プラン
給付条件は緩いものの、条件を満たしても元本割れする可能性が高い。

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」を選ぶ理由がないというのが正直なところです。

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」のデメリット

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」のデメリット
  • 【check】選択できる4プランがちょっと…。
  • 【check】介護年金が最長10年間。

メリットのところに書いたので、ここでは繰り返しませんが、選べる4プランどれもちょっと…。アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」を選ぶ理由が見当たりません。

また、介護年金は最長で10年間しか給付されません。上述のとおり、10年を超えて介護が続くことは稀ですが、他社は無制限給付が一般的です。他社の無制限給付の方が安心できますよね。

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」の評価。

評価:C(S、A~Cで判定)。

繰り返しますが、65歳まで保障されるケースは極稀ですし、65歳以降で選択できる4プランも魅力的には思えません。評価は「C」です。

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」をご検討の方は、他社の介護保険とぜひ比較を。

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」の相談をするなら。

アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」は全国の保険ショップで取り扱ってます。

でも、保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちアフラックやってないんですよー」

なんてことを言われたら心折れますよね…。そんなことがないように、事前に最寄の保険ショップがアフラックを取り扱っているか確認しておきましょう。

手堅いのは保険クリニックです。保険クリニックならアフラックはもちろんのこと、他社の介護保険も取り扱っています。比較もかんたんにやってくれますよ。

注意!保険ショップは予約しましょう!
保険ショップへの飛び込み相談も可能ですが、スタッフが事前準備できないため最適なプランにたどり着けないことがあります(事前準備にはけっこう時間がかかります)。
サイト上の予約フォームに相談したい内容をざっくり入力し、予約してから訪問した方が効率的に最適なプランへたどり着けます。

【オリコン顧客満足度2年連続No.1!】保険クリニック

  • オリコン社顧客満足度調査にて、2年連続No.1を獲得しています。
  • 全国200店舗以上の窓口で相談できます。オンラインでの相談も可能。もちろん相談は無料です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

保険を検討されているのなら、まずは近所に保険クリニックがあるかを確認してみてください。 生命保険は世の中にたくさんありますが、生命保険を相談する窓口は保険クリニック一択でよいと感じます。

わかりやすく実績を確認できるのが、オリコン社が毎年行っている保険ショップの顧客満足度調査です。利用者5,826人に対し、保険ショップ全28社に関するアンケート調査を実施。見事に2年連続顧客満足度No.1を獲得しています。

(引用:https://life.oricon.co.jp/rank_hokenshop/

アフターフォローの満足度もNo.1です。

万が一の場合には契約者の味方になってくれますし、公的な介護保険についても詳しいので、いざ(親や自分の)介護が必要になったときにも相談にのってくれます。契約した後はほったらかしみたいな保険ショップが多い中、保険クリニックならきめ細やかなアフターフォローが期待できます。この点もメリットですね。

実際に利用した方の口コミは以下のとおり。

「たまたま優秀な人が担当になっただけじゃないの?」

という疑惑も沸いてきますが、保険クリニックはデジタル化が進んでいて独自に開発した提案システムを使ってます。スタッフのクオリティに偏りができにくい点もメリットでしょう。

予約は簡単です。

①保険クリニックのサイトにアクセスする。

保険クリニック

②最寄りの店舗を検索する。
オレンジ色のボタンから店舗検索できます。オンライン相談も可能です。

③予約日時を選択する。

④以下を入力して予約完了。

  • 相談方法(来店or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(リストから選択)
  • 要望等(任意入力)

これで予約は完了。1分もあれば予約できます。

40社以上の保険会社と提携している点も評価できます。アフラックはもちろんのこと、他社の介護保険も取り扱っています。比較もかんたんにやってくれますよ。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」

65歳まで保障されるケースは極めて稀ですし、65歳以降で選択できる4プランもしょぼい…。アフラック「スーパー介護年金プランVタイプ」を選ぶ理由が見当たらないというのが正直なところです。他社の介護保険との比較は必須でしょう。

とはいえ、保険の比較なんてよくわからないですよね。そんなときは専門家の力を借りましょう。

保険ショップのスタッフは数多くの介護の現場を見ています。介護に必要なお金、介護保険に何ができるかをしっかりアドバイスしてくれますよ。保険ショップでの相談はもちろん無料。気軽な気持ちで相談して問題ないです。

保険クリニックの予約は↓をクリック!

保険クリニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする