【評価B】ソニー生命「終身介護保障保険」デメリットと評価

ソニー生命「終身介護保障保険」ここがポイント
  • 介護を保障対象とする介護保険です。
  • 要介護2となれば年金と一時金を受け取ることができます。保障条件は平均的です。

いまや誰しも避けて通れないのが介護の問題。

自分の介護も気になりますし、親の介護も気になりますよね。親の介護で退職しなきゃいけなくなったらどうしよう…、自分の介護で子供に迷惑かけたくない…とかとか。

生き延びるリスクが取りざたされている昨今。介護にかかる費用は以下のとおり。

介護にかかる期間の平均:4年7ヶ月
介護に必要な一時的な費用平均:69万円
月額介護費用平均:7.8万円

生命保険文化センター調べ

けっこうな金額が必要ですよね…。

さて、介護に備えらえる民間の保険は大きく2つあります。

概要 保険料
介護保険 幅広い介護状態を保障する保険。国が認定する要介護状態に応じて一時金、もしくは年金方式で保険金を給付。 比較的高め。
認知症保険 認知症に特化して介護状態を保障する保険。 比較的安め。

その他、医療保険のなかにはオプションとして介護状態に備えられるタイプもあります。

医療保険の特約(オプション)で介護に備える

介護状態となる原因No.1となる認知症だけを保障範囲とし、その分保険料を安く抑えるか(認知症保険)、もしくは幅広く介護状態を保障対象としておいて安心しておくか(介護保険)、この点は個人の価値観とか経済状況によると思います。どちらが良いということはなかなか言えません。

ソニー生命「終身介護保障保険」は典型的な介護保険。公的な要介護認定と連動して保障されるので、安心して加入できる保険です(保険会社の独自基準で保障するタイプは、後々揉めることもあるんですよね…)。

まずはざっと概要を書いておきます。ソニー生命「終身介護保障保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
保障タイプ 介護保険
給付タイプ 年金+一時金タイプ A
給付条件 要介護2 B

給付タイプは年金+一時金です。給付条件を満たせば

  • 初年度に一時金
  • 給付条件を満たす限り毎年年金

を受け取ることができます。終わりが見えない介護は介護状態が続く限り定額を受け取れる年金タイプが理想的。年金形式の給付がある点はメリットです。

また、給付条件は要介護2からなので他社と比較しても平均的です。この後比較していきますが、他社は要介護1だったり要介護3だったりすることもあります。要介護2は悪くありません(要介護は数字が上がるほど症状が進んだ状態になります)。

介護保険の相談は保険見直し本舗で!
(↓をクリックすると保険見直し本舗へ移動します)

ソニー生命「終身介護保障保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他社の介護保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【介護保険】
・要介護認定と連動した保障のある保険です。
・解約時に解約返戻金が戻ってくる場合があります。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【介護一時金+介護年金】
要介護2以上に認定された場合に一生涯年金が給付されます。
【死亡給付金】
亡くなった場合に給付されます。
特約(オプション)
※取り外しできる保障
【介護一時金特約】
要介護2以上に認定された場合に一時金が給付されます。
保険料を支払う期間 以下から選択可能。
・55歳まで~85歳まで(5歳刻み)
・10年、15年
・終身(一生涯)
契約できる年齢 20歳~85歳
保険料を支払う方法 口座振替
保障される期間 終身(一生涯)

ソニー生命「終身介護保障保険」のデメリット

ソニー生命「終身介護保障保険」のデメリット
  • クレカ払いができない。

地味なデメリットですが、毎月数千円の保険料をクレジットカード払いできればポイント還元の恩恵を受けられます。積み重ねれば、それなりの金額に。

しかし、ソニー生命「終身介護保障保険」はクレジットカードで保険料支払いができません。口座振替のみです。この点は地味に痛い…。

ソニー生命「終身介護保障保険」のメリット

ソニー生命「終身介護保障保険」のメリット
  • 【check】介護一時金と介護年金の給付条件が普通。

繰り返しますが、ソニー生命「終身介護保障保険」は国の要介護認定が一時金・年金の給付条件になっています。その給付条件は以下のとおり。

介護一時金:要介護2以上
介護年金:要介護2以上

要介護2以上に認定されれば、一時金が給付されるのに加え、介護状態が続く限り一生涯年金が給付されます。

ちなみにですが、要介護2の条件は以下のとおり。

  • 身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話の全般に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
  • 立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作に何らかの支えを必要とする。
  • 歩行や両足での立位保持などの移動の動作に何らかの支えを必要とする。
  • 排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがある。
  • 混乱や理解低下がみられることがある。

軽度の介護を必要とする状態ですね。自宅の改修が必要となるのも要介護2~3くらいなので、一時金で介護の初期費用をカバーすることも可能です。

一方で、同じく介護保険の明治安田生命「介護のささえ」の給付条件は以下のとおり。

介護一時金:要介護3以上(介護一時金保障特約)
介護年金:要介護3以上

より症状が進んだ要介護3で一時金と年金を受け取れます(要介護認定は数字が大きくなるほど症状が進んだ状態となります)。条件が緩いのはソニー生命「終身介護保障保険」ですね。

ちなみにですが、要介護2から一時金と年金を受け取れることをメリットとしましたが、他社の介護保険と比較して抜き出てるわけではありません。言わば平均的。普通です。

後述しますが、給付条件のバランスが良いのは朝日生命「あんしん介護」です。このあと比較していきます。

比較するべきは朝日生命「あんしん介護」

ここまであっさりとメリット・デメリットを書いてきましたが、ここが最も大切なポイントです。ソニー生命「終身介護保障保険」への加入を検討される場合は、朝日生命「あんしん介護」と保障内容を比較してみてください。

朝日生命「あんしん介護」

介護保険を選ぶ際に重要なのが介護一時金・介護年金の給付条件。

給付条件は国の要介護認定に連動するタイプが多いのですが、この給付条件が介護保険によって様々です。

朝日生命「あんしん介護」は介護一時金・介護年金の給付条件がかなり緩い。ここでソニー生命「終身介護保障保険」と朝日生命「あんしん介護」の給付条件を比較してみます。

朝日生命「あんしん介護」 ソニー生命「終身介護保障保険」
介護年金 ・要介護1で給付 ・要介護2で給付
介護一時金 ・要介護3で給付(介護一時金タイプ)
・要支援2で給付(要支援一時金タイプ)
・要介護2で給付

介護年金の給付条件は朝日生命「あんしん介護」の方が緩いです(要介護は数字が上がるほど症状が進んでいます)。いつまで続くのか終わりが見えない介護は年金形式の給付が安心ですが、その介護年金の給付条件が他社よりも緩めであることは朝日生命「あんしん介護」の大きなメリットです。

また、介護一時金ですが朝日生命「あんしん介護」は

  • 要支援2という要介護より軽度の状態で少額の一時金が給付される要支援タイプ
  • もっと重くなった要介護3で再度まとまった一時金が給付される介護一時金タイプ

のどちらかを選ぶことができます(両方選択も可能)。選択肢の広さが朝日生命「あんしん介護」のメリットですね。

次に比較するのは保険料です。全く同じ条件で比較することは難しいのですが、ソニー生命「終身介護保障保険」と朝日生命「あんしん介護」の毎月支払う保険料を比較します。

朝日生命「あんしん介護」 ソニー生命「終身介護保障保険」
保障内容 介護一時金:300万円(要介護3で給付)
介護年金:年60万円(要介護1で給付)
介護一時金:60万円(要介護2で給付)
介護一時金特約:100万円(要介護2で給付)
介護年金:年60万円(要介護2で給付)
50歳男性保険料 8,194円/月 8,380円/月

保険料は年齢・性別によって変わりますし、保障内容も厳密に同じではないので参考程度の保険料比較です。このケースだと保険料が安くなるのは朝日生命「あんしん介護」ですね。

ということなので、介護年金の保障を重視するのであれば、朝日生命「あんしん介護」が有力な選択肢となります。一方で、介護一時金を重視するのであれば、ソニー生命「終身介護保障保険」もアリです。個人的には介護の初期状態である要介護1から保障を受けられる朝日生命「あんしん介護」の介護年金の方が安心かと。

ところで、ソニー生命「終身介護保障保険」には死亡保険金があります。この死亡保険金は介護年金として受け取った額が差し引かれて給付されます。つまり、

「介護状態にならなくても、少なくとも死亡保険金の金額を受け取ることができる」

といった商品設計になっています。

さらに、死亡保険金は介護年金額の

  • 0倍(死亡保険金なし)
  • 0.1倍
  • 5倍
  • 7倍
  • 10倍

の5パターンから選べます(上表の保険料は0倍で比較しました)。

例えば介護年金60万円で死亡保険金300万円(5倍)のケースだと、

①介護状態とならずに亡くなった→死亡保険金300万円給付
②介護年金60万円・介護一時金60万円を受け取って亡くなった→死亡保険金180万円給付
③介護年金120万円・介護一時金60万円を受け取って亡くなった→死亡保険金120円給付

となります。

ただ、死亡保険金の倍率を高くすれば必ずお得ということにはなりません。ここでシミュレーションしてみます。

・55歳の男性がソニー生命「終身介護保障保険」を契約。
・80歳のときに要介護に認定され、5年後の85歳で亡くなる。

といったよくあるケースで各パターンの損益を計算してみます(0倍は保険料終身払、0倍以外は65歳まで保険料を払い続ける想定)。

保険料
(毎月)
保険料総額
(万円)
介護給付金
(万円)
死亡給付金
(万円)
損益
(万円)
0倍(死亡保障なし) 8,640円 260 360 0 +100
0.1倍 21,240円 255 360 0 +105
1倍 23,400円 280 360 0 +80
5倍 34,680円 415 360 0 -55
7倍 43,500円 520 360 60 -100
10倍 57,540円 690 360 240 -90

上表の赤字のとおり、よくあるケースだと死亡保険金の倍率を高くすると損益はマイナスになってしまいました。

介護の期間が短くなるほど死亡保険金の倍率が高い方が有利なりますが、平均的なケースだと損益はマイナスになることが多いでしょう。逆に介護が長引くと有利になるのは死亡保険金の倍率が低い方です。

ということで、死亡保険金の倍率を高くすると

「介護状態にならず亡くなってしまったから結果的に大損だった!」

という悔しい気持ちは幾分和らぎますが、平均的な介護のケースでは死亡保険金の倍率を低くした方が有利です。死亡保険金の倍率は1倍以下とした方が賢明だと言えます。

ソニー生命「終身介護保障保険」の評価。

評価:「B」(S、A~Cで判定)。

要介護2から保障対象となるので、保障条件は各社と比較しても平均的です。保険料も高くはなく平均的。突出した何かはありませんが、大きな欠点もなく評価は「B」としました。

ただし、ソニー生命「終身介護保障保険」をご検討の方は、朝日生命「あんしん介護」とぜひ比較を。介護保険は各社特色があります。要介護認定と連動する給付条件となることが多いのですが、要介護1を条件とするのか、要介護2を条件とするのか、要介護3を条件とするのか、注意深くチェックしておいた方がいいです。

ソニー生命「終身介護保障保険」の相談をするなら。

ソニー生命「終身介護保障保険」は全国の保険ショップで取り扱ってます。

でも、保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うちソニー生命やってないんですよー」

なんてことを言われたら心折れますよね…。そんなことがないように、事前に最寄の保険ショップがソニー生命を取り扱っているか確認しておきましょう。

ポイントはソニー生命と朝日生命の両社を取り扱ってる保険ショップで相談すること。両社の介護保険を比較してもらいながら、自分たちに合った保険を探してみましょう。

【オンライン相談も可能です!】保険見直しラボ

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険見直しラボは訪問相談をメインとした保険相談サービスです。自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます(オンライン相談もやってます)。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のためお伝えしておくと、保険見直しラボはソニー生命・朝日生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがソニー生命・朝日生命を含む30社以上の保険を取り扱うことができるのでご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ソニー生命「終身介護保障保険」

一時金と年金の給付条件は普通の要介護2。平均的です。普通の介護保険です。

ソニー生命「終身介護保障保険」を検討されている方は朝日生命「あんしん介護」との比較をお忘れなく。介護年金の給付条件を優先させるなら朝日生命「あんしん介護」、介護一時金を優先させるならソニー生命「終身介護保障保険」もアリです。

複雑な介護保険。どれにしようか悩むことが多いと思いますが、1人で悩む必要はありません。最寄の保険ショップで専門家のアドバイスを受けながら決めた方が効率的だし、「やばい介護保険」を掴まされることもなくなります。

保険ショップのスタッフは数多くの介護の現場を見ています。介護に必要なお金、介護保険に何ができるかをしっかりアドバイスしてくれます。保険ショップでの相談はもちろん無料。気軽な気持ちで相談して問題ないです。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする