【損したくない奥さん必見】保険クリニックの評判。口コミからわかるデメリット

生命保険に頭を悩ませている奥さん。

「うーん、全部同じに見える…。違いがよくわからない…」

「ちょっと、うち保険料払い過ぎてない?なんとか安くできないの?」

お察しします。生命保険なんて難しくてよくわかんないですよね。全然おもしろくないし。

そもそも生命保険で悩んでいるヒマなんてないんですよ。晩御飯のおかず考えるほうが重要なんですよ!

忙しい皆さん、生命保険のこと考える時間があったら別のことやりたいですよね。ただ、生命保険ってよく言われるように人生で2番目に高い買い物です(家の次に高い買い物)。ここでハズレ引いてしまうと、大損になってしまいます。なんとしてもハズレは引きたくない!

さて、ここで朗報です。生命保険は1人で悩む必要はありません。あまり知られていないことなんですけど、生命保険はその道何十年という専門家が無料で相談に乗ってくれます。

もちろんその道何十年の専門家に相談したからって絶対に生命保険に入らなければならないってことはありません。納得できなければ

「あっ、やっぱいいです」

の一言で帰ってきてしまって問題ありません。

法律で決まっているのですが、生命保険って強引な勧誘が禁じられているんですよ。それと、故意にお客さんの不利益になるような説明をすることも禁止されてます。

「生命保険の専門家なんて胡散臭いなー」

って思われる気持ちもわかります。でもそれは昭和の話。金融商品取引法と保険業法が整備された現在、胡散臭い生命保険の専門家は排除されちゃってます。

こういう悪だくみをした専門家はいませんのでご安心を。

保険クリニックは↓をクリック!
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

保険クリニックの特徴

  • 相談は何回でも無料です。
  • 店舗型の保険相談サービスです。最寄の店舗を予約してから相談しましょう。
  • 無理な勧誘はありません。コンプラ厳守です。
  • 40社以上の保険会社と提携しています。
  • 「保険IQシステム」という独自システムで客観的に保険が選べます。

保険クリニックは日本初の保険ショップです。1900年代も終わろうとしている1999年12月に開業。1999年って皆さんなにされてました?ルーズソックス履いて、アムラーだった頃ですよね?僕はズボンを腰にひっかけて履いてました。時は過ぎるものですね。

話を保険クリニックに戻すと、保険クリニックはITにやたらと強い。

  • AIを駆使して保険証券を分析する「証券分析AIアシスト」
  • お客さんにぴったりの生命保険を自動で選んでくれる「保険IQシステム」
  • 店舗スタッフの保険提案をサポートする「ASシステム」

といった独自システムを開発してます。

保険の提案ってどうしてもスタッフの経験とか、知識に左右されてしまいます。相性が合わないスタッフだと、ゴールにたどりつくまでとても時間がかかる、もしくはゴールにたどりつけないなんてこともあるんですよね。

その点、保険クリニックはITを駆使して提案のクオリティを確保しています。どのスタッフでも提案のクオリティは一定水準を確保。この点が保険クリニックの大きな強みです。

保険クリニックの基本情報

会社概要
運営会社 株式会社アイリックコーポレーション
設立 平成7年7月24日
資本金 13億1,915万円
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-20本郷センタービル4F
取扱保険会社数 【生命保険会社(27社)】
アクサ生命保険株式会社
アクサダイレクト生命保険株式会社
SBI生命保険株式会社
アフラック生命保険株式会社
朝日生命保険相互会社
エヌエヌ生命保険株式会社
FWD富士生命保険株式会社
オリックス生命保険株式会社
ジブラルタ生命保険株式会社
住友生命保険相互会社
ソニー生命保険株式会社
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
第一生命保険株式会社
第一フロンティア生命保険株式会社
チューリッヒ生命
T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社
日本生命保険相互会社
はなさく生命保険株式会社
富国生命保険相互会社
ネオファースト生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
明治安田生命保険相互会社
メディケア生命保険株式会社
メットライフ生命保険株式会社
【損害保険会社(17社)】
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
アイペット損害保険株式会社
アクサ損害保険株式会社
AIG損害保険株式会社
SBI損害保険株式会社
共栄火災海上保険株式会社
スター・インデムニティ・アンド・ライアビリティ・カンパニー
セコム損害保険株式会社
セゾン自動車火災保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
Chubb損害保険株式会社
チューリッヒ保険会社
東京海上日動火災保険株式会社
日新火災海上保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
楽天損害保険株式会社

身近な保険の相談には、以下の2パターンのやり方があります。

  1. 近所の保険ショップへ行く。
  2. 保険の専門家に指定した場所(自宅や職場)に来てもらう。

保険クリニックは典型的な「1」の店舗型です。予約して店舗に行って相談するタイプですね。ただし、予約する際にお願いをすれば自宅・職場等のこちらが指定した場所にも来てもらうこともできます。

相談はもちろん無料。指定した場所に来てもらっても相談は無料。お金と時間を気にせず、ゆっくりと相談できます。

ただ、保険クリニックは保険ショップのなかでは優良店なんですよね。混みあうこともあるので、事前に予約をしておいた方がよいです。予約は保険クリニックのサイトからできます。

保険クリニックは↓をクリック!
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

ちなみに、妊娠中や子育て中で店舗まで相談に行くのが難しいという方もいらっしゃるかと思います。そんな方に向けた保険相談サービスが訪問型ですね。自宅や職場、近所のファミレスとか喫茶店とかどこでも相談可能です。もちろん訪問してもらっても相談は無料でできます。

訪問型の保険相談サービスで突出しているのが保険見直しラボです。取り扱う保険会社も多く、在籍スタッフが自社雇用で高いクオリティを維持しているのが特徴です。「見直し」ってなってますけど、新規に保険に加入する相談も受け付けてます。

保険見直しラボはこちらで説明しています。

保険クリニックのメリット

店舗型保険相談サービスとしては業界トップクラスの知名度を誇る保険クリニック。

後々見ていく利用者の口コミを見る限り、提案のクオリティは高いです。フランチャイズ展開しているのに、このクオリティの高さはIT化が進んでいるからでしょう。

取り扱い保険会社が40社を超えている。ネット専業の生命保険会社とも提携アリ!

保険会社ってそう簡単に提携しないんですよ。

万が一、提携先がルール違反をして保険の勧誘をした場合、世の中の非難を受けるのは保険会社です。なので、提携するにはそれなりに高いハードルがあるんですよね。小規模保険ショップでは、40社を超える保険会社と提携するのは難しいのではないかと。これは大手のメリットですよね。

特に、以下の保険会社と提携しているのは大きい。

  • 朝日生命
  • FWD富士生命保険株式会社
  • ネオファースト生命保険株式会社
  • マニュライフ生命保険株式会社
  • メットライフ生命保険株式会社

この5社は知名度はイマイチですが、とっても優れた生命保険を開発してます。

朝日生命なんて知名度はいまいちですけど、がん保険とか介護保険とか素晴らしい保障内容の保険を開発してます。その割に、申し込みができる保険ショップが多くはないんですよね。保険クリニックは朝日生命も取り扱いあります。

そしてもう1点。保険クリニックは「ネット専業」の生命保険会社とも提携しています。

  • アクサダイレクト生命
  • SBI生命

どちらも「ネット専業」の生命保険会社なので、じっくりと対面で説明を聞くことが難しかったんです。冒頭書いたとおり、生命保険は人生2番目に高い買い物。住む家をネットだけの情報で買わないように、生命保険だってネットだけの情報で申し込むのはちょっと怖いですよね。

保険クリニックなら、アクサダイレクト生命・SBI生命の生命保険の説明をじっくりと聞けます。両社とも魅力的な生命保険を開発していて、十分に比較対象になる保険会社です(特にアクサダイレクト生命の就業不能保険は秀逸です)。対面で説明を聞ける点は大きなメリットでしょう。

ITを駆使した保険提案が可能。提案のクオリティが安定している!

冒頭に書きましたが、保険クリニックは以下のシステムを自社で開発してます。

  • AIを駆使して保険証券を分析する「証券分析AIアシスト」
  • お客さんにぴったりの生命保険を自動で選んでくれる「保険IQシステム」
  • 店舗スタッフの保険提案をサポートする「ASシステム」

保険IQシステムの簡単な説明動画があるのでご紹介します。

これが強力。

  • 現在契約している生命保険の保険証券(契約書みたいなもの)を手掛かりに、
  • 現在の保険の状況を見えるようにして、
  • 不足している保障を洗い出す。

といったシステムなんですけど、これがあればどんなスタッフでも保険提案内容が安定しますよね。

ちなみにですが、保険クリニックは保険代理店にしては珍しく、「株式会社インフォディオ」というIT系の会社がグループ内にあります。IT系の会社がグループにあると個人情報をしっかりと管理できるようになるんですよね。これも隠れたメリットかと。

しかもITだけに頼ってるわけではありません。保険クリニックにはマスター制度という制度があり、社内教育にも熱心。

  • 家計マスター
  • 住宅ローンマスター
  • 介護保険マスター
  • 相続マスター
  • 年金マスター
  • グランドマスター

こんなマスター達が各店舗に配属されています。保険以外の相談もできますよね。

そんな細かい努力が評価されて、お客様満足度は86.9%。高い満足度を維持しています。

店舗型保険ショップなのに訪問も可能!

この点は子育て中の奥さんや、仕事が忙しい奥さんには嬉しいですよね。保険クリニックのスタッフが指定場所まで訪問してくれるんです。

自宅でも職場でも喫茶店でも近所の公園にでも。指定されればそこで相談可能。もちろん、訪問してもらっても相談は無料。

  • 生命保険の専門家に
  • こっちが指定した場所まで来てもらって
  • 思う存分生命保険の相談ができる
  • しかも無料で

ここまでしてもらうとこっちが申し訳ないんですけど、気にすることはありません。思い切り相談してみましょう。

保険クリニックは↓をクリック!
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

ちなみにですが、もし保険見直し本舗の訪問可能地域から外れてしまった場合は、保険見直しラボがあります。保険見直しラボは訪問型保険相談サービスなんですが、こちらはかなり広範囲に訪問が可能です。訪問相談をお考えなら、保険見直しラボも選択肢に。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

保険クリニックのデメリット

保険クリニックはフランチャイズ店舗もあります。

フランチャイズ店が保険クリニック直営店より提案の質が劣るとは言い切れませんが、ちょっと気になりますよね。直営店にいる保険クリニックの正社員と、フランチャイズ店のスタッフが同じクオリティで保険提案をできるのか。

しかし、仮にクオリティの差があったとしても、それを埋めるのが

  • 保険IQシステムを利用した保険提案
  • マスター制度による社内教育

でしょう。

ちなみにですが、保険の相談って納得できなければ、

納得できない!
あっ、やっぱいいっす

の一言だけ告げて帰ってきてしまった全く問題ありません(そういう方けっこういます)。

保険見直し本舗の評判・口コミ

ここで気になる保険見直し本舗の評判・口コミを見ていきます。

女性20代/夫婦子供1人/生命保険の相談

思っていたより長話をしてしまい、すみませんでした。説明も他で聞くよりわかりやすく丁寧で学校の先生に教わっているようでした

保険ショップはじっくり長時間話し込んで全く問題ありません。負い目に感じる必要は全くないのです。納得いくまで話し込みましょう。わからないことは全部質問しましょう。

「この保険とこの保険の違いは何ですか?」

そんな質問を店舗スタッフは待っています。店舗スタッフは説明好きが多いので、優しく教えてくれますよ。

男性20代/夫婦子供2人/医療保険の更新

よりよいプランについて一緒に考えてくださったおかげで、自分に合った保険を選ぶことができ、満足しています。強引な勧誘もなく、安心して相談できました。

いまだに根強くあるのが保険ショップのスタッフ強引に保険勧誘してくる説です。

しかし、それは昭和の話。保険業法が整備された現在、強引な保険勧誘なんてありませんし、もしあったとたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

こういう保険ショップのスタッフはいません(見た目こんな感じの人はいるかも)。誠実に保険の説明をしてくれますし、「やっぱいいです」ってお断りしても、「では!また何かありましたらよろしくお願いいたします!」と爽やかに送りだしてくれますよ。

男性60代/独身/保険の更新

特定の保険会社を優先的に説明する訳ではないので、全て平等な状態で、当方の希望する条件に該当するものを絞って提示してもらえたのが良い。選択肢が多いのが良い場合はあるが、保険は内容がわかりにくいので、絞り込んだ方が選択し易くなります。また、保険会社の勧誘と異なり、今すぐ契約しないと…、といった焦らせる様な事も無く、安心した。

上でも述べましたが、出来れば個室の様なパーテションで区切った方が良いのではないでしょうか、難しいとは思いますが。

「保険会社の勧誘と異なり…」というのは、生命保険会社の営業担当とは異なりということでしょう。保険ショップのスタッフの方が、まったりと説明を聞くことができます(生命保険会社の営業担当ってものすごいノルマを課せられてます)。

ただし、この店舗は相談スペースがイマイチだったみたいですね。気になる方は自宅等に訪問してもらうこともできます。

女性50代/夫婦/個人年金保険の相談

自分たちの希望を短時間で理解していただけたようでした。また、こちらの予定時間に合わせて手際よくプランの提案をいただきました。

相談には基本2時間かかりますが、事前に予定を伝えておけば、短時間にまとめることもでっきます。

その他、スタッフも指名できたり(女性の方は女性スタッフに相談したいですよね)、割と柔軟に対応してくれるのが保険クリニック。予約するときにこちら側の希望をきっちり伝えましょう。

保険クリニックは↓クリック!
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

ちなみにですが、ここでご紹介した口コミは保険ショップ検索サイトニアエルから引用しました。ニアエルからでも保険見直しラボの予約は可能です。保険見直しラボ以外の保険ショップも予約・検索できるので、こちらもご参考に。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険クリニックに保険の相談をする流れ

保険クリニックへの相談申し込みは以下の流れになります。簡単です。3分で終わります。

1.まずは保険クリニックのサイトへアクセス。

↓をクリックすると保険クリニックの予約サイトへアクセスできます。

「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

2.トップページの「お近くの店舗を探す」をクリック!

まずは最寄の店舗を探しましょう。

こんなボタンがトップページにあるので、これをクリックします。

クリックすると都道府県→区市町村の順番で最寄の保険クリニックを検索できます。

3.予約します。

最寄の店舗が見つかったなら、次はいよいよ予約です。これが少し面倒です。

まずはこんなボタンがあるので、これをクリック。希望日時を選択します。

こんな画面が開きますので、希望する日時をぽちっとクリック。

すると予約フォームが開きますので、以下の項目を入力します。

  • 相談方法(店舗or訪問)
  • 名前
  • 連絡方法(電話・メールor電話のみ)
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 保険クリニックを知ったきっかけ(選択式)
  • ご要望・事前に確認したいこと(自由入力欄)

「ご要望・事前に確認したいこと」は何でもいいので入力しておいた方がよいでしょう。「女性スタッフ希望」だとか、「医療保険の相談希望」だとか、「出産を控えていて、子供の教育資金をどうしようか迷っている」とかなんでもいいです。

店舗に対する希望や、相談したいことを入力しておきましょう。

4.連絡を待ちます。

入力してほどなくすると、メールもしくは電話がかかってきます。そこで、相談日時・場所を最終確認して決まりです。

申し込みはこれだけです。3分で終了です。

あとは…

5.面談の準備をする。

とはいっても、保険クリニックは面談の準備は特に必要ありません。手ぶらで店舗に向かって全く問題なし。

しいてあげれば、こんなものを準備しておくと相談がスムーズに進みます。

  • 既に保険に加入している場合は保険証券。
  • (もしあれば)ねんきん定期便
  • 通帳
  • 給与明細
  • 家計簿

まぁなくても全く問題ないですけどね。

【まとめ】保険クリニックの評価

  • 保険会社40社以上の幅広い選択肢!
  • ITを駆使してぴったりの生命保険を探し出してくれる!
  • 店舗でも自宅でも職場でも喫茶店でもどこでも相談可能!

自宅の最寄に保険クリニックがあったのなら、まずは予約をして店舗に行ってみましょう。保険選びは1人で悩む必要はありません。保険選びは保険クリニックの店舗で着席した瞬間に勝利です。

まぁ安定してますよね。ITを使って保険提案のクオリティを保つとか、マスター制度とか、さすが日本初の保険ショップだけのことはあります、業界内でも評価高いですよ。

ネガティブな口コミもほとんどなく、安心して相談できる保険ショップですね。大手なんで強引な勧誘なんてまずあり得ないですし、提案に納得できなければ

納得できない!
あっ、やっぱいいっす

の一言で帰ってきて問題ありません(そういう人はけっこういます)。

保険の相談って身構えてしまう方が多いんですけど、親戚の家に遊び行くくらいの気持ちでいいんです。軽い気持ちで相談すれば、モヤモヤとしたものがすっきりしますよ。

保険クリニックは↓をクリック!
「保険クリニック」生命保険見直し&保険相談

最後に口コミをひとつだけ載せておきます。

女性20代/夫婦/生命保険・死亡保険 医療保険・入院保険 がん保険の相談

会社の保険もあったので、合わせて相談したのですが、比較した上でこれは会社の保険の方が良いなど押し売り等もなく、正直にアドバイス頂けたのが逆に信頼して相談ができました。ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする