【評価B】アクサダイレクト生命「収入保障2」デメリットと評価

悩む
アクサダイレクトの収入保障保険って保険料安そうだけど、これでいいのかな。ネットで申し込むのはちょと不安なんだけど…

ネットの生命保険に不安を覚える方ってけっこういます。実際のところ、ネット専業の生命保険は伸び悩んでいたりもします。手続きは簡単なんですけど、やっぱり長いおつきあいになる生命保険はしっかりと対面で説明を受けたいですよね。

アクサダイレクト生命「収入保障2」ここがポイント
  • 死亡保障のある収入保障保険です。保険料は掛け捨てです。
  • タバコを吸う方は比較的保険料が安くなります。
  • タバコを吸わない方には、健康体割引のある他社の収入保障保険がお得です。

収入保障保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

収入保障保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 支払保証期間(確定保証期間)。支払保証期間とは、保険期間を超えて保険金が支払われる期間です。少なくとも、2年程度の支払保証期間があることが理想です。
  3. 働けなくなるリスクにも備えられるか。収入保障保険は死亡保障がメインとなる保険ですが、オプションをつければ働けなくなった場合の保障を受けることができるようになる場合があります。

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、アクサダイレクト生命「収入保障2」の概要と評価は以下のとおりです。

40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:2,440円
女性:1,820円
評価A
40歳の月額保険料
(保険金額毎月10万円、保障期間60歳まで)
男性:2,670円
女性:1,950円
支払保証期間
(確定保証期間)
2年間 or 5年間 評価A
就労不能特約 なし 評価C

詳しくは後述しますが、アクサダイレクト生命「収入保障2」は健康体割引がないので、喫煙者の方におすすめの収入保障保険です(健康体割引がある保険だと、喫煙者の方は保険料が割高になります)。

逆に、非喫煙者の方は他社だと健康体割引が適用される可能性があります。他社の収入保障保険と比較しておいて損はありません。

ちなみに、収入保障保険の保険料は下記リンク先で比較しています(喫煙者・非喫煙者別に比較しています)。こちらもご参考に。

収入保障保険のおすすめ比較ランキング

収入保障保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

アクサダイレクト生命「収入保障2」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の収入保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【収入保障保険】
・死亡、高度障害時に毎月定額で保険金を受け取れます(一括で受け取ることも可能です)。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
5万円~
(1万円単位で選択可能)
保険料を支払う期間 ・55歳まで
・60歳まで
・65歳まで
・70歳まで
以上の4つから選択可能。
保険料を支払う回数 月払のみ
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ
特約(オプションの種類) 【リビングニーズ特約】
余命半年と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
【災害死亡・災害高度障害保険金】
不慮の事故で死亡・高度障害となった場合に、一時金が支給されます。
加入方法 ネットのみ
健康相談サービス あり

アクサダイレクト生命「収入保障2」のメリット

アクサダイレクト生命「収入保障2」 ここがポイント!
  • 【check】健康体割引がないため、喫煙者の方は保険料が割安に。
  • 【check】災害死亡・災害高度障害保険金をつければ、事故の場合に一時金が支給される。
  • 【check】無料でティーペック社の健康相談を利用可能。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

アクサダイレクト生命「収入保障2」はシンプルな構成が特徴です。特約を省いて保険料を安く抑えています。

メリットをひとつひとつ見ていきますね。

アクサダイレクト生命「収入保障2」は健康体割引なし。喫煙者と非喫煙者が同じ保険料。

健康体割引がないのは、喫煙者の方には大きなメリットです。

まずはこの表をご覧ください。毎月支払う保険料の一例です。

FWD富士生命「FWD収入保障」
アクサダイレクト生命収入保障2
非喫煙者
優良体
非喫煙者
標準体
喫煙者
優良体
喫煙者
標準体
2,328円 3,723円 3,875円 5,163円 3,980円

※40歳男性・保障額毎月10万円・保障期間65歳まで、支払保証期間5年で比較。

健康体割引があるFWD富士生命「FWD収入保障」との比較です。FWD富士生命「FWD収入保障」は喫煙習慣と健康状態によって保険料を4つのランクに分けてます。

各ランクの条件はこんな感じです。

非喫煙者
優良体
以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
非喫煙者
標準体
1年以内に喫煙をしておらず、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たせなかった場合。
喫煙者
優良体
1年以内に喫煙していて、BMI・血圧が非喫煙者優良体の条件を満たしている場合。
喫煙者
標準体
上記のどれにもあてはまらない場合。

※BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます。

喫煙者で血圧・BMIに自信のない方なら、アクサダイレクト生命「収入保障2」が保険料を安く抑えられる可能性が高いです。

同じく健康体割引のない収入保障保険にオリックス生命「Keep(キープ)」があります。こちらも保険料比較します。

アクサダイレクト生命「収入保障2」 オリックス生命「Keep(キープ)」
男性 女性 男性 女性
3,980円 2,800円 4,070円 2,820円

※40歳・保障額毎月10万円・保障期間65歳・確定保証期間5年で比較。

保険料は男性・女性ともにほぼ互角です。

毎月支払う保険料は保障内容が同じでも、性別や年齢によって変わってきます。40歳のケースではアクサダイレクト生命「収入保障2」の方が安くなりましたが、違う年代だとオリックス生命「Keep(キープ)」の方が安くなる可能性もあります。ここは両者を比較ですね。

アクサダイレクト生命「収入保障2」には災害死亡・災害高度障害保険金がある。

「災害死亡・災害高度障害保険金」とは不慮の事故により死亡・高度障害状態に該当したとき、基本保障とは別に一時金を受け取れる特約(オプション)です。特約(オプション)なので、つけるかつけないかは加入者が判断できます。

一時金の額は500万円~2,000万円まで選択可能です。もちろんオプションなので有料ですが、加入者の選択肢が増えるのは良いことですよね。なので、メリットとして書きました、

しかし、必要かどうかというと、微妙です。

一般の人が「災害」と聞いて思い浮かべるのは地震・台風・津波といったところですよね。しかし、「災害死亡・災害高度障害保険金」の支払事由は「不慮の事故」です。地震・台風・津波は支払事由に該当しないため、地震・台風・津波で亡くなったとしても一時金は支給されません。

支払事由である「不慮の事故」に該当する確率が最も高いのは交通事故です。あとは看板が落ちてきたりとか、砲丸投げの玉が直撃したとか、アーチェリーの矢が刺さったとか、ケースバイケースです(ふつうに生きてて遭遇する確率は低いかと…)。

そもそも基本保障である毎月定額の年金に、日々暮らせるくらいの保障額を設定するのが正しい収入保障保険の入り方です。「不慮の事故」の場合のみ支払われる一時金はあって困るものではありませんが、なくて困るものでもないでしょう。

そう考えると、「災害死亡・災害高度障害保険金」をあえてつける必要性は薄いのではないでしょうか。

アクサダイレクト生命「収入保障2」は健康相談を無料ですることができる。

アクサダイレクト生命「収入保障2」は特約(オプション)として、ティーペック社が提供する以下のサービスを無料で受けるとこができます。

  • 日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医をご紹介。
  • 医師・看護師などに24時間365日電話で健康相談。

ティーペック社の健康相談サービスで最も魅力的なのはセカンドオピニオンサービスです。

例えば、がん等で絶望的な状況に陥った場合、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなります。しかし、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスです。

日常で使うことはあまりありませんが、本当に必要なときに役に立つのがティーペック社の健康相談サービスです。無料で利用できることはメリットと言っていいでしょう。

アクサダイレクト生命「収入保障2」のデメリット

アクサダイレクト生命「収入保障2」 ここにご注意!
  • 【check】非喫煙者は保険料が割高。

デメリットはメリットの裏返しです。非喫煙者の方は、保険料が割高になる可能性が高いです健康体割引がある他社の収入保障保険を探したほうがよいでしょう。ここでもう一度先ほどの表を載せておきます。

FWD富士生命「FWD収入保障」
アクサダイレクト生命収入保障2
非喫煙者
優良体
非喫煙者
標準体
喫煙者
優良体
喫煙者
標準体
2,328円 3,723円 3,875円 5,163円 3,980円

※40歳男性・保障額毎月10万円・保障期間65歳まで、支払保証期間5年で比較。

健康体割引があるFWD富士生命「FWD収入保障」との比較です。タバコを吸わない方や、血圧・BMIに自信がある方はFWD富士生命「FWD収入保障」の方が保険料が安くなる可能性が高いです。

保険料で選ぶなら、ネオファースト生命「ネオdeしゅうほ」も選択肢になり得ます。ただし、若干クセのある収入保障保険なので、注意が必要。クセを受け入れられるのであれば、業界最安値クラスの保険料で収入保障保険に入れます。

また、損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」は契約時は喫煙者で健康体割引の条件を満たしていなくても、契約後に禁煙して健康体割引の条件を満たせば保険料が割引されます。割引されるだけでなく、過去にさかのぼって支払った保険料が戻ってきます。

  • まずはネオファースト生命「ネオdeしゅうほ]・FWD富士生命「FWD収入保障」の健康体割引の条件にあてはまるかチェックする。
  • あてはまらなければ、損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」を契約して、健康体割引の条件を満たせるようにダイエット!

という流れで比較しながら選ぶのが良いでしょう。

【おまけ】アクサダイレクト生命「収入保障2」とオリックス生命Keep(キープ)を比較してみる。

おまけです。喫煙者に優しい収入保障保険のツートップ、アクサダイレクト生命「収入保障2」とオリックス生命Keep(キープ)を比較してみます。

収入保障保険は健康体割引がある場合が多いんですけど、その中で喫煙者の味方はこの2つの収入保障保険です。喫煙者の方は、どちらかを選んでおけば無難です。

  アクサダイレクト生命
収入保障2
オリックス生命
Keep(キープ)
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
5万円~
(1万円単位で選択可能)
10万円・15万円・20万円から選択可能。
※対面販売の場合は他にも選択肢あり。
保険料を支払う期間 ・55歳まで
・60歳まで
・65歳まで
・70歳まで
以上の4つから選択可能。
ネットから申し込みだと以下の3パターンから選択。
・55歳まで
・60歳まで
・65歳まで
※対面販売の場合は10年間~35年間まで1年単位で選択可能。
保険料を支払う回数 月払のみ 月払、半年払、年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
・口座振替
・クレジットカード払
支払保証期間 2年間 or 5年間 1年間 or 5年間
保険料
(40歳・保障額毎月10万円・保障期間65歳までで比較)
男性:3,980円
女性:2,800円
男性:4,070円
女性:2,820円
特約(オプション) 【災害死亡・災害高度障害保険金】
不慮の事故で死亡・高度障害となった場合に、一時金が支給されます。
【リビングニーズ特約】

余命半年と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
【特定疾病保険料払込免除特則】
がん・急性心筋梗塞・脳卒中になった場合、以降の保険料支払いが免除されます(保障は継続)。
【年金月額上乗せ特約】
特定期間のみ保障額を上乗せできます。
【リビングニーズ特約】
余命6ヶ月と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。

両者それぞれ特徴がありますよね。保険料はほぼ互角です。選択肢が広いのはオリックス生命「Keep(キープ)」でしょうか。

ここで大切なのは保障期間(保険料を支払う期間)です。オリックス生命「Keep(キープ)」は1年単位で選択ができます。収入保障保険が必要なのはお子さんが独立するまでと考えると、細かく保障期間を決められるオリックス生命「Keep(キープ)」がおすすめできるでしょう。

ちなみに、オリックス生命「Keep(キープ)」はネットから加入すると選択肢が狭くなります。ネットでも対面でも保険料は同じ。加入するなら保障内容の説明をしっかり聞くことができて、選択肢が広くなる対面の方が安心です。

アクサダイレクト生命「収入保障2」の評価】もっとも重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:B(S、A~C)

喫煙者にはオリックス生命「Keep(キープ)」と並んだ選択肢となります。保険料はほぼ同等ですが、年代・性別によって差がつく場合もあるので、オリックス生命「Keep(キープ)」と比較しながら検討するのがよいです。

しかし、アクサダイレクト生命「収入保障2」はネット販売のみ。対面でじっくりと説明を聞くことはできません。また、保障の選択肢もオリックス生命「Keep(キープ)」よりは狭く、評価はBとしました。

ちなみに、タバコを吸わない方がアクサダイレクト生命「収入保障2」を選ぶ理由は見当たらないかなぁという印象です。健康体割引のあるFWD富士生命「FWD収入保障」、もしくは損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」だと、保険料が安くなる可能性が高いです。

アクサダイレクト生命「収入保障2」に申し込むなら。

アクサダイレクト生命「収入保障2」はネット専用の定期保険です。アクサダイレクト生命の公式サイトから申し込みできます。

公式サイト:アクサダイレクト生命「収入保障2」

ネット専用の生命保険はちょっと…、と不安を感じる方は一度対面で生命保険の専門家に説明を聞いてみましょう。保険ショップなら生命保険各社の収入保障保険を比較できますし、同じく死亡保障のある終身保険や定期保険の中から、ライフプランにぴったり合った生命保険をアドバイスしてくれますよ。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃいますよね。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。保険見直しラボは、自宅でも職場でも近所の喫茶店でもファミレスでも、どこでも訪問してくれます。もちろん訪問してくれても相談は無料です。

保険見直しラボの予約は↓から。
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

真剣
ネットで見つけたアクサダイレクト生命の収入保障保険が良さそうなんですけど、他にいいのあります?

保険ショップにはこんな相談が山ほどきます。ネットで探す人が増えてますが、やっぱり不安なんですよね。ネットで見つけた生命保険の評価を専門家に聞いてみる方は本当に多いです。

ちなみに、ネット専業の生命保険はあまり契約が伸びていません。生命保険は長いつきあいになります。そんな生命保険をネットだけの情報で決めてしまってよいのか、みんな不安なんですよ。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、やっぱりアクサダイレクト生命の収入保障保険にしてみます!」

と、お断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:アクサダイレクト生命「収入保障2」

タバコを吸う方なら、オリックス生命「Keep(キープ)」と並んだ選択肢となります。オリックス生命「Keep(キープ)」と比較しながら、検討するのがよいでしょう。

しかし、タバコを吸わない方にとって、アクサダイレクト生命「収入保障2」を選ぶ理由は見当たらないかなぁという印象です。健康体割引のあるFWD富士生命「FWD収入保障」、もしくは損保ジャパン日本興和ひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」だと、保険料が安くなる可能性が高いです。全部まとめて比較ですね。

保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする