【評価S】メディケア生命「メディフィットがん保険」デメリットと評価

メディケア生命「メディフィットがん保険」は治療ベースのがん保険です。

オーソドックスながん保険は「入院1日につき1万円!」といった入院ベースのがん保険ですが、最近は「抗がん剤治療を受けたら月10万円!」といった治療ベースのがん保険が増えつつあります。

そして、治療ベースのがん保険としては最後発組なので、他社のがん保険をうまいこと良いとこ取りしてます。欧米では承認されているものの、日本では未承認で健康保険適用外(全額自己負担)となる最新の抗がん剤治療(自由診療)が保障対象に含まれていたり、それでいて保険料は微妙に安くしていたり。

メディケア生命「メディフィットがん保険」ここがポイント
  • 治療ベースのがん保険です。治療を受ける都度、一時金が給付されます。
  • 保険料は平均より若干安めです。
  • 健康保険適用外となる自由診療の抗がん剤治療が保障対象となります。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. 先進医療特約の保障内容。保険料が一生涯変わらない終身型であること、保障額上限が2,000万円であること。できれば一時金を受け取れることの3点が重要です。
  2. がん診断一時金の給付条件。がん診断一時金の給付条件は生命保険各社バラバラです。差が出るのは一時金の2回目以降の給付条件です。2回目以降の給付間隔が1年で、給付条件に通院が含まれているのがベストです。
  3. 通院保障の保障期間。通院保障の保障期間も生命保険各社バラバラです。最近のがん治療は入院が短期化しており、その代わりに通院が長期化しています。
  4. 抗がん剤治療の保障範囲。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっていればベストです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、メディケア生命「メディフィットがん保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
先進医療特約の保障内容 タイプ:終身型
保障額上限:2,000万円
一時金:15万円
A
がん診断一時金の給付条件 給付回数:無制限
給付間隔:1年or2年(選択可能)
1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院・通院
S
通院保障 給付回数:無制限
保障期間:入院前90日と退院後2年
上皮内がん:対象
A
抗がん剤治療の保障範囲 自由診療となる抗がん剤治療も保障対象。 A

冒頭書いたとおり治療ベースで保障するがん保険です。がん保険は大きく以下の3つのタイプに分かれます。

  1. 入院日数をベースに治療費をカバーするタイプのがん保険。
  2. 治療費を一時金でカバーするタイプのがん保険。
  3. 治療ベースで給付金を給付するタイプのがん保険。

最近はがんの入院日数が短期化しているため、2・3が増えつつあります。メディケア生命「メディフィットがん保険」は典型的な「3」のタイプ。現在の医療状況にあったがん保険ですね。

しかも、オプションの種類が豊富で上表のとおり診断一時金や通院保障も追加できます。さらに保障内容はどちらも秀逸。自由診療となる抗がん剤治療・ホルモン剤治療や、患者申出療養も保障対象にできます。見事に他社のがん保険の良いとこどりしてます。

ちなみに、がん保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

がん保険おすすめ比較ランキング

がん保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

メディケア生命「メディフィットがん保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【抗がん剤治療給付金】
抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
自由診療抗がん剤治療給付金】
自由診療となる抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【がん放射線治療給付金】
放射線治療を受けたときに定額が給付されます。
【がん手術給付金】
がんによる手術を受けたときに定額が給付されます。
【がん骨髄移植給付金】
がんによる骨髄移植を受けたときに定額が給付されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【先進医療・患者申出療養特約】
健康保険が適用されない先進医療・患者申出療養の技術料と一時金が給付されます。
【がん診断特約】
がんと診断された場合に一時金が給付されます(2回目以降は入院・通院が条件)。
【がん保険料払込免除特約】

がんと診断された場合に、以降の保険料支払いが免除されます。
【がん通院治療特約】
通院1日に対し、定額が給付されます。
【がん入院特約】
入院1日に対し、定額が給付されます。
【女性がん手術特約】
女性の特定のがんの手術・乳房再建術を受けたとき、一時金が給付されます。
【がん緩和ケア特約】
緩和ケアを受けた月に定額が給付されます。
保険料を支払う期間 55歳まで・60歳まで・65歳まで・70歳まで・75歳まで・80歳まで・終身払(一生涯)から選択可能。
保険料を支払う回数 月払・半年払・年払から選択可能。
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面・郵送・ネット

【メディケア生命「メディフィットがん保険」】保障内容を評価します。

がん保険は各社趣向を凝らした特約をラインナップしてます。それはもうラインナップし過ぎてどれが必要で、どれが不要かわからなくなるほどです。

メディケア生命「メディフィットがん保険」も様々な特約があります。その特約ひとつひとつを評価していきたいと思います。

【基本保障】抗がん剤治療給付金/自由診療抗がん剤治療給付金/がん放射線治療給付金/がん手術給付金/がん骨髄移植給付金

繰り返しになりますがメディケア生命「メディフィットがん保険」は基本保障が治療ベースです。基本保障は以下のとおり。

給付金 給付額 給付条件 給付間隔
抗がん剤治療給付金 2万円~30万円の範囲で選択可能。
(1万円単位)
公的医療保険制度の給付対象となる抗がん剤治療を受けたとき。 月1回
自由診療抗がん剤治療給付金 抗がん剤治療給付金の2倍 自由診療となる下記の抗がん剤治療を受けたとき。
・先進医療の対象となる抗がん剤治療
・患者申出療養の対象となる抗がん剤治療
・欧米で承認されている所定の抗がん剤治療
月1回
(最大24回)
がん放射線治療給付金 抗がん剤治療給付金と同額 公的医療保険制度の給付対象となる放射線治療を受けたとき。 60日に1回
がん手術給付金 抗がん剤治療給付金と同額 公的医療保険制度の給付対象となるがんによる手術を受けたとき。 回数無制限
がん骨髄移植給付金 抗がん剤治療給付金と同額 公的医療保険制度の給付対象となるがんによる骨髄移植を受けたとき。 回数無制限

がんの3大治療は「手術・放射線・抗がん剤」なんてことを言われてますが、基本保障で3大治療全てカバーできます。基本保障はⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型だとがん手術給付金とがん骨髄移植給付金が保障対象外になりますが、手術を保障対象外とするのは不安が残ります。Ⅱ型一択でしょう。

そして大きな特徴は自由診療となる抗がん剤治療が保障対象となる点です。欧米では承認されているものの、日本では未承認となっている抗がん剤治療をした場合に一時金が給付されます。

がん治療は日々進化していますが、抗がん剤治療の承認は欧米が一歩進んでいます。欧米で承認されたものの、日本では未承認の抗がん剤は数多くあり、使用した場合の治療費は全額自己負担となるため、かなりの出費になります。

これまでのがん保険は自由診療となる抗がん剤治療は保障対象外となることが多かったんですが、最近は保障対象とするがん保険が増えてきました。メディケア生命「メディフィットがん保険」も他社のいいとこ取りで保障対象になっています。この点はメリットですね。

ちなみにですが、チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」FWD富士生命「がんベスト・ゴールド」も自由診療となる抗がん剤治療を保障対象にしてます。違いはその保障限度額。かんたんにまとめます。

メディケア生命:抗がん剤治療給付金の2倍×24回
チューリッヒ生命:抗がん剤治療給付金の4倍×12回
FWD富士生命:保障期間通算3,000万円

抗がん剤治療給付金は10万円程度を設定することが多いので、FWD富士生命がダントツで大きな保障額になることがわかります。自由診療の抗がん剤治療が保障対象としたい方は、WD富士生命「がんベスト・ゴールド」も要チェックです。

【重要です】先進医療・患者申出療養特約

健康保険が適用されない先進医療・患者申出療養を受けた際に一時金が給付される特約です。先進医療・患者申出療養の治療費は数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上で欠かせない特約です。

給付額 給付条件
・先進医療、患者申出療養の技術料実費(保障期間通算で2,000万円まで保障)
・一時金15万円
先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障期間通算で2,000万円まで保障。
  • 【GOOD!】一時金15万円の給付あり。
  • 【GOOD!】がん以外の治療も保障対象。
  • 【GOOD!】患者申出療養も保障対象。

保障内容は他社の先進医療特約よりも優れています。

他社の先進医療特約は保障期間通算500万円とか1,000万円までの保障もあり、2,000万円は手厚い保障です。

また、先進医療を対応できる病院は限られているため、遠方に移動することもあり得ます。一時金はその場合の宿泊費・交通費に使われることを想定しています(一時金が給付されないがん保険もあります)。

そして、大きなメリットはがん以外の先進医療も保障対象となる点です。医療保険の先進医療特約はがん以外の先進医療も保障対象となりますが、がん保険の先進医療特約はがんに限定されることが多かったんです。この点もメリットですね。

そしてもうひとつ画期的な試みが患者申出療養も保障対象となる点です。

患者申出治療とは健康保険が適用される範囲に有効な治療法がない場合、患者が国に申し出ることで治療実施が認められる制度です。治療費は全額自己負担です。

実際患者申出治療を実施するケースはかなり稀で、制度開始から1年半の間で相談があったのが78件、実施されたのが4件。いまのところはあまり有効な保障内容ではありませんが、将来的にメジャーな制度となる可能性もあります。

参考:厚生労働省ホームページ

患者申出療養が保障対象となってる点は将来に向けても安心かと。

先進医療・患者申出療養特約は他社と比較して優れています。基本的にはつけておくべきオプションです。

【重要です】がん診断特約

がんと診断された場合に一時金が給付される特約です。減ってしまった収入の補填や、治療費等、どんな用途にでも使える一時金です。

給付額 給付条件 給付間隔 上皮内がん
10万円から100万円の範囲で選択可能 【1回目】がんと診断された場合。
【2回目以降】がんで入院・通院した場合。
1年or2年
(給付回数無制限)
保障対象

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】給付間隔が1年に1回で給付回数無制限。保険料を安くしたい場合は2年に1回も選択可能。
  • 【GOOD!】上皮内がんでも同額保障額。
  • 【GOOD!】2回目以降の給付条件に通院が含まれている。入院していなくても保障対象。

ほぼほぼパーフェクトな保障内容です。

他社だと給付間隔が2年に1回で給付回数5回までといった制限があることもありますが、メディケア生命「メディフィットがん保険」は1年に1回が選択可能で回数無制限。しっかりした保障内容です。

また、上皮内がんも同額保障。他社だと半額保障になることもあり、この点もメリットですね。特に乳がんは上皮内がんであっても通常のがんと同程度の治療費がかかることもあります。女性は注意です。

上皮内がんとはがんの初期段階です。サッと手術で切り取ってしまえば完治する可能性が高く、保障対象外としているがん保険も多数あります。

2回目以降の給付条件に通院が含まれている点も安心です。生命保険文化センターによると、がん系の入院は下記のとおり平均20日未満で退院できます。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

がんの入院は短期化する傾向にあり、代わりに自宅療養しながら通院で治療するケースが増えてきています。

なので、2回目以降の給付条件が入院に限定されていると、がんの治療を受けているのに一時金が給付されないケースもあります。通院が条件に含まれている点も安心です。

ただ、メディケア生命「メディフィットがん保険」は基本保障がしっかりしているので、がん診断特約を追加する必要があるかというと微妙です(がん診断一時金は特約保険料がちょっと高め)。

・がんで働けなくなって収入減少したら生活できなくなる!

といった方なら必要かと思いますが、

・(配偶者が働いてるとか、貯金があるとかの理由で)がんで働けなくなっても生活はなんとかなるし、治療費だけがん保険でカバーできればよい。

という方なら不要、もしくは給付間隔を2年に1回にして保険料を安くして追加してもよいですね。選択肢の広さもメリットです。

【そんなに重要じゃありません】がん保険料払込免除特約

よくCMでみる「以降の保険料は頂きません!」っていう保障です。

がんと診断された場合に、以降の保険料支払いが免除されるのですが、メディケア生命「メディフィットがん保険」はそもそも保険料が安いため、あまり効果的ではありません。つける必要性は低いでしょう。

ちなみにですが、上皮内がんでも保険料払込免除の対象となります。条件はかなり良いです。

【そこそこ重要です】がん通院治療特約

がんでの通院1日あたりに定額が給付される特約です。通院時の医療費に充てられることが多く、長期間の通院を保障できるかが重要です。

給付額 給付条件 保障期間 上皮内がん
通院1日あたり1,000円~20,000円の反映で選択可能。
(1,000円単位)
・入院日の前日から90日以内の通院
・退院日の翌日から2年以内の通院
日数無制限 給付対象

他社との違いは入院前の通院も保障対象になる点です。

他社だと入院して退院した後の通院のみ保障されることが多いのですが、メディケア生命「メディフィットがん保険」は入院前の通院も保障対象となります。がんの治療は何度か通院して検査を重ねた後に入院となるケースが多く、入院前の通院が保障対象となっている点は安心ですね。

まぁでもメディケア生命「メディフィットがん保険」は基本保障だけでがんの治療は概ねカバーされています(もちろん通院での治療も保障対象)。ということを踏まえれば、がん通院治療特約の優先度は低めでしょう。

【そんなに重要じゃありません】がん入院特約

給付額 給付条件 保障期間 上皮内がん
入院1日あたり2,000円~20,000円の反映で選択可能。
(1,000円単位)
入院したとき。 無制限 給付対象

がんの治療は入院が短期化し、その分自宅療養をしながらの通院が長引く傾向にあります。入院日数の平均は以下のとおりです。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

参考にしたのは生命保険文化センターです。がん系の入院は平均20日未満で退院できます。意外と短いですよね。

ということで、以下の理由からメディケア生命「メディフィットがん保険」でがん入院特約をつける必要性は薄いというのが個人的な見解です。

  • 入院中の治療(手術・抗がん剤・ホルモン治療・放射線治療)に対して基本保障で毎月定額が給付される。
  • がんの入院は短期化する傾向にある。

【重要です】女性がん手術特約

給付額 給付条件 保障期間 上皮内がん
手術1回あたり1万円~30万円の反映で選択可能。
(1万円単位)
以下の手術を受けたとき。
・乳房手術
・子宮摘出術
・卵巣摘出術
・乳房再建術
回数無制限 給付対象

女性特有の手術を保障する特約です。基本保障のがん手術給付金に上乗せされて、女性がん手術特約の保障額が給付されます。

対象はどれも精神的なダメージの大きい手術です…。このような女性特有の手術に対して保障額を上乗せさせても意味がない(かかる医療費は通常のがん手術と同じ)という意見もあるんですが、経済的な不安を少しでも取り除くことができるのなら、追加する意味は大きいと私は感じています。

特に、乳房再建術は健康保険が適用されない美容的な手術を受けたくなることもあります。保障内容は悪くないですし、保険料も高くないので、必要性を感じるのなら追加するべき特約です。

【そんなに重要じゃありませんが…】がん緩和ケア特約

給付額 給付条件 上皮内がん
1万円~30万円/月の範囲から選択可能。
(1万円単位)
所定の緩和ケアを受けたとき。(月1回を限度に保障期間通算24回まで給付) 給付対象

「緩和ケア」と言うのが耳慣れない言葉ですが、がんの痛みを和らげる治療になります。本当の末期で助かる見込みがなくなり、痛みだけでも緩和させていくような治療ですね。

緩和ケアは健康保険が適用されます。基本保障はがんの3大治療(手術・抗がん剤・放射線)は含まれていますが、緩和ケアは対象外。治療の方法がなくなったような末期だと何も保障されません。

また、緩和ケアを受けるくらいがんが進行していれば、

「思い残すことなくこの世を去りたい…」

といった考えも浮かんでくるかもしれません。その際に例えばがん緩和ケア特約から毎月10万円給付されれば、やれることも広がってくるかと。

必要性は個人の価値観に大きく左右される特約です。要不要を簡単に判断できない特約です。

【使えます】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなります。しかし、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスはかなり役に立ちます。

メディケア生命「メディフィットがん保険」はティーペック社と提携してセカンドオピニオンサービスを無料で提供してます。

ちなみに、個人で加入するとティーペック社の月額利用料は1万円を超えます。月額1万円を超えるサービスを無料で利用できるのは大きなメリットですよね。

まとめます。

僕がメディケア生命「メディフィットがん保険」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:抗がん剤治療給付金10万円(Ⅱ型)
  • 特約:先進医療・患者申出療養特約、がん診断特約50万円(1年に1回)

抗がん剤治療給付金は月10万円でⅡ型(手術も保障対象)とします。高額医療費制度があれば、10万円で十分でしょう。これでがんの3大治療(手術・抗がん剤・放射線)はカバーされます。

あとは、収入減に備えてがん診断特約を追加。2年に1回だと再発・転移が不安なので1年に1回としました。

これで40歳男性の保険料は月2,699円、40歳女性は月2,864円。治療ベースのがん保険としては高くはありません。

がん保険の相談は保険ショップで!保険ショップの予約は↓からできます!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

メディケア生命「メディフィットがん保険」のデメリット

メディケア生命「メディフィットがん保険」ここにご注意!
  • 【check】保険料が…。

保障内容は他社の良いとこ取りしているメディケア生命「メディフィットがん保険」ですが、保険料はどうなのでしょうか。ここで他社と保険料を比較してみます。

比較対象は同じく治療ベースのがん保険であるチューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」です。

メディケア生命
メディフィットがん保険
チューリッヒ保険
終身ガン治療保険プレミアムZ
保障内容 抗がん剤治療10万円
自由診療抗がん剤20万円
放射線治療10万円
手術10万円
骨髄移植10万円
緩和ケア10万円
女性がん手術5万円
先進医療・患者申出療養特約
抗がん剤治療10万円
自由診療抗がん剤20万円
放射線治療10万円
手術10万円
治療関連5万円
緩和ケア5万円
女性がん手術5万円
先進医療特約
40歳男性保険料 1,579円/月 2,190円/月
40歳女性保険料 1,964円/月 2,020円/月

保障内容はだいたい合わせましたが、どうしても微妙な違いはあるのでこの保険料比較はご参考程度に。この例だと保険料が安くなるのはメディケア生命「メディフィットがん保険」の方ですね。特に男性が安い。

ということで、デメリットに書きましたがメディケア生命「メディフィットがん保険」の保険料は決して高くありません。平均よりやや安めと言っていいでしょう。

メディケア生命「メディフィットがん保険」のメリット

メディケア生命「メディフィットがん保険」ここがポイント!
  • 【check】自由診療となる抗がん剤・自由診療ホルモン剤治療が保障対象となる!
  • 【check】患者申出療養も保障対象!
  • 【check】がん診断特約の一時金2回目以降の給付条件に通院が含まれている!
  • 【check】上皮内がんでも全て保障対象!

全て上述しているので詳細は繰り返しませんが、見事に他社のいいとこ取りしてます。最後発だけあって、現在のがん保険の決定版になり得るがん保険ですね。

自由診療の抗がん剤治療も保障対象となりますし、がん診断一時金の給付条件も秀逸。上皮内がんも通常のがんと同等の保障です。ちょっと欠点見当たらないかも…。

メディケア生命「メディフィットがん保険」の評価。

評価:「S」(S、A~Cで判定)。

最近増えつつある治療ベースのがん保険としては決定版かと。他社のいいとこ取りをしていて、さらに新しい試みもあります(患者申出療養とか、診断一時金の給付間隔選択制とか)。がん保険を検討されているのなら、間違いなく選択肢に入るがん保険でしょう。

よって評価は「S」としました。

がん保険には他にも入院をベースに保障するタイプや、診断一時金をベースに保障するタイプもあります。治療ベースとしてはトップランナーのメディケア生命「メディフィットがん保険」ですが、他のタイプと比較するなら、

●がん診断一時金に重点を置くなら、給付間隔・給付条件ともに素晴らしい(そして保険料も安めな)朝日生命「スマイルセブンSuper」

●入院・通院・各種治療に対するバランスが良く、一時金の給付間隔も1年。保険料もそこそこ安く収まる三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

●女性特有のがんの手術を手厚く保障できて、しかも自由診療となる抗がん剤治療を3,000万円まで保障する画期的なFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」

あたりがおすすめです。

メディケア生命「メディフィットがん保険」に加入するなら。

メディケア生命「メディフィットがん保険」はご近所の保険ショップから加入できます。

割と幅広い保険ショップで取り扱っているので、みなさんのご自宅近くの保険ショップで相談できる可能性は高いです。

けれども、フラッと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、メディケア生命の生命保険取り扱ってないですよ」

なんて言われてら悲しいですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。いまは取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができる時代です。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。予約も簡単で、自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

さらに、ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。ニアエルに掲載されている保険ショップなら、実際に利用した方の口コミも掲載されてますし、通報があれば掲載停止もあり得ますし、まず安心かと。

もちろん保険ショップでの相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておくと相談がスムーズに進みます。

  • 予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
  • 事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。

特に2点目です。事前に相談内容を伝えておけば、星の数ほどある保険のなかから、希望に合いそうなやつをピックアップしてお出迎えしてくれます。

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:メディケア生命「メディフィットがん保険」

ちょっと欠点が見当たらないなあというがん保険です。がん保険を検討されているのなら、どんな方でも候補に入れるべきでしょう。

ちなみにですが、メディケア生命って聞いたことない方が大半かと思います。

「聞いたことのない保険会社なんて不安…」

って感じる方もいらっしゃるかと思いますが、メディケア生命は住友生命の子会社で、主に保険ショップで販売される生命保険を開発しています。バックに大手がいるのでそんなに不安になる必要もないでしょう。

メディケア生命「メディフィットがん保険」は全国の保険ショップで加入できます。保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする