【評価C】ソニー生命の収入保障保険「家族収入保険」デメリットと評価

ソニー生命にしてはシンプルな構成の収入保障保険「家族収入保険」。

万が一の場合には、年金のように毎月定額を受け取れる保険なのですが、ソニー生命「家族収入保険」は有料オプションを追加すれば介護・障害状態となった場合も保障対象にすることができます。

ソニー生命「家族収入保険」ここがポイント
  • 死亡保障のある収入保障保険です。保険料は掛け捨てです。
  • タバコを吸わない、血圧・体型・尿検査結果が標準値内といった条件を満たせば保険料が割引になりますが、それでも保険料は業界最安値水準とはなりません。
  • 有料オプションを追加すれば介護・障害状態となった場合に備えることもできます。

収入保障保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

収入保障保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の3点です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 支払保証期間(確定保証期間)。支払保証期間とは、保険期間を超えて保険金が支払われる期間です。少なくとも、2年程度の支払保証期間があることが理想です。
  3. 働けなくなるリスクにも備えられるか。収入保障保険は死亡保障がメインとなる保険ですが、オプションをつければ働けなくなった場合の保障を受けることができるようになる場合があります。

まずはざっと概要を書いておきます。上の3点について、ソニー生命「家族収入保険」の概要と評価は以下のとおりです。

35歳の月額保険料
(保険金額毎月20万円、支払保証期間2年、保障期間60歳まで)
男性:4,340円
女性:3,360円
※健康体割引適用時の保険料。
評価C
支払保証期間
(確定保証期間)
2年間 or 5年間 評価A
就労不能特約 あり 評価A

最近主流の健康体割引のある収入保障保険です。喫煙習慣・血圧・体型・尿検査結果の条件を満たせば、保険料が割引になります。

まぁ割引が適用されたとしても業界最安値水準の保険料にはならないかなと。

結論から言いますが、ソニー生命「家族収入保険」を検討されている方はT&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」、及びFWD富士生命「FWD収入保障」との比較は必須だと考えます。

FWD富士生命にも同じような健康体割引があり、条件を満たせば業界最安値水準の保険料になります。T&Dフィナンシャル生命にも健康体割引がありますが、割引が適用されない場合の保険料が安い。両社との比較は必須です。

また、FWD富士生命は有料オプションを追加すれば介護・障害状態に備えることができます。条件はFWD富士生命の方が若干ゆるいかなあといった印象です。

ちなみに、収入保障保険は下記リンク先で比較しています。こちらもご参考に。

収入保障保険のおすすめ比較ランキング

収入保障保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

ソニー生命「家族収入保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の収入保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【収入保障保険】
・死亡、高度障害時に毎月定額で保険金を受け取れます(一括で受け取ることも可能です)。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
選択できる保険金額
(死亡・高度障害時に受け取れる金額)
毎月最低5万円から1万円単位で選択可能。
保険料を支払う期間 保障期間に連動(前倒しで払込完了することも可能)。
保険料を支払う回数 月払、年払、半年払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間に連動(前倒しで払込完了することも可能)。
特約(オプションの種類) 【生活保障特則14】
介護・障害状態となった場合に毎月年金を受け取れます。
【リビングニーズ特約】
余命半年と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
【保険料払込免除特約】
がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の条件を満たした場合に、以降の保険料支払いが免除されます。
加入方法 対面のみ
健康相談サービス なし

ソニー生命「家族収入保険」のメリット

ソニー生命「家族収入保険」 ここがポイント!
  • 【check】健康体割引あり。喫煙習慣・血圧・体型・尿検査結果の条件を満たせば保険料が割引になる。
  • 【check】生活保障特則14をオプションで追加すれば、介護・障害状態に備えることもできる。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メリットの1点目・2点目について説明していきます。

ソニー生命「家族収入保険」は健康体割引あり。条件を満たせたば保険料が割安に!

ソニー生命「家族収入保険」は喫煙習慣・血圧・体型(BMI)・尿酸値によって保険料が分かれます。具体的には下表の4つのランクに分けています。

非喫煙者優良体 以下の条件を全て満たす場合。
①1年以内に喫煙していない(喫煙検査あり)。
②40歳未満かつ血圧の上が90mmHg以上135mmHg未満、下が90mmHg未満。
または
40歳以上かつ血圧の上が90mmHg以上140mmHg未満、下が90mmHg未満。
③18.0≦BMI≦26.9(BMIは「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で求められます)
④尿酸値が以下の条件を満たすこと。
蛋白:[-]もしくは[±] 糖:[-]もしくは[±] 潜血:[-]もしくは[±]
非喫煙者標準体 上記の①は満たしていて、②③④のどれかを満たしていない場合。
喫煙者優良体 上記の①は満たしてなくて、②③④の全てを満たしている場合。
上記以外 上記のどれにもあてはまらない場合。

最も保険料が安くなるのは非喫煙者優良体です。他社にも同じような健康体割引はありますが、他社と比較して条件は平均的でしょう。

珍しいのは尿検査の結果が条件となっている点ですね。とはいっても、[-]は陰性、[±]は要注意なので、条件は厳しくありません。

ここで他社と条件を比較してみます。比較対象は同じく健康体割引のあるT&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」です。

非喫煙者健康体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以上たばこを吸ってない。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
(20歳~39歳は上が135mmHg、下が85mmHg未満)
喫煙者健康体 以下の条件を全て満たす場合。
・1年以内にたばこを吸ったことがある。
・18.0<BMI<27.0
・血圧の上が140mmHg、下が90mmHg未満。
(20歳~39歳は上が135mmHg、下が85mmHg未満)
標準体 上記のどれにもあてはまらない場合。

T&Dフィナンシャル生命はランクが3つしかありませんが、条件はほぼ同じです。大きな違いはソニー生命「家族収入保険」だけにある尿検査結果です。

続いて保険料を比較してみます。比較対象は同じくT&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」とします。35歳が毎月20万円の保険金額で保障期間60歳までの条件で契約した場合の毎月支払う保険料を比較してみます。

まずは男性から。

T&Dフィナンシャル生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
3,620円 5,000円 5,160円
ソニー生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
4,600円 6,000円 5,520円 6,520円

続いて女性です。

T&Dフィナンシャル生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
3,060円 3,700円 3,820円
ソニー生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
3,500円 4,480円 4,160円 4,880円

この例だとT&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」の方が保険料は安くなりました。

ということで、ソニー生命「家族収入保険」は割引が適用されたとしても、業界最安値水準になるとは限りません。メリットとして割引が適用されることを書きましたが、必ずしも業界最安値水準とはならないことに要注意です。

それと、保険料で選ぶならFWD富士生命「FWD収入保障」が最有力な選択肢となります。全く同じ保障内容で比較はできないので参考程度になりますが、FWD富士生命「FWD収入保障」の35歳の保険料は下表のとおりです。毎月10万円の保険金額で保障期間65歳までの条件で契約した場合に毎月支払う保険料です。

非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
男性 2,202円 3,290円 3,493円 4,607円
女性 1,891円 2,955円 2,625円 3,695円

タバコを吸わない方で血圧とBMIが標準値内であれば、収入保障保険はFWD富士生命「FWD収入保障」の一択です。他社の収入保障保険より頭一つ飛びぬけてる感があります。

ソニー生命「家族収入保険」は介護・障害状態に備えることもできる。

ソニー生命「家族収入保険」は有料オプションである「生活保障特則14」を追加すれば、介護・障害状態に備えることもできます。保障条件は下表のとおりです。

障害 以下のいずれかに該当した場合。
①所定の高度障害状態
②障害等級1級~3級に該当し、かつ身体障害手帳1級~3級の交付があったこと。
介護 以下のいずれかに該当した場合。
①所定の介護状態
②要介護2以上に認定

条件は悪くありません。他社と比較して平均的と言っていいでしょう。

ここも比較してみます。FWD富士生命「FWD収入保障」にも同じような「生活支援特則」という有料オプションがあります。保障条件は下表のとおりです。

障害 以下のいずれかに該当した場合。
①所定の高度障害状態
②障害等級1級~4級に該当
介護 以下のいずれかに該当した場合。
①所定の介護状態
②要介護1以上に認定

条件が緩いのはFWD富士生命の方ですね(障害は等級の数字が小さいほど、介護は数字が大きいほど状態が悪くなります)。FWD富士生命は程度の軽い障害等級4級、要介護1から保障対象です。

一方で、ちょっと気になるのがソニー生命の「かつ身体障害手帳1級~3級の交付があったこと」という条件です。

とても紛らわしいのですが、身体障害者福祉法の障害等級と身体障害手帳の等級は別物です。全く別の制度です。

例えば、人工肛門の場合に身体障害手帳だと4級、身体障害福祉法では3級です。なので、ソニー生命の「身体障害手帳1級~3級の交付」には該当せず、保障対象外になる可能性が高いです。

それがFWD富士生命は障害等級1~4級まで保障対象。なので、しっかり保障されます。微妙な違いですが、この点は注意しておきましょう。

ソニー生命「家族収入保険」のデメリット

ソニー生命「家族収入保険」 ここにご注意!
  • 【check】全般的に保険料は安くない。

もう一度同じ表を載せますが、保険料で収入保障保険を選ぶなら、他社の収入保障保険との比較は必須です。

【35歳男性】

T&Dフィナンシャル生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
3,620円 5,000円 5,160円
ソニー生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
4,600円 6,000円 5,520円 6,520円

【35歳女性】

T&Dフィナンシャル生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 標準体
3,060円 3,700円 3,820円
ソニー生命 非喫煙者優良体 喫煙者優良体 非喫煙者標準体 喫煙者標準体
3,500円 4,480円 4,160円 4,880円

収入保障保険を選ぶ上で保険料は最も重要な要因です。保障条件が白黒はっきり(生きるか死ぬか)している収入保障保険は、保険料以外に差をつけにくいんです。

タバコを吸わない方で血圧・体型(BMI)が標準値の方は、FWD富士生命「FWD収入保障」を軸に比較してみることがおすすめです。健康体割引の条件を満たせば、現状最安値の収入保障保険はFWD富士生命です。

また、FWD富士生命の健康体割引の条件を満たせない場合は、T&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」、もしくはオリックス生命「Keep(キープ)」を軸に検討してみましょう。T&Dファイナンシャル生命は健康体割引が適用されなくても保険料が比較的安く、オリックス生命はそもそも健康体割引が無いので、喫煙者も非喫煙者も保険料は同じです(結果的に喫煙者が安くなる)。

【ソニー生命「家族収入保険」の評価】最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:C(S、A~C)

健康体割引はありますが、割引が適用されても保険料は業界最安値水準とはなりません。また、有料オプションを追加すれば介護・障害状態を保障対象とできますが、条件は平均的。

個性のある他社の収入保障保険との比較は必須と感じます。よって評価は「C」としました。

繰り返ししますが、

・タバコを吸わない方で血圧・体型(BMI)が標準値の方は、FWD富士生命「FWD収入保障」。介護・障害状態の保障も充実してます。

・タバコを吸う、もしくは血圧・体型(BMI)に自信のない方はT&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」、もしくはオリックス生命「Keep(キープ)」。

ここらへんと比較しておけばまず安心かと。

それと、SOMPOひまわり生命「リンククロスじぶんと家族のお守り」は契約時にはタバコを吸っていたり、血圧や体型が標準値から外れていて健康体割引の条件を満たしていなくても、契約後に健康体割引の条件を満たせば保険料が割引されます。割引されるだけでなく、過去にさかのぼって支払った保険料が戻ってくるという仕組みがあります。これから禁煙とダイエットを考えている方なら、おすすめできる収入保障保険です。

ソニー生命「家族収入保険」の相談をするなら。

ソニー生命は幅広い保険ショップで取り扱っています。みなさんのご自宅近くの保険ショップでも取り扱ってる可能性が高いです。

けれども、ふらっと保険ショップに立ち寄ってみて、

「うち、ソニー生命取り扱ってないですよ!」

なんて言われたら立ち直れないですよね。そんなことがないように事前に調べておきましょう。

また、ソニー生命「家族収入保険」の相談をするのなら、FWD富士生命・T&Dフィナンシャル生命・オリックス生命の3社も取り扱っている保険ショップで比較してもらいましょう。保険相談ニアエルというサイトを使えば、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。予約も簡単で、自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

さらに、ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。ニアエルに掲載されている保険ショップなら、実際に利用した方の口コミも掲載されてますし、通報があれば掲載停止もあり得ますし、まず安心かと。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

保険見直しラボが取り扱っている保険会社数は30社を超えます。選択肢の広さが大きなメリットです。

また、訪問型なので、自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のためお伝えしておくと、保険見直しラボはソニー生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがソニー生命・FWD富士生命・オリックス生命を含む30社以上の保険を取り扱うことができるのでご安心を(T&Dフィナンシャル生命は取り扱っていません)。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:ソニー生命「家族収入保険」

健康体割引はありますが、割引が適用されても保険料は業界最安値水準ではありません。また、有料オプションを追加すれば介護・障害状態を保障対象にできますが、身体障害手帳の等級という他社にはあまり見られない条件もあります。介護・障害状態を保障対象としたい場合も、他社との比較はしておいた方がよいでしょう。

・タバコを吸わない方で血圧・体型(BMI)が標準値の方は、FWD富士生命「FWD収入保障」。介護・障害状態の保障も充実してます。

・タバコを吸う、もしくは血圧・体型(BMI)に自信のない方はT&Dフィナンシャル生命「家計にやさしい収入保障」、もしくはオリックス生命「Keep(キープ)」。

ここらへんと比較しておけばまず安心かと。

生命保険の比較は保険ショップでできます。ソニー生命「家族収入保険」を含めた収入保障保険の比較は保険ショップで。保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする