【収入保障保険の選び方】契約前チェック必須な3つポイント【これで十分】

迷う
収入保障保険ってたくさんあって、どれに入ったらいいのかわかんないなぁ。選ぶポイントってあるのかなぁ…

収入保障保険はこんな特徴がある保険です

  • 死亡保障がある(死亡、もしくは高度障害時にお金を受け取れる)。
  • 貯蓄性はない(保険料は掛け捨て)。
  • 保険料は割安。

収入保障保険と同じく、死亡保障を持つ保険に終身保険と定期保険があります。収入保障保険と合わせて特徴をまとめます。

保障内容 保険料 貯蓄性 死亡時の保険金受け取り方
終身保険 死亡保障 高い あり
(解約時に戻ってくる)
一括
収入保障保険 死亡保障
(働けなくなった場合を保障するタイプもあり)
安い なし 分割
(年金方式)
定期保険 死亡保障 真ん中 なし 一括
(年金方式で受け取れる場合あり)

終身保険:掛け捨ての保険なんてありえない!保険料が高くなってもいいから、貯蓄性のある生命保険に入りたい!

収入保障保険:保険料はとにかく安く!でも、万が一の場合に、一括で大金を受け取るのがちょっと不安。年金みたいに毎月定額で、少しづつ受け取りたい。

定期保険:保険料はとにかく安く!万が一の場合には、まとまったお金が必要になる(ローンや借金の返済?)。

分割(年金方式)で保険金を受け取れるのが大きな特徴ですよね。毎月10万円とか、決まった金額が支給されるので、計画が立てやすいというメリットがあります。

ただ、定期保険や終身保険と比較すると、まだまだ影が薄い存在です。子育て世代にぴったりの保険なんですけどね。

この記事では、収入保障保険を探している方に向けて、収入保障保険を選ぶ際のポイント3点について解説します。

収入保障保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

【収入保障保険の選び方①】まずは保障額(保険金額)と保障期間を決める。決めた上で、毎月支払う保険料を比較する。

保障額が大きければ、そして保障期間が長ければ、それだけ毎月支払う保険料も大きくなっていきます。なので、保障額と保障期間を必要十分に抑えるのが保険料の無駄を省く大きなポイントです。

必要な保障額ってどれくらい?

じゃあ必要十分な保障額はいくら?ってことになりますが、ざっくり書くと以下のとおりです。

必要な保障額(毎月)= 毎月の生活費 ー 毎月の遺族年金 - 遺族の毎月の収入

遺族年金については下に書いていますので、ご参考に。日本の社会保険って意外と手厚いですよ。

収入保障保険は毎月10万円~20万円受け取れるタイプが一般的です。しっかり家計簿をつけて、毎月の生活費を把握した上で、必要な保障額を決めましょう。

ただし、これだけじゃちょっと足りないです。足りないのはお子さんの学費です。

学費は学資保険を活用するのがおすすめです。親に万が一のことがあった場合、保険料の支払いが免除されるタイプの学資保険があります。保険料の支払いは免除されますが、契約したとおりに教育資金が支給されます。

【2019年版】学資保険の戻り率(返戻率)ランキング

必要な保障期間はいつまでにする?

これは簡単です。末の子供が独立するまでです。子育てが終われば、経済的にはかなり楽になるはずです。

最短で、末の子供が独立するまで。余裕をもって(大学院への進学も考えて)プラス2年か3年くらいを保障期間としておけば安心です。

保障額と保障期間が決まったら、生命保険各社の保険料を比較しましょう。

そして、決めた保障額と保険料を支払う期間を基に、各社の保険料を比較しましょう。

ちょっと一例です。以下の前提で保険料を比較してみます。

  • 現在40歳の男性
  • 保障額は毎月10万円
  • 保障期間は60歳まで
A社 月々2,050円~2,970円
B社 月々2,100円

若干の差がありますね。しかしこの若干の差が20年間続くと大きな開きになります。

余談ですが、保険料は

  • 加入者に支払うお金(純保険料)
  • 各社の利益と経費(付加保険料)

という内訳で構成されてます。純保険料の部分は各社同じ(A社よりB社の加入者が多く亡くなるということない)ですが、付加保険料は各社の経営努力によって全然違います。

なので、同じ保障内容でも保険料が各社違うっていうことは覚えておきましょう

このサイトで厳選した収入保障保険の保険料比較を下記リンク先にまとめています。こちらもぜひご参考に。

収入保障保険のおすすめ比較ランキング

【収入保障保険の保険料を抑えるポイント】健康体割引を利用しましょう。

上の表で、A社の保険料は「月々2,050円~2,970円」って書きました。

同じ保障額と同じ保障期間なのに、毎月支払う保険料が変わるっておかしいと思いませんか?

いや、おかしくないんです。A社の収入保障保険には健康体割引があるんです。

健康な人ほど収入保障保険のお世話になる確率は低いです。お世話になる確率が低いのに、不健康な人と同じ保険料を支払うっていうのはフェアじゃないですよね。

A社は喫煙習慣・血圧・BMIの数値によって4段階の保険料に分かれます。上の表で言う「2,050円」は最も健康体な人の保険料、「2,970円」は最も不健康な人の保険料です。

健康に気を使っている人は、健康体割引のある収入保障保険を選択しましょう。保険料が安く抑えれらます。

逆に健康に自信のない人が、健康体割引のある収入保障保険を選ぶと保険料は割高になります。健康体割引のない収入保障保険を選びましょう。

【収入保障保険の選び方②】支払保証期間(確定保証期間)の有無をチェックする。

収入保障保険には支払保証期間(確定保証期間)という考え方があります。

例えば、保障期間が10年で、9年10ヶ月目に亡くなったとしたら、保険金が支払われるのは、たったの2ヶ月です。

これってなんか納得できないですよね。

なので、収入保障保険は支払保証期間という仕組みを設けて、保障期間中に亡くなった場合に最低限保険金が支払われる期間を保証しています。
(保障期間を超えて保険金が支払われます)

この支払保証期間ですが、短ければ短いほど保険料は安くなります。保険料を抑えるために、支払保証期間を短くするということもできます。

大部分の収入保障保険は契約時に支払保証期間を選択できるのですが、なかには支払保証期間が0年固定の収入保障保険もあります。契約時にはちゃんとチェックしておきましょう。

【収入保障保険の選び方③】就労不能特約(就業不能特約)があるかチェックする。

人によっては重要なポイントとなるのが就労不能特約の有無です。

就労不能特約っていうのは、一家の大黒柱が亡くなるのではなく、大きなケガや病気をしてしまって働けなくなるリスクに備えられるオプションです。

自分が亡くなるってことはなかなか考えにくいですが、働けなくリスクは十分に考えられますよね…(特に怖いのが「うつ病」)。

収入保障保険には働けなくなるリスクに備えた「就労不能特約」をつけられるものがあります。就労不能特約をつければ、大きなケガや病気で亡くなってしまった場合にも、運良く生き残ったけど働けなくなってしまった場合も保障されます。

もちろん無料ではありません。とある収入保障保険を例に比較します。

就労不能特約あり 就労不能特約なし
毎月3,470円 毎月2,050円

※40歳男性、保障額毎月10万円、保障期間60歳までで試算。「就労不能特約あり」には他に保険料払込免除特約あり。

その差は1,420円。

この差をどう考えるかですよね。収入保障保険に死亡保障だけを求める場合は、就労不能保障を外して保険料を安くした方が良いでしょう。

また、働けなくなるリスクを収入保障保険の特約(オプション)としてではなく、就労不能保険・所得補償保険へ個別に加入して備えることもできます。就労不能保険・所得補償保険については下記リンク先をご参考に。

【補足】保険料払込免除特約・リビングニーズ特約について。

収入保障保険を探しているとこんな特約が見つかると思います。簡単に説明しておきますね。

  • リビングニーズ特約:余命が宣告された場合、生存中に保険金を受け取れる特約。
  • 保険料払込免除特約:がん・心疾患・脳血管疾患などの重病に罹った場合、以降の保険料支払いが免除される特約。

リビングニーズ特約は無料です。自動セットされる(特約を外すことができない)ので、流れに任せてつけておいて損はないです。

逆に、保険料払込免除特約は有料です。保険料払込免除特約はいざというときに頼りになりますが、元々保険料が安く、貯蓄性もない収入保障保険なので、あまり効果的ではありません。オプションとして保険料払込免除特約をつける必要性は薄いでしょう。

まとめ 収入保障保険の相談するときには3つの質問をしてみましょう。

収入保障保険を選ぶ際にチェックが必要なのは以下の3点です。保険の専門家に以下の3点を質問して、回答を抑えておきましょう。

  1. 「万が一の場合は毎月xx万円、xx年間受け取れる収入保障保険がいいんですけど、各社の保険料比較してもらえますか?」
  2. 「支払保証期間(確定保証期間)はどれくらいですか?」
  3. 「就労不能特約はありますか?」

絶対にその場では契約せず、一度自宅に持ち帰って冷静に考えてからにしましょう。家やクルマと違って、生命保険は買い逃した!ってことはほぼありません。高い買い物ですから、冷静に、落ち着いて。

【収入保障保険の選び方最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

収入保障保険は選び方が大切です。一例をあげると、

・タバコも吸わないし、健康に気を配っているのに、健康体割引のない収入保障保険に加入してしまった。

この失敗だけで、毎月2,000円の損。20年間で48万円の損になります。恐ろしいですよね。

生命保険は自分だけで決めず、プロに相談してみましょう。マンションを買う時には不動産会社に相談しますよね。クルマを買う時はディーラーに相談しますよね。それと同じです。

生命保険会社の営業に収入保障保険の相談をしてはいけません。当然のことながら、生命保険会社の営業は自社の収入保障保険を売り込むために、自社に有利な比較をしてきます。

【おすすめ】生命保険の無料相談窓口。

専門家は意外と身近にいます。複数の生命保険会社の収入保障保険を取り扱う保険ショップです。

保険ショップっていまや至るところにありますけど、ちょっと入りにくいですよね。

「強引に勧誘されたらどうしよう…」

「断ってもしつこく電話きたらどうしよう…」

とかそんな不安があると思います。

しかし大丈夫。保険ショップに相談したら絶対に保険の契約をしなければならないっていうことはありません。しつこい電話もありません(僕の経験上、相談後に電話があったのは1回だけ)。

もしそんな強引な勧誘とか、しつこい電話をされた場合は消費者センターに駆け込みましょう。保険業法という法律に違反するため、保険ショップが処罰されます(なので、保険ショップは強引な勧誘やしつこい電話ができません)。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

まとめ 収入保障保険を選ぶ際には3つの点に注意。

収入保障保険を選ぶ際には以下の3つのポイントに注意です。

  1. 毎月支払う保険料。似たような保障内容でも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 支払保証期間(確定保証期間)。支払保証期間とは、保険期間を超えて保険金が支払われる期間です。少なくとも、2年程度の支払保証期間があることが理想です。
  3. 働けなくなるリスクにも備えられるか。収入保障保険は死亡保障がメインとなる保険ですが、オプションをつければ働けなくなった場合の保障を受けることができるようになる場合があります。

最も重要なのは保険料です。安い保険料の収入保障保険を探しましょう。とはいっても、どの収入保障保険が自分にとって最安値になるか探すのはかなり面倒です。年齢や性別、タバコを吸うか、血圧・BMIはどれくらいかとか、そんな条件の組み合わせで最安値か決まります。

収入保障保険の加入を検討されているなら、一度専門家に相談してみましょう。相談は無料です。気軽な気持ちで相談してOKですよ。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする