【評価C】SBI生命「終身医療保険も。」デメリットと評価

入院・手術・通院・先進医療の保障があり、保険料は高くもなく、安くもなく平均的。よくある医療保険というのがSBI生命「終身医療保険も。」の印象です。

大きな特徴はありませんが、しいてあげるとオプションで在宅治療が保障される点でしょうか。医療保険は病院に行かないと保障されないケースが大半なのですが、在宅治療が保障されるタイプの医療保険はまだまだ少数派です。

SBI生命「終身医療保険も。」ここがポイント
  • 入院・手術・通院・先進医療が保障される一般的な医療保険です。
  • 保険料は平均的。高くも安くもありません。
  • 他社の医療保険にある一時金がありません。がんを含む3大疾病に対する特別な保障はありません。そもそも選べるオプションが少なめです。

医療保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

医療保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の2点です。

  1. 毎月支払う保険料。もちろん保険料の安い医療保険が良い医療保険です。しかし、保険料が安くて保障が手薄だったら意味ありません。大切なのは保険料と保障内容のバランスです。
  2. 特約(オプション)の種類。例えば、がんの保障を手厚くするオプション、女性特有の疾病を手厚く保障するオプションといったように、必要と感じるオプションを手頃な保険料でつけられるかがポイントです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の2点について、SBI生命「終身医療保険も。」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:3,307円
女性:3,280円
評価B
40歳の月額保険料
(入院給付金1万円、保険料支払期間終身)
男性:4,480円
女性:3,990円
基本保障
(取り外しできない保障)
【入院給付金】
入院につき1日5000円~15,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
【手術給付金】
入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
重大手術:入院給付金の40倍が支給。
骨髄移植:入院給付金の10倍が支給。
放射線治療:入院給付金の10倍が支給。
評価C
特約(オプション)
(取り外しできる保障)
【終身通院特約】
通院1日につき、定額が支給されます。
【終身在宅医療特約】
がん等の特定疾病で所定の治療を受けた場合に一時金が支給されます。
【先進医療特約】

先進医療の技術料実費が支給されます。

保険料は平均的です。高くも安くもありません。保障内容もシンプルですね。

シンプルに入院・手術の保障だけでよいとお考えの場合は、他社の医療保険と比較しておいた方がよいです。チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」あたりが保険料も安く、比較対象になります。

また、オプションの種類が少なめ。例えば、他社にある

  • がんと診断されたら一時金(100万円とか)を受け取れるオプション。
  • 抗がん剤治療を受けた月に10万円受け取れるオプション。
  • 女性特有の疾病を手厚くするオプション。

がありません。選択肢が狭いんです。

選択肢の広さを求める方は

はなさく生命「はなさく医療」

三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

あたりが比較対象になり得ます。

医療保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

SBI生命「終身医療保険も。」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の医療保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【医療保険】
・病気やケガに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
入院給付金 入院1日につき5,000円~15,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
手術給付金 入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
重大手術:入院給付金の40倍が支給。
骨髄移植:入院給付金の10倍が支給。
放射線治療:入院給付金の10倍が支給。
1回の入院で入院給付金が支給される限度日数 60日間・120日間から選択可能。
保障期間通算で入院給付金が支給される限度日数 1,095日間
保険料を支払う期間 60歳まで、65歳まで、70歳まで、 終身(一生涯)から選択可能。
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 終身
加入方法 対面・ネット
健康相談サービス なし

【SBI生命「終身医療保険も。」】保障内容を評価します。

医療保険を選ぶ際には大切なのは、当たり前ですが保障内容です。

特に重要なのが特約(オプション)の種類。基本保障は生命保険各社同じような内容になるんですけど、特色が出るのが特約です。どんな特約があるか、自分の好み(?)に合う特約があるかっていうのが医療保険を選ぶ大きなポイントです。

【基本保障】入院給付金・手術給付金

基本保障は取り外しができません。契約したら絶対についてくる保障です。

SBI生命「終身医療保険も。」はオーソドックスな入院・手術に対して保障するタイプの医療保険です。保障内容は以下のとおり。

名称 支給額 支給条件
入院給付金 入院1日につき5,000円~15,000円から選択。
※1,000円単位で選べます。
入院1日につき支給
手術給付金 入院中:入院給付金の10倍が支給。
外来:入院給付金の5倍が支給。
重大手術:入院給付金の40倍が支給。
骨髄移植:入院給付金の10倍が支給。
放射線治療:入院給付金の10倍が支給。
所定の手術を受けたとき。

入院・手術の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

入院給付金の支給期間は入院1回につき最大60日間or120日間から選べます。最近は入院が短期化する傾向にあるので、これくらいの期間があれば十分という気もしますが、他社には3大疾病の入院を無制限保障するオプションをつけられる場合もあります。オプションの選択肢の狭さはSBI生命「終身医療保険も。」のデメリットでしょう。

また、冒頭書きましたが、シンプルに基本保障だけでよい!という方は、他社の医療保険と保険料を比較しておいた方がいいです。チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」あたりが保険料も安く、比較対象になり得ます。

ちなみにですが、治療費を含めた1日あたりの入院費自己負担額平均は23,300円だそうです(生命保険文化センター調べ)。

入院日数平均は以下のとおり。

日本人の平均:29.3日
35歳~64歳の平均:21.9日

こちらも参考にしたのは生命保険文化センターです。

【重要です】終身通院特約

特約名 支給額 支給条件
終身通院特約 入院した退院後の通院1日につき、定額を支給。 通院した場合。

通院の保障は他社の医療保険と同水準です。悪くありません。

通院の保障も普通です。他社と同水準です。ただし、ちょっと保険料が高いんですよね。30歳男性のケースでチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」と比較すると、

終身医療保険も。 終身医療プレミアムDX
保障内容 ・通院給付金6,000円(入院給付金10,000円)
・入院1回につき30日の通院が保障対象
・通算1,095日限度
・通院給付金5,000円
・入院1回につき30日の通院が保障対象
・通算1,095日限度
特約保険料 588円/月 370円/月

通院給付金の額に違いがありますが、結果はこのとおり。

また、他社にはがんの通院を5年間無制限保障とするタイプもあります。SBI生命「終身医療保険も。」はがんであっても保障は通常の疾病と同じ。最近は入院が短期化していると先述しましたが、代わりに長期化しているのが通院です。特にがんの通院は長引くこともあります。この点も注意ですね。

医療保険の通院保障は↓にまとめてますので、こちらもご参考に。

医療保険の通院保障

【重要です】 先進医療特約

特約名 支給額 支給条件
先進医療特約 ・保障期間通算で2,000万円までの技術料。 先進医療を受けた場合。

先進医療は健康保険適用外です。

なので、先進医療を受けるためには、けっこうな大金が必要となることもありますが、その医療費実費を保障してくれるのが先進医療特約です。基本的には医療保険に入るならつけておいた方がいい特約です(2,000万円まで保障してくれます)。

SBI生命「終身医療保険も。」保障対象は技術料の実費のみ。2,000万円まで保障です。この点は他社同等ですね。

しかし、先進医療を受けられる病院は限られられているため、他社の先進医療特約は遠方への移動・宿泊費用として一時金が支給されることもあります。SBI生命「終身医療保険も。」は技術料のみなので、一時金の支給はありません。この点はちょっとさみしいですね…。

さらに、SBI生命「終身医療保険も。」の先進医療特約は10年更新型。10年後に保険料があがります。他社は終身型といって一生涯保険料が上がらないタイプもあります。

現状、先進医療特約は100円程度の保険料でつけられるオプションですが、将来的には先進医療が身近になり、必要となるケースが増えてくれば、保険料が極端に上がることもあり得ます。10年更新型である点は大きなデメリットでしょう。

ちなみに、他社の先進医療特約は下記リンク先でまとめています。こちらもご参考に。

先進医療の保障で比較する医療保険。

【重要ではありません】終身在宅医療特約

特約名 支給額 支給条件
終身在宅医療特約 月額で入院給付金の6倍(最大6万円)。 入院の退院後に、公的医療保険制度を利用して、在宅医療を受けたとき。通算36ヶ月限度。

在宅医療を保障対象にできる点は珍しいです。他社ではマニュライフ生命「こだわり医療保険 with PRIDE」が保障対象にしているくらいでしょうか。

在宅医療とは、寝たきり状態で病院へ行くことができず、自宅で医療を受けるといったことを指します。頸椎損傷で歩けなくなくった場合や、全身マヒとなった場合がそうですね。

しかし、在宅治療が必要となるケースはかなり稀です。30歳男性が終身在宅医療特約をつけると、毎月の保険料は600円あがります(入院給付金1万円の場合)。それで在宅医療となった場合は毎月6万円です(36ヶ月間限度)。生活費には足りてないですよね…。

それであれば、多少保険料は高くなっても、就業不能保険の方が安心感はあります。就業不能保険なら、入院はもちろん在宅医療で働けない状態になれば、けっこうな金額を長期間受け取ることができます。あえて、終身在宅医療特約をつける必要性は薄いでしょう。

まとめます。

僕がSBI生命「終身医療保険も。」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:入院給付金10,000円プラン
  • 特約:終身通院特約、先進医療特約

これで30歳男性の保険料は月4,007円、30歳女性は3,925円です。

繰り返しますが、他社の医療保険との比較は必須でしょう。ここでまとめておきますが、比較対象は以下のとおりです。

●シンプルに基本保障だけでいいなら、チューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」と比較。保険料が激安です。

●選べるオプションの種類を優先するなら、はなさく生命「はなさく医療」、もしくは三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」と比較。がんを含む3大疾病の一時金保障や、乳房切除・乳房再建手術に対する特別な保障を選べます。

ですね。

医療保険の比較は最寄りの保険ショップでやってくれます!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

SBI生命「終身医療保険も。」のメリット

SBI生命「終身医療保険も。」ここがポイント!
  • 【check】在宅医療を保障対象にできる。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

上述のとおり在宅医療を保障対象にできる点は他社になかなかないメリットです。しかし、医療保険を決めるにあたっては弱いかなと…。他社の医療保険との比較はしておいた方がよいでしょう。

SBI生命「終身医療保険も。」のデメリット

SBI生命「終身医療保険も。」のデメリット
  • 【check】選べるオプションが少ない。
  • 【check】先進医療特約が10年更新型。

繰り返しになりますが、選べるオプションが少ないです。他社にはこんなオプションがあります。

  • がんと診断されたら一時金(100万円とか)を受け取れるオプション。
  • 抗がん剤治療を受けた月に10万円受け取れるオプション。
  • 女性特有の疾病を手厚くするオプション。

どれもSBI生命「終身医療保険も。」にはありません。がんの保障を手厚くしたい、3大疾病の保障を手厚くしたい、乳がんの保障を手厚くしたいといった要望に応えるのは難しい医療保険ですね…。

また、先進医療特約が10年更新型である点もデメリットです。商品名に「終身医療保険」と入っているのに、先進医療特約は終身型ではありません。

【SBI生命「終身医療保険も。」の評価最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:「C」(S、A~Cで判定)。

保険料は平均的で安くはなく、選べるオプションも少なめ。おすすめできるポイントがなかなか見つからないというのが率直な感想です。よって評価は「C」です。他社の医療保険との比較はしておいた方がよいです。

SBI生命「終身医療保険も。」に申し込むなら。

SBI生命「終身医療保険も。」はSBI生命の公式サイトから申し込みできます。

公式サイト:https://www.sbilife.co.jp/products/medical-Mo/

しかし、申し込む前に他社の医療保険と比較してみましょう。医療保険の比較は最寄りの保険ショップで無料でやってくれます。

保険ショップの検索と予約はニアエルから!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:SBI生命「終身医療保険も。」

保険料は平均的で選べるオプションは少なめ。SBI生命「終身医療保険も。」を検討されている方は、一度他社の医療保険と比較してみた方がよいです。比較対象は以下の3つ。

●基本保障がシンプルで保険料安めなチューリッヒ生命「終身医療プレミアムDX」

●選べるオプションの種類が豊富で保険料も安めのはなさく生命「はなさく医療」

●こちらも選べるオプションが豊富で保険料も安い三井住友海上あいおい生命「&LIFE 新医療保険Aプレミア」

↑の3つはがんの保障を手厚くしたり、女性特有の疾病を手厚くしたりできます。

とはいえ、医療保険の比較なんて面倒ですよね。面倒なことは専門家の力を借りましょう。最寄の保険ショップに専門家はいます。気軽な気持ちで相談してしまって大丈夫ですよ。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする