生命保険の転換はデメリットしかない。生命保険の営業職員にはご注意!

「あー、ご無沙汰しておりますー。いま加入されている生命保険ですが、お得な転換の話があるんですけど、一度お会いできませんか?」

しばらく連絡がなかった生命保険の営業職員(保険のおばちゃん)がこんな感じで突然電話してきたら要注意です。

99%お得な話ではありません(生命保険会社にとってはお得な話ですが)。

「転換」ってワードが出てきたら身構えるくらい用心です。

そもそも生命保険の転換とは何なのか。

そもそも転換ってなんなのかってことですけど、まぁ専門用語だからよくわかんないですよね。ちょっと引用します。

現在の契約を活用して、新たな保険を契約する方法です。現在の契約の積立部分や積立配当金を「転換(下取り)価格」として新しい契約の一部にあてる方法で、元の契約は消滅します。

引用:生命保険文化センター

いままでコツコツ保険料を支払って貯めてきた積み立て部分(解約返戻金としてお金が戻ってくる部分)を、新たな契約に当て込むんですね。

一旦いまの生命保険の契約を解約して、戻ってきた解約返戻金を新しい契約の保険料に当て込むのが転換です。

「転換した後は毎月の保険料安くなりますよ!」

って生命保険の営業職員は言うと思いますが、当たり前です。だって前の契約でコツコツ積み立てた解約返戻金を新しい契約の保険料に当て込んでるんですから。

で、この転換ですが、生命保険会社が営業職員に対して一斉に号令をかけてキャンペーンが始まります。

「いまの保険内容が継続されると、うちの会社は損するから新しい契約に転換させろ!」

あからさまには言わないですけど、こんな感じですね。もうね、本当にこういうの何回も見てきて辟易してます…。

生命保険の転換。そのデメリット。

生命保険会社の一方的な都合で始まる転換キャンペーンなので、お客さん側にはデメリットが集中します。

解約返戻金が一旦ゼロになる。

元々受け取れるはずだった解約返戻金を、新しい契約の保険料に当て込まれてしまうので、受け取れたはずの解約返戻金がクリアされます。

老後の資金づくりで貯めてた人にはやるせない気持ちになるでしょう。

積立利率が悪くなることが多い。

先述のとおり、転換キャンペーンは

「いまの保険内容で契約されると、うちの会社は損するから新しい契約に転換させろ!」

で始まります。

この「損する」っていうのは生命保険の積立利率(積み立て部分にかかる利息)のことなんですよね。

生命保険会社の運用がうまくいかなくなって、積立利率下げたいんだけど、お客さんと約束した積立利率は簡単には下げれない。だったら「転換」を使ってこっそり積立利率の低い契約にすり替えちゃおうって魂胆です。ひどいですよね。

生涯に支払う保険料が高くなることが多い。

低い積立利率で同じ保障を得るためには、保険料を多く支払うしかありません。

また、新しい契約は加入時の年齢が高くなるため、そもそも保険料が高くなることが多いです。

ただ、新しい契約の保険料がいまより高くなったら、加入者は転換を拒否しますよね。なので、生命保険会社が使う手段は保険料を支払う期間をこっそり長くします。

元の契約は55歳まで保険料を支払えば一生涯保障だったのに、新しい契約では65歳まで支払うことになったりします。

ほんとに転換って契約者にとってデメリットばかりです。

生命保険の転換。そのメリット。→ありませんでした。

転換にメリットはありません。僕が思いつく限りないです。

ただ、世間的には転換のメリットと考えられるものがあるかと思い調べてみましたがが、ありませんでした。

生命保険会社が転換話を持ってきたら要注意です。

そもそも生命保険会社の営業職員に保険の相談をしてはいけない。

生命保険会社の営業職員は自社の生命保険しか知らず、他社の生命保険と比較ができません。
また、自社の都合で生命保険をすすめてきます。

生命保険会社の営業職員は自社商品にはもちろん詳しいです。しかし、他社の商品と比較ができないんですよね。一方的に自社の都合で生命保険を売ってきます

つまり、お客さんのライフプランよりも自社の利益を優先して生命保険を売ってくるのです
(だから転換をおすすめしてくるんです)

ちょっと話は転換からそれますが、僕の大学時代の友人が就職した際、超大手生命保険会社の営業職員から生命保険をおすすめされました。おすすめされた内容は

  • 死亡保障 3,000万円
  • がん保障特約、入通院特約、その他ありとあらゆる特約あり
  • 毎月の保険料  20,000円弱

でした(特約っていうのはオプションみたいなものです。オプションはたくさんつければ保険料が上がります)。

なぜ独身で背負う家族も何もない23歳に死亡保障3,000万円が必要なのか、なぜこんなにたくさんの特約が必要なのか。そんな説明は全くなかったようで、

「社会人なったら生命保険に入るのは常識ですよ!これくらいの保障は当たり前ですよ!」

の一点張りだったそうです。その友人のライフプランを聞くこともなく…。

転換についても同じです。自社の一方的な都合でしかありません。

自社の利益になる生命保険を売るのが営業職員の仕事です。生命保険の営業職員から保険を買うと、毎月の保険料が安くなるなんてこともありません。営業職員から買うメリットは全く無いと言っていいと思います。
(しいてメリットをあげるとカレンダーとかタオルをもらえるくらい)

生命保険・医療保険の選び方はフィナンシャルプランナーに無料相談しましょう。

生命保険の相談は生命保険会社の営業職員、または銀行の窓口でできますが、おすすめは保険ショップかファイナンシャルプランナー(FP)です。

理由は以下に書いています。

複数の生命保険を比較でき、保障内容をしっかり説明してくれるのは保険ショップかFPだけです。嫌になるほど複雑な保障範囲も、わかりやすく教えてくれますよ。転換を薦めてくることもありません。

相談は無料ですし、相談したからってFPが提案した保険に加入しなければならないってことはありません。FPの提案に納得できなければ、何もしないで帰宅してしまってOKです。

おすすめ生命保険の相談窓口。保険ショップ・ファイナンシャルプランナーを探すならこちら。

僕が周りの友人におすすめしている生命保険の相談窓口です。保険ショップやファイナンシャルプランナーをお探しならここが便利ですよ。

各社共通なのは十分時間を取って相談に乗ってくれること。そして相談は無料であること。

相談したら保険に絶対入らなければいけないってこともないし、タダなんだから軽い気持ちで行ってみたら?くらいの感じで友人にはすすめてます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるLIFULL保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならLIFULL保険相談です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。Ⅲ分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする