【評価B】太陽生命「ひまわり認知症予防保険」デメリットと評価

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」ここがポイント
  • 認知症を保障対象とする認知症保険です。
  • MCI(軽度認知障害)が保障対象になりません。
  • 契約後1年間は保障額が半減されます。

いまや誰しも避けて通れないのが介護の問題。

自分の介護も気になりますし、親の介護も気になりますよね。親の介護で退職しなきゃいけなくなったらどうしよう…、自分の介護で子供に迷惑かけたくない…とかとか。

厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」という調査では、介護状態となる原因のNo.1が認知症という結果が出ています。認知症原因の介護は相当きついです。そして、介護にかかる費用は以下のとおり。

介護にかかる期間の平均:4年7ヶ月
介護に必要な一時的な費用平均:69万円
月額介護費用平均:7.8万円

生命保険文化センター調べ

けっこうな金額が必要ですよね…。

さて、介護に備えらえる民間の保険は大きく2つあります。

概要 保険料
介護保険 幅広い介護状態を保障する保険。国が認定する要介護状態に応じて一時金、もしくは年金方式で保険金を給付。 比較的高め。
認知症保険 認知症に特化して介護状態を保障する保険。 比較的安め。

その他、医療保険のオプションとして介護状態に備えるタイプもあります。

医療保険の特約(オプション)で介護に備える

介護状態となる原因No.1となる認知症だけを保障範囲とし、その分保険料を安く抑えるか(認知症保険)、もしくは幅広く介護状態を保障対象としておいて安心しておくか(介護保険)、この点は個人の価値観とか経済状況によると思います。どちらが良いということはなかなか言えません。

ただ、最近の認知症保険はかなり進化してきていて、認知症の発症だけを保障するのではなく、予防に力を入れている保険があります。その一つが太陽生命「ひまわり認知症予防保険」です。

まずはざっと概要を書いておきます。太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
保障タイプ 認知症保険
給付タイプ 一時金 B
給付条件 認知症と診断 A
MCI(軽度認知障害) 保障なし
※オプションで予防給付金あり。
B

給付タイプは一時金です。認知症と診断されて所定の条件を満たせば、まとまった金額がドバっと給付されます。終わりが見えない介護は介護状態が続く限り毎月定額を受け取れる年金タイプが理想的なのですが、太陽生命「ひまわり認知症予防保険」は一時金しか選ぶことができません。この点はちょっとだけ惜しいですね(年金タイプの認知症保険に朝日生命「あんしん介護認知症保険」があります)。

給付条件は現在発売されている認知症保険のなかでも最高峰です。他社だと「認知症と診断、かつ要介護1以上」といった要介護条件が追加されることもあります。シンプルに認知症と診断されただけで保障されるのはメリットでしょう。

ちょっと注意が必要なのはMCI(軽度認知障害)が保障対象にならない点です。

MCIとは認知症予備軍となる軽度認知障害を指します。

MCIとは認知症の前段階です。日常生活に支障はないものの、記憶力が衰えてきたような状態ですね(こちらにわかりやすく書いてます)。MCIの段階で適切な処置をすることで、認知症の発症を遅らせることができると言われています。

まあでもMCIが保障対象とならない代わりに予防給付金というオプションがあります。2年に1回数万円が給付されるお小遣い的オプションなのですが、主な用途はMCI検査費用。

「2年に1回数万円給付しますから、しっかりMCIの検査を受けてくださいね」

という良心的な保障です。明確にMCIが保障対象にはなっていませんが、そこまで気にする必要はないでしょう。

認知症保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の認知症保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【認知症保険】
・認知症に備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【認知症診断保険金】
認知症と診断された場合に一時金が給付されます。
【認知症治療保険金】
認知症と診断され所定の状態が180日継続した場合に一時金が給付されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【予防給付金】
初回1年後、以降2年ごとに一時金が給付されます。
【満期保険金】
満期を迎えたときに、予防給付金の6倍が給付されます。
※終身払を選んだ場合は給付なし。
【死亡保険金】
死亡時に一時金が給付されます。
【入院一時金等】
入院、手術、放射線治療、骨折治療を受けた際に一時金が給付されます。
保険料を支払う期間 10年・終身(一生涯)から選択可能。
契約できる年齢 20歳~85歳
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」のデメリット

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」のデメリット
  • 【check】契約後1年以内に認知症と診断された場合は一時金が半額になる。
  • 【check】保険料がやや高め。

デメリットは上記の2点です。ひとつひとつ見ていきます。

契約後1年以内に認知症と診断された場合は一時金が半額になる。

契約後1年以内に認知症と診断された場合は、一時金の金額が半額になってしまいます。

というのも、太陽生命「ひまわり認知症予防保険」は正式な名称が「無配当選択緩和型認知症診断保」であり、いわゆる持病がある人でも入りやすい緩和型の認知症保険なんです。

緩和型にしか加入できないような方々は、早期に認知症となるリスクも高めです。なので、契約から1年以内は一時金を半額にしておいて、保険会社のリスクを減らすというのが狙いです。

その分、告知事項が少なく持病のある方でも入りやすい認知症保険になっています。持病があるような方にはメリットですが、現在健康な方にとってこの点はデメリットでしょう。

保険料がやや高め。

毎月支払う保険料はやや高めです。

ちょっと比較してみます。比較対象は同じく認知症保険の朝日生命「あんしん介護認知症保険」です。保障内容を全く同じにすることは不可能なので、ここはご参考程度に。

太陽生命
ひまわり認知症予防保険
朝日生命
あんしん介護認知症保険
保障内容
(終身払)
認知症一時金:下表のとおり 認知症一時金:下表のとおり
60歳男性 3,592(認知症一時金200万円) 2,340円(認知症一時金200万円)
60歳女性 2,906(認知症一時金100万円) 1,392円(認知症一時金100万円)
65歳男性 4,936(認知症一時金200万円) 3,208円(認知症一時金200万円)
65歳女性 3,980(認知症一時金100万円) 1,903円(認知症一時金100万円)

全般的に保険料が安くなるのは朝日生命ですね。

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」を検討されている方は、朝日生命「あんしん介護認知症保険」との比較は必須です。

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」のメリット

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」のメリット
  • 【check】2年に1回の予防給付金給付あり。
  • 【check】認知症診断一時金の給付条件がゆるめ。

大きなメリットは上記2点です。ひとつひとつ見ていきます。

2年に1回の予防給付金給付あり。

まず、何のために2年に1回予防給付金が給付されるかという点ですが、これはMCIスクリーニング検査を受ける費用を保障することが目的です。

MCIスクリーニング検査とは、アルツハイマー病の原因物質となる「アミノロイドβ」に対して、排除機能などをもつ血液中のたんぱく質を調べる検査です。MCIスクリーニング検査を受けることによって、認知症を早期発見できると言われています。

MCIスクリーニング検査は健康保険が適用されません。検査費用は全額自己負担となりますが、その額が3万円程度。

自己負担の額としてはそこまで大きくありませんが、このMCIスクリーニング検査の自己負担額を保障するのが太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の予防給付金です。

「あ、太陽生命から連絡来て一時金が振り込まれた!MCIスクリーニング検査受けてこよっと!」

といったきっかけを作ってくれるのが予防給付金です。

こういった任意の検査はきっかけが無いとなかなか受ける気分になれないですよね。さらに、3万円という検査費用が消極的な気持ちに追い打ちをかけます。

そんなときに一時金が給付されれば、検査行ってみよう!という気になりますよね。

ちなみにですが、MCIスクリーニング検査で早期に軽度認知症状態を発見できれば、回復、もしくは進行を遅らせることができると言われてます。2年に1回の検査を受けるきっかけをつくってくれる太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の予防給付金。予防の観点から、非常に役立つのではないかと思います。

認知症診断一時金の給付条件がゆるめ

他社の認知症保険の認知症診断一時金は

・認知症と医師が診断

かつ

・要介護1以上と認定

といった条件になってることが多く、単純に認知症と診断されただけでは保障対象とならないことが多いんです。

要介護1と認定される例は以下のとおりです。

  • 掃除や着替えなど日常生活に何らかの助け(見守りや介助)を必要とする。
  • 立ち上がる時や片足で立つ時に何らかの助けを必要とする。
  • 歩く時や立つ際に何らかの助けを必要とする。
  • トイレや食事はほとんど1人でできる。
  • 混乱したり物事を理解できないことがある。

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」は要介護の条件は不要。医師に認知症と診断されれば保障対象となります。この点はメリットです。

また、他社の認知症保険は

「認知症と診断されて180日以上経過した場合に一時金支払い」

という支払い条件になっている場合があります。

認知症と診断されても180日間待たなければ一時金は受け取れません。180日以内に亡くなった場合は、一時金が受け取れないということもあります。

その点、太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の認知症診断一時金は

「認知症と診断された場合に一時金支払い」

ということで、180日間の待期期間がありません。一度認知症と診断されれば、その時点で一時金を受け取れます。

ちなみに、最近発売された認知症保険は待期期間がないタイプが多数派です。2017年以前に発売された認知症保険は180日間の待期期間があるタイプもあるので要注意です。

介護保険・認知症保険選びに困ったらプロに相談!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の評価。

評価:「B」(S、A~Cで判定)。

MCI検査を受けるきっかけを作ってくれる予防給付金は魅力的です。しかし、朝日生命「あんしん介護認知症保険」の存在が大きい…。デメリットのところで保険料を比較しましたが、保険料が安くなるのは朝日生命「あんしん介護認知症保険」です。

また、朝日生命「あんしん介護認知症保険」は軽度認知症(MCI)も保障対象にすることができます。軽度から重度まで幅広い症状が安い保険料で保障対象になります。

ということで、太陽生命「ひまわり認知症予防保険」を検討されている方は、朝日生命「あんしん介護認知症保険」と比較をしてみてください。よって評価は「B」としました。

太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の相談をするなら。

太陽生命「ひまわり認知症予防」は全国の保険ショップで取り扱ってます。ただし、太陽生命を取り扱っている保険ショップは少なめ。

保険ショップに行ってみて、

「あー、すいません、うち太陽生命やってないんですよー」

と言われることは割とあり得ます。

おすすめは朝日生命と太陽生命が相乗りしている保険ショップで認知症保険の相談をすること。けれども、太陽生命を取り扱っている保険ショップが少ない上に、どこの保険ショップが相乗りしているかなんてわかんないですよね…。

それがわかるんです。ニアエルを利用すれば、取り扱っている保険会社を条件に、保険ショップの検索ができてしまいます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。予約も簡単で、自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

さらに、ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。ニアエルに掲載されている保険ショップなら、実際に利用した方の口コミも掲載されてますし、通報があれば掲載停止もあり得ますし、まず安心かと。

もちろん保険ショップでの相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップは事前に予約しておくと相談がスムーズに進みます。

  • 予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
  • 事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。

特に2点目です。事前に相談内容を伝えておけば、星の数ほどある保険のなかから、希望に合いそうなやつをピックアップしてお出迎えしてくれます。

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

保険見直しラボが取り扱っている保険会社数は30社を超えます。選択肢の広さが大きなメリットです。

また、訪問型なので、自宅や会社や近所の喫茶店等、指定した場所まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

予約は↓から!

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

しかし、保険見直しラボは太陽生命を取り扱っていません。認知症保険の相談はできますが、太陽生命「ひまわり認知症予防保険」の契約はできないので、ご注意を。
(朝日生命とは提携してます。保険見直しラボの全スタッフが朝日生命を含めた30社以上の保険を取り扱うことができます)

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:太陽生命「ひまわり認知症予防保険」

  • 認知症診断一時金の給付条件がゆるい。診断されただけで一時金給付。
  • 予防給付金(オプション)が2年に1回給付される。

こういったメリットがありますが、軽度から重度の認知症が保障対象となる上に保険料が安い朝日生命「あんしん介護認知症保険」との比較はお忘れなく。

ただ、認知症保険の比較なんて面白くもなんともないし、よくわからないので専門家の力を借りてみましょう。専門家の意見は最寄りの保険ショップで無料で聞くことができます。両者を比較して検討してみましょう。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする