【評価A】マニュライフ生命「こだわり外貨終身」評価とデメリット

老後
マニュライフ生命の外貨建て終身保険ってどうなんだろう…。外貨建てってあんまり良いイメージないんだけど…

外貨建ての終身保険は為替レートによっては元本割れする可能性があります。まずその点に要注意ですね。

しかし、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の特徴は保険料払込免除特約が強力である点です。保険料払込免除特約の安心感たるや、それはもう。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」ここがポイント
  • 死亡保障のある終身保険です。
  • 貯蓄性があります。外貨で積み立てるので、為替レートの影響を受けます。
  • タバコを吸わない方は保険料が割引されます。
  • 保険料払込免除特約が強力です。

そもそも終身保険っていろんな生命保険会社が販売しているので、どれを選んでいいのかよくわからないんですが、当たりハズレの大きい保険です。

当たりハズレは「解約返戻金の返戻率(支払った保険料に対して解約時に戻ってくるお金の割合)」で9割決まります。終身保険で最も大切な「解約返戻金の返戻率」は各社大きな差があります。元本割れしてしまう終身保険は選びたくないですよね。

終身保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

終身保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、終身保険を選ぶ際に大切なのは以下の4点です。

  1. 毎月支払う保険料。死亡保障の保険金額は同じでも、生命保険会社によって保険料は大きく異なります。決して横一線ではありません。
  2. 解約返戻金の返戻率(戻り率)。解約した際に戻ってくるお金が解約返戻金です。返戻率が100%を超えると支払った保険料総額より多く解約返戻金を受け取れます。
  3. 特約(オプション)の種類。特に特定の疾病に罹った場合、以降の保険料支払いが免除される「保険料払込免除特約」は重要です。
  4. クレジットカードで保険料を支払うことができるか。終身保険は保険料が高いです。クレジットカードで保険料を支払えば、ポイントがかなり貯まります。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の概要と評価は以下のとおりです。

30歳の月額保険料
(保険金額100,000米ドル円、60歳まで保険料支払)
男性:191.00米ドル
女性:190.00米ドル
評価B
40歳の月額保険料
(保険金額100,000米ドル円、70歳まで保険料支払)
男性:239.00米ドル
女性:232.00米ドル
解約返戻金の戻り率 運用結果によって変動(積立利率1.5%%保証) 評価不能
特約について 【リビングニーズ特約】
余命6ヶ月と宣告された場合、生前中に保険金を受け取れます。
【特定疾病保険料払込免除特約】
特定疾病で所定の状態となった場合、以降の保険料支払いが免除されます。
評価S
クレジットカード払い あり 評価A

保険料が若干高め。積立利率の最低保証は1.5%です。

ちなみにですが、同じくドル建て終身保険のメットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」は積立利率の最低保証が3.0%。これだけで比較すると、メットライフ生命の方が有利に見えますよね。

ただし、実際の解約返戻金の戻り率は悪くありません。

パンフレットの例だと、最低保証の積立利率1.5%で推移したとしても、戻り率は102.3%。積立利率3%で推移すれば戻り率は130.0%です。おそらく経費を頑張って削って、積み立てに回す保険料の割合を増やしているのでしょう。

また、特定疾病払込免除特約が強力です。後述しますが、使い方によっては、医療保険・がん保険が不要になります。

詳細はこの後に書いていきますが、タバコを吸わない方に対する割引があったりもするので、優秀な外貨建て終身保険と言っていいと思います。選択肢に入れておいて損はありません。

ちなみに、終身保険は以下のリンク先で比較しています。こちらもご参考に。

終身保険おすすめ比較ランキング

終身保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の終身保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【終身保険】
・死亡、高度障害時に保険金を受け取れます。
・保険料を支払い終わった後も、保障は一生涯続きます。
・貯蓄性があります(解約返戻金を受け取れます)。
【外貨建て】
・加入者は米ドルもしくは豪ドルで保険料を支払います(為替レートを基準に円換算して円で支払います)。
・加入者が受け取る解約返戻金、死亡保険金は外貨か日本円かを選択できます。
・為替レートによって毎月支払う保険料、受け取る解約返戻金、死亡保険金が変わってきます。
保険料を支払う期間 以下から選択可能。
年満了:10年間、20年間、30年間
歳満了:55歳まで、60歳まで、65歳まで、70歳まで、80歳まで、90歳まで
保険料を支払う回数 月払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード
保障される期間 一生涯(終身)

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」のメリット

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」ここがポイント!
  • 【check】特定疾病保険料払込免除特約が強力。
  • 【check】積立利率1.5%保証。
  • 【check】タバコを吸わない人は保険料が割引される。
  • 【check】生命保険会社が破綻したときの契約者保護制度あり。

おすすめポイントをひとつひとつ見ていきます。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は保険料払込免除特約あり。しかも強力。

特定疾病保険料払込免除特約とは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になった場合に以降の保険料支払いが免除されるオプションです。もちろん、保険料の支払いが免除になった後でも、死亡保障は継続します。

オプションなので追加費用は発生してしまいますが、保険料が高い終身保険では、つけておいて損はないオプションでしょう。三大疾病で収入が激減したのに、毎月高額な保険料を払い続けるのはちょっとつらいですよね。

保険料の支払いが免除される条件は以下のとおりです。

疾病 条件
がん 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。
急性心筋梗塞 60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
脳卒中 60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。

※上皮内がんとは初期のがんを指します。手術で完治する可能性が高いと言われてます。

条件はやや厳しめです。同じく保険料払込免除特約があるメットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」の条件は以下のとおり。

疾病 条件
がん 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。
心疾患・脳血管疾患 20日以上入院したとき。
または
所定の手術をうけたとき。
介護状態 要介護2以上に認定されたとき。
または
認知症・寝たきりによる所定の要介護状態が180日継続したとき(医師の診断確定が必要です)。

がんの条件は同じですが、大きく異なるのは心疾患・脳血管疾患の条件です。マニュライフ生命は範囲の狭い急性心筋梗塞・脳卒中のみを保障対象としていますが、メットライフ生命は範囲の狭い心疾患・脳血管疾患を保障対象としていますよね(さらに介護も条件に含まれています)。

さらに、マニュライフ生命は「60日ルール」なのに対し、メットライフ生命は「20日ルール+手術」。この点も優れているのはメットライフ生命です。

これだとマニュライフ生命がいいとこなしに見えてしまいますが、大きなメリットがひとつあります。それは、保険料払込免除の条件を満たせば、解約返戻金が一気に増額する点です。

その時点で支払ってない保険料が一括で支払ったのと同じ額の解約返戻金を受け取れるんです。

そうなると、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」はがん保険の代わりになります。がんと診断されたら、即解約して解約返戻金を医療費に充てられます。急性心筋梗塞・脳卒中も保障対象になるので医療保険の代わりとしても使えますよね。

ということで、終身保険・がん保険・医療保険としても使えるマニュライフ生命「こだわり外貨終身」。これは他社の外貨建て終身保険には見られないメリットです。

ちなみに、同じマニュライフ生命が発売している「こだわり終身保険V2」は日本円建ての終身保険なのですが、全く同じ機能をもつ保険料払込免除特約があります。こちらも要チェックです。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は積立利率が1.5%保証。

まず積立利率が何かっていうところですが、終身保険は経費や死亡保険金に使われる部分を除いた積み立て部分(上図だと緑の部分)を運用し、契約者が解約したときに受け取れる解約返戻金に充てています。この積み立て部分を運用して得た利率が積立利率です。

この積立利率がマニュライフ生命「こだわり外貨終身」だと1.5%保証。1.5%を下回ることはありません。積立利率はこちらで確認ができるのですが、いまのところは3%程度で推移できているようですね。

しかし、保証があることはメリットですが、冒頭書いたとおり1.5%は決して高くありません。メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」は3%保証です。

ただし、これも冒頭書きましたが、積立利率の最低保証は低いものの、解約返戻金の戻り率は悪くありません。

パンフレットの例を挙げます。30歳男性が60歳までの30年間、保険金額100,000米ドルで契約した場合です(毎月の保険料は191米ドル)。

積立利率 60歳で解約 65歳で解約 70歳で解約
1.5%
(最低保証)
70,394米ドル
(102.3%)
74,831米ドル
(108.8%)
79,259米ドル
(115.2%)
2.5% 82,471米ドル
(119.9%)
92,554米ドル
(134.6%)
104,080米ドル
(151.3%)
3.0% 89,439米ドル
(130.0%)
103,069米ドル
(149.8%)
118,841米ドル
(172.8%)

カッコ内が戻り率です。支払った保険料総額68,760米ドルに対して、解約するとどれくらい戻ってくるかの割合ですね。100%を超えていれば、お得ということになります。

この例だと、最低保証の1.5%で推移したとしても、戻り率が100%を割ることはありません。米ドル建てで考えれば、元本割れはしない計算ですね。

ご参考までに、メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」と比較してみます。

こちらも30歳男性が60歳までの30年間、保険金額100,000米ドルで契約した場合です(毎月の保険料は134.70米ドル)。

積立利率 60歳で解約 70歳で解約
3.0%(最低保証) 120.6% 143.3%

このケースだと、積立利率3.0%で推移した場合は、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の方が戻り率は高くなるという結果になりました。

まとめると、

ですね。どちらも一長一短です。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は非喫煙者割引あり。1年間タバコを吸ってなければ保険料が約8.6%割引になります。

直近1年間で喫煙習慣がない場合は非喫煙者料率が適用されます

30歳を例に保険料を比較してみます。

【30歳・保障額100,000米ドル・保険料支払期間30年】

マニュライフ生命
「こだわり外貨終身」
男性 非喫煙者割引なし 月々209米ドル 総額75,240米ドル
非喫煙者割引あり 月々191米ドル 総額69,760米ドル
女性 非喫煙者割引なし 月々210米ドル 総額75,600米ドル
非喫煙者割引あり 月々190米ドル 総額68,400米ドル

けっこう割引されてますよね。

ここで比較します。比較対象はメットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」です。メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」は非喫煙者割引なんてないんですけど、結果はこのとおり。

【30歳・保障額100,000米ドル・保険料支払期間30年】

メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」 男性 月々134.70米ドル 総額48,492米ドル
女性 月々117.00米ドル 総額42,120米ドル

同じ保障額ですが、このケースだと大きな開きがありますよね。非喫煙者割引されたとしても、安くなるのはメットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」です。

ただし、これには理由があります。メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」は低解約返戻金型といって、満期を迎える前に解約すると、解約返戻金が支払った保険料の7割程度に抑えられてしまうんです。

満期前の解約返戻金を抑える代わりに保険料を安くしているのが、メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」。いつ解約してもそれなりの解約返戻金を受け取れるのがマニュライフ生命「こだわり外貨終身」です。この違いは抑えておきましょう。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」はマニュライフ生命が破綻しても契約が保護される。

そんな簡単にマニュライフ生命が破綻することはないと思いますが、可能性がゼロというわけでもありません。

生命保険会社が破綻すると以下のパターンのどれかで契約は保護されます。

1)『救済保険会社』が契約を引き継ぐ。
2)『生命保険契約者保護機構』の子会社として設立される『承継保険会社』が保険契約を引き継ぐ。
3)『生命保険契約者保護機構』自らが保険契約を引き継ぐ。

生命保険会社が破綻しても、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」が全額損失になるということはありません。

ここでなぜ破綻の話を書いたかというと、外貨預金と比較をしたかったんです。外貨建て生命保険に似ている金融商品で、外貨で預金する外貨預金があります。外貨預金には以下のメリットがあります。

  • 外貨預金はいつ引き出しても、戻ってくる金額が一定。

しかし、以下の2点について、外貨建て生命保険は外貨預金より優れていると考えています。

  • 外貨預金は預金保険制度の対象外。銀行が破綻したら、保護されるかどうかはわかりません(少なくとも、制度として保護する仕組みはありません)。
  • 外貨預金は「預金」です。死亡保障はありません。

外貨預金よりマニュライフ生命「こだわり外貨終身」が機能性、保護制度の観点からメリットがあります。

こだわり外貨終身の無料相談なら保険見直しラボが便利です。
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」のデメリット

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」 ここにご注意!
  • 【check】為替の影響をモロに受ける。計画が立てにくい。

外貨建て終身保険は仕組みが複雑です。デメリットを知っておかないと、

困惑
こんなことになるなんて…

って20年後に思うかもしれません(契約してすぐ思うかもしれません)。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は為替の影響をモロに受ける。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は外貨で積み立てます。なので、為替レートの影響をモロに受けてしまいます。簡単にまとめると↓の表のようになります。

毎月支払う保険料 受け取れる解約返戻金・死亡保険金
円安傾向 上昇 上昇
円高傾向 下降 下降

端的に言うと、日々変わる為替の影響を受けるため、計画が立てにくいんです。

生命保険は自分のライフプランに合わせて考えるのが王道ですが、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は我々がコントロールできない為替レートで支払う保険料と受け取れる解約返戻金・死亡保険金が変わります。

最も困るのが、万が一の事態が発生し、死亡保険金を受け取る際に超円高だった場合です。日本円で受け取ると想定よりかなり減額されている可能性があります。

毎月支払う保険料も、受け取れる保険金もきっちり計画通りにしたい方には、外貨建て終身保険は向いていないかもしれません。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の評価最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:A(S、A~C)

タバコを吸わない非喫煙者割引が適用できる方なら、選択肢に入るでしょう。メットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」と比較しつつ、検討して損はありません。

タバコを吸う方はちょっと保険料が割高になってしまうんですよね。メリットは薄いかなぁという印象です。

それでも、マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の保険料払込免除特約は強力です。

3大疾病に罹ると解約返戻金が一気に増額される点は他社の外貨建て終身保険にはいまのところありません。保険料払込免除特約に魅力を感じるならば、喫煙習慣に関わらず、選択肢に入れてよい外貨建て終身保険です。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の相談をするなら。

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」は全国の保険ショップで取り扱っています。

そしておすすめは、メットライフ生命も取り扱っている保険ショップで比較してもらうこと。ここまでずらーっと書きましたが、どう考えても外貨建て終身保険の比較なんて専門家じゃないと難しい…。

でも、どこの保険ショップがマニュライフ生命とメットライフ生命の両社を取り扱っているかなんてわかんないですよね。

ふらっと入った保険ショップで

「うち、マニュライフ生命もメットライフ生命も取り扱ってないですよ」

なんて言われたら絶望ですよ。終身保険入る前に絶望ですよ。

ということですので、事前準備は周到に。ニアエルというサイトを利用すれば、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができてしまいます。

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

保険ショップの口コミだって見れます。これが相当便利です。

保険ショップは事前に予約しておきましょう。
・予約しておけば、待たされることはありません。予約優先です(もちろん予約無料)。
・事前に相談内容の概要を伝えておけば、専門スタッフがきっちり下調べしてお出迎えしてくれます。相談が円滑に進みます!

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。自宅でも、職場でも、近所のファミレスでもどこで相談可能。もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫ですよ。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

念のため言い添えておくと、保険見直しラボはマニュライフ生命、メットライフ生命の両社と提携してます。マニュライフ生命、メットライフ生命を含む、30社以上の保険会社と提携しているので、ご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:マニュライフ生命「こだわり外貨終身」

がん・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の条件を満たせば一気に解約返戻金が上がるオプションをつけられます。がん保険・医療保険の代わりにもなり得る外貨建て終身保険です。

しかし、保険料や解約返戻金の返戻率は他社の外貨建て終身保険と良い勝負。他社の外貨建て終身保険(特にメットライフ生命「USドル建終身保険ドルスマートS」)と比較してから申し込みして損はないですよ。

外貨建て終身保険の比較は専門家へ。保険の比較はひとりでやると、とてつもなく面倒です。専門家は身近にいます。買い物帰りに保険ショップへ寄れば、簡単に比較してもらえますよ。保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする