【わかりやすく解説】定期保険のメリットとデメリット

悩む
自分が亡くなったら家族はどうなるんだろう。でも生命保険って高そうだし、入る余裕なんてないし。安く入れる生命保険ないかなぁ…

そんなニーズに応えるのが定期保険です。

定期保険は、

  • 保険料を支払っている期間に亡くなった場合、もしくは高度障害状態になった場合に保険金を受け取れる。
  • 加入者が支払った保険料は掛け捨て。貯蓄性はなし。
  • 貯蓄性がない分、毎月支払う保険料は安い。

といった特徴があります。安い保険料で大きな保障を得られるので、小さい子供がいる家庭に人気の生命保険です。

ちなみにですが、似たような死亡保障を持つ保険に終身保険と収入保障保険があります。3つの保険を比較してみます。

保障内容 保険料 貯蓄性 死亡時の保険金受け取り方
終身保険 死亡保障 高い あり
(解約時に戻ってくる)
一括
収入保障保険 死亡保障
(働けなくなった場合を保障するタイプもあり)
安い なし 分割
(年金方式)
定期保険 死亡保障 真ん中 なし 一括
(年金方式で受け取れる場合あり)

終身保険:掛け捨ての保険なんてありえない!保険料が高くなってもいいから、貯蓄性のある生命保険に入りたい!

収入保障保険:保険料はとにかく安く!でも、万が一の場合に、一括で大金を受け取るのがちょっと不安。年金みたいに毎月定額で、少しづつ受け取りたい。

定期保険:保険料はとにかく安く!万が一の場合には、まとまったお金が必要になる(ローンや借金の返済?)。

ニーズ別に分けると上記になります。どれを選ぶかは、万が一の後のことを考えて慎重に。

3つの生命保険のうち、保険料が最も安くなるのは収入保障保険です。定期保険をお探しの方は収入保障保険も合わせて検討することをおすすめします。収入保障保険については下のリンク先に選び方やメリデメ、生命保険各社の収入保障保険の評価を書いています。ご参考までに。

収入保障保険の選び方

最近は定期保険よりも、収入保障保険の方が人気です。やっぱり保険料の安さが魅力なんでしょう。

この記事では定期保険の概要とメリット・デメリットを説明した上で、定期保険が必要かどうかを考えてみたいと思います。

定期保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック。

定期保険とは?

・定期保険は「掛け捨て」です。貯蓄性はありません。
・保障される期間の決め方に、「年満了」と「歳満了」があります。

定期保険はいわゆる「掛け捨ての保険」です。終身保険にはある解約返戻金(解約したときに払い戻されるお金)が定期保険にはありません。あったとしても微々たる金額です。その分、保険料が安くなるのが大きなメリットです。

また、保険料を支払っている期間(保険期間)のみが保障されます。一生涯の保障ではありません。保険期間内に死亡・高度障害となった場合に保険金が支払われます。

定期保険の保険期間決め方について

保険期間は2通りの決め方があります。

  • 年満了:期間で保険期間を決める。10年間・20年間・30年間といった決め方。
  • 歳満了:年齢で保険期間を決める。50歳まで・55歳まで・60歳までといった決め方。

どちらを選んでも大差はありません、大切なのは、保障が必要な期間(末の子供が独立するまでの期間になることが多いです)をカバーできるかです。

よく聞く定期保険の「更新」ってなに?

保険期間が終了に近づくと、「更新のおたより」みたいなハガキが届く場合があります。「更新」とは、保険期間が切れそうな生命保険に対して、継続するか否かっていうことですね。

定期保険には大きく分けて更新型と全期型の2種類があります。「更新」があるのは、その名のとおり「更新型」です。

更新型

保険期間を短め(短いといっても10年くらいですが)にして、更新を繰り返すタイプの定期保険です。

よくあるのが、保険期間を10年として、10年ごとに更新されるタイプですね(自動更新されることが多いです)。

更新しても保障内容は同じですが、保険料が上がります。

全期型

保険期間を長めにして(定期保険だと60歳までとか?)、更新を不要にするタイプの定期保険です。

更新が不要なので、保険期間中は保険料がずっと変わりません。もちろん保障内容もずっと同じです。

更新型と全期型の保険料を比較すると…

トータルの保険料が安くなるのは全期型の場合が多いです。

ですので、全期型がお得になるのですが、若いうちは毎月の保険料支払いに余裕がないことだってありますよね。その場合は、更新型で契約しておいて、保険期間の終了が近づいたときに、その時点で最も安い定期保険に乗り換えるという手段もアリだと思います。

逓減定期保険について

最近はあまり見なくなりましたが、「逓減(ていげん)定期保険」というタイプの定期保険もあります。

逓減定期保険とは、保障額を年々低減する代わりに、保険料が安くなる定期保険です。

例えばこんな感じです。

  • 子供が10歳になるまでは保険金額2,000万円にしておこう。
  • 子供が10歳以降は毎年保険金額を100万ずつ減額していこう(その分保険料は安くなる)。

一般的には子供が大きくなるにつれて、必要な保障額は低くなっていきます。子育て世代には合理的な定期保険だと思います。

しかし、冒頭に書いたように同じような仕組みの収入保障保険が最近は人気です。

収入保障保険は最近の売れ筋で、生命保険各社がかなり力を入れて開発しています。良い感じの収入保障保険もあるので、選択肢に入れてみてください。

ちなみに、ご夫婦の場合はFWD富士生命の「FWD収入保障」を選択肢に入れてほしいです。詳しくは下のリンク先に書いています。

FWD富士生命「FWD収入保障」のデメリットと評価

定期保険のメリット

定期保険は安い保険料で大きな保障を得られるのが最大のメリットです。

定期保険のメリットは何といっても保険料の安さです。毎月1,000円程度の保険料で、1,000万円の保障を得ることも可能です。

さらに、定期保険は生活習慣、健康状態によって保険料が割り引かれる場合があります。

  • 非喫煙者は保険料が安くなる。
  • 標準体型(BMIで判定)なら保険料が安くなる。
  • 血圧が標準値以下なら保険料が安くなる。

生活習慣、健康状態に自信がある人はさらに保険料が安くなるかもしれません。

一例をあげると、チューリッヒ生命の定期保険プレミアムは健康体割引を採用しており、条件を満たせば保険料が最大40%程度割引になります。

チューリッヒ生命「定期保険プレミアム」デメリットと評価

定期保険のデメリット

定期保険は掛け捨てです。貯蓄性はありません。
また、将来のインフレに弱いのも特徴です。

定期保険は貯蓄機能がありません。「掛け捨て」ですので、支払った保険料が戻ってくるということはありません。解約返戻金もゼロ、もしくは限りなくゼロに近い金額となります。

保険期間中に何もないと、なんだか損した気分になりますよね。
(何もなかったことが幸せなんですけど)

それと、定期保険はインフレに弱いです。日本はしばらくデフレが続いているので、この点にあまり注目されてませんが、現在の1000万円と30年後の1000万円は同じ価値にはならない場合が多いです。

インフレ率が毎年2%だった場合、30年後の購買力は半分になります。つまり1000万円でリンゴ10個買えていたものが、30年後はリンゴ5個しか買えなくなります。

定期保険は必要?

これまで定期保険の概要、メリット、デメリットを説明してきました。核心に入りますが、定期保険は必要なのでしょうか。

独身の場合

独身の場合、自分が亡くなった後に保険金が支払われる定期保険は不要です。自分が亡くなった後よりも、自分が長生きするリスクに備えた保険(医療保険や個人年金保険)の方が優先度は高いでしょう。

ただし、以下の場合は定期保険に加入してもよいかもしれません。

  • お子さんがいる人(シングルマザー・シングルファザー)。
  • 親や兄弟を養っている人。
  • 自分の葬式代を保険金から捻出したい人

自分が亡くなることで、経済的に困窮する人がいる場合に必要なのが定期保険です。

子供がいない夫婦の場合

経済的に余裕があるのなら、「掛け捨て」の定期保険よりも、貯蓄性のある終身保険をおすすめします。

子供がいない夫婦であれば、万が一のことが起こっても即経済的に困窮するケースは少ないのではないでしょうか。終身保険であれば、老後に解約すれば解約返戻金として支払った保険料は戻ってきます。戻ってきた解約返戻金を老後の資産に回しても良いですよね。

毎月の保険料は高くなりますが、支払う余裕があるのなら、定期保険よりも終身保険がよいでしょう。

子供がいる夫婦の場合

お子さんがいる場合は定期保険もしくは終身保険は必須です。

家族の大黒柱に万が一のことがあった場合、残された家族の経済的な困窮を考えると、定期保険は間違いなく必須ですし、そのために定期保険は存在すると言えます。

家のローンだったり、子供の教育費だったり、40代は何かとお金が必要な時期です。その中、保険料を安く抑えられる定期保険は強力なツールです。

こんな場合は定期保険を上手に活用しましょう。

  • 終身保険の保険料は高い。もっと安く、万が一に備えたいと考えている。
  • 終身保険に加入しているが、子供が小さい期間だけ保障を手厚くしておきたい。
  • 住宅ローンが払い終わるまでの間だけ、保障を手厚くしておきたい。

ただし、経済的に余裕がある場合は掛け捨ての定期保険よりも、貯蓄性のある終身保険が良いです。

終身保険は一生涯の保障があるので万が一の備えにもなりますし、終身保険は解約すれば解約返戻金を受け取れます。老後に解約すれば老後資金に活用することもできますね。

定期保険 日本人の保険金額平均は

定期保険の保険金額(亡くなったら支払われる金額)は世帯によって様々ですが、平均は気になりますよね。

保険金額を決める際の参考に調べてみました。

ちなみにですが、保険金額の決め方は以下のリンク先に書いています。こちらもご参考に。

保険金額の決め方・目安はこうなります!

保険金額の平均

平成27年に生命保険文化センターが実施した調査だと、保険金額の全世帯平均は2,423万円になるそうです。

内訳は世帯主の保険金額平均が1,509万円、妻の保険金額807万円です。

40代に絞ると以下のとおりです。

40歳~44歳:3,277万円
45歳~49歳:3,388万円

みなさんしっかりしてますね。ちなみに、45歳から54歳くらいの年代をピークに、徐々に保険金額は下がっていきます。

最も重要なのは定期保険の相談を誰にするのかということ。

このサイトでも生命保険各社の定期保険を比較していますが、各社しのぎを削って様々なタイプの定期保険を発売してます。

定期保険は選び方が大切です。一例をあげると、

・タバコも吸わないし、健康に気を配っているのに、健康体割引のない定期保険に加入してしまった。

この失敗だけで、毎月2,000円の損。20年間で48万円の損になります。恐ろしいですよね。

自分のライフプランにあった定期保険を探すためには、専門家の力を借りましょう。専門家は世の中にたくさんある定期保険の中から、あなたにピッタリの定期保険を探し出してきてくれます。

生命保険会社の営業に定期保険の相談をしてはいけません。当然のことながら、生命保険会社の営業は自社の定期保険を売り込むために、自社に有利な比較をしてきます。

【おすすめ】定期保険の無料相談窓口。

専門家は意外と身近にいます。複数の生命保険会社の終身保険を取り扱う保険ショップです。

保険ショップっていまや至るところにありますけど、ちょっと入りにくいですよね。

「強引に勧誘されたらどうしよう…」

「断ってもしつこく電話きたらどうしよう…」

とかそんな不安があると思います。

しかし大丈夫。保険ショップに相談したら絶対に保険の契約をしなければならないっていうことはありません。しつこい電話もありません(僕の経験上、相談後に電話があったのは1回だけ)。

もしそんな強引な勧誘とか、しつこい電話をされた場合は消費者センターに駆け込みましょう。保険業法という法律に違反するため、保険ショップが処罰されます(なので、保険ショップは強引な勧誘やしつこい電話ができません)。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

僕の友人何人かが相談したのですが、営業されるわけではなく、親身に話を聞いてくれたとのこと。30社の生命保険をいっしょに比較し、結果的に毎月の保険料が15,000円程度安くなった友人もいました。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

まとめ

定期保険はお手頃な保険料で大きな保障を得られる点が大きなメリットです。

お子さんが小さくて、万が一の場合には大きな金額が必要だけど、手元の資金にはそんなに余裕がない若いご夫婦には最適の生命保険です。

しかし、お手頃な保険料で大きな保障を得られるのは定期保険だけではありません。最近は収入保障保険の方が人気だったりします。収入保障保険は万が一の場合に年金方式(毎月定額が支給される)で保険金を受け取れます。計画が立てやすく、合理的な保障内容になるのが人気のポイントです。

収入保障保険の選び方

とはいえ、自分のライフプランにぴったりあった生命保険を探すってけっこうしんどい作業です…。そんなときは無理せず専門家の力を借りましょう。

専門家は身近にいます。近所の保険ショップです。相談は無料ですし、もちろん強引な勧誘もなければ、相談したからって提案された生命保険に必ず入らなければならないなんてこともありません。気軽な気持ちで相談してだいじょうぶですよ。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする