【評価C】楽天生命「スーパーがん保険」のデメリットと評価

オーソドックスながん保険は入院1日に対して入院給付金を給付するタイプですが、楽天生命「スーパーがん保険」はちょっと違います。

治療があったその都度、給付金を給付します。入院だけでなく、通院しながらの治療であっても保障対象になります。

入院が短期化していて、入院給付金があまり効果的でなくなってる現状では有効ながん保険ですが、他社にも同じような治療ベースのがん保険があります。同じような他社のがん保険と比較するとちょっと見劣りするかなぁというのが正直な印象です。

まぁでも楽天経済圏で暮らしている方(楽天の大ファンである方)なら検討する価値のあるがん保険でしょう。楽天スーパーポイントバックの対象となります。

楽天生命「スーパーがん保険」ここがポイント
  • 治療ベースで保障するタイプのがん保険です。
  • 同じような治療ベースの他社のがん保険よりちょっと見劣りするかも…。
  • 楽天スーパーポイントバックの対象です。

がん保険は大きく3つのタイプに分けることができます。

①入院ベースで保障するがん保険。よくある「入院1日1万円!」といった保障内容のがん保険です。入院日数×入院給付金(5千円とか1万円)を受け取ることができます。

②一時金ベースで保障するがん保険。がんと診断されたらまとまった金額(100万円とか)がドンっと給付されるがん保険です。

③治療ベースで保障するがん保険。手術・抗がん剤・放射線といったがんの治療を受けるたびに定額(10万円とか)が給付されるがん保険です。

楽天生命「スーパーがん保険」は典型的な「③治療ベースで保障するがん保険」です。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. 先進医療特約の保障内容。保険料が一生涯変わらない終身型であること、保障額上限が2,000万円であること。できれば一時金を受け取れることの3点が重要です。
  2. がん診断一時金の給付条件。がん診断一時金の給付条件は生命保険各社バラバラです。差が出るのは一時金の2回目以降の給付条件です。2回目以降の給付間隔が1年で、給付条件に通院が含まれているのがベストです。
  3. 通院保障の保障期間。通院保障の保障期間も生命保険各社バラバラです。最近のがん治療は入院が短期化しており、その代わりに通院が長期化しています。
  4. 抗がん剤治療の保障範囲。健康保険が適用されない自由診療の抗がん剤治療が保障対象となっていればベストです。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点について楽天生命「スーパーがん保険」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
先進医療特約の保障内容 タイプ:10年更新型
保障額上限:2,000万円
一時金:なし
C
がん診断一時金の給付条件 給付回数:6回まで
給付間隔:1年
1回目の給付条件:がんと診断確定
2回目以降の給付条件:がんで入院
B
通院保障 なし
抗がん剤治療の保障範囲 健康保険適用範囲内のみ。 B

先進医療特約は10年更新型です。10年ごとの保険料が上がります。他社は終身型といって一生涯保険料が変わらないタイプもありますが、楽天生命「スーパーがん保険」は10年更新型です。

また、がん診断一時金の給付間隔が1年であることは良い点なのですが、給付回数が6回限度である点が若干痛いです。一生涯でがん診断一時金を6回受け取ることは稀ですが、制限がある点はデメリットでしょう。他社のがん保険では、回数無制限で給付されることが多いです。

それと治療ベースのがん保険なので通院保障がない点はそんなに気にしなくてもよいのですが(通院でも治療を受ければ保障される)、抗がん剤治療の保障範囲が健康保険適用範囲内に限定されるのはちょっと残念です。最近は欧米では認可されているものの、日本国内では自由診療(全額自己負担)となる抗がん剤治療まで保障するタイプのがん保険が増えてきています。

繰り返しますが、楽天生命「スーパーがん保険」は治療ベースのがん保険です。

同じような治療ベースの保障があるがん保険にメディケア生命「メディフィットがん保険」があります。これが強力です。楽天生命「スーパーがん保険」をご検討の方は、両者を比較してみてください(この後比較します)。

がん保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

がん保険おすすめ比較ランキング

がん保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓をクリック!

楽天生命「スーパーがん保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【抗がん剤治療給付金】
抗がん剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【ホルモン剤治療給付金】
ホルモン剤治療を受けた月に定額が給付されます。
【放射線治療給付金】
放射線治療を受けた月に定額が給付されます。
【手術給付金】
手術1回につき定額が給付されます。
【保険料払込免除】
がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
【がん治療支援給付金】
初めてがんと診断された場合に、一時金が給付されます。
【がん診断給付金】
がんと診断された場合に、一時金が給付されます。
【上皮内新生物診断給付金】
上皮内がんと診断された場合に、一時金が給付されます。
【入院給付金】
入院1日に対し、定額が給付されます。
【先進医療給付金】
健康保険が適用されない先進医療の技術料が給付されます。
保険料を支払う期間 終身払(一生涯)のみ。
保険料を支払う回数 月払のみ。
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 対面・郵送・ネット

【楽天生命「スーパーがん保険」】保障内容を評価します。

がん保険は各社趣向を凝らした特約をラインナップしてます。それはもうラインナップし過ぎてどれが必要で、どれが不要かわからなくなるほどです。

楽天生命「スーパーがん保険」も様々な特約があります。その特約ひとつひとつを評価していきたいと思います。

【基本保障】抗がん剤治療給付金/ホルモン剤治療給付金/放射線治療給付金/手術給付金/

基本保障は取り外しできません。必ずついてくる保障です。各給付金の保障内容は以下のとおりです。

給付金 給付額 給付条件 給付間隔
抗がん剤治療給付金 基本給付金額
(10万円or20万円or30万円)
公的医療保険制度の給付対象となる抗がん剤治療を受けたとき。 月1回
(36回限度)
ホルモン剤治療給付金 基本給付金額の20%
(2万円or4万円or6万円)
公的医療保険制度の給付対象となるホルモン剤治療を受けたとき。 月1回
(60回限度)
放射線治療給付金 基本給付金額
(10万円or20万円or30万円)
公的医療保険制度の給付対象となる放射線治療を受けたとき。 60日1回
(無制限)
手術給付金 基本給付金額
(10万円or20万円or30万円)
・公的医療保険制度の給付対象となる手術を受けたとき。
・公的医療保険制度の給付対象となる骨髄移植術を受けたとき。
無制限
保険料払込免除 がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます。

繰り返しますが、楽天生命「スーパーがん保険」は治療ベースで給付金が給付されるタイプのがん保険です。がん保険は大きく上記の3タイプに分かれます。

  1. 入院日数をベースに治療費をカバーするタイプのがん保険。
  2. 一時金で治療費をカバーするタイプのがん保険。
  3. 治療ベースで給付金を給付するタイプのがん保険。

最近はがんの入院日数が短期化しているため、2と3が増えつつあります。3のタイプである楽天生命「スーパーがん保険」は現状のニーズにあったがん保険ですね。

さて、ここで同じく治療ベースで給付金を給付するメディケア生命「メディフィットがん保険」と基本保障を比較してみます。

楽天生命
「スーパーがん保険」
メディケア生命
「メディフィットがん保険」
抗がん剤治療 ・公的医療保険制度の給付対象のみ保障。 ・公的医療保険制度の給付対象を保障。
・日本未承認(公的医療保険制度の給付対象外)で、欧米で承認された所定の抗がん剤・ホルモン剤治療も保障。
ホルモン剤治療
放射線治療 ・公的医療保険制度の給付対象を保障。
手術 ・公的医療保険制度の給付対象のみ保障。 ・公的医療保険制度の給付対象を保障。
保険料払込免除 ・基本保障 ・オプションで保障あり

両者の大きな違いは自由診療となる抗がん剤・ホルモン剤治療をメディケア生命「メディフィットがん保険」は保障対象にしている点です。

自由診療となる治療は健康保険が適用されず、全額自己負担です。健康保険が適用されない治療こそ、民間のがん保険の出番なのですが、楽天生命「スーパーがん保険」は公的健康保険が対象としている抗がん剤治療・ホルモン剤治療のみ保障対象。保障範囲が狭くなっていますね。

ここでまた比較してみます。両者の保険料です。

楽天生命
「スーパーがん保険」
メディケア生命
「メディフィットがん保険」
30歳男性 1,370円 910円
30歳女性 1,540円 1,360円
40歳男性 1,810円 1,420円
40歳女性 1,980円 1,890円

※楽天生命「スーパーがん保険」は基本給付金10万円の保険料。メディケア生命「メディフィットがん保険」は基本給付金10万円に保険料払込免除特約ありの条件で試算しています。

保障範囲の広いメディケア生命「メディフィットがん保険」の方が保険料は安くなることが多いでしょう。現状、治療ベースで保障するがん保険ならメディケア生命「メディフィットがん保険」が最強と感じます。

ちなみにですが、楽天生命「スーパーがん保険」だと、抗がん剤治療とホルモン剤治療が80歳までしか保障されません。現在の医療では80歳を過ぎて抗がん剤治療・ホルモン剤治療を行うケースは稀ですが(治療に耐える体力がないため)、将来的にはどうなるかわかりません。現役世代にとって、この点は楽天生命「スーパーがん保険」の見逃せないデメリットです。

【重要です】がん治療支援給付金・がん診断給付金

がんと診断された場合に大きな金額の一時金を受け取れる特約です。受け取った一時金は治療費や、収入が減少した場合の生活費補填等に使えます。とても使い勝手の良い一時金ですね。

給付金 給付額 給付条件 給付間隔
がん治療支援給付金 基本給付金額の5倍
(50万円or100万円or150万円)
初めてがんと診断されたとき。 1回のみ。
がん診断給付金 以下から選択可能。
・50万円
・100万円
・200万円
■1回目
がんと診断されたとき。
■2回目以降
がんで入院したとき。
年1回(6回まで)
上皮内新生物診断給付金 がん診断給付金の半額 上皮内がんと診断されたとき。 1回のみ。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】給付間隔が1年。他社は2年の場合もあり。
  • 【BAD】上皮内がんは給付額が半額で、1回しか給付されない。
  • 【BAD】2回目以降の給付は入院が条件。診断・通院だけでは給付されない。
  • 【BAD】給付回数に上限あり。他社は無制限の場合あり。

他社のがん保険と比較すると、良い点と悪い点が入り乱れてます。

1年間隔で一時金給付は素晴らしいです。最近のがん保険は1年間隔が増えてきてますが、古いがん保険だと2年に1回とかもあります。この点はメリットです。

しかし、2回目以降の給付条件が入院であること、そして上皮内がんの給付額が半額になり、しかも1回しか給付されない点は注意が必要です。

給付条件が入院だけだと、通院治療の場合は一時金が給付されません。先述のとおり、現在のがん治療は入院よりも通院に重きが置かれつつあります。2回目以降の給付条件が入院のみである点はデメリットでしょう。

上皮内がんとはがんの初期段階で、手術でサッと切り取ってしまえば、完治する可能性が高いと言われています。

上皮内がんを気にする必要があるのは、特に女性です。乳がんは上皮内がんであっても通常のがんと同程度の治療が必要になるケースがあります。給付額が半額になってしまうのは辛いところですよね。

ちなみに、一時金の給付条件が素晴らしいがん保険は朝日生命「スマイルセブンSuper」です。給付間隔が1年に1回、そして2回目以降の給付条件は診断のみなので、かなり加入者に優しい保障条件です。

このサイトでは、がんの医療費はがん保険の診断一時金で早期に確保しておくことを推奨しています。早い段階で医療費の不安を軽減することで、治療に専念できるようになるのがその理由です。

【重要です】がん先進医療特約

健康保険が適用されない先進医療を受けた際に一時金が給付される特約です。先進医療は数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上で欠かせない特約です。

給付額 給付条件
・先進医療の技術料実費(保障期間通算で2,000万円まで保障) 先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障期間通算で2,000万円まで保障。
  • 【BAD】一時金が給付されない。
  • 【BAD】終身型ではなく、10年更新型。

他社でも先進医療特約の保障額上限が2,000万円であることが多いのですが、極稀に上限500万円とか1,000万円までの保障のがん保険もあります。楽天生命「スーパーがん保険」はきっちり2,000万円まで保障。この点は安心ですね。

一方で、一時金が給付されない点は気にしておいていいでしょう。

先進医療を対応できる病院は限られているため、遠方に移動することもあり得ます。その場合の旅費や宿泊費を賄うために、一時金を10万円程度給付してくれるがん保険もあります。一時金の給付がない楽天生命「スーパーがん保険」はちょっぴり残念です。

また、終身型ではなく、10年更新型である点はデメリットです。

先進医療特約には2つのタイプがあります。

終身型:一生涯保険料が変わらない
10年更新型(定期型):10年後の保険料が更新される。

現状は月100円程度の保険料で追加できる先進医療特約ですが、将来的に先進医療に組み込まれる治療が増え、保険会社の保険金支払額が増加すれば保険料が上がる可能性もあります。

終身型であれば保険料は一生涯変わりませんが、10年後に保険料が更新(上がる可能性が高い)される点は楽天生命「スーパーがん保険」の大きなデメリットです。

【そんなに重要ではありません】ガン入院特約

給付額 給付条件 保障期間 上皮内がん
入院1日あたり5,000円or10,000円で選択可能。 入院したとき。 無制限 給付対象

繰り返しますが、がんの治療は入院が短期化し、その分自宅療養をしながらの通院が長引く傾向にあります。入院日数の平均は以下のとおりです。

胃の悪性新生物:19.2日
結腸及び直腸の悪性新生物:15.7日
肝及び肝内胆管の悪性新生物:16.9日
気管、気管支及び肺の悪性新生物:16.3日

参考にしたのは生命保険文化センターです。がん系の入院は平均20日未満で退院できます。意外と短いですよね。

入金給付金は健康保険適用外となる以下の入院費用に使われることが多いです。

  • 差額ベッド代(個室代)
  • 食事代
  • 交通費
  • 入院中の生活雑貨

上の4点は全額自己負担となります。でも、各々どれくらいかかるか想像もつきませんよね。個別に見ていきます。

差額ベッド代:平均6,188円

差額ベッド代は1部屋を何人で使うかによって料金が変わります。厚生労働省の調査によると平均は以下のとおり。

1人部屋 7,797円
2人部屋 3,087円
3人部屋 2,800円
4人部屋 2,407円

1人部屋が突出してます。プライベートが確保できる1人部屋なら、周囲に気遣いせず治療に専念できますよね。特に女性の場合はプライベートが守れる1人部屋願望が強いかもしれません。

ちなみに、大部屋なら差額ベッド代は不要です。

食事代:1食460円(1日1,380円)

食事代は固定額です。ただし、住民税非課税世帯等の場合はもう少しお安くなります。
(参考 全国健康保険協会

交通費、生活雑貨:マチマチ

交通費、生活雑貨は人によってマチマチですよね。自宅近くに病院に入院すれば安く済みますし、遠くであれば交通費はかかります。

以上、合計すると差額ベッド代平均と食事代で7,568円となりました。この金額に、交通費や生活雑貨、そのほか諸々の費用が追加されると、入院給付金は10,000円あれば十分と言えます。貯蓄に余裕がある方なら、5,000円でも十分でしょう。

しかし、繰り返しますが、がんの入院は短期化する傾向にあります。がん入院特約をつける必要性は薄いでしょう。

まとめます。

僕が楽天生命「スーパーがん保険」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:基準給付金額10万円
  • 特約:がん診断給付金(50万円)、がん先進医療特約

これで40歳男性の保険料は3,421円、40歳女性は3,341円です。

しかし、治療ベースのがん保険なら、保険料・保障内容の観点から評価して、メディケア生命「メディフィットがん保険」の方が魅力的に映ります。楽天生命「スーパーがん保険」を検討されているなら両者を比較してみてください。

がん保険の相談は保険ショップで!保険ショップの予約は↓からできます!

保険のプロに無料で相談【保険相談ニアエル】

楽天生命「スーパーがん保険」のデメリット

楽天生命「スーパーがん保険」ここにご注意!
  • 【check】メディケア生命「メディフィットがん保険」の存在。
  • 【check】抗がん剤治療・ホルモン剤治療の保障対象が80歳まで。
  • 【check】先進医療特約が10年更新型。

何度も繰り返しますが、同じ治療ベースのがん保険であるメディケア生命「メディフィットがん保険」と比較してみてください。。楽天生命「スーパーがん保険」が気になっている方は、メディケア生命「メディフィットがん保険」との比較は必須です。

また、抗がん剤治療・ホルモン剤治療の保障が80歳までという点も気になります。現在は80歳を過ぎて抗がん剤治療・ホルモン剤治療を受けることは稀ですが、20年後、30年後はどうなってるかわかりません。

最後に、先進医療特約が10年更新型という点もデメリットです。がん保険に入る際に、先進医療特約は追加しておくべき特約ですが、先進医療特約を目的にがん保険を選ぶなら、楽天生命「スーパーがん保険」はちょっと見劣りするかなという印象です。

楽天生命「スーパーがん保険」のメリット

楽天生命「スーパーがん保険」ここがポイント!
  • 【check】楽天スーパーポイントバックの対象。

以下の条件を満たせば、楽天スーパーポイントバックの対象となります。

  • 月払保険料2,000円以上。
  • 1年以上契約。

上記を満たせば、最大5年間で6,000ポイントの楽天ポイント、もしくは5年間で総額5,000円の保険料割引を受けられます。

楽天カードで保険料を支払えば、さらに保険料がお得になります。上述した保障内容(40歳男性の保険料は3,421円、40歳女性は3,341円)なら、年間で600ポイント(600円)保険料が割引になります。

しかしながら、割引を受けられたところで、メディケア生命「メディフィットがん保険」の保険料より安くなる可能性は低いでしょう。楽天ポイントの存在はメリットではあるものの、楽天生命「スーパーがん保険」を選択する決め手にはならないかと。

楽天生命「スーパーがん保険」の評価。

評価:「C」(S、A~Cで判定)。

デメリットに書きましたが、ちょっと気になる点が多いです。その割に、楽天生命「スーパーがん保険」にしかないメリットも見当たらず…。楽天生命「スーパーがん保険」を検討されている方は、他社のがん保険と必ず比較をしてみた方がよいでしょう。

よって評価は「C」としました。

ちなみにですが、バランスの取れたがん保険、もしくは一時金の給付条件が良いがん保険をお探しながら、↓も要チェックです。

●入院・通院・各種治療に対するバランスが良く、一時金の給付間隔も1年。保険料も安く収まる三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

●治療ベースのがん保険でがんの3大治療(手術・抗がん剤・放射線)と自由診療の抗がん剤治療もしっかりカバー。特約を追加すれば一時金や通院も保障対象にできて、それなのに保険料は安く収まるメディケア生命「メディフィットがん保険」。

●一時金ベースのがん保険で一時金給付の条件は完璧。女性特有のがんの手術を手厚く保障できて、しかも自由診療となる抗がん剤治療を3,000万円まで保障するFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」

楽天生命「スーパーがん保険」に申し込むなら。

楽天生命「スーパーがん保険」のはネットから申し込みができます。楽天生命の公式サイトから申し込みができます。

ちなみに、メディケア生命「メディフィットがん保険」は全国の保険ショップから申し込みができます。

保険ショップまで行くのはちょっと面倒ですが、長いお付き合いになるがん保険です。ネットの情報だけで決めてしまうと後々後悔することにもなりかねません。しっかりとがん保険の専門家から説明を聞いて、納得してから申し込みするようにしましょう。

保険ショップの検索・予約はニアエルからできます。取り扱っている生命保険会社を条件に検索できるので、チューリッヒ生命を取り扱っている保険ショップは簡単に見つかりますよ。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、がん保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

自宅でも職場でも近所の喫茶店でもファミレスでも、どこでも訪問してくれます。もちろん訪問してくれても相談は無料です。

念のためお伝えしておくと、保険見直しラボはチューリッヒ生命と提携してます。保険見直しラボの全スタッフがチューリッヒ生命の生命保険を取り扱うことができるのでご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:楽天生命「スーパーがん保険」

楽天生命「スーパーがん保険」は治療ベースに保障するがん保険ですが、保障内容に気になる点があり、他社のがん保険との比較はしておいた方がよいでしょう。同じような治療ベースのがん保険、もしくはバランスの取れたがん保険、一時金の給付条件が良いがん保険をお探しながら、↓も要チェックです。

●入院・通院・各種治療に対するバランスが良く、一時金の給付間隔も1年。保険料も安く収まる三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

●治療ベースのがん保険でがんの3大治療(手術・抗がん剤・放射線)と自由診療の抗がん剤治療もしっかりカバー。特約を追加すれば一時金や通院も保障対象にできて、それなのに保険料は安く収まるメディケア生命「メディフィットがん保険」。

●一時金ベースのがん保険で一時金給付の条件は完璧。女性特有のがんの手術を手厚く保障できて、しかも自由診療となる抗がん剤治療を3,000万円まで保障するFWD富士生命「がんベスト・ゴールド」

しかし、他社のがん保険との比較は自分でやると、とっても面倒です。面倒なことは専門家へ。がん保険の専門家がいる保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする