【評価C】ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」デメリットと評価

がん心配
ネットで見つけたライフネット生命のがん保険ってどうなんだろう…。保険料が安い印象あるけど…。

テレビCMが頻繁に流れるライフネット生命。ネット専業生命保険会社の草分け的存在ではありますが、がん保険に関して言えば「うーん、これはちょっと…」というのが正直な感想です。

ライフネット生命のがん保険をご検討されている方は、他社のがん保険と比較してみましょう。がん保険を発売しているのはもちろんライフネット生命だけではありません。

ライフネット生命「ダブルエール」ここがポイント
  • 保険料は安くありません。
  • 保障内容は3種類のパッケージから選びます。選ぶ手間は省けますが、選択の自由度は下がります。
  • 保障内容にクセがあり、他社のがん保険とは異なる特色があります。

がん保険の選び方のポイントは↓のリンク先に書いています。

がん保険の選び方

リンク先の内容を要約すると、選び方で大切なのは以下の4点です。

  1. がん診断一時金、先進医療保障、通院保障の手厚さ。がん保険で必要な保障はこの3つです。他の保障の優先度はこの3つに劣ります。
  2. がん診断一時金の支給条件。がん診断一時金の支給条件は生命保険各社バラバラです。がんの治療費は一時金で確保することが経済的にも精神衛生的にも重要です。
  3. 通院保障の保障期間。通院保障の保障期間も生命保険各社バラバラです。最近のがん治療は入院が短期化しており、その代わりに通院が長期化しています。
  4. 無料で受けられるセカンドオピニオンサービスの有無。主治医の意見は絶対に正しいとは限りません。主治医以外の意見(セカンドオピニオン)を無料で聞けるサービスは命にかかわるがんにおいては重要です。

まずはざっと概要を書いておきます。上の4点についてライフネット生命「ダブルエール」の概要と評価は以下のとおりです。

項目 内容 評価
(S、A~C)
「がん診断一時金」
「先進医療特約」
「通院保障」の保障有無
がん診断一時金:あり
先進医療特約:あり
通院保障特約:あり(治療サポート給付金)
A
がん診断一時金の支給条件 支給回数:1回のみ
支給間隔:ー
支給条件:がんと診断確定
C
通院保障 約款所定の治療をした月に10万円支給。 A
セカンドオピニオンサービス あり(電話相談のみ)。 B

がん診断一時金の支給は1回のみ。1回だけポンっと支給されて終わりです。

他社は1年に1回、回数無制限で一時金を支給するがん保険があります。ライフネット生命「ダブルエール」を検討されているなら、他社のがん保険と絶対に比較してみてください(このあと比較していきます)。

がん保険は下記のリンク先で比較をしています。こちらもご参考に。

がん保険おすすめ比較ランキング

がん保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

ライフネット生命「ダブルエール」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他のがん保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【がん保険】
・がんに備える保険です。
・貯蓄性はありません。支払った保険料は掛け捨てです。
・保険料が値上がりすることはありません。
基本保障
(取り外しができない保障)
【がん診断一時金】
がんと診断確定したときに一時金が支給されます。
【上皮内新生物診断一時金】
上皮内がんと診断確定したときに一時金が支給されます。
【治療サポート給付金】
約款所定の治療を受けたとき月に定額が支給されます。
【がん収入サポート給付金】
がん診断一時金が支払われた場合、翌年以降生存していた場合に毎年一時金が支給されます。
【がん先進医療給付金】
健康保険が適用されない先進医療の技術料が支給されます。
【保険料払込免除】
がんと診断された場合、それ以降の保険料の払い込みが免除されます。
特約
(好みによってつけたり外したりができるオプション)
なし
保険料を支払う期間 終身(一生涯)のみ。
保険料を支払う回数 月払のみ。
保険料を支払う方法 口座振替、クレジットカード払から選択可能。
保障される期間 終身(一生涯)
加入方法 ネットのみ

【ライフネット生命「ダブルエール」】保障内容を評価します。

がん保険は各社趣向を凝らした保障内容をラインナップしてます。それはもうラインナップし過ぎてどれが必要で、どれが不要かわからなくなるほどです。

ライフネット生命「ダブルエール」は保障内容の選択方法が変わっています。シンプル・ベーシック・プレミアムの3つのパッケージから選択します。

シンプル ベーシック プレミアム
がん診断一時金
上皮内新生物診断一時金
治療サポート給付金 ×
がん先進医療給付金 ×
がん収入サポート給付金 × ×
保険料払込免除

治療サポート給付金はいらないけど、がん先進医療給付金はほしい!といったような選択はできません。ちょっと自由度が下がります。

【基本保障】がん診断一時金・上皮内新生物診断一時金

名称 支給額 支給条件 支給間隔
がん診断一時金 以下から選択可能。
・100万円
・150万円
・200万円
・250万円
・300万円
初めてがんと診断されたとき。 1回のみ
上皮内新生物診断一時金 がん診断一時金の半額。 初めて上皮内がんと診断されたとき。 1回のみ

基本保障なので上記の保障は取り外しはできません。ライフネット生命「ダブルエール」に加入した場合は必ず保障されます。以下、ポイントです。

  • 【BAD】支給回数が1回のみ。他社はがん診断一時金を1年1回で無制限に支給する場合あり。
  • 【BAD】上皮内がんの支給額が半額となる。他社はがん診断一時金と同額の場合あり。

支給回数がさみしいです。がんは再発・転移を繰り返す可能性があり、支給が1回だけだとちょっと不安ですよね。

また、上皮内がんの一時金が半額となるのもデメリットです。

上皮内がんとはがんの初期段階で、手術などにより完治する可能性が高いと言われています。

上皮内がんを気にする必要があるのは、特に女性です。乳がんは上皮内がんであっても通常のがんと同程度の治療が必要になるケースがあります。支給額が半額になると不安が残ります。

まとめると、ライフネット生命「ダブルエール」のがん診断一時金はかなり厳しい内容です。1回だけしか支給されないってどういうこと!っていうのが正直な感想です。

ちなみにですが、がん診断一時金重視でがん保険を選ぶなら、朝日生命「スマイルセブンSuper」を選択肢に入れてみて下さい。1年に1回、回数無制限で支給してくれます。

【基本保障】がん先進医療給付金

健康保険が適用されない先進医療を受けた際に一時金が支給される特約です。先進医療は数百万円かかることも多く(全額自己負担)、人生一発退場を避ける上で欠かせない特約です。

支給額 支給条件
先進医療の技術料実費(保障期間通算で2,000万円まで保障)。 先進医療を受けた場合。

以下、ポイントです。

  • 【GOOD!】保障期間通算で2,000万円まで保障。
  • 【BAD】一時金の支給がない。

保障期間通算で2,000万円まで保障は他社と同水準です。特に問題はありません。

また、先進医療を対応できる病院は限られているため、遠方に移動することもあり得ます。その場合の旅費や宿泊費を賄うために、一時金を10万円程度支給してくれるがん保険もあります。一時金の支給がないライフネット生命「ダブルエール」はちょっぴり残念です。

まぁでも全体的には他社のがん保険と大きな差はありません。がん保険に入るなら、基本的にはつけておいた方がよい保障です。

ちなみに、がん先進医療給付金は「シンプル」プランにはつきません。健康保険が適用外の治療でこそ、民間のがん保険の出番です。ライフネット生命「ダブルエール」に加入するなら「ベーシック」「プレミアム」がやはりおすすめです。

【基本保障】治療サポート給付金

名称 支給額 支給条件 支給間隔
治療サポート給付金 10万円 所定の治療を受けたとき。 月1回(回数無制限)

治療サポート給付金は「ベーシック」・「プレミアム」につきます。

入院・通院にかかわらず広くがんの治療を保障する内容になっていますが、よくわからないのが「所定の治療」ですよね。具体的には以下を指します。

  • 手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療(ホルモン療法含む)

がんの3大治療は網羅できています。

しかし、治療サポート給付金は以下の弱点があります。

  • 【BAD】支給対象は公的健康保険が適用される治療のみ。
  • 【BAD】公的健康保険で「一連の治療」と見なされる治療が月をまたいで行われる場合は。支給が1回のみ。
  • 【BAD】がん治療をするたびに診断書の提出が必要。
  • 【GOOD】支給回数無制限。

1点目についてですが、「所定の治療」は公的健康保険が適用される治療のみです。先進医療のところにも書きましたが、公的健康保険が適用されない治療こそ、民間のがん保険の出番です。

しかし、この点は他社のがん保険もほぼ同じ。ライフネット生命「ダブルエール」だけのデメリットではありません。

ちなみに、チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムDX」は日本では未承認(公的健康保険適用外)であるものの、欧米では承認されている抗がん剤治療が保障対象に含まれています。保険料も安めに設定されており、とてもおすすめできるがん保険です。

次に2点目についてですが、例えば「一連の治療」を2月と3月にまたいで実施した場合、10万円が支給されるのは2月の1回のみです。3月は支給対象となりません。

「一連の治療」と見なされる治療は多くありませんが、ちょっと注意しておきたいですよね。

そして3点目も要注意です。がんで苦しい状態の中、治療を受けるたびに診断書を提出しなければならないのは辛い作業ですよね。代わりに診断書提出してくれる家族が身近にいればいいのかもしれませんが、独身の方は特に注意です。

と、デメリットばかり書いてしまいましたが、支給回数無制限である点は安心でしょう。手術・抗がん剤治療・放射線治療を受けた月に無制限で10万円が支給される点はなかなか他社にはないメリットです。長期の治療にも耐えられる保障になってますね。

【基本保障】がん収入サポート給付金

名称 支給額 支給条件 支給間隔
がん収入サポート給付金 がん診断一時金の半額 がんと診断された1年後~5年後に生存していた場合。 年1回(5回まで)

がん収入サポート給付金は「プレミアム」につきます。がんと診断されてから1年後・2年後・3年後・4年後・5年後の合計5回、一時金が支給されます。

ただこの「がん収入サポート給付金」が何を意図しているのかよくわかりません。

  • 【BAD】がん治療の有無にかかわらず支給される。保障が過大になり、保険料が高くなる。
  • 【BAD】上皮内がんは対象外。

がん保険の目的はがんの治療をサポートすることにあります。生存していることを条件に支払うがん収入サポート給付金は保障が過大です。

正直なところ、何を保障するのかよくわからない保障です。

健康になってからも一時金を支給することになんの意味があるのか。だったら、治療中の期間だけ一時金を支給することにして、その分保険料を安くすれば良かったのではないか。

ちなみに、がん収入サポート給付金の有無で保険料はグンと上がります。

がん収入サポート給付金あり 5,297円/月
がん収入サポート給付金なし 3,307円/月

※40歳・男性・がん診断一時金100万円で試算。

月2,000円近い保険料を払ってまでこの保障をつけた方がよいとは思えないんですよね。なので、「プレミアム」は保障過剰(保険料のムダ)という感が否めません。

【基本保障】保険料払込免除

がんと診断された場合、以降の保険料支払いが免除されます。基本保障なので、取り外すことができません。

元々そこまでがん保険の保険料は高くないので必要性は薄いのですが、ライフネット生命「ダブルエール」では基本保障に組み込まれています。

保険料払込免除があることで、保険料は多少上がっていると推測され、なぜオプションにしなかったのか疑問が残ります。

【超重要】無料セカンドオピニオンサービス

がんで絶望的な状況に陥ると、主治医以外の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞きたくなります。しかし、一般人には医師の知り合いなんていないですよね。

そんなときに、無料で医師を紹介してくれるサービスはかなり役に立ちます。ライフネット生命「ダブルエール」は(株)法研と提携した医療相談サービスを提供しています。

相談は電話のみ。対面で相談できないのが若干つらいところです。

まとめます。

僕がライフネット生命「ダブルエール」に入るなら、以下の保障内容にします。

  • 基本保障:がん診断一時金100万円
  • プラン:ベーシックプラン

上記の保障内容で40歳男性が毎月支払う保険料は3,307円、40歳女性なら3,523円です。

保険料は平均より高めかなぁという印象です。正直なところ、ライフネット生命「ダブルエール」に加入するのは微妙です。おそらく僕なら他社のがん保険と比較しつつ、他社のがん保険に加入してしまうでしょう…。

ライフネット生命「ダブルエール」のメリット

ライフネット生命「ダブルエール」ここがポイント!
  • 【check】治療サポート給付金の支給回数が無制限。

デメリットもある治療サポート給付金ですが、支給回数が無制限であるのは評価できます。長期のがん治療に備えられるのはメリットでしょう。

ライフネット生命「ダブルエール」のデメリット

ライフネット生命「ダブルエール」ここにご注意!
  • 【check】がん診断一時金の支給回数が1回のみ。
  • 【check】上皮内がんの場合はがん診断一時金の支給額が半額になる。
  • 【check】がん先進医療給付金に一時金の支払いがない。
  • 【check】治療サポート給付金の手続きが面倒。
  • 【check】終身払しか選択できない。

1点目から4点目は上述しているので、繰り返しません。

5点目についてですが、「終身払」とは、保険料を一生涯払い続ける支払い方法です。それこそ生きている限り、80歳・90歳・100歳まで払い続けることになります。

「現役時代のうちに、払い終えておきたい」

といった方は、他社のがん保険を検討した方がよいでしょう。他社には60歳まで・65歳までといったがん保険があります(もちろん保障は一生涯続きます)。

ライフネット生命「ダブルエール」の評価。最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:「C」(S、A~Cで判定)。

がん診断一時金が1回だけ支給という点がやはりデメリットかと。

治療サポート給付金が無制限支給なので、がん診断一時金1回だけ支給問題を補っているとは思いますが、治療をうけるたびに毎月請求するのはちょっと面倒ですよね。

また、ネット専業にしては保険料が安くありません。

ちょっと40歳を例に三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」と比較すると、こんなかんじです。保障内容を完璧に合わせるのは不可能なので、こちらはご参考程度に。

ダブルエール &LIFE ガン保険スマート
保障内容 がん診断一時金100万円
治療サポート給付金
がん先進医療給付金
(ベーシックプラン)
入院給付金5,000円
がん診断一時金100万円
がん先進医療特約
抗がん剤治療給付特約
40歳男性 3,307円 3,436円
40歳女性 3,523円 3,679円

三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」の方が月130円くらい保険料高くなってますが、三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」はがん診断一時金100万円が1年に1回、回数無制限で支給されます。

この保障内容であれば、抗がん剤治療・手術も個別に保障対象(10万円支給)。それで保険料の差は月130円です。

ライフネット生命「ダブルエール」に申し込むなら。

ライフネット生命「ダブルエール」はネットから申し込みができます。ライフネット生命の公式サイトから簡単に申し込みができます。

ただ、申し込む前に

●がん診断一時金に重点を置くなら、支給間隔・支給条件ともに素晴らしい(そして保険料も安めな)朝日生命「スマイルセブンSuper」

●入院・通院・各種治療に対するバランスが良く、一時金の支給間隔も1年。保険料も安く収まる三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

あたりと比較しておくと、後々後悔することはなくなりますよ。

がん保険はどうしても保障内容が複雑になります。死亡保障のようにわかりやすくはありません。いざがんとなった場合に後悔しないためにも、一度がん保険の専門家へ相談することをおすすめします。

「ネットで見つけたライフネット生命のがん保険が良さそうなんですけど、専門家の目からみるとどうなんでしょうか?」

こんな質問だってOKです。専門家の回答を踏まえ、そして自分で最後に考えてみて、がん保険は決めてください。

がん保険の専門家は意外と身近にいます。最も身近なのは、いまやどこにでもある保険ショップです。保険ショップの検索と予約は↓からできます。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

自宅でも職場でも近所の喫茶店でもファミレスでも、どこでも訪問してくれます。もちろん訪問してくれても相談は無料です。

当然ですが、保険見直しラボはライフネット生命のがん保険を取り扱っていません。しかし、ここで比較対象としてご紹介した、三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」と朝日生命「スマイルセブンSuper」は取り扱っています。お願いすれば比較してもらえるので、自分で比較するのが面倒な方は、保険見直しラボに相談すると手っ取り早いですよ。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

とはいえ、いきなり保険ショップだの、保険見直しラボで相談するなんてちょっと不安ですよね。

わかります。保険ショップを利用された方に話を聞くと、始めは緊張したっていう方がものすごく多いんです。

しかし、生命保険の相談はそんなに身構える必要はありません。スタッフは相談されるプロですので、和やかな雰囲気で親身になってアドバイスしてくれます。

相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありませんよ!

まとめ

公式サイト:ライフネット生命「ダブルエール」

他社のがん保険との比較は必須です。選ぶならベーシックプランですが、それでも他社と比較して保険料が安いってことはありません。

●がん診断一時金に重点を置くなら、支給間隔・支給条件ともに素晴らしい(そして保険料も安めな)朝日生命「スマイルセブンSuper」

●入院・通院・各種治療に対するバランスが良く、一時金の支給間隔も1年。保険料も安く収まる三井住友海上あいおい生命「&LIFE ガン保険スマート」

少なくともこの2つとは比較しておいた方がよいです。

とはいえ、がん保険の比較なんて一人でやってもおもしろくもなんともないので、専門家の意見を聞きつつ進めましょう。保険ショップでお願いすれば、無料できっちり比較してくれますよ。

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする