【評価C】東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」のデメリットと評価

悩む
東京海上日動あんしん生命の特定疾病保障保険って、亡くなった場合だけじゃなくて、がんと診断されても保険金受け取れるんでしょ?これにしちゃおうかなぁ…

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は万が一の場合の死亡保障に加えて、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の保障もある特定疾病保障保険っていう耳慣れない種類の保険です。

ちょっと何言ってるのかよくわかんないですよね。特定疾病保障保険と言われても。

死亡保障があるのは終身保険・定期保険・収入保障保険です。それぞれの特徴は以下のとおり。

保障内容 保険料 貯蓄性 死亡時の保険金受け取り方
終身保険 死亡保障 高い あり
(解約時に戻ってくる)
一括
(年金方式で受け取れる場合あり)
収入保障保険 死亡保障
(働けなくなった場合を保障するタイプもあり)
安い なし 分割
(年金方式)
定期保険 死亡保障 真ん中 なし 一括
(年金方式で受け取れる場合あり)

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は上記の定期保険に3大疾病の保障を追加した保険です。

ちなみに、終身保険に3大疾病の保障を追加した特定疾病保障保険もあります。貯蓄できるタイプの特定疾病保障保険がいいなぁという方は下のリンクをご参照ください。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障保険」のデメリットと評価

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の保険料は掛け捨てです。貯蓄性はないので、支払った保険料が戻ってくることはありません。

しかし、その分毎月支払う保険料は割安になっています。安い保険料で大きな保障に守られたい子育て世代に適した保険です。

この記事では、東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の加入を検討している方に向けて、メリット・デメリット、そして評価を書いていきます。

特定疾病保障保険の相談は保険ショップで。保険ショップの予約は↓

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の基本情報

まずは基本情報を一覧にしました。他の特定疾病保障保険と比較する際の手掛かりにどうぞ。

保険の種類 【特定疾病保障保険】
・死亡・高度障害時に保険金を受け取れます。
・3大疾病を原因に所定の状態となった場合に死亡保険金と同額を受け取れます。
【定期型】
・解約返戻金はありません。貯蓄性のない掛け捨ての保険です。
・貯蓄性が無いため、毎月支払う保険料は割安になります。
・保険料を支払っている期間のみ保障されます。
選択できる保険金額
(死亡時に受け取れる金額)
100万円~2,000万円(10万円単位)
保険料を支払う期間 3年以上かつ、保険料を支払い終える年齢が90歳以下。
(90歳未満の場合、90歳まで契約更新可能)
保険料を支払う回数 以下の3パターンから選択可能。
月払・年払・3ヶ月~12か月分の一括払
保険料を支払う方法 ・口座振替
・クレジットカード払
保障される期間 保険料を支払っている期間のみ。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」のライバルは定期保険+医療保険。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は保険料が掛け捨てです。貯蓄性はありません。

そして保障内容は以下の2つです。

  • 死亡保障
  • 3大疾病の保障

死亡保障と3大疾病の保障は何もひとつの保険にまとめる必要はありません。死亡保障のある定期保険と、3大疾病の保障のある医療保険を別々に分けて契約することもできます。

ここでは、同じ死亡保障がある掛け捨ての定期保険と、3大疾病の保障がある医療保険に個別に入った場合と比較してみます。

定期保険+医療保険に入った場合と比較する。

まずは保険料の比較です。比較対象はコスパに定評があるメディケア生命です。以下の2つの保険に別々で入った場合と比較します。

定期保険:メディケア生命「メディフィット定期保険」
医療保険:メディケア生命「メディフィットPlus」

試算条件は保険金額500万円・60歳まで保険料を支払う前提で比較します。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」 メディケア生命
「メディフィット定期保険」
メディケア生命
「メディフィットPlus」
メディフィット定期保険+メディフィットPlus
30歳男性 4,260円 1,876円 4,300円 5,031円
30歳女性 3,245円 1,349円 3,940円 4,716円
40歳男性 8,445円 2,664円 7,830円 9,287円
40歳女性 5,890円 1,839円 6,730円 7,774円

比較対象は太字の2列です。安いのは東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」。保険料の観点なら、東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の勝ちになりますね。

ただし、3大疾病の保障内容に両者違いがあります。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」 メディケア生命
「メディフィットPlus」
保険金額 500万円 100万円
保険金を受け取れる回数 1回のみ 1年1回を限度に何度でも
支給対象 ・がん(上皮内がん含まず)
・急性心筋梗塞
・脳卒中
・がん(上皮内がん含む)
・心疾患
・脳血管疾患
※メディフィットPlusの方が幅広い
がんの支給条件 ・初めてがんと診断確定されたとき。 ・初回は初めてがんと診断確定されたとき。
・2回目以後はがんによる入院を開始されたとき。
心疾患の支給条件 【急性心筋梗塞】
・60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
※対象は急性心筋梗塞のみ。
【急性心筋梗塞】
・入院したとき。
・公的医療保険制度対象手術を受けたとき。
【急性心筋梗塞以外】
・20日以上継続した入院をされたとき。
・公的医療保険制度対象手術を受けたとき。
脳血管疾患の支給条件 【脳卒中】
・60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
※対象は脳卒中のみ。
【脳卒中】
・入院したとき。
・公的医療保険制度対象手術を受けたとき。
【脳卒中以外】
・20日以上継続した入院をされたとき。
・公的医療保険制度対象手術を受けたとき。

保障範囲が幅広いのはメディケア生命「メディフィットPlus」です。

がんの条件はほぼ同じ(上皮内がんの違いはあります)ですが、心疾患は心筋梗塞だけでなく広範囲を保障、脳血管疾患も脳卒中だけでなく幅広く保障しています。支給条件も「入院or手術」なので緩いです。

結論は?

それでも東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」をおすすめします。

理由は以下の1点です。

  • がんと診断されれば、即座に大きな金額を得られる。

メディフィットPlusは1年に1回を限度に何回でも一時金が支給されます。しかし、2回目以降の支給は入院が条件となります(1回目のみ診断されれば支給)。

がんは長い闘病になることもありますが、入院は短期化する傾向にあります。自宅療養しながら通院で長期間治療するケースが多く、その場合はメディフィットPlusは一時金が支給されません。

そう考えると、がんと診断されれば即座に大きな金額が支給される東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は非常に頼りになるのではないでしょうか。

保険料の観点でも東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の方が安くなり、お得感があります。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の保険料は掛け捨て。⇒もったいないと感じる方へ。

とはいえ、東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」はちょっと保険料が高いですよね。

「掛け捨てにしては保険料が高くなっちゃうなぁ。ちょっともったいないかなぁ」

と感じる方は多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」です。

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は終身保険です。終身保険なので死亡保障しかありません。3大疾病に対する保障はないのですが、3大疾病となった場合は、以降の保険料の支払いが免除される保険料払込免除特約(オプション)があります。

この特約が強力です。3大疾病となった場合に、保険料の支払いが免除されるだけでなく、解約返戻金が一気に増額されます

終身保険は解約をすると、それまで支払った保険料の一部、もしくは全額に多少の利息が上乗せされ、解約返戻金として戻ってきます(なので、貯蓄性があると言われます)。

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」は3大疾病となった場合、保険料を満額支払った場合と同額の解約返戻金を受け取れるようになります。支払ってない保険料まで解約返戻金として戻ってくるので、かなりお得です。

3大疾病にかかったら即解約すれば解約返戻金を治療費に充てることができます。つまり、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の保険料払込免除特約には、東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の3大疾病保障とほぼ同じ効果があることになるのです。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の保険料掛け捨てはちょっと…、と感じる方は、ぜひ比較対象にマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」を加えてみてください。

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」のメリット

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」ここがポイント!
  • 【check】定期保険+医療保険と比較しても負けていない。
  • 【check】ひとつの保険で死亡保障と3大疾病の保障を得られる。手続きが楽。
  • クレジットカードで保険料の支払いが可能。クレジットカードのポイント還元でお得に。

メリットは上述したとおりです。定期保険+医療保険に対しても、東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は負けていません。

それと、ひとつの保険に死亡保障と3大疾病の保障をまとめられるのもメリットです。最近は生命保険の契約に必要な書類は減ってきてますが、それでも保険を2つに分けるのは手続きが面倒ですよね。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」のデメリット

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」ここにご注意!
  • check】保険料が掛け捨てになってしまう。
  • check】急性心筋梗塞・脳卒中の支給条件に手術がない。
  • check】他社の特定疾病保障保険の方が保険料が安い。

1点目は上述したとおりです。

死亡保障+3大疾病の保障だと、どうしても1回に支払う保険料は高くなってしまいます。東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は掛け捨てなので支払った保険料は戻ってきません。

「ちょっと掛け捨てはもったいないなぁ」

と感じるなら、マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」とも比較してみてください。

1回に支払う保険料はマニュライフ生命「こだわり終身保険V2」の方が高くなりますが、掛け捨てではないので、満期まで保険料を支払えば、解約返戻金として支払った保険料が戻ってきます(多少の利息が上乗せされることが多いです)。

しかし、ちょっと気になるのが2点目・3点目です。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」で本当にいいのか。

生命保険各社が発売している特定疾病保障保険を比較すると、保障条件と保険料で東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は劣勢にあります。

ちょっと比較します。比較対象は現在のところ特定疾病保障保険のツートップである以下の2社です。

オリックス生命「With(ウィズ)」

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障保険」

まずは保障条件から。

東京海上日動あんしん生命 オリックス生命 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
がん 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。 初めてがんと診断されたとき(上皮内がんは含みません)。
急性心筋梗塞 60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。 60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
60日以上、労働を制限する状態が続いたと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
脳卒中 60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。 60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。
60日以上、神経学的な後遺症が継続したと医師が診断したとき。
または
手術を受けたとき。

がんは同じです。違いがあるのは急性心筋梗塞と脳卒中です。

オリックス生命・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は手術を受ければ保険金を受け取れますが、東京海上日動あんしん生命は手術が支給条件に含まれていません。

続いて、保険料です。保険金額500万円・60歳まで保険料を支払う前提で3社の保険料を比較します。

東京海上日動あんしん生命 オリックス生命
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
30歳男性 4,260円 3,485円 (加入不可)
30歳女性 3,245円 3,420円 (加入不可)
40歳男性 8,445円 5,385円 (加入不可)
40歳女性 5,890円 4,910円 3,385円
45歳男性 11,815円 6,780円 4,025円
45歳女性 8,115円 5,625円 4,250円

最も安いのは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障保険」です。残念ながら、保険料でも東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は負けています。3社の中では最下位です。

ただし、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障保険」は加入できる年齢に制限があります(30代は加入できません)。加入できる年齢に該当しない場合は、オリックス生命「With(ウィズ)」だと保険料がお安めですね。

【東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の評価】最も重要なのは生命保険の相談を誰にするのかということ。

評価:C(S、A~C)

残念ながら、東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」におすすめポイントはありませんでした。他社の特定疾病保障保険との比較はしておいて損はないです。

特定疾病保障保険をお探しなら、オリックス生命「With(ウィズ)」、もしくは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障保」が現時点ではおすすめです。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」の相談をするなら。

東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」は全国の保険ショップで取り扱っています。ご近所の保険ショップでもきっと取り扱っています。

しかし、ここは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命とオリックス生命も取り扱っている保険ショップで3社の特定疾病保障保険を比較してもらいましょう。最も納得できる保険に入ることにしましょう。

けれども、3社を取り扱っている保険ショップなんてどこにあるのかわかんないですよね。ふらっと入った保険ショップで

「うち、3社すべて取り扱ってないですよ」

なんて言われたら絶望ですよ。保険入る前に絶望ですよ。

ということですので、事前準備は周到に。ニアエルなら、取り扱っている生命保険会社を条件に保険ショップの検索と予約ができてしまいます。

【保険ショップの検索なら】全国1,200店舗を30秒で予約できるニアエル保険相談。

  • 全国1,200店舗から検索可能。検索できる保険ショップの店舗数は業界No.1。
  • 保険ショップの取り扱い保険会社数、女性スタッフの有無、キッズスペースの有無が検索結果から一目瞭然。
  • ユーザの通報制度あり。通報された保険ショップは掲載停止を検討。

保険ショップの予約ならニアエル保険相談(旧LIFULL保険相談)です。

全国1,200店舗を予約可能。自宅近くの保険ショップを選び、

  • 相談希望日時
  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 相談内容(「新規」か「見直し」か「その他」かを選択)

を入力すれば予約完了です。ほんとに30秒で予約できますよ。

便利なのが取り扱っている保険会社数、キッズスペースの有無、女性スタッフの有無が一発でわかるところ。お子さんがいる主婦の方には嬉しい情報ですよね。

また、保険ショップを利用した方の口コミと評価も掲載されています。なんとなーく入りにくい保険ショップ。強引な勧誘されたらどうしよう…なんて不安になる方も多いと思いますが、利用者の口コミがあれば安心できますよね。

※ニアエルにはユーザ通報制度があります。ユーザからクレームを受けた保険ショップは掲載停止の措置が検討されます。

予約は↓から。

また、近所に保険ショップがない、もしくは保険ショップへ行く時間がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に仕事に忙しい働く世代や、子どもが小さい家庭は保険ショップへ行くのも難しいですよね。

そんな方に向けて、生命保険の専門家が指定した場所へ訪問してくれるサービスがあります。保険見直しラボです。

【FPが指定場所へ来てくれます】保険見直しラボ 過度な営業にはイエローカード!【相談は無料です】

30社以上の保険会社を取り扱う保険見直しラボです。訪問型なので、自宅や会社や最寄駅まで来てくれます。

「自宅の近くに保険ショップがない…」

「わざわざ保険ショップまで行くの面倒くさい!」

「子供が小さくて、保険ショップまで行けない…」

そんな方にはぴったりのサービスですよね。

相談の申し込みはとっても簡単。

  1. ネットの申し込みフォームから相談内容、基本的な情報(名前や住所等)を入力する。3分くらいで終わります。
  2. オペレーターから電話がくる。相談する日程と場所の調整をする。
  3. 担当FPがやってくる。

これだけです。

もちろん相談は無料です。気軽な気持ちで相談して大丈夫です。

ちなみにですが、保険見直しラボを実際に利用した人の口コミは以下のとおり。この人たちは、保険見直しラボの支社に出向いて相談したようです。

予約は↓から。

念のため言い添えておくと、保険見直しラボは東京海上日動あんしん生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、オリックス生命の3社を取り扱っています。3社を含む、30社以上の保険会社と提携しているので、ご安心を。

とはいえ、保険見直しラボなんて聞いたことないよ!という方が大半ではないでしょうか。保険見直しラボについては下記のリンク先に詳しく書いてます。大丈夫です。ちゃんとした会社ですよ。

顧客満足96.8%の保険見直しラボ

生命保険の相談は無料でできるし、相談したからって生命保険に入る必要はない。

生命保険の相談はもちろん無料です。保険ショップでも、保険見直しラボでも無料で相談できます。

しかも、無料で相談したからといって、生命保険に必ず入らなければならないということはありません。

おすすめされた生命保険に納得できなければ、

「うーん、よく考えてみます…」

と、やんわりお断りしてOKです(お断りする人はかなりいます)。

相談しているときに過度な勧誘もなければ、お断りした後にしつこい電話攻勢というのもありません。最近は過度な勧誘やしつこい電話は法律で禁止されています。そんなことしたら、保険ショップや保険見直しラボは業務停止になってしまいます。

生命保険の相談は気軽な気持ちで。重く考える必要はありません!

まとめ

公式サイト:東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」

あえて東京海上日動あんしん生命「特定疾病保障定期保険」を選ぶ理由は見つからないかなぁという印象です。

オリックス生命「With(ウィズ)」

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障保」

マニュライフ生命「こだわり終身保険V2」

ここらへんと比較しておいて損はありません。

でも比較なんて面倒ですよね。

保険の比較は専門家へ。専門家は身近にいます。買い物帰りに保険ショップへ寄れば、簡単に比較してもらいながら相談できます。保険ショップの検索は↓をクリック!

保険ショップの予約サイトは【保険相談ニアエル】だけ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする